ドラマ『ファイトソング』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2022年1月11日(火)22時からスタートのドラマ『ファイトソング』のあらすじ・感想や、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『ファイトソング』はどんなドラマ?
  • 恋に不器用な3人が織りなすドキドキの恋愛模様
  • ヒロインの花枝が抱えている秘密が一体何なのか見逃せない
  • 清原果耶のコミカルかつキュンとする演技が見どころ

ドラマ『ファイトソング』の見逃し動画を無料で全話視聴する方法

ドラマ『ファイトソング』は、動画配信サービスParaviTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで見ることができます。(期間限定配信)

過去放送回を視聴したいという方は、Paraviで見ることができます。

過去放送回もすべて見放題!

Paraviは初めて登録する人なら2週間無料で動画が見放題となります。

ドラマを1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paraviの2週間のお試しサービスを利用します。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『ファイトソング』作品情報


【放送日】毎週火曜日 夜22:00~(TBS系列)

空手一筋に生きてきた主人公の花枝は、日本代表になるという夢を諦め無気力な毎日を送っていました。

幼馴染の慎吾が経営しているハウスクリーニング店でアルバイトをすることになったところ、落ちぶれてしまったミュージシャン春樹と出会います。春樹は花枝が必ず空手の試合の前に聴いていた曲の作曲者でした。

人の気持ちに鈍感で本気で人を愛したことがないという春樹は、良い曲を書くために花枝との恋愛にチャレンジしようとします。嘘ではあるけれど、本気の恋をしようとしたのです。

花枝にも実は秘密があり、これが最後の恋と決めています。また、花枝をずっと思い続けていた慎吾は、二人が接近していくのを目の当たりにして焦りを感じます。

ドラマ『ファイトソング』のキャスト・スタッフ情報

キャスト一覧

  • 木皿花枝/清原果耶
  • 芦田春樹/間宮祥太朗
  • 夏川慎吾/菊池風磨(Sexy Zone)
  • 烏丸薫/啓介
  • 萩原凛/藤原さくら
  • ヒデ/若林時英
  • 俊哉/窪塚愛流
  • 松田穂/香莉子
  • 伊達弓子/栗山千明
  • 杉野葉子/石田ひかり
  • 立石正嗣/橋本じゅん
  • 迫智也/戸次重幸
  • 磯辺直美/稲森いずみ

主人公の木皿花枝を演じているのは、若手ながらその演技力が高く評価されている女優の清原果耶さんです。ファッション誌「Seventeen」のモデルをしていました。

NHKのドラマ「透明なゆりかご」や「おかえりモネ」に出演し話題を集めました。

製作・スタッフ

  • 脚本/岡田惠和
  • 音楽/大間々 昂
  • 主題歌 /Perfume 「Flow」
  • 演出/岡本伸吾、石井康晴、村尾嘉昭
  • プロデューサー/武田 梓、岩崎愛奈

ドラマ『ファイトソング』の原作は?

『ファイトソング』は、脚本家・岡田惠和さんのオリジナルストーリーです。

岡田さんは様々なテレビドラマを手掛けるヒットメーカーで、温かさを感じるヒューマンドラマを得意としています。

NHKの連続テレビ小説では、「ちゅらさん」や「おひさま」「ひよっこ」を手掛けました。特に「ちゅらさん」は沖縄ブームを巻き起こすなど大ヒットし、続編も製作されています。

近年手がけた民放ドラマには、「この世界の片隅に」や「にじいろカルテ」等があります。

ドラマ『ファイトソング』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2022/1/11 第1話 9.2%
2022/1/18 第2話 8.1%
2022/1/26 第3話 8.2%
2022/2/1 第4話 7.7%
2022/2/8 第5話 7.7%
2022/2/15 第6話 6.5%
2022/2/22 第7話 7.8%
2022/3/1 第8話 8.2%
2022/3/8 第9話 7.6%
2022/3/15 第10話 9.4%

ドラマ『ファイトソング』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想

空手の日本代表をめざしていたが、突如としてその夢を絶たれてしまった木皿花枝(清原果耶)。全てを失い人生どん底・・・無気力でぐだぐだした毎日を送っていたが、幼馴染の夏川慎吾(菊池風磨)が経営するハウスクリーニングでバイトとして働くことになった。

そんなある日、かつて一曲だけヒットを出したが今や落ちぶれたミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)の家に客先として訪問することになる。

芦田は事務所から、残り2ヶ月でヒット曲を出さなければクビだと宣告され、窮地に立たされていた。

今まで空手一筋で恋もしたことがなかった花枝と、「人の心が分からないから良い曲が書けない」と追い込まれている芦田。そんな崖っぷちの2人がひょんなことから出会いを果たし…。

さらに、チャラいが長年花枝を一途に想っている慎吾は、花枝と芦田の急接近に焦りを感じ、やがて三角関係の恋に発展していく。

しかし花枝は誰にも言えない、ある“秘密”を抱えており、「これが人生最後の恋」と決めていて・・・。

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

花枝さんは夜に道を走っていたかと思ったらいきなり止まってハッと声をあげて空手の練習をしはじめてびっくりしました。見られているのに気づいて芦田さんが目を逸らすと勝った縁起がいいと喜んでいて可愛らしい人だなと思いました。アサヒ学園の子達は花枝さんの為にカンパして道場着を買ってあげたり子供の頃もいい子達だったんだなと思いました。

30代

花枝と春樹が出会って、花枝が涙していたのを見て、思わずもらい泣きしてしまいました。花枝が話していたように、花枝が一体何をしたのかと思ってしまうくらい運命は残酷すぎると感じました。花枝からどれだけ奪えば気が済むのだろうと思いました。春樹の告白はあまりにもでしたが、花枝にとってもきっと大きな出会いなのかもしれません。

30代

強くなるため、空手を始めた木皿花枝。花枝が空手をする姿はカッコ良かったです。1年後、花枝の元気な姿を見てホッとしましたが、空手を諦めた花枝は、全てにやる気をなくしていました。その上、花枝には他の人には話していない秘密があるようで、それが何であるかが気になりました。そんな花枝を元気づける、夏川慎吾のさりげない優しさに癒されました。一方、屋上から飛び降りようとしていた芦田春樹は、良い曲が書けなくて悩んでいました。恋愛をせず、心を動かすような経験をしてこなかった春樹と、空手一筋で生きてきた花枝。そんな2人が出会うことによって、どんな相乗効果が生まれるのか楽しみです。

50代


第2話あらすじ・感想

「俺と付き合ってくれない…?」
ずっと聴いていた“勝負曲”の作者・芦田(間宮祥太朗)と、運命的な出会いをした花枝(清原果耶)。感動も束の間、花枝は芦田からのあまりに突然の申し出に大混乱!運命の出会いから一転、微妙な空気になってしまう……。

しかし、その話を聞いたあさひ学園の施設長・直美(稲森いずみ)は、「運命の人なんじゃないの?」と興味津々。その言葉を否定しながらも、どこか嬉しそうな花枝。そんな花枝を見て、慎吾(菊池風磨)はモヤモヤするばかりだった。

その頃芦田は、花枝に事情も話さず突然告白したことを猛反省していた。どうにかして花枝に会って謝ろうと考えた芦田は、思い切って再びサンシャインクリーニングに清掃を依頼!しかし、家にやってきたのは慎吾で…?

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

清原果耶さんの透明感がすごかったです。ハウスクリーニングの帰りに迎えを待ってる時のルンルン具合がとても可愛かったです。ずーっと心の支えにしていた歌を目の前で歌ってくれたら嬉しいしそのまま付き合っちゃいそうだけど、花枝は違うな〜と思いました。自分の耳が将来聞こえなくなったらって考えたら怖くなるなと私も思いました。

30代

子どもの頃から花枝を見守ってきた慎吾と、恋をするため花枝に告白した春樹。春樹がしたことはいい事とは思えませんが、本当の春樹は良い人でした。花枝が春樹に惹かれるのも分かる気がします。春樹だけでなく、いずれ耳が聞こえなくなる花枝にも素敵な恋愛をして欲しいです。期限付きの恋愛で、花枝と春樹がどれだけ親しくなるかは分かりませんが、2人の恋愛を見守りたいです。一方、2人が付き合うことを知った慎吾は、どんな気持ちなのでしょう。少し心が痛みました。デート中に倒れそうになる花枝を見て、病状が悪化しているのではないかと心配になりました。

50代

1話で恋愛に発展するのかと思ったのですが2話目の序盤でそれが打ち消され空振りかと思いました。幼馴染みと言うか同じ施設で育った3人がそれぞれの想いを秘めているのが見えて来てこの先それがどのように発展していくのかが楽しみです。間に少し入っているお笑いのシーンが飽きさせません。
主人公がこれから前向きに進む事を応援したくなるドラマです。

30代

はきはき明るい木皿花枝にモヤモヤが吹き飛ばされるよう。文句もはっきり言うし、交際開始宣言も明確。あまりに運動部らしくて清々しいです。しかし居候の元バンドメンバー、烏丸薫のせこさはえげつない。食材費用から調理代まで勝手に見積もり請求って。収入を得る知恵かもしれないけれど、居候させてもらってるなら無料奉仕しなさい!と言いたいところ。人間愛に溢れた脚本を書き続けてきた岡田恵和がどんな優しい物語を紡ぐのか。癒されるドラマを期待します。

60代

花枝ちゃんがクリーニングに行ったお宅が聴覚障害をお持ちの方でしたが、あまり違和感がありませんでした。花枝ちゃんにとっても彼女との出会いが今後影響してくるんだろうなと思います。そして、まさか本当に芦田さんと付き合うことになるとは思いませんでした!もう2話でそんな展開になるのにびっくりです。ということは実は本命は幼なじみの慎吾なのでは‥という気もしてきました。

30代

バンドのメンバーと喧嘩した後に薫が春樹もやり考え直せってと言っていていい人だったんだなと思いました。花枝はせっかく感動していたのに付き合うとか無いです。歌い終わった後の言葉は削除でと言うのは面白かったです。仕事を終えて家の前で嬉しずぎてマジかとにやにやしたりへへへと笑ったり他の人から見たら変な子ですけど嬉しく過ぎてそうなってると思うと可愛いなと思いました。

30代

花枝と春樹の恋愛がついにスタートしました。花枝に残された時間がわずか2ヶ月しかないという衝撃的なストーリーではありましたが、春樹が花枝の人生と心を大きく変えてくれるような気がしています。慎吾は花枝が突然付き合うと言い出してどれほどショックを受けたのでしょうか。3人の恋愛模様からまだまだ目が離せません。

30代


第3話あらすじ・感想

芦田(間宮祥太朗)と期間限定で”恋の取り組み”をすることにした花枝(清原果耶)。目一杯のおしゃれをして人生はじめてのデートにでかけるが行き先は、お世辞にも初デート向きとはいえない敷居の高い高級和食店……!自分たちの恋愛偏差値がかなり低いことを痛感しながらも、花枝はワクワクし心が動くのを感じていた。

鼻歌まじりに帰ってきた花枝は、直美(稲森いずみ)たちに、芦田と“恋の取り組み”を始めたことを報告!しかし慎吾(菊池風磨)は、突然の恋のライバル(?)登場に思わずイライラ……親友の凛(藤原さくら)は、花枝がそんなおかしな”取り組み”をするには何か理由があるのではと気になっていた。

その頃芦田も、マネージャーの弓子(栗山千明)と元バンド仲間の薫(東啓介)に、花枝とのことを打ち明けていた。良い曲を書くためとはいえ、芦田が本当に”恋の取り組み”を初めてしまったことに呆れる弓子。しかし、実は弓子もまた、芦田に抱く密かな想いを自覚して動揺していて…?

そんなまわりのやきもきを知る由もない花枝と芦田は、デートの仕切り直しで中華街デートを決行!いてもたってもいられない慎吾は、こっそりと2人のあとを付けるのだが…。

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

恋の取り組みを始めたふたりですが、別れまで想定してるところがなんともいえません。付き合いはじめてしまったふたりを見てる慎吾のわたわたしてるところがいいですね。中華街での初デートで手を繋いでるところにキュンとしてしまいました。慎吾が尾行しちゃうところも花枝ちゃんへの愛が溢れていていますね。まさかのキスに展開早すぎです!

30代

鹿威しから始まる恋、良いですね!本当に花枝と春樹の間に恋が生まれるのかと気になっていましたが、中華街デートを見ていたら安心しました。春樹の気持ちがあまり見えていませんでしたが、春樹も花枝をちゃんと恋人として見られるようになってきたようでした。凜は花枝を見てきたからこそ、花枝が何かを隠していることにも気づけたのですね。

30代

花枝と春樹のデートが微笑ましくて、見ていて楽しかったです。花枝と春樹は、お互いに良い影響を与え合う気がしました。恋をして、心を動く瞬間を知りたいと言う春樹。しかし、恋をしようと意識しているうちは、そういう感情を知ることはない気がしました。そして、恋をしなくても良い曲を作ることは可能なのではないかとも感じました。一方、凛は自分の気持ちを慎吾に告白できないでいます。慎吾も自分の気持ちを素直に表せない人のようです。凛と慎吾がどうなっていくのかも楽しみです。いずれ耳が聞こえなくなる花枝は、今何を思っているのでしょう。前向きに頑張る花枝を応援したくなりました。

50代

前回から芦田春樹と木皿花枝が付き合い始めたのですが、まだ3話だし、恋を知るために付き合いだした2人なので、そこまで進展はしないだろうと思っていました。でも、芦田春樹が意外とお付き合いに積極的で、中華街デートの時も自然と恋人繋ぎをしたり、人とぶつかりそうになった木皿花枝を優しく抱き寄せたりしてキュンキュンしました。ラストのキスシーンっぽいところも焦らされた気分で早く続きが見たくなりましたが、夏川慎吾が結構嫉妬していたので、突然現れて未遂に終わっちゃうんじゃないかなと予想しています。3話はそれぞれの恋模様が細かく登場していたので、夏川慎吾と萩原凛の恋模様も今後どうなるのか楽しみです。

30代

コメディと恋愛そして仕事を通して人生を物語っていくバランスが絶妙で、脚本・岡田恵和の筆力を感じます。中華街デートで手をつなぎ歩く花枝と春樹の初々しさ。清原香耶のコートのオレンジ色が花枝の心の華やぎを表すようで印象に残りました。あんぐり口を開けて花枝を見ていた幼い慎吾、その慎吾がずっと好きな凛。デートする花枝達を尾行する二人は笑っちゃうけど、それぞれの胸の痛みもよく分かります。花枝の病気や春樹の曲作りなど不安要素がどうなるか気になり、最後まで見続けてしまうでしょう。

60代

鹿威しが立派で凄いなと思いました。芦田さんは女性を連れて行く様な店が分からなくて前に事務所に連れてきてもらった店に来てしまったと謝ったのに対して花枝さんは女性扱いされたことに新鮮だと嬉しそうにしていて可愛いなと思いました。花枝さんは鹿威しのコンという音に合わせて自分もコンと言っていて可愛らしいなと思いました。

30代

花枝と芦田は期間限定で付き合い始めました。恋とは何かを話し合い書き出しながら、2人とも経験不足を感じていました。付き合いながらしてこの言葉が変わっていくのかなと思いました。芦田は2ヶ月で結果を出すという約束でしたが、すぐに家を出ていくように言われました。ますます焦ってかわいそうです。花枝が何かを隠していることに気付きながら友達は聞かずに見守っています。それでも心配で、デートについて行くのが本当に優しいと思いました。

60代


第4話あらすじ・感想

花枝(清原果耶)は中華街デートで、芦田(間宮祥太朗)からのいきなりのキスなど、いつもと違う芦田の雰囲気に戸惑っていた。そして、慣れない恋愛イベントが一気に押し寄せてきて大パニックに!

その頃、花枝たちを見失った慎吾(菊池風磨)と凛(藤原さくら)は、露店でムササビの人形が売られているのを発見。慎吾は花枝へのプレゼントとして買っていくことを提案するが、花枝のために楽しそうにお土産を選ぶ慎吾の姿に、凛はモヤモヤする一方で・・・。

そんなある日、花枝がハウスクリーニングの仕事で芦田のマンションを訪れると、そこには弓子(栗山千明)の姿が!

何故か敵意むき出しの弓子にビビる花枝・・・しかし弓子は、芦田にある大事なことを伝えに来ていた。それは「1週間後の新曲コンペに参加して通らなければ契約解除になる」というものだった!

2ヶ月後の曲の締切のために恋の“取り組み”をしていたはずが、いきなり1週間後に!? ということは、この関係もあと1週間で終わってしまうのか…?

曲作りに追われ恋の取り組みどころでは無くなってしまった芦田と、連絡が来ずに落ち込む花枝。そして、弱っている花枝を目の当たりにした慎吾は、何とかして花枝を励まそうと奮闘するが…!?

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

花枝と春樹が少しずつ良い雰囲気になってきて、恋人らしく見えてきたのに、不穏な空気が感じられてきました。花枝にとっては限られた時間の中で思い出をできるだけ作ろうとしていました。だからこそ2人が別れるという選択だけは絶対に絶対に回避して欲しいです。春樹の作曲の実力は春樹が思っている以上のものができている気もします。

30代

前回のキスはやっぱりしなかったんですね。ムササビになった芦田さんがかわいすぎでした。花枝ちゃんの空手姿を見てインスピレーションがわいて新しい曲ができましたが、何日も連絡せず放置はやはりよくないですね。でもようやく連絡きたときの花枝ちゃんが嬉しそうで本当に好きなんだなと思いました。それを見る慎吾の顔もまたせつなすぎでした。

30代

花枝と春樹のデートはぎこちなかったですが、初々しくて可愛かったです。ムササビの真似をした春樹の姿に癒されました。春樹が恋をしようと思ったのは、弓子の発言が原因です。しかし、花枝と春樹の関係を知り、弓子はやきもちを焼いているように見えます。一方、花枝にさりげなく気を遣う慎吾がカッコ良かったです。「現実を知ることも大事」という言葉が心に刺さりました。花枝と春樹は普通の恋愛とは違いますが、付き合ってから相手を知り、好きになることもあると思います。お互い悩みを抱えている花枝と春樹。そんな2人を応援したいです。

50代

恋愛に取り組むことにした主人公2人が、仲を深めつつあるところで作曲家であるヒーローに過酷なお題がふりかかる、という回でした。ヒロインのみずみずしい感情表現がとってもよくて、空手の試合を久しぶりにするシーンがあるのですが、そこではヒロインの性格のまっすぐさとともに仲間を大事にする様子がよく表現されており、その姿にインスピレーションを得た作曲家が曲を作るために走り出すシーンが続きます。このシーンのヒーローの急いでいる様子がどこかワクワクしているように見えて、いい曲ができたらいいなと視聴者までも思ってしまうような仕上がりになっていました。
しかし結果は残念なことになり、次回がものすごく気になりました。

40代

ピュアで好きです。夢中になってた物のありがたさやそれによって支えられていることを実感出来るのは素晴らしいしそこに本当の恋も始まりそうで始められないようなもどかしさが切ないです。もう4話なのにみんながハッピーになれないもどかしさが歯がゆいです。せめて芦田と花枝は早くハッピーになって欲しいけどやっぱり一途な慎吾を応援したいです。

50代

中華街デートでムササビを購入するシーンでドキドキしたのもつかの間、いきなり1週間で新曲を作成しなければいけないことになり芦田さんが曲を書き上げることはできるのか、契約解除を免れることはできるのかとてもハラハラする回でした。最後まで飽きずに観ることができました。バンドに恋に今後どうなるのか気になることが盛りだくさんのとても面白いドラマだと思います。

10代


第5話あらすじ・感想

「今まで、ありがとう──」
コンペに落ちた芦田(間宮祥太朗)から、電話でそう告げられた花枝(清原果耶)。

翌日、何食わぬ顔で慎吾(菊池風磨)や直美(稲森いずみ)たちに恋の終わりを報告するも、花枝は芦田との別れに自分でも驚くほど落ち込んでいた。そして芦田への想いは募るばかり……

そんな花枝を見つめる慎吾は、花枝を元気付けるため、凛(藤原さくら)も誘って幼馴染3人でキャンプに行くことを提案!慎吾は密かにある決意を固めていた───

一方芦田は、コンペには落ちたものの、音楽への手応えを取り戻し始めていた。そして、それは花枝との出会いのおかげだったことに気付く芦田。そして衝動的にある行動に出る……

その頃、幼馴染み3人でのキャンプは大盛り上がり!笑顔を見せる花枝。その横で慎吾はどこか緊張気味。そして複雑な思いを抱えて二人を見守る凛。実は慎吾は、このキャンプでチャラい幼馴染の殻を破り、花枝に真剣に思いを伝えようとしていたのだ……!

しかし、いよいよ告白しようとしたその時、思いもよらぬ事件が起きて──!?
第5話のラストは怒涛の展開!ラスト1秒まで見逃すな!!

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

ついに別れてしまった花枝と芦田さん…慎吾の快進撃なるか?と期待したけど、全然脈なしでした。なんでキャンプ場名を言ってしまったのよ慎吾(笑) 凛ちゃんの気持ちが慎吾に届くといいのになぁ。清原果耶ちゃんは明るい笑顔の中にいつも密やかな悩みを抱えてる演技が本当に上手い!そして陰のある間宮祥太朗の演技が最高です。菊池風磨は当て馬感が全然出てこないけど、毎週ぽってりした唇がかわいいです。 あとバンド仲間の友人、意外とガタイが良くてかっこいいかも…。ハスキーな藤原さくらちゃんも顔とのギャップがいいですね。

30代

磯辺の妄想が現実的過ぎて面白かったです。芦田と花枝は別れてしまいましたが、お互いに気持ちがあるなら、別れなくても良い気がしました。しかし、芦田と花枝の気持ちは恋とは少し違う気がします。お互い悩みを抱えていた時に出会った2人は、お互いを支え合い、相手から勇気をもらったのだと思います。芦田のような人が恋のライバルだと、慎吾は自分の気持ちを伝えにくいのではないかと思いました。芦田は良い人過ぎるので‥。悩みを人には話さず、一人で抱えるほうが楽という花枝の考え方が新鮮でした。

50代

美容室なのに居酒屋みたいになっていて面白かったです。花芦田さんは曲を聞いててボツなのはわかるけど好きなんだよこの曲がと楽しそうに聞いていて良いなと思いました。花枝さんが芦田の家に仕事に来た時に芦田さんが花枝さんに怒ってますかと聞いて怒ってますと言っていたのに仕事中に嘘です怒ってませんと言うのが良いなと思いました。

30代

芦田くんがスタートラインを歌ったあとのハグが切なくてたまりませんでした。花枝も明るく歌ってるところも逆にから元気で苦しくなるし。お掃除しながら「慎吾が好きだよ」と告白したのに流されてるところもなんでースルーしちゃうのー!と叫びたくなるほどしんどかったです。そして慎吾の告白直前にキャンプまで来ちゃう芦田さん。「お断りします」という慎吾の強い言葉にびっくりしました。果たしてどうなるでしょうか。

30代


第6話あらすじ・感想

芦田(間宮祥太朗)の突然の乱入で、慎吾(菊池風磨)の告白が中断された前回。
波乱に満ちた運命のキャンプはどうなってしまうのか――!?

キャンプ告白事件から数日後、秘めてきた思いに気付いてしまった花枝(清原果耶)、芦田、そして慎吾は、それぞれの本当の気持ちに向き合い動き出していた。花枝への気持ちが「恋」だと自覚し、音楽の制作にも力が入る芦田。

今までもこれからもずっと花枝を守り続けると改めて心に誓う慎吾。

一方花枝は、近づいてくる手術という現実に向き合おうとする――。

3人の想いが交錯する中、訳あって花枝と芦田は遊園地に来ていた。芦田は花枝とのデートを満喫するが、花枝が「思い出づくり」の理由を決して明かしてくれないことが気になり始めていた。

しかしその裏で、慎吾はなんとキャバクラ通いをしていることが発覚!?そんな慎吾に凛(藤原さくら)は呆れ返るが、花枝はどこか慎吾の様子がおかしいことがひっかかっていた。
そんな最中、慎吾が突然倒れてしまい…?

芦田も慎吾も、花枝への想いが大爆発する第6話!受け止める花枝はどうなってしまうのか!?

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

前半は爆笑の連続でしたが、後半は涙の連続でした。花枝と春樹が恋人らしくなってくればくるほど、花枝の悩みを知らない春樹が気の毒で、1人で抱える花枝が切なくて、辛くなりました。花枝は春樹に何も話さずに楽しかった思い出だけを残したいことがものすごく伝わってきました。慎吾も花枝を一生懸命支えていて、その優しさも切なくなりました。

30代

前回「告白をお断りします」と言った慎吾がどうして茶化してしまうのか。そういう性なのか。と、つらくなりました。芦田が遊園地デートで花枝呼びしてるところにキュンとしてしまいました。慎吾は心の隙間を埋めるためにキャバクラに通い詰めていたと思ったらなんとお掃除の仕事だったとは。彼の一生懸命さにいつも本当にすごいなと思います。電話越しのスタートラインはやばかったですね!

30代

正式に付き合うことになった花枝と春樹。とはいっても、花枝は春樹との恋を「思い出の恋」と言っていました。一番気になるのは、花枝はこのまま春樹と付き合い続けるのかという事です。春樹は花枝と本気で向き合っているようですが、花枝はそうではないように見えます。失恋した慎吾のカラ元気と、直美を想い続ける迫智也にも感動しました。花枝は最終的にどんな選択をするのでしょう。幸せになれる結末である事を期待しています。

50代

風魔くん、なかなか三角関係に絡めずにいるのですが、分はあるんだろうか…と思い、応援してしまいます。主人公の、若いのに「ちょっと他の子と違います」「達観してます」って感じが毎回鼻についてしまうのが見ててもやもやします(おかえりモネのときもそんな感じだったんですが)。そして、「取り組みって…」とも、毎回思うんですが、中高生なら分かるんですけど。いい大人が「新しい感情を知る」って、記憶喪失じゃあるまいし、なんなんでしょう。熱心に取り組んでますが、目的と手段おかしくなってるような…それでいい曲ができるはず、というのがいまいち納得できずに見ています。

30代


第7話あらすじ・感想

ずっと抱えていた自身の病気のことを打ち明けようと決意した花枝(清原果耶)だったが、いざ帰ってくると皆が勢ぞろいで楽しそうに過ごしている姿に直面し、及び腰になってしまう。
しかし花枝の様子がいつもと違うことを察知した直美(稲森いずみ)は、花枝の話を聞き出そうとする。

逃げ回る花枝だが、とうとう観念して自ら抱えてきたことを語り出す。“家族”同然の皆の前で初めて涙を見せる花枝。そして直美も慎吾(菊池風磨)も、泣きながら花枝の告白を受け止める・・・。

一方、花枝の様子が心配だった芦田(間宮祥太朗)は、あさひ学園を訪れる。するとそこにはすっかり元気になって何故か鬼のコスプレをした花枝が!?一体どういうこと……?

慎吾と凛(藤原さくら)は、花枝の「思い出作りの恋」に少しでも協力しようと盛り上がり、芦田も巻き込み4人で花枝の部屋で鍋パーティをすることに!

初めての花枝の部屋に緊張する芦田と、楽しむ花枝。芦田へのライバル心に火がついた慎吾は、トランプや腕相撲などありとあらゆる勝負を仕掛ける。男同士のしょうもないバトルが勃発!?

楽しい時間を過ごす一方で芦田は、花枝・慎吾・凛の幼馴染3人の気心知れた雰囲気を羨ましく思う。しかしそんな芦田の嫉妬心が思わぬ展開に転がっていき――!?

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

幸せなシーンも、切ないシーンもたくさん詰まった1時間でした。花枝と春樹が本当に素敵な恋人になってきていて、取り組みとしての期間限定ではなく、ずっと花枝と春樹が一緒にいてくれたら良いのにと思っています。花枝が春樹の気持ちを察して、ラジオの放送を見に行くというのが本当に素敵で、2人ならどんな困難も乗り越えられるはずです。

30代

花枝の話を聞いて、花枝が病気のことを話さなかった理由が少しだけ理解できました。暗くなったみんなの雰囲気を明るくする慎吾。慎吾は本当にいい人ですが、いい人過ぎて、恋愛対象にはなりにくいかもしれません。花枝は自分の病気のことをみんなに話し、芦田も前向きに仕事を頑張っています。そんな芦田を支える弓子も、花枝に負けないくらい素敵な女性だと思います。慣れないラジオの仕事を頑張る芦田と、手術を控えている花枝を応援したいです。

50代

間宮祥太朗が上手いなあ~としみじみ。花枝と出会った頃のほとんど表情のなかった芦田から、昨日は顔じゅうで笑う芦田に大変化。花枝と並んで歩くのが嬉しくてたまらないのが十分に伝わるまさに満面の笑み。こんな笑顔を向けられたらどんな固まった心もほどけていきそうです。立石医師を初恋の人?と呼びかけた直美の剽軽さとそれに乗ってくれた先生とのやりとりは笑ってしまうほっこりシーン。いよいよ手術が迫り、恋も歌もどうなるのか。終盤に向かい今後は見逃せません。

30代

ようやく家族にいうことができてよかったですね。こんなに温かく迎えてくれる施設の人たちがいることにほっこりします。鬼のコスプレをしている花枝ちゃんがかわいかったです。芦田さんが来てそれを恥ずかしがるところかわいいですね。ようやく慎吾と直接対決してちょっとラブコメっぽくなったかなという印象でした。慎吾はもうかなりの負けですが…。あまり口数の多くない芦田さんはラジオには向かなそうですね。でも花枝ちゃんが来てくれて嬉しかったんでしょうね。

30代


第8話あらすじ・感想

芦田(間宮祥太朗)が出演するラジオの公開収録中に、倒れてしまった花枝(清原果耶)。
それを機に花枝は手術の日、つまり芦田とのお別れの日が迫っていることを実感してしまう。

一方、日に日に花枝への思いが募る芦田は、なぜ花枝は取り組みの「期限」にこだわるのか、その理由が気になっていた。しかし、芦田がいくら尋ねても、花枝はその理由をはぐらかすばかり……芦田の思いとは裏腹に、花枝は笑顔で「取り組みの最終日にお別れ会をしよう」と芦田に提案するのだった。

そして、そんな花枝を見守る慎吾(菊池風磨)は、花枝が本気で芦田を思っていること誰よりもわかっていた。思い合う二人なのに、花枝は芦田に病のことを伝えないままで良いのかと思い悩む慎吾。そしていてもたってもいられず、芦田の家に向かってしまい…!?

それぞれの思いが交錯する中、ついにお別れの日がやってくる──

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

こんなに切ない展開になるなんて、涙しかありませんでした。春樹は結局、花枝の秘密を知ることはできず、できた曲を花枝に直接聞かせることもできませんでした。花枝と春樹を見ていると、お互いを大切に思っていることが強く伝わってきて、別れを選択した2人がいつか必ず再会できると信じています。絶対に幸せになれると願っています。

30代

皆が、花枝を励ます中、花枝が放った「楽な方を想像していると負けてしまう。自分は、悪い想定をした上で挑む方が良い。」という言葉が、とても印象に残りました。私自身もそうですが、人はどうしても、良い方へと考えを持って行きたがるものだと思います。そこを、あえて困難な方に思考を持っていく花枝には、尊敬の念しかなかったです。

30代

ふたりの恋の期限が近づいているところがあまりに切なかったです。ファミレスでのキスはちょっと長すぎて引いてしまいました。そこまで好きなのになぜ別れなくてはいけないのか‥。見ていてつらかったです。慎吾が芦田さんの家に押しかけて「そこまで好きじゃなかったってことですよね!」と言うところは彼の精一杯の強がりなんだと思いました。別れのシーンは芦田さんは泣くのではなくて追いかけてほしかったです。

30代

どんなに好きであっても、相手を想うが故に秘密を持つこともあると思います。しかし、何も知らずにいた方は、知らないでいたことにショックを受けるのも確かです。楽しい時間が過ぎて、恋人と別れるつらさを学ぶ花枝と芦田。取り組みとしては成功かもしれませんが、悲しそうな2人を見ていると、切ない気持ちになります。花枝は芦田の告白を断り、自分の秘密を最後まで言わずに別れる選択をしました。花枝は今、どんな気持ちなのでしょう。花枝の手術がどうなったのかが気になります。

50代

花枝は芦田に手術のことを話しませんでした。本当は支えてもらいたかったと思いますが、歌を作るという目的を果たすために言わずに別れたと思います。涙を抑えて笑って別れた花枝がけなげでした。慎吾は本当に良い人です。芦田が花枝に聞くように背中を押したのです。芦田の歌が完成したので、あとは前に進むだけです。花枝に聞かせてほしいです。

60代


第9話あらすじ・感想

花枝(清原果耶)と芦田(間宮祥太朗)の別れから2年が経過した。
聴神経腫瘍の手術を終えた花枝。
花枝を思い、「ファイトソング」という新曲を完成させた芦田。
そして、今までもこれからも花枝のそばにいると誓った慎吾(菊池風磨)。
2年の時を経た3人の現在は? そして想いは…!?
物語は新たなステージへ!

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

花枝の耳が本当に聞こえなくなってしまいました。でも、花枝の周りは理解して支えてくれる人ばかりで人間はこんなにも温かい場所で生きられるのだと嬉しくなりました。春樹が花枝の耳を知ることになったシーンに泣けました。慎吾がやっと気持ちを伝えましたが、やはり花枝にはすぐに恋愛とはならず、慎吾のことを見守りたいです。

30代

慎吾の花枝への告白に、心がギュッと締め付けられる感じがしました。今までの関係性が壊れる恐怖から、ずっとフザケてしか言えなかったのに、意を決した様子に、男を感じました。それでも、少しの可能性を信じて『恋人になってください』というフリップを用意してきたこと、そして、それを改めて自分で見つめていた姿は、あまりにも切なかったです。

30代

2年後の世界で花枝が耳が聞こえないことがわかってしまい切なくなりました。芦田さんが作ってきたファイトソングも聴けなかったんですね。。つらすぎです。慎吾が本気の告白して、でもすぐに振られてしまって。これもまた悲しかったです。花枝もすぐにごめんなさい言わなくてもいいのに、と思ってしまいました。芦田との再会で耳のことも知られてしまったことは本当は隠しておきたかったんでしょうね。エレベーターに慎吾まで乗り込んできたのはびっくりです!

30代

最終回だと思い込んでいたのでまだ続きがあると知って嬉しかったです。最初は耳が聞こえるのか聞こえてないのかよくわかんなかったですが、聞こえなくなってしまっていて周りのみんなもしっかり聞こえないことに配慮してくれているのが、花枝は聞こえなくなる前よりも愛されていることが感じられました。花枝は聞こえなくなってからの方が強くなっていて色んなことにチャレンジしていてほんとにかっこいいと思いました。私もこんな強さが欲しいと思いました。

10代

花枝はやはり耳が聞こえなくなっていました。覚悟はしていましたがショックです。芦田が作ったファイトソングも聞けなかったのが残念です。慎吾のまじめな告白はとても心に響きました。フリップを使って順序よくできましたが、恋人になってくださいは見せられませんでした。花枝がごめんなさいとしか言えないと言ったからです。慎吾は最高の友人なのです。芦田が2年前の真実を知ったので、2人の恋が動き始める事に期待します。

60代

花枝の元気そうな姿を見ることが出来て嬉しかったです。花枝は耳が聞こえなくなってしまいましたが、前向きに頑張っていました。そして、慎吾も相変わらずいい人です。見守り地蔵が3人いるシーンは面白かったです。大事な人から捨てられた経験のある慎吾が、花枝に告白するシーンは感動しました。見守り地蔵の一人・凛の想いも報われて欲しいです。恋人になるか、今まで通り家族のように付き合うか。どちらであっても、お互いを大事に想っている事には変わりはないと感じました。花枝と芦田が再会するシーンはドキドキしました。エレベーターに乗った3人がどうなるのかが気になります。

50代

花枝を見守り続けてきた慎吾が、今日は男として見てくれと言ったシーンがうるうるきました。自分の思いを言葉にして伝えることができましたが、つきあってくださいとは言えずにこれからもよろしくと言った切なすぎる気持ち、花枝に届いてほしいな、慎吾の本当の気持ちに気づいてほしいなと感じました。花枝の耳が聞こえない病気を知った芦田が会いに行きますが、その場を走り去ってしまう花枝になんで逃げちゃうのと涙がとまらないところで、花枝、慎吾、芦田が同じエレベーターでえっと言ってるオチに笑ってしまいました。

40代

花枝ちゃんと芦田さんの恋の取り組みが終わって2年が経ちました。お互いのことを思いつつも前を見ている2人が素敵です。花枝ちゃん耳の手術を終え、声が聞き取れなくなってしまいましたが、慎吾くんがそばで優しくて支えていて優しい方だなと思います。芦田さんはファイトソングという新曲ができて、音楽家としてのスランプを乗り越え、花枝ちゃんとのお付き合いは必要だった時間だったのだと思います。

30代

花枝の耳はどうなったの?と気になっていましたが聞こえなくなっていたのですね…。手術後の話は一切なく、その状態に適応し唇も読め、仕事も空手道場の手伝いもしている花枝にまずホッとしました。困難にへこたれないのはアスリートだったのもあるのでしょうか?その強さに拍手です。慎吾が地蔵扱いされ皆に拝まれるシーンには爆笑!男として花枝から愛されるのは難しそうですが、その大きな愛情には癒されます。エレベーターに閉じ込められた3人はどんな結論を出すのか。いよいよ最終回の次回が待ち遠しいです。

60代


第10話(最終回)あらすじ・感想

エレベーターに閉じ込められた花枝(清原果耶)と芦田(間宮祥太朗)、そして慎吾(菊池風磨)。

花枝が頑なに守ってきた秘密を知ってしまった芦田は、空白の2年を埋めるかのように必死に花枝に話しかける。ところが、芦田の突然のとある爆弾発言に、花枝は思わず反発!話は途中のまま、気まずい空気だけを残して花枝はその場を去ってしまう……。

花枝への変わらぬ想いを改めて自覚した芦田は、爆弾発言の真意を伝えたいと、あの手この手で花枝にアタックを開始!一方の花枝はなかなか素直に芦田に向き合えず、頑なに芦田を拒否し続けてしまう。

それでも芦田はめげずに、なんとか花枝の心を開くべく、ついに最終手段としてある男に力を貸して欲しいと願いでる。その男とは、あろうことか長年花枝を思い続け、芦田に「二度と関わるな」と言い放った慎吾だった……!?

ついに結末に向けて走り出す花枝、芦田、そして慎吾の運命は…。
家族や仲間たちのたくさんの優しさと愛に見守られながら、彼らはどんな幸せを掴むのか!?
不器用でもまっすぐな思いが起こす、恋の奇跡をお見逃しなく!

引用:ドラマ『ファイトソング』公式サイト

みんなの前で芦田が花枝に自分の気持ちを伝えて、花枝の本心を聞くシーンが今までのわだかまりが溶けた感じがして見てて微笑ましかったです。それに、ずっと慎吾に片想いしながら花枝と慎吾を見守ってきた凛ちゃんがやっと気持ちを伝え、迫さんが長年の気持ちを直美さんに伝えて2つの片思いが良い方向に進んでいってたのが嬉しかったです。ラストの芦田と花枝が公園で過ごすシーンは2人の掛け合いが自然すぎて本当の恋人みたいで可愛かったです。

20代

素敵なラストでした。花枝と春樹がみんなを幸せに導いてくれたような気がします。春樹の花枝に対する必死のアプローチは方法が笑えるところもありましたが、パーティーで花枝に思いを伝え、音楽を聞かせるシーンは本当に泣けました。花枝には春樹のゆっくりした喋り方や歩き方がちょうど良くて、2人ならどんな困難でも乗り越えられるはずです。

30代

素敵な最終回でした!芦田さんが花枝に気持ちを伝えるために横断幕まで用意したりフリップまで作ってるところは笑えました。告白はみんなの前でやるべきだったのかなと思うところはあります。ファイトソングを弾いてる芦田さんに寄りかかってきいてるシーンがよかったです。慎吾に私に恋してみろよ、と言う凛ちゃんもかっこよくて素敵でした!

30代

慎吾はとても良い人ですが、花枝の欠点をはっきり言えるのは芦田だけかもしれません。慎吾たちを見ていて、自分の想いを伝えるのは意外に難しいと感じました。花枝に自分の想いを伝えようと一生懸命な芦田の姿が微笑ましかったです。芦田の告白は素敵でしたが、みんなが見守る中で告白するのは少し抵抗があります。最終回で一番印象に残ったのは、迫が直美に告白するシーンです。

50代

逃げる花枝と芦田と慎吾までまさかのエレベータ密室に三人とか気まずすぎる、二人を気にかけて間にはいってしゃべりかける慎吾はほんとに優しい素敵な人ですね。直美と慎吾は誰か怒っててもその場を和ませてくれてなんか似ている気がします。芦田のまさかの行動が面白かった。垂れ幕で想いを伝える人、初じゃないですか!慎吾がもう二人を応援する側になったのがわかったら明るくしている慎吾みてたら泣けちゃいました。

40代

岡田恵和脚本なので、きっとラストはあったかいハッピーエンドと予想していましたがその通り!花枝と芦田だけでなく凛と慎吾、直美と智也までカップル誕生見込みでハッピーオーラが飛びまくりました。ここまで唇を読めるのかとちょっと疑問の時もありましたがそんな細かいことは置いといて、と思えた大きな愛の物語。芦田の「ムササビ」が最後に見れて嬉しかったです。

60代

芦田さんがエレベーターで花枝のことを怒らせてしまったときはどうなってしまうのだろうと思いましたが、慎吾の協力もあって、やっと両想いであることが通じ合った時には本当に嬉しかったです。また、ファイトソングが三三七拍子のリズムだったのは驚きました。曲の全てを聞くことができなくても、振動でそのことが伝わったシーンは特に感動しました。

20代

間宮祥太朗さんが一生懸命想いを伝えてるところが素敵でした。菊池風磨さんも自分の気持ちをちゃんと伝えたけど、はなえのことを1番に思う気持ちがしっかり伝わりました。何よりはなえ役の清原果耶さんが可愛くて、演技がうまくて、ますます好きになりました。それぞれ皆の思いが伝わって、今、伝えることが大事なんだと思いました。ファイトソングよかったです。

20代


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

ドラマ『ファイトソング』の見どころ・まとめ

空手に情熱を傾け恋愛には全く興味がなかった花枝と人を本気で好きになったことがない春樹という恋に奥手な二人が、幼馴染の慎吾を巻き込んでどんな恋愛模様を繰り広げてくれるのかが見どころです。

不器用な花枝と春樹だけに、じれったくなかなか関係が進展しないことも考えられます。

また、花枝は人生最後の恋と決めているのですが、それには誰にもいえない秘密があります。花枝が抱えている秘密がどのようなものなのか、徐々に明かされていくことになるでしょう。どんな秘密があるのかとても気になります。

また、落ちぶれてしまった春樹が、ミュージシャンとして再起できるのかも気になるところです。花枝や慎吾と関わることで、人の気持ちが分かる男になるのでしょうか。

ドラマ『ファイトソング』の見逃し配信は、Paraviで配信中です。

2週間のお試しサービスを利用してお楽しみください。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です