ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法

2021年10月19日(火)22時からスタートのドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』のあらすじ・感想や、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『婚姻届に判を捺しただけですが』はどんなドラマ?
  • 清野菜名と坂口健太郎がW主演のラブコメディ
  • 人気枠・火曜10:00の「逃げ恥」に続くTBS×偽装結婚
  • 『私の家政夫ナギサさん』以来、主題歌はあいみょんが担当

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』は、Paravi、TVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで見ることができます。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paraviで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』は、動画配信サービスParaviにて独占配信されています。

ドラマを1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paravi一択となります。

Paraviをはじめて登録する人なら誰でも2週間の無料お試し期間があり、無料で一気見することができます!

※2週間の無料期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

TVerでドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の最新話を見る方法

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerでは視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』を見たい方はこちら

※本記事の配信状況は2021年10月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』作品情報


【放送日】毎週火曜日 夜22:00~(TBS系列)

おひとり様を満喫しているデザイナーの大加戸明葉は、仕事も順調で一生独身でもいいと思っていました。

そんな時に明葉は、ファミレスで盛大にプロポーズに失敗している男性に遭遇し驚愕しますが、その後そのフラれた男・百瀬柊と再会してしまうのでした。

百瀬は、フラれたことなど気にしておらず、今度は明葉にプロポーズしてきたのです。

しかし、その結婚観は普通と違っていて「既婚」という肩書きだけを手にいれる為の偽装結婚でいいと言うのでした。

明葉は、百瀬からのそんな風変りなプロポーズに怒りが抑えきれずにいました。

そんな時、明葉の祖母・初恵が倒れ、初恵に心配をかけたくない明葉の気もちを百瀬は上手く利用して、結婚にこぎつけようとして…。

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』のキャスト・スタッフ情報

キャスト一覧

  • 大加戸 明葉/清野菜名
  • 百瀬 柊/坂口健太郎
  • 百瀬 美晴/倉科カナ
  • 牧原 唯斗/高杉真宙
  • 百瀬 旭/前野朋哉
  • 小杉 深雪/中川翔子
  • 坂原 証/笠原秀幸
  • 藤井ひかり/小林涼子
  • 井上 陸/森永悠希
  • 田村 彩乃/長見玲亜
  • 麻宮 祥子/深川麻衣
  • 舛田 康弘/岡田圭右
  • 大加戸 初恵/木野 花
  • 森田 聡/田辺誠一

【清野菜名】
13歳の時、雑誌「ピチレモン」のオーディションでグランプリを取り4年間モデルとして活動。2011年から女優に転身し「桜蘭高校ホスト部」でドラマデビューします。

2018年に朝ドラ「半分、青い。」で主人公の親友役、そして「今日から俺は!!」のヒロイン役で注目を浴びます。

アクションも出来る稀有な女優さんです。

2020年には生田斗真さんと結婚し、現在妊娠中ながらドラマの撮影を続けているそうです。

【坂口健太郎】
19歳の時「MEN’S NON-NO」のオーディションで合格しモデルとして活躍。

2015年ドラマ「コウノドリ」でドラマデビューします。2018年ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」で初主演を果たします。

2021年朝ドラ「おかえりモネ」で主人公の恋人役を演じ「#俺たちの菅波」が盛り上がりを見せ注目を浴びます。

製作・スタッフ

  • 原作/有⽣⻘春「婚姻届に判を捺しただけですが」
  • 脚本/田辺茂範、おかざきさとこ
  • 音楽/末廣健一郎、MAYUKO
  • 主題歌 /あいみょん「ハート」
  • 演出/金子文紀、竹村謙太郎
  • プロデューサー/松本明子、那須田 淳

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の原作は?

『婚姻届けに判を捺しただけですが』は、FEEL YOUNGで連載中の有生青春さんの人気コミックが原作です。

クールで変わり者の百瀬柊から世間の目を欺くために、偽装結婚を提案されプロポーズされた大加戸明葉。

コミックでは、明葉のテンションが高くコメディ担当で、百瀬が胸キュンラブ担当で楽しめます。

明葉が百瀬にキレる場面は、清野菜名さんが演じているところが目に浮かぶようです。

病める時も健やかな時も愛し合わないことを誓った2人のラブコメディです。

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/10/19 第1話 9.4%
2021/10/26 第2話 9.9%
2021/11/2 第3話 9.9%
2021/11/9 第4話 10.0%
2021/11/16 第5話 10.1%
2021/11/23 第6話 9.2%
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想(10/19放送)

森田デザインで中堅のデザイナーとして働く大加戸明葉(清野菜名)。彼女は、家に帰ると楽チン部屋着に着替え、晩ご飯はコンビニ飯でOK。そして、お気に入りソファでビールを飲むのが大好きな「おひとり様最高!」女子。仕事にはやりがいを感じているし、生涯独身という未来もどんと来い!

婚活にあくせくする同僚はいても、職場で結婚しているのは社長の森田聡(田辺誠一)だけ。そんな環境にまったりしつつ、友達の結婚報告ついでに結婚予定を聞かれることもあるが、華麗にスルーし自由気ままな生活を楽しんでいた。

同僚たちとランチをしていたある日。明葉はファミレスで、まさかの他人のプロポーズの現場を目撃!! ところが、その女性は突然怒り出し、男に水を浴びせて行ってしまう…。

そんなビックリ現場に遭遇した矢先。飲み会の席で明葉は、ファミレスで盛大に振られていた百瀬柊(坂口健太郎)と偶然にも再会するのだった。昼間の女性とのことはなかったかのように、結婚観について明葉にグイグイ質問攻めする百瀬。

すると、百瀬は明葉に「僕と結婚してみませんか?」と、突然まさかのプロポーズ!? さらに、百瀬は明葉が想像もしていないような“結婚”の形を語りだし…!!

百瀬の有り得ない提案に怒りが治らない明葉のスマホに、祖母の大加戸初恵(木野花)が倒れたという連絡が…。不安でいっぱいの明葉は、ひょんなことから百瀬と一緒に病院へと向かうことに。しかし、初恵は軽い心不全の発作で、病室に着いた時には元気な様子で安心する明葉。

そして、明葉が少し席を外した隙に、百瀬のたくらみで初恵は2人が付き合っていると勘違い!? さらに、なぜか百瀬の鞄から婚姻届が出てきて…!!

初恵にショックを与えたくない明葉は、「書くだけなら…」と思い悩むのだが―! そんな中、明葉はさらなる問題を抱えることになり…!!

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト

明るい雰囲気で、気軽に見れそうなドラマで好きでした。内容も興味深いと思いました。結婚が幸せという風潮の中で、婚活を頑張る女性は多くいるし、婚活市場では高収入であることや容姿、家柄など、表面的な条件が重視されがちですが、果たしてそういった条件がどれほど結婚や夫婦関係に大事なのか、幸せな結婚や夫婦の形とは何なのかなど、結婚や夫婦について考えさせられるドラマになりそうだと感じました。次回も視聴したいと思います。

20代

久しぶりの清野菜名ちゃんはやっぱり可愛かったです。あの独特の雰囲気が久しぶりに見れて嬉しかったです。すぼらなヒロインとしっかり者の偽装結婚相手。これからどんな展開になるか楽しみです。紙上の結婚だけど、最後は両想いになるパターンだとは思いますが、それまでの過程がこれから楽しみです。ねこちゃんがもっと出てくれると嬉しいです。

30代

婚姻届に判を捺す理由がとにかくぶっとんでいて、この流れでよく結婚に至ったものだと感じました。一般的な恋愛ドラマとは異なり、予想外が続く結婚までの展開がより新鮮でした。しかも、新居を探して自分たちでものを揃えるのではなく、他人の家に住み、他人の家財を使うという衝撃的な内容で、非現実的ならではの面白さがありハマりました。

30代

偽装結婚ということで逃げ恥を思い出させるドラマでしたね。でもお相手の百瀬さんが全然違いますね。彼が結婚したい理由に全然共感できませんでしたし、すぐ結婚しましょう、と言ってくるのもどうかと思います。とにかくびっくりしたのが明葉ちゃんの両親が杉本彩さんとルー大柴さんというインパクトある組み合わせだったことです。家はめちゃくちゃ広すぎです。

30代

清野菜名演じる大加戸明葉が可愛いし、坂口健太郎演じる百瀬柊もかっこいい、癒されました。最初の2人の出会いがぶっ飛びすぎてて衝撃でした。2人の偽装夫婦生活が始まってもぎこちないけど、こういう男女が1つ屋根の下というシチュエーションは大体恋愛の何かが起こるだろうから、せっかくならこのまま2人が思い合って、くっついちゃえば良いのに!と思います。まだ1話ですが最終的には2人がくっつく幸せな結婚をしてほしいです!

20代

お一人様を満喫している明葉と堅くてこじらせ男子の柊の二人がこれからどうやって距離が縮まるのか気になりました。明葉が途中で出会った牧原がこれから明葉とどう関わっていくのか楽しみだなと思いました。普段は隙を見せない柊が朝に弱いというのはギャップだなと思いました。坂口健太郎さんはこじらせ男子を演じるのが上手だなと思いました。わざわざ柊が目覚まし時計の電池を抜いて明葉のところに持ってきたのが可愛いなと思いました。

20代

明葉の結婚に魅力を感じない。仕事が楽しい。というところに私もその頃はそうだったなと共感しまくりです。百瀬の結婚に対する考えも一理あるなと思うのですが、明葉からしたら物扱いされているようでかなりムカつきます。両方に感情移入しながら見てしまうので終始ハラハラドキドキしてます。この2人がこれからどう仲良くなっていくのか、百瀬が明葉にベタ惚れするんじゃないかとニヤニヤしながらこの先を予想してしまいます。

20代

百瀬がなぜ偽装結婚したいのかが疑問でしたが、絶対に人に知られずにある人を思い続けるためでした。純粋ですが、他の方法はないのかなと思いました。お金に困っている明葉に偽装結婚を持ちかけたのは、お互いの利益が一致したからです。ルームシェアのような生活は快適ですが、決まりが多くてこれから先が大変そうです。誰と暮らしても思いやる気持ちが大切なことに気づいていくと良いです。

60代

明葉があれだけ百瀬のエキセントリックな結婚観をディスっていたのに、不可抗力な借金のせいで、一瞬で前言撤回することになったのは不憫でした。でも、祖母の店を守るために戸籍に一度傷がつくくらいへっちゃらと割り切った潔さは、かなりかっこよかったです。常にその場凌ぎの言動だけで乗り切っているのはちょっと心配ですが、意外と合理主義の百瀬とは上手くやっていけるんじゃないかという希望も見えて、少しホッとしました。

40代

百瀬柊が好きな人は、兄嫁の美晴のようです。しかし、いくら美晴を諦めきれないとはいえ、偽装結婚を決意する必要があるのでしょうか。今の時代、未婚が原因でビジネスに影響があるとは思えません。柊は、神経質だし、確かに性格的に問題ありだと思いました。明葉と百瀬が、お互いの良さに気づいて、本物の夫婦になれるのか見届けたいと思います。

60代


第2話あらすじ・感想(10/26放送)

百瀬(坂口健太郎)と偽装結婚して、早2週間。

…他人同士が突然一緒に暮らし始めてうまくいくわけがなく。キッチリしている百瀬の生活スタイルに合わせるズボラな明葉(清野菜名)。さらに、趣味のカプセルトイ集めに文句を言われ、明葉はイライラで我慢の限界!!

そんなある日、明葉が家に帰るとそこにはなぜか百瀬の兄・旭(前野朋哉)が。百瀬に週末だけ、モモズ弁当を手伝って欲しいというお願いにきていたのだ。バイト代に目がくらんだ明葉は、仕事の百瀬に代わってお店を手伝いに行くことに。

初の百瀬の実家で、義兄嫁の美晴(倉科カナ)とも仲良くなれ、浮かれ気分の明葉。料理が苦手なので多少(?)の失敗はあったけど、できることは率先してやりたいと頑張っていた。だが、明葉が良かれと思ってやったことが、取り返しのつかない大失敗に!! 百瀬からもキツイことを言われ、明葉は落ち込むのだが…。

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト

目につくところが散らかっていると小言を言う百瀬の細かさや自分主体なところが絶妙にイラッとさせられました。ですが、彼の挑発に乗ってあることないこと言いふらしたり、頼まれてもいないことに勝手に手を出したりと、明葉の空気を読まない言動もどっちもどっちだし、普通の夫婦だとやっていけないだろうなと改めて感じました。とはいえ、意外と本音を言い合えるほうが上手くいくのかもしれないし、美晴の見立てもあながち間違ってないのかなと思いました。

20代

不毛な恋の隠れ蓑の相手の倉科カナさん、ぴったりだと思います。優しくて明るく美人、柊と同級生なのにお兄さんを好きになって結婚したところにも共感が持てます。ドラマのセットも魅力的で、特に百瀬家のキッチンと冷蔵庫が素敵で憧れます。間宮祥子がまた登場したことにビックリしました。彼女は百瀬さんのことが好きなのでしょうか。動物病院の牧原くんもこの先どう絡んでくるのか気になります。喧嘩して仲直りしてを繰り返しながら心が通じ合うのでしょうか。今後明葉と柊の気持ちの変化が見どころだと思います。

40代

百瀬は、明葉にうるさく言ったり関心がないような素振りをしていましたが、仕事も理解しきちんと認めていました。失敗した時は怒りすぎですが、明葉がチラシを作って配っている時は手伝ってくれたので、優しいと思いました。百瀬が美晴を好きなことがわかり、明葉が複雑な気持ちになったのは、百瀬を好きになり始めているからだと思いました。

60代

柊が明葉に言い残した、「あなたで良かったです」という意味深な言葉の裏に隠された意味が気になります。また、柊が本当に好きなのは自分の兄の妻である美晴であることをすんなり認めたのが意外でした。来週は少し面倒な展開になりそうな気がするので、楽しみです。深川麻衣さんがとても可愛いのでこれからの登場の仕方にも注目したいです。

20代

柊は本当に美晴のことが好きなんだと感じました。美晴と柊が同級生で仲も良さそうだったのに、なぜ柊とは結婚しなかったのかが気になりました。そして、美晴も柊の気持ちに気づいているような気がして、この2人をめぐる過去から現在までの状況に注目してしまいます。明葉と柊は少しずつ夫婦になってきていて、柊も気持ちが揺らいでいるのでしょうか。

30代

まだ恋愛感情ではないのでしょうが、柊が明葉に対してツンデレなのが少しキュンとしました。柊の方からお互いに余計なことを詮索しないとか、細かなルールを言う割には最終的には譲歩して明葉を尊重していることが多くて、堅物で変人設定だけど、少し不器用なだけで、そんなに扱いづらい人では無さそうに見えてきました。牧原唯斗が看護師だったことが意外でした。友人の話と誤魔化してはいましたが、明葉が早くも唯斗に偽装結婚の話をしてしまっていたので、今後、柊と明葉の関係に入り込んでくるのだろうなと思いました。

20代

偽装結婚した主人公の二人が良い感じになってきたと思っていたのに、柊の好きな人が義理の姉だと分かり切ないです。そして、柊も義理の姉に明葉との結婚を祝福されていて切ない…坂口健太郎の目一杯に涙を溜める姿にこちらまで切なくなりました。本当に義姉の事が好きなんだなーと思わせる演技でした。そして、動物病院で働いている若い男の子の今後の行動にも要注意だなと思いました。

30代

柊の好きな人がどんな人なのか、妄想する明葉の姿が可愛かったです。自分の好きな人を「ヒマワリのように笑う人」と表現する柊も素敵です。そして、明葉の作り話に振り回される柊が面白かったです。自分のミスで迷惑をかけた美晴と旭のために、モモズ弁当のチラシを作って配る明葉を見て、柊はどう感じたでしょう。柊のように真面目な人には、明葉のように明るくて少しドジなタイプが合うのではないかと思うのですが・・。今回のことで、柊が明葉に心を開いてくれるといいなと思いました。

50代

バッグにはまったおもちがメチャクチャかわいかったです。大好きな同級生がまさかいけてないお兄ちゃんと結婚してしまうなんて百瀬さんはとても悲しい恋をしているですね。夜中にパジャマでふたりのシーンはそわそわする感じがしました。それでも偽装結婚したい理由には全然ならないと思いますが…。実は柊ちゃんは甘えん坊、に笑ってしまいました。

30代

偽装結婚なんて、そう長続きするとは思えません。そのうちボロがでてきそうな予感がします。柊が、兄嫁の美晴を好きだということが、兄や美晴にバレたら、いったいどうするつもりなのでしょう。明葉は、失敗もするけれど、天真爛漫で憎めない人だと思います。動物病院の牧原は、明葉と今後どうかかわって来るのか楽しみです。

60代


第3話あらすじ・感想(11/2放送)

百瀬(坂口健太郎)の好きな人が兄・旭(前野朋哉)の嫁、美晴(倉科カナ)であることを知り、明葉(清野菜名)は胸のあたりがなぜかモヤモヤしていた。2人は百瀬の中学の同級生たちが開いてくれる結婚祝いへと出かけることに。

美晴や同級生たちが思い出話で盛り上がっていると、偶然通りかかった麻宮(深川麻衣)が成り行きでパーティに飛び入り参加!?さらに、明葉のお節介が百瀬の勘に触り、心のシャッターをガッツリ降ろされてしまうのだった…。

家では気まずい空気が流れる一方で、明葉に大きなコンペの話が舞い込む。そのことを百瀬に相談しようにも、とても聞ける雰囲気ではなく…。

さらに、予期せぬ出来事が起こりコンペは思わぬ展開に…!?

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト

明葉と柊の夫婦生活は見れば見るほど奇妙ですが、段々と夫婦らしくなってきたような気もします。柊は美晴への恋心をずっと持ち続けていましたが、美晴は柊の気持ちに気づいていたのでしょうか。もし気づいていて、家に平気で来ているなら、美晴はあざとい性格の持ち主なのかと思ってしまいます。明葉からのハグでこれからの展開から目が離せなくなりました。

30代

ラストシーンが印象的でした。柊の人柄が、いまだによく分かっていませんでしたが、ラストの美晴への好意を語っているシーンで、初めて柊の心の中が見えたような気がしました。いつの間にか兄と美晴が夫婦になっていたと話していたのが、とても切なかったです。美晴への好意を隠す為に偽装結婚までするということが、ドラマの設定だけれどあまり分からないなと思っていましたが、自分の好意の為に美晴の幸せを壊さないようにする為なのかなと、少しだけ分かった気がしました。

20代

百瀬は、いやな性格だと思っていましたが、実は不器用なだけで、純粋な人なのかもしれません。明葉もコンペをきっかけに、百瀬の良さに気づき、二人の距離が縮まったように思います。兄嫁となった美晴を、偽装結婚までして、ただただ思い続けているのは、あまりにも切なすぎます。でもどうすることもできないと思います。百瀬には、いい人が現れるのを待つしかないと思います。

60代

動物看護士の牧原くんが偽装結婚が友達の話ではなく、明葉の話って気づいてしまって、今後どう動いてくるのかなって思っています。年下からの元気出してのハグはドキドキするけど、それを見られてしまった事にもっとドキドキでした。でもプレゼンに現れた柊の姿にやっぱり…と思って期待してしまいました。最後のハグは切ないです。また来週も楽しみです!

30代

美晴の初恋の相手が誰だったのかが気になりました。美晴と柊は同級生なので、旭より柊と話す機会の方が多かったのではないかと思います。柊は自分の気持ちを美晴に話したことがあるのでしょうか?もしかすると、柊がもっと積極的な人だったら、結果は違っていたかもしれません。でも、それが柊の良さだと思います。今回、柊がとても純粋な人だという事が分かりました。やはり、柊には幸せになって欲しいです。自分の気持ちに気づいてしまった明葉は、これからどうするのでしょう。2人の関係がどうなっていくのかが気になります。

50代

美晴は暗くて家族にも話ができなかった百瀬を変えてくれた人でした。美晴がいたから友達もできたのです。長い時間、美晴を思い続けていたのだと思います。そんな純粋な百瀬を明菜はハグしてしまいました。百瀬は友情のハグと思ったようですが、明菜は百瀬を好きになってしまったのです。その気持ちを抑えて、百瀬の味方をしていくのは辛そうです。

60代

百瀬さんが美晴さんを思う気持ちが思ったよりも深いものだったので、なかなか彼女のことは忘れることは難しそうだなと思いました。恋愛感情だけではなく彼の人生においてとても大切な存在だったんですね。ついハグしてしまった明葉ちゃんの気持ちがわかります。でもおもちに会いに来た女性をリビングではなくて自分の部屋に入れて招いたのはどう考えても誤解されますね。

30代

美晴に結婚を祝われる百瀬が不憫でしたが、偽装結婚までしてなお、まだ彼女を好きでいられる感覚は、やっぱり理解できませんでした。相手の幸せを願うのは立派だと思いますが、その対価が自分の幸せになるチャンスを一生棒に振るというのは、割に合わないと感じてしまいます。結局、百瀬は美晴を綺麗な思い出のままとどめておきたいだけなのかなと思いました。

40代

動物看護士の牧原くんが偽装結婚が友達の話ではなく、明葉の話って気づいてしまって、今後どう動いてくるのかなって思っています。年下からの元気出してのハグはドキドキするけど、それを見られてしまった事にもっとドキドキでした。でも、プレゼンに現れた柊がカッコすぎました!あそこで現れるの反則です。やっぱり柊は少しずつ明葉の事気になってる証拠だなと思いました。まだ、柊には美晴さんへの気持ちがあるし…最後のハグも切ないし…また来週が楽しみです。

30代


第4話あらすじ・感想(11/9放送)

友情のハグをしたことで、初めての女友達ができたと喜ぶ百瀬(坂口健太郎)。食事は各自、お互いの食器は使わないという百瀬自身が決めたルールをまるっきり無視して、明葉(清野菜名)に懐きまくり。

「友達」という言葉を嬉しそうに繰り返す百瀬の態度に、明葉は戸惑うばかり。

そんな中、温泉旅館の招待券を貰った百瀬は明葉を日帰り温泉旅行に誘う。百瀬への不毛な恋に悩みながらも、“友達だから”と結局は一緒に行くことにした明葉。覚悟を決めた出発当日、そこには美晴(倉科カナ)と旭(前野朋哉)の姿もあり…!

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト

百瀬への気持ちに「友達」というフタをして何とかやっていこうとする明葉のもどかしい気持ちが伝わってきて、ものすごくキュンキュンしてしまいました。そして、「友達」ということをやたらと意識してニヤニヤしたり、明葉と友達ならではの関係を築こうとする百瀬の姿は面白すぎて思わず笑ってしまいました。美晴がこれからどんなふうに百瀬と明葉に関わってくるのか今後も楽しみです!

30代

柊はもう少し明葉の気持ちを察してくれても良いのにと、いつも明葉が気の毒になってしまいます。柊は明葉のことを友達と急に認識し始めて、友達以上の行動に出ていましたが、さすがに明葉の態度を見れば何か感じるものがあっても良いような気がしました。美晴が意味深な発言を連発していて、美晴の真意が何なのか気になってしまいます。

30代

偽装結婚ですが、女性の方が好意を持ち始めたので男性側の心境の変化が気になってしまいます。義理の姉に恋をしているとは現実ではなかなか無い話だと思いますが観ていて今後どうなっていくのか楽しみです。今回は義理の姉が離婚届けを置いて家出したところで終わったのでまた次回も見逃さず観たいと思います。今は偽装結婚ですが最後はきっと本物の夫婦になるんだと信じています。

30代

柊の友達アピールが可愛すぎました。柊は明葉と友達になれて嬉しそうですが、柊に恋心を抱いている明葉にとっては複雑です。しかし、柊の様子は、彼女が出来て嬉しそうな男性そのものに見えました。それでも、柊は美晴への想いを断ち切ることが出来ないのでしょうか。美晴が旭と結婚した理由が、理想の家族を作るためだったことに衝撃を受けました。想像と現実が違うことにショックを受ける柊と、違っても、それをそのまま受け入れる明葉。そんな2人を見て、柊と明葉は理想的な夫婦になれそうな気がしました。

50代

百瀬さんから友達認定されてしまい、なにかと友達友達と言われる明葉ちゃんが切なかったです。百瀬さんも友達ができて浮かれてるところも可愛かったです。温泉でちょっとブラックな美晴さんが登場して怖かったですね。あざとい感じもあり、本音では何考えてるかわからないところもあるよなと改めて思いました。百瀬さんいつも寝起き悪いのにひとりで起きてしまい大丈夫だったかなとびっくりです。

30代

百瀬が好きだと気付いたのに、しつこく友達認定される明葉も不憫でしたが、目の前で美晴に延々と兄との惚気話を聞かされる百瀬もキツいだろうなと思いました。でも、幸せそうに見えていた美晴と旭にも、少し心の闇が見えてきて、結婚生活は打算と妥協なしには成り立たないんだなと改めて感じました。そして、人を愛するにはかなりのエネルギーが必要というところが、すごくリアリティがありました。

40代

明葉の箱根旅行を2人で行くと思い込んでいたところがすごく可愛いと思いました。柊が「友達ですから」と膝枕までしてしまうのに思わず笑ってしまいました。初めての友達でどこまでしたらいいのかわからない純粋な心を持っている柊がとても見どころです。明葉が百瀬さんにどんどん心を寄せていますがこれからどうなるか気になります。

20代

まさかの温泉旅館?!と思いましたが、旅館に着いた途端の夫婦の間違い方は見ているこっちも悲しい気持ちになりました。また、百瀬さんのお兄さんと百瀬美晴さんが結婚した理由には裏があるのかなと感じる回でした。百瀬美晴さんが最後に、家を出た理由もとても気になりました。折角、偽装結婚の二人がいい感じになってきていると思っていたのでここでまた、一波乱あるんだなとドキドキします。

20代

今回の話は偽装結婚をした夫に対して恋心を抱いてしまうが、その夫は兄のお嫁さんにずっと叶わない恋をしているのを知っているため自分の気持ちをひたすら隠し、友達でいようとする話でした。夫に恋をしていなければ普通に友達として仲良くできるし楽しいでしょうが、もう明葉自身は好きになってしまっていて、一つ一つの友達ですからの夫からのワードが胸に来る可哀想なお話でした。最終回では幸せなハッピーエンドで終わってほしいなと思いながら見てました。

30代

百瀬への恋心に気づいてしまった明葉。しかし百瀬は明葉のことを女友達と認識しており、兄嫁のみはるへの思いを募らせている…。せっかく百瀬と仲良くなれたのに成就することのない二人の関係に視聴者としてドキドキします。箱根に旅行に行くことが決まりウキウキの明葉でしたが、まさかの兄夫婦と4人の旅行で落ち込みつつも明るく振る舞おうとする様子が切なかったです。次第に仲良くなる百瀬と明葉の今後の展開が気になります。

20代

割り切った態度だった百瀬が豹変して、明葉に対してフレンドリーになっていったのが面白かったです。百瀬の事が好きになっていってる明葉は、戸惑うものの嬉しい事だったと思います。そのまま二人がちゃんと付き合っちゃえば良いのにと思っていたら、突然の美晴の告白と離婚要求というドタバタの展開に、今後の百瀬の態度が気になります。

50代


第5話あらすじ・感想(11/16放送)

美晴(倉科カナ)が離婚届を残していなくなってしまった…。身寄りのない美晴の行き先がわからず、同級生たちに連絡をとる百瀬(坂口健太郎)を、明葉(清野菜名)は心配そうに見つめることしかできない。

美晴の行方が気がかりなまま時間だけが過ぎる中、不動産屋の前に美晴の姿が!家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案するのだった。

だが、偽装結婚中の2人には美晴がいることで生活に大きな変化が…。同じベッドで寝ることになり、緊張した時間を過ごす明葉をよそに 、百瀬は美晴への想いをポツリポツリと話し始めるのだった。

百瀬と一緒にいたいと思うようになった明葉の願いも虚しく、美晴との同居生活で2人の関係にも影が差し始めてしまい…!

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト

柊くんの最後の冷たいような表情に少しゾッとしてしまいました。あの表情は、美晴がお兄さんのことが好きだと自覚して再びお兄さんの元に帰ってしまったことを妬んでいるのか、自分がお兄さんに余計な事を言ったせいでお兄さんが美晴を諦めないと考えを改めてしまったことで自分の馬鹿な言動を悔やんでいるのか、明葉のことを少し好きになっているのかもしれないと気付いて戸惑っているのか、色々な憶測ができると思いました。そこは視聴者に考えを委ねるのか、次回明らかになるのかはわかりませんが、第5話の中で一番印象に残りました。次回が楽しみです。明葉の良さが少しずつでも柊くんに伝わってほしいです。

40代

前回のラストから波乱が起きそうな予感でしたがやはり美晴の家出で柊の気持ちが乱れてました。このまま柊は略奪愛に走るのかとドキドキさせられましたが結局柊は本当の意味で美晴を愛しているのか分からなくなりました。もしかしたら美晴こそ柊にとっては大切な女友達なのかもと思ってしまいました。ラストの匂わせな美晴のグレー発言は嫌がらせなのか単にイタズラ心なのか分かりませんが間違いなくアレで美晴は多数の視聴者に嫌な女認定を受けたと思います。柊の最後の目線も気になります。柊役の坂口さんは身体を出す事が少なくのでお着替えシーンは貴重でした。

40代

美晴のいつも素敵な笑顔の裏には一人で悩む心があって、百瀬に告白した事で少しは心が軽くなったかなぁと思っていましたが、家を出ていくまでに追いつめられていたなんてビックリしました。でも、行動を起こした事と旭のアクシデントという絶妙なタイミングが功を奏し、本当の自分の想いに気づけて良かったと思いました。しかし、百瀬にとってはまた辛い日々が続きそうで心配です。

50代

麻宮さんがいちいち鬱陶しいなと思いますが実際、柊のことが気になったり、好きだったりするからあんな風になってしまうのかなと思いました。美晴と旭が元に戻って良かったですが、いくら親戚とはいえ仮にも新婚家庭の家に泊まらせてもらうのはどうなのかなと思いました。旭の病室での本心をぶつけたシーンは感動しました。柊としては微妙なシーンだったと思いますが。

30代

美晴の突然の家出に心がかきみだされる百瀬さんがかわいそうでした。美晴は幸せでなかったのなら、自分が…という気持ちになってしまったのは罪なことです。美晴さんもめちゃくちゃ自分勝手すぎてイライラしました。なんだかお兄さんの気持ちも百瀬さんの気持ちも試しているようにも感じました。百瀬さんもですが、それにふりまわされる明葉ちゃんも大変でしたね。

30代

美晴は柊の気持ちも知らずに罪作りな人です。美晴が離婚届を残して家を出たことで、それぞれの想いがはっきりしたように思いました。美晴は元々旭のことを好きで結婚したわけではなかったようですが、美晴の心が柊にないことも確かなようでした。たとえ美晴が兄と別れたとしても、弟の柊と再婚して幸せにはなれないと思います。結局、美晴は旭の元へ戻ったので良かっと思いました。

60代

美晴にみんなが振り回されただけの離婚騒動で、特に旭と明葉が不憫でした。突然新婚夫婦の家に押しかけるという常識のなさに終始モヤモヤさせられましたが、最後の最後に明葉に「白黒つけちゃダメ」と言ったところで、思わず吹き出してしまいました。これは、清野さんが以前白黒つけるドラマをやっていたことに引っ掛けたのかなと、製作陣の小さな遊び心を感じました。

40代

美晴の結婚理由を知って不安になりましたが、美晴はちゃんと旭を好きで結婚していたのが伝わってきて安心しました。最後に美晴が明葉に伝えた言葉が意味深すぎて、美晴は柊のことを好きだったのかどうかはっきり分かりませんでしたが、美晴と旭がまた夫婦として生きていくのならそれで良いのかもしれません。柊は明葉とちゃんと向き合ってくれ!と思います。

30代

柊にとって、美晴は大事な人です。もし美晴が離婚したら、柊はどうするのでしょう。遠くから見ていたからこそ、美晴が実際より良く見えていた可能性もあります。柊と美晴が両想いであっても、兄の元嫁と結婚するなんて難しい気がします。やはり、柊には明葉の方が似合っている気がしました。最後、美晴と旭が元通りになって良かったです。何も言わずに別れてしまったら、後悔すると思います。時には、自分の気持ちをぶつけることも大事だと感じました。

50代

秋の夜長に見るのにぴったりなドラマです。数年前の星野源主演の逃げ恥に少し似てるような雰囲気です。倉科カナさんのベリーショートがめちゃくちゃ似合っててかわいくて最高に好きです。坂口健太郎君も、ナイスガイで大好きです。主人公の女性の職場は色使いがカラフルで見ていて元気が出るし楽しいです。自宅も良い家で次リフォームするときの参考にしています。

30代

お兄さんの婚姻相手である美晴さんが百瀬柊と大加戸明葉の家に少し住むことになり、それによって柊の美晴さんを好きな気持ちが暴走しないか不安になる明葉が可愛かったです。美晴の本当に好きな人は誰なのか、キャスト一人一人の揺れる心に観てるこちらまでドキドキさせられます。ストレスで熱を出してしまう柊にとてもわかるなと思いながら観てました。

20代


第6話あらすじ・感想(11/23放送)

百瀬(坂口健太郎)の不毛な恋を目の当たりにし、明葉(清野菜名)は自分の入り込む隙間なんてこれっぽっちもないことを思い知る。それでも百瀬と一緒にいたい明葉は、偽装夫婦という関係を死守せねばと意気込んでいた。

そんな中、母の葉子(杉本彩)と父の丈治(ルー大柴)が突然家にやって来て大慌て! 両親の登場で、明葉と百瀬を繋いでいた借金問題にも急展開が訪れる。

一方、仕事では明葉が大ファンと公言している作家・丸園ふみ(西尾まり)から本の装丁の依頼が舞い込んできた!チャンス到来と仕事に打ち込む明葉だが、なぜか雑念が増えていくばかり。仕事が上手くいっているとは言い難い状況で…。

さらに、明葉が先輩の深雪(中川翔子)から頼まれた合コンがキッカケとなり、唯斗(高杉真宙)が百瀬になぜか宣戦布告!?やがて、百瀬は“友達”という言葉では片付けられないような行動に出てしまい…!

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト

百瀬は、自分でも気づかないうちに、明葉への想いが芽生えてきているのだと思いました。唯斗に対して、ライバル心のような気持ちを抱くということは、明葉のことを好きな気持ちがあるということだと思いました。ただ、自分は兄嫁の美晴へ不毛の恋をしていると思いこんでいるので、明葉への気持ちに自覚がないようです。百瀬と明葉は、早まって、離婚届を出さないほうがよさそうです。

60代

借金返したら即離婚です、と涼しい顔で言ってた百瀬さんですが、だったらなんのために結婚したのかよくわからないですね!初回からですが、彼の気持ちが全然理解できないのです。お母さんは明葉の気持ちに気づくところはさすがですね。念願の丸園先生の仕事ができたのになんだか嬉しそうじゃない明葉も大丈夫かなと心配になりました。まさかの強引なキスはよかったです!

30代

老後まで一緒にいたら、もう普通の夫婦と言って良いと思います。明葉の妄想は相変わらず可愛らしく、普段しっかりしている柊の寝起きが悪いのもギャップがあって可愛いです。柊と明葉はお金でつながっている関係だったはずですが、今は少し違う気がしました。柊は自分が美晴を好きだという事に固執し過ぎるせいで、自分の気持ちに変化が起こっている事に気づかないのだと思います。明葉の母親が言った通り、夫婦には色々な形があると思います。最後は、柊と明葉にとって幸せな結末になって欲しいです。

50代

令和は多様性の生き方のできる時代と感じていますが、そんな中においても結婚の立ち位置は変わらず結婚に振り回されている様子が良く分かり、また考えさせられます。結婚とは大好きであると言う感情は勿論、大切ではあるけれど日々を大切に過ごすと言う観点からは偽装結婚から愛を育む事も有りなのかとも感じました。相手に期待をしない事が結婚を上手くいかせる秘訣になるのかなとも思いました。さて、どういう結論になるのでしょうか。益々、楽しみです。

50代

百瀬さんの不毛はもはや不動だ、私に振り向いてくれることは無いと思う明葉さんが可哀想に思えました。偽装結婚の状態でも幸せを感じている明葉さんが可愛いなと思いました。明葉さんのお母さんとお父さんはインターホン越しでチャオーと言っていたり明るいご両親だなと思いました。そしてホワイトボードの数字を百瀬さんがご両親に腕立ての回数と誤魔化すのが面白かったです。

30代

偽装夫婦の2人が本当の夫婦になり始めている変化がすごく伝わってきて、2人が離婚してしまうことがなければ良いと思っています。柊は友達としてとばかり考えていますが、きっと友達以上の感情がすでに芽生えているはずです。借金は借金としてちゃんと返したら、改めて一から夫婦として出直す2人が見られるのを楽しみにしています。

30代


第7話あらすじ・感想(11/30放送)

勢いで百瀬(坂口健太郎)にキスをしてしまった明葉(清野菜名)。まさかの百瀬の対応に驚きつつも、自分からキスをしてしまった以上、「好きだ」という気持ちをちゃんと伝えようと明葉は決心する。

しかし、百瀬はなぜか明葉のキスを“仕返し”だと思い込む。さらに百瀬から離婚を提案された上、離婚に至るまでの“不仲演出計画”まで語られる始末。呆気にとられた明葉は告白する隙もなく…。

そんな中、急遽、後輩の代理として観光キャンペーンの仕事を担当することになった百瀬。インフルエンサーとのコラボ企画ということで、野上香菜を紹介されてビックリ! なんと、香菜は美晴(倉科カナ)と瓜二つだったのだ!

しかも、香菜は百瀬に気があるようで、あの手この手でグイグイ迫り、SNSでも匂わせ投稿連発。最初は気にしていなかった明葉だったが、美晴のソックリさんだけでは済まない事態に発展してしまい…!

引用:ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』公式サイト


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の見どころ・まとめ

坂口健太郎さんも清野菜名さんも、しょっちゅうラブストーリーをやる俳優さんではないので、この2人のラブコメディは貴重なものだと感じます。

TBS×偽装結婚といえば、「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットしたので、下手すると似た作風になってしまう危険性があります。

しかし、主演がこの2人なので逃げ恥超えを期待しても大丈夫だと思います。

実際の坂口健太郎さんは、優しく甘い雰囲気なのですが、なぜか演技になるとクールで変わりものを演じるのが上手でハマります。

百瀬柊の仕事は出来るけれどコミュ障で、でも美形というところがまるで坂口さんにあてがきしたかのようです。

偽装結婚なんていいながら、2人がその後恋に堕ちて行くというのが丸わかりでも、それでも楽しみなドラマです。

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の見逃し配信は、Paraviで配信中です。

2週間のお試しサービスを利用してお楽しみください。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です