映画『ダークナイト』動画を無料フル視聴!吹き替えと字幕を配信で快適に見る

ダークナイト

映画『ダークナイト』の動画を無料フル視聴できる方法をはじめ、吹き替えと字幕で快適に見れる配信サービスを比較して解説、初回しています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

ダークナイト

無料期間中に解約するで動画が無料

『ダークナイト』はどんな映画?
  • DCコミックスの人気アメコミ作品『バットマン』を原作とした実写映画
  • 2005年から始まった「ダークナイト・トリロジー」の2作目
  • 全世界での興行収入は10億ドル超、当時としては歴代4位

映画『ダークナイト』の動画を無料フル視聴する方法

映画『ダークナイト』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年3月の時点で、映画『ダークナイト』の動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『ダークナイト』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 月額料金 ポイント 無料期間
FODプレミアム 888円 1300 1ヶ月
U-NEXT 1,990円 600 31日間
dTV 500円 なし 31日間
Hulu 933円 なし 2週間
Amazon プライム 455円 なし 30日間
Paravi 925円 なし 30日間
music.jp 1,958円 1,600 30日間
配信状況:【◎:見放題】/【〇:ポイントで無料】/【△:課金が必要】/【ー:配信なし】

一覧表の情報は2020年2月時点の情報です。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『ダークナイト』は複数の配信サービスで視聴することが可能です。

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷われる方は、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTなら『ダークナイト』が無料で見放題で、無料期間中にもらえるポイントで有料動画も見れます。

映画『ダークナイト』の動画をU-NEXTで無料視聴する

特徴
  1. 業界No.1の見放題作品数
  2. 雑誌や漫画も読むことができる
  3. 毎月1,200ポイントが付与される
  4. ファミリー向けに4台まで同時視聴が可能

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約するで動画が無料

映画『ダークナイト』作品情報

作品概要

『ダークナイト』(The Dark Knight)は2008年に公開された映画です。

DCコミックスの人気アメコミ作品『バットマン』を原作とした実写映画で、2005年から始まった「ダークナイト・トリロジー」の2作目にあたります。

シリーズを通して監督を務めるのはクリストファー・ノーラン。1998年の『メメント』で注目を集めた彼ですが、本作の興行的成功によって映画作家としての世界的地位を確立させました。

前作『バッドマン ビギンズ』(2005年に)に引き続き、バットマンを演じるのはクリスチャン・ベール。

バットマンの味方となるゴードン刑事をゲイリー・オールドマンが演じてます。

さらに、バットマンの宿敵となるジョーカーを『ブロークバック・マウンテン』(2005年)のヒース・レジャーが怪演。

ただし、彼は本作の公開前に死去(睡眠薬と処方薬を併用したことによる事故死)しています。

全世界での興行収入は10億ドル超となり、当時としては歴代4位となる大記録を打ち立てました。

ダークナイトの原作はアメコミ『バットマン』

原作はDCコミックスの出版するアメコミ作品『バットマン』。

数あるアメコミ・ヒーローの中でも特に高い人気を誇るバットマンですが、彼をタイトルロールとする長編実写映画は本作以前に4本作られています。

最初の作品は1966年の『バットマン』であり、当時大ヒットを記録していたテレビシリーズの劇場版として製作されました。

TV版に引き続きアダム・ウェストがバットマンを演じています。

それから20年の時を経てリブートされたのが、1989年のティム・バートン版『バットマン』でした。

この作品ではマイケル・キートンがバットマンを演じ、ジョーカー役にはジャック・ニコルソンが抜擢されています。

同作は興行収入4億ドルのヒットを記録し、1992年にはティム・バートンの続投で『バットマン リターンズ』が。

1995年にはジョエル・シュマッカー監督の手で『バットマン フォーエバー』が公開されています。

映画『ダークナイト』キャスト&スタッフ一覧

ダークナイトキャスト一覧
  • ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール
  • ジョーカー:ヒース・レジャー
  • ハービー・デント検事/トゥーフェイス:アーロン・エッカート
  • アルフレッド:マイケル・ケイン
  • レイチェル・ドーズ:ギー・ギレンホール
  • ゴードン警部補:ゲイリー・オールドマン
  • ルーシャス・フォックス:モーガン・フリーマン
ダークナイト
  • 監督:クリストファー・ノーラン
  • 製作:エマ・トーマス チャールズ/ローブン クリストファー・ノーラン
  • 製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー/マイケル・E・ウスラン/ケビン・デ・ラ・ノイ/ーマス・タル
  • キャラクター創造:ボブ・ケイン
  • 原案:クリストファー・ノーラン/デビッド・S・ゴイヤー
  • 脚本:ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン

ダークナイトの音楽をハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワードが担当

ダークナイトの主題歌はありません。音楽をハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワードが担当しています。

ハンス・ジマーといえば、『グラディエーター』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などで知られる映画音楽の第一人者です。

彼はノーラン監督とタッグをタッグを組んでいることで知られ、本作の後も『インターステラー』や『ダンケルク』など、彼のフィルモグラフィーのほとんどで音楽を手掛けています。

一方のジェームズ・ニュートン・ハワードも著名な映画音楽家。『テルマ&ルイーズ』や『ハンニバル』などで知られています。

この二人がそれぞれ異なるテーマ曲を手掛けたことで、バットマンことブルース・ウェインの二面性、ひいては善と悪に揺れる彼の分裂症的性格が表現されることになりました。

映画『ダークナイト』のあらすじ

舞台は悪が蔓延するゴッサム・シティ。ジョーカーと呼ばれる奇怪な男が銀行強盗を実行します。

ゴッサム市警のジム・ゴードンから彼の情報を得たブルース・ウェインことバットマン。

これまで孤独に悪と戦ってきた彼の前に、頼もしい味方が現れます。地方検事のハービー・デント。

に燃える屈強な男で、バットマンの後継者となるに相応しい人物でした。

ブルースが思いを寄せる検事のレイチェル・ドーズも、今ではハービーに心惹かれている様子でした。

一方のジョーカーはマフィアたちの会議に現れれると、そのボスを殺害し、組織を牛耳るのでした。

バットマンとゴードン刑事、ハービー検事の3人は協力してマフィアの組員を逮捕していきます。

に対し、ジョーカーは警察本部長と裁判長を殺害し、バットマンに宣戦布告をします。

ハービーやレイチェルが狙われる中、彼がマスクを取らなければ市長を殺害すると脅すジョーカー。

これ以上犠牲者を出さないため、バットマンは正体をさらし、自らヒーローの役を降りようとするのでした。

しかし、先に記者会見を開いたのはハービーの方でした。

彼は自分がバットマンだと発表し、ジョーカーをおびき寄せる任を引き受けます。

バットマンの活躍によりジョーカーを捕えますが、彼はレイチェルとハービーを人質にとっていました。

二人のうち救えるのはどちらか一人だけ。

選択を迫られるバットマンでしたが、結局レイチェルは命を落とし、ハービーは顔半分を火傷で失ってしまいます。

レイチェルを失った復讐心に燃えるハービーでしたが、その感情はジョーカーによって巧みに操られていました。

彼はバットマンの敵として戦うことになります。

映画『ダークナイト』の感想や見所

ヒース・レジャーへの追悼として

ジョーカーを演じたヒース・レジャーは、本作の公開を待たずしてこの世を去りました。

最初に彼が日の目を浴びたのは2005年の『ブロークバックマウンテン』でした。

のロマンスを描いたこの作品の演技が激賞され、彼はハリウッドで頭角を現します。

役に入り込むスタイルの俳優は数多くいますが、役に憑依される俳優は限られています。

ヒース・レジャーの一挙手一投足には、その役柄の精神性が細部にいたるまで宿っています。

今後の活躍が期待された矢先、28歳の早すぎる死は、ジョーカーという存在の魅力とともに、多くの人々にとって忘れがたいものとなりました。

9.11以後の社会を反映した異色のアメコミ映画

ダークナイト』で描かれるもう一人の敵が検事のハービーです。

彼は正義感に燃える青年でありながらも、恋人レイチェルを失った苦しみから悪へと変貌を遂げてしまう。

善悪の境界線が揺らいでしまうような物語は、それまでのアメコミとは一線を画す設定です。

社会的な背景に触れておけば、そこには9.11以後の世界が反映されています。

民主主義の秩序が瓦解する中で、善と悪に明確な境界線を引くことは困難になりつつあります。

何が「善」で何が「悪」なのか、それを判断するのは個人の責任です。

その意味では、『ダークナイト』は2002年のサム・ライミ版『スパイダーマン』対置される作品です。

911の影響を多分に受けた同作では、民主主義の中で結束を固めるニューヨーク市民の姿が描かれました。

崩壊したワールドトレードセンターへの追悼が込められた本作は、当時のアメリカ社会を如実に映し出した作品だったと言えます。

『スパイダーマン』のニューヨークと『ダークナイト』のゴッサム・シティ。

そこに民主主義の光と影を認めることは難しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です