映画『娼年しょうねん』の動画を無料フル視聴!DVDやPandoraよりも快適に観る

映画『娼年』の動画を無料フル視聴できる方法をわかりやすく比較して解説。

安全に観れる動画配信(VOD)サービスをはじめ、動画を違法で配信しているPandoraやDailymotionで視聴可能かどうかも調査しています。

\今すぐ映画『娼年』を無料で観たい方はこちら/

娼年

無料期間中の解約で無料

映画『娼年』の動画を無料フル視聴する方法

映画『娼年』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年2月の時点で、映画『娼年』の動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『娼年』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 月額料金 ポイント 無料期間
FODプレミアム 配信なし 888円 1300 1ヶ月
U-NEXT 1,990円 600 31日間
dTV 500円 なし 31日間
Hulu 配信なし 933円 なし 2週間
Amazon プライム 455円 なし 30日間
Netflix 800円~ なし なし
Paravi 配信なし 925円 なし 30日間
ビデオパス 562円 なし 30日間
music.jp 1,958円 1,600 30日間

(2020年2月時点)

映画『娼年』は複数の配信サービスで視聴することが可能ですが、無料期間中に費用がかからず動画コンテンツが多い点で、おすすめのサービスはU-NEXTとなります。

特徴
  1. 業界No.1の見放題作品数
  2. 雑誌や漫画も読むことができる
  3. 毎月1,200ポイントが付与される
  4. ファミリー向けに4台まで同時視聴が可能

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『娼年』の作品概要

『娼年』は2018年に公開された日本映画です。劇団ポツドールの主宰である三浦大輔がメガホンを取りました。

原作は石田衣良の同名小説で、2001年に直木賞候補となった作品。2016年に三浦大輔の脚本・演出によって舞台化されています。

舞台版と同じく、主演を務めるのは松坂桃李。その他主要キャストとして、元宝塚トップスターの真飛聖が出演しています。また、76歳で亡くなった江波杏子の遺作でもあります。

松坂桃李が演じる大学生が、会員制ボーイズクラブで「娼夫」の仕事を始める物語。全編のほとんどを松坂の濡れ場が占めており、過激な性描写は女性客を中心に話題となりました。

映画『娼年』の原作は直木賞作家・石田衣良の恋愛小説

原作は直木賞作家・石田衣良の恋愛小説です。2001年に『娼年』が発表され、その2008年の『逝年』、2018年の『爽年』とシリーズ化されています。

基本的なプロットは原作と変わりませんが、舞台や映画版には随所で三浦大輔の演出が光ります。

もともとポツドールでは性を主題にした脚本を数多く手がけており、乱交パーティに参加する男女10人を描いた『愛の渦』は三浦自身の手によって2016年に映画化されています。

そんな三浦監督が小説『娼年』に目をつけたのも当然といえば当然で、大胆な濡れ場を含んだ2016年の舞台は、演劇界に大きな衝撃を与えました。

映画『娼年』のキャスト一覧

森中領(リョウ)/松坂桃李

無口で陰のある青年。有名大学に通っていますが、授業には真面目に出席しておらず、夜はバーでアルバイトをしています。恋愛やセックスにも冷めた感情を抱いている様子。

バーに来店した静香に対し「女なんてつまらない」と呟いたことがきっかけで、彼女の経営するボーイズクラブに誘われます。そこで年上の女性相手の「娼婦」となった彼は、めきめきと頭角を現すのでした。

御堂静香/真飛聖

ボーイズクラブ「パッション」のオーナー。バーで見かけたリョウに声をかけ、クラブの男娼として働かせます。

以前は娼婦として働いており、咲良は客との間に生まれた子どもです。

咲良/冨手麻妙

生まれつき耳が聞こえない少女。静香の見ている前でリョウとセックスをし、彼の力量を推し測ります。それ以来、リョウのことは気に入っている様子。

平戸東(アズマ)/猪塚健太

クラブ「パッション」のNo.1。VIP向けの男娼として特別待遇を受けています。初めて会ったリョウの素質を見ぬき、彼が売れっ子になることを静香に告げます。

極度のマゾヒストであり、剃刀や骨折の痛みさえも彼にとっては快感となります。

白崎恵/桜井ユキ

リョウが通う大学の同級生。バーの飲み放題と引き換えに、彼に講義ノートを貸しています。

リョウには好意を抱いているようですが、後に彼が男娼の仕事をしていることを知り、失望をあらわにします。

映画『娼年』の主題歌紹介

音楽を担当したのは半野喜弘。エレクトロニクスやオーケストラを中心に、世界中で活動しているアーティストです。

映画音楽家としても高名であり、1998年にはホウ・シャオシェン監督の抜擢で『フラワーズ・オブ・シャンハイ』の劇伴を担当しました。

その後はジャ・ジャンクー監督『四川のうた』(2008年)や行定勲監督『真夜中の五分前』(2014年)などの音楽を手掛けてきました。

ちなみに、自身も映画監督として『UGLY/アグリー』(2011年)『雨にゆれる女』(2016年)を発表しています。

映画『娼年』のあらすじ

恋愛やセックスに楽しみを見出せない大学生リョウ。授業にはほとんど出席せず、夜はバーテンダーのアルバイトをしていました。

ある日、たまたまバーに訪れた御堂静香に「女なんてつまらない」と呟いたリョウ。仕事が終わると、彼は待っていた静香からマンションに誘われるのでした。

リョウのセックスが見たいと話す静香でしたが、彼の相手は咲良と呼ばれた耳の聞こえない女性。静香の見ている目の前で、リョウは彼女と交わるのでした。

行為が終わると、咲良はリョウのことが気に入った様子でした。それを見た静香は、リョウを自身の経営するボーイズクラブ「パッション」に勧誘します。

その仕事は、年上の女性客を相手に「娼夫」となること。リョウは退屈な日常を変えるために、夜の世界へと飛び込みます。

パッションの先輩アズマから予言された通り、リョウはすぐに頭角を現し始めます。幼い頃に母親を失った彼は、年上の女性に惹かれるようでした。

失禁によって絶頂を迎える客に、若妻が犯される様子をカメラで撮る老人。

様々な性癖を持つ客たちと交わる中で、リョウの女性に対する考え方も変化していきます。

やがて彼は、自分をこの世界に引き込んでくれた静香を思うようになっていました。

いまや売れっ子の男娼となったリョウは、ついに静香に思いを告げます。しかし、彼女はリョウに抱かれることを拒むのでした。

彼は自分の成長を認めてもらうため、再び咲良とのセックスを静香に見てもらうのでした。

映画『娼年』の感想や見所

セックスを通して傷を癒す

全編のほとんどを濡れ場が占める本作ですが、そこには単なる性表現というよりも、他者との密なコミュニケーションが描き出されています。

世界に対して心を閉ざした青年が、セックスを通して女性と向き合っていく訳です。主人公のリョウは客が抱える潜在的な欲望に応え、心の傷を癒していきます。

と同時に彼が負っている心の傷もまた、セックスによって癒されていきます。

幼いころに母を亡くした記憶が、リョウにとっての大きなトラウマです。年上の女性と体を重ねることによって、リョウは欠落していた母の愛を回復することになります。

気になる二人のその後

静香の秘密、そして亡き母の秘密を知ったリョウは、プロとして娼夫の仕事を続けていくことになります。

映画はそこで幕を閉じてしまいますが、続きが気になる方は原作小説を読むといいかもしれません。

『娼年』の続編『逝年』と『爽年』でその後のクラブパッションの様子が描かれています。

核心部分には触れませんが、彼は娼夫として実に7年もの歳月を過ごすことになり、クラブパッションのオーナーにまで上り詰めます。

とりわけ『逝年』で描かれる、静香との感動的な愛の行方は必見です。

『娼年』を視聴したユーザーの感想

主人公の領(松坂桃李)が、女性たちと関係を持つ中で見えてくる、それぞれの人物の背景や趣味嗜好。それを垣間見る中で、領の気持ちが変化していくのを感じることができました。松坂桃李の演技が素晴らしく、ほとんどが濡れ場シーンながらも感嘆してしまいました。とくに、お尻が痙攣するところなんて演技でやっているとは驚きです。

20代

松坂桃李さん、自身の最初の主演作シンケンジャーと比べるととても演技がお上手になりましたね。他の作品も見させていただいているファンなのですが、この作品の松坂さんはとにかくフェロモンが凄いです。セクシー過ぎてファンの私には直視出来ないくらいです。でも作品としては他の人との交流を通して、心情の変化や関係性の変化などもきちんと描かれているので、物語としての完成度も高く、観た後に価値観が変わってしまうような、何かが心の中に残るような作品です。

30代

松坂桃李さん演じる無気力な大学生が娼夫という職業を始め、男性としての魅力を身に付けるとともに、そしてどこか女性の持つ母性や瑞々しさをも身に付けていく様子が大変素晴らしかったです。R18作品ながらも、どこか絵画を見ているような感覚に陥りました。性を扱うとどうしても嫌らしさが勝ってしまいがちですが、当作品はひたすらに映像美や細やかな感情表現に秀でていました。

20代

石田衣良さんの原作の雰囲気を松坂さんが全身全霊をかけて憑依して作り上げた良作だと思いました。オブラートに包まない清々しいほどの肉感的なセックスシーンに視覚が奪われ、聴覚に訴える息遣いや生々しさが伝わってくる女性との肉体的コミュニケーションは、松坂さんだけでなく女優陣の振り切った演技が華を添えている。人間本来の姿と誰しもが抱える性への悩みや欲求を再考させられる作品だと思います。

30代

本気の映画だと思いました。演技なのか錯覚するような、痛々しさというか、体の交わりのシーンでさえ、いやらしさを感じずに見ました。それは、松坂桃李さんがその女性を「愛していない」ことが分かるからで、女性の方もまた、お金を払って何かを埋めていることが伝わるからです。メンタルクリニックとか心療内科とか、心に対してアプローチをしてくれる場所があるけれど、娼年もまた、そんな営みのようにさえ感じました。

40代

かなり過激なシーンが多かったのが印象的でした。ストーリーもこれまでの映画にはあまりないようなもので、展開もすごく面白かったと思います。内容としては、愛や性について考えさせられる作品だったと思います。正直なところ、映画を観終わって、スッキリな気持ちになれる映画ではないと感じましたが、観終わってからも映画のことを思い出したり、考えたりすることが多い作品かもしれません。

20代

原作は読んだことがなかったのですが、ストーリーは億深く、それぞれの人たちの抱えている内面や心情に対して、男性である私は「女性ってすごいな。こういう感じなのかな?」と頭の中がパニックになりました。

松坂桃李君の体当たりな演技は、今までの爽やかなイメージを大きく変えるような感じで、改めて俳優ってすごいと思いましたし、本物の俳優だなと感じさせられました。また、この映画は光の使い方や映像がとても綺麗で、こだわっているんだなとも感じました。

40代

『娼年』視聴ユーザーによる見所ポイント

領が女性たちとの関係を持つ中で見えてくる美しい女性たちのそれぞれの性癖にあっと目を覆いそうになります。しかし、目を離すことができない官能的な描き方が美しいです。また、なんといっても見所は松坂桃李演じる濡れ場シーンです。(ほとんどが濡れ場シーンですが。)圧倒的な演技力で、魅せられていきます。

20代

とにかく松坂桃李さんがセクシーです。あまりのフェロモンに、観ているこちらが恥ずかしくなって思わず顔を覆ってしまうくらいです。出演作も増え、演技力も高まり続ける松坂さんですが、この映画でまた新境地を迎えたと言っても過言ではないと思います。しかし過激なタイトルとは裏腹に、内容はお客さんとの交流や悩みを描くヒューマンドラマです。主人公がお客さんの苦悩や葛藤を聞いて受け止めていく姿に、自分としては口には出せないながらも心の中で共感でき、価値観が変わってしまうような映画でした。

30代

主人公の持つ純粋さや率直さ、そして成長と苦悩の姿を見届けて頂きたく思います。性的な意味合いが注目されてばかりの作品ではありますが、様々な問題を抱えるクライアントに応対する松坂桃李の姿はもはや一人のカウンセラーのようです。女性たちの心理へと近づき、性というオープンにできない悩みを解放させていく様は、生きづらい現代を生きている男女へのヒントを提示しているようにも見えました。勿論、そこに男の嫌らしさは全くありません。それは当作品が、松坂桃李自身の美しさと演技スタイルがバッチリとハマった名作であることを意味しています。

20代

男性の登場人物がほぼ松坂桃李さんメインなので、彼のファンなら独占しているような感覚を味わえる事。車中のシーンで「セックスなんて手順の決まった面倒な運動です」と言い放った彼の冷めた表情と、様々な女性と交錯するなかで人間的なあたたかみを獲得する過程や変化は大きな見所です。セクシャルな映画であることは間違いないですが、孤独や退廃から抜けて生きがいを見出していく成長物語としての側面も見逃せない。

30代

松坂桃李さんと何人も出てくる女性たちとの会話のやりとり、会話をしない視線のやりとりが見所です。これは、単なる性的な映画ではまったくないので、人と人の心の交流が多くを語らずに交わされるところ、癒されるところを見てほしいです。松坂桃李さんの表情がどんどん穏やかになっていくのですが、それがどうしてなのかが見ていくうちに理解できます。

40代

見所はなんといっても、過激な濡れ場のシーンだと思います。本当に行為を行っているのではないかとか思うほどのリアルさがありました。どのシーンでも目が離せないほどの演技力でした。松坂桃李さんも女性の方々もこれ以上にない渾身の演技だったと思われます。また、そういったシーンでの撮影の仕方も素晴らしかったと思います。映る角度や光と暗さの使い方など、見えそうで見えない演出も非常に良かったと思います。

20代

見所は、半分以上が濡れ場なのではないかと感じてしまうくらいの、とても激しい男女のシーンだと思います。しかし、AVなどとは違っていて、濡れ場の奥に見えるそれぞれの女性が抱える悩みや問題、また、主人公の「無気力な人間が娼夫になる」意味と、その後の成長を映画の中で見て取れるところだと思います。

濡れ場だけを見たいのであれば、わざわざこの映画を観る必要はないと思いますので、ぜひその人間の抱える問題を自分自身に照らし合わせたり、人ってこういうものなのかなと考えながら観ることによってこそ、この映画を楽しめるのではないかと思います。

40代

映画『娼年』の動画を無料フル視聴する方法まとめ

映画『娼年』を見たい方は、是非Paraviの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも2週間無料で試すことができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です