アントニオ猪木 IGFプロレスリング

ホーム > インフォメーション > イベント情報 > 【速報】『IGF 上海道場・開業記念スペシャルイベント』試合結果
イベント情報 2013.07.24

【速報】『IGF 上海道場・開業記念スペシャルイベント』試合結果

【速報】『IGF 上海道場・開業記念スペシャルイベント』試合結果7月24日(水)、上海で行なわれたIGF上海道場開業記念スペシャルイベントは現地邦人、中国人などが集まり、380人超満員の観衆の中で開催された。


大会前にはスクリーン上にメインスポンサーである日本航空のCMが流され、試合はすべてエキシビジョンマッチとして行われた、第一試合は「ボブ・サップ vs 将軍岡本」。序盤、ボディスラムなどでボブ・サップが岡本を圧倒。その後、場外戦となり、両者が観客席内で乱闘。結局、両者リングアウトとなった。
第二試合は「ボビー・ラシュリー vs 定アキラ」。元WWE王者と初対戦となった定はラシュリーに向かっていくが、跳ね返され、逆に防戦一方に。最後はスピアーからの体固めで敗戦を喫した。
メインイベントは「ピーター・アーツvs鈴木秀樹」の4度目の一騎打ち。アーツがパンチ、キックで鈴木を圧倒。一度、ダウンを奪うも鈴木は立ち上がる。鈴木も負けじと飛行機投げを2度炸裂させるが、アーツもこれを凌ぐ。その後、一進一退の攻防が続くも、5分間が経過し時間切れ引き分け。最後は鈴木がマイクを持ち、将来のIGFのエース候補生である中国人練習生ワン・ビンを紹介し、1.2,3ダァーで締めくくった。なお試合前には選手によるサイン会、握手会も行われ、協賛をいただいた日本航空の中国人キャビンアテンダントがメインイベントの花束嬢を務めた。

またIGF上海道場・開業記念スペシャルイベントの行われた7月24日の午後、サイモン猪木社長は、ピーター・アーツ、ボビー・ラシュリー、ボブ・サップの3人の外国人選手を帯同し、上海市体育局を訪問。同体育局の副局長であり、上海市体育協会の孫為民副主席と対面を果たした。スポーツ界の外国人選手が同体育局を訪れるのは初めてのことだったが、孫副局長はこれを歓迎。サップが代表して選手たちそれぞれのスポーツ歴を説明すると、孫副局長は中国における体育の成り立ちや今後の方針などを話してくれた。会談は30分ほどだったが、最後は記念撮影をして和やかに終了。特に中国ではこうした協会や体育局により、大会運営の許可に関する重要な決断が下されるため、IGFにとっては極めて貴重な会談だったことは間違いない。

ボブ・サップvs将軍岡本ボビー・ラシュリーvs定アキラピーター・アーツvs鈴木秀樹上海道場の様子ワン・ビンのダァー鈴木、岡本、定との握手会日本航空のCMをバッグにキャビンアテンダント協賛をいただいた日本航空の中国人キャビンアテンダントと一緒に上海市体育局にてボブ・サップと一緒にピーター・アーツと一緒に

>> 7・24『IGF 上海道場・開業記念スペシャルイベント』 試合結果

東方英雄伝 中国旗揚げ大会

12月17日(日)~21日(木)
深圳・新橋羽毛球館
» 大会概要

東方英雄伝 中国旗揚げ大会

12月22日(金)18:00開始
珠海・楽坊ライブハウス
» 大会概要

IGF公式アカウント

  • facebook
  • twitter

▲PageTop