ドラマ『恋する母たち』公式見逃し配信動画を無料で全話視聴する方法|木村佳乃・吉田羊・仲里依紗が柴門ふみ原作漫画を実写化

2020年10月23日(金)22時から放送のドラマ『恋する母たち』の番組内容やみどころ、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

恋する母たち

無料期間中の解約で動画が無料!

『恋する母たち』はどんなドラマ?
  • 木村佳乃さんが約20年ぶりにTBSでドラマ主演
  • 柴門ふみ原作×大石静脚本
  • 主題歌は松任谷由実さんの新曲「知らないどうし」

ドラマ『恋する母たち』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『恋する母たち』は、Paravi、TVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで見ることができます。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paraviで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

ドラマ『恋する母たち』は、動画配信サービスParaviにて独占配信されています。

ドラマを1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paravi一択となります。

Paraviをはじめて登録する人なら誰でも2週間の無料お試し期間があり、無料で一気見することができます!

※2週間の無料期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

Paraviではオリジナルストーリー『恋する男たち』の配信も!

毎週本編終了後に、Paraviオリジナルストーリー『恋する男たち』の配信も決定しています。

8人の男性が主人公となり、本編では描かれない男性目線の物語をみることができます。

出演者
  • 赤坂 剛/磯村勇斗
  • 林 大介/奥平大兼
  • 蒲原 繁秋/宮世琉弥
  • 石渡 研/藤原大祐
  • 石渡 慎吾/渋川清彦
  • 蒲原 繁樹/玉置玲央
  • 林 シゲオ/矢作兼
  • 今昔亭 丸太郎/阿部サダヲ

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

TVerでドラマ『恋する母たち』の最新話を見る方法

ドラマ『恋する母たち』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerでは、視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『恋する母たち』を見たい方はこちら

※配信状況は2020年10月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『恋する母たち』作品情報

【放送日】毎週金曜日 夜22:00~ (TBS系)

高校生になる息子・研と一緒に暮らすシングルマザーの石渡杏(木村佳乃)。夫である慎吾(渋川清彦)は11年前に不倫相手とともに、姿を消してしまっていた。

ある日、杏は息子が通うことになった、中高一貫校で名門として知られる麻蔵学園高校の保護者説明会に行く。

同じクラスには、中学生の頃から麻蔵学園に通学する息子を持つ林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)がいた。

保護者説明会を通してまりと打ち解けた杏。杏に対し、まりは不倫をしている母親たちが多いことを明かす。

そんな時、まりはイベントを通して知り合った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から告白される。

一方、杏のところには、夫が不倫した女性の夫である斉木巧(小泉孝太郎)がやって来て、杏に話があると持ちかけるのだった。

ドラマ『恋する母たち』のキャスト・スタッフ情報

主演を務めるのは、木村佳乃さんです。木村佳乃さんは、ドラマを中心に数々の作品で主演を務め、強くてかっこいい女性を魅力的に演じています。最近では、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」で、秘めた過去を持つ医師を演じて注目されていました。

共演者には、吉田羊さんがいます。吉田羊さんは、ドラマや映画で母親役を中心に演じています。「コウノドリ」や「中学聖日記」などの話題作に出演する機会も多く、その独自の存在感で人気を集めています。

相関図

  • 石渡杏/木村佳乃
  • 林優子/吉田羊
  • 蒲原まり/仲里依紗
  • 石渡研(杏の息子)/藤原大祐
  • 石渡慎吾(杏の夫)/渋川清彦
  • 石渡綾子(慎吾の母)/夏樹陽子
  • 斉木巧/小泉孝太郎
  • 斉木由香(巧の妻)/瀧内公美
  • 高根豊子/山村美智
  • 林大介(優子の息子)/奥平大兼
  • 林シゲオ(優子の夫)/矢作兼
  • 赤坂剛/磯村勇斗
  • 八木尚人/カズマ・スパーキン
  • 柳常務/小松和重
  • 蒲原繁秋(まりの息子)/宮世琉弥
  • 蒲原繁樹(まりの夫)/玉置玲央
  • 山下のり子/森田望智
  • 園部よし子/馬場園梓(アジアン)
  • 今昔亭丸太郎/阿部サダヲ

製作・スタッフ

  • 原作/ 柴門ふみ 『恋する母たち』
  • 脚本/大石静
  • 演出/ 福田亮介、吉田健
  • プロデューサー/佐藤敦司
  • 主題歌/松任谷由実「知らないどうし」

ドラマ『恋する母たち』の原作は?

ドラマの原作は、「東京ラブストーリー」などの恋愛をメインにした作品を中心に手掛ける柴門ふみさんの漫画「恋する母たち」です。

性格や境遇の異なる3人の妻たちが、夫以外の男性と恋に落ちる姿が描かれている作品です。

恋愛はもちろんのこと、同じ高校生の子どもを持つ3人の女性たちの友情も描かれていて、多くの既婚者の女性たちが共感できます。

また、原作者の柴門さんが、友人たちに話を聴くなどして、女性たちの感情をリアルに描いているところも魅力的です。

脚本を手掛けるのは大石静さんで、最近では『大恋愛~僕を忘れる君と』や『知らなくていいコト』を手掛けています。いずれもヒット作となっていますので、今作も期待が持てますね。

ドラマ『恋する母たち』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2020年10月23日 第1話 10.5%
2020年10月30日 第2話 7.4%
2020年11月6日 第3話 7.8%
2020年11月13日 第4話 7.8%
2020年11月20日 第5話 8.2%
2020年11月27日 第6話 8.5%
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『恋する母たち』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ【公式】(2020/10/23放送)

石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。

杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。

杏たち3人の母親には、人に言えない悩みや心の傷があった。杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。杏はそのことを相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。

キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だ。

セレブ主婦のまりの悩みは、弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、チャリティー・パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。

ある日、再び斉木が杏を訪ねてきた。そして思いもよらない事実を告げられる…。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

柴門ふみさんの同名マンガが原作ということで、人間関係がうまく描かれていて、わかりやすかったです。主人公を演じる3人の女優陣は、みな綺麗過ぎて、高校生の息子をこれまで育ててきたという苦労が顔に滲み出てきていないので、すこし違和感がありましたが、回が進むにつれ、その違和感も解消さへていくのだと思います。

40代

『恋する母たち』の予告を見ていたときは、ドロドロした不倫ドラマの予感がして、あまり見る気はしませんでした。しかし、たまたま始まってそのまま見ていたら、見て正解でした。ドロドロしている部分もありましたが、意外と突っ込みどころと笑いどころが満載で、家族の悩みも描かれていて、これからの展開が気になります。

30代

このドラマは元々観る予定だったんですが、内容を知らずに見始めたのでその内容にびっくりしました。不倫に駆け落ち、シングルマザーなどそれぞれの家庭での大変な事情がある中で必死に働きながら子育てをするお母さんってやっぱり偉大だなと感じました。いろんな想いを持ちながらそれでも子どものために必死に耐えてる姿を見て涙が止まりませんでした。

20代

私立中学に通わせてる母たちの恋ばななのですが、中学に来ているお母様たちが、シャネルのバッグ、紺のスーツで身をつつんでおり、高級バッグやブランド服を身につけてないと浮いてしまう光景にビックリしました。うちの子も中学受験予定なので、私もあんな格好しないと浮くのかしら?となんか不安になりました。そして、仲里依紗ちゃんのヘアスタイル、衣装が可愛くて、来週もどんなコスチュームで登場するのか楽しみです。

40代

久しぶりに女優としての木村佳乃を見た気がする。夫に失踪された妻の焦燥感というのが表情だけでストレートに伝わってきて、こんなにうまい女優だったかと驚いた。原作、脚本、主題歌すべてがバブル時代の恋愛ドラマで古さというよりなつかしさを感じてついつい最後まで見てしまった。仲里依紗ちゃんと阿部サダオの組み合わせも意外だったが、二人の個性がうまく調和していて面白かった。

50代

夫に捨てられて苦労した母、夫が不倫している母、不登校の子を持つ母と、3人それぞれの成功している部分もありながら、うまくいかない所が寂しい部分だなと思いました。会社の金を横領し、不倫に突然失踪された夫に対して中々現実が見いだせない所から、相手側の旦那にメールを見せてもらうシーンは段々辛くなっていき、見ないで欲しいと切に願ってしまいました

40代

最初の出だしから、まさかの木村佳乃さんの旦那さんが、浮気して、小泉孝太郎の奥さんと、逃げてしまった事には、ビックリしました。出演者の方々が、元々ファンな事も有り特に木村佳乃さんが好きなので、同世代として初回から皆さんの夫婦関係がどうなってしまうのか、凄く楽しみです。阿部サダヲさんの、今昔亭丸太郎という名前が大爆笑でした。

40代

性格や置かれている状況がそれぞれ異なる3人の母たち。第1話は、それぞれの生活環境に焦点を当てて登場人物の紹介がなされていく感じでした。表面上は幸せそうに、満たされているように見える母たちも、それぞれの悩みを抱えていて、その満たされない想いから外の誘惑に目が向いていくのかもしれません。三者三様の母たちが、今後どのような恋をしていくのか、もしくはしないのか、満たされない想いや家族とはどうなっていくのか楽しみです。

30代

幸せな結婚生活が一瞬で崩れ落ちていくのが、とても怖かったです。特に石渡杏の前に現れた、斉木巧が感情を押し殺して、淡々と話をしていたのに怖さを感じました。信じていた人に裏切られる辛さや、笑顔で家族を裏切る姿は見ていて嫌悪感を感じてしまいました。もっと爽やかな感じのドラマかなと思っていたのですが、かなりドロドロしていてビックリしました。

40代

主演女優である木村佳乃、吉田羊、仲里依紗で原作が柴門ふみなので期待させるものがあったが、想像どうりで、これからも見続けたいドラマにしたいと思いました。展開がスピーディーで飽きさせません。また、各場面で興味を惹くものがあり、特に仲里依紗が住んでいるセレブ感満載のマンションと息子たちが通う高校のセレブ感漂うお母様たちの振る舞い振る舞いは、必見です。

50代


第2話あらすじ【公式】(2020/10/30放送)

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。

杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。

その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。

一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。

斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。

そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。

翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

丸太郎さんとまりの不倫現場をたまたま見られて週刊誌にタレコミされてしまい、ド派手に振る舞っているからやっぱりそうなってしまったかと思ってしまいました。直球でまりさんにその事を話した杏さん、びっくりしました。おおよそ、まりさんの反応には当たり前だよなと思いつつ、記事にしないと写真を目の前で削除する斉木さん格好良すぎるな!と思いました。

40代

杏はいつ与論島に行くのかとずっと待っていましたが、本当にラストのわずかなシーンで来週に持ち越しでした。与論島で旦那に再会した杏ですが、与論島に行ったことがプラスになれば良いと願ってしまいます。真理は丸太郎への気持ちを確かめ、気づけば2人の恋は急展開でした。丸太郎の積極的なアプローチを受けたら、女性は落ちてしまうと思います。

30代

3人のきれいな女性たちをおいて、なぜ夫は浮気したり失踪したりするのでしょう。赤坂剛(磯村勇斗)が、林優子(吉田羊)にいくら猛アタックしたって、冷静に考えればうまくいくはずがありません。若いと感情の赴くままに、気持ちが押さえきれないということなのでしょうか。石渡杏(木村佳乃)は、疾走した夫はきっぱりあきらめて、斉木巧(小泉孝太郎)と一緒になった方がよさそうですね。

60代

今回はサエキさんが与論島で港洋一というガイドに合い、8年前に記憶喪失になっていて、もしかしたら石渡しんごなのでは無いかと杏さんに相談する場面からどうなるのか楽しみで、ドキドキしながら観ていました。林課長も停電で赤坂君を意識する様になり、落語家の丸太郎は強引ながらも憎めないキャラクターで3人の母の恋の行方が楽しみです

40代

3人の母たちは、一生懸命自分の人生を歩もうとしていますが、夫や子どもに影響を大きく受けています。それが家族ですが、どこまで歩みよれるかは人によってもケースによっても違います。杏は夫が記憶喪失になって揺れ動いていますが、許してはいけないと思います。まりは夫の不倫相手にいじめを受けているので、立ち向かってほしいです。自分ならどうするか考えながら見ました。

60代

まりと今昔亭丸太郎のことを、週刊誌に売ったのは誰なのかがとても気になりました。もしかしたら、山下のり子なのかなと思いました。そして優子と赤坂の関係も気になりました。でも流されずにきちっと断っている優子から、大人の女性の強さが感じられて、とてもカッコイイなと思いました。言い寄られたら、誰にでもついて行くような感じじゃないのが、とても良かったです。

40代

今日はなんと仲里依紗さん演じるまりさんがハラハラする展開になってきました!!まりさんの旦那と不倫する女性斉木さんにタレコミをしていて今昔亭丸太郎とのデートを撮られます。詳細はまだ不明ですが、その不倫女性と今昔亭丸太郎がグルなのかな?とか考えてしまって見ていて楽しかったです。最後の最後に杏さんが旦那に会いに与論島に行き、会えた所で終わっているので来週がすごく楽しみです。旦那さんは記憶喪失になっているのか、記憶をなくしたフリなのかも気になります!

30代

初回を観て、絶対続きを観ようと思っていました。母3人、それぞれの旦那や恋?のお相手になる方々、どれもタイプが違い面白いです。違うのに母3人になぜかどれも共感できる部分があります。そして、恥ずかしながら、とにかくドキドキして期待してしまいます。今回は吉田羊さん演じる林課長にアプローチする部下の赤坂くんを演じる磯村くんに心奪われました。いや、いいですね。この後は赤坂くんはどう仕掛けてくるのか楽しみです。

40代


第3話あらすじ【公式】(2020/11/6放送)

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。

その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。

一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。そして、不倫相手と直接会うことを決意。

観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。

やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

息子が幼い頃に大好きだった旦那に逃げられて、その旦那がそのことを忘れて幸せに生きているなんてわたしだったら耐えられないし1発殴らないとやってられないと思うので、杏さんは本当に強い女性だなと感じました。1人で男の子を必死に育て上げた杏さんに今後幸せな恋や幸せな出来事が待ち受けていてほしいと願うばかりです。

20代

杏と慎吾の夫婦生活にピリオドが打たれました。もっと泣ける雰囲気かと思って見ていましたが、喧嘩別れのようになってしまった杏と慎吾が二度と会うことはないと思うと泣ける以上に切ない気持ちが伝わってきました。林夫婦には以前にも浮気トラブルがあったのは衝撃でしたが、奥様はまた浮気していますよと伝えたくなってしまいました。

30代

優子が赤坂と恋に落ちてしまいました。思ったより早かったのは、また、停電したからでしょうか。予想外のことがおこると、人間は判断が曖昧になってしまいます。今までは赤坂が積極的でしたが、今回は、優子が誘導しました。ホテルの同じ部屋でよいと言い、過去に浮気をしたことがあるとも話したからです。杏も、まりも、よい方向に向かっています。恋も順調に進みつつあります。

60代

蒲原さんの不倫相手と3人で話し合うシーンがとてもシリアスで印象的でした。また、話し合いの末、不倫相手に会社を辞めてくれと言った夫の姿には衝撃的で、また車内でごめんなさいと謝る展開は思いもよらない流れでした。斉木さんが離婚届を受理してもらったその場で告白をしてしまうというシーンでは、男らしい一面が見られて、これからの二人の関係がとても楽しみです。

30代

3人の母たちの恋の展開に釘付けでした。1つのドラマで3人の恋愛模様を見るのでかなりハイスピードですが、それが良いです。第3話は、杏さん(木村佳乃さん)、まりさん(仲里依紗さん)のお話はかなり重たかったです。

でも、ゆうこさん(吉田羊さん)の後輩との恋愛は本当にきゅんきゅん。年下男性に愛されるのは、女性としてうれしいと思います。既婚でも母親でも「女性」であることを思い出させてくれるであろう、最高のお話でした!

20代


第4話あらすじ【公式】(2020/11/13放送)

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。

蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。

一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。

翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。

さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

今回の話では段々と女性達の話が進展していて面白いなと思いました。タイプの違う女性達がそれぞれの恋愛観を持っていて、そのやり取りがとても良かったなと思いました。このドラマの特徴的な点は、それぞれの恋愛を隠し事をせずに女性同士で語り合っているシーンがとても印象的でした。家庭と恋愛の両立とドロドロした所も含まれているのが、このドラマの魅力的な所だなと思いました。

40代

今日斉木さんと杏さんの交際がスタートして、息子さんに、斉木さんを紹介し仲を認めてもらえたと思っていたのに、斉木さんの元妻が現れて会話きかれてしまい、息子さんとギクシャクしてしまっていて、まりさんは旦那さんと温泉旅行に行くも、旦那さんの不倫相手が死ぬと連絡があり、帰ってしまい、そこへ丸太郎さんが現れて、優子さんはまさかの家の下で不倫相手の部下とキスしているところを最後旦那さんに見られてしまいます。それぞれの家庭がバラバラになっていて続きがきになります。

30代

3人の美しい母たちには、危険がいっぱいです。何が正解か分からなくなります。でも、息子たちが高校を卒業したら、自分の気持ちに正直に生きていいのではないかと思うのです。いずれにしろ、不倫の代償は大きいですから、悩んで苦しむことになるとは思います。彼女たちが、どのような決断をするのかを見届けたいと思います。

60代

優子さんは職場では結構厳しくてサバサバしているし、家でも凛としている感じなのに、後輩の誘いにホイホイ流されていてびっくりしました。旦那さんが仕事も家事もして頑張っているのに、かわいそうだと思いました。杏さんと斎木さんは不倫ではないしうまくいって欲しいですが、研くんの気持ちを考えると複雑だなと思いました。

20代

今までで1番混乱しついていけなくなりそうなスピード感ある回でした。でもそれが面白くかなりハマってしまっています。3人の母たちそれぞれ色々ありましたが、私は優子さんの恋に最もハマっています。今回最後に浮気相手とのキスを夫に見られてしまい…どきどきでした。歳下の浮気相手が車で会いに来たのはとても萌えましたが、夫と息子の気持ちになったらやはり辛いですし、色んな人の感情を自分の中に取り入れてしまって、混乱しています!来週も楽しみです。

20代

主人公の母たちの息子たち3人も、意外と非常に仲良しであることが判明しました。杏の息子の研は杏に理解を示してくれたのかと思いきや、息子としての複雑な気持ちがあることを杏にぶつけただけなのかもしれません。斉木はいつもカッコ良くて、キュンキュンしてしまいますが、斉木が別れた妻と会っている疑惑も出てきて波乱の予感です。

30代

母たちの恋の展開が早いです。杏と斉木はうまく行くとよいと思います。息子には説明すればきっとわかると思います。まりは、もっと夫と話さなければいけないと思います。肝心なことは丸太郎に相談していているのですから。優子には困りました。このままでは家庭が崩壊します。みんな母であり、女性です。納得する人生を送ってほしいです。

60代

まりさんと旦那が温泉旅行に行ったのに、旦那の不倫相手の女性から死にたいとラインがあって帰ってしまう展開には驚きましたが、もっと衝撃的だったのは、電話した丸太郎さんが隣の部屋の温泉に入っているという流れでした。まりさんの表情が戸惑いもありながら、とても嬉しそうだったところが印象的でした。またまりさん、杏さん、優子さんの女3人が夜のカフェでお酒を飲みながら語っている姿はそれぞれが飾らないありのままの感じが出ていて、とても共感できました。

30代

赤坂が優子にぐいぐいアプローチしていたのがいけない関係だけどすごくキュンとしました。年下男子の良いところがすごく出ていたなと思いました。蒲原と不倫をしていた山下のキャラが強烈ですごい演技力だなと思いました。ラストで赤坂と優子がキスしているのを優子の夫が目撃していたのがすごくびっくりしてこれからどうなるのかとても気になりました。

20代


第5話あらすじ【公式】(2020/11/20放送)

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。

大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。

一方、杏(木村佳乃)は息子の研(藤原大祐)のことで頭を悩ませていた。研は、斉木(小泉孝太郎)が自分の父親の駆け落ち相手の元夫であることを知り、ナーバスになって未だ家に帰ってこない。多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。

しかし、会えなくても、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが…。

その頃、まり(仲里依紗)は、温泉旅館で丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごし帰宅。先に帰っていた夫の繁樹(玉置玲央)から、浮気相手ののり子(森田望智)のことを謝られ複雑な心境だった。その繁樹が、辣腕弁護士の特集でテレビの密着取材を受けることに。

まりは張り切って準備しようとするが、息子の繁秋(宮世琉弥)のことで意見がぶつかってしまう。子どもの気持ちなど考えず、見栄を張ることしか頭にない繁樹に、まりは一層不信感を募らせる。

夫と息子が与論島へ行き、一人で東京に残ることになった優子は、コジカフーズの社長から千葉支店への異動を打診される。千葉支店の営業部で成果をあげて本社に戻れば、出世コースだ。シゲオとの一件依頼、優子のことが気がかりな赤坂だが…。

そんな中、優子は赤坂の元彼女の有馬(結城モエ)から、呼び出される。

数日後、すっかり仲良くなった杏と優子とまり。喫茶店でいつものように女子会が開かれていたが、優子の口から飛び出した結婚時の衝撃的な告白に2人は驚愕する。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

杏と斉木はうまく行くと思っていましたが、問題が出てきました。斉木の前の妻の由香が現れ、肺がんだと知って斉木が話し相手になると言い出したのです。杏が嫌がると、めんどくせーなどと言うのです。ひどいと思いました。さらに、杏の前夫の慎吾まで現れます。杏に助けてと言ったのには驚きです。なぜ、みなこんなに勝手なのでしょうか。

60代

1時間があっという間に過ぎるくらい、濃くてきゅんきゅんときめく素敵なドラマでした。不倫はいけないことで、自分ではできない、してはならないことだと分かっているからこそ、ドラマで見るとときめきます。特には磯村勇斗さんは若いのに様々な映画にも出ているだけあって、魅力的だし見ていてドキドキと胸を揺さぶってくれる表情をたくさんしてくれて、大好きになりました。

20代

5話の恋する母たちは、それぞれの恋愛と家庭問題を抱えながらそれぞれの問題と息子の問題もあり、まりの息子は落語家に憧れ、優子の息子は、男性が好きだとカミングアウトしました。母として、女として、これからどのように子供達も変化し、恋愛が進むのかとても楽しみです。最後に杏の元旦那が現れて終わっているので来週が今から楽しみです。

30代

3組の不倫関係が少しごたごたしている時期で今後また関係が戻っていくのが楽しみになる内容だった。3組の母が仲良く、息子たちも3人で会ったり、不倫相手(離婚後も一組)が3人でバーで飲んだりとそれぞれのつながりも見所。ドロドロしているようでコメディ感もあり、ボーイズラブや落語家の弟子入りなどいろいろなことを考えさせられる内容だった。

30代

母たち3人の恋もどんどん動き始めますが、それと同時にそれぞれが家族と向き合う時間も増えてきたように思います。息子たちだけではなく、母たちの彼氏同士もバーで語り合う仲になってきて、そんな偶然あるのかと突っ込みたくなりました。ラストシーンは林親子の切ない時間と、石渡夫婦の衝撃の再会で来週までモヤモヤしてしまいます。

30代

杏が斎木の元妻の由香の存在が気になるのはわかりますが、もう少し斎木のことを信用してあげても良いのではないかと思いました。優子が、息子のカミングアウトにかけた言葉はとても良かったと思います。赤坂との関係にも部下の結城が絡んできて暗雲が立ち込めてきて、どうなるか気になります。まりは旦那に愛想を尽かしているようで、丸太郎との関係が加速するような気がします。次の展開がどうなるか楽しみです。

40代

優子さんと赤坂君のキスを見てしまった旦那さんですが、最終的に許せるのが凄いなと思いました。ママ会で結婚の経緯を話していましたが、大介君との親子関係を聞いてびっくりしてしまいました。島の人は全体的にゆったりしていると聞きますが、シゲオさんは代表的で優しすぎるな~と思いました。ラストの大介君のカミングアウトにはびっくりしましたが、優子さんが唯一母親になれたときで感動しました。

40代

優子(吉田羊)の会社の上司は、優子の才能をひがんで足を引っ張ろうとしているのでしょうか。そうだとしたらとんでもない上司です。夫のシゲオ(矢作兼)は、血がつながっていないことをわかっていて、息子同様に育てていることもよく分かりません。男3人が同じスナック のカウンターに並んでいる絵が不思議でした。杏(木村佳乃)の夫は、いったい何をしに与論からやってきたのか気になります。

60代


第6話あらすじ【公式】(2020/11/27放送)

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。

その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。そこには慎吾も身を寄せていた。しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。

千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。

そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。

同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。

そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

最近の斉木が分かりません。杏を大切にしたいのか、杏を突き放したいのか、斉木は杏を本当はどう思っているのか謎すぎます。慎吾はいつも穏やかで、杏が慎吾と結婚したのも分かる気がしました。慎吾と杏が元に戻ることはないのかもしれませんが、杏は斉木よりも慎吾と過ごす方が素直で幸せだったように感じてしまいました。

30代

石渡慎吾という人物が、どんな人なのかいまいちよく分かりません。元妻のところへ来られても困ってしまいます。斉木は、杏のどんなところが好きになったのか疑問に思いました。斉木は意外とめんどくさがりなのかもしれません。杏は、見た目に惑わされない方がいいでしょう。今回は、優子と赤坂のシーンがあまりなかったのが残念です。お互いに惹かれ合っている二人が、あきらめられるはずがありません。

60代

もうなにがなんだかひっちゃかめっちゃかで、不倫がここまでドラマになる時代になるなんて、令和のドラマなんだなあともはや感心しかないです。しかもそれぞれの家族が崩壊しつつ他の場所で形成されていく感じも出ているし、来週も大きな動きがありそうだし、他人の家族をのぞき見している感じで、楽しみしかないです。あんさんの元旦那さんとけん君が接近しているのは親子なのだから問題はないのですが、もしかして二人して与論に行ったりするのでしょうか。

50代


第7話あらすじ【公式】(2020/12/4放送)

杏(木村佳乃)が、斉木(小泉孝太郎)から一方的に別れを告げられて1カ月。研(藤原大祐)は、元気のない母を心配しているが、最近は父・慎吾(渋川清彦)と自分のところを行ったり来たりしていて、杏は寂しさを感じていた。

まり(仲里依紗)の一家は、繁樹(玉置玲央)が政治資金流用の指南役だったと週刊誌に出たことで弁護士会から懲戒処分を受け、信用も仕事もなくし、高級タワーマンションも手放した。そんなまりたちに、優子(吉田羊)は空き家になっていた林家を提供する。一瞬にしてすべてを失ったことを受け入れられずにいる繁樹をよそに、まりは生活費を稼ぐため弁当屋でパートを始める。

千葉支店に移った優子は、新規開拓の飛び込み営業を続けていた。地元の食品卸の有力者・塚越社長(尾美としのり)のもとに1カ月通い、ようやく認められた優子。塚越に居酒屋チェーン「房総酒場」を紹介してもらうが、「房総酒場」はライバル会社であるアオシマ食品一本やり。

そこに優子たちコジカフーズが食い込むことができたら、塚越もコジカフーズと契約すると言われた優子。必死で「房総酒場」に通い詰めるが、先行きは不安だ。そんな中、優子は会議に出席するため久々に東京の本社へ戻る。会議を終えたところを赤坂(磯村勇斗)が待っていて…。

その頃、与論島で生活を始めたシゲオ(矢作兼)と大介(奥平大兼)父子。シゲオは構想中の小説のテーマを大介に話して聞かせ、大介を取材させてほしいと相談していた。

一方、杏は斉木のことが忘れられずにいた。斉木に対する自分の態度を反省していることを優子に話しながら、酔いつぶれてしまう杏。優子は代わりに斉木に電話をするが…。

引用:ドラマ『恋する母たち』公式サイト

※放送終了後に更新します。


ドラマ『恋する母たち』に期待しているところは?

3人の女性達の不倫の恋心のストーリーが見られて、木村佳乃さんと小泉孝太郎さんのカップリングに、吉田羊さんは年下くんとの、仲里依紗さんは阿部サダヲさんで物凄く豪華なメンバーに、それに各々の息子達も困難がありそうで、女性だけでなくて男性にも見て欲しいです!

40代

期待している事と言えば役者だと思います。不倫をテーマにした難しい役柄をどう女優の方々が演じるのかが注目するべき点だと思います。数多くある恋愛ドラマとは違った独自の世界観が出せれば面白いドラマになるのでは無いのかと期待しています。

40代

不倫というところだけではなくて、主人公である3人の母親たちの姿を通して家庭内での苦悩や家族との関係性に共感しながら、時にはそれを参考にしながら話の内容を見ていきたいと思います。日常と非日常のバランスをどう表現していくのかにも注目していきたいです。

30代

原作が柴門ふみさんの漫画なので面白いこと間違いないと期待しています。また、出演者が阿部サダヲさんなので興味があります。ドラマや映画など、コメディ―色が強い方なので、私は恋愛ドラマに出演するとどのように表現されるのか興味があります。

30代

子持ちの母たちの「母親たちは意外と不倫しているのよ」というテーマで進んでいく話から、リアルな主婦たちの不倫事情をドラマを通じて感じることで、母と女という二面性を垣間見てみたいと思っています。ドロドロな展開を期待しています。

30代

母親の恋愛という、「見ても良いのかな…?」「触れても良いのかな…?」というタブーな話題を覗けるのがとても楽しみです。不倫を推奨するのは良くないと思いますが、「大人の女性でも、母親でも、キュン!として良い!」というメッセージ性がありそうで、世の大人の女性たちを元気にしてくれることに期待します。

20代

それぞれの母たちがどのような恋に落ちていくのかがすごく気になって楽しみだなと思いました。不倫などを描いていて出演者もお芝居が上手な方ばかりそろっているのですごくリアル感のある作品になりそうだなと思い期待しています。

20代

結婚してもこんな思いをしながら、恋ができたら幸せだろうなって思う事を期待したいと思います。何歳になっても恋はしておきたいものです。小泉孝太郎が好きなので、毎週、彼を観ながらうっとりできることも楽しみのひとつです。

40代

3人の母が恋するお話というストーリーですが、その3人の息子さん役の3人に期待しています。なぜならみんなが若手の新人さんなのでどんな演技をしていただけるのかがすっごくたのしみなのとみんなイケメンすぎて気になります。

20代

今をときめく3女優の共演ということでとっても期待しています。それぞれ事情を抱えた母親たちがどんなドラマを繰り広げてくれるでしょう。主要人物が3人というのがよい。複雑に絡み合って予想もつかない展開になりそうです。

50代

原作が柴門ふみで脚本が大石静の恋愛タッグの最強とも思える母たちの大人のラブストーリーなので楽しみにしています。ストーリーを不倫愛という表し方じゃなく母親も恋をするという共感できる3人のそれぞれの生き方がどのように描かれるのか期待大です。

50代

ドラマ『恋する母たち』視聴者の見所ポイント

不倫の時の女性の心理を大石静さんは上手く書いてくれると思っています。恋してる時の高揚感とか、しばらく恋心なんて抱いてない生活から、秘密の関係になるスリルとか、それだけでなくて家庭内の悩みとかも細かく描かれてそうですね。

40代

三人の性格やタイプが違う女性達がどう人と出会い、そして不倫と言う危ない形で恋愛していくのかが見どころだと思います。三人の女性達が主人公であると言う感覚で見ると、幅が出来てよりドラマが面白い視点で見れるのでは無いのかなと思いました。

40代

不倫というテーマを扱っているドラマですが、それだけではなくて、不倫をする母親たちの家庭での妻や母としての苦悩や家族との関係性もしっかりと描かれています。

そこに現実感があり、このドラマを見る人たちが登場人物たちや話の内容に感情移入しやすくなっていると思います。主人公が3人いることでこのドラマを見る人たちがさらに自分に照らし合わせやすくなっていると思います。

30代

現実的に不倫はいけない事で、実際にしたらリスクが大き過ぎます。しかし、メインの3人の女性たちは色々と事情があるみたいなので、不倫というテーマをどのような結末に持っていくのか気になります。家族関係が修復するのか、それとも、その反対に向かうのか楽しみです。

30代

家庭に居場所を見つけれられない母の葛藤と、男性に自分の居場所を見つけてしまって、不倫におぼれていく様子を赤裸々に放送する番組は今はあまり見かけなくなったような気がするので、このドラマを通じて、「母はいつになっても女として認められたい」という強い気持ちを訴える点が見どころだと思います。

30代

1人の母親に焦点を当てているのではなく、複数の母親たちの恋愛模様に焦点を当てているところが見どころだと思います。つまり、母親が恋をすることは、両想い、片思い問わず、珍しくないことなのではないかと思います。見てはいけないような禁断の母親たちの生活を覗き見したいと思います。

20代

3人の母たちがそれぞれ夫の不倫などを乗り越えてどのような恋をして家族がどう変わっていくのかが見どころだと思います。それぞれ母たちに好意を寄せる3人の男たちがどのようにアタックするのかも注目するところだなと思いました。

20代

他のドラマは、キャスティングがいまいちだったり、話題性作りの必死感だけが先走っている気がして、あまり観る気がしなかったからです。選択した番組は、柴門ふみさんの漫画がテレビ化という事だけで、もう見どころありです。

40代

見所は3人の母のそれぞれの恋物語とその息子たちのそれぞれの悩みなど母に対する反抗など色々なことに扮する息子さんたちの演技も見所だとおもいますしまだ若手新人俳優さんばかりなのでベテラン女優さんたちとの絡みがたのしみです。

20代

キーワードは「不倫」なのでしょう。皆、子どもを持った「母」なので、生身の女性たちの本音を垣間見ることができそうです。また、引きこもりの息子を持つ女性、夫に失踪された女性、仕事一筋だったりセレブだったりと、誰もがあてはまったり思い当ったりイメージしやすい人間関係だと思います。見どころがたくさんありそう

50代

木村佳乃、吉田羊、仲里依紗の3人がそれぞれ恋する母親をどう演技で見れるのか注目しています。お互い息子が落ちこぼれ生徒で私生活も悩みがあったり、その中で出会った男性との恋愛の展開は見どころだと思います。現代の大人のラブストーリーにとにかく楽しみでしかありません。

50代

ドラマ『恋する母たち』の動画を無料フル視聴する方法まとめ

ドラマ『恋する母たち』は、既婚者であり母親である女性たちが恋に落ちていく過程です。

主人公の杏をはじめとした3人の妻であり母親でもある女性たちは、家庭のこともあり、そう簡単に夫以外の男性と恋をすることはできません。

それでも、恋心を募らせて、自分が持つ妻や母親という役割に捉われずに夫以外の男性と恋愛を始めていく過程が見所です。

3人の女性たちの繊細な感情表現に注目して見て欲しいです。それぞれ妻として母親としての立場による悩みや一人の女性としての悩みなど、様々な気持ちを抱えていると思います。

そんな3人の女性たちの心の揺れ動きを、実力派揃いの女優達が、ささいな表情や言動で丁寧に繊細に表現してくれると思います。

ドラマ『恋する母たち』の見逃し配信は、Paraviで配信中です。

2週間のお試しサービスを利用して、お楽しみください。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

 

\注目の2020年秋ドラマも無料視聴/

この恋あたためますか ドラマ『この恋あたためますか(恋あた)』公式見逃し配信動画を無料で全話視聴する方法|中村倫也・森七菜のスイーツラブストーリーを最終回まで 危険なビーナス ドラマ『危険なビーナス』公式見逃し配信動画を無料で全話視聴する方法|妻夫木聡&吉高由里子が東野圭吾原作で共演! 極主夫道 ドラマ『極主夫道』公式見逃し配信動画を無料で全話視聴する方法|玉木宏主演・元極道の専業主夫が起こすドタバタ痛快劇 ドラマ『24 JAPAN』公式動画や見逃し配信を無料で見る方法は?全24話&オリジナルストーリーを視聴 タリオ ドラマ『タリオ 復讐代行の2人』見逃し配信動画を無料で視聴する方法|浜辺美波と岡田将生が主演の痛快ポップな新感覚ドラマ 35歳の少女 ドラマ『35歳の少女』公式見逃し配信動画を無料で全話視聴する方法|柴咲コウ主演・遊川和彦脚本のオリジナルストーリー メンズ校 ドラマ『メンズ校』公式見逃し配信動画を無料でフル視聴!なにわ男子主演 ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』の動画や見逃し配信を無料で見る方法は?福士蒼汰主演のノンストップサスペンス 【カネ恋】「おカネの切れ目が恋のはじまり」見逃し動画配信を無料で見る方法は?三浦春馬さんの遺作を1話から全4話フル視聴 恐怖新聞 ドラマ『恐怖新聞』動画を無料で1話から最終回まで全話視聴する方法 ドラマ『時をかけるバンド』動画を無料で1話から全話視聴する方法|三浦翔平主演FODオリジナル配信 キワどい2人 ドラマ『キワドい2人‐K2‐』の見逃し配信動画を無料でフル視聴|山田涼介&田中圭の凸凹バディを1話から最終回まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です