アントニオ猪木 IGFプロレスリング

ホーム > インフォメーション > イベント情報 > 「このタッグは可能性がある」 藤田和之&ミノワマン vs 小川直也&X 決定!12.31 INOKI BOM-BA-YE2014!
イベント情報 2014.12.15

「このタッグは可能性がある」 藤田和之&ミノワマン vs 小川直也&X 決定!12.31 INOKI BOM-BA-YE2014!

main12月31日(水)両国国技館で行われますINOKI BOM-BA-YE2014に「藤田和之&ミノワマン vs 小川直也&X」が決定いたしました。」本日、都内道場で藤田和之ミノワマンが会見に臨みました。
藤田和之は「このタッグ(藤田和之ミノワマン)は可能性が凄くあるし、歩んできた道も近いし、外から見て来て、ミノワマン、がんばっているなと思っていた。」と待ちに待ったタッグパートナーとミノワマンを絶賛。ミノワマンは「最初は(小川直也と)シングルだと思っていましたが、タッグ戦となりました。Xがもう一人ですが、狙うは小川さんです」と打倒小川直也を宣言。そして今回のテーマは「生命力」と回答。試合をすることによって、自分の生命力が高まる。そして、私は“超人”ですし。と完全復活ののろしを上げていました。


藤田和之「待ちに待ったこのタッグ、俺は待っていたんだけどね。この対戦、大晦日の大掃除でしょ、小川と言うごみを根こそぎ掃除しないとね。何で俺が来たのかわからないけど、小川とは関わりたくないんだよね。心ない奴とあんまり関わりたくないんだけど、ミノワ選手小川とのやり取り、やっていきたいんでしょ。

ミノワマン「そうですね。」

藤田和之「大変なことになるよ。俺だけでいいんだよ。本当に。小川に触れたら大変なことになるよ。その覚悟を持ってやってください。俺から特にないんだよね。」

ミノワマン「前回の12月1日のファンフェスタで、挑戦者いないってことで、自分が小川さんに挑戦します。小川さんに挑戦したいと。今はパートナーとして藤田さんと組めるのは光栄です。」

(記者から藤田選手へ質問:小川選手と組むと大変なことになるとは?)藤田和之「大変なことになるよ。見ればわかるじゃん。身体中さびちゃうよ。いい迷惑だよ。まだやってんの、まだいたのか、ってくらいだね。小川ね。もういないかと思ったけど。」

(ミノワさんはどうですか?)ミノワマン「いや対戦してみないとわからないですけど」

藤田和之「しなくてもわかるじゃん。大丈夫、大丈夫、この2人タッグ組めば百人力だよ。このタッグ(藤田和之ミノワマン)は可能性が凄くあるし、歩んできた道も近いし、外から見て来て、ミノワマン、がんばっているなと思っていたし、でもそんな人間がなんで小川に目が行くかなと、それが非常に疑問ですね。話にならない。こんなんでプロとして飯が食えるなんてビックリだね。いかんせん、小川はフロントとがっちりだからね。そうもいかないんだって。小川は臆病者、どんな手を使ってでも臆病者。本当はシングルでやりたいんでしょ?ミノワマン?(小川選手との)対戦を。」

ミノワマン「そうですね、最初はシングルでと思っていたんですけど。相手、もう一人はXですけど、狙うは小川さんですね。テーマは「生命力」。試合で怪我をして、右足、手術して、休んでいた時間、このまま休んでいたらおかしくなるなと、やっぱり試合、試合をすることによって、自分の生命力が高まる。今回試合が決まったってことで自分自身の思い、生命力を出したいと思います。試合が決まれば足も治るんで、これは自然の法則だと。あと、私は“超人”だし。と言うことですね。」


会見の様子ガッチリ握手藤田和之とミノワマン

【GENOMEルールマッチ】
GENOME スペシャルタッグマッチ
>> 12・31『HEIWA Fields presents INOKI BOM-BA-YE 2014』大会概要
>> 12・31『HEIWA Fields presents INOKI BOM-BA-YE 2014』既報対戦カード

東方英雄伝 日本旗揚げ大会

11月16日(木)後楽園ホール
» 大会概要» 対戦カード

IGF公式アカウント

  • facebook
  • twitter

▲PageTop