アントニオ猪木 IGFプロレスリング

ホーム > GENOMEファイター > タカ・クノウ

タカ・クノウ

タカ・クノウ
JAPAN

タカ・クノウ
[TAKA KUNOH]

本名
タカ・クノウ
生年月日
1967年5月18日
国籍
日本
出身地
東京都
身長
175cm
体重
97kg
得意技
--
所属ジム
--
タイトル履歴
第1回世界グラップリング選手権 92kg級3位、2004年国際ブラジル柔術連盟「パンアメリカ選手権」黒帯ヘビー級優勝、武人杯準優勝、柔術パン・アメリカ選手権黒帯ペサード級優勝、第3回世界グラップリング選手権 90kg級優勝
選手入場曲
Samurai
Twitter
--
IGFデビュー
--
GENOME戦績
30戦15勝15敗

高校時代は国士舘高校で柔道に励み、卒業後は自衛隊体育学校に進みレスリングを始める。自衛隊除隊後の1990年、ボディビルの本場カリフォルニアに移住し、以降15年間ボディビルダーの傍らインストラクターや指圧師として生活を送る。現地で開催されたグラップリング大会に出場した事をキッカケに再度格闘技にのめり込み、2001年には木村政彦以来日本人として50年ぶりに黒帯柔術家への勝利を収め一躍注目を浴びる。そののち帰国し、アメリカで知り合った五輪メダリスト太田章に師事し、武人杯準優勝、総合格闘技イベント・DEEP参戦等を果たす。2007年からは活動の場をIGFに移しプロレスデビュー。初戦の小原戦は敗北するものの、その佇まいや確かなグラウンドテクニックで、たった2試合のキャリアにも関わらず東スポプロレス大賞新人賞部門で2位を獲得。2008年も順調に白星を重ね、年末には第1回世界グラップリング選手権で世界第3位、そして2010年3月には第3回世界グラップリング選手権で優勝、日本人初のチャンピオンとなる。いまやIGFには欠かせないファイターに。

GENOME36

5月29日(日) 16:00開場 / 17:00開始
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)
試合結果

 

INOKI・ALI BOM-BA-YE
in Macau

9月10日(土)
カジノホテル・スタジオシティ・イベントセンター
大会概要


アントニオ猪木公式アカウント

  • facebook
  • twitter

IGF公式アカウント

  • facebook
  • twitter

▲PageTop