『オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)』公式見逃し配信動画を無料で視聴する方法|上白石萌音主演のブルきゅんドラマを1話から最終回まで

2021年1月12日(火)22時から放送のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)』の番組内容やみどころ、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』はどんなドラマ?
  • 大人気ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のスタッフ陣が制作
  • 上白石萌音さんが主演、今期話題のブルきゅんドラマ
  • 2020年大ブレイクタレント・山之内すずさんが連続ドラマ初出演

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、Paravi、TVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで見ることができます。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paraviで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、動画配信サービスParaviにて独占配信されています。

ドラマを1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paravi一択となります。

Paraviをはじめて登録する人なら誰でも2週間の無料お試し期間があり、無料で一気見することができます!

※2週間の無料期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

Paraviではオリジナルストーリー『オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で』の配信も!

毎週本編終了後に、Paraviオリジナルストーリー『オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で』の配信も決定しています。

中沢涼太役の間宮祥太朗さん主演、和泉遥役の久保田紗友さんがヒロインのアナザーストーリーがこちらで視聴することができます。

編集者の和田和美 (秋山ゆずき)も含めた三角関係が繰り広げられ、間宮さん曰く「本編に匹敵するほど」の作品だということです。

「ボス恋」のあとは「ツン恋」もぜひ一緒にお楽しみください。

出演者
  • 中沢 涼太/間宮祥太朗
  • 和泉 遥/久保田紗友
  • 和田 和美/秋山ゆずき
  • 加賀 栞/太田夢莉
  • 松下 由衣/吉田沙世
  • 矢島 明日香/星野梨華
  • 半田 進/なだぎ武
  • 高橋 麻美/高橋メアリージュン

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

TVerでドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の最新話を見る方法

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerでは、視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』を見たい方はこちら

※配信状況は2021年1月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』作品情報

【放送日】毎週火曜日 夜22:00~


幼馴染で恋心を抱いている日置健也に会うために、地元の熊本から上京し、東京での生活を始めることにした鈴木奈未(上白石萌音)。

仕事を探していた奈未は、偶然見つけた求人募集を頼りに面接を受け、無事に採用してもらえることに。しかし、奈未は希望していた備品管理部ではなく、ファッション雑誌の編集部に配属されてしまいます。

さらに、編集部での仕事は編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係で、奈未は異動初日から麗子の厳しい指導を受け、くじけそうに・・・。

そんな中、奈未は仕事を通してカメラマンの潤之介(玉森裕太)と出会います。彼のおかげでピンチを乗り切った奈未は再び仕事と向き合うことになります。

ところが、潤之介からお見合いを断る口実に付き合っているフリをしてほしいと頼まれ、姉を紹介されるのですが、潤之介の姉はなんと麗子だったのです!

困惑する中で、奈未は仕事に追われ、慣れない東京で恋愛にも悩みながら奮闘する日々が始まるのでした。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』のキャスト・スタッフ情報

このドラマで主演を務めるのは上白石萌音さんです。

上白石さんは、東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を獲得したことをきっかけに芸能活動を始め、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」や「陸王」などの話題作に出演し、活躍の幅を広げていきました。

2019年には、声優を務めた「君の名は。」で注目を集め、2020年放送のドラマ「恋はつづくよどこまでも」で大ブレイクを果たし、2021年には連続テレビ小説での主演も決定しています。

演出に関しては、「恋つづ」・「花より男子」・「私の家政夫ナギサさん」を手掛けたスタッフが担当していますので、期待以上のきゅんきゅんが得られる作品になるはずです。

キャスト一覧

  • 鈴木奈未/上白石萌音
  • 宝来麗子/菜々緒
  • 潤之介/玉森裕太
  • 中沢涼太/間宮祥太朗
  • 宇賀神慎一/ユースケ・サンタマリア
  • 和田和美/秋山ゆずき
  • 和泉/久保田紗友
  • 尾芦一/亜生(ミキ)
  • 加賀栞/太田夢莉
  • 半田進/なだぎ武
  • 高橋麻/高橋メアリージュン
  • 鈴木義郎/橋爪淳
  • 鈴木真未/宮崎美
  • 鈴木多未/山之内すず
  • 蓮見理緒/倉科カナ
  • 香織/高橋ひとみ
  • 日置健/犬飼貴丈

製作・スタッフ

  • 脚本/田辺茂範
  • 演出/田中健太、石井康晴、山本剛義
  • プロデューサー/松本明子
  • 主題歌/Kis-My-Ft2「Luv Bias」

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の原作は?

このドラマは原作がなく、脚本を担当する田辺茂範さんのオリジナル作品です。

田辺さんは「インハンド」や「美食探偵 明智五郎」などの話題作を手掛ける人気脚本家です。

個性的な登場人物が数多く出て来る作品を多く担当していて、それぞれの登場人物の個性を分かりやすく表現することを得意としています。

また、今回のドラマで主演を務める上白石萌音さんの主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のスピンオフ作品の脚本も手掛けています。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2020/1/12 第1話 11.4%
2020/1/19 第2話 11.3%
2020/1/26 第3話 11.0%
2020/2/2 第4話 11/6%
2020/2/9 第5話 10.8%
2020/2/16 第6話 11.8%
2020/2/23 第7話 11.4%
2020/3/2 第8話 11.8%
2020/3/9 第9話 12.0%
2020/3/16 第10話 13.2%

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ(1/12放送)

東京で暮らす幼馴染で片思い中の日置健也 (犬飼貴丈) を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。

あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。

そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で…。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

初回から面白かったです。キャスト全員が魅力的で、鈴木一家も楽しそうです。まさか編集長と潤之介が姉弟とは、次週への期待もありますし、潤之介君がかわいいです。男性陣が今後なみを囲んでなんやかんやあるはずだしそうあってほしいです。副社長も何なら謎で今後新雑誌に絡んできそうだし、人間関係も仕事への取り組みも楽しみになりました。

50代

昔見た「プラダを着た悪魔」という映画を思いだしました。悪魔のような上司とこき使われる新人、その構図に目がいきました。その他に、恋愛や家族愛など色々な感情が入り乱れる予感です。玉森さんの自然な演技がとてもよくて、思わず素敵だな~と思いました。これからの恋愛がどうなっていくのかがとても楽しみなドラマです。

50代

東京で働きたいと願う女性は多いと思います。しかし、思っていた仕事が全く違っていたらどうでしょうか。それを描いているのがこのドラマだと思います。奴隷のように扱われて可哀想ですが、頑張る姿に心を打たれます。優しい部分を持っている主人公の奈未が可愛いく、コミカルなストーリでもあるので魅了されます。まだ1話なので、今後の展開が楽しみです。

40代

上白石萌音さんが演じる奈未ちゃんは、田舎の少しおっちょこちょいな女の子で憧れの幼馴染を追って東京で仕事を始めるのですが片思いが破れてしまったり上司の雑用係で毎日凄く嫌になったりとなんだか気持ちがわかる様なところがありました。同僚の失敗を自分がかばったりして精一杯頑張っていたので自分も頑張らなければならないなと思いました。

20代

とにかく菜々緒がきれいでした。仕事ができる女の人ってこういうきりっとしたイメージ。バラ園での撮影はすごかったですね!日本が誇るモデルって冨永愛さんだろうなぁとは思ったけど登場するとは思わなかったです。お仕事ドラマにこれから恋愛要素も絡んでくるのだろうか?ずっと片思いしてた幼馴染と恋人にもなっていないのに結婚する夢を見ていたのには笑ってしまったけど・・・。

30代

潤之助と奈未がバイクに乗るシーンがすごくキュンとしました。潤之助の姉が麗子だったのが本当にびっくりしました。麗子の仕事人間ぶりがすごくリアルで本当に怖いなと思ってしまいました。マリーアントワネットの話がでたらめだと分かったシーンがすごくおもしろかったです。副編集長の半田と奈未の冒頭のやり取りがすごくコミカルで好きでした。

20代

鈴木奈未は安定が一番と言われて育ってきたので上京して右往左往しているところがとてもコメディに見えて面白いです。潤之介がいきなり22万8千円の上下ヒョウ柄の服をすすめたのは罪深き男だなと思います。宝来麗子を演じている菜々緒はとてもクールで役どころがナイスだなと思います。プラダを着た悪魔の日本版みたいである意味面白そうだと思います。

20代

上白石萌音さんが演じる奈未が自分の身の回りにいそうな、いたって普通の特に秀でたところがないような女子なところがとても共感できて、グイグイとドラマの世界へ連れていかれてしまいました。そして、輝かしい菜々緒さんが演じる編集長の宝来麗子は際立つ存在感で、きっとこれから奈未は沢山のものを彼女から得るのではないかなと期待しています。そして、玉森裕太さんが演じるイケメンカメラマンの潤之介との間に恋心が芽生えるのかなど、今後の展開が楽しみな今季No. 1の期待ドラマです!!

30代

1話から面白い。最初から波乱の連続で中々上手くいかない感じが見ていて面白いです。菜々緒さんのツンツン系のボス感がかなり似合っています。上白石さんの上京したての田舎感もかなり合っていてキャスティングがすごい、いいなと思いました。これから仕事と恋愛の発展が楽しみなドラマです。これからキュンキュン出来るといいなと期待してます。

30代

玉森裕太さんの透明感とかっこよさに、とにかく惹きつけられました。長身ですらっとしていて、恋愛ドラマの王子様役にはぴったりだと思いました。菜々緒さんの目力とスタイル、ファッションがとにかくかっこよくて、終始驚きました。ファッション雑誌の裏側を少し見れたので、とても興味深かったですし、華やかな世界に憧れました。

30代

奈未(上白石萌音)の幼馴染の先輩に婚約者がいたのは、ショックだったことでしょう。宝来麗子 (菜々緒) と潤之介 (玉森裕太)が、兄弟だったことにもびっくりしました。菜々緒さんは、鬼編集長役にハマり役だと思いました。奈未と潤之介は、お似合いで、恋に発展する予感がします。初々しい上白石萌音さんが、これからどう成長していくのか期待したいと思います。

60代

第2話あらすじ(1/19放送)

お見合話を断る口実として潤之介 (玉森裕太) の彼女役を引き受けた鈴木奈未 (上白石萌音) は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、後日姉として紹介されたのは上司で鬼編集長の宝来麗子 (菜々緒) だった。最悪の状況に焦った奈未が成り行きで「けん玉チャンピオン」という嘘の上塗りをしてしまい、より事態は複雑な状況に……。

そんな中、『MIYAVI』の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太 (間宮祥太朗) が提案した漫画家とのコラボ企画が採用された。さらに、音羽堂出版で連載も持っている人気漫画家・荒染右京に依頼をすることが決定した矢先、右京は大の“けん玉好き”ということが発覚。

そして何かを企んでいる様子の麗子は、奈未に右京との交渉の席につくよう命令。けん玉などできるはずのない奈未は、潤之介にSOSを求め…。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

潤之介くんのお姉ちゃんが編集長と知って奈未ちゃんが流れを振り返るシーンが面白かったです。確かに自分の上司が姉ですと紹介されると驚いて状況が飲み込めないのはよく分かります。中沢さんはツンツンしながらも優しいのでいい人だなと思いました。けんちゃんを誤魔化すためにけん玉チャンピオンというワードが出てくるのがすごいなと思いました。その嘘によって広告に繋がったから良かったですが。

30代

序盤の奈未と潤之助が麗子に付き合っていると嘘をつくシーンがすごくおもしろかったです。潤之助のマイペースさに振り回される奈未がすごく必死で面白かったです。奈未と潤之助が二人でけん玉の練習をするシーンがすごくキュンとしました。奈未がいつもネガティブな理由で選ばれると言ったシーンはすごく切ないなと思いました。パーティーで奈未のけん玉の後の麗子のスピーチがすごくかっこいいなと思いました。

20代

上白石萌音さんの役柄が前作の役によく似ているのでそこが少し気になりますが、「出来ない、無理です」と言ってばかりの奈未が少しずつ変わって、周りの人に助けてもらいながら努力したり成長しているので、最後はどんな奈未になるのか楽しみで見ています。宝来さんをはじめ悪い人がいないので、職場の人間関係もどうなるのか楽しみです。副編集長役のなだぎ武さんと副社長役のユースケ・サンタマリアさんが良い味を出していると思います。

40代

第1話の奈未(上白石萌音)が編集部の雑用係に採用された理由が判明しました。センスのいい服を着ているのに足元だけださかったというネガティブな理由とは、普段ファッションにうとい自分にとっても残念な理由でした。せっかく父からプレゼントされた靴をそんなふうに言われて反論できない奈未。そして偽の彼氏には、好きにならなそうだからというこれまたネガティブな理由で彼女のフリを頼まれたとしって落ち込むときの投げやりな表情が良かったです。しかし、漫画家との交渉を結果的には成功させたことをきっかけに仕事に対して本気で向き合って本領発揮できるのか、次回がまた楽しみになりました。

50代

奈未が2回目に荒染さんの前でけん玉を披露したときに成功したので良かったです。そして漫画の内容やキャラクターのことなども話してファンになったと言って交渉が成立したので良かったと思いました。さらにパーティーでもけん玉を披露していたのでプレッシャーを感じていたのだろうなと思います。コラボ企画も広告ページも交渉成立したので麗子はすごい人だと感激しました。潤之介の姉が麗子だったので驚きました。2人が一緒に過ごしているシーンはほのぼのしましたし、後ろから抱きしめた時はドキドキしました。

30代

今日は彼女のフリを頼まれ、紹介されたお姉さんがまさかの編集長から始まり、どんどん仲良くなる2人がすごく可愛いかったです。ドラマの中の玉森さんが本当に子犬男子で、見ていて少し恥ずかしくなる感じと、上白石さんの絶妙に田舎臭い感じがとってもいいです。今日の坂道でレモンを落として拾ったのが玉森さんだったベタすぎるシーンも良かったです。

30代

潤之介役の玉森裕太さんは、ナチュラルに思わせぶりなことをする演技が本当に上手いなと思いました。潤之介が出てくる度に、奈未と一緒にキュンとしたりドキッとしたりしていました。最後の奈未がスタジオに檸檬を運んでいる途中の登場シーンは、本当にタイミングが絶妙でした。また、最後の「俺のこと好き?」のセリフもとてもドキッとして、今から次回の展開が楽しみです。

20代

潤之介は、奈未を本当に好きかどうかわかりません。でも、信用できるというのは本当の気持ちだと思います。普通がいいと言いながらも人並み以上に頑張る奈未を、ちゃんと見ていると思います。麗子も奈未の良いところを認めていますが、もっと伸びると思い、厳しくしているのだと思います。今のところ、重要な交渉は奈未のおかげで成功していますが、うまく奈未を使っている麗子がすごすぎると思います。

60代

奈未と潤之介の何とも言えない関係にドキドキしてしまい、あっという間の第二話でした!仕事では人並みが理想と言いながらも自分がまだまだダメだと思って、けん玉の努力をした奈未の姿は素晴らしくて、心を打たれました。どんな場所でも、どんか時でも何か目標に向かって頑張ることの姿が誰かの心を動かしていく展開は良かったです!

30代

編集長となみちゃんの関係もすこし進歩しながらまたまだ道は遠そう。副社長は実はくせ者の予感がしています。けん玉しながらお泊まりして、坂道で果物落として最後の1個を拾う胸キュンシーン。王道の恋愛に仕事で頑張り認められるであろうドラマ。おそらくそんな簡単には進まないだろうし、今後編集部のメンバーなんかも絡んできそうだし、編集長のライバルも何かしら絡むだろうし、楽しみです。

50代

鈴木奈未(上白石萌音)が、「人並みでいい」という考えから変化が生まれてきたようです。上白石萌音さんの表情がとても愛らしくて、感情を表現するのが上手な俳優さんだと思いました。なだぎ武さんやユースケサンタマリアさんが脇を固めていて、いい味を出していると思います。花江夏樹さんが漫画家役で出演されていたのが、サプライズでした。

60代

「恋はつづくよどこまでも」ですっかりファンになった上白石萌音が出演の新作ドラマです。新米看護師役の時みたいに、ファッション編集部の下っ端という役どころで、ハマり役で、安心して見ていられます。上司役の菜々緒も期待を裏切らないお馴染みのデキル美人で厳しい役どころです。萌音ちゃんと玉森裕太のシーンはほのぼのとしていて、今後の二人の恋の展開が気になるところです。

40代

潤之助の彼女を演じるために嘘をたくさんついていたところは、もう後から絶対バレるからもうこれ以上嘘は言わず正直に話してと願っていました。嘘を挽回するために正直に話して謝りに行くのかと思ったらまさかのけん玉の練習で、そっちなの!とびっくりしました。主人公の鈴木奈未の社会人として甘いところが気になりますが、今後どう成長していくのか楽しみです。

20代

第3話あらすじ(1/26放送)

付き合っている振りを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

一方、『MIYAVI』編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。編集部員たちが校了に向けて慌ただしくしている中、編集長の麗子 (菜々緒) から、急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示が出る。光希の特集を担当していた中沢 (間宮祥太朗) は、その指示に納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。

さらに、他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

奈美が起点となってバラバラになった同僚を集めるのに奮闘していて仕事なら何でも引き受けて結果を出すのが上手くて羨ましいなあと思いました。ただ単にインタビュー記事を差し替えると麗子は言ってないあたりが嫌いになれない上司だなと思いました。潤之介が最後に奈美のおでこにキスをしたときは凄い良い感じだと、うまくいってほしいと思いました。

20代

潤之介と奈美の気持ちがどんどん近付いていくのがわかり、ドキドキした第3話。奈美が自分のきもちを抑えようとするところもドキドキしましたが、潤之介も自分の気持ちに気づいて、どうしようと戸惑うところが可愛かったです。仕事では、編集長の凄さがわかり、お金だけではなく編集長として1人の人としてインタビューした相手の気持ちになる優しさがあるんだと思いました。また、中沢が奈美に惹かれている様子がドキドキしました。奈美が潤之介と中沢の間で揺れ動くのを今後楽しみです。個人的にはスムーズに潤之介とくっついて欲しいです。

30代

仕事面は、MIYABI編集部の分裂や結束がみれたり、主人公が周りの仕事仲間に認められていく姿が見られて、仕事のドラマとしては見応えがありました。しかし恋愛面がとにかくベタなシチュエーションばかりで、時代は令和なのに昭和のドラマのような感じがしました。玉森君のカッコ可愛さに頼りすぎているような気がします。

20代

中沢さんが書いた記事の内容が差し替えになった時はどうなるかソワソワしました。編集者たちがボイコットして休み、奈未が説得しに行ってもなかなか戻ってこないので大変そうでした。新しい編集者の人がまさかのおじいさんということには驚きましたし、彼が中沢さんの記事を見ていなかったらたいせつなことに気づけなかったかもしれません。潤之介の個展で2人が初めて会った場所のベンチの写真があったので感動しました。懐かしさも感じました。最後に潤之介が奈未のところに行っておでこにキスしたときはキュンキュンしました。

30代

奈未の妄想の中の潤之介の子犬コスプレがインパクトがありました。潤之介役の玉森裕太さんは30代だったと思いますが、あんなに可愛い子犬コスプレが出来る30代男性がいるんだなと衝撃でした。前回までは奈未の方が潤之介に振り回されている印象が強かったですが、今回は潤之介の方が奈未を気にしている様子で、ラストの奈未の個展の感想も潤之介に響いていたし、二人の関係性が近くなってきていてワクワクします。また、中沢も奈未の魅力に気づいたようなので、中沢の動向も気になると思いました。次回も楽しみです。

20代

奈未の妄想の中の潤之介の子犬コスプレがインパクトがありました。潤之介役の玉森裕太さんは30代だったと思いますが、あんなに可愛い子犬コスプレが出来る30代男性がいるんだなと衝撃でした。前回までは奈未の方が潤之介に振り回されている印象が強かったですが、今回は潤之介の方が奈未を気にしている様子で、ラストの奈未の個展の感想も潤之介に響いていたし、二人の関係性が近くなってきていてワクワクします。また、中沢も奈未の魅力に気づいたようなので、中沢の動向も気になると思いました。次回も楽しみです。

20代

奈未は、純粋無垢な女性なので、潤之介 は、気持ちがないなら、思わせぶりな態度は取らない方がいいと思いました。編集長の麗子 は、副社長の宇賀神には下手に出るのに、部下に対しては手のひらを返したように態度が全く違います。今回は奈未の活躍もあって何とかなりましたが、改めないと部下はついていきません。

60代

潤之介から好意を抱かれながらも、その気持ちを受け取れず距離を置こうとする奈未のもどかしさに共感しながらも、焦ったい気持ちになり、どんどんストーリーにのめり込んでしまいました。ストーリー最後の、潤之介が自分の個展を見に来てくれた奈未を一生懸命追いかけて、奈未にしたおでこのキスのシーンは、視聴している自分が潤之介を好きになってしまうのではないかと思うほど、とてもドキドキしてしまい、胸キュンが止まりませんでした!来週はどんな胸キュンが味わえるのか、今から大いに期待しています!

30代

潤之介くんの仔犬姿が可愛くて、なみちゃんの気持ちも可愛い。編集長は父親に対して何かしらこころのひっかかっているようで、その感情がクールな態度に出ているのでは?本当は誰よりも思いやりのある人だと感じます。気持ちが表にでないので誤解を招きやすいタイプ。弟が優しい性格だからお姉さんだって似た面があるはずです。編集部も少しずつチームワークが出てきているので創刊も楽しみです。

50代

編集長の麗子はとても考えが深く、的確に物事を進めますが、何故か根拠や理由をはっきり言いません。今回も中沢がインタビューして作成した記事を差し替えました。でも、奈未は麗子の言葉をヒントに、理由を探し出すのです。麗子はそうなることがわかっているのかもしれません。中沢が立ち直れたのは奈未のおかげです。奈未の存在が編集部で次第に大きくなり、これからが楽しみです。

60代

編集長の無茶な要求に編集部のみんなはついていけないと仕事をボイコット。今回も編集長なりの考えがあってのことだと思いますが、そんなこととは露知らず雑誌が発行できるかどうかの瀬戸際です。奈未はみんなを説得しようと何とか奔走するも、編集長と編集部のみんなの隔たりは解消せず。潤之介との関係も微妙な感じですね。ガンバレ、奈未ちゃん!

40代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

第4話あらすじ(1/26放送)

ついに「MIYAVI」創刊号が発売され、上京してからの出来事を感慨深く振り返る奈未(上白石萌音)。改めて「MIYAVI」のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちと比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自分を痛感する。

オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子(菜々緒)からは呆れられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させてあげることに。しかし、そのパーティーで奈未はまた潤之介(玉森裕太)と会ってしまい複雑な気持ちに…。

そんな中、麗子は昔の上司であり、次号の「MIYAVI」で特集ページを担当する、ファッション業界のトップでクリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコと再会する。

後日、ジンコのスタッフミーティングの場へ顔を出した奈未は、その和気あいあいとした雰囲気に感動。さらにジンコからの誘いで、ジンコの企画を手伝うことに。すると、ジンコからなぜか副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼まれ…。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

序盤から、潤之介が奈未を助けたシーンでドキッとしました。いつもは柔らかい雰囲気の潤之介のキリッとした表情が良いなと思いました。最後のキスシーンは予想外で驚きました。最初が奈未からだったのも意外に思いました。でも、雨の中でロマンチックな雰囲気の綺麗なシーンで、とても印象的でした。せっかく奈未と潤之介が良い雰囲気になったのに、美人な幼馴染が登場するみたいで展開が気になります。次回が楽しみです。

20代

潤之介からの気持ちに気付きながらも、遊ばれているのかもしれないと疑っていた奈未からの潤之介へのキスは予想外の展開で、とてもドキドキしてしまいました。潤之介のようにただひたすら雨の中待っていてくれて、それなのに怒らずに、来てくれて良かったと言ってくれるなんて、どれだけ潤之介は王子様なのだろうかと胸キュンの連続でした。仕事も恋もうまくいきそうな予感ですが、また奈未には一波乱起きそうで、次回放送を早く見たくてたまりません!

30代

奈未にとって潤之介は運命の人のようです。潤之介も彼氏と言っているし、雨の中待っているくらいだから、両思いは間違いないでしょう。ここへ来ての急展開で、面白くなってきました。幼馴染の蓮見理緒とはどういう関係なのか気になります。奈未には、仕事の方もがんばってほしいです。

40代

潤之介と奈未の恋がうまくいきそうで、ワクワクしました。やっと石橋を叩いてきた奈未が信じようと決心できたのです。でも潤之介は、幼馴染の素敵な女性が好きらしいのです。雨の中2時間も待っていたのですから、それは昔のことと思いたいです。MIYAVIは創刊号が出ました。売り上げを伸ばすために、次に向かって充実した日々が続いています。これからが楽しみです。

60代

潤之介のおでこのキスに困惑する奈未がとっても可愛くて胸がキュンとしちゃいました。石橋を叩き壊す妄想めちゃ可愛いかったです。和泉がグランピングに中沢を誘いたいってすぐに気づく奈未を見て、やっぱり奈未って本当は出来る女だと思いました。奈未いよいよ潤之介とキスしちゃいましたね!潤之介が好きな人らしき人早く現れるし、もうワクワクが止まりません。

40代

今回は、仕事面でも恋愛面でも進歩があった気がして見どころたくさんでした。仕事面では奈未はボスに対して文句はあるものの、ボスを尊敬・信頼して向き合っているということが伝わってきました。ボスの本当の姿を見極めて、ひたむきに頑張る奈未はかっこいいと思いました。恋愛面では、潤之介が無邪気で素直でとても可愛かったです。奈未も素直になりかけていたときに留学していた女性の存在が現れて、今後の展開が楽しみです。仕事面でも恋愛面でも成長していく奈未に、これからも目が離せません!

20代

前回おでこにキスされてどうなったかと思えば、奈未のヘンテコファッション面白かったです。奈未もこの仕事の良さに気づいて、次の号の特集になるウエクサジンコの元に行って、ジンコから手伝って貰って良いって言われ、なんて優しい人だと信じちゃう、でもやっぱり最後にはアクシデントで帯が届かなくて、ジンコのアシスタントの人と探した帯を見せると、激怒されちゃう。でもそこでレイコが登場してかっこよくその場をおさめて菜々緒かっこよかったです!

40代

中沢さんの視線が気になって、和泉ちゃんも気づいている感じがしたので切なかったです。みんないい感じにくっついてくれたら良いなと思いました。潤之介くんの雨の中しゃがんで待っている姿がまさしく子犬のようで思わずキスした奈未ちゃんの気持ちがよくわかりました。でも、幼馴染が帰って来てしまったのでまた一波乱ありそうですね。

30代

潤之助と奈未の関係性がだんだんわからなくなっていくのが見ていて面白かったです。玉森さんの子犬姿をまた見れてうれしいなと思いました。ウエクサジンコの撮影のピンチを救った麗子がすごくかっこよかったです。密かに奈未の意見も取り入れていたのがグッときました。キャンプの時の奈未を見る中沢さんの目線がすごくかっこよかったです。ラストの雨の中でのキスシーンはキュンとしました。

20代

奈未ちゃんが、仕事に一生懸命でかわいすぎます。菜々緒が演じる編集長も、アシスタントとしての奈未ちゃんの意見を取り入れてくれるようになりました。天然な子犬男子の潤之介は、幼なじみに引っ張られる奈未ちゃんを助けてくれて、かっこよかったです。でも、雨の中でじっと奈未ちゃんを待っていた潤之介は、やはり拾いたくなる子犬のようでした。

20代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


第5話あらすじ(2/9放送)

雨の中、待ち合わせ場所でうずくまっていた潤之介 (玉森裕太) に思わずキスをした奈未 (上白石萌音) は、ずぶ濡れの潤之介を自分のアパートへ連れて帰ることに。潤之介から「好きだよ」と言われ、うれしく思う反面、潤之介が思いを寄せている幼馴染みの存在が気になってしまい…。

一方、編集部では音羽堂出版の社内報に載せる「MIYAVI」の紹介記事作成をどのスタッフに担当させるか、半田 (なだぎ武) が頭を悩ませていた。麗子 (菜々緒) は遥 (久保田紗友) に任せようとするが、優秀すぎるが故に方々から振られたアシスタント業務で手一杯。

その話を聞いていた奈未は、麗子からの評価が高い遥のようになれば、麗子に潤之介との関係を認めてもらえるのではと思い、社内報作りに立候補する。

さらに、奈未は遥に代わり、中沢 (間宮祥太朗) が担当する対談企画で使う、ヴァイオリニスト・蓮見理緒 (倉科カナ) のドレスを届けることに。社内報も、対談の段取りもこなして、麗子からの評価を上げようと奔走するのだが…。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

仕事と恋愛は両立できないように言っていましたけれど、そんなことはないと思います。仕事を頑張って終わった後に彼氏と会えると思えば、やりがいも出ると思います。仕事を頑張って成果を出しても上司が納得いかないのは辛いです。奈未はドジなところもありますが、仕事にまっすぐな所に惹かれます。今後の奈未の成長・恋愛模様が気になるところです。

50代

潤之介といい感じになって夢見心地の奈未が可愛かったです。でも「好き」とは言われたもののこれって彼女になれたの?とわからなくなってしまい、ちゃんと言葉にして欲しくてあれこれ画策する奈未が最高!そして、個人的には中沢がいつ奈未に対しての思いを抑えきれなくなるかが気になります。ドS先輩なのですが、もう奈未が気になっちゃっているのが溢れ出して切なすぎます。理緒と潤之介と奈未の三角関係も気になるものの、中沢の動きからも目が離せません、笑。毎回ドキドキきゅんきゅんが止まらなくて最高です。

40代

潤之介はほんと天然って感じがしました。奈未は取材意気投合したバイオリニストの利緒に恋愛指南してもらってたけど、実は利緒が潤之介が想いを寄せていた幼馴染ということが分かって波乱必至そう。せっかくちゃんと言葉で言おうとしていたところだったのに。それにしても麗子と副社長がデートすることになりそうで気になります。

40代

次の展開が予想通りのベタな恋愛ドラマ感が5話も楽しかったです。このドラマでお笑い芸人のミキの亜生さんいいキャラしていて面白いです。5話では恋愛ドラマで良くある、恋のライバルが現れました。主人公の2人だけではなく、ボスの恋愛も発展してきたのと、職場内での恋の様子も少し動きはじめてきたので、王道恋愛ドラマ楽しくなってきました。

30代

奈未がMIYABIの社内報を書くことになって頑張っている姿は応援したくなりました。奈未が理緒さんのドレスを間違えて届けてしまったときはヒヤヒヤしましたが、麗子が来てくれたおかげで何とかなったのでほっとしました。恋愛と仕事を両立させるのは大変だと思います。奈未が麗子に見つからないように隠れていたのは面白かったです。潤之介が天然でカニをそのまま麗子に渡そうとしていたので笑ってしまいました。また理緒さんはとても魅力的な人だと思いました。気さくで奈未とすぐに打ち解けたり、バイオリンに命をささげると言ったストイックなところもあったので素敵でした。奈未の恋はどうなるのか気になります。

30代

あの雨の中のキスから急接近している奈未と潤之介にドキドキが止まりませんでした。浮き足立つ奈未に喝を入れる麗子はやっぱり素敵でした。そんな麗子の宇賀神との水族館デートはとても興味深いです。社内報を必死に作る奈未に言った中沢の言葉に深く共感しました。誰でも出来る仕事を誰にも出来ないくらい一生懸命やるのが私のモットーなので、中沢な言葉にとても嬉しい気持ちになりました。

40代

今回はキュンとするポイントが多くて、とても楽しかったです。特に残業をしている奈未の元に、潤之介が夜食を届けに来た時の充電のハグが私はとても好きでした。ストーリーに関しては、付き合おうという言葉を潤之介からもらえずに関係に悩む奈未の気持ちには、とても共感できました。大人になると、自然な流れで明確な言葉が無いまま、恋人関係になることも普通にあると思いますし、私自身も関係に悩んだことがあるので、こういう男性いるよなと思いながら見ていました。次回も楽しみです。

20代

潤之介は、確かに超天然系だと思います。カメラマンとしての仕事をちゃんとやっているようにも見えません。蓬莱製紙の後継者としては、頼りなさを感じてしまいます。中沢は、イケメンでモテそうだし、奈未というタイプではないように思いますが、完全に奈未に惹かれているみたいです。強力なライバルが現れると、潤之介も焦るのではないでしょうか。今のところ、副社長の宇賀神と蓬莱麗子というカップルが、一番ありそうな感じがします。

60代

ドラマ全体的にきゅんポイントがたくさんありました。鈴木奈未と宝来潤之介がキスした後から始まる第5話でしたが、付き合おうと言われていないことに気づき、付き合ってるの?と思う奈未の気持ちに確かにこんなことあると共感する部分がありました。対談企画がきっかけで蓮見理緒と恋愛の話をする仲になった奈未の元に潤之助が告白するために会いに来て3人が鉢合わせになった場面は小さく叫びました。さらに、宝来麗子編集長の恋愛模様も気になります。仕事はできても恋愛下手な編集長もデートに誘われて次回が楽しみです。仕事、恋愛、キャストの髪型や洋服など色んなところに視点を当てて見るのが私流です。

20代

奈未と理緒が親しくなり、彼に告白してもらうやり方まで教わります。いよいよ潤之介が奈未に告白しようとした時に大変なことが起こりました。理緒と潤之介が再会してしまうのです。奈未は2人が幼馴染で好き合っていたことをこの時気づくのです。残酷です。潤之介と理緒はもう別れたかもしれませんが、奈未は気になるのが当然です。2人の関係が微妙になりそうです。社内報はみんなが知りたがっている内容にしようと、奈未は麗子を中心とした記事にしました。なかなか面白そうです。奈未は確実に力をつけています。

60代

潤之介さんに「好き」と言われたものの、彼氏とみなしてよいのか悩む奈未ちゃんがかわいすぎます。仕事と恋を両立できずにドレスの届け先を間違えた奈未ちゃんをフォローした編集長もカッコよかったです。ミスをしながらも、社内報の記事を任された奈未ちゃんは少しずつ成長しています。ところが、奈未ちゃんの目の前で潤之介さんと元カノが再会してしまいました。続きが気になります。

20代

奈未と潤ノ介の好き同士なのに、はっきりとしない関係がもどかしくて、早く潤ノ介から奈未に告白しないのかなとドキドキしながら視聴できて面白かったです!奈未と一緒に恋をしている気持ちになれて、元気をもらえます。仕事でも雑用係から社内報作成までこなせるようになった奈未の頑張りは素敵で、成長ぶりを嬉しく感じました。副社長とひょんなことから水族館デートすることになった麗子の慌てふためきぶりが面白くて、とても良かったです!

30代

奈未と潤之助の付き合ってるのかはっきりしない関係にずっとドキドキしました。奈未が潤之助を試すけど天然でどんどんかわしていくのが面白かったです。奈未のピンチに表れる麗子がかっこいいなと思いました。中沢と奈美の二人きりのシーンがすごく良かったです。ドS先輩だった中沢さんが寝ている奈未を見る視線が甘くてキュンとしました。奈未が作った社内報をOKにした編集長も可愛いなと思いました。

20代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


第6話あらすじ(2/16放送)

奈未 (上白石萌音) は麗子 (菜々緒) に付き添い、とあるパーティに出席していた。するとそこには、潤之介 (玉森裕太) の幼馴染み・理緒 (倉科カナ) の姿が。しかし、潤之介がかつて想いを寄せていた相手だと知ってしまった奈未は、理緒と顔を合わせることができずに人影に隠れてしまう。

理緒に気づかれぬよう麗子とパーティ会場を後にしようとする奈未だったが、偶然麗子の父・宝来勝之介 (宇梶剛士) と遭遇し挨拶をかわす。さらに勝之介は麗子に新谷 (細田善彦) という若手実業家の男を紹介するのだった。すると後日、麗子の元に新谷から、ある相談が持ちかけられ……。

そんな中、パーティから帰宅した奈未のアパートの前には潤之介が待っていた。電話もメールも返事がなく、避けられていると感じた潤之介は、「理由を教えてくれるまで帰らない」とその場に座り込んでしまい……。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

奈未は、想いを寄せる潤之介と理緒がどうなったかが気になっていたけど、潤之介が自分の家に来て泊まって、そしてついに俺の彼女だとみんなの前で言ってくれて、すごく嬉しかったと思う。キュンキュンしました。恋愛していたときの気持ちが蘇って、いいなぁと思いました。けど、理緒と潤之介が一緒にいるところを見てしまい落ち込み複雑なことになってしまうのかとこの先の展開が気になります。

30代

とても複雑な回だと思いました。前半は、潤之介が不意打ちで「俺の彼女」と奈未を紹介したシーンは、とてもキュンとしましたし、奈未の部屋にいつの間にか馴染んで同棲状態になる潤之介も、面白くてとても楽しかったです。でも後半の理緒とのシーンは、複雑でした。幼馴染で長期間の関係性があるので、一緒に食事までは良いとしても、潤之介が理緒を抱きしめてしまったのは、私だったらアウトだなと思いました。きっと奈未は許してしまうのだろうけれど、今回は中沢先輩の方が紳士的で優しく、かっこよく見えました。あと、奈未のファッションがどんどんあか抜けていっていますが、今回のファッションは特に好みで可愛いと思いました。

20代

奈未は潤之介と付き合うようになって幸せいっぱいです。仕事も順調で、よかったと思ったら、MIYAVEの売り上げは伸びないし、会社の経営が行き詰まっているようで、麗子も疲れて倒れてしまいました。問題がたくさんあります。さらに理緒の手が病気のようで、潤之介が心配しています。色々変化する中、ついに中沢が奈未に告白しました。潤之介とは違う魅力の中沢です。奈未は気持ちが揺れそうです。

60代

今回は幸せいっぱいなところもあればモヤモヤしたり、驚きもあったりで今までで1番展開が激しかった回でした。特に恋愛面での潤之介、りおさん、中沢先輩それぞれの想いが交差していてムズムズとなんだかしんどかったです。これから皆の関係はどうなっちゃうのー!?とかなり次回が期待できる展開になってました。鬼編集長も今回はあまり登場してなかったので次回は鬼キャラを存分に発揮してるところを見たいです。

20代

仕事を一生懸命している姿をみて、私も仕事を頑張ろうと思いました。潤之介と幼なじみの理緒と奈未との三角関係も切ない気持ちになりました。潤之介と奈未がうまくいけばいいなと思う気持ちと、幼なじみの理緒とうまくいけばいいという思いがあり複雑です。これから潤之介が二人とどう付き合っていくか楽しみです。そして、奈未とドs先輩がどうなるかも楽しみです。

20代

なんかモヤモヤする展開。なみちゃんと潤之介はいい感じなのに元カノの存在とドS先輩がそれぞれ出てきて、崩れていく関係性。わかりやすいのは恋愛ベタな編集長。水族館デートであれだけ女の子感出るとは、仕事の姿とのギャップは可愛かったです。潤之介くんのみんなに優しい感じはいいんだけど、誤解されやすいですね。だけど子犬感がかわいくてなんでも許してしまいそうです。可愛いドラマ。

50代

序盤の奈未と潤之助の仲のいい感じがすごくキュンとしました。勝手に荷物を奈未の家に置いて行ってしまう自由さが潤之助らしいなと思いました。麗子と副社長のぎこちない感じの水族館デートもすごく良かったです。MIYAVIを守ろうと必死な麗子を助けた奈未がかっこいいなと思いました。二人の関係性もちょっとずつ変わっていくのが面白いなと思います。ラストの中沢の告白がド直球でキュンとしました。

20代

第1話を視聴した時にはハマりにくいストーリーだと思っていましたが、奈未が成長したように見えてハマるようになりました。奈未はいつもまっすぐな姿に好感が持てて応援したくなる主人公です。編集長から「ありがとう」と初めて言われ、奈未の言葉が響いたので感動してしまいました。俺の彼女だと皆に伝えたのに潤之助は元カノと会っていたところを目撃してしまった悲しみは痛いほど分かるような気がします。こういうストーリーは弱いので貰い泣きです。中沢からも告白されたので、今後の恋愛模様が気になります。

50代

毎週楽しんで観ています。前回まではじれったくも可愛い感じで楽しく観れましたが、6話は観終わった後にモヤっとした複雑な感じがしました。潤之介のどっちつかずな行動は、元カノである理緒にも奈未にもどちらにもつらい思いをさせてしまうなぁと、ちょっとイラっとしました。だけど、好きな人を放っておけないところが潤之介のいいところでもあると思うので、複雑な感じです。来週はまた可愛い潤之介と奈未が観たいです。

30代

これまで強く存在感のあった宝来麗子も大きな試練に一人でぶつかり悩む姿に先の展開が気になり目が離せなくなりました。潤之介とラブラブな同居生活を過ごしながらも理緒と潤之介の関係を心配し思い悩む奈未の涙には思わずもらい泣きしそうでした。そんな奈未を見た中沢からの「俺なら泣かせない」というセリフはあまりにも素敵すぎて、何度も再生したいほど良かったです!これからの奈未の恋がどうなるのか、来週の放送も楽しみです。

30代

みんなの前で潤之介が奈未のことを自分の彼女だと宣言したシーンは最高に胸がキュンとしました。奈未がスロー再生しちゃう気持ちすごくわかりました。せっかく幸せいっぱいだったのに、なぜ奈未の前にまた壁が立ちはだかるのか切なくなりました。でも潤之介に堂々と宣戦布告をした中沢のストレートな告白がすごく素敵でした。

40代

6話で気になっていたところは、潤之介がちゃんと奈未に告白するのか?中沢さんは奈未に想いを伝えるのか?というところだったので、それぞれのシーンでキュンキュンさせられました!潤之介が仕事場でみんなの前で奈未のことを彼女だと宣言したシーンは、恋つづの天堂先生を思い出させるシーンでもあり、テレビの前でにやけてしまいました。ただこの時の中沢さんの表情も切なかったです。そして、潤之介と元カノの理緒が抱き合っているところを見てしまい落ち込んで泣いている奈未を見てしまった後の中沢さんの告白シーンは本当にカッコ良かったです!(正直ドラマ見てるうちに中沢派になっています)今後のストーリーにも目が離せません!

30代

若い女の子が憧れるものが全て入っているドラマです。誰でも働ける訳ではない出版社で、下っぱといえども、やりがいをもって仕事に向き合っていて、恋愛優先だけど他のことも充実していて、自分の幸せの為に毎日暴走します!という女の子が主人公のドラマです。今職場でプライベートを持ち込む事を良しとされない時代に、職場の同僚に、恋愛相談して泣いたり、急に残業中に告白されたり、絶対ないでしょ!…と見ていてツッコミたくなりますが、若い女の子はみんなほんとは憧れているんだと思います。私は大人なので、残念ながらハマれないドラマかな、と思います。

40代

奈未と龍之介が両想いになり良かったのですが、後半で龍之介の幼馴染、りおの病気が分かり慰める龍之介が抱きしめるシーンを奈未が見てしまったのでまだまだ波乱が起こりそう。食事に誘うのはいいけど、夜は辞めるとかすればよかったのにと思いました。でも奈未も少しのことでネガティブになっていくのでもう少し自分に自信を持ってもらいたいとも思います。今回は麗子が悩むシーンが多く切なかったです。麗子にはどんどん仕事をしているかっこいい感じでいて欲しいです。でも副社長とのデートでどぎまぎする感じは可愛かったです。

40代

潤之介は、幼馴染の理緒を放っておけなくて、気持ちが揺れるに違いありません。潤之介と理緒は、お似合いのように思いますが、すべては潤之介次第です。中澤涼太がいくらぐいぐい押しても、奈未の気持ちは変わらないようにも思いますが、奈未がどう出るのか気になります。副社長と宝来麗子のカップルも、最後にはハッピーエンドになることを願います。

60代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


第7話あらすじ(2/23放送)

MIYAVI廃刊の危機を迎え、麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音) と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんな中、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介 (玉森裕太) もやってきて鉢合わせに。理緒 (倉科カナ) と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未 (宮崎美子) も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

一方、中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯辺社長 (近藤芳正) を訪ねるため、同じ場所に行くことになり……。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎 (橋爪淳) と遭遇し……。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

三角関係が始まってドキドキな展開でした。中澤さんが奈美のブレスレットを夜通し探してくれていたのかと思うとその真っ直ぐさがカッコいいです。「俺が鈴木の彼氏だったら別の男と泊まるの嫌だ」とまっすぐ伝えるのはカッコいい。純さんの優しさあふれる想いも見ていて苦しくなる。みんな幸せになってくれと願ってしまいました。

20代

なみちゃん家族は明るくて楽しくて羨ましいです。私は完全潤之介君派なので子犬系彼氏との恋を推します。中沢くんの暗闇でもブレスレット探す姿がいじらしいけど好きな女の子が好きな人にもらったプレゼントを一晩中探すなんてちょっと辛いっていうか重いというか、はるかちゃんの気持ちに応えた方が良い気がしますが、そうはいかないのが人の気持ちかなと。とにかくみんなかわいいです。

50代

中沢さんからの告白から始まり、あまりの真っ直ぐさにスタートから心打たれました。潤之介の余裕ある態度に、おや?大丈夫か?と心配になるほどでした。最近は東京でのスタイリッシュな生活が多かったので、家族との時間が逆に新鮮に思えました。あの距離ならバス止まってくれるだろうとツッコミたくなりましたが、中沢さんのかっこよさが際立つ展開でした。

20代

気持ちがありながらもすれ違っている奈未と潤之介の2人の距離感にヤキモキしながら、中沢が奈未への想いをこれでもかというほど行動で紳士的にアピールしているのがかっこよくて、今回は中沢を演じる間宮祥太朗さんの姿に釘付けになってしまいました。ストーリーラストで、奈未と潤之介が抱き合うシーンは幸せがすごく伝わってきて、嬉しくなりました!気持ちの確認ができた2人がこれからどんな日々を送るのか、楽しみです。

30代

とにかく中沢先輩が不憫な回でした。奈未に告白するも、仕事とプライベートはしっかり分けて接する中沢先輩。奈未と終電を逃して宿に泊まろうとするも1室しかないので自分だけ断る中沢先輩。そして奈未が無くしたという大切なブレスレットを夜通し探す中沢先輩。なのに、朝方それを届けに宿へ向かうと彼氏と仲直りしている奈未。あまりにも中沢先輩が不憫でなりませんでした。

20代

奈未の家族ははちゃめちゃだけど、やっぱり温かい家族だと思いました。奈未がいないのにあんなに仲良くなれちゃう潤之介はさすがです。奈未のお母さんから見てもやっぱり潤之介は子犬なのがよかったです。潤之介を思う奈未の気持ちを知っているのに、全力で奈未を思う中沢が切なくてたまりませんでしたが、中沢らしくてよかったです。

40代

中沢の奈未への思いが切なすぎると思いました。潤之介から貰ったものだと知りながら、夜通し奈未が失くしたブレスレットを探していたのには胸が苦しくなりました。ラストの朝のシーンも、奈未と潤之介側で見るととても綺麗で良いシーンでしたが、中沢の立場から考えると悲しすぎると思いました。奈未と潤之介は無事に仲直りしたようなので、奈未が中沢を選ぶことは無いのかなと思いますが、今後中沢が少しでも報われるような展開があれば良いなと思います。潤之介のシーンは、キュンとする綺麗なシーンが多くて、とても楽しかったです。

20代

潤之介が誰にでも優しいので、奈未が不安になるのはよくわかります。だから、長野まで来た潤之介に「私だけを見ていて」と言ったのです。2人は本当に心が通じ合ったのでこれからはうまく行くと思います。中沢がすてきでした。奈未に好きと言いながら一緒に泊まらず、ずっとブレスレットを探し、見つけてそっと置いたのです。奈未の幸せを考えて去って行くのが良かったです。麗子のアイディアで危機を乗り越えてMIYAVIがずっと続くと良いです。

60代

中沢先輩が奈未に同じ部屋に宿泊することを断っていたセリフがかっこ良かったです。夜寝ずにブレスレットを探して、結果奈未と潤之介が一緒にいるところを見て黙ってブレスレットを置いて帰るシーンがものすごく切なかったです。これだけ想ってくれる人がいるのは素敵だなと思いました。麗子さんが社長に足の手当てをやっぱり手伝って欲しいというシーンも可愛らしくて良かったです。

30代

奈未の家は、絵に描いたようなほんわか家族で癒されました。宮崎美子さんのようなお母さんに育てられたら、奈未は性格がいい子に違いありません。中沢も本気でしたが、潤之介にはかなわないようです。潤之介は誰にでも優しいから、誤解を招くことは確かです。潤之介の本気の気持ちが奈未に伝わってよかった。東京からバイクを走らせてきた甲斐がありました。

60代

7話は皆んなそれぞれ片想いで少し切ない気持ちになりました。中沢さんがいい人すぎて叶いそうにない恋に悲しくなります。奈未の無くしたブレスレットを必死に探す姿、見つけて渡しに行くと奈美と潤之助が抱き合っていてブレスレットをそっと置いて邪魔しないように、さらっと消える姿寂しすぎました。寝ずに朝まで探したのに、と何故かいつの間にか中沢さんを応援している7話でした。

30代

「ボス恋」毎週見続けているドラマです!先週の中沢先輩の告白からどんな展開に成るのかと楽しみに見ていました。今週はナミちゃんの家族が東京へ遊びに来てくれ、そのタイミングで潤之介くんに不意なとこから出会うという話から物語がスタートしました!両親だから見えるもの、わかるものがあり、お母さんの「素直な言葉を伝えるのが大事だよ」の一言はさすがだなーと思いました。中沢さんが最後までいい男で、見ながらきゃーと思うシーンもたくさんありましたが、ラストの潤之介くんの優しいハグがたまりませんでした。あたたかく穏やかなナミと潤之介くんの雰囲気にこちらまで胸がほっこりとなりました。来週も楽しみです。

30代

自分の彼氏が誰にでも優しいところがあるのは、良いことなのか悪いことなのかと思うことがあります。優しくしてもらった女性は私に気があると勘違いして接近してきたらイヤです。自分だけを見て欲しい、自分だけに優しくしてほしいと私は思ってしまいます。潤之介が、彼女の居る県外までバイクで飛ばしていく姿が素敵でした。それが本当の恋だと思います。元カノは奈未の彼氏に近づいてほしくないです。ドラマも後半なってきたので、2人の恋を応援している私です。

50代

今回は潤之介と奈未、理緒、中沢先輩、和泉の五角関係が本格的に動いた回になっていたと思います。和泉の気持ちに気がつかず奈未にアプローチをしていく中沢先輩のまっすぐな告白や行動はとても胸を打たれましたが、潤之介とは違う優しさに切ない気持ちにもなりました。理緒が潤之介に言った誰にでも優しいのは誰にも優しくないという言葉はとても深いき、潤之介の心にも私の心にも響きました。奈未も自分に気持ちを伝えてくれる潤之助としっかり向き合い、お互いの気持ちに正直になった潤之助と奈未の今後や、それに対する中沢先輩の反応、編集長と副社長の関係に発展があるのかなど、最終回まで見どころが満載なドラマだと思います。

20代

誰にでも優しい潤之助と奈未の心がすれ違ってしまうのが切ないなと思いました。今回も玉森さんの犬のシーンが見れてすごく面白いなと思いました。遥がキャンプで奈未に誰と一緒にいたいのかはっきりしたほうがいいと言ったシーンはすっきりしました。奈未がなくしてしまったブレスレットを夜通し探す中沢をすごく応援したくなりました。麗子がさらっと奈未の言っていたアイデアを採用しているのがかっこいいなと思いました。麗子と副社長の関係性がどうなるのか楽しみだなと思いました。

20代

久々に麗子の”悪魔のほほえみ”が出て良かったです。最近いいところなしな感じだったのでやっと本領発揮って感じ、廃刊を免れるといいなぁと思います。奈未の家族が上京し最初は誤解された潤之介でしたが、持ち前の小犬系ルックスと優しさでみんなをとりこにしていて笑えました。仕事先で編集部のみんなとも合流しBBQっていいなぁ。ブレスレットを失くし、中沢が一緒に探してくれましたが奈未が諦めてからも探してくれたのは感動でした。最終のバスに乗れなくて現地で宿を探した時も1部屋しかないなら一緒には止まれないと男らしかったのも素敵でした。潤之介とのわだかまりも解けて良かったのですが、中沢はもったいなさすぎです。

40代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


第8話あらすじ(3/2放送)

迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!

そんな中、奈未 (上白石萌音) は特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。そして潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうのだった。

そして一度、金沢の実家へと帰った潤之介。母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げるのだが、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言われてしまい……。

そんなある日、編集部に写真週刊誌から一枚のゲラが送られてきた。そこには奈未と麗子 (菜々緒) が写っており……!?

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

ついに恋人になった、奈未と潤之介。どうなるのか先週から楽しみにしていました。もう、潤之介の愛情がヤバいです。こっちまで照れてしまいます。また、ここにきて、編集長と潤之介が姉弟であることのカミングアウト。ミヤビの編集者たちの顔が面白かったです!また、ラスト潤之介の告白に奈未はどう答えるのか来週が楽しみです。

30代

奈未が過去に書いた、彼氏が出来たらやりたいリストを入手した潤之介が行動に移しますが、奈未は不思議そうでした。なぜならそのリストが中学生の時に書いたものだったから、とドラマ後半で発覚しました。そんなほのぼのムードの中、編集部の統廃合によりMIYAVIは廃刊の危機を免れますが、麗子が編集長を退くことは変わらず、潤之介のプロボーズを受けた奈未も気がかりな表情でした。

40代

阿部が顧問をする野球部の事件から色々なことを追ううちに、嶋田は気づきます。阿部は生徒に嫌われておらず、むしろ好感的だったのです。真犯人は生徒でした。そしてその生徒を操っていたのが好調だったとは驚きでした。思わず血が上り、校長を殺しかねなかった島田ですが、三枝の登場で未遂に終わって良かったです。ドラマも終盤となり、これからの展開が益々気になります。

40代

中学生の頃に奈未ちゃんが書いた「彼氏としてみたいこと」を叶えている潤之介さんに癒されました。最後に「奥さんになってほしい」とプロポーズをされましたが、奈未ちゃんは何と答えるのでしょうか。潤之介さんは金沢に来てほしいと言っていますが、奈未ちゃんは編集の仕事を続けたいはずです。雑誌は廃刊の危機を免れましたが、編集長は辞めるようです。今後の展開が気になります。

20代

貸切スケートリンクでの突然のプロポーズという設定は、なかなかいいかもしれません。でも、奈未の返事はどうなんでしょう。仕事に目覚めた奈未には、結婚はまだ早いと思っているような気がします。中沢は、この期に及んで、自分にまだ勝ち目があると思っているようですが、その強気な心はどこからくるのでしょう。宝来麗子と副社長宇賀神の恋の行方も気になります。

60代

奈未が中学生の頃に書いた彼氏としたい10のことを健気に叶えようとする潤之介は本当に奈未のことが大好きなんだなと伝わってきて、誰かを大切に想う気持ちや恋の素晴らしさを強く感じ、幸せ気分をお裾分けしてもらえました!MIYABIの編集長を去った麗子がこれからどんなステージで活躍するのか、気になります。潤之介から金沢へついてこないかとお願いされた奈未がどんな人生の選択をするのか、来週の火曜日が今から待ち遠しいです。

30代

潤之介が、奈未の彼氏が出来たらしたいことリストの内容を一つ一つ叶えていっていたのは、とてもキュンとしました。小さな願いや希望を叶えてくれる彼氏って素敵だなと思いました。スケートリンクでのプロポーズも素敵でした。プロポーズまでするとは思いませんでしたが、奈未に内緒で貸し切りにしたリンクでのプロポーズは、ロマンチックで綺麗なシーンでした。でも、MIYAVIが無事に存続することになったし、編集部の仕事を楽しんでいる奈未は、最終的にプロポーズを断ってしまいそうな感じがして複雑です。次回の展開が今から楽しみです。

20代

MIYAVI3号が発売され、化粧水のコラボも大好評です。麗子はファッション雑誌を守りたいと頑張ってきて、それが叶った瞬間でした。でも、MIYAVIの存続のために麗子が辞めることになりました。他のメンバーは残ります。麗子なしにMIYAVIができるのでしょうか。奈未と潤之介の恋は順調です。奈未が中学生の時に書いたメモの通りにやろうとするのがとても可愛らしくて、本当に子犬のような男子です。気がかりなのは、潤之介が金沢に帰り、家業を継ぐことです。奈未は雑誌作りが楽しくなったので、やめるつもりはないと思います。2人の恋の行方が心配です。

60代

冒頭から奈未と潤之介の仲良しな様子が見れて安心しました。華やかな業界にはあってほしくないパワハラの報道が衝撃的でした。宝来麗子は鬼上司のように見えますが、まさかここまで発展するとは…という感じでした。中沢さんの寡黙な中にある優しさにグッときました。子犬体質の潤之介が奈未のために頑張るところが可愛らしかったです。奈未と宝来麗子がいいコンビになってきました。

20代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


第9話あらすじ(3/9放送)

潤之介 (玉森裕太) から、スケートリンクで突然のプロポーズ、そしてカメラマンを辞めて金沢へ帰ることを告げられた奈未 (上白石萌音) 。突然の出来事に驚き、咄嗟にプロポーズの答えを出してしまい……。

翌日、奈未がコーヒーを届けに行くと編集長室から麗子 (菜々緒) の荷物がきれいさっぱりなくなっていることに驚く。MIYAVI編集部メンバーが集められ、半田 (なだぎ武) から今後の音羽堂出版の吸収合併後についての説明をされる。そこになんと新編集長として麻美 (高橋メアリージュン) が現れ、麗子はMIYAVIから外れることになったと告げられた。

突如とした編集長交代に、事態が飲み込めない編集部一同。さらに麗子が行方不明になっていると聞き……。

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

潤之助のお父さんが、奈未に編集長の素晴らしさをたくさん伝えて麗子にごめんと謝ったシーンがすごく感動しました。やっと伝わったね!よかったね!の気持ちでいっぱいになりました。理緒はやっぱり何かあるなと思っていたけど、素直に応援する訳ないか。ドラマだから仕方ないけれど、付き合って親に紹介して、プロポーズって流れがトントン進み過ぎてびっくり。もう、中沢さんとくっついてほしいです。

30代

今日の9話を見て、主演の玉森裕太さんの演技がすごく上手でした。振られてる別れ際目が真っ赤になって最後ツーと流れる涙と表情悲しすぎて、アイドルなのに、演技も上手でいいです。今日プロポーズしてとっても豪華すぎる婚約指輪で羨ましかったです。私ならあんな豪華な婚約指輪もらったら返せないです。そして、結婚できたらイケメン夫の玉の輿なのにすごいもったいないなと思いました。

30代

奈未は仕事を選ぶんだろうなと思っていましたが、潤之介と奈未はとても雰囲気の良いカップルで、二人のシーンが好きだったので別れてしまったのは残念でした。中沢が最後に登場しましたが、励ますくらいで終わるのだろうなと予想しています。今の時代なら単身赴任とか別居婚も普通にあるので、次回の最終回で奈未と潤之介が前向きな関係に戻れば良いなと思います。どんな結末になるのか楽しみです。

20代

奈未の気持ちがよく分かりませんでした。潤之介に対する気持ちがあるなら、指輪を返さなくても、少し時間をおくとか、リモートで遠距離恋愛するとか、ほかに方法があるように思いました。結論を急ぎすぎるのではないでしょうか。仕事に集中したい気持ちを優先したいのも分かりますが、違和感がありました。潤之介がかわいそうです。

60代

菜々緒がファッション誌を離れて事務の制服をきて仕事をしていたのには驚きました。姿を消したということでどこか外国などで働いているのかと思っていたので。流石菜々緒、という感じで事務服もお美しかったです。ラーメン屋さんでのドS先輩と玉森くんのシーンはお互いの気持ちがわかる男子同士って感じで良かったです。カメラマンと雑誌編集者同士でハッピーエンドというわけにはいかないのでしょうか。別れてしまって残念で切ないです。そして編集長には事務ではなく、やっぱり編集長をしてもらいたいです。

30代

麗子は編集長をやめましたが、他のメンバーは新しい編集長の元で続けることになりました。麗子がMIYAVIを守ったのだと思います。奈未は、潤之介のプロポーズを受けましたが、仕事を続けたいという気持ちを抑えることが辛そうでした。結局、優しい潤之介は奈未の夢を奪う事はできませんでした。2人が別れることになり、悲しかったです。

60代

前回の最後で潤之介にプロポーズされた奈美がやっと幸せになれると思ったのに仕事と恋で悩むのは苦しすぎる。指輪を涙しながら返すお互いがつらかった。麗子さんが備品管理なのはギャップがあるけど、仕事をきっちりこなすところはすばらしくてさすがだなと思いました。中沢さん、いいところで登場するのはずるい。

20代

潤之介が奈未に渡した指輪の美しさに目を奪われました。ネットでも金額やブランドが話題になるほど。然しそれを返してしまうラストシーンには涙が止まりませんでした。写真家として認められず忸怩たる思いを抱えているのにそれを一言も奈未に言わないのは心配させたくないから?二人の今後が気になります。備品管理部で制服を着ていても格好いい菜々緒と雑誌にパワハラ記事を書かせたと聞いて水をかけた高橋メアリージュンの気風の良さに憧れます。

60代

奈未の仕事や夢のことを確認することも含めて、潤之介がプロポーズしていたのに驚きました。高橋麻美が新編集長になりましたが、みんなと同じように心が追いつきませんでした。編集部のみんなから認められ、奈未が仕事に楽しさを感じているのが嬉しかったです。まさかの備品管理部に宝来麗子がいて、似合いすぎて笑ってしまいました。

20代

潤之介にプロポーズされ、即答でOKしていた奈未でしたが、後で仕事が面白くなってきて一緒に金沢へ行けないのか断っていたので切なかったです。どちらも大事なら両方叶う方法を考えたらいいのにと思いました。潤之介も自分のカメラマンの夢を諦めていたけど、そこから来る優しさだから中途半端なのかもと思います。麗子は地味な事務職をしていましたが、何をやっても完璧そうでさっそくその部署の救世主と呼ばれていて笑えました。でもせっかく留学してまでファッションとかの勉強したのだから何か活かせる仕事につかないともったいないと思います。

40代

奈未があまりにもあっさり潤之介のプロポーズをオッケーしたからびっくりしました。でもやっぱり編集の仕事にやりがいを感じた奈未の出した答えは、切なかったけど潤之介を大切だと思ったからだと感じました。麗子と麗子のお父さんとのわだかまりを溶かしてしまった奈未はさすがだと思いました。来週が来るのが楽しみだけど寂しくもあって複雑な気持ちです。

40代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


第10話(最終回)あらすじ(3/16放送)

潤之介 (玉森裕太) と別れた奈未 (上白石萌音) は、極度の“潤之介ロス”に陥っていた。中沢 (間宮祥太朗) をはじめ、編集部の仲間に心配される奈未。一方、潤之介は、父・勝之介 (宇梶剛士) と共に取引先との挨拶回りや商談など、多忙なスケジュールをこなす日々を送っていた。

あれから麗子 (菜々緖) が辞めたMIYAVIは、ブランドからの広告出稿の見送りが続出。責任を感じた麻美 (高橋メアリージュン) は、宇賀神 (ユースケ・サンタマリア) に編集長から退く意向を伝える。そこで宇賀神は麗子に備品管理部から編集部に戻るよう打診するのだが、麗子の気持ちは変わらず……。

そんな中、次号の表紙となる予定だった写真がネット上に流出していることが発覚。前情報は一切出していなかった極秘企画だったため編集部は大慌て。このピンチを乗り越えるべく、奈未らは麗子に助けを求め頭を下げるのだが……。

その夜、編集部員一同は最悪のトラブルを抱えつつも居酒屋に集まっていた。臨時で編集長となった半田 (なだぎ武) の就任祝いかと思いきや、そこに現れたのは…!?

引用:ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』公式サイト

結婚してハッピーエンドという終わり方じゃなかったのが、よかったと思います。自分が本当にやりたいことが何かを考え、全力を尽くすという生き方に共感を覚えました。潤之介も奈未も自分の仕事にやりがいを感じ、お互いを尊重していることが伝わってきました。お互いに好きという気持ちがあれば、繋がっていられると思います。二人の幸せそうな笑顔が、すべてを物語っていました。

60代

ハッピーエンドで良かったです。奈未と潤之介が復縁することや、奈未も潤之介も夢を諦めずに婚約者として遠距離恋愛になることなどは、正直に言うと予想通りでした。でも、麗子が宇賀神との新たな雑誌の編集長になって、そのアシスタントが奈未だったり、潤之介がカンボジアに行ったり、予想していなかった明るい変化もあって楽しかったです。二人でペンキ塗りたての椅子に座ってしまうラストシーンも、可愛らしい潤之介と奈未らしくて良い終わり方でした。キュンとするシーンが多くて、とても楽しいドラマだったと思います。

20代

今まで以上にMIYAVI編集部のチームワークが光る最終回で、あらためてこのみんなの姿がもう見れないことが寂しくてたまらなくなりました。編集部には戻らないという麗子の気持ちを動かした奈未の真っ直ぐな想いに胸が熱くなりました。そして夢に向かって進むことを決めた奈未が、潤之介の背中を押すのがよかったです。最高のハッピーエンドでした。

40代

麗子はMIYAVIの次号を見届けて、正式に辞めました。次のステップに進み、新しい雑誌を作るのだと思います。MIYAVIのみんなが麗子に力を与えたのです。潤之介は夢を見ないようにしていたことを奈未にはっきり言われて、写真の道に進みました。そして3年後に、みんな幸せになっていました。素敵な恋のドラマに満足しました。

60代

潤之介と別れた奈未、目に入る人が皆潤之介に見えてしまう潤之介ロスに陥る中にしれっとカメラマンをしているアメミヤさんを発見してクスッとしました。やはり最終回でもトラブルが発生しますが、そこは予想通り。麗子さんが編集長に戻るのか戻らないのかヤキモキさせられつつも、どうせ戻るんだろうなぁと思ってみたり。ただ奈未が潤之介に1日彼氏をお願いした事は予想外。そしてデート中にザコシショウが出てきたことも…。ドSなのかドMなのかわからない中沢さんと和泉の関係も中々良いのですが、副社長を前にした麗子さんのデレが最高でした。私も中沢さんに背中を押されたい!!みんなが幸せな結末でこちらもhappyでした。

30代

上白石さんや玉森くんの笑顔がかわいらしく、最終回もたくさんの笑顔がみれてほっこりした気持ちになりました。きっと結ばれてハッピーエンドで終わるんだろうと予想していたので、その通りラブラブで終わり満足です。そしてこのドラマの一番の素晴らしさは、菜々緒さんの演技・存在です。泣いたり笑ったり優しい表情をしたり、最終回は菜々緒さんの魅力が盛りだくさんでした。菜々緒さんのドラマを見たのは初めてだったのですが、こんなに演技が上手だとは思いませんでした。素敵でした。

30代

潤之介と奈美がうまくいきますようにと、視聴者全員が冒頭から願っていたと思います。MIYAVIメンバーの想いが分かっているからこそ、葛藤してしまう宝来麗子の姿に心打たれました。改めて、自分のしたいことがあるのは素晴らしいことだと思いました。奈美と同じように、潤之介も周りのみんなから愛されて、大切にされているんだなと温かい気持ちになりました。

20代

元編集長は、奈未の押しで編集長に戻りましたが、副社長と会社を立ち上げ、そこに奈未も合流したので良かったです。やっぱり編集長の下で働いているのが好きだと思います。潤之介と別れてしまいましたが、復縁出来て良かったです。このドラマで、ファッション雑誌の仕事は大変だと知りました。みんなが一致団結して作り上げていく姿が素敵で大好きな冬ドラマでした。

50代

離れ離れになった奈未と潤之介はこのままもう無理なのかなと思っていた冒頭からの展開に目が離せずにハラハラしながらでしたが、自分のやりたいことを見つけて進むと決意してカンボジアにいる潤之介を健気に待っている奈未の元へ帰ってきた潤之介との再会の場面は感動的でした!そして、最初は普通が一番と言っていて失敗も多かった奈未が、仕事もバリバリとこなして生き生きと活躍しているようになった姿が格好良くて、女性としても憧れる存在になっていました!またこの2人の恋の続きを見たいほど、面白いドラマでした。

30代

最後の最後で編集長がMIYAVIに帰ってきてよかったです。地味な商品管理部も似合いましたが、やはり華やかな編集長席がとても似合いますね。…と思ったらあっという間に会社を辞めてしまってびっくりしました。副編集長との関係をもっと見たかったです。奈未ちゃんと潤之介との終わりも円満でよかったです。夢を追うことの楽しさもドラマを通じて感じました。

30代

前回、意を決して悩んだなみと潤之介の別れ、最終回でどうなるのかが、すごく気になり最終回を見ました。絶対に上手くいってほしいと思っていたので、する違いながら、自分の気持ちを素直にはなし、お互いの夢に向かってすすみ、潤之介が、奈未の職場に待っていてほしいと言った時は、本当に嬉しく、最後に出会ったベンチで、抱きしめたシーンは、最高にうれし気分になりました。ハッピーエンドは、やっぱ最高!です。見ているこちらまで、2人を見ていると幸せな気持ちになれるドラマでした。

50代

分かれてすぐに潤之介ロスになっていた奈未に笑えました。夢を追いながらでも恋愛は出来ると思うんですが、真面目なんでしょうね。まぁ、結婚となると金沢に行くのはムリだったんでしょうね。結局、潤之介もカメラマンへの道を選んで麗子も一度は編集部へ戻ったけど自分で何かを立ち上げるみたいだったし宝来製紙は有力人材に任せるしかないですね、お父さんと思いました。麗子は宇賀神も引き抜いていたけど、恋愛感情もあるのかなぁ、もう少しその辺も描いて欲しかったけどハッピーな終わり方だったので良かったです。

40代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!


ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の見どころ・まとめ

ドラマの見所は、「奈未の変化」と「複雑な恋模様」です。このドラマでは、ファッション雑誌の編集部で働くことになってしまった奈未の様子が描かれます。

当初は希望していなかったファッション雑誌の編集部で働くことに反発する奈未ですが、次第に仕事のやりがいを感じていきます。

奈未が予期せぬ仕事を通して、自分の人生も変えるような変化をしていくところが見所です。

また、奈未は子どもの頃から幼馴染の健也に好意を持っています。しかし、潤之介や上司の中沢など、魅力的な男性たちにも好意を寄せられていきます。奈未を巡って繰り広げられる複雑な恋模様が見所です。

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の見逃し配信は、Paraviで配信中です。

2週間のお試しサービスを利用してお楽しみください。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です