映画『スマホを落としただけなのに』動画を無料でフル視聴!PandoraやDailymotionでも見れる?

映画『スマホを落としただけなのに』の動画を無料フル視聴できる方法をわかりやすく解説。

安全に観れる動画配信(VOD)サービスの特徴や無料期間の比較をはじめ、動画を違法で配信しているPandoraやDailymotionで視聴可能かどうかも調査しています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

スマホを落としただけなのに

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『スマホを落としただけなのに』の動画を無料フル視聴する方法

映画『娼年』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年2月の時点で、映画『娼年』の動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『スマホを落としただけなのに』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 月額料金 ポイント 無料期間
FODプレミアム 888円 1300 1ヶ月
U-NEXT 1,990円 600 31日間
dTV 500円 なし 31日間
Hulu 933円 なし 2週間
Amazon プライム 455円 なし 30日間
Netflix 800円~ なし なし
Paravi 925円 なし 30日間
music.jp 1,958円 1,600 30日間
配信状況:◎【見放題】/〇【ポイントで無料】/△【課金が必要】/✕【配信なし】

一覧表の情報は2020年2月時点の情報です。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『スマホを落としただけなのに』は複数の配信サービスで視聴することが可能です。

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷われる方は、無料期間中に費用がかからず動画コンテンツが多い点で、おすすめのサービスはU-NEXTとなります。

特徴
  1. 業界No.1の見放題作品数
  2. 雑誌や漫画も読むことができる
  3. 毎月1,200ポイントが付与される
  4. ファミリー向けに4台まで同時視聴が可能

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

動画共有サイトの配信状況

Pandora Dailymotion YouTube

 

注意
※動画共有サイトにアップされている動画は、違法でアップされた動画ですので自己責任でご覧ください。

※広告を誤ってクリックしたりすることで、ウイルス感染のリスクがあります。

映画『スマホを落としただけなのに』作品情報

作品概要

『スマホを落としただけなのに』は2018年に公開された日本映画です。

『リング』や『仄暗い水の底から』で知られる中田秀夫監督がメガホンを取りました。

主演は北川景子と千葉雄大。二人はドラマ『家売るオンナ』(2016年)以来の共演となります。その他に成田凌や田中圭らもキャスティングされています。

私たちの身近な存在「スマホ」の恐怖を描いたミステリーとして話題を呼び、興行収入19億円の大ヒットを記録しました。

さらに2020年2月には、続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の公開も予定されています。

キャスト一覧

稲葉麻美/北川景子

派遣社員として働くOL。

容姿端麗な女性で、かつて職場の同僚だった富田誠と順調な交際を続けています。

誠が落としたスマホに電話をかけたことが原因で、犯人から執拗に狙われることに。

何やら過去を隠している様子がうかがえます。

加賀谷学/千葉雄大

もうひとりの主人公。神奈川県警の刑事として、連続殺人事件の手がかりを探ります。

ひ弱な青年に見えますが、警官になる前はITの仕事をしており、その知識を活かして犯人を追い詰めていきます。

富田誠/田中圭

麻美の恋人で、商社に勤めるサラリーマン。

どこか間の抜けた性格ですが、麻美との交際は順調の様子で、プロポーズの言葉も考えています。

彼が移動中にうっかりスマホを落としたことが、恐怖の事件の引き金となってしまいます。

浦野善治/成田凌

ITセキュリティ企業の社員。

富田の友人の同僚にあたる人物で、犯人に追い詰められていく麻美に協力することになります。

彼女のスマホにかけられたロックを一瞬で解除するなど、その腕前は確かなようです。

『スマホを落としただけなのに』原作は志駕晃による同名小説

原作は志駕晃による同名小説。

2016年の『このミステリーがすごい!』大賞で最終選考まで残り、編集部の推薦で書籍化された経緯があります。

無名の新人によるデビュー作ながら、SNS時代における新たなミステリーとしてベストセラーになりました。

その後『スマホを落としただけなのに』はシリーズ化され、2017年には第2作『囚われの殺人鬼』が、そして2020年1月には第3作『戦慄するメガロポリス』が刊行されています。

『スマホを落としただけなのに』の主題歌

主題歌は福岡出身のロックバンド、ポルカドットスティングレイの「ヒミツ」。

映画の公開に合わせてシングルが発売され、その後、アルバム『有頂天』に収録されました。

このポルカドットスティングレイ、2015年の結成から2年半でメジャーデビューし、2019年には武道館での単独公演を満員にするなど、驚異的な速度で人気を獲得しているバンドです。

「秘密が秘密でいられない」という詞から始まる楽曲の世界観は、まさに本作の物語そのもの。

有野晋哉が主演しているミステリアスなMVも必見です。

『スマホを落としただけなのに』のあらすじ

派遣社員として働くOL・稲葉麻美は、かつての同僚・富田誠と順調に交際を続けていました。

そんなある日、仕事中の誠がタクシーの車内でスマホを落としてしまいます。

たまたま誠に電話をかけようとした麻美は、そのスマホを拾ったという男と言葉を交わすことに。

幸いにも男の計らいによって、スマホはすぐに誠のもとへ戻ってくるのでした。

ほっとした彼はその夜、麻美にプロポーズの言葉を伝えます。何か思い悩んでいるらしく、少し時間がほしいと答える麻美。

一方その頃、神奈川県の山中で身元不明の女性の遺体が発見されます。

その数は5人に上り、県警は連続殺人事件として捜査本部を置くことに。ベテラン刑事の毒島徹と新米の加賀谷誠が捜査に当たることになりました。

さらに場面が変わり、そこは暗いアパートの一室。男が向かうパソコンの画面には、麻美の個人情報が映されていました。

実は、誠のスマホの拾い主というのが、連続殺人事件の犯人だったのです。

誠のスマホをクラッキングした犯人は、その情報から次のターゲットとして麻美を選んでいました。

犯人の策にはまり、彼女の周辺では不自然な出来事が起きるようになります。

SNSによるストーカー被害に、スマホのウイルス感染。身の危険を感じた麻美は、誠の仲介によってITセキュリティに詳しい浦野に助けを求めます。

同じ頃、毒島と加賀谷の刑事二人も、犯人と思われる人物にたどり着いていました。

これでようやく事件は解決し、麻美も平穏を取り戻せるかと思われたのですが……。

スマホをめぐる本当の恐怖はこれからだったのです。

『スマホを落としただけなのに』感想と見所

スマホは私たちの分身?現代社会を映し出す作品

本作がヒットした一番の理由は、タイトルにもある「スマホ」を活かした設定といえるでしょう。

映画の冒頭から早速スマホを落としてしまう誠は、その途端に社会人として無力になってしまいます。

取引先への連絡もままならず、約束に遅れてしまう哀れな彼の姿は、私たちにとっても他人事とは思えません。

本作は、現代人にとってスマホがいかに大切なツールなのか、あらためて思い知らされる映画といえるでしょう。

誠の台詞にあったように、スマホはいわば自分の分身のようなもの。その分身を他人に奪われてしまう恐怖を描いているのです。

ヒッチコックを意識?見ごたえあるサスペンス

「スマホ」という現代的なテーマが話題となった本作ですが、同時に純粋なサスペンスとしても楽しむことができます。

それもそのはずで、監督の中田秀夫は『リング』や『仄暗い水の底から』といった和製ホラーを手がけてきた人物。

スリルあふれる脚本やカメラワークの妙など、要所に巧みな技が光っているといえます。

そんな中田監督によると、本作では「ライバルはヒッチコック」と胸に抱いて撮影に挑んだといいます。

アルフレッド・ヒッチコックといえば、「サスペンス映画の神様」と称されるイギリスの映画監督。

現在でもなお、世界中の映画監督たちの尊敬を集める存在です。

実際、作中ではヒッチコックのオマージュと思われる場面が頻出します。

たとえば、長い髪をした犯人が女性を後ろから刺し殺すショット。これは『サイコ』の名場面と完全に重なります。

他にも『見知らぬ乗客』を彷彿とさせる場面も登場するので、映画ファンの方は探してみてはいかがでしょうか?

『スマホを落としただけなのに』を視聴したユーザーの感想

実際に自分の身にも有り得る状況から始まるストーリー。何者かに仕組まれ、互いの事を疑い合い不穏な状況にどんどん陥っていく主人公たち。

誰を信じていいのか分からない、次から次へと起こる数々の出来事、予測不能なことの連続で、誰が真の犯人なのか分からない、それぞれの心に抱えた闇。最後まで目が離せない作品です。

30代女性

スマホ時代となった今、自分にとってもまったくない話でもないので、より一層恐ろしく感じました。かなり怖い作品ではありますが、子供にもみてもらうのもいいかもしれないと思える作品でした。スマホに入っている数多くの情報を落とすことがどれだけ大変なことかを考えさせられる作品でもあると思いました。また、北川景子さんの衝撃の告白、真実が予想外で驚かされました。

20代男性

現代的な題名にホラー的なイメージがあり、安っぽい内容の映画かと勝手に思って期待はしていなかったのですが、面白かったです。ストーリーが進むにつれて謎が謎のまま溜まっていくのですが、終盤にかけてひとつひとつ解き明かされていくところがスピード感があり、気持ちよかったです。出演者も若手実力派の方々ばかりで見応えがありました。

40代女性

あらすじは分かった上で視聴しましたが、とても楽しめました。逆に話や俳優陣の演技に集中できて良かったです。スマホを落としたことによるあれこれが怖くてぞーっとするだけでなく、主人公女性の触れられたくない過去がさらに壮絶。そちらの方にえーっ!?となる映画です。俳優陣も豪華でいいですね。後味も悪くなかったです。

60代女性

タイトル通りの作品でタイトルがまさに現代に合ってる題材だったので邦画はあまり見ないが気になって見たら意外に良かった。誰でも持っているスマホを落としたことでどんな怖い経験をするかを示唆するような作品。スマホが自分の身代わりみたいでスマホ落としただけでそこまでの被害や情報がわかるのかと思うと少しゾッとする。ただ、ストーリーは結構ありきたりというかそこまで意外性はない作品。

20代男性

犯人の狂気っぷり、サイコパスさにびっくりしました。スマホを利用してる身だからこその怖さもありますが、それよりも主人公の過去の話が軸になっていてスマホの怖さや殺そうとする訳が少し曖昧になってしまいました。整形ってあんなに瓜二つになるもんなんですね。もっとそれぞれのキャストの過去を掘り下げて欲しかったです。

30代男性

最初見ていた時は、連続殺人犯による事件の話なんだと思いました。でも、見ていくうちに「スマホを落としただけなのに」スマホから沢山の情報が漏れて、意外な過去も分かっていってしまうという恐ろしい話も混ざっていました。これは映画で作り話ですが、実際結婚する前のカップルでありそうな内容だなと思いました。真実を知ってこそ、本当の2人の関係が見えるのかなと思いました。

30代女性

『スマホを落としただけなのに』を視聴したユーザーの見所ポイント

ネットを駆使した巧妙な手口でどんどん不安へと陥っていく主人公。現代社会ならではのサイバー犯罪。実際に自分がこの状況になったら誰を信じていいのか本当に分からず、恐怖を感じ、苦しむだろう。そして、成田凌の独特の演技、田中圭の頼り無さげだが、いざという時に男気のある演技。それがまた素晴らしく、見所のひとつだと思います。

30代女性

見所としては、前半部分に様々な登場人物が出てくるので、そこで犯人を探しながら観るのがいいと思います。よく注意しながら観ると、おかしな行動や怪しい行動、発言があるので、より一層面白く観ることができるのではないかと思います。また、後半には、北川景子さん演じる稲葉麻美の驚きの真実がわかるので、そこにも注目してもらいたいです。

20代男性

犯人がわかるところがこの映画の最大の見どころの一つだと思います。あの人やったんか、かなり驚きがありました。また犯人の異常さや残酷さの描写も役者さんの演技に迫力があり、ずっと頭に残っていますので、まさにトラウマレベルです。主人公の秘密も徐々に明かされていき、最後は綺麗にまとまってスッキリするところも見どころの一つです。

40代女性

見所は、スマホを落とすとこんなことまで拾った相手に知られてしまうんだよ、という恐ろしさももちろんありますが、内容的には主人公女性の壮絶な過去がインパクト大でした。普通はバッドエンドになりそうなところですが、相手役の男性の懐の深さかな?未来に光が見えそうなラストなのも良かったです。そして忘れられないのが、北川景子の絶叫顔と成田凌の怪演!これは本当に見応えありです。

60代女性

成田凌の演技と衝撃の事実が最大の見所。成田凌の演技に引き込まれる人が凄い多くなるであろうと思う。絶対に見て見るべき作品。そして、初めから見ているとしっかり伏線として描かれているので気付いた時にそこまでやるのかって衝撃だった。ただ、追い詰められた人間はなんでもできるのかなと思わせてくれた。とにかく一度見ないと成田凌の演技が何故見所なのかわからない。

20代男性

スマートフォンをどこかに忘れてしまうという誰でもしてしまいがちなミスから始まる恐怖はこの世の中みんな被害者になる可能性があるのでとても怖く感じました。 SNSを 乗っ取られるとこういうことが起きるというのが疑似体験でき、ネット上だと本人だと分からないので誰を信じていいかわからなくなります。恥ずかしい写真などばらまかれる可能性があると思うとゾッとします。

30代男性

主人公の稲葉麻美の何気ない行動に過去の記憶を思い出させるヒントが沢山あるので、麻美の行動に注目してほしいと思いました。また、連続殺人の犯人が中々顔を映されずに犯行現場やパソコンをいじっているシーンだけがでてくるので、その犯人が麻美の周りに登場する人物の誰なのか、注意してみていると分かると思うので見てみてください。

30代女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です