映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の動画を無料フル視聴できる配信サービスは?DVDレンタルよりも快適に観る

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の動画を無料フル視聴できる配信サービスについて大手VODサイトを比較して解説。

DVDレンタルよりも快適で、安全に観れる動画配信(VOD)サービスを紹介します。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の動画を無料フル視聴する方法

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年2月の時点で、動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 ポイント 月額料金(税込) 無料期間
1,300P 976円 1ヶ月無料
600P 2,189円 31日間無料
なし 1,026円 2週間無料
なし 1,017円 2週間無料
1,600P 1,958円 30日間無料
3,000P 990円 2週間無料
なし 550円 31日間無料
なし 500円 30日間無料
なし 880円~ なし
配信状況:【見放題】/【ポイントで無料】/【課金が必要】/ー【配信なし】

一覧表の情報は2020年3月時点の情報です。

※最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は複数の配信サービスで視聴することが可能です。

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷われる方は、無料期間中に費用がかからず動画コンテンツが多い点で、おすすめのサービスはU-NEXTとなります。

特徴
  1. 業界No.1の見放題作品数
  2. 雑誌や漫画も読むことができる
  3. 毎月1,200ポイントが付与される
  4. ファミリー向けに4台まで同時視聴が可能

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』作品情報

作品概要

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年に公開されたアメリカ映画です。

クエンティン・タランティーノ監督による9本目の長編作品として製作されました。

1960年代のハリウッドを舞台として、当時発生したチャールズ・マンソンによる殺人事件を中心に物語が展開されます。

この事件で殺害された女優シャロン・テートのほか、彼女の夫であった映画監督のロマン・ポランスキーやアクション俳優のブルース・リーなど、多くの映画人が登場することでも話題となりました。

主演はレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピッド。ハリウッドの人気俳優である二人が共演するのは本作が初となります。

原作はクエンティン・タランティーノのオリジナル脚本

これまでの作品と同じように、クエンティン・タランティーノ自身が脚本を手がけています。

本作の構想は何年も前から温めていたようですが、決定的なアイデアをもたらしたのは、2009年の『イングロリアス・バスターズ』を制作していた頃だったといいます。

当時のタランティーノが出会ったのは、20年以上も共に仕事をしている俳優とスタントマンでした。その信頼関係に強く惹かれた彼は、二人に承諾を取り、脚本のアイデアとして取り入れることにしたのです。

こうした経緯で誕生したキャラクターが、主人公のハリウッド俳優リック・ダルトンと、そのスタントマンのクリフ・ブースでした。

ちなみに、上記のモデルになった二人は、バート・レイノルズとハル・ニーダムだったと言われています。

キャスト一覧

リック・ダルトン/ レオナルド・ディカプリオ

かつての栄光を失ったハリウッド俳優です。1950年代には西部劇ドラマの主人公として活躍していましたが、その後はキャリアが停滞し、現在では脇役の位置に甘んじています。

映画プロデューサーからイタリア映画の役を紹介されますが、マカロニ・ウェスタンは嫌っている様子。スタントマンのクリフは長年の相棒であり、公私ともに強い絆で結ばれています。

クリフ・ブース/ブラッド・ピット

リック専属のスタントマン。彼の送迎や自宅の修理なども任され、相棒のような関係にあります。真偽は不明ですが、過去に妻を殺害したとの噂が立っており、一部関係者の間では避けられているようです。

血気盛んな性格で、撮影現場でブルース・リーとひと悶着を起こします。また、忠実な愛犬ブランディを飼っています。

シャロン・テート/ マーゴット・ロビー

ハリウッドの若手女優。映画監督ロマン・ポランスキーの妻でもあります。最近リックの隣に引っ越してきましたが、彼とはまだ直接話したことがありません。

主演した作品を鑑賞するため、自らの足で劇場を訪れます。女優としての知名度はまだ低いものの、周りの観客の反応を気にするなど、大女優を夢見ている様子。

実在の人物であり、史実では1969年の襲撃事件で惨殺されています。本作でもカルト指導者チャールズ・マンソンの標的になりますが……。

ロマン・ポランスキー/ラファル・ザビエルチャ

若手注目株の映画監督。妻のシャロンとともにハリウッドに越してきました。隣に住むリックとは会ったことがありません。

実在の人物であり、物語となる1969年は『ローズマリーの赤ちゃん』(1968年)を撮り終えた頃にあたります。シャロン・テート殺害事件の際はロンドンで撮影中だったため、難を逃れました。

主題歌は60年代のロックやポップス

60年代が舞台ということで、サウンド・トラックでは当時のロックやポップスを60曲近く耳にすることができます。

たとえば、ヒロインのシャロン・テートがロマン・ポランスキーと車を走らせる場面で流れるのは、ディープ・パープルのデビュー曲「Hush」。「今までの女の子の中で彼女が一番だ」という歌詞が二人の姿と重なります。

一方、終盤でリックとクリフがイタリアから帰国する場面では、ローリング・ストーンズの「Out Of Time」が流れます。

タイトルの意味を汲めば「時代遅れ」ということで、かつての栄光を失っていく彼らの姿を象徴しています。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじ

舞台は1969年のハリウッド。かつては西部劇のスターとして人気を博したリック・ダルトンは、変動する時代の中で仕事を失いつつありました。

そんなリックと運命を共にしているのが、専属スタントマンのクリフ・ブース。過去に起こしたトラブルの噂も立ち、彼もまた活躍の場を失っていました。

リックの自宅の隣には、映画監督のロマン・ポランスキーと、その妻で若手女優のシャロン・テートが住んでいます。今を時めく二人を横目に、リックは自信まで喪失している有様でした。

リックは知己のプロデューサーからイタリア映画への出演を勧められますが、マカロニ・ウェスタンを嫌う彼はこれを拒否。

若手俳優に花を持たせるための悪役として、テレビ西部劇の撮影に臨みます。

一方、大女優の階段を着実に上っていたシャロンは、自身が出演した作品を観るため、劇場に足を運びます。

観客のリアクションを気にしながら、自分の登場シーンに喜ぶ彼女。

その頃クリフはというと、通りでヒッチハイクをしていたヒッピーの少女と出会っていました。

彼女を車に乗せたクリフは、仲間のヒッピーたちが暮らしている牧場へと向かいます。

牧場のヒッピーたちを束ねていたのは、カルト的な指導力を持つ男チャールズ・マンソンでした。

彼がシャロンの殺害を計画していることなど、クリフは知る由もありません。

撮影中のリックに話を戻すと、彼は前日の二日酔いが醒めない中、快心の演技を見せることに成功します。

自信を取り戻した彼はイタリア映画への出演を決めるのでした。三者三様の出来事を経て、物語は1969年の8月9日へと移ります。

その日はマンソンがシャロン邸への襲撃を計画している日。やがて惨劇の時がやってきます。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の感想や見所

タランティーノ監督の映画愛

クエンティン・タランティーノといえば、1992年の『レザボア・ドックス』でデビューして以来、世界中に熱狂的なファンを獲得してきた監督です。

とはいえ、これまでの長編作品は8本と、けっして多作な部類ではありません。

にもかかわらず多くのファンの心を掴んできた理由のひとつは、そのシネフィル(映画狂)気質にあると言えるでしょう。

青年時代はレンタルビデオショップの店員として、数えきれないほどの映画に触れたとされるタランティーノ。

そのマニアックな関心はアジアや日本映画にまで及び、後の映画製作に大きな影響を与えることになりました。

言ってみれば、タランティーノ監督の作風は、この映画史からの膨大なサンプリングによって成立しています。

古今東西の作品を引用し、映画愛に溢れた目配せをしながらも、芸術性と娯楽性を追求した物語をパズルのように組み上げてしまう。

その技量に、世界中の観客は賛辞を送ってきたのです。

「偽史」としてのハリウッド

そんな彼のフィルモグラフィーの中でひとつの転機になった作品を挙げるとすれば、2009年の『イングロリアス・バスターズ』でしょう。

この作品は、第二次世界大戦中のフランスとドイツを舞台に、ヒトラー暗殺を企てる主人公の物語でした。

ここでタランティーノ監督が行ったのは、映画史ではなく「歴史自体をサンプリングする」という大胆な手法。

ナチスドイツの崩壊を巡って、正史とは異なる「偽史」を提示してみせたのです。

その後も『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012年)でマカロニ・ウェスタンをサンプリングし、『ヘイトフル・エイト』(2015年)ではアメリカ近代史をサンプリングしてみせた彼。

そして今回、満を持して制作された『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、ハリウッド史という神話が解体されることになったのです。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を視聴したユーザーの評価や感想

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピッドの初共演作品ということで、2人の演技力に注目の作品でした。レオナルド・ディカプリオの落ちぶれた演技が圧巻でした。また、ブラッド・ピッドの格闘シーンはかっこよすぎて惚れ惚れしました!ストーリーとしては、1969年のシャロン・テートが殺害された事件を知っている前提で進んでいくので、予習してから見ないと面白みがわからない内容になっていました。

20代

前半はいまいちでした。物語の進みが遅くテンポが悪い印象がありました。一方で、映画の後半にあった格闘のシーンは特に見応えがあって迫力があり作り手の思いが全面に出ていました。アクションなシーンもあるしタレントも主役から脇役まで多彩な人達で構成されているためか、細部でこだわりを感じられました。また、気楽な気持ちで観れる映画の一つだと思います。

30代

1969年に実際に起きた『シャロン・テート殺害事件』を時代の変わり目に対する反応と解釈した作品。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットは時代の変化を受け入れ、先に進もうとするが、それを受け入れられず旧時代といわば復讐による心中を企てたのが犯人一味であるという、その両者の対比関係が描かれている。しかし、それが実際の事件に忠実に描かれるのではなく、むしろそれを期待して観ている観客を良い意味で裏切るためにエンタメ・フィクションという性質をとてもうまく使っているため、結果エンタメ+αの優れた作品になっていると思う。

40代

率直に言って「最高」でした。この映画のテーマは光と影だと思います。俳優とスタントマンという役柄上スタントマンのほうが影に思えますが、この映画でのブラッド・ピットの輝き方は半端じゃありません。正直めちゃくちゃかっこいいです。ラストシーンはタランティーノ節が炸裂していて大いに笑いました。強いて残念だったのは結末がなんとなく想像できてしまったことです。もっと期待を裏切るような結末を用意してもらってるんじゃないかという思いを持っていた私からするとそこは少し残念でしたが、映画全体としては「最高」でした。

20代

前作のシリーズやタランティーノ監督のことをあまり予習せずに観てしまったので、始めの方は少し退屈でした。それでも劇場で観てみたいと思わされたのは、それほど予告映像が魅力的でした。前半はアメリカの西部劇のような映像で眠くなりましたが、後半は目が離せないくらいの圧倒的な迫力でした。また、ブラッドピッドとディカプリオという豪華俳優を一度に楽しめるので贅沢な気持ちになりました。

20代

実際にあった時間を忠実に辿って行くのか?フィクションとして新たに物語を作って行くのか?ワクワクして観に行きました。タランティーノ監督の盛り上がりまでとにかく静寂に引っ張るという手法が、過去作と比べナンバーワンに使われていると思いました。でも本作は、引っ張っている最中も飽きることなく楽しめたので大好きな映画でした。

20代

初めてワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを観た時は正直ブラピのカッコよさとディカプリオの演技力にしか目がいかなかった映画だった。でも、この映画が史実を背景に作られた作品だと知って、その内容を調べてから観たら全く異なる映画に感じられた作品。

何よりタランティーノ監督作品は過去作をイメージさせるような演出や前にも出てたマークなど映画のストーリー以外にも面白いところが沢山あって、この映画を見る前に事件の背景と過去作に目を通すと最高の映画だった。

20代

80年代のハリウッドの再現はもちろんのこと、史実を変えて亡き魂を救い出すストーリーに感動しました。当時を生きた世代の人間ではありませんが、巧妙な美術設計が功を奏したのか、何故か不思議と懐かしさを覚えました。恐らく、今は存在しない建物、ファッション、人物がまるで現代に甦ったかのような感覚でした。

その懐かしさを助長するかのように、期待の新鋭だったシャロン・テートを絶望から救い出したエピローグに泣いてしまいました。ノンフィクションである存在とフィクションである存在が両立した世界線を目撃した瞬間、映画の無限大の力を思い知りました。

10代

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』視聴ユーザーによる見所ポイント

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの見所は2つ。一つ目は、予想を裏切るストーリー展開とそこに至るまでの伏線。実際にあった事件を前提として進む中で、その時間に至るまでの経緯を描いた作品ですが、最後の伏線回収ラッシュが爽快です!そして、二つ目の見所は、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピッドの圧巻の演技力です。落ち目の役者とそのスタントマンを演じた2人の演技にどんどん引き込まれていきます。

20代

最後のシーンはどちらかというと少し可笑しいシーンですのでいい締め方だと思いました。作中に流れる音楽とか登場する風景や車などあらゆるものに風情がありちょっと一昔前のアメリカを感じると思いますのでその辺りを注視しながら感情するのも一興かもしれません。また、緊張感がある場面なんかに監督特有の意外性を組み込んだ演出も感じ取れると思うのでぜひ観てほしいです。

30代

何と言ってもクライマックスで、犯人一味を火炎放射器でやっつけるシーンが最高。実際の事件はどんな感じで起こったのかと期待して観ていると、現実離れした明らかなフィクションである火炎放射器のわざとらしい活躍で、「だまされた~」と清々しく笑える。だが、この後がまた重要。映画の中では実際の事件は起こらなかったのだが、それが逆に実際の事件をフィクションへと殺してしまうことから救ったわけで、これは裏を返せば、実際の殺人事件自体は生々しいまま残っているということでもある。だから、ラストで生き残っているシャロン・テート一家にはどこか不気味さが感じられるわけだ。これがエンタメ+αの作品になっている見所だと思う。

40代

見所はラストシーンです。過去のタランティーノの作品を見ていればなんとなく想像は付きますが、タランティーノファンの私は腹を抱えて笑いたくなるほどむちゃくちゃやってます。実際、この映画は映画館で1人で観に行きましたが笑いが堪えられませんでした。その他にもハリウッド映画をユーモアを用いて批判するようなセリフ回しだったり、笑える箇所が多い所も見所だと思います。

20代

クライマックスの畳み掛けてくるような迫力のオンパレードが凄いです。少々グロいシーンがあったりもするのですが、さすがのタランティーノ監督によるテンポの良さで清々しささえ感じました。冷静に考えればシリアスでダークな展開なのですが、その映像が想像の範疇を超えていてぶっ飛んでいたため何故か笑えてきてしまいました。

20代

まず、実際のシャロンテイト事件をよく調べてから観た方が楽しめます。そして、タランティーノ監督の過去作品もできるだけ観た方が、小ネタも笑えて楽しいです。実際の事件を援護するわけでも、説教臭く訴えるわけでもなく、あくまでこれはフィクションだと思います。タランティーノ監督の妄想に私たちがついて行くそんな感覚で観ることをおすすめします。

20代

この映画の見所はやはりラストの演出でした。実際に起きた事件をそのまま描くのではなく、監督や役者によってこういう結末になって欲しかった。こんな事件が起きなければ良かったと思うようなシーンになっている。

ラストでそれぞれのキャラクターがどのような道に行くのか。また、それがこのストーリーの中で受けた影響によって映画の始まりとラストで心境の変化と過去の過ちを一番表現できていて最高の結末に終わっていた。なので、この映画はラストが最大の見所。

20代

宣伝を見たらわかる通り、ラスト13分ばかりフィーチャーされますが、ブラピ演じるクリフ・ブースのドライブシーンが見所の1つです。

往年の名作『アメリカン・グラフィティ』を彷彿とさせる後部座席からのショット、正面からのショット、さらには現代の撮影技術の発展を物語る一緒に走行しているかのような爽快感溢れるカメラワークも素晴らしいと思います。

20代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です