ドラマ『ぎぼむす』新年スペシャル2022の見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!

2018年にTBSで人気を博したドラマの一つが『義母と娘のブルース(ぎぼむす)』、綾瀬はるかさん主演で大変好評となりました。

その人気ぶりから2020年にはお正月にスペシャルドラマが作られています。

その『義母と娘のブルース』が、2年ぶりにまたお正月のスペシャルドラマとして戻ってくることになりました。ファンの方も大変喜んでいます。

2022年のお正月に放送予定の『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルのあらすじやキャストについて、現在までにわかっている情報をまとめました。

また、見逃がしてしまった方に向けて、見逃し配信動画を無料で見る方法を紹介しています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

Paraviの特徴
  1. 国内ドラマやバラエティに力を入れている動画配信サイト
  2. Paravi限定のオリジナル番組が多数
  3. バラエティやビジネスなどの多彩な動画コンテンツ

『義母と娘のブルース』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルは、動画配信サービスParaviで配信されています。

レギュラーで放送された全話はもちろん、2020年に放送された謹賀新年スペシャルも見放題となっています。

Paraviで『義母と娘のブルース』を無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

Paraviは初めて登録する人なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルはどんな番組?

『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルは2022年1月2日(日)21:00~23:30に放送されるTBSのドラマです。

『義母と娘のブルース』は、2018年7月からTBSで放送されていた作品でした。

キャリアウーマンだった亜希子が子持ちの男性と結婚、専業主婦となります。

しかしその男性は間もなく亡くなり、亜希子は義理の娘・みゆきと2人家族となりました。

そんな義理の親子を中心としたヒューマンドラマが人気を呼び、高い視聴率も記録しています。

連続ドラマの最終話では、大阪の経営コンサルティングファームで働くことになります。

2020年には、オリジナル脚本のスペシャルドラマがお正月に放送され連ドラの1年後のストーリーも描かれました。

2022年のスペシャルドラマはもちろん完全新作、新たなストーリーに期待しましょう。

『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルのあらすじを紹介

2020年のドラマで、亜希子は経営コンサルタントとして活躍していました。

大阪のスポーツジムの再建を担当していましたが、その企業が乗っ取りにあう危機に直面します。

しかもその乗っ取りを仕掛けた新しいオーナーは、亡くなった夫・良一とそっくりの男性でした。

もともと亜希子と夫・良一とは、キャリアウーマン時代にライバル会社の社員だったという縁があります。

良一に似た新オーナーへの気持ちは「リベンジ」なのでしょうか、それとも恋なのでしょうか。

一方、娘・みゆきの成長ぶりも気になります。

現在は大学で「起業サークル」に入り、亜希子が関わったパン屋「ベーカリー麦田」でアルバイトもしています。

一度告白されるも断ったおさななじみ・ヒロキとの関係がどうなるかなどに注目です。

『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルのキャストを紹介

『義母と娘のブルース』2022年謹賀新年スペシャルのキャストを紹介します。

連ドラ版のキャストに加え、新キャストも登場することになりました。

もちろん主演・宮本亜希子は綾瀬はるかさん、娘のみゆきは上白石萌歌さんが引き続き演じています。

その他のキャストも見ていきましょう。

  • 亜希子の夫・宮本良一(故人):竹野内豊
  • 会社の乗っ取りを企む良一そっくりのファンドマネージャー・岩城良治:竹野内豊(二役)
  • 良一の前妻、みゆき御の実母・宮本愛(故人):奥山佳恵
  • みゆきの幼少期役:横溝菜帆
  • 「ベーカリー麦田」店長・麦田章:佐藤健
  • みゆきの幼馴染・黒田大樹:井之脇海
  • 亜希子とみゆきを温かく見守る地域のファミリーサポート人・下山和子:麻生祐未
  • みゆきのサークルの先輩・桜向日葵:吉川愛
  • ジムを乗っ取られる社長・山本勘九郎:武田鉄矢
  • 山本の新規事情に協力する弁護士・中瀬泉美:山本未來
  • 良一の元上司:笠原廣之進:浅野和之
  • 良治の部下・池田徹史:馬場徹
  • 章の父・麦田誠:宇梶剛士
  • ベーカリー麦田と合併話が出る「白百合製パン」旧経営陣・谷崎慎也:小林隆

新キャストの山本さんらがどんな役割なのかにも期待です。

『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルの感想・まとめ

『義母と娘のブルース』2022年謹賀新年スペシャルは1/2(日)21時から2時間半、完全新作を楽しめます。

今回は夫を亡くしてからの、亜希子の「初ロマンス」になるのかという点に注目が集まりますね。

見どころたくさんのドラマを楽しみに待ちましょう。

ちょっとあくどい竹野内豊さんが最高でした。今回は企業買収やらなんやらで難しい印象でしたが、企業の価値とは何なのかも伝えてくれていたように感じます。結局人がいなければ会社は動くことができない、というオチがよかったです。店長の相変わらずのバカっぷりで笑えました。ラストシーンのウェディングドレスでの写真撮影も感動的でした。

30代

まさか亜希子が再婚するのかと思いながら見ていました。大好きだった人と同じ顔の人物が突然現れたら、亜希子のような反応になってしまうのも分かります。みゆきは嬉しいようで、どこか切ないようで、その微妙な気持ちがよく表現されていました。岩城が亜希子を騙して、亜希子の心がボロボロになるのが切なかったですが、ミラクルからの家族写真、最高でした!

30代

岩城良治と出会った亜希子の、ドギマギしている様子と自分の感情を抑えて仕事に徹しようとする姿が面白いです。また、麦田章のちょっととぼけた緩い感じを佐藤健さんが上手く演じられていて、このキャラクターはとても気に入っています。みゆきの方が父に似た男性と出会っても落ち着いていて大人っぽいのも、亜希子と好対照となって良かったです。

50代

亜希子の前に現れる良一そっくりの男、良治。亜希子の恋の行方と麦田の運命を追う2時間半は楽しくてあっという間でした。相変わらずそれぞれのキャラの濃さも健在で、特に普段見られない佐藤健さん演じるおバカな店長は最高です。今回もかなり型破りでした。コメディテイストの中にちょっと泣けるシーンもバランス良くて、新年に家族で見るのにちょうど良いドラマです。

30代

旦那と死別後、子育てに没頭していてもまた、恋を感じる事ができて良かったと思いました。きれきれの話っぷりは相変わらずで懐かしかったけど、そっくりな顔をした相手ともう少し深い関係になっても面白いかなって思いました。娘も成長し今度は自分自身の幸せを求めて突っ走っていく姿もいいのかなと思いました。相変わらず変わらないのが麦田の店長で、いい味してるなって思いました。

40代

今回は恋愛要素よりも企業買収というシビアな面が大きく、最後までハラハラさせられました。岩城は最後まで嫌な奴だったけど、亜希子に伝えたこと全てが嘘ではなく、元妻を愛していたからこそ、雰囲気が似ている亜希子に少し惹かれたのかなと考えると、何だか憎めないなと思ってしまいました。亜希子も同じ思いだったから、気付かれないように失恋を噛み締める姿が切なかったですが、良一が果たせなかった約束を岩城に叶えてもらうというみゆきの気遣いに少しウルっとしてしまいました。

40代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です