アントニオ猪木 IGFプロレスリング

ホーム > GENOMEファイター > 田村 潔司

田村 潔司

田村 潔司
JAPAN

田村 潔司
[KIYOSHI TAMURA]

本名
田村 潔司
生年月日
1969年12月17日
国籍
日本
出身地
岡山県岡山市
身長
180cm
体重
87kg
得意技
--
所属ジム
--
タイトル履歴
リングス無差別級王座、U-STYLE初代チャンピオン
選手入場曲
FLAME OF MIND
Twitter
--
IGFデビュー
--
GENOME戦績
2戦2勝

高校卒業後、1988年に第2次UWFに入団。翌89年、対鈴木実(みのる)戦でデビュー。同年、眼窩底骨折で約1年間欠場し90年に復帰するも、直後に第2次UWFが解散する。
その後戦いの場をUWFインターナショナルに移し、92年プロボクシング世界ランカーを異種格闘技戦で秒殺する等し、次第に頭角を現す。
95年、Uインターは新日本プロレスとの対抗戦に向かうが、一人背を向けK-1のリングでパトリック・スミスと素手での総合格闘技戦を行い、見事勝利を収める。その対抗戦に背を向けた事に対する懲罰的な前座戦連戦を戦った相手が若き日の桜庭和志である。
96年リングスに移籍をし、97年には初代無差別級王座に就き、前田日明引退後はエースとして活躍し、ノゲイラ等自身より体重の重い相手と戦い、好勝負を展開する。
00年U-FILE CAMPを設立し01年リングスを退団、PRIDEに参戦をする。
PRIDE初戦にヴァンダレイ・シウバとのPRIDEミドル級タイトルマッチを行い、2戦目はボブ・サップと対峙する。
その後はU-STYLE旗揚げ、有明でのビックマッチ「U-STYLE Axis」を開催するなどし、07年からIGF参戦を果たす。07年はIGFでの戦いの他、桜庭との揃い踏み・HERO’S参戦・秋山成勲への対戦表明などマット界を賑わす。
Uを頑なに守り、Uを実践する男は08年、GENOMEのリングでもU戦士としての戦いを続けていく。

IGF公式アカウント

  • facebook
  • twitter

▲PageTop