原田知世主演ドラマ『スナック キズツキ』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法

2021年10月8日(金)からスタートのドラマ『スナック キズツキ』の内容やあらすじ感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『スナック キズツキ』はどんなドラマ?
  • 主役・原田知世はテレビ東京系列に初出演!
  • 人気漫画家・益田ミリのコミックが原作の癒し系ドラマ
  • エンディングテーマは、森山直太朗の「それは白くて柔らかい」

ドラマ『スナック キズツキ』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

『スナック キズツキ』は、動画配信サービスParaviTVerで配信されています。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から見る一定期間見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、Paraviで見ることができます。

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

Paraviなら過去放送回も見放題!

Paraviで『スナック キズツキ』を無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

Paraviは初めて登録する人なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『スナック キズツキ』作品情報


【放送日】毎週金曜日 深夜0:12~(テレビ番組ほか)

「スナック キズツキ」の店主・トウコの元には、家庭、職場、恋愛などで傷ついた人がたどり着きます。

コールセンターで働く中田優美は、仕事でのクレーム対応や年下の恋人・潤と仕事で多忙のためすれ違いが多く落ち込んでいました。中田は、気が付けば「スナック キズツキ」でトウコのおもてなしに癒してもらうのでした。

一方、総菜屋の店員・安達よしみは、おとなしい性格のため自分ばかり損をしていると思っています。つい、ストレスが溜まるとコールセンターで八つ当たりをしてしまっているのでした。傷ついた人が知らずに他の誰かを傷つけているのです。

「スナック キズツキ」では、スナックなのにお酒は出しませんが、トウコの美味しい料理と温かい飲み物、歌やギターで客人たちは疲れを癒していきます。

ドラマ『スナック キズツキ』キャスト・スタッフ

キャスト

  • トウコ/原田知世
  • こぐま屋/浜野謙太
  • 中田優美/成海璃子
  • 安達よしみ/平岩紙
  • 佐藤悟志/塚地武雅
    瀧井潤/小関裕太
  • 冨田希美/徳永えり
  • 中島香保/西田尚美
  • 佐藤ヨシ/丘みつ子
  • 南(鈴木)裕子/堀内敬子
  • 鈴木芽衣/吉柳咲良
  • 瀧井和也/八嶋智人

主演の原田知世さんは、14歳の時、角川映画のオーディションで特別賞を受賞し映画「時をかける少女」でデビュー。薬師丸ひろ子さん、渡辺典子さんと一緒に角川三人娘と称されていました。

同時に自身の主演する映画の主題歌を担当し、現在も歌手と女優として活動中です。

最近では、2018年朝ドラ「半分、青い。」で佐藤健の母親役。2019年話題ドラマ「あなたの番です」では、田中圭の妻役で注目を浴びました。透明感と儚いイメージがある唯一無二の女優です。

製作・スタッフ

  • 原作/益田ミリ『スナック キズツキ』
  • 脚本/佐藤久美子、今西祐子
  • 監督/筧昌也、湯浅弘章
  • プロデューサー/濱谷晃一、井上竜太、奥村麻美子
  • 主題歌/清竜人「コンサートホール」
  • EDテーマ/森山直太朗「それは白くて柔らかい」

ドラマ『スナック キズツキ』の原作を紹介

「スナック キズツキ」の原作は、人気漫画家・益田ミリのコミック。益田ミリ作品は他にも「すーちゃん」が映画化されたり、「僕の姉ちゃん」がドラマ化される予定で、人気のある漫画家です。

「スナック キズツキ」は、ストレスを多く抱えている現代人にあった作品で、見ている人が癒されると同時に自分も誰かにストレスを与えているかもという気づきがあると思います。

登場人物たちが何気なくつながっていて、そういう成り立ちで社会は出来ていてそれ故疲れるという共感できる作品です。

ドラマ『スナック キズツキ』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

感想にはネタバレも含みます。

第1話あらすじ・感想(10/8放送)

ついた人だけが辿り着ける店“スナック キズツキ”。最初の客は、コールセンターで働く女性・中田(成海璃子)。日々のクレーム対応や、恋人(小関裕太)とのすれ違いでストレスを抱えている彼女は、夜道に光る看板に誘われて初めてスナックに入る。美味しい食事と飲み物、そして、店主のトウコ(原田知世)が奏でるギターに合わせて熱唱! 傷ついた人の心を癒すスナックが、今夜営業開始します! あなたも一息つきませんか?

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

原田知世さんがかわいかったです。今回のお客さんと一緒に自分の胸の内を吐露する自作の歌を歌っているのも面白かったです。いいストレス発散になりそうです。クレームのお姉さんの会話もなかなかしんどいですが、自己中の彼氏との会話もダメージ受けますね。皿うどん食べたい、って言えばいいのに、とすごく思いました。気を使いすぎていたらストレスたまりすぎてはげそうです。これからいろんな人がいやされそうな予感がします。

30代

スナックなのにお酒がないなんて私だったら行かないかも。と思いましたが、ソイラテやカレ-がおいしそうだったので一度食べてみたいなと思いました。カラオケもギターを引き出すと思わなかったので意外で、実際にこんなことがあったら絶対歌わないだろうなと思いました。でも中田さんは歌ってスッキリしたようだったので、よかったです。

30代

お酒が置いていないスナックなんて変わってますね、訪れた中田はコールセンターで働いていてクレーム処理に疲れていて可愛そうでした。彼氏とも忙しくてやっと会えたのに遠慮してお腹空いているの我慢たり、話題が無いとか微妙な関係でヒヤヒヤしました。自慢のカレーは美味しそうだったけど生演奏で自分の事を歌ってしまうのはビックリ、勢いが付いた中田は彼氏への本音を歌って面白いし、トウコの合いの手が静かに心に響いて笑えました。クレーマーの安達もキズツキに来店するようで皆が癒やされていくのは心に染みますね。

40代

傷ついた人しかたどり着けないというスナックキズツキ、という酒を置いてないスナックは、昭和レトロ感もあり、なんだかほっこりなお店でした。クレーム電話を受け、更には彼氏に待ちぼうけをくらい、しかも食べたいものを食べれずにいた優美が訪れたのは、スナックキズツキでした。ソイラテとカレーを振る舞われ、更にはアドリブのカラオケまであるという、とても不思議なスナックでした。

40代

アラサーOLの日々の悩みやちょっとうまくいかなかったことがリアルに描かれていて共感できました。スナックなのにコーヒーを出してくれる原田知世の包み込むようなマスターの雰囲気がとても素敵です。スナックで出てくるカレーって意外に美味しかったりするよな〜と思いながら見ちゃいました!思わず、原田知世がギター演奏をしている姿を見られるのも貴重なドラマだと思います。

30代

スナックキズツキのトウコさんは静かにお客さんを見守ってくれますね。中田さんはクレーム対応が多いコールセンターの仕事で疲れてるのに、彼とは忙しくてなかなか会えない。合っても自分のことばかりで気を使って疲れてしまうと、癒やしが欲しくなります。そこでキズツキに通う気持ちもわかります。でも、他のスナックと何処が違えといえば、お酒が出なくてゆっくりできそうなところかなー。と思ったら、ギターを伴奏に、今の気持ちを歌ってスッキリしてもらうって事だったんですね。そして各視点からのストーリーが繋がっているところがいいですね。クレーム入れた方の内情が次回はわかるみたいで、面白いです。つい続けてみたくなります。

50代

原田知世さんがスナックのママという設定でしたが、お酒を出していなくどこかクセのある店主で凄く惹きつけられました。来たお客を独特な方法で癒すのがいいですね。今回はコールセンター業務で働く女性がテーマでしたが、やっぱりストレスのかかる仕事だと分かりました。ドラマながらに同情してしまいました。来週も楽しみです。

30代


第2話あらすじ・感想(10/15放送)

傷ついた客だけがたどり着く“スナック キズツキ”。コールセンターにクレーム電話をしていた安達さん(平岩紙)もまた、傷ついている。わがままな客や同僚、電車での迷惑行為……いつも、自分ばかり損していると嘆く。しかし、スナック店主のトウコ(原田知世)と一緒にピアノを弾きながら、自らの愚痴を歌にすると、不思議と心が晴れやかに……。今日もまた、トウコの不思議な癒しの力で、誰かの心が救われます!

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

心に傷を負った人を毎回取り上げるスタンスだと思いますが、凄くディープな訳ではなく、私たちの生活の中で凄く共感できるようなバックグラウンドを抱えた方で、今回は特にバスのシーンなどは共感できます。パンを選ぶ時の疲弊した表情なども見事でした。ドランクドラゴン塚地さんのキャラクターもリアルで素晴らしいと思いました。

30代

コールセンターに苦情を言っていたのは、お惣菜やで働く安達でした。人がよくて、仲間のシフト変更に応じたり、パン屋でパンを譲ったり、優しいからいつも損をしています。そんな安達をトウコはラッシーとミネストローネで癒やしました。お疲れ様という言葉も心にしみました。またきてと、手作りのカードを贈るのもトウコらしくて良かったです。歌を歌って振り返る演出も面白いです。

60代

中田が受けたクレームの安達さんも惣菜売り場で嫌な客の対応をしていて大変ですね、一緒に働いている人が何時も突然シフト変更とか推しが強いし安達も断れなくて可愛そうですね。まっすぐ帰りたくないとキズツキでホッとしたのは良かったです、ラッシーがあるのはビックリですね。野菜がゴロゴロ入っているミネストローネは美味しそうでした、過去の自分が損している経験は悲しかったですね。自分の弾き語りは恥ずかしいけどスッキリして気持ち良いですね、いつもと変わらない日常だけどちょっと良い事があったのは嬉しいですね。次はバスで安達さんの前でお金出すのにもたついてたサラリーマンとはいかにも傷ついてそうですね。

40代

前回コールセンターでクレーム入れた安達さんも実は傷ついていたことがわかり、なんだか切なくなりました。細かいお客さんとかシフト変更を主張しすぎる同僚も嫌ですね。でも安達さんも自分の気持ちを押し込めて自分は損してる、と鬱々しているのもやはりよくないなと思いました。今回もトウコさんの優しい雰囲気に癒されましたね。彼女の合いの手がいいです。

30代

前回の中田にクレームを入れた安達にも、色々と背景があるんですね。いつも自分だけが損していると言う人生ならクレーム入れたくもなります。安達も接客しているからこそ、ちょっとした事で文句を言うお客様がいるから、私も少しでもいいと思ってしまう事は私もそう思った事もありました。しかも机の足が揃わないと困りますし、また私不運だと思ってしまいます。それに同僚も勝手だし、争いたくないから従ってしまいますよね。バスの男性もそんな人山ほどいます。安達は私と本当に同じ感じです。そんな時にキズツキに入りホッとし、美味しいクラムチャウダー、そしてピアノを弾きながら愚痴を歌って今回は一度で、スッキリしましたね。

50代


第3話あらすじ・感想(10/22放送)

今回スナック キズツキを訪れる傷ついた客はサラリーマンの佐藤悟志(塚地武雅)。会社では後輩(小関裕太)の態度が気になるが口に出せず、自宅では母親(丘みつ子)との地味な二人暮らし…。スナック店主のトウコ(原田知世)が佐藤に勧めるのは、なんとエアギター!『人生の成功ってなんだ!?』今までためこんでいた不満をシャウトする。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

こぐま屋さんは二人しかいないバイトのリーダーになってトウコに自慢していて幸せですね。佐藤は母親と二人暮らしで最近祝って貰う事が無いと落ち込んでいて可哀想だけどキズツキを見つけたのはラッキーですね。佐藤はお酒が飲めないのも運命ですね、鉄道の話は楽しそうだけど会社では後輩に先を越され部下の態度は悪くてストレス溜まっているのは共感できますね。トウコはフィンランドに行こうとワールドビューを見ながらコーヒー飲んでエア旅行も良いですね、エアギターをノリノリで弾くトウコの声が良いし佐藤もノリノリで言いたい事言ってスッキリでちょっと幸せになった気分ですね。

40代

佐藤は平凡なサラリーマンです。28年間まじめに働いてきましたが、後輩におい抜かれ、お酒が飲めないので飲み会にも誘われません。むなしく寂しい日々です。キズツキはそんな佐藤にぴったりだと思います。トウコが丁寧に入れたコーヒーを飲みながら話を聞いてもらえるだけでも落ち着きます。さらにエアギターを弾きながら発散するのが気持ちよさそうでした。

60代

塚地さんが独身実家暮らしのちょっと悲しい男性をうまく演じていてすごく悲哀を感じました。誰からもお祝いされない人生、確かに大人になるとそうですね。仕事でも後輩に抜かされていくところもなんだかもやもやしますよね。ストリートビューを見ながらコーヒーを飲むところは斬新でした。エアギターをする原田知世さんがめちゃくちゃかわいかったです。それにつっこむ塚地さんも面白かったです。芸人ぽさがでてました。

30代

佐藤は独身でも自分で納得している人生なのに、いつもお祝いをしてあげる方ばかりで寂しいと思われるのが嫌なんだなと思います。会社では後輩に抜かされ、今の後輩にはあまり佐藤を慕ってる感じでもなく、乗り鉄の趣味にも行けずにストレスたまりますよね。しかも飲めないとなるとスナックなんて行かないのに、お酒がないスナックなら良さそうです。ママと話して癒やされるだけでもいいのに、ストリートビューで海外に行った気分にもさせてもらって最高ですね。そして、今回はエアギターでロックで佐藤もノリノリな所がいいです。会社でギターを弾きながら文句を言える気分はスッキリ爽快ですね。

50代

先週少し出演されていたドランクドラゴン塚地さんがそのまま出てきたのでびっくりしました。人生に疲弊してしまったサラリーマンの役でしたが、もしあのまま行けば、ただのお涙頂戴になってしまうところを、あえてエアギターを最後に持ってきてテイストを変えてきたのが素晴らしいと思いました。さすがテレ東ドラマですね。

30代


第4話あらすじ・感想(10/29放送)

今回スナック キズツキを訪れる客はイケメンの瀧井潤(小関裕太)。彼女の中田(成海璃子)にはそっけなく、上司の佐藤(塚地武雅)にもちょっと生意気なリア充男子…かと思ったら彼もまた傷ついていた。お金持ちばかりのBBQ。初めて見る世界で、自分を小さく感じてしまう。今回、店主トウコ(原田知世)のおもてなしは、なんと“詩の朗読”!?そして温かいだし巻き玉子が彼の心を解きほぐしていく。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

トウコが朗読をしようかと言って、瀧井潤に白紙の本を渡し、二人で朗読を紡いでいくところが、すごく良かったです。難しそうだけれど、私も誰かと一緒にやってみたいなと思いました。また、トウコの作る、だし巻き卵が綺麗な黄色の色みをしていて、とても美しくて、美味しそうでした。なんだか観ているだけで、私の心も癒されました。

30代

こぐま屋がメロンを貰ったとキズツキにやって来て自分も食べたいと遠回しにアピールしているのが笑えます。友達と一緒にお金持ちのBBQに参加して料理は美味しいけど場違い感に家族を思い出して切ないですね。看板を壊したと入店したのはラッキーでしたね、お金が無い事に後ろめたい気持ちを持っていたけどトウコが白紙の本を渡して朗読を勧めてきて自分の気持ちを吐き出したのはスッキリですね。潤は母親が作ってくれただし巻き卵をリクエストして泣きながら食べていてスッキリですね、電話した相手が兄なのは家族大好きで微笑ましいけど彼女にも電話してあげて欲しいですね。

40代

瀧井くんと同じように私もお金がない家庭で育ったので彼の気持ちがとてもよくわかりました。選択できるということはとても幸せだということにその立場にいるの人は気づけないんですよね。ふたりが朗読している瞬間は舞台を見ているようでとても幻想的な雰囲気すら感じました。だし巻き玉子を食べながら涙を流す小関くんの演技に思わず泣いてしまいそうでした。

30代

瀧井からしたらお金持ちの中で自分がいるのはストレスでしょう。家族仲良く焼き肉をしていた方が何も考えなくて良くてとても居心地もいいですし。そんな時にキズツキの看板を壊した事で、ちゃんと謝りに来た瀧井は一話で感じたそっけない彼氏とは間違う顔でした。見方を変えれば見えて来る世界も変わります。お金持ちの特権は、お金がないと言える事。瀧井はなくなったお母様と質素な暮らしをしていたので、余計お金持ちは苦手だったんですね。でも、お母様がよく作ってくれた多だし巻きたまごで、大切な事を取り戻したようでした。お金の事で劣等感をもつより、家族との時間が大切ですよね。彼女との時間も大切にしてくれそうです。

50代


第5話あらすじ・感想(11/5放送)

今回“スナック キズツキ”を訪れる客はコンビニ店員の富田希美(徳永えり)。アルバイトの傍ら続ける転職活動は全く思うようにいかず、ひそかに思いを寄せていたお客さん(小関裕太)には、気づいてさえもらえず…。今回の店主トウコ(原田知世)のおもてなしは、なんと“しりとり”! 「ありふれたものでいいから 確実な明日が欲しい」という気持ちを、世界一おいしいココアとともに、解きほぐす。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

徳永えりさんの普通の女性を演じるところは本当に上手です!将来になんとなく不安がある感じがめちゃくちゃわかります。結婚したお姉ちゃんもまさかの離婚…。結婚してももちろん幸せとは限らないし働いているからといって幸せが続くわけでもないし、将来のことは誰にもわからないからこそ今を一生懸命生きるしかないんだな、というメッセージを感じました。トウコさんのココアがめちゃくちゃのみたくなりました。

30代

コンビニの客の瀧井を好きになっていた富田は、就職に苦労していました。結構仕事を探すのって周りのプレッシャーがあったり、面接で仕事を辞めた理由を聞かれたり、結構へこむことあります。周りがみんなキラキラして見えます。好きな人にも認知もされずにちょっと寂しいですね。キズツキでは、今回しりとりで、言いたい事や気にしていた事を口にでき、富田は気づいた事があったはずです。しりとりをしながら就活をしている時の顔は以前とはもう違っていました。そして幸せと思う気持ち。好きな人が見られたからラッキーというポジティブな考え、私もしりとりすればそうなりそうな気がしてきました。明日はホットココアが飲みたくなりました。

40代

上手くいかない就活や、上手くいってると思ってた妹の結婚が実は離婚という結末になっていたりして、何もかもが不安となる富田さんの心境がとてもよく分かりました。そんな時にトウコからしりとりをしようと持ちかけられて、気持ちを吐露した富田さんでしたが、そのおかげでスッキリできたようで安心しました。ココアの粉って炒るのが正解なのか、と目からウロコでした。

40代

トウコの個性的な「おもてなし」に毎度癒されて、すっかり金曜日の夜の楽しみになりました。今回は、徳永えりさんがゲスト出演されていました。なかなかリアリティのある日々の仕事に疲れたコンビニ店員と言った感じでしたが、トウコがココアを出したのがあの世代の女性にはたまらないでしょうね。私も自宅でココアを入れたくなりました。

30代


第6話あらすじ・感想(11/12放送)

今回スナック キズツキを訪れる客は主婦の中島香保(西田尚美)。タワマン高層階での暮らしに、息子は京大合格と、恵まれた日々…かと思ったら、彼女もまた傷ついていた。周囲にあえば息子の話ばかりで、自分の人生って…と、未来ある若者がうらやましく見える日々。今回、店主トウコ(原田知世)のおもてなしは、ミラーボールに照らされながらの歌とダンス!?甘酸っぱいリンゴジュースと共に、無敵だったあの頃を思い出す。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

今回は、西田尚美さんがゲストで出演されていましたが、半沢直樹の谷川さんのイメージが強かったですが、結婚生活に疲弊してしまっている主婦の役を見事演じ切っていて素晴らしいと思いました。トウコが出したリンゴジュースですが、氷からリンゴで作られていて凄く美味しそうでした。あれぞまさしく本格的なリンゴジュースだと思いました。

30代

息子が大学に合格して良かったはずなのに日常のモヤモヤが溜まって自分の人生がゴールしたみたいに聞こえるなんてストレス溜まっていて可哀想に見えます。お惣菜を入れ替えさせたお客さんだったのは言われて思い出しました、思い荷物を持っているとトウコにアリと比べられたのは面白い、店の中へと誘われてりんごジュースとはスッキリしますね。高校生の頃に聞いていた曲でノリノリに愚痴を言いながら踊っちゃうのは楽しそう、帰り道に息子が荷物を持ってくれるなんて良い事あるのは嬉しいですね。

40代

息子が京大に合格したおかあさんの話でしたが、虚しさは共感できるものの彼女自身はある程度満たされているよな、とどうしても思ってしまいました。でもある程度裕福であっても家族中心で自分の人生を生きていない人ほど孤独で悲しくなってしまうのかもしれません。ダンスシーンがすごくぎこちなさもあり、それがすごく素敵でした。

30代

香保は、息子が京大に合格して良かったじゃないですか。お疲れ様っていい言葉ですよ。人それぞれ考え方が違いますけど、息子がこれからって時に自分の過去なんて思い出して戻りたいって思うのは、同じ立場になった事があるので違和感でした。京大に行ってちゃんとできるのか卒業できるのかの心配が出てくると思ってましたが、その思いじゃないんですね。学生時代を思い出せば出すほど老ける感じが私はします。歌とダンスで前の兄と一緒でノリノリでスッキリしたところは兄弟ですね。人が繋がっているとこうやって色んな角度から見れるのでまた面白いです。配達屋さんとママさんの絡みが毎回一番ほのぼのします。

50代

息子が大学に合格し、何故かお疲れ様と声をかけられる香保の、人生終わった感がとても良く分かりました。あんなに頑張ってるのに誰からも評価されない、という母親の苦悩が痛いほどわかりました。そして、うちら無敵!みたいな過去がなんだか年代的にもバッチリ重なり、輝いたあの頃…とか思いましたが、私には輝いた過去もなかったことに気付き、見ている私だけがずっとせつないターンじゃないか、となってしまいました。今日もトウコさんは可愛かったです。

40代


第7話あらすじ・感想(11/19放送)

今回スナック キズツキを訪れる客はサトちゃん(塚地武雅)の母、佐藤ヨシ子(丘みつ子)。独身の息子を心配する一方で、夫に先立たれ、友人とも疎遠になり、どこか孤独な日を過ごしている。今回の店主トウコ(原田知世)のおもてなしは、トウコのアコーディオン演奏に合わせて歌うシャンソン!? 「人生何が起きるかわからない」。初めてのスナックで、初めてオニオンスープを食べる。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

今回は、丘みつ子さんが主人公の回でしたが、昔から数々の作品に出演されているベテラン女優さんですが、年配のお母さんの役をするまでになったのだと思うと、歴史を感じました。少し疲弊した感じもさすがの演技力でした。シャンソンをトウコと一緒に唄うシーンも見事にこなしていましたね。一緒に癒された気分になりました。

30代

娘の香保に旅行に誘われたけど暗い顔をしているヨシ子は悟志の母でもあるなんて繋がっているのは嬉しくなりました。お節介な自治会長さんから息子の見合いを勧められるし、好きな事したらと言われても思いつかないのは可哀想でした。息子からご飯はいらないと言われ落ち込んで可哀想だったけどオニオングラタンスープは美味しそうでした。若い頃に好きだったシャンソンで自分の気持ちを表現して最初は戸惑っていたけど最後は気分良く歌えて笑顔で帰って行くのは良いものですね。知り合った近所の人とコンサートに行く約束をして家でもレコードを聞いて楽しそうなので自分も何かやってみたくなりました。

40代

お母さんの私はかわいそうじゃない、という心の叫びがとても響きました。独身や未亡人でもそれだけで可哀想、というわけではないですよね。でも親や自分が老いることとは、というのを考えさせられました。いつもながらトウコさんの作るジュースもフレッシュでおいしそうです。今回のオニオングラタンスープの熱々感もやばかったですね。

30代

キズツキに行くと癒やされて帰ってきますが、鬱憤を発散するだけじゃなくて、トウコの口調も優しく親しげで、何でも受け止めてくれる所がいいなと思います。今回は佐藤の母のヨシ子さん。旦那に先立たれると辛いでしょう。そして息子の事も気になるのに、言えないですしね。自治会長さんに紹介をされても余計なお世話です。そしてヨシ子さんも私のように子育てが優先で何もできなかった、私と同じです。私も友達とも疎遠になって集まっている人見ると羨ましいです。そして家の母親とも似てます。そんな深い人生の重みがシャンソンの歌詞からもズシッときました。凄く気持ちが込められてて初めて泣きました。友達も出来そうで良かったですね。

50代


第8話あらすじ・感想(11/26放送)

今回スナック キズツキを訪れる客は香保の同級生の南裕子(堀内敬子)。言うことを聞かない子供たちにも、ヘルパーの仕事でもモヤモヤがたまる日々…。今回の店主トウコ(原田知世)のおもてなしは、なんと“タップダンス”!おいしいシュークリームとコーヒーに癒され、「感謝の言葉が欲しいわけではないけれど、誰かにわかってもらいたい」という気持ちを、タップにぶつける。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

初めて作ったというシュークリームをこぐま屋さんと二人で食べているなんて和みますね。裕子は言う事を聞かない子供達にイライラし、ヘルパーの仕事でも態度が横柄な老人にムカッとするし色々と大変ですね。トウコの店に来て丁寧に入れたコーヒーは見ているだけで癒やされますね、シュークリームの匂いに誘われて良い一日だったと涙を流したのは可哀想でした。おもむろにタップシューズを取り出して二人で踊りだして楽しそう、愚痴を吐き出してナイス地団駄で笑顔で帰って良かったですね、夕食作りも放棄して自由になった感じが最高でした。

40代

以前の京大合格の息子を持つお母さんはどこか次元の高い悩みだと思いましたが、今回の南さんはリアルな主婦の心の叫びだと思いめちゃくちゃ共感しました。特に子どもたちが何もしてくれない、というのは多くのお母さん方の悩みな気がしますね。コーヒーとシュークリームを食べて今日はいい日、と涙を流すところは今まで自分のために時間を使っていなかった証拠だろうなと思いました。

30代

裕子は子供達の心配もありますし、手が荒れても水仕事しないと行けないですし、大変な事わかります。そしてヘルパーの仕事はさらに大変ですよね。自分の家ではないから好きなようにもできませんし。そんな後、キズツキに行き、コーヒーとシュークリームで一息っていいですね。どちらも手作りなのがまたいいです。そしてタップもとっても楽しそうで、愚痴を言わなくてもスッキリできそうです。でも、私は体が動かないかもしれませんが。母親としては、別にいいんだけど、本当は褒めてほしいって気持ちわかります。子供なんて褒めてくれませんもんね。当たり前のようにお腹空いたって言われて、ズバッと断れた所は見習いたいなと思いました。

50代

母親のありがちな風景に、何となく胸が痛みました。家庭でも子供に尽くし、仕事でもヘルパーだなんて…心を休める場所をいち早く作って欲しい裕子さんでした。その中でシュークリームとアイスコーヒーの組み合わせに、深夜にもかかわらずお腹がすきました。裕子さんがスッキリしたら今度は娘の芽衣がスナックキズツキにやってくるとは。次回も楽しみです。

40代

今回は介護の仕事や、家のことで頑張っている主婦が主人公でしたが、疲れながら自転車を押している姿が印象的でした。そんな彼女にトウコは焼きたてのシュークリームを差し出していましたが最高でしょうね。その後は、まさかのタップダンスを踊っていましたが、段々とこちらお楽しくなってきました。来週は娘さんが主人公なのですね。

30代


第9話あらすじ・感想(12/3放送)

今回スナック キズツキを訪れるのは裕子の娘で芽衣(吉柳咲良)。17歳の芽衣は、大学進学のことばかり気にする大人達にもやもやするが実は夢がある。そんな中、片想いの人にばったり出会い良い感じの雰囲気になるが…。雨宿りで訪れたキズツキでホットサンドを食べる芽衣。今を大切にしたい芽衣は『今ここにいる私って、価値がないってことなのかな』とトウコに打ち明け、今の自分を忘れないためにと驚きの方法を提案される。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

高校の後の進路って悩みますし、今がいいからいいじゃないとも感じます。好きな人に彼氏が居たなんて、一番辛い日でしたね。キズツキで泣いていた所をそっとしてくれていたトウコ。そんな所がいいんです。スマホの使い方からスマホで言いたいことを行って返信してもらう事も良かったですし、真っ直ぐ歩いていても傷ついてまた起き上がって人生頑張って歩んでいこうという事だと感じました。今の自分を忘れない為の、芽衣の一歩は力強かったです。そしてその日、実はその後でお母さんもキズツキに行った日だと分かり、前回見てるとさらに楽しいですね。お母さんにホットサンド作ってあげた事、将来の目標を伝えれた事は何歩も前進しましたね。

50代

今回の主人公は、17歳の女子高生でしたが、思いを寄せる男性に髪の毛を触られてきゅんとしたと思ったら、相手には彼女が居て失恋してしまい、恋に、進路に悩みが多い思春期の切ない心情をうまく描いていたと思います。その後、上を見上げながら雨に打たれるシーンは感激しました。まるで一本の映画を観ているようでした。

30代

芽依は学校の友達とも仲良くしていて好きな男子もいて青春という感じだけど進路について悩んでいて顔が曇ったのは可哀想でした。好きな男子と偶然会ってケーキを選んであげたり美容師になりたい男子におでこ触られてキュンとしたのに彼女がいたのは残念ですね。トウコにスマホのお礼でホットサンドをご馳走になったのは美味しそうだったけど女子高生に泣かれると困るけど土砂降りの雨の中へと誘ったのは青春という感じでナイスでした。自分でもホットサンドを作って母親に夢を話せて良かったし、トウコの過去と来店した男性が気になりますね。

40代

17歳らしい初々しい悩みで私も昔を思い出しました。雨宿りしてる高校生に話しかけてお店に誘導するなんて少し詐欺っぽいですが‥。とにかくホットサンドがおいしそうで食べたくなりました!将来どんなになっても17歳の自分を忘れたくない。というフレーズは素敵でしたね。めいちゃんのおうちにもホットサンドメーカーがあってうらやましかったです。

40代

今回は、先週の鈴木さんの娘・芽衣の回でした。淡い恋心や進路や夢に悩む高校生がそのまま描かれていて、同年代の人は共感し、上の世代は甘酸っぱさや懐かしさを感じれた、とても青春を感じさせる話でした。あえて雨の中に立ってみてはと提案するトウコもさすがでしたし、夢は叶えたら終わりでは無い、背中にくくりつけて歩いていくと称し、自分は重くて下ろしたという言葉も、わかるわぁ、としみじみ感じる話でした。

40代

今回のゲスト出演者は八嶋智人さんでしたが、トリビアの泉時代から個人的に大好きな俳優さんだったので見られてすごく嬉しかったです。トウコのスナックと縁があったようでびっくりしました。 古びた電話を使って亡き父へ語りかけるシーンがありましたが、普段はコミカルな役が多い八嶋智人さんですが、こういうシリアスなシーンもこなすところがさすがだと思いました。

30代


第10話あらすじ・感想(12/10放送)

瀧井潤(小関裕太)は兄の和也 (八嶋智人)と久々に再会しお酒を飲みながら近況を語らう。兄は家庭を支え、祖母の面倒も見、弟想いである。帰り道、瀧井はスナックキズツキを見つけて驚く。そこは亡き父が営んでいた場所だったからだ。昔と変わらぬ佇まいに父との思い出が蘇る。すると現在の店主トウコ(原田知世)が昔から備え付けてある電話を指差し「天国の父親と話してみれば」と提案する。瀧井が恐る恐る受話器をとると…。

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

和也がトウコに言われるままに天国の父親に電話するシーンは良かったですね。もちろん通話は出来てはいないんだけど和也が父と母に語る近況にこれまでの苦労を苦労と見せつけない強さを感じました。それとスナックキヅツキは和也の父親が経営していたお店だったんですね。トウコもビックリでしたね。和也のカウンターテーブルを指先で触れるシーンが印象的でした。

40代

潤のお兄さんの和也が大阪から出張で来ていて兄弟二人で飲みに行くとかほのぼのしますね、お互いに悩みやちょっとしてモヤッと感があるけど口に出来ないもどかしさもリアルな感じで良かったです。和也の父親がキズツキという店名をつけた前のオーナーだったとは驚きです、弟が生まれる時に父親と二人暮らしした時の思い出は微笑ましかったけど借金があったのは可哀想になりました。当時のままの公衆電話から父親に電話するなんて粋な事しますね、潤はお兄さんの言葉で優美と向き合って良い雰囲気なって安心しました。トウコが漫画家だった事が判明したけど途中までしか描いていない原稿に何があったのか気になります。

40代

八嶋さんはどこから来た人?と思いましたが最初の方に登場した小関くんのお兄ちゃんだったんですね。しかもスナックの前の店主の息子さん、というのも縁というか、トウコさんの過去の謎にも関わるところになってきたのかなと思いました。クライマックスに近づいてきたようでさみしいです。天国のお父さんへの電話はちょっと心に染みました。借金抱えて苦労させられたこともお店でのカレーの思い出もいろんな思いがあるんだろうなと思います。

30代

今回はスナックキズツキを営んでいた父との思い出を語るという和也さんの話でした。なんというか、とても切なくしみじみする話でした。歌ったりダンスしたりするコーナー(?)では、亡くなった父への電話、というなかなかシュールなものでしたが、そのせいもありとてもいい話になりました。カレーが美味しかったと語っていた和也の言葉に、そいや今日はマンゴージュースしか飲んでないなと思い出しました。来週のこぐま屋さんの話もとても気になります。

40代


第11話あらすじ・感想(12/17放送)

今回スナックを訪れる客は配達に来ているこぐま屋さん(浜野謙太)。いつも元気なひょうきん者…かと思ったら彼もまた傷ついていた。若い人ばかりのお笑い養成所。ネタ見せでは全くウケず、相方ともコンビ解消…それでも夢は諦めきれなくて…今回、店主トウコ(原田知世)のおもてなしは、なんと“漫才”!?クリームソーダを飲みながら夢について話し、漫才を始める二人。トウコらしいツッコミで、気づけば暗い気持ちも晴れやかに!

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

いつもの酒屋の上田さん。芸人さんを目指しているのは知りませんでしたが、前からそんな雰囲気出ていました。でも、相方が辞めて、他の人と組んでいるところ見たら悲しいですね。しかも上田さんといるとやりづらいとは、感覚が違う、面白くないですが一番響く言葉です。そんな時にトウコとの漫才。凄く息があっているじゃないですか。キズツキだけなんてもったいない。トウコとコンビ組んだらいい感じだと思いました。上田さんはトウコと漫才やる事でやる気も出ていたようで、良かったです。元気がウリの上田さんですので、元気になって活躍する日を期待します。でも、有名になっても酒屋さんはそのまま続けてほしいですね。

50代

今回はお笑い芸人を目指すが、なかなかうまくいかない男性が主人公でした。いつもトウコのお店に配達としてきている彼が、「今日お客さんで」と入ってきたのかなんだか感慨深かったです。おもてなしメニューはクリームソーダでしたが、これこそこのお店にすごくあっているメニューだと思いました。来週最終回なのが寂しいです。

30代

こぐま屋さんがまさかのお笑い芸人だということがびっくりしました。前の相方さんにふられてしまったところが切なくて仕方ありませんでした。しかもすぐに別の人とコンビを組んてしまうとは。トウコさんとの漫才はめちゃくちゃ面白かったです。トウコさんの返しが天才でした。年齢を重ねても夢を追い続けるのは大変だと思いますが頑張ってほしいですね。

30代

こぐま屋さんは正社員にならないかと誘われているのに夢であるお笑い芸人の学校に通っていて強い人ですね、でも相方にコンビ解消と言われピンでやっても全然ウケなくて落ち込んでいたのに相方は他の人と組んでいて可哀想でした。トウコと一緒に漫才をしたのは面白かったです、こぐま屋さんの歴史も分かって苦しい事も笑いに変えると吹っ切れて良かった、冗談でトウコを誘ったけど切り返しが良いネタ出来たらなんて素敵です。トウコも漫画家の夢を諦めていて原稿をまた見ていたのが哀愁が漂っていて何があったのか知りたくなりました。

40代

トウコと上田さんの漫才とても良かったな。即興漫才にはとても見えなかった。こぐま屋の上田さんって芸人さんになるのが夢だったんですね。今までそんな素振り見せたこと無かったからなんか意外でしたね。上田さん相方からの面白くないの超ど直球のダメだしは応えましたね。年齢差もあってなのかそこをあえて耐える上田さんの姿は寂しさをも感じましたね。でも上田さん夢は諦めないで欲しいな。

40代

こぐま屋さんの夢の話と、トウコの夢の話でした。こぐま屋さんの夢はとても苦く、切ないものになっていましたが、トウコが勇気と元気をくれたようで、最後はほっこりしました。来週最終回なのが残念でなりませんが、次回はトウコの話という事で、楽しみでもあります。こんなまったりしたドラマは他にないので、終わってしまうのが本当に残念です。

40代


第12話(最終回)あらすじ・感想(12/24放送)

スナックには『本日休みます。』の張り紙。店主トウコ(原田知世)は法事のため実家に帰っている。思い出の場所と共に、亡き父のことや夢半ばで諦めた漫画家時代に思いを馳せる。スナックキズツキ今日のお客さんは、まさかのトウコ自身。偶然居合わせたこぐま屋さん(浜野謙太)にオムライスを振る舞い、自分やお客さんの日々のモヤモヤを音楽に乗せてデュエット!スナック キズツキは今夜もきっとどこかで営業中。心温まる最終話!

引用:ドラマ『スナック キズツキ』公式サイト

最終回でトウコさんの過去が判明し、彼女自身も漫画家から挫折した過去があるんだなと思いました。漫画家というのは少し意外でしたが…。いろんな経験したトウコさんだからこそ優しくいろんな方に寄り添えるのかもしれませんね。こぐま屋さんと一緒に楽しそうに歌う原田知世さんの歌声がとてもきれいで癒されました。「営業中~」のフレーズが素敵です。

30代

店主が母の洋食店を訊ねて、自分の書いた漫画をとても熱心に呼んでいる少女に出会って、とても嬉しそうな表情をしているシーンがとても印象的でした。また、最後には色々ななスナックキズツキでの思い出をもう一度漫画にしてみようと心に決め、ペンをとってスナックキズツキの看板の絵をとても可愛らしく上手に描き上げているところが、最終回にとてもふさわしいと感じました。

30代

今回で最終回を迎えてしまいましたが、金曜日夜の癒しのドラマだったのですごく寂しい気持ちです。最終話ではトウコの父の七回忌に際して実家に帰っていましたが、このことでトウコの過去が露わになりましたね。 エンディングでは、森山直太朗さんの歌声と共に、今まで癒してきたお客様の映像を流したのにとても感動しました。

30代

今回はトウコ自身のお話でした。夢が叶ったけれど、その夢を持ち続けられず、漫画家人生を諦め、スナックキズツキのママとなった事が、とても苦くもあり、誰しもが共感できるものでした。最後はこぐま屋さんの提案で歌を歌い、またいつものトウコに戻ることが出来ました。このドラマが終わってしまうのはとても残念です。また続編とかを期待したいです。

40代

ついにトウコさんのこれまでが描かれた最終回。「夢って叶っただけじゃダメ。離れないように背中に括り付けて歩き続けなきゃいけない」。この言葉の重さを漫画家だった過去のエピソードから知りました。実家が居心地の良さそうな洋食屋で、そこがスナックキズツキの原点のよう。キズツキを訪れる客たちの小さな心の痛みに共感して、人生そんなものといい意味で開き直るきっかけをくれたドラマでした。

60代

トウコさんがお店をお休みして何処に行ったんどろうなと気になりました。トウコさんが漫画を一生懸命描いてポストに送るまで一生懸命で良いなと思いましたただいまと言ったりお店のテーブルを見ながら漫画を描いて送った事を懐かしむ家があるのは良いなと思いました。新人賞を取ってから3年も頑張って漫画の連載が決まって良かったなと思いました。

30代

トウコが実家に帰って漫画家になる夢を追っていた頃が初々しくて可愛かったです、父親が倒れた時も病院にお見舞いに行きながら作業するのは大変だったろうに連載が打ち切りになってしまって可哀想でした。近所の子供がトウコの漫画を面白いと他にも読みたいと言ってくれたのは嬉しい、実家に帰らない事を謝るのは切ないけど大人になった証ですね。こぐま屋さんにオムライスを作ってあげて旗を立てるのは頑張れの意味もあるけど父親との思い出なんて素敵です。こぐま屋さんが察してくれて優しいしトウコは歌が上手くて感動しました、また漫画を描く気持ちになって心が解れたのは良かったです。

40代

トウコの原点はやはり実家だったのですね。洋食屋の父の背中を見ながら漫画を描き、漫画の道は閉ざされてしまいましたが、そんな自分のように傷ついた人でも立ち寄れるような場所をトウコ自身作ってくれたんですね。トウコもご両親も編集者の方もとても穏やかな優しい方々で、トウコで癒やされるのはそこにあるんだなと思いました。今でも女の子が実家に立ち寄ってトウコの漫画を一日一冊ずつ読んでいるところがまたいいですね。最後には上田とのセッション、とてもいい雰囲気で、澄み渡る声、今まで来た人への傷ついた思いも受け止めながらの歌詞も含めて、とてもいい歌でとても癒やされました。

50代


ドラマ『スナック キズツキ』の見どころ・まとめ

若い頃から可愛かった原田知世さんですが、50歳を過ぎてなお透明感を増しています。

見た目だけでなく、歌声にも透明感がある原田知世さんが、スナックのママとなり歌って演奏するなんてぜひ行ってみたいと思わせるスナックです。

原田知世さんのウィスパーボイスで平日の疲れが吹き飛ぶこと間違いなしです。どんな歌を歌うのか楽しみです!

また、「スナック キズツキ」に荷物を届けてくれるあんちゃん役に浜野謙太さん。原田知世さんと浜野謙太の異色のやりとりも気になります!

そして、「スナック キズツキ」がなんともレトロな雰囲気のスナックで、スナックというより隠れ家的純喫茶のようで、そのインテリアにも注目したいと思います。

人によっては一番リラックスできる金曜日の深夜に、まったりと楽しめる作品になると思います。

見逃し配信動画はParaviで配信中ですので、2週間の無料お試しを利用してぜひご覧下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です