映画『ボヘミアン・ラプソディ』動画を無料で視聴する方法!金ローで地上波初放送!見どころやキャストを紹介

2018年に公開された『ボヘミアン・ラプソディ』は世界中で大ヒットし、日本でも非常に多くの方が良い評価をつけた作品です。

意外にもまだ地上波での放送がなされていませんでしたが、とうとう地上波放送が実現することになりました。

映画館で鑑賞して感動した方はもう一度、公開当時見逃してしまった方はこの機会にぜひご覧になってはいかがでしょうか。

地上波初放送となる『ボヘミアン・ラプソディ』の放送予定・見どころやキャストをまとめました。

また、地上波放送を見逃がした方に、無料で動画をフル視聴できる方法も解説しています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の動画を無料フル視聴する方法

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2021年6月の時点で、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の配信状況は以下の通りです。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間
FODプレミアム 976円 2週間
U-NEXT 2189円 31日間
dTV 525円 31日間
Hulu 1026円 2週間
Paravi 1017円 2週間
music.jp 1,958円 30日間
クランクイン! 990円 14日間
配信状況:◎【見放題】/〇【ポイントで無料】/△【課金が必要】/✕【配信なし】

一覧表の情報は2021年6月時点の情報です。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は複数の配信サービスで視聴することが可能ですが、Huluでは地上波放送後より見放題配信開始されます。

また、U-NEXTmusic.jpクランクイン!では無料期間を利用すれば、その間にもらえるポイントを利用することで無料で視聴することができます。

2018年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』が地上波初放送

2021年6月4日(金)の金曜ロードショーは『ボヘミアン・ラプソディ』の地上波初放送です。

21:00~23:39までと45分拡大で放送されることが決まりました。

社会現象にまでなった大ヒット作に期待しましょう。


フレディ・マーキュリーを描いた伝記物語、ライヴ・エイドの迫力あるシーンは必見

『ボヘミアン・ラプソディ』はクイーンのボーカル・フレディ・マーキュリーの生涯を描いた作品です。

フレディが仲間とともに「クイーン」を結成、レコード会社の方針に反発しマスコミにも酷評された『ボヘミアン・ラプソディ』を大ヒットさせます。

一方プライベートでフレディはメアリー・オースティンという女性と恋に落ちますが、やがて自分のセクシュアリティを自覚していきます。

ソロ契約での活動が難航し、一時は酒やドラッグで生活が荒れたフレディですがやがてバンドへの復帰を果たし1985年の「ライヴ・エイド」出演が決まりました。

  • ヒット曲『ボヘミアン・ラプソディ』誕生に際するレコード会社への反発
  • メアリーとの恋と破局
  • 自身のセクシュアリティへの悩み
  • ソロ契約を経てクイーンこそが自分の居場所と実感するフレディ
  • 「ライヴ・エイド」の伝説的なパフォーマンス

と見どころたくさんです。

音楽はなんとクイーンのメンバー自らが総指揮を務めており、非常に評価されています。

『ボヘミアン・ラプソディ』のキャスト紹介

『ボヘミアン・ラプソディ』の主なキャストをまとめました。

クイーンのメンバーは以下の通りです。

  • フレディ・マーキュリー/ラミ・マレック
  • ブライアン・メイ/グウィリム・リー
  • ロジャー・テイラー/ベン・ハーディ
  • ジョン・ディーコン/ジョゼフ・マゼロ

ラミ・マレックはエジプト出身の俳優で、ペルシャ系移民であったフレディの再現度が非常に高いと評判になりました。

ライブパフォーマンスなどの演技も高く評価されており、映画の高評価に大きく貢献しています。

フレディが恋に落ちるメアリー・オースティン役はルーシー・ボイントンです。

金曜ロードショーの地上波初放送に際し主演のラミ・マレックさんや、音楽総指揮を務めたクイーンのブライアン・メイさんやロジャー・テイラーさんからメッセージが寄せられました。

ロジャー・テイラーさんは「この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!」とメッセージを出しています。

残念ながらすでにフレディ・マーキュリーさん本人はこの世を去っていますが、まだクイーンというバンドは続いているという思いを強く感じるメッセージですね。

実はクイーンはデビュー初期から日本でツアーも行っており、クイーンメンバーも日本にたびたび訪れた縁があります。

日本ではたびたびクイーンブームが起こっており、2018年も『ボヘミアン・ラプソディ』映画公開で「第三次クイーンブーム」が訪れました。

日本人にも深い魂の揺さぶりを与えてきたクイーンの物語を、金曜ロードショーでぜひ楽しみましょう。

『ボヘミアン・ラプソディ』を見た視聴者の感想

フレディ・マーキュリーの生き様を描いた作品で、とても感動しました。ラスト、フレディのエイズが判明して、クイーンが再結成され、ライブエイドでのライブシーンはずっと涙が止まりませんでした。フレディを演じたラミ・マレックの完全にフレディになりきった演技がとても素晴らしかったです。アカデミー賞主演男優賞を獲得しただけのものはありました。

40代

地上波でボヘミアンラプソディが放送されるのをずっと待っていました。ボヘミアンラプソディは映画館で見て、DVDでも何度も見ていましたが、それでも感動しますし、泣けます。フレディ・マーキュリーは亡くなってしまいましたが、彼の歌声、生きた証は永遠に残り続けます。金曜ロードショーの地上波放送、本当にありがとうございました。

30代

伝説のロックバンドQueenを描いた映画ですごく見応えがありました。フレディマーキュリーの才能に溢れているからこその周りとのミスマッチや、それゆえの孤独などがよく表現されていて感心しました。その才能があり溢れているからこその世間とのいざこざやそのせいで起こる自分の心の摩耗、ふとした時に感じる未来への不安感など繊細な描き方が上手くて、いくら成功したように見えてもいくら金銭的に恵まれても手に入らなかったり埋まらない心の穴はあるんだと感じました。一見成功者に見えたフレディという人は、実は表面的な成功の裏で寂しさや哀しみを抱いて生きた人なのだなと感じます。

30代

こんなに早く地上波あの感動を味わえるなんて…金曜ロードショーさんに感謝です!一度映画館で見ましたが、忘れていたところもあり、また新鮮な気持ちで見れました。LGBTや色々な問題についても考えさせられる映画です。ライブシーンは映画館の大スクリーンでみるのには叶いませんでしたがそれでもやっぱり圧巻でした。吹き替え声優の方々もよかったです。

20代

映画館で見たので2回目の鑑賞でしたが、フレディの壮絶な人生と素晴らしい楽曲が残せたこの映画は、やはり最高でした。ラミ・マレックの歌い方、歩き方は、フレディにしか見えませんでした。その他のメンバーも本物に見えてくるのです。それぞれの役への思い入れがしっかり感じられます。ラストのコンサートのシーンは胸がグッと締め付けられました。

20代

話題の作品なので放送を楽しみにしていました。映画でありながら出演者の見た目も似ていてクイーンのドキュメンタリーを観ているようなリアリティがあり、ラストのライブ・エイドのシーンは本当のライブのような迫力がありました。本編中でクイーンの楽曲が流れているのか役者が歌っているのかわからないほど再現度が高かったです。

30代

LGBTの知識が薄い日本社会ですが、この映画を放送したことで、その理解が深まることを祈るばかりです。ゲイだからって、子供が埋めないからって、生産性がないとか、日本の未来が終わるとか言ってる老人たち。フレディ・マーキュリーが残した功績を見てもそんなことが言い続けられるでしょうか。人間を愛し、差別された人間たちを今現在も救い続ける名曲たちと共に、このQUEENの物語を永遠に語り継がなければならないと感じました。

30代

歌は耳にしたことがあるが、歌っている歌手についてまったく知らなかったので映画でフレディ・マーキュリーがどんな人だったかを知れてよかったです。絶賛されていたように、主人公フレディを演じた俳優は、本人かと思わせる程見た目も似ていました。演奏シーンは本人の歌声を聞くことができて本当に感動しました。知っている曲が流れてなんとも懐かしい感情がこみあげてきました。

30代

驚いたのは出演者がみんなQueenに似ていると言うことです。私はベイシティローラーズの世代ですががQueenも知っていて、同級生がロジャーのファンでした。フレディの出っ歯は上の歯が4本多いからと言うのも驚きでした。売れる前から音や音楽に凄いこだわりがあったフレディの才能と他のメンバーの才能が出会った事でQueenが出来たんですね。晩年のフレディは気の毒でしたが、散って更に伝説になったアーティストだと思いました。映画でも見ましたが、改めて見られて良かったです。声優さんの声もぴったりでした。

50代

QUEENのことはフレディ・マーキュリーがボーカルということと数曲知っているくらいであまり興味がなかったのですが、夫が見たいと言うので一緒に見ました。フレディ・マーキュリーのQUEEN結成からライブエイド出演までの波乱万丈な人生を描いた映画でしたが、フレディ・マーキュリーが様々な苦悩を乗り越えて最後にライブエイドで歌っている姿を見て、夫よりも感動して号泣してしまいました。家族や仲間の大切さや生きていくことの強さを感じられるとても良い映画でした。

20代

『ボヘミアン・ラプソディ』地上波初放送は本編ノーカット

『ボヘミアン・ラプソディ』は6/4(金)の金曜ロードショーで地上波初放送、本編ノーカットで送られます。

名曲誕生の瞬間からクライマックスのライブシーンまでたくさんの名シーンがあるだけに、最初から最後まで見逃せません。

放送前から期待する視聴者も多く、放送当日の反響も気になりますね。

見逃した方や、再度見返したい方はhuluでどうぞ!

\今すぐ無料で視聴する!/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です