ドラマ『熱血司祭』動画を無料視聴|1話から最終回まで全話あらすじ

韓国ドラマ『熱血司祭』は、2019年に韓国のSBSで放送されたドラマです。(全20話)

2019年SBS演技大賞では、主演のキム・ナムギルが大賞受賞のほか全8冠に輝いています。

最高視聴率22%で、2019年上半期のヒット作品です。

この記事では、韓国ドラマ『熱血司祭』のドラマ情報をはじめ、無料で動画フルを全話視聴する方法を紹介しています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

『熱血司祭』はU-NEXTで配信中です。

U-NEXTでは無料で動画が見れる31日間のお試し期間があります。

無料期間中の解約ならお金がかからないのでオススメです。

無料期間中の解約で動画が無料!


  1. はじめてサービスを申し込む方なら31日間無料で動画が見れる
  2. 動画配信サービスの中でも作品数が充実しており、韓国ドラマはNo.1!
  3. お試し期間中に誰でも600ポイントもらえるので有料動画も見ることができる
『熱血司祭』はどんなドラマ?
  1. ブチギレ司祭とおとぼけ刑事が繰り広げる痛快アクションコメディー
  2. アクションシーンだけでなく笑いもあり、目が離せない
  3. 演技大賞で8冠を受賞するほどチームワークの良い作品

『熱血司祭』の動画を無料でフル視聴する方法

『熱血司祭』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2021年2月の時点で『熱血司祭』が配信されている人気動画配信サービスは以下の通りです。

『熱血司祭』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 ポイント* 月額料金(税込) 無料期間
FOD 900P 976円 2週間
U-NEXT 600P 2,189円 31日間
なし 1,026円 2週間
なし 1,017円 2週間
1,600P 1,958円 30日間
1,000P 990円 2週間
なし 550円 31日間
なし 500円 30日間
配信状況:◎【見放題】/〇【ポイントで無料】/△【課金が必要】/ー【配信なし】

*無料期間中に獲得できるポイントです。

一覧表の情報は2021年2月時点の情報です。

※最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『熱血司祭』は、U-NEXTをはじめ、いくつか見放題で視聴できるサイトがあります。

U-NEXTなら1話から最終回まで全40話視聴できます。まだ比較的新しい作品のため、見放題は1話のみでそれ以降は1話につき220円となっています。(初回登録時にもらえる600ポイントを利用することも可能)

また、U-NEXTでは、人気作品から最新ドラマ、K-popアイドル番組、バラエティ番組など韓流コンテンツを多数配信中なので、韓流ファンの方にはとてもおすすめできます!

『熱血司祭』はどんなストーリー?

元国家情報院の対テロ特殊チーム要員のヘイル(キム・ナムギル)が作戦中に、子供たちが犠牲になる事件が起こり、特殊チーム要員を辞めてしまいます。

生きる気力を無くし、行き倒れになっているヘイルをヨンジュン神父(チョン・ドンファン)が助けます。そして、神に仕える司祭の道へと進む事になりました。

数年後、司祭になったヘイルがヨンジュン神父の元に戻ってきますが、そこには聖堂の土地を強制的に売却させようとする元ヤクザで現在は実業家のチョル・ボム(コ・ジュン)の手下たちが現れるようになります。

その後、ヨンジュン神父が遺体となって発見されます。ヨンジュン神父がセクハラや横領をしていたというニュースが報道され、警察は自殺として処理をしますが、ヘイル司祭は自殺ではないと疑念をいだくようになります。

ヘイルがヨンジュン神父の部屋の整理をしていると、日記がでてきます。そこから、ヨンジュン神父が区長、警察署長、国会議員、インチキ宗教の教祖、実業家チョル・ボムたちがグルとなっている組織と戦おうとしていた事実を知ります。

司祭でありながらすぐにブチ切れてしまうヘイルは、ヘタレのおとぼけ刑事ク・デヨン(キム・ソンギュン)と組み、真相を突きとめようとします。

怒りをコントロールできず、暴力で事を進めるヘイルに始めのうちは非協力的だったのですが、行動を共にするうちにヘイルに協力的になっていきます。

出世の為、上司に媚びる検事パク・キョンソン(イ・ハニ)、聖堂のシスター(ペク・ジウォン)、クダム聖堂の司祭(チョン・ソンウ)、中華料理店の配達員(アン・チャンファン)、コンビニ店員(コ・キュピル)たちもヘイルに協力して1つのチームになって巨大な悪の組織に立ち向かって行くのでした。

『熱血司祭』の相関図や登場人物・キャスト一覧

画像出典:https://kntv.jp/program/kn190701/

★キム・ナムギル(キム・ヘイル役)
クダム聖堂の司祭、元国家情報院の特殊チーム要員
司祭でありながら、怒りをコントロールできずにすぐにきれるが思慮深い。

★キム・ソンギュン(ク・デヨン役)
クダム警察署刑事
過去に同僚を失ってからへたれ刑事になってしまう。

★イ・ハニ(パク・キョンソン役)
ソウル中央地検検事
出世の為上司に媚びているけれども、正義感はもっている。

★コ・ジュン(ファン・チョルボム) 
実業家、元暴力団
喧嘩が強く、元暴力団のボスだったが、悪い権力者からは使い走りのような事をさせらている。

『熱血司祭』主題歌・OST紹介

熱血司祭のOSTは、闘争本能をかき立てるようなテンポの速いエキサイティングな曲調の「うちの町のヒーロー」(NORAZO)や、クールな高音が生かされた「Fighters」(チョン・ドンハ)など、キム・ナムギル演じるヘイル司祭がブチ切れるシーンを盛り上げるノリノリの楽曲になっています。

『熱血司祭』1話から最終回までの全話あらすじ

第1話あらすじ

麗水の聖堂で司祭を務めるキム・ヘイルは度重なる問題のせいで、麗水から父親同然のイ・ヨンジュン神父がいるソウルのクダム聖堂にやって来る。イ神父に温かく迎えられ、何とか穏便に過ごそうと思うヘイルだが、怒りをうまくコントロールできず度々かんしゃくを起こす。一方、上昇志向の強いソウル地検の検事パク・キョンソンは教会でヘイルに会いカッコいいヘイルが気になるが、冷たく突き放されてしまう。

第2話あらすじ

ヘイルはチョルボムに抗議をしている人たちを見捨てることができず間に入る。チョルボムを聖堂に入れるべきではないとヘイルは主張するが、信者を選ぶなどもっての他だとイ神父に怒られ2人は衝突してしまう。その夜、イ神父は何者かに呼び出され出かけるのだが翌日、遺体となって発見される。自殺として事件を終結させようとする警察の態度に納得がいかないヘイルは再捜査を依頼するが…

第3話あらすじ

イ神父の献金着服と女性信者へのセクハラのニュースを見て怒りを抑えられなくなったヘイルはクダム署へ向かう。そしてク刑事を殴り留置場に入れられる。担当検事になったキョンソンは、釈放する代わりに丸く収めようとするがうまくいかない。キョンソンの指示でイ神父の遺体を引き取ることができなくなったヘイルは、知り合いの検視官を安置室に連れ込み検視をしてもらう。そしてイ神父が他殺だと確信する。

第4話あらすじ

チョルボムの表彰式に乗り込んだヘイルだったが、心の内を見透かされ、悔しい思いをして帰ることに。今回の事件を機にクダム聖堂はミサに来る信者が減り、存続の危機に陥る。そんな時キョンソンとの言い争いでヒントを得たヘイルは、バチカン市国にいる教皇に助けを求める手紙を送る。それが教皇の元へ届き、大統領命令で再捜査が行われることになり、ヘイルも捜査に参加することになったのだが…

第5話あらすじ

捜査のパートナーがデヨンだと知り、警察側に再捜査する気が全くないことを感じるヘイル。それでも2人の証人に会いに行くが、姿を消したあとだった。聖堂の総務部長がギャンブル中毒だったと知り偽証だと確信するが、行方はつかめない。一方、ノンヒョン洞の覚せい剤事件で売人とされた青年と面会したキョンソンは、売人ではないと訴える青年を冷たく突き放す。しかし、その彼が自殺未遂を図り…

第6話あらすじ

コザエフの手下に襲われ、証人を奪われたソ刑事。それを知ったヘイルは移送中に刑事が襲われ、証人まで奪われたにもかかわらず、警察が動かないことに疑問を覚える。ヘイルは移送中、ソ刑事に電話をかけてきたデヨンに詰め寄るが、うまくかわされてしまう。イ神父の再捜査も難航している中、施設の新しい委託先だと聞いたメガク教の本院を訪れたヘイル。そこでチョルボムを見つけ彼が背後にいることを知る。

第7話あらすじ

メガク教の本院で鉢合わせしたヘイルとチョルボム。その場で拳を交えることになるが一時中断に。ヘイルの能力を体感したチョルボムは、再びヘイルの過去を調べることにする。一方キョンソンは、証人の居場所の情報源を聞くためにソ刑事を呼び出すが、別ルートから情報提供者がヘイルだと知る。低質な給食を食べて入院している子供が退院させられそうだという話を聞いたヘイルは、給食業者に責任を取らせようとするが…

第8話あらすじ

ヘイルを排除しようとメガク教の教主が策略を練るが、デヨンの出現で計画は台なしとなる。教主の甥が社長を務める給食業者が捕まると、ドンジャまで被害を受けることになるがゆえ、何とか阻止しようと躍起になるチョルボム。一方、ヘイルやソ刑事に力を貸したいと思っているデヨンだが、自分が無茶をしたことで同僚を死なせてしまった過去からチョルボムに逆らえずにいる。

第9話あらすじ

別荘でキョンソンに出くわしたヘイルとデヨン。その場からは何とか逃げるが、警察に覆面強盗犯として追われることになる。一方、仲間からパク議員とナム署長を排除しようとたくらむ区長とカン部長検事。カン部長検事はチョルボムを呼び出し、パク議員を自殺に見せかけて殺すよう命じる。しかし、チョルボムとメガク教の教主が、それぞれ地下の金庫にあるカネを奪うことを考え始め、少しずつ彼らのバランスが狂い始める。

第10話あらすじ

チョルボムに不意打ちをくらい倒れるヘイル。しかし救急隊員が来たことで危機を免れる。キョンソンは部長検事から仲間にならないかと誘われるが、ヘイルが半殺しにされたと知り気が気でならない。一方、美味フードの帳簿をチェックしていたソ刑事は、イ神父が亡くなった日に美味フードがチョルボムの別荘へ行っていたという記述を発見する。従業員の証言から神父が別荘にいた確率が高いと分かり、ヘイルとデヨンは別荘に侵入する。

第11話あらすじ

別荘でキョンソンに出くわしたヘイルとデヨン。その場からは何とか逃げるが、警察に覆面強盗犯として追われることになる。一方、仲間からパク議員とナム署長を排除しようとたくらむ区長とカン部長検事。カン部長検事はチョルボムを呼び出し、パク議員を自殺に見せかけて殺すよう命じる。しかし、チョルボムとメガク教の教主が、それぞれ地下の金庫にあるカネを奪うことを考え始め、少しずつ彼らのバランスが狂い始める。

第12話あらすじ

キョンソンのおかげで危機を脱したヘイル。しかしキョンソンに別荘へ侵入したことや、パク議員の事件現場にいたことを問い詰められても認めようとしない。チョルボムの別荘で発見した血痕のDNAとイ神父のDNAが一致し、ヘイルたちは鑑識を別荘に出動させる。だが部屋は床や壁紙が貼り替えられていて何の証拠も見つけられない。なぜ相手に勘付かれたのかといぶかしく思っていた時、教会にある男が訪ねてきて…

第13話あらすじ

何者かに命を狙われ、ヘイルに助けられたキョンソン。その指示をしたのがハンジュグループの会長の息子で覚せい剤事件に関わっていたキム・ゴニョンだと知り、怒りが収まらない。一方、犯人がロシア人だと知ったヘイルはコザエフに会いに行き、コザエフの情報からキョンソンの件やパク議員の件にライジングムーンが関わっていることを知る。そして復しゅうを誓ったキョンソンは、ヘイルに手を組もうと提案を持ちかける。

第14話あらすじ

ライジングムーンに乗り込んだヘイルとキョンソンたちは、ピンチに陥るがソンサクの活躍で危機を乗り越え、駆けつけた強行犯係が現行犯でクラブにいた人たちを逮捕する。しかし、パク議員とキョンソンを襲った犯人同様、肝心なところで成果が上がらない。そこでヘイルとキョンソンは思い切った策を取ることにする。犯人をロシアに引き渡すための護送車を偽装し、キョンソンとソ刑事は組織のリーダーを泳がせるが…

第15話あらすじ

成功したかのように見えたヘイルたちの作戦は、ファン・チョルボムの手下が出頭したことで形勢が逆転する。更に強行犯2係のメンバーは別の部署へ飛ばされることに。ナム署長を検挙するためにライジングムーンの会計ファイルを手に入れようと動くヘイルたちだったが、担当の会計士が違法賭博の一味にファイルを奪われていたと知る。賭場を訪ねたヘイルたちを待っていたのは3大いかさま師の1人と言われる男だった。

第16話あらすじ

神の啓示を受け、勝負するために賭場へ行った平澤 の“十尾狐”ことキムシスター。勝負はシスターが逆転勝ちを収め、外で控えていたデヨンたちが賭博の一味を検挙し、同時にナム署長も逮捕されることになる。浮かれるヘイルたちだったが、ジュングォンがヘイルの過去をマスコミにリークし、ヘイルは2年間のアルゼンチンへの宣教活動を命じられる。しかし、キョンソンのアイデアで出国禁止措置を取られるのだが…

第17話あらすじ

ジュングォンが仕向けたやつらによって強行犯係のメンバーは全員重傷を負う。中でもソ刑事のけがはひどく、ヘイルは怒りを感じると同時に自分を責める。ジュングォンの元を訪ねると、殺せばイ神父の事件の真相を知っている証人が1人消えることになると言われる。こういう時こそ、ひるまずに戦うべきだと周りに言われ金庫破りを実行することにしたヘイル。中のカネを別の場所に移動させ、その道中で奪う作戦を立てるが…

第18話あらすじ

金庫の中に閉じ込められたヘイルたちとチョルボム。空気が減り窒息する寸前のところで、コザエフが開けた穴から外に出ることができ九死に一生を得る。ジュングォンがカン部長を裏切り、カネを持ち逃げしたと知ったヘイルは、どうやって奪うか考える。すると、チョルボムから一緒にジュングォンを捕まえようという提案を受ける。断ろうとしたヘイルだったが、うまくいけばイ神父の死の真相を教えると言われ手を組むことに。

第19話あらすじ

目の前でハン司祭がやられる姿を見たヘイル。ハン司祭は一命を取りとめたものの、意識不明の重体となる。ジュングォンと片をつける決心をしたヘイルは教会から姿を消し、修道会にも脱会届を提出する。そしてヨンユ山に設置された無人カメラにイ神父の遺体を運ぶチャンリョンの姿が映っていたことを知ったヘイルはチョルボムに会いに行く。するとチョルボムは事件の真相を話し始め…

第20話あらすじ

ジュングォンと片をつけることにしたヘイル。しかしジュングォンはシスターを人質にしてヘイルに圧力をかけてくる。戸惑うヘイルだったが、シスターの言葉に奮い立たされ敵を全員制圧する。そしてデヨンたちが現場へ駆け付けると、ヘイルはジュングォンの頭に銃口を向けて立っていた。事件は解決したが、キョンソンとデヨンは自分の過ちを正すべく退職する決心をし、ヘイルも司祭を辞めると告げる。

引用:KNTV『熱血司祭』

『熱血司祭』見どころ・まとめ

主役が怒りをコントロール出来ない司祭ということで、アクションシーンが多いのですが、笑えるシーンも多く含まれているので、緩急があって見やすいドラマです。

コミカルなシーンでは、声をあげて笑ってしまうこともあります。悪役も、なんだか憎めないキャラクター達ばかりです。

演技大賞で8冠を受賞したほどなので、チームワークが良いのではないかと感じられます。

全20話ですが、見始めると次の回が気になり一気見してしまいたくなる内容です。笑えて、痛快。スカッとしたい方におすすめの作品です。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です