アントニオ猪木 IGFプロレスリング

ホーム > インフォメーション > IGF上海道場オープニングマッチから1周年 8月8日(火)にIGFが今後の方針について会見を行いました
宇田川強エグゼクティブ・ディレクター
インフォメーション 2017.08.08

IGF上海道場オープニングマッチから1周年 8月8日(火)にIGFが今後の方針について会見を行いました

2016年8月8日、IGF上海道場オープニングマッチからちょうど1年が経過した本日、都内IGFにて会見を行い今後の方針を発表いたしました。


宇田川 強エグゼクティブ・ディレクター「私達IGFは昨年の8月8日に上海道場をオープンし、オープン大会を実施いたしました。 それから早や1年が過ぎます。
その時は練習生だった選手も今年4月よりIGFリングに出場して、そのひたむきな態度に日本人選手とはまた違った個性を出して予想以上の支持を得ました。

さて中国は皆様も、ご存知かと思いますが、習近平主席はスポーツ分野に相当な力を入れています。
世界の先進国として中国は経済発展の次に文化、スポーツ分野に力を入れようとしています。
世界の先進国として2025年までにスポーツビジネス市場規模を5兆元との計画を発表しています。
5兆元とは現地の為替レートに換算すると日本円で約90兆円になります。

「2014年10月20日のロイター通信の記事によりますと、中国政府は、スポーツ関連産業を2025年までに5兆元(約90兆円)規模に拡大させる方針を打ち出しました。第18期中央委員会第4回全体会議(4中全会)の声明で明らかにしたもので、雇用や国内消費を促進する。 政府は民間投資を奨励するほか、新しいスポーツ施設の建設も支援する方針。」とあります。

参考までに、日本も2025年を目標に15兆円規模までスポーツビジネスを拡大する計画であります。

尚、中国スポーツビジネス市場において最大に力を入れているのがサッカーと聞いていますが格闘技市場も非常に有力視されています。
その格闘技市場では現在のところ、キックボクシングなどが中心となっていますが、プロレスもWWEを中心に人気が上昇中ですが、まだまだ未開拓の市場であります。

私達IGFも、実は2009年すなわち2008年北京オリンピックの翌年から選手発掘で動いていました。
そして、2012年7月には上海国際スポーツセンターにおいて中国初の本格的プロレス大会を実施しました。初めて見る上海市民の観客も最初は戸惑いもありましたが、すぐに受け入れてくれました。まだ中国は日本と違って公安当局の許可が必要でかなり厳しい対応でしたが、2014年10月20日の発表以来緩和の状況になっています。
そして同年、運命の青年と出会いました。それが王彬(ワン・ビン)選手です。

彼は当時、中国大手スポーツジムのマネージャーをしていました。
中国では経済解放がまだ40年もなっていませんのでプロレスと言う分野は知りません。
よって、彼自身もプロレスを知りませんが2012年秋に親の反対を押し切って日本に来て午前中は日本語学校に通い午後からプロレスを練習という日々を過ごし、IGFデビューいたしました。
そして、2016年6月にWWE中国人初の選手となったわけです。

上海道場では今や次なる王彬(ワン・ビン)を夢見て、明日のスターを目指して中国人若者たちが集まっています。

現在、昨年8月8日にオープンからわずか1年にて、現在10名が道場で日々切磋琢磨しております。
先ほど申しましたように、中国のスポーツ市場は90兆円市場となり、格闘技・プロレス市場とは日本の比ではありません。
ただし、プロレスの概念が今ひとつ分かっておりませんので、ここで思い切った話題を提供しようと計画しております。
我々のそのイベント計画では、予算はおそらく『億』単位と思っております。
現在、IGFの株主様に増資をお願いしております。

具体的には上海市内の会場(約5000人~10000人キャパシティ)にて 大会を開催する予定で動いています。

大会出場選手は中国人選手10人に日本を含む海外からの選手10人程度が出場する予定です。話題の為にはビッグネームなど海外の選手も出場する事を考えています。

時期は9月20日辺りを考えています。
なぜ、その時期かと言いますと9月17日にWWEが広州の深圳(しんせん)にて大会を開催します。
この深圳(しんせん)大会に王彬も出場します。
よって、そのあとに上海大会にて出場出来ればとWWEと交渉しています。
少なくともリングにて挨拶をするだけでも大きな話題になります。
WWEと連動ができない場合でも遅くとも11月には開催したいと思います。

そして何よりも今回の最大の話題は全席無料もしくは低価格で計画しています。
一人でも多くの中国人の方々にプロレスとはどういうエンタテインメントスポーツなのかを知って頂く様にします。
その時はプロレスの技やルールなどを知ってもらいファンとの集いも考えています。
日本では考えられない事ですか中国は『将来凄い市場になる』と思えばファンドも付きます。
現実、上海IGFにもその様な話しが舞い込んでいます。
もちろん、ファンド関係者は多数招待します。協賛企業となる業界の企業も招待します。

より具体的な日程や内容につきましては、今後お伝えさせていただきたいと思いますが、まず本日は昨年8月8日に上海道場がオープンしてちょうど1年が過ぎ
今後のIGFの方針の一つに中国市場への本格的進出と同時に話題提供の一つとして大きなイベントを計画している説明を発表させてもらいました。

今年、日中国交正常化45周年にあたり6月から中国大使館にも相談をして7月7日後楽園ホールに中国人選手が出場する事で中国大使館の方々も観戦して頂き、評価を頂きました。
今回の9月上海イベントをなんとか実現しようと進めています。

IGFも、10年を迎えて、今後の10年は日本と中国で闘いの場を提供し中国市場の構築を行っていきたいと思います。」

関連ニュース(2017年4月9日):上海IGF旗揚げ戦で4試合!常 剣鋒と林 棟軒は2試合に出場!バンダイナムコ・ドリームホール!
関連ニュース(2017年4月8日):上海IGF旗揚げ戦前夜!出場選手たちが上海市・黄浦江(こうほこう)をクルージングで周遊しました!
関連ニュース(2017年4月4日):4月3日(月) 林 棟軒そして上海IGFの劉 文擘、王 飛程が週刊プロレスを訪問いたしました
関連ニュース(2017年4月4日):4.5NEW出場!常 剣鋒、林 棟軒、そしてIGF上海道場の劉 文擘、王 飛程が東京スポーツを訪問いたしました
関連ニュース(2016年10月23日):上海道場練習生がプロレスデビュー!音楽と格闘技のコラボイベント!上海「グラディエーター ライブ ショー」!
関連ニュース(2016年9月11日):ティアン・ビン(王 彬)がデビュー戦で勝利!9.10 WWE中国ライブイベント@上海メルセデス・ベンツ・アリーナ!
関連ニュース(2016年9月2日):出場選手が集結し大会への意気込みを語りました!INOKI ALI40周年記念東京大会・公開記者会見!
関連ニュース(2016年9月2日):IGF上海道場・練習生、本日は中国テレビ★CCTV大富、日刊スポーツ、東京スポーツを訪問!
関連ニュース(2016年9月1日):IGF上海道場・練習生が週刊プロレスを訪問!9月3日(土)INOKI ALI40周年記念東京大会でもセコンド業務を行います
関連ニュース(2016年8月11日):8月9日(火) 選手がIGF上海道場練習生を直接指導!午後は上海観光で現地グルメに舌づつみ!
関連ニュース(2016年8月11日):8月8日(月) マッチリポート「IGF上海大会(上海道場オープン記念大会)」

東方英雄伝 中国旗揚げ大会

12月17日(日)~21日(木)
深圳・新橋羽毛球館
» 大会概要

東方英雄伝 中国旗揚げ大会

12月22日(金)18:00開始
珠海・楽坊ライブハウス
» 大会概要

IGF公式アカウント

  • facebook
  • twitter

▲PageTop