『MIU404』の見逃し配信動画を無料でフル視聴|星野源&綾野剛の刑事ドラマを1話から最終回まで無料視聴

この記事では、6月26日(金)よりTBSで放送される『MIU404』のドラマ関連情報をまとめています。

ドラマの見逃し配信についても解りやすく解説していきます。

ドラマ『MIU404』の見逃し動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『MIU404』は、Paraviで1話から最終回までの動画を配信予定です。

Paraviなら1話から最新話まで全話配信

Paraviでドラマ『MIU404』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\2週間の無料トライアルはこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

Paraviで見れる星野源 出演ドラマ
  • プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~
  • 逃げるははじだが役に立つ
  • コウノドリ(2017)
  • コウノドリ(2015)
Paraviで見れる綾野剛 出演ドラマ
  • コウノドリ(2017)
  • コウノドリ(2015)
  • 山田孝之の東京都北区赤羽
  • 空飛ぶ広報室
  • S-最後の警官
  • クレオパトラな女たち

ドラマ『MIU404』1話から最終回あらすじネタバレ一覧

『MIU404』 第3話あらすじ・感想

第3話あらすじ【公式】

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。

これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

『MIU404』公式サイト

第3話ネタバレ

放送後に更新します。

第3話を見た視聴者の感想や評価

放送後に更新します。

『MIU404』 第2話あらすじ・感想

第2話あらすじ【公式】

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

『MIU404』公式サイト

第2話ネタバレ

車を前回の事件で廃車にしてしまった伊吹と志摩はあまっていたメロンパン販売の車で、パトロールをしていました。パトロールの最中、伊吹は隣を通過した車の中の人に違和感を持ちます。

逃亡じている殺人犯のパーカーと同じ色の袖が、見えた気がしたのです。伊吹と志摩はその車を追うことにしました。

逃走しているのは、加々見という男です。加々見は今朝、会社の専務を殺害したとされています。伊吹が見た車の中では、実際、田辺将司・早苗夫妻が人質となっていました。

加々見には、行きたいところがあるようで、夫妻を脅してそこへ行こうとしていたのです。怯えていた田辺夫妻でしたが、加々見と話すうちに、夫妻は亡くなった息子と加々見を重ねるようになっていました。

この日は、中3のときに自殺した息子の命日だったのです。早苗は、加々見に、本当に人を殺したのかと問いかけます。夫妻はそんな加々見のことを信じ、加々見の逃走を助けることを約束しました。

志摩は、タイミングを見計らい田辺の車に近づいて話しかけ、盗聴器を仕込みました。加々見は高校卒業後、就職の世話をしてくれた岸という友人の話をしていました。しかし、その岸は、横暴な専務により最近クビにされてしまったのです。

話を聞いた伊吹は、加々見は犯人じゃないと判断します。しばらくして、田辺夫婦と加々見はサービスエリアに着きます。 将司は、ごはんを食べようと加々見に声をかけます。

食事の前に立ち寄ったトイレで将司は、かつて息子を信じてやれず自殺に追い込んだことを話します。

そんな話をしている最中に、伊吹が入ってきました。続けて志摩も来ますが、田辺夫妻が邪魔をしたので加々見には走って逃げられてしまいました。

志摩は加々見が犯人である可能性を追っています。夫妻に、加々見は自殺するかもしれないと伝え、加々見の行き先を聞き出しました。

その頃、加々見は実家に戻っていました。加々見は、DVが激しかった父親を殺そうとしていました。

そこに伊吹と志摩が現れ、父親は2年前に事故で死んでいることを伝えます。志摩は加々見に、命は取り返しがつかないことを教えます。

伊吹は加々見に「無実でいてほしかったな」と伝えます。

逮捕され連行されていく加々見の前に、田辺夫妻が現れました。田辺夫婦は加々見に、最後まで付き合えなかったことを謝りました。

加々見は何も言いませんでしたが、田辺夫婦に深くおじぎをしました。

第2話を見た視聴者の感想や評価

今回の事件はとても悲しいものだなと思いました。犯人が小さい頃に自分の父親に虐待を受けていたことで、今回の事件が起こったことを思うと胸が痛みました。

犯人の車内立てこもりの人質になった夫婦が、最終的には犯人に対して温かい存在になったことが、犯人にとっての唯一の救いだったのではないかと思いました。

志摩の過去が少し明らかになったので、志摩の過去に何があったのかとても気になります。今回の話は前回よりもより面白く見ごたえがあったので、今後の展開がとても楽しみです。

30代

怖いシーンも多いので、メロンパンの塗装がされた車で真剣に話し合う2人の姿に、すごく気持ちが和みました。そして、殺人を犯してしまった加々見に、「殺したら負けなんだよ。」と言った伊吹の言葉がとても印象に残りました。

40代

綾野剛さんと星野源さんのコンビネーションのタグハグ具合が好きです。ドラマを通して絆が深まっていくんだろうなとドキドキしながら見ています。逮捕シーンに向けてのアクションがカッコ良くてハラハラしながら見ることができます。

20代

今回は、走る人質立てこもり事件を捜査するという内容で、今までに中々ないシチュエーションだったので新鮮でした。やはり1番の見所は、志摩と伊吹の掛け合いだと思います。楽観的な伊吹の発言に対して志摩の冷静なツッコミが最高です。

10代

主演の綾野剛さん、星野源さんがそれぞれ良い味を出してらっしゃってとても素敵でした。自由人の伊吹と冷静でまっすぐな志摩のバディも段々としっくりきてますね。

第2話は少し切なくやり切れない結末だったのですが、それがまたラストでかかる主題歌(米津玄師さんの「感電」)と凄くマッチしていました。最後の主演お2人の食事のシーンでは、素敵な男性2人の微笑ましいやり取りに思わずニヤニヤしてしまいました。

30代

心にトラウマを持つ気の毒な容疑者のお話でした。容疑者を亡くした自分の息子と重ねてしまう夫婦。この2組がたまたま出会ってしまった。容疑者は夫婦に心を救われた様に思い、夫婦もまた息子に似ている容疑者を支えることで息子の命日を終えることが出来た。直感で動く伊吹と学習と経験で捜査する志摩。今回もナイスなコンビでした。ゲストの鶴見辰吾さん池津祥子さん、松下洸平さんが凄く良かったです。

50代

番組後半の、綾野剛さん演じる伊吹が「たとえ嫌な相手でも、殺して自分の人生をダメにしてはいけないんだ。」と厳しく言ったシーンが、
グッときました。もし加々見が、同級生の岸に加えて伊吹のような人間に出会えていたら、こんな痛ましい事件にならなかったのかなと思いました。

30代

第1話が面白かったので期待はしていました。綾野剛さん・星野源さんのセリフのやり取りがテンポよくて面白いですが、たまにそこで人気を狙っているなとおもうところもあります。

犯人じゃないと思いながらもやっぱり犯人でしたが、父親への不満で上司を殺したという設定は少し無理があって共感できなかったです。

しかし米津玄師さんの主題歌が最高。流れるタイミングもよかったです。最後の綾野剛さんの犯人を見る目がうるうるしていて、本当に演技がうまい人だなとそこで感動しました。

30代

『MIU404』 第1話あらすじ・感想

第1話あらすじ【公式】

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。

やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

『MIU404』公式サイト

第1話ネタバレ

警視庁では働き方改革の話し合いが持たれ、1機捜・4機捜隊長の桔梗ゆづる(麻生久美子)は、第4機動捜査部隊に志摩一未(星野源)を配属することになります。

志摩は以前所轄に在籍していましたが、陳馬耕平(橋本じゅん)とペアを組んでおり、運転手役を務めていました。

今回自分とタッグを組む相手が気になる志摩ですが、陳馬は警察庁の息子である久重世人(岡田健人)と組むことが決まっていることを、桔梗や陳馬から聞かされます。

次の仕事もまた運転手役になるだろう流れになる志摩ですが、とりあえずタッグを組む相手が「伊吹藍(綾野剛)」という名前だということがわかります。

どんな人柄なのか気になって仕方がない志摩は、手あたり次第伊吹の情報を周囲から集めようとしますが、誰もが「とりあえず、足が速い。」と答えるのみでした。

情報の少なさに愕然とする志摩でしたが、駐車場で伊吹という男に会う機会に恵まれます。志摩と伊吹は挨拶を交わし、早速東京で起きた事件現場へと向かおうとしますが、伊吹が自ら運転を希望するので志摩は自分の仕事を取られた気分でした。

ところが志摩は、「以前配属されていたところでは車を使わず捜査をしていた」「久しぶりの運転だ」と伊吹が言うので、不安になります。

二人の乗っている車の後ろを走っていた車が突然あおり運転を始めたので、志摩が「相手にするな。」と注意するも、伊吹はその言葉を無視し、相手を懲らしめようと乱暴な運転をします。

曲がり角に差し掛かかると、平野文(西田ふみこ)という老女が倒れていたので、志摩は当然伊吹は車を止めて助けるだろうと期待します。

ところが老女を無視してあおり運転の男を捕まえ、「警察だ。」と名乗りだす伊吹を見た志摩は呆れます。志摩が老女に声をかけると、孫に上げる予定だったおもちゃがないと悲しんでいました。

陳馬と久重をはじめとする警察や近所の人たちが集まってきて、志摩は「お前のせいで老女が倒れたんだから。」と老女が探していたおもちゃを伊吹に渡します。

その頃、交番には孫と思われる少女(佐々木みゆ)が、老女を探しに来ました。伊吹は「俺がお孫さんに渡す。」と引き受け、警視庁で始末書を書く羽目になります。

やっとみんなでお昼にありつけると思うと、今度は飲食店街で男性が殺されたという情報が入ります。ところが、伊吹が「現場で見つかったスマホがカギを握るなら、きっと会話の内容は痴話喧嘩だ。」とメモも取らずに推理をしだすので、「どうやって報告書を書くんだ。」と志摩はイライラします。

車のナンバーやあおり運転の常習者であることから、この事件も水島善次郎(加治将樹)かもしれないと推測されます。

警察では少女が老女の行方を心配していたので志摩が探しに行くと、おもちゃ屋に老女が再度同じ商品を買いに来たものの、在庫がなくて別の店へ出かけたという情報を得ます。

伊吹は「この部署では最後まで現場に関わることが出来ないから、つまらない。」と言います。それなら24時間以内にうちらで事件を解決しよう、と志摩は決意しますが、あおり運転で報告されているナンバーに統一性がありません。

伊吹の推理は防犯カメラ等で確認したわけではなく“感覚”だったので、正確に捜査したい志摩と楽天的に捜査をしたい伊吹は馬が合いません。ところが、世田谷ナンバーに乗った犯人と思われる男性(相田雄一郎)にあおり運転され、志摩はカーチェイス風に相手をしたところ、お互いの車は横転してしまいます。

志摩が気づくと、逃げた犯人を伊吹が既に追いかけ捕まえていましたが、銃を向けようとした場面を見て驚きます。それは冗談に終わり、逮捕した男性は薬物を所持していたことがわかりました。

警視庁に戻った志摩達は、桔梗から何故車が壊れたのかと、お叱りを受けます。伊吹と合わなければ別の相手を組んでもいいと桔梗に言われていた志摩でしたが、とりあえず保留にすることにしました。

第1話を見た視聴者の感想や評価

考える前に動いてしまう危なっかしい刑事・伊吹を演じている綾野剛さん、ちゃらい感じがいつもの綾野さんの役とは違ってよかったです。

伊吹と、星野源さん演じる志摩、全然違う生活だけどいい相棒になりそう、今後の活躍が楽しみです。生瀬勝久さん演じる我孫子部長がいい味だしてて、さすが生瀬さんだなと思います。

40代

綾野剛、星野源コンビなら見なきゃという思いから期待大で見ました。面白いし、スピード感もあるし、カーチェイスのシーンはドキドキしましたがかっこ良かったです。麻生久美子さんの上司も素敵でした。あのチームがこれから引っ掻きまわすのが楽しみです。

50代

予告で星野源が刑事役なので男っぽい役だったので気になり観ました。星野さんは冷静なタイプ。綾野さんは野生の勘で動く熱血タイプ(笑)久々に度派手なカーアクションがありました。昭和ドラマを思い出しました(笑)次回も観ます!

40代

明るいというか能天気な感じの伊吹と、冷静沈着でしっかりとした分析をする志摩。正反対の2人の様子がコントみたいで楽しかったです。

また、伊吹のただ1つの長所といえる足の速さが役に立ち、犯人逮捕へと繋がりました。良かったぁ。車での追跡はハラハラでしたが、スカッともしました。

50代

単なるカーアクション刑事ドラマではなく、ストーリーが妙味で、とてもハマってしまいました。楽しく視聴出来ました。

一番印象的だったのは、志摩刑事(星野源)と伊吹(綾野剛)の息の合い方だと思いました。

エンディングテーマソング、米津玄師さんの“感電”は、雰囲気あってドラマにもバッチリ合っていたと思います。楽しみが増えました。

50代

伊吹が破天荒すぎて、刑事らしくない感じで面白いです。

伊吹を知っている人達にどんな人か聞いて回っても足が速いしかみんな言わないところに不安を感じました。きっと志摩もやっかいな相手とバディになったと思っているんじゃないかなと思いました

50代

ドラマ『MIU404』作品情報

『MIU404』はどんなストーリー?

『MIU404』は、警察の機動捜査隊を舞台に展開される刑事ドラマです。

Twitter


警察内の第3機動捜査隊は、警察官の中で「何でも屋」と呼ばれ、からかわれる部隊。

その第3機動隊が、働き方改革の一環で第4機動隊がとして生まれ変わることになりました。

その第4機動隊に配属された警察官・志摩は、人事トラブルから一緒に仕事をする仲間が見つけられません。これが運命の出会いのきっかけでした。

バディがいない志摩は、候補になりながらも落ちた交番勤務の警察官・伊吹と組むことになったのです。

警察官の中で問題児とされ、足が速い以外のいい評判のない志摩と、なんでも先回りして考える冷静な伊吹。

2人に与えられたタイムリミットは、たった24時間だけ。その24時間のなかで、凹凸バディが事件解決に挑みます。

機動捜査隊はどんな刑事?

機動捜査隊とは、警察の「刑事課」の中の役割のひとつ。簡単に言うと、事件の捜査をするお仕事になります。

事件が起きたときに現場に駆け付けるのは機動捜査隊ですし、逃げている犯人を追跡するのも機動捜査隊です。

また、いくつもの県をまたぐ広範囲の事件や、いわゆる重大事件の捜査も機動捜査隊が行います。

※似ている名前ですが「機動隊」とは別物なので要注意!

『MIU404』の意味は?

パッと見で意味が解らない『MIU404』というタイトルですが、聞けば納得の意味があります。

まずMIUは、主人公2人が所属する「機動捜査隊」の英文表記・Mobile Investigation Unitの頭文字から。

日本の警察署を検索すると、ちゃんとMobile Investigation Unitという名称が使われています。

そして404は、主人公2人をさすコールサインです。ドラマの中でこのバディは、404というコールサインで呼ばれるわけですね。

この2つを組み合わせて、タイトルが『MIU404』。意味が解ると納得のタイトルです。

Twitter


『MIU404』の登場人物とキャスト一覧

志摩一未(しま・かずみ)/星野源

第4機動捜査隊に所属する刑事。

なんでも先回りして考えるタイプで、物事を慎重に見極めることに長けている人物です。

社交的で人とそつなく付き合いますが、心の中では自分も他人も信じないという闇を抱えています。

警察内のトラブルでバディが見つからず、問題があると評判の伊吹とバディを組まされることに。彼の奔放さと勝手さに振り回されながらも、次第に見事なバディぶりを見せるようになります。

伊吹藍(いぶき・あい)/綾野剛

第4機動捜査隊に配属された、志摩のバディとなる人物。

抜群の機動力と運動神経を持ちながら、警察官として常識に欠ける行動が多く、警察内では問題ある人物として有名です。考える前に動く癖があり、なんでも考えて動く志摩とは正反対。たまに喧嘩になることも。

九重世人(ここのえ・よひと)/岡田健史

警視庁幹部の父のもとで育ったエリート警察官。年配のバディ・陣馬と行動を共にしています。

本人もエリートを意識している節があり、何かと上から目線な言動が目立ってしまう困った人物。

が、たまに可愛らしいところを見せる憎めない一面も。

陣馬耕平(じんば・こうへい)/橋本じゅん

部隊の班長。エリートや階級が大の苦手なのにも関わらず、エリート思考の強い年下の刑事・九重とバディを組んでいる苦労人。

腕っぷしの強さでは誰にも負けず、喧嘩が耐えない志摩・伊吹の仲裁役。

桔梗ゆづる(ききょう・ゆづる)/麻生久美子

部長。捜査一課→警察署長に出世したあと、女性初の機捜部長に任官しました。

人一倍口は悪いですが、人一倍懐も大きいです。根性論を嫌うリアリストな一面も。

『MIU404』の原作は脚本家・野木亜紀子のオリジナルストーリー

『MIU404』には原作がなく、完全オリジナル脚本のドラマとなります。

脚本家は、『アンナチュラル』『逃げるは恥だが役に立つ』『図書館戦争』を手掛けた野木亜紀子さん。

数々のヒット作品を手掛けてきた脚本家さんだけに、ドラマの内容にも期待が集まっています。

『MIU404』の主題歌は米津玄師の「感電」

ドラマ『MIU404』の主題歌は、米津玄師さんが作詞作曲の『感電』と発表されています。

米津玄師さんと脚本家の野木亜紀子さん、プロデューサーの荒井順子さん、監督・塚原あや子さんは、『アンナチュラル』でもタッグを組んでいました。どんな主題歌になるのかが楽しみですね!

『MIU404』のロケ地や撮影情報

東京都 つくば駅

2020年2月24日ごろ、東京都にある「つくば駅」にて、MIU404の撮影目撃情報がありました。

こちらはエキストラを募集しての大掛かりな撮影で、現地には横転した車も見られたそうです。星野源さんと綾野剛さんも、2人そろって撮影されていたとのこと。

茨城県 花室トンネル

2020年3月上旬ごろ、トンネルを封鎖して撮影をしていたという目撃情報がありました。

何日かに分けて撮影をしていたようです。ただ、封鎖していたということもあり、主役お2人の姿は見られず。

千葉県 鎌ヶ谷市役所

千葉県鎌ケ谷市にある「鎌ヶ谷市役所」が、『MIU404』に出てくる「警視庁墨田警察署」となるようです。

市役所の入り口が「警視庁墨田警察署」になっていると、目撃情報がありました。

Twitter


星野源の刑事役がどんなものなのか今から期待大です。綾野剛との共演も1番の注目だと思います。星野源は真面目で賢そうだけど、綾野剛の方は頼りなさそうな感じがしました。でも、最終的には最高のバディになるんだと思います。2人が刑事としてどう成長していくのか、どうやって事件を解決していくのかが毎回楽しみになりそうです。

40代

このドラマに期待している点は、綾野剛さんと星野源さんがダブル出演していて、とにかく警察のハードな動きや演技に注目しています。とにかく、走って追いかけたり、飛んだりするシーンが多そうで、いろいろな人との迫力のあるシーンも多い内容だと思うので、そういった切羽詰まったシーンの演技をどうしてくれるのか、2人の演技に注目しています。

20代

バディものが多い今期のドラマで一番見たいドラマです。星野源と綾野剛のタッグは「コウノドリ」と同じですが、今回は全く違ったキャラのようで、二人がどんなバディになるのかすごく楽しみにしています。また一話完結ノンストップということで、スピード感があって、金曜日の夜にすっきりできるドラマになることを期待しています!

40代

綾野剛と星野源とのw主演が一番の魅力的要素だと思います。刑事ドラマでは珍しい一話完結という内容も、誰にでも観やすいものだと思います。また個人的に好きな、野木亜紀子氏が脚本ということもありとても期待してます。キャストでは、中学聖日記で一躍有名になった岡田健史くんが久々?の地上波のドラマで演技してる姿が観れるのも楽しみです。

30代

綾野剛さんと星野源さんのダブル主演ということで、キャストだけでもとても期待しています。特に綾野剛さんのファンなので、どんな伊吹藍を見せてくれるのか楽しみです。いままで刑事役はやられたことがあると思いますが、どれもクールな印象の役でしたが今回は破天荒な刑事役なので、新たな一面が見られるのではないかと思っています。今回は野木さんの脚本で、1話完結型ということなのてわその1時間でどんな話の展開になっていくのがもすごく楽しみにしています。ぜひ普通の刑事ドラマとは違う印象のドラマになってほしいです。

30代

ドラマMIU404で、綾野剛さんと星野源さんがどのような感じで刑事を演じるのかというところに期待しています。特に綾野剛さんの役の熱血ぶりは面白そうですし、それに振り回される星野さんの役がどんなふうに立ち回るのかというところも気になります。ドラマのストーリーもオリジナル脚本で面白そうなので期待しています。

40代

綾野剛さんと星野源さんがダブル主演というだけで、コウノドリのように息が合うのは間違いないです。綾野剛さん演じる伊吹が飄々としてて、星野源さん演じる志摩が振り回されイライラしてほぼ怒ってるという役どころが、かつての噂の刑事トミーとマツを彷彿させる感。機捜のドラマだから2人のカーアクションがいっぱいありそうです見どころです。

40代

星野源さん、綾野剛さん、麻生久美子さんときたら、もうハズレるわけがないと私は断言出来ます。これだけの豪華なキャスティングにワクワク感がとまりません。タイトル名からもオシャレな仕上がりのドラマになると予想します。ストーリーでは伊吹の存在がダントツで気に

なりました!きっとキーマンになると思ってます。それぞれの魅力が相乗効果で何倍にもなるドラマになりそうですね。私も友人や家族と盛り上がって観られそうです。

30代

綾野剛さんと星野源さんの新バディ誕生ということで期待度UPです。脚本も「逃げ恥」の野木亜紀子さんだしメンバーが揃いすぎたドラマで、視聴率No.1なのではと思っています。警視庁の働き方改革で作られた機動捜査隊で、主役のお二人の活躍がとてもたのしみですし、アクションにも期待しています。二人の会話にも注目したいドラマです。はやく放送がみたいです。

60代

放送前から期待値上昇!『MIU404』をお見逃しなく!

綾野剛さん&星野源さんの演技派俳優バディに加え、『逃げ恥』『アンナチュラル』を手掛けた野木亜紀子さんが脚本を書くことから、放送前からかなり注目度が高いドラマとなっています。

2020年の春ドラマはバディものが多く、どこまで『MIU404』が視聴率を伸ばせるかに注目です。

また、24時間と言う限られた時間の中で、凹凸バディがどう事件に向き合い、解決していくのかも楽しみたいですね。

2020年春ドラマ一覧

放送日 タイトル 放送局 主演
月曜 21:00 SUITS/スーツ2 フジテレビ 織田裕二、中島裕翔
月曜 22:00 行列の女神~らーめん才遊記~ テレビ東京 鈴木京香、黒島結菜
月曜 22:00 正しいロックバンドの作り方 日本テレビ 藤井流星、神山智洋
月曜 24:00 ワカコ酒Season5 BSテレ東 武田梨奈
月曜 24:55 地獄のガールフレンド フジテレビ 加藤ローサ
火曜 21:00 竜の道 二つの顔の復讐者 フジテレビ 玉木宏、高橋和夫
火曜 22:00 私の家政夫ナギサさん TBSテレビ 多部未華子、大森南朋
火曜 25:28 映像研には手を出すな! TBSテレビ 齋藤飛鳥
水曜 21:00 特捜9 シーズン3 テレビ朝日 井ノ原快彦
水曜 22:00 ハケンの品格 日本テレビ 篠原涼子
水曜 24:12 レンタルなんもしない人 テレビ東京 増田貴久
水曜 24:52 きょうの猫村さん テレビ東京 松重豊
水曜 24:59 FAKE MOTION -卓球の王将 日本テレビ 佐野勇斗、北村匠海
木曜 20:00 警視庁・捜査一課長2020 テレビ朝日 内藤剛志
木曜 21:00 BG~身辺警護人~(2020) テレビ朝日 木村拓哉
木曜 20:00 アンサング・シンデレラ フジテレビ 石原さとみ
木曜 23:00 僕だけが17歳の世界で Abema TV 染谷航太
木曜 23:59 ギルティ~この恋は罪ですか?~ 日本テレビ 新川優愛
金曜 20:00 らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~ テレビ東京 田中圭、安田顕
金曜 22:00 MIU404 TBSテレビ 綾野剛、星野源
金曜 23:15 家政夫のミタゾノ4 テレビ朝日 松岡昌宏
金曜 24:12 浦安鉄筋家族 テレビ東京 佐藤二朗
金曜 24:52 捨ててよ、安達さん。 テレビ東京 安達祐実
土曜 22:00 未満警察 ミッドナイトランナー 日本テレビ 平野紫耀、中島健人
土曜 23:15 M 愛すべき人がいて テレビ朝日 三浦翔平、安斉かれん
土曜 23:30 いいね!光源氏くん NHK総合 千葉雄大、伊藤沙莉
土曜 23:40 隕石家族 フジテレビ 羽田美智子
土曜 26:30 年下彼氏 テレビ朝日 なにわ男子、Aぇ! group、Lil かんさい
日曜 21:00 半沢直樹 TBSテレビ 堺雅人
日曜 22:30 美食探偵 明智五郎 日本テレビ 中村倫也
月-金曜 08:00 エール NHK総合 窪田正孝、二階堂ふみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です