アントニオ猪木 IGFプロレスリング

ホーム > インフォメーション > 奥田啓介が日高郁人とシングルで激突!9.14 ZERO1ドリームシリーズ!
腕ひしぎ逆十字固め
インフォメーション 2017.09.14

奥田啓介が日高郁人とシングルで激突!9.14 ZERO1ドリームシリーズ!

9月14日(木)新木場1stリングで開催されたZERO1ドリームシリーズにて奥田啓介が8.31NWAインターナショナルライトタッグ選手権で敗戦を喫した日高郁人と対戦した。
ゴングが鳴ると奥田啓介日高郁人に鬼の形相で突進。張り手、キックを打ち続け、一度、日高からひざ蹴りを食らうもののミドルキックで倒しコーナーに押し込み両足で日高を踏みつける。勢いそのまま低空のドロップキックが日高の顔面にヒット。奥田が再び、対極のコーナーに向かい、もう一度、同じ技を繰り出そうとしたところ、日高が追走して奥田にエルボー。ドラゴンスクリューでやり返す。場外でも両者はキックの打ち合い、リングに再び戻ると、ここから日高奥田の左ひざを集中攻撃。ストンピング、ニードロップ、そして左足をグランドで絞りあげる。奥田はロープエスケープ。日高の足への攻撃は続き、奥田の左ひざへドロップキック、そして足四の字固め。何度か奥田も裏返しにするが、元に戻され、ここもロープに逃げる。5分経過し、日高がショーンキャプチャー前のパフォーマンス。ここで背後から奥田がパンチ、そしてサッカーボールキック、続けてハリケーンドライバー、腕十字と反撃。一度は腕十字を外されるも、エルボー狙いの日高奥田が飛びつき腕十字。ここは日高がロープへ。奥田日高にローキックを連打。その後、両者、張り手の打ち合い、奥田はジャーマンスープレックスをしかけるがカウント2。この後、すかさず日高はアームロック、腕十字で奥田の腕を攻撃。最後はソラリーナでカウント3が入り奥田啓介は敗戦(11分37秒)。前回試合のリベンジはならなかった。


リング上でにらみ合う両選手日高を攻める奥田啓介奥田啓介足四の字固めを受ける奥田啓介足四の字をひっくり返す奥田啓介腕ひしぎ逆十字固め飛びつき腕十字固め
















奥田啓介twitterはコチラ>>>https://twitter.com/mosn_am

関連ニュース(2017年8月31日):奥田啓介が高岩竜一とタッグを組み日高郁人、菅原拓也のNWAインターナショナルライトタッグ王者に挑戦!
関連ニュース(2017年7月30日):奥田啓介が鈴木秀樹とタッグを組み大谷晋二郎&高岩竜一と激突!7.30 ZERO1 後楽園ホール大会!
関連ニュース(2017年6月22日):奥田啓介&中井光義 NEWタッグが高岩竜一&クリス・オンドーフのZERO1タッグに勝利!6.22 新生ZERO1 ドリーム・シリーズ!


ZERO1公式サイトはコチラ>>>https://www.z-1.co.jp/index.html

東方英雄伝 日本旗揚げ大会

11月16日(木)後楽園ホール
» 大会概要» 対戦カード

IGF公式アカウント

  • facebook
  • twitter

▲PageTop