ドラマ『プロミス・シンデレラ』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2021年7月13日(火)22時からスタートのドラマ『プロミス・シンデレラ』のあらすじ・感想や、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『プロミス・シンデレラ』はどんなドラマ?
  • 主演・二階堂ふみが“リアル人生ゲーム”を繰り広げていく物語
  • 眞栄田郷敦の性悪高校生が見どころ!
  • 初恋相手役に岩田剛典も!3人の恋の行方は!?

ドラマ『プロミス・シンデレラ』の動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ『プロミス・シンデレラ』は、Paravi、TVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで見ることができます。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paraviで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

ドラマ『プロミス・シンデレラ』は、動画配信サービスParaviにて独占配信されています。

ドラマを1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、Paravi一択となります。

Paraviをはじめて登録する人なら誰でも2週間の無料お試し期間があり、無料で一気見することができます!

※2週間の無料期間中に解約すれば1円もかかりません。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※配信状況は2021年7月の情報です。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

Paraviではオリジナルストーリー『シンデレラ・コンプレックス』の配信も!

毎週本編終了後に、Paraviオリジナルストーリー『シンデレラ・コンプレックス』の配信も決定しています。

主演は松村沙友里さんで、金子ノブアキさん・小宮璃央さんとのもうひとつの三角関係が描かれるかも!?

こちらは、Paraviだけの独占配信です。

出演者
  • 坂村まひろ/松村沙友理
  • 黒瀬洸也/金子ノブアキ
  • 倉持雄吾/小宮璃央
  • 上利圭市/武田航平

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

TVerでドラマ『プロミス・シンデレラ』の最新話を見る方法

ドラマ『プロミス・シンデレラ』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerでは視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『プロミス・シンデレラ』を見たい方はこちら

※本記事の配信状況は2021年7月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『プロミス・シンデレラ』作品情報


【放送日】毎週火曜日 夜22:00~(TBS系列)

専業主婦としてつつましく暮らしていた桂木早梅(二階堂ふみ)は、ある日突然夫・正弘(井之脇海)から他に幸せにしたい人が出来たと離婚を求められます。ショックで家を飛び出した早梅ですが、スリに会い所持金ゼロ、宿無し状態に。

仕方なく公園で野宿していた早梅に興味を持ったのは、老舗旅館の御曹司・片岡壱成(眞栄田郷敦)でした。後継ぎの兄・成吾(岩田剛典)と違い性格も素行も良くない壱成は、泊めてやる代わりにリアル人生ゲームをやらないかと持ち掛けます。それは、サイコロの目で出されたミッションをクリアすれば賞金が出るゲームです。

あることから借金を背負っている早梅は参加することにします。高校生とアラサーバツイチ女子が、ゲームを通して互いを知りやがて恋に発展するちょっと異色のラブストーリーです。

ドラマ『プロミス・シンデレラ』のキャスト・スタッフ情報

キャスト一覧

  • 桂木早梅/二階堂ふみ
  • 片岡壱成/眞栄田郷敦
  • 菊乃(加賀美 明)/松井玲奈
  • 今井正弘/井之脇 海
  • 坂村まひろ/松村沙友理
  • 松野茜/堺 小春
  • 吉寅英二/高橋克実
  • 藤田明美/友近
  • 千葉望/森カンナ
  • 黒瀬洸也/金子ノブアキ
  • 片岡悦子/三田佳子
  • 片岡成吾/岩田剛典

二階堂ふみ
『私の男』で日本アカデミー賞・主演女優賞、『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞を取るなど国際的に活躍する女優です。

昨年のNHK連続テレビ小説『エール』で主人公の妻を演じ、その夫婦愛で日本中を感動させました。さらに声楽家を目指すという設定から朗々とした歌声も聞かせ多彩ぶりも印象的でした。

岩田剛典
三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのメンバーでダンサーでもあり、多くのドラマに出演してきた俳優でもあります。

慶応義塾大学を卒業していて頭脳も明晰。地上波のテレビドラマはフジテレビ『シャーロック』以来2年ぶりです。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で日本アカデミー賞・新人賞を受賞しています。

製作・スタッフ

  • 原作/橘オレコ「プロミス・シンデレラ」
  • 脚本/古家和尚
  • 音楽/やまだ豊
  • 主題歌 /LiSA 「HADASHi NO STEP」
  • 演出/村上正典、都築淳一、北坊信一
  • プロデューサー/橋本芙美、久松大地

ドラマ『プロミス・シンデレラ』の原作は?

原作は橘オレコさんの漫画で、ウェブコミック配信サイト「裏サンデー」「マンガワン」で連載中の人気漫画です。

「次にくるマンガ大賞2018」ではWebマンガ部門で12位を受賞しました。漫画家を目指す人のための新人賞「投稿トーナメント」のサイトで本作登場人物・早梅、壱成が紹介コーナーに登場したりと知名度も上がっています。

累計発行部数は200万部を超え話題になっている作品。よく出来たストーリー展開に加え、キャラクターたちのきめ細かな心理描写に読み進むうちにどんどん引き込まれます。

ドラマ『プロミス・シンデレラ』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/7/13 第1話 7.9%
2021/7/20 第2話 7.8%
2021/7/27 第3話 6.7%
2021/8/3 第4話 6.2%
2021/8/10 第5話 8.1%
2021/8/17 第6話 8.1%
2021/8/24 第7話 7.7%
2021/8/31 第8話 8.9%
2021/9/7 第9話 8.2%
2021/9/14 第10話 9.6%

ドラマ『プロミス・シンデレラ』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想(7/13放送)

つつましく、専業主婦として幸せに平穏な暮らしをしていた桂木早梅(二階堂ふみ)は、結婚1年足らずのある日突然、夫・今井正弘(井之脇海)から「離婚してほしい。ほかに幸せにしたい人ができた」と一方的に離婚を切り出される。早梅は、そのショックから家を飛び出すが、スリに有り金をすべて奪われ、バツイチの無一文、無職、宿無しになってしまう。

そんな早梅が公園で野宿生活を始めて数日経った日、目の前に金持ちのイケメン高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)が現れる。壱成は、高級老舗旅館「かたおか」の御曹司で後継ぎの兄・成吾(岩田剛典)とは対照的に性格も素行も極めて悪い。崖っぷち状態の早梅に興味をもった壱成は、彼女で暇つぶしをしようと自分の屋敷に連れて行く。

壱成から、ただで泊めてやる代わりに“リアル人生ゲーム”をやろうと持ち掛けられる早梅。サイコロを振って、出た目のミッションをクリアすれば賞金をゲットできるというものだ。悪趣味なゲームに早梅は腹を立てるが、とある事情で背負ってしまった借金返済のため、参加せざるを得ない状況に。

最初のミッションは「セレブパーティーで主役に恥をかかせたら20万円」。片岡家に長年仕える執事・吉寅英ニ(高橋克実)の手回しで美しく磨き上げられた早梅は、壱成にあるパーティーに連れて行かれ・・・。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

想像以上に面白くてハマってしまいました。アラサーでバツイチ、無職、無一文、家なしがこんなに同時に重なるものなのかと驚いてしまいましたが、早梅はツイていると思います。数日前に出会った壱成と再会し、何だかんだで壱成に救われてしまうのですから人生は本当に分かりませんね。壱成は性格は悪いかもしれませんが、本当は優しい気がします。

30代

一気にたくさんのものを失った早梅ですが、普通は立ち直れないのに、ダンボール生活って、現状は厳しいですね。その後嫌味な高校生に助けられる形になりましたけど、お金を出されたときに、受け取らなくて正解でしたね。受け取ったら、何度も同じことをされるでしょう。その高校生がゲームっていうのもわけがあるのかと思ったら、たいした理由でもなく、早梅が4番を引かなかったらどうしていたんでしょう。細工したんですかね。ただ女をギャフンと言わせたいが為のゲームなんて、心がひねくれ過ぎです。そこでも早梅が二人してやっつけてくれましたが、反省してほしいですね。どっちもどっちです。その後仲居になれて、住むところもできて良かったですが、来週は兄弟の戦いが楽しみです。

40代


第2話あらすじ・感想(7/20放送)

旅館で働き始めた早梅(二階堂ふみ)に対する仲居たちの態度が冷たい。女将の座を狙って成吾(岩田剛典)争奪戦に火花を散らす仲居たちは、悦子(三田佳子)の口利きで入った早梅が成吾のお嫁さん候補ではないかと嫉妬しているのだった。

吉寅(高橋克実)から、成吾がそんな早梅のことを気にかけていると聞いた壱成(眞栄田郷敦)は、自分が連れてきた早梅を兄に取られる気がして面白くない。旅館の仕事を辞めるよう早梅に迫るが、なぜそんなに旅館を嫌うのかと聞かれ、言葉に詰まる。

そんなある日、悦子が新しい掛け軸を旧館の物置から出しておくよう壱成に頼む。しかし、その物置には幽霊が出るという噂。旅館嫌いなうえ怖がりの壱成は、早梅にやらせようと「呪われた物置部屋から掛け軸を持って来る」というゲームを思いつく。

ところが、そのゲームに乗った早梅が予期せぬ災難に見舞われ…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

壱成に惹かれてしまいました。壱成は口は悪いですが、優しさがあって早梅がピンチになれば必ず助けに来てくれますね。壱成は早梅に出会って少しずつ変わってきたような気がします。壱成は友達といるよりも、早梅と過ごす時間の方が楽しく、自分らしくいられるのかもしれませんね。壱成と成吾の直接対決が勃発し、早梅がどちらを選ぶのか楽しみです。

30代

片岡壱成と桂木早梅のやり取りが微笑ましいです。物置に倒れている早梅の元に向かう壱成に優しさを感じました。2人は憎まれ口を言い合いながらも、仲の良い姉弟に見えました。一方、本当の兄弟であるはずの壱成と成吾には距離感があるように思います。壱成が実家の旅館を極端に嫌うのには訳があるのでしょうか?早梅の夫の不倫相手は芸者・菊乃で、10年前の早梅の王子さまは成吾?早梅と壱成の関係だけでなく、早梅の夫と菊乃、そして成吾との関係も興味深いです。

50代

壱成は、完全に早梅の事が好きになりましたね。女子高生といても楽しくないくらいに。早梅と一緒に行動するようになってからは少し落ち着いて来た気がしました。周それに執事もお祖母様も優しくて、お兄さんとの確執だけの事でひねくれていたのでしょうか。母親が出てきてないのでそのへんもなにか関係しているのでしょうか。今回はおばけが怖いからと掛け軸を早梅に取らせに行きましたが、体調が悪い事隠していたから気づかなかったでしょう。でもすぐに助けに来るところは良かったです。見直しました。そして兄も早梅のことろに行き助けている。という所で、兄弟バトルが楽しみになってきました。

40代

早梅が倉庫で倒れてしまったときに駆け付けた壱成はかっこよかったです。彼女の話を聞いてあげたり、おかゆを届けた時にそばにいたりと優しいところもあるのだなと感じました。なぜ壱成が旅館のことを悪く言うのかが気になりました。成吾さんが早梅を抱きかかえていた時は驚きました。彼女は眠っていて覚えていなかったのは残念です。菊乃さんが早梅を見ている目が少し怖かったです。成吾さんとの関係が気になります。倉庫からとってきた掛け軸が梅だったので早梅を意識していたのではないかと気になりました。成吾さんと早梅が顔を合わせるのはいつになるのかどんな反応をするのかが楽しみです。

30代

久しぶりにドラマ出演の三田佳子。大女将らしいどっしりとした存在感と粋さ、色っぽさは圧巻です。キチンと着付けた時と、家で寛いでいる時で着物の着かたも変えているのがまたお洒落。意外に着物姿が様になる岩田剛典が爽やかで、チャラく荒々しい高校生役・眞栄田郷敦といい対比になっています。菊乃が相当な食わせ物っぽいのも敵役に文句なし。これからどんな戦いがあるか楽しみです。

60代

原作ファンなので毎週の放送が待ち遠しいです。今回は、肝試しの回! あまりにも怖がりな壱成も可愛いですし、「目に見えるものしか信じない」という早梅も、たくましくてかっこよかったです。壱成のおんぶに、成吾のお姫様抱っこ…早くから早梅を取り合う兄弟のバトルが繰り広げられていて、ドキドキしながら視聴しました。早梅の過去もだんだんと明かされているので、これからが楽しみです。持ち帰った掛け軸が偶然にも梅の図柄…こんなところに愛を感じました。

20代

ただただ感じが悪いワガママなヤツなのかと思っていた壱成が、なんだかんだと早梅に優しいところに胸がキュンとしちゃいました。早梅の心を少しでも軽くしてあげたいと思って壱成が話を聞いてくれるシーンがとてもよかったです。なぜ壱成があんなに自分の家や家族を避けているのかがとても気になりました。これからの展開が楽しみです。

40代


第3話あらすじ・感想(7/27放送)

早梅(二階堂ふみ)が正式に離婚していないと知った壱成(眞栄田郷敦)は、早梅にゲ ームを持ちかける。自宅に戻って離婚届にサインをし、不倫した夫・正弘(井之脇海)から慰謝料300万をぶんどるというゲームだ。

早梅は正弘のことをまだ引きずっていたものの、壱成から半ば強引に押し切られ、そのゲームに乗ることに。まずは不倫の証拠を押さえるために、仕事帰りの正弘を尾行する早梅と壱成。心の中では、不倫は彼の作り話であってほしいと願う早梅だったが、思わぬ現場に遭遇し…。

一方、成吾(岩田剛典)は初恋の相手の早梅が再び自分の前に現れ、冷静ではいられない。さらに、菊乃(松井玲奈)もなぜか彼女のことを気にかけている様子。成吾は早梅に会いに行こうと、悦子の家を訪れるが…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

正弘と会った早梅は冷静でいましたが、辛そうでした。壱成が正弘を殴った時はすっきりしました。正弘が早梅に何度もアタックしていたのは意外で驚きました。彼女の境遇を聞いて家族になろうと言ってくれたのは優しいですが、早梅の自分に対する気持ちがわからず苦しんでいたということや他の女性が自分を必要としてくれているから早梅とは別れるというのは悲しかったです。モヤモヤしている早梅に対し壱成が立ち向かっていたのは勇ましかったです。成吾さんが来た時にすぐにいなくなるのは残念ですが、兄弟に何があったのかが知りたいと思いました。

30代

正弘の浮気は本当でした。早梅はやっと覚悟を決めて、離婚する事ができてよかったです。これで前に進めます。壱成は、慰謝料を取るゲームだと張り切りましたが、本当は早梅を心配しているのです。早梅が正弘に思いをぶつけてスッキリできたのは壱成のおかげです。浮気の真相に驚きました。正弘の相手は菊乃だったのです。離婚させるために近づいたのです。何を企んでいるのか、とても気になります。

60代

旦那の不倫で離婚するのはかなりきつい事です。それでも早梅は、なんとか自分で証拠までとって頑張ってはいました。でも、言いたい事は、すぐいえずに、壱成のおかげで言いたい事は言えました。スッキリしてよかったですが、旦那は不倫相手のいいところを奥さんに言うなんてひどい男です。壱成に殴られたのにはスッキリしましたが、不倫相手の菊乃に騙されていたのにもスッキリでした。壱成はもう完全に早梅の味方ですが、来週成吾との三角関係が始まりそうで楽しみです。

40代

早梅と正弘の直接対決からの正弘が菊乃に捨てられる展開。怒濤の流れでしたね。正弘は早梅を本気で幸せにしたいと思うなら、最後まで真剣に向き合って欲しかったです。正弘はただ自分のためだけに早梅を良いように扱っていただけな気がしました。壱成は早梅のために本気で怒れる人で、優しい人なのだと改めて感じました。壱成と早梅、お似合いなのですが…。

30代

探偵ごっこを楽しもうとする壱成くんの風貌がかわいかったです。早梅ちゃんの生い立ちが想像以上に過酷でかわいそうだなと思いました。せっかく家族になれると思ったのに夫に裏切られてショックだったろうなと思いました。初回から自分勝手な正弘にイライラしましたが、本当にクズでしたね。しかも不倫相手は騙されているようなのですごい展開だなと思いました。

20代

不倫に対し厳しい目を向ける壱成。壱成は、母親を亡くし夫に不倫された早梅に自分を重ねているように見えました。壱成と成吾の仲が良くない理由がそこにある気がします。それにしても、3か月前に知り合ったばかりの人と不倫して離婚を決めるだなんて、正弘は早まり過ぎたと思います。正弘は、早梅が自分を好きかどうか不安だったと言っていましたが、正弘こそ早梅を本当に好きだったのでしょうか?結局、正弘は不倫相手の菊乃に利用されただけでした。菊乃は典型的な悪女だったようです。今後、菊乃が早梅たちとどのように絡んでくるのかが気になりました。

50代

1人でも生きていけそうな早梅のイメージでしたが、結婚した経緯を知ってそうじゃないのかもと思いました。性格も口も悪い壱成ですが、そんな壱成が早梅の弱さに気づいて、何気に早梅のそばにいる姿に壱成の優しさを知りました。成吾とは反りが合わない壱成が、早梅を巡ってこれからどんなふうにぶつかり合うのか楽しみです。

40代

どんどん眞栄田郷敦演じる壱成に惹かれていきます。性悪高校生と思っていたら、実はぶっきらぼうなだけで本当は心の優しい青年だったんですね。泣きじゃくる早梅の隣にただじっと立っているだけで、気持ちは寄り添っているのがよくわかり胸が熱くなりました。仲居・千葉&松野はまさにシンデレラの意地悪姉さん。継母に当たるのは菊乃?一番怖いのは誰?とハラハラワクワクの展開が期待されます。

60代


第4話あらすじ・感想(8/3放送)

早梅(二階堂ふみ)は初恋の相手・成吾(岩田剛典)との10年ぶりの再会に動揺していた。成吾が早梅に優しく接すれば接するほど仲居たちの嫌がらせも増し、ある日、旅館から早梅の靴がなくなる事件が起こる。

黒瀬(金子ノブアキ)からそのことを聞いた壱成(眞栄田郷敦)は、兄・成吾への対抗心をあらわにする。早梅はそんな壱成に10年前の出来事を正直に話して聞かせるのだった。

そんな折、旅館に芸能事務所社長の西園寺から宴会の予約が入る。西園寺は超VIPの常連客で、年に数回大宴会を開く。女性従業員は立ち入り禁止で、「S会」と呼ばれ恐れられていた。

予約当日、やって来た西園寺はお気に入りの成吾が留守と知り、とたんに不機嫌に。代わりに他の男性従業員が接客にあたるが、次々とメンタルをやられ退散。その状況を見かねた早梅は、覚悟を決め座敷に上がるが…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

10年ぶりに成吾と会えて初恋の思い出と庭の雰囲気と色々と絵になってキュンとしました、仲居さん達が嫉妬する気持ちは分かるけどイジメたからって自分達に利益は無いのにね。男性従業員をイジメて遊ぶ超VIP客の西園寺役のかたせ梨乃さんは傲慢さと妖艶さと優しい所も見せて最後には良い人に戻ってコロコロと変わる演技が素晴らしかったです。早梅のピンチに壱成が現れたのは驚いたけど着物は格好良くて何とかなると思ったのにやっぱりダメで菊乃登場に全ての元凶はこの人だと疑ったし女の嫉妬は仲居さん達ではなく菊乃が大本命で怖かったです。

40代

ついに!初恋だった成吾さんと再会しましたね。ふたりの初恋シーンは初々しかったですが、さすがに高校生役は少し無理がある気がします。それをきいて明らかに嫉妬をしている壱成がかわいかったですね。そしてめんどくさいお客様の前に突然現れたのが和服の壱成だったとは!あまりに和服が似合いすぎていて見惚れてしまいました!本当になんでも着こなせますね!

30代

常連客の西園寺は、男性従業員しか受け付けず、無茶な要求をしました。成吾がいないので壱成が代わりに接客したのには驚きました。早梅のために頑張り壱成がいじらしかったです。でも、10年前の母親の話になると怒り出しました。壱成が旅館と兄を憎むのは、母が出て行ったからです。きっと、早梅の性格が母に似ているので、助けたのだと思います。それがだんだん恋に変わっていることには、壱成自身も気づいていないのだと思いました。

60代

早梅が初恋の相手である成吾と再会してからの、壱成の表情が早梅への想いを感じられてたまらなくよかったです。壱成の和服姿が見れるとは思っていなかったので、めちゃめちゃ嬉しかったです。成吾と菊乃の関係がまだはっきりとしませんが、菊乃が早梅を陥れようとしていることは間違いないので、これからの展開がますます楽しみになりました。

40代

とうとう成吾と早梅は再会しましたが、壱成は、まさか兄が早梅の初恋の人だったなんてかなりショックだったと思います。今日はお母さんのことを思い出すことが多くてイライラしていましたね。でも、今までひねくれていた意味がなんとなくわかりました。だから旅館にも寄り付かなかったんですね。常連のお客様の西園寺様は男好きで、成吾がいなくてイライラしていましたがお客様でも酷かったですね。早梅も酷いことされそうになって、壱成も精神的にも昔のことを言われてキレそうになって危なかったです。そんな中で黒瀬が救世主になってくれるとは思いませんでした。菊乃も西園寺さんのお気に入りで何とか和解ができてよかったです。

40代

壱成が本当にカッコ良くて憧れてしまいます。早梅はますます居にくい状況になっていますが、それでもめげずに立ち向かっていく早梅にも憧れます。菊乃が徐々に早梅との距離を近づけてきていますが、菊乃は10年前から早梅を知っているのかもしれませんね。成吾が菊乃にアキラと 呼んでいたシーンが特に印象的で続きが気になります。

30代


第5話あらすじ・感想(8/10放送)

早梅(二階堂ふみ)はここ数日の壱成(眞栄田郷敦)の態度に困惑していた。
不機嫌なうえに、自分をからかうようなことを突然言い出し、仕掛けてくるゲームも明らかにいい加減だ。
旅館ではその壱成の話題で持ちきりだった。
先日の宴会で、彼の着物姿に心奪われた仲居たちは、成吾(岩田剛典)から壱成に乗り換え始めていたのだ。

そんな中、早梅は成吾から食事に誘われる。
早梅は壱成に内緒で出かけるが、察しのいい壱成は何かあると感じ、こっそり後をつける。
早梅と成吾がレストランに入っていく姿を目撃した壱成は、
道中でバッタリ会った黒瀬(金子ノブアキ)とともに、早梅たちのテーブルの近くで監視することに…。

一方、成吾の心が自分から離れていると感じた菊乃(松井玲奈)も、密かに行動を起こしていた。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

壱成は本当に素直ではないですよね。早梅と一緒に過ごす今の生活が心地よいのを分かっていながら、どうしようもない嫉妬心や悲しみをぶつけるために頭と行動がバラバラになりすぎます。早梅と成吾の過去がより詳しく分かってきて、お互いの存在があったからこそ今まで頑張ってこられたのかもしれませんね。早梅の恋がどう動くのか気になりました。

30代

菊乃の言動が怖くて成吾といる時も早梅に近づいた時も何かするかもとドキドキしました。壱成がヤキモチを焼いて不機嫌な中、早梅と成吾がデートする事になってキュンとなったのに壱成が尾行していて黒瀬まで付いて来たのは笑えました。10年前の二人の様子が初々しくてキュンとしました、成吾が早梅に会いたくて家を見つけたのは凄いけど父親に暴力を振るわれているのを見られたのは早梅にとっては嫌ですよね。壱成が勢いで乱入したのは切ないし、成吾も10年前は辛かったと聞いて兄弟が辛かったのは可愛そうでした。こじらせてる壱成が早梅を追い出してしまって残念だし、菊乃が元旦那を連れて来て恐ろしいです。

40代

成吾と早梅が再会し、デートに行くのはドキドキしました。10年ぶりだったので初めはぎこちなかったけど、少しずつ昔の関係に戻ったので良かったです。2人がそれぞれ大変な時期でしたが、出会えたのは良かったのではないかと思います。成吾が早梅を家から連れ出すシーンや靴を置いて告白するシーンは王子様みたいでした。まだ若い2人だったので早梅の決断は切なかったです。壱成が早梅を尾行して盗聴器まで入れていたのは驚きました。2人の会話を聞いて、早梅の気持ちに期待していた姿は可愛かったです。壱成が早梅を意識し始めているのではないかと思いました。

30代

壱成は最近イライラしていますね。まあ、憎いお兄さんが早梅の初恋の相手ではそうなるのも仕方ありません。しかも、食事に行くときに、尾行や盗聴はかなり嫉妬している証拠で、いくら鈍感な早梅でも壱成の気持ちに気づきますよね。10年前の早梅と成吾との仲は意外に深かったですね。お父様から殴られるところを助けたなんて相当なものです。早梅は結局兄弟どちらが気になるんだろう。まだそんな気持ちにもならないかもしれないな。と思いました。壱成が早梅を家から追い出す形になりましたが、早梅の為なのか、怒ってついした事なのかはわかりません。でも、早梅を好きになったのは、頑張り屋なお母さんに似ていたからではないでしょうか。

40代

成吾と早梅の距離がぐんと縮まってきてからの、壱成の表情がとても切なくて胸が苦しくなりました。2人の昔の話を聞いたり、壱成のことは恋愛対象じゃないという言葉を、早梅の口から聞いた壱成の気持ちを思うと辛かったです。素直になれない壱成と、出て行ってしまった早梅のこれからが気になります。そして早梅の元夫を旅館に仕向ける菊乃の企みが怖くて仕方ありません。

40代

第5回の放送では、早梅と成吾が食事デートへ出かけるという展開で、お互い初恋の相手とどう距離を縮めてゆくのがが楽しみでした。ところが、早梅のことが気になっている壱成がまさかの尾行、盗聴して二人の会話を傍受するなど、壱成の嫉妬の様子が伝わってきました。早梅も「アイツにもいいところがある」とこれまで一緒に過ごしてきた壱成の自分に対する気持ちを察してか、成吾と壱成、二人の間で揺れていて、終始ドキドキして見入ってしまいました。それにしても菊乃さん、怖すぎます。次回も目が離せません。

40代

とうとう壱成の嫉妬心がむき出しになりました。前話から少しずつ顔を覗かせていた壱成の嫉妬心。普段どれだけ偉そうに振る舞っていても、やはり高校生なんだなぁと改めて感じました。早梅と成吾も食事に行って、昔話をして進展あり。早梅から見てこの兄弟は恋愛対象になるのか、ならないのか。そして、また家がなくなってしまった早梅はこれからどうするのか…。次話も気になります。

20代

成吾にGPSでもつけているのかなというくらい菊乃に恐怖を感じます。2人はどういった関係か非常に気になります。なんか闇が深そうです。私的には早梅と成吾が付き合って初恋が実って欲しいです。あと問題の壱成が成吾にヤキモチを妬きサイコロをふってゲームをする内容が普通になり完全にキャラが崩壊していて面白かったです。

20代

早梅が成吾と食事をするシーンで壱成が盗聴をしていたが、あれはあり得ないと思った。早梅のバッグの中から盗聴器が入っていると思われるぬいぐるみが出てきたが、普通家を出る前、バッグの中を確認するし、その時点でそんな不審なものが入っていたら絶対気づく!壱成の暴力的な性格はかなり過激で、早く更生してほしい。物を蹴ったりするシーンは芝居とは言え、あまり見たくないので…。

40代

早梅と成吾さんの初恋物語がなんとも切なかったです。自分の靴を差し出したのは早梅の毒親の存在があったんですね。そんなに踏み込んだ関係があったとは意外でした。そしてふたりのデートを尾行して盗み聞きしてるところも悪趣味でしたが、明らかに嫉妬をしていましたね。ラストで元旦那が出てきましたが予告に全然出てこないところを見るとたいした動きはしなかったんだろうなと思ってしまいました。

30代


第6話あらすじ・感想(8/17放送)

壱成(眞栄田郷敦)と喧嘩して家を飛び出した早梅(二階堂ふみ)は、ひとまず旅館に身を寄せることにした。
そこに突然、元夫の正弘(井之脇海)がやって来て、早梅に謝りながら「友達からやり直せないか」と言う。
自分勝手な正弘の言動に憤る早梅。
成吾(岩田剛典)の介入でその場は収まるが、早梅は正弘と言い合ううちに大切なことに気づく。
壱成ときちんと向き合わずに飛び出してしまったことへの後悔だ。

その壱成は、祖母の悦子(三田佳子)ともめて家を飛び出していた。
これまでつるんでいた同級生たちも自分の金が目当てだったと知り、やるせない。
一人ぼっちになった壱成は、自分にとって早梅がいかにかけがえのない存在だったかに気づく。

そんな壱成の前に早梅が現れ…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

ヤンチャでワガママで悪ガキだった壱成が、あんなに素直に壱成になるなんて驚きでした。早梅の存在がどれだけ壱成にとって、大きなものだったのかがすごく伝わってきました。今からまでの壱成もカッコよかったけど、これから少しずつ大人になっていく壱成が見れるのかと思うとワクワクしちゃいます。私は俄然、成吾より壱成派です。

40代

壱成が大好きになってしまいました。早梅と壱成がケンカをし、早梅が出ていってしまったときはどうなるのかと本気で心配でした。でも、今回の騒動があったからこそ、2人は自分の気持ちに素直になれて一気に距離が縮まったのだと思います。茶房を手伝う壱成は完璧で茶房に壱成ファンが群がってくる予感しかありません。壱成と早梅が一緒になって欲しいです。

30代

壱成にはっきり早梅が気持ちを伝えた事で、壱成の今までの辛い気持ちが吹っ飛んだのではないでしょうか。自分の事を必要としてくれる人がいてくれるだけで、あれだけ人が変わるのかというくらい素直になりました。まさか茶房で働く事になるとは、黒瀬のおかげでもありますね。あと気になるのは菊乃が何を考えているのかがよくわかりません。そして兄が早梅の事をずっと好きな事で波乱がまた起きそうな予感がします。

40代

冒頭に現れた元旦那はなぜ来たのか謎でした。よくわからずに消えてしまいました。壱成くん自身も過去のお母さんとの決別で悩んでいたんだなと思いました。少しかわいそうなところがありますね。壱成と早梅との本音の会話はふたりの本気の演技を感じました。菊乃さんまさかの元旦那に電気ビリビリはやばかったですね。とんでもない人だなと思いました。

30代

毎週楽しみにしているドラマです。私は壱成派なのですが、和服を着ている時が最高にカッコ良い!ワガママでヤンチャな感じも可愛く思えてしまいます。6話では壱成が少し成長し、素直になった姿がとても愛おしく感じました。好きな人に好かれたいと頑張る姿をみてとても応援したくなりました。来週も更に距離が近づくであろう2人を楽しみにしています。

30代

壱成が家を出たときに、頼れる友達はいませんでした。お金でつながっていたからです。壱成が頑固で素直になれず、いじけてばかりいるのは、母親が出て行った時にいらないと言われたからです。本当は違ったのに、幼い壱成は理解できなかったのだと思います。早梅にいい奴だ言われた壱成は、とてもうれしかったと思います。菊乃は早梅を離婚させた次は何をするのか気になります。

60代

早梅の元夫が今更な事を並べ立てて友達からやり直したいなんて無神経ですね、壱成からの電話で大切な事が分かったなんてキュンとします。壱成は同級生にお財布代わりにされていて、イジメていた子には気に入らない事があると核心を突かれてドキッとしましたね、だけど同級生は実は壱成が好きとか安心しました。壱成は自分の本心を早梅に話して、早梅は壱成といると楽しいと二人が抱き合ったのはキュンとして壱成が素直に謝って戻って来て欲しいなんて可愛かったです。菊乃が正弘と繋がっていたとは驚きだし簡単に捨てたのは怖かったです。壱成が大人になりたいと茶房で働く事にしたのは格好良かったし兄とバチバチで面白くなってきました。

40代


第7話あらすじ・感想(8/24放送)

夏休みの間、壱成(眞栄田郷敦)が旅館でバイトをすることになり、仲居たちは大喜び。
悦子(三田佳子)もやる気を出した壱成に感心するが、成吾(岩田剛典)はなぜか気に入らない様子だ。

そんな中、早梅(二階堂ふみ)は落ち込んでいた。
仲居たちから壱成との関係を怪しまれ、特に望(森カンナ)の風当たりが強い。
その上、成吾からは、従業員用の意見箱に早梅に関する良くない意見が届いているため、別の旅館に職場を移るのはどうかと言われてしまう。
辞めたくはないが、その方が周囲にとっていいのか悩む早梅。

意見箱を使って早梅が個人攻撃されていることを聞いた壱成は、「俺が意見を書いた人間を見つけ出して撤回させてやる」と宣言。
仲居たちへの聞き込みから、望と茜(堺小春)が怪しいと察知した壱成は2人のところへ乗り込んでいく。

一方成吾は、早梅が旅館を移りたくない本当の理由は、壱成にあるのではと感じ…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

早梅が旅館を辞めてしまわないか心配でしたが、続けることになって良かったです。誰が意見箱に早梅に対する苦情を書いたのでしょう。菊乃の過去が少し明らかになりましたが、成吾との関係が気になります。掻き乱している感じなので、どうしたいのが謎です。壱成が生けた花は、華やかで素敵でした。高校生であのようにできるのはすごいと思いました。早梅が壱成を少しずつ意識して来ているのが伝わりました。抱きしめられたり、急に女として見られたらドキドキします。花火大会に誘う壱成がとても可愛かったです。2人で楽しんできてもらいたいです。

30代

早梅と壱成の距離がどんどん近づいてきて回を重ねるごとにキュンキュンが止まりません。早梅のために壱成が必死になってる姿がかっこよくて、そして何より壱成と居れば何も怖くないと思えるほど頼もしい存在だと思いました。菊乃にはどんな過去があったのか、菊乃と成吾の関係、予告の花火大会ではどんなトラブルが巻き起こるのかと気になるところが盛り沢山で次回も楽しみです。

20代

壱成が大人っぽく、男らしくと頑張っている姿がたまりません。早梅のために一生懸命動いて、ちょっと絡まっちゃっているところもありましたが、だんだん自分中心だけで、動いてないところに成長を感じながら見てしまいます。時々あんなに大きな体なのに、小さくなって子犬のような目をしているのがたまりません。大人っぽくしようと頑張っていても、まだまだ高校生ということですね。

20代

壱成が旅館のバイトを始めたのには驚きました。そんなに早梅のそばにいたいのかといじらしくなります。成吾を意識しすぎていると思ったら、実は壱成は、大女将から旅館に必要な知識などを勉強して、そつなくこなすので、成吾の方がヤキモチを焼くほどなのです。早梅の悪口を投書した人が誰だか分かりませんでした。もしかしたら、菊乃かもしれません。また何か企てていそうです。早梅は誰が好きなのか迷っているようで、気になります。

60代

早梅を嫌っていた仲居の千葉さんは、今までの鬱憤が沢山溜まっていたようで今回の件でスッキリ文句が言えて良かったのではないでしょうか。気持ちわからないでもないです。その後で、成吾の所まで行って、早梅を辞めさせないように頼んだところは仲間ですね。壱成も相変わらず早梅の事一筋ですが、生け花の意外な才能が垣間見えました。成吾からすると気に入りませんよね。早梅を抱きしめたり、必死な感じはしました。でも、菊乃がなにしたいのかはまだよくわかりません。茶房のバイトの子も加わり今後どうなるのでしょう。来週の壱成との二人の花火大会はちゃんと行けるのかも心配になってきました。

40代

壱成が本当に本当にカッコ良すぎます。早梅のタイプの大人な男性になろうと必死に頑張る姿に早梅も少しずつではありますが、壱成に心が動き始めている気がしました。菊乃の過去が見えてきました。菊乃は過去にいじめにあっていたようですが、なぜこんなにも早梅に当たる必要があるのかと菊乃の計画のすべてを早く知りたいです。

20代

好きな早梅のために一生懸命に働く壱成の姿が可愛かったです。一途な壱成に親切にされたら、早梅でなくてもドキドキする気がします。成吾にとって早梅は初恋の相手のようですが、成吾が早梅に近づくのには何か別の理由がありそうです。菊乃が何を企んでいるのか、過去に何があったのかが気になりました。菊乃が成吾に寄せる思いは、恋愛感情ではなく憎しみに近い感情に思えました。

50代

壱成が茶房で張り切っていたけど担当は旅館全体で中居さん達から追いかけられているのは笑える、早梅は相変わらず中居さん達から嫌われていて成吾も丁度良く別の旅館を勧められてバトルが勃発して楽しいです。壱成が張り切って意見箱に投書した犯人が望と茜だと思って望から本心が聞けたのはスッキリしましたね。壱成が生花の才能があったのは驚きです、成吾が早梅の事だけじゃなく跡取りとしても嫉妬してしまう気持ちが分かりますね。菊乃が壱成に近づいてイラッとして過去に悲惨な思いをしたのは可愛そうだけど成吾を脅しているのは怖いです。成吾には抱きしめられるし、壱成には花火大会に誘われるし二人から迫られてキュンとします。

40代

早梅に少しずつ素直になっていく壱成がかわいかったです。歳の差のせいで早梅が自分の気持ちをセーブしているのが観ていてすごくもどかしかったです。成吾と壱成が牽制し合いながら早梅を意識している展開が今後どうなっていくのか楽しみです。ただ、菊野が成吾のことを1番分かっているのは自分だといいつつも、成吾と早梅をくっつけようとしているのに疑問を感じました。

20代


第8話あらすじ・感想(8/31放送)

花火大会当日。早梅(二階堂ふみ)の浴衣姿に思わず見とれてしまう壱成(眞栄田郷敦)。
早梅との距離をなんとか縮めたい壱成だが、行動に移す勇気はない。
そんな壱成の思いなどまったく気づかない早梅は、子どもの頃以来の露店で大はしゃぎ。
「借金マイナス10万円」をかけた射的勝負が始まる。

同じ頃、成吾(岩田剛典)は会場の詰め所で運営委員たちと酒宴を開いていた。
そこに菊乃(松井玲奈)が現れ、何を企んでいるかわからない彼女に成吾は不安を覚える。

一方、射的勝負を終えた早梅と壱成。早梅が足をケガしたことで2人は休憩することに。
早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、急にドキドキする早梅。 2人の距離は一気に近づくが…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

壱成が早梅との花火大会に浮かれて可愛いけど下山に彼女がいて先を越されて悔しがっているのも可愛いです。早梅が家に帰ると吉虎に引っ張られて滑っているのは笑えました、浴衣姿にドキドキする壱成が青春していて眩しいですね。雪乃が早梅のスマホを奪って壱成に近づいてお祭り会場がホラーに見えます、早梅を人気の無い所に連れて行き突き落とすなんて怖いです。早梅を見つけたのが成吾だったのは残念だけど壱成の所へ急ごうとしてキュンとするし、成吾がお姫様抱っこして切ないしキュンとしますね。壱成が成吾に張り合って早梅を呼び捨てにしてキュンとしたのにいきなりのチューは最高です。

40代

せっかくの花火大会だったのに早梅と壱成が一緒に花火を見れないなんて残酷すぎます。でも、家に帰ってから壱成がやっと早梅に気持ちを伝えられて、壱成よく頑張った!とすごく嬉しくなりました。菊乃の怖さが増していて、菊乃のねらいが一体何なのか気になって仕方ないです。壱成推しなので、絶対に早梅と壱成が付き合って欲しいです!

30代

壱成と早梅が花火大会に行き、いい感じだったところに菊乃が邪魔をしにきてイライラしました。あの人さえいなければこんなことにならなかったのに。壱成と早梅がはぐれてしまい、早梅が怪我をしてそこに成吾が現れ、花火が始まってしまい。成吾との関係もドキドキですが、壱成が誘ってくれたし早梅の気持ちが壱成に傾いていてそこももどかしいです。無理な話ですがどちらともくっついてほしいです。

30代

早梅と見に行く花火大会を心待ちにしてた壱成が可愛い過ぎて胸がキュンとしました。ピュアな壱成の想いが本当に素敵でした。浴衣姿の早梅になかなか似合ってると言えない壱成がまたよかったです。やっと壱成が勇気を出して早梅にキレイだと伝えた時の早梅の表情に、私までドキドキしちゃいました。せっかくいい雰囲気だったのに、菊乃の企みが怖かったです。

40代

壱成は、早梅と一緒に花火を見に行くことになり、とてもうれしそうです。早梅も楽しみにしていました。でも、また菊乃が邪魔をしました。今回ははっきり早梅を突き落としたので、言い訳ができないのに、とぼけていました。何を考えているのかわかりませんが、少し怖いです。成吾は早梅が好きですが、早梅は壱成が気になります。まっすぐな気持ちが心に響いているのだと思います。恋の行方が気になります。

60代

とうとう花火大会デート?が叶ってそわそわしちゃってる壱成かわいすぎました。今時の高校生手繋ぐぐらいであんなに悩むか?と見ていて笑っちゃいました。結局手は繋げなかったけど、早梅の事担いでましたね。手を繋ぐのは恥ずかしいのに、なんの躊躇いもなく女性を担いじゃう壱成、ピュアなのかなんなのか…ドキドキしちゃいます。

20代

菊乃さんがやり過ぎでちょっと怖いですが、どんな過去があってあんな風になってしまったのか気になります。壱成と早梅の浴衣デートが羨ましくて見ていてキュンキュンしました。成吾さんのキスしようとしてやめた感じや、早梅の気持ちに気付きながらも、自分の想いを伝えていたのが切なかったです。最後の壱成からのキスがかっこよ過ぎました。

30代

壱成がどんどん早梅に対して好きが出てきているのがすごく可愛らしいなと思いました。10年前から成吾と早梅の関係を知っていて何を企んでいるのかすごく気になりました。壱成と洸也のコンビがだんだん息があってきて見ていてすごくおもしろかったです。成吾が早梅にキスできなかったり、最後に壱成に取られたりすごく切ないシーンが多かったなと思いました。壱成の突然のキスが男らしくてドキッとしました。

20代


第9話あらすじ・感想(9/7放送)

キスの後、早梅(二階堂ふみ)はよく眠れずドキドキしたまま翌朝を迎える。 そんな中、悦子(三田佳子)と吉寅(高橋克実)が急きょ旅行で家を空けることになり、しばらく早梅と壱成(眞栄田郷敦)の2人きりで生活を送ることに。

「おまえの気持ちをちゃんと聞かせてほしい」と告げる壱成にうまく答えられない早梅。そこに菊乃(松井玲奈)が突然現れ、花火大会でなぜ早梅にひどいことをしたのか、自分の本当の目的は何なのかを語り始める。

その後出勤した早梅は、成吾(岩田剛典)から菊乃の過去について聞く。そのうえで成吾から10年前と変わらぬ自分への気持ちを打ち明けられる。早梅は壱成、成吾、菊乃の思いの中で葛藤し、自分はどうするべきかを悩む。

一方、壱成は早梅を守るために、ある人に会いにいくが…。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

壱成が早梅への気持ちをどんどん明かしていて、早梅が羨ましいくらい壱成に愛されていると感じました。早梅は壱成と成吾のどちらを選ぶのか、ずっと気になっていましたが、やはり壱成でしたね。歳の差は確かに気になるものですが、早梅と壱成を見ているだけで幸せな気持ちになれます。壱成がピンチに陥って不安ですが、必ず早梅が見つけてくれると信じています。

30代

自分の気持ちをストレートに言う壱成はかっこ良かったです。壱成が10歳年下とはいえ、早梅が壱成に心惹かれるのも分かる気がします。そして、早梅と成吾を結ばせようとする菊乃の執念が怖すぎました。それでも、菊乃を理解し受け入れようとする人もいたのです。菊乃の目的が早梅を傷つけることだと分かり、菊乃の心の闇がいかに深いかを知りました。そんな菊乃の心を変えることは出来るのでしょうか?菊乃にスタンガンを押し付けられた壱成の身が心配です。

50代

壱成が早梅に告白して良い感じに気まずいのに悦子と吉寅が旅行に行って二人きりになるなんてキュンとします。菊乃が家に来て元旦那の事とか成吾とくっつけようとしていた事とか話すけど恐ろしい雰囲気でドキドキしました。成吾にちゃんと考えろと活を入れた早梅が格好良かったし、壱成は正弘に会いに行ってビックリだけど正弘が菊乃を想っていてくれて安心しました。壱成が許可を取って早梅を抱きしめてキュンとしました、成吾に早梅をお願いして格好良いけど菊乃にやられてしまってドキドキです。やっぱり菊乃は恐ろしい女だし何故、早梅を恨んでいるのか理由が知りたいです。

40代

菊乃は、早梅と成吾を結びつける魔法使いだ、言うことを聞かないと周りの人に危害を加えると言いました。愛情が歪んだ結果、恐ろしいことをしたのは、かわいそうです。成吾が関わるなとはっきり言ったので、これで大人しくなってほしいです。壱成の思いは、真面目で真っ直ぐで眩しいくらいです。早梅は迷っていますが、受け入れて幸せになってほしいです。

60代

菊乃の本当の目的が明らかになり、ぞわっとしました。これまでの事が全て繋がりましたし、また何かするのではないかとヒヤヒヤしています。早梅が壱成を選んだのは意外でした。10歳年下でもお互いが想い合っていればうまくいくのかなと感じました。2人の掛け合いも好きですし、言いたい事を言い合える仲なのでお似合いだと思います。さくらちゃんが壱成に告白した時に、優しかったので以前の壱成とは別人のようでした。さくらちゃんはピュアで可愛かったです。早梅の壱成に対する想いが届いて欲しいと感じました。

30代

早梅に真っ直ぐに向き合う壱成の姿が本当にカッコよくて胸がキュンとしちゃいました。10歳差だったら自分も早梅と同じように、きっと迷うだろうと早梅に気持ちを重ねて見ていました。やっと自分の答えを見つけた早梅だったのに、壱成と向き合えなかったラストシーンが切なかったです。どうか壱成と早梅がハッピーになるラストであって欲しいと思います。

40代

最初のうちは自分勝手でやりたい放題だった壱成が生まれ変わったようになると、谷が深かっただけに好印象を受けました。また、彼の言動はしっかりしていて頼もしく感じるのは私だけではないでしょう。菊乃の狙いが分かったけれどもどうしてそうなるのかはまだ霧の中のような印象で、ミステリアスなところは興味深いです。成吾の菊乃との決別、早梅の壱成を選ぶ決意、壱成の菊乃との決着といった数々のシーンはラストに向けて走り出した印象で、見逃せないと思いました。

50代

早梅は、壱成の事好きなのに年が気になって渋ってしまっていましたが、壱成の一途さ、行動、自分の気持ちにようやく気づきましたね。壱成も早梅のおかげで成長できたから本気で告白してきた子に真剣に答えられたと思うんです。でも、菊乃がいつも邪魔しますね。全部成吾の事だけを思った行動だと思ってましたが、早梅の事が憎いからだけだったんでしょうか。壱成をスタンガンで倒すまでの事をするって事も早梅が悪いからでしょうか。壱成も早梅の為に菊乃と話し合いに行ったんですよね。成吾に早梅を任してまで。成吾は結局壱成の邪魔なんか全然せずに見守っていただけでしたよね。菊乃の行動にずっと振り回されっぱなしでしたね。

50代


第10話(最終回)あらすじ・感想(9/14放送)

家に帰ってこない壱成(眞栄田郷敦)を探す早梅(二階堂ふみ)のスマホに、監禁された壱成の画像が送られてきた。送り主は菊乃(松井玲奈)だ。壱成を助けたければ成吾(岩田剛典)と関係を持てと言う。

早梅から話を聞いた成吾は、ある言葉をヒントに、監禁場所の手掛かりを知る方法を思いつく。それには黒瀬(金子ノブアキ)ら従業員の協力も必要だ。

その頃、壱成は菊乃に、なぜそれほど早梅に執着するのかと問い詰めていた。やがて監禁場所を確信する成吾。早梅は旅館を飛び出し、壱成のもとに走るが・・・。

引用:ドラマ『プロミス・シンデレラ』公式サイト

早梅、壱成おめでとう!壱成は早梅の不安を払拭して、早梅のすべてを受け止めてくれました。早梅は人生でたくさんの苦労をしてきましたが、壱成に出会ってやっと報われた気がします。成吾と壱成のわだかまりも解消して、これからは兄弟としてまたやり直せるようになり、早梅が2人をつなげてくれたのですね。壱成がどこまでもキラキラして好きでした!

30代

菊乃さんが怖すぎましたが、日直のエピソードだけは可愛らしくていいなと思いました。あれだけの思い出であそこまで執着してしまうのもすごいなと思いました。自分で働いたお金でサイズはあっていないけど早梅の為に靴をプレゼントする壱成が素敵だなと思いました。10歳差はちょっと気になりますが、お互い想い合っているのなら年齢は関係ないなと思いました。

30代

菊乃は顔を変えて新しい人生を歩き出したにもかかわらず、ずっと過去に囚われています。考え方を変えれば、菊乃はもっと幸せになれると思うのですが・・。早梅によって変わっていく壱成の姿を見て、どんな人と出会うかだけでなく、本人の心がけが一番大事だと感じました。早梅と壱成はお似合いですが、壱成は早梅より10歳年下の未成年です。最後はハッピーエンドで終わりましたが、これから2人はどうなっていくのでしょう。2人が年をとっても仲が良いままでいる事を願っています。

50代

菊乃が早梅を目の敵にしている理由は昔虐められていたのを助けて貰って感謝じゃなくて自分と同じ目に遭わせたいとは怖いですね。成吾が壱成の場所を特定する為に策を講じて黒瀬や中居に吉寅も手伝って早梅が壱成を見つけて愛の告白をしたのはキュンとしました。菊乃が追い詰められてナイフを持って全てを話したのは可愛そうだったけど危ない女なのは変わりなくて早梅が体当たりで掛けた言葉が優しくて泣けました。成吾が壱成の為に早梅を追いかけろなんて泣けました、18歳になったら結婚しようなんて素敵、靴もサイコロも二人らしいし最後はキスで終わりなんてキュン死にしそうでした。

40代

菊乃に捕まっていた壱成を見つけた早梅が、思いっきり壱成の頭をはたく姿が、早梅らしくてよかったです。誰からも強い強いと思われている早梅だって不安でいっぱいだったんですね。そんな早梅に歳の差なんてどうでもいい、俺が幸せにしてやる、その壱成の言葉に胸がキュンとしました。バイト代で早梅に靴をプレゼントする壱成がサイズ間違ってたとこがよかったです。

40代

菊乃は壱成を拉致してまで、成吾の為にどうしたかったのか、早梅に助けられたのに憎む理由も、嫉妬でしたかなかったですね。アキラとして本音早梅に言いたい事を言えてもうさっぱりしたことでしょう。成吾は結局、早梅の事を好きだけど、早梅の幸せ壱成の事を思って争うこともなく、身を引いたようでした。昔に壱成のようにしていれば。と後悔もあるようでしたが。早梅はまだ不安な気持ちが大きかったのですが、壱成の言葉で安心できたと思います。二人らしく楽しい年の差を感じないカップルだと思います。壱成はずっと好きだった早梅にプロポーズまでできて、ハッピーエンドで良かったです。靴は合わなかったけれどもシンデレラみたいですね。

50代

壱成が菊乃に監禁されたことで、早梅は壱成が好きだとはっきり気づいたようです。でも、同時に10歳差や高校3年生であることが気になりました。壱成は一切気にしていませんでした。まっすぐな性格で早梅を愛しているのが素敵でした。雪乃はずっと、成吾と早梅に憧れ、それが嫉妬に変わったのです。複雑で混乱した気持ちもやっと鎮まって良かったです。

60代

壱成が菊乃に監禁されてヒヤヒヤしましたが、無事に見つかってよかったです。菊乃は早梅に対して憧れていたけど、その気持ちが歪んでしまってこのような行動を取ってしまったのかもしれません。旅館の人達が協力して菊乃を誘き出したのはすごいと思いました。成吾さんが壱成の場所がわかったのでさすが兄弟だと思いました。壱成が早梅のために靴を買ってあげた所はキュンとしました。サイズが合わなかったので、惜しいと思いましたが、プレゼントされるのは嬉しいです。プロポーズの言葉も素敵でしたし、早梅が壱成にキスした所はキュンキュンしました。これからも2人を応援します。

30代


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

ドラマ『プロミス・シンデレラ』の見どころ・まとめ

主人公・桂木早梅に扮するのは、朝ドラでその演技力を広く知らしめた二階堂ふみさんです。原作が好きだったという彼女ならではの、より深い芝居が見られそうで期待されます。困難に負けない、強く格好いいヒロインを夏らしく爽やかに演じてくれそうです。

また、これまで好青年役が多かった眞栄田郷敦さんが、どんな性悪高校生を見せてくれるのか、二階堂ふみさんが彼の悪い面をさらに引き出してストーリーをより面白く盛り上げてくれそうで楽しみです。

早梅が挑むゲームのミッションは悪趣味なものが多そう。しかし借金返済のため体を張って挑んでいくようで、クリアしていく様子も、その過程でどんな騒動が起こるのかも興味津々です。

眞栄田郷敦さんの兄役で岩田剛敦さんも加わり、雰囲気の違う2人なら三角関係も盛り上がりそうです。

ドラマ『プロミス・シンデレラ』の見逃し配信は、Paraviで配信中です。

2週間のお試しサービスを利用してお楽しみください。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です