映画『奥様は、取り扱い注意』動画を無料視聴する方法!あらすじ・キャスト・見どころを紹介

2017年に日本テレビで放送されていたドラマ『奥様は、取り扱い注意』は、たいへん人気のうちに最終話を迎えました。

その後の夫婦がどうなったか気になっていた方も多いでしょうが、劇場版でドラマの続編が描かれています。

劇場版の『奥様は、取り扱い注意』は、2021年に公開されました。

続編はドラマの舞台・登場人物が一新しています。

もちろん、ドラマと同様に綾瀬はるかさんらの華麗なアクションシーンにも注目が集まりますね。

劇場版『奥様は、取り扱い注意』の動画配信情報やあらすじやキャスト、見どころをまとめました。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

映画『奥様は、取り扱い注意』の動画を無料フル視聴する方法

映画『奥様は、取り扱い注意』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

映画『奥様は、取り扱い注意』の動画配信状況は以下の通りです。

映画『奥様は、取り扱い注意』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 ポイント 月額料金(税込) 無料期間
FODプレミアム 1,300P 976円 2週間
U-NEXT 600P 2,189円 31日間
Hulu なし 1,026円 2週間
Paravi なし 1,017円 2週間
dTV なし 550円 31日間
配信状況:【見放題】/【ポイントで無料】/【課金が必要】/✕【配信なし】

一覧表の情報は2022年3月時点の情報です。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『奥様は、取り扱い注意』は複数の配信サービスで視聴することが可能です。

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷われる方は、無料期間中に費用がかからず動画コンテンツが多い点で、おすすめのサービスはU-NEXTとなります。

特徴
  1. 業界No.1の見放題作品数
  2. 雑誌や漫画も読むことができる
  3. 毎月1,200ポイントが付与される
  4. ファミリー向けに4台まで同時視聴が可能

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

映画『奥様は、取り扱い注意』作品情報

劇場版『奥様は、取り扱い注意』は、2021年3月に公開された映画です。

2017年に放送された同名ドラマの続編にあたる作品で、ドラマ同様原案を金城一紀さんが務めています。

主役がきれいな奥様ながら元特殊工作員という設定で、激しいアクションシーンもこなす綾瀬はるかさんなど見どころがたくさんある映画ですね。

映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじを紹介

劇場版『奥様は、取り扱い注意』のあらすじを簡単に紹介します。

前作のドラマから舞台は移り、現在主役夫婦は珠海市というところに引っ越してきました。

主役の菜美は事件のために記憶喪失となっており、桜井久美という名前で生活しています。

夫の勇輝も当然桜井という姓で生活しており、桜井裕司という名前で県立高校の教師をしていました。

この街ではメタンハイドレード開発の話が出ており、夫の県立高校の同僚・矢部は開発反対派です。

一方当然ながら、施設の建設推進派の方もいらっしゃいます。

新生活を始めた菜美の周りでは新たに親しい人間もできたところで、またドラマ版のようにこの争いにいつの間にか関わっていくことになるのでしょうか。

菜美はカウンセリングを受けているので、記憶が元に戻るかも注目です。

一方ドラマ版で公安の人間であることが明らかになった夫・勇輝は、現在も教師の仕事をしつつ公安の人間として元特殊工作員の菜美監視を命じられています。

もし記憶を取り戻した菜美が事件に首を突っ込むようになれば、菜美の行動を阻止に回らなければいけない可能性も出てくる立場です。

確かな愛情でつながっている夫婦ですが、事件を通してまたしても夫婦関係に変化が出てくるのかに注目しましょう。

映画『奥様は、取り扱い注意』のキャストを紹介

劇場版『奥様は、取り扱い注意』のキャストを紹介します。

もちろん主人公夫婦は、綾瀬はるかさん・西島秀俊さんがドラマ版から続投です。

その他のキャストとして、以下の方々が出演します。

  • 鈴木浩介
  • 岡田健史
  • 前田敦子
  • 佐野史郎
  • 檀れい
  • 小日向文世
  • みのすけ
  • 浅利陽介
  • やしろ優
  • 鶴見辰吾
  • 六平直政

今回のストーリーに大きく関わってくるのは、なんといっても夫・優輝の同僚でメタンハイドレード開発調査基地反対派の矢部真二役・鈴木浩介さんですね。

もう一人、この矢部の元教え子で菜美の親友になるダイニングバーの男性・岩尾珠里役の岡田健史さんにも注目が集まります。

一方悪役として対峙することになりそうな建設推進派は、矢部の元妻・市長の壇れいさんやコンサル会社社長役の佐野史郎さんです。

外国人俳優のセルゲイ・ヴラソフさんが演じるロシアの諜報員も、過去に菜美と因縁がありバトル展開になること必死でしょう。

今回も後半は普通の主婦だった綾瀬さんが一転、アクションシーンで魅せてくれます。

映画『奥様は、取り扱い注意』の感想

ドラマを見ていないと内容がややつかみにくい部分があり、世界観に浸るまでに少し時間がかかりました。でも、綾瀬はるかさんの迫真のアクションシーンに引き込まれて、次はどうなるのだろうと段々とハマってしまいました。綾瀬はるかさんは、どんな役でもしっかり役作りをしていると感じさせるものがあり、西島さんとの夫婦役も良かったです。

30代

伊佐山勇輝も伊佐山菜美もお互い愛しているのにうまくいかないなと切なくなりました。いろんな意味で最強夫婦なのにと思います。ずっとなぜ公安の協力者になれないのか気になっていましたが、伊佐山菜美がなりたいのは協力者ではなく伊佐山勇輝の妻だと知った時も切なかったです。敵を倒しながらの夫婦喧嘩はやはり面白かったです。最後伊佐山勇輝に撃たれたとき、いくらテレビの奇跡の生還のように撃ったとしても、落ちてそれからどうやって生還したのか気になりましたが、伊佐山菜美ならやれるのかと思い、自分を納得させました。2人が一緒にいられたらよかったなと思うけれど、生きていてくれるだけでいいのかなと思います。

30代

これは映画が始まった時に私の地区では上映されず、放送を楽しみにしてました。ナミが記憶喪失になり、クミとユウジという新しい名前に変わり、公安から教師へと職業も変わっていて小さな地方都市で暮らして、夫を送ったり夕飯を一緒に食べてその日の話をしたり、ほのぼのとした夢を語ったりしている中で、新エネルギー源の開発賛成派と反対派の争いの中で、クミも記憶を思い出してしまう。幸せの中から、一変してアクションシーンがあったり面白い映画です。最後に愛しているなら殺してと、ナミが良い、愛してると言いながら撃ってしまうシーンは感動しました。

30代

映画『奥様は、取り扱い注意』の見どころ・まとめ

劇場版『奥様は、取り扱い注意』は、主役の菜美が記憶喪失になっていたという衝撃の展開から始まりますね。

記憶が戻り特殊工作員として目覚めた時、菜美はどのように振舞うのでしょうか。

「史上最強の夫婦喧嘩」と銘打たれている通り、国レベルにまで影響を与える事件の裏側で勃発するスパイ・公安コンビ夫婦の愛とバトルに注目です。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です