ドラマ『ただ離婚してないだけ』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法

2021年7月7日(水)からスタートのドラマ『ただ離婚してないだけ』の内容やあらすじ感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『ただ離婚してないだけ』はどんなドラマ?
  • 人気コミックが原作の不倫サスペンス!
  • 北山宏光の濡れ場が満載!浮気相手の萩原みのりの演技にも絶賛の声!
  • 先が気になる衝撃展開が続き、リアルタイム視聴が増加!

ドラマ『ただ離婚してないだけ』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

『ただ離婚してないだけ』は、動画配信サービスParaviTVerで配信されています。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から1週間見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、Paraviで見ることができます。

Paraviなら過去放送回も見放題!

Paraviで『ただ離婚してないだけ』を無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

Paraviは初めて登録する人なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『ただ離婚してないだけ』作品情報

【放送日】毎週水曜日 深夜0:00~(テレビ東京系列)

結婚して7年となる夫婦、フリーライターの柿野正隆と小学校で教師をしている雪映。しかし、一緒に生活しているものの正隆は雪映への愛情を失っていて、離婚は時間の問題という状態でした。

そんな正隆は、雪映に隠れてガールズバーに勤務している年下の女性・夏川萌と不倫をしていました。家族に関して複雑な過去を持つ正隆は、自分と同じように両親に十分な愛情をもらえない環境で育ち、弟とともに貧しい生活を強いられている萌に理解者であるという気持ちを持っていたのでした。

ある日、正隆は雪映に嘘をついて萌と一緒に温泉に行きます。萌と一緒に過ごす和やかな時間を楽しむ正隆。そんな中、萌は正隆にこれまで話していなかった自身の秘密をためらいつつ打ち明けるのでした。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 柿野正隆/北山宏光(Kis-My-Ft2)
  • 柿野雪映/中村ゆり
  • 夏川萌/萩原みのり
  • 佐野義文/深水元基
  • 夏川創甫/北川拓実(少年忍者/ジャニーズJr.)
  • ほのか/大原優乃
  • 中浦菜穂/西川可奈子
  • 薮浩二役/山口祥行
  • 柿野利治/武田航平
  • 柿野利通/団時朗
  • 池崎康介/甲本雅裕
  • 仁科徹/杉本哲太

北山宏光
アイドルグループKis-My-Ft2のメンバーとして活動しながら、20代の頃から「美咲ナンバーワン!!」や「幽かな彼女」などのドラマに出演して、若者の成長過程を的確に表現する役柄を多く演じていました。最近では「でっけぇ風呂場で待ってます」に佐藤勝利さんとW主演で出演していました。

中村ゆり
「探偵の探偵」などこれまで数々のドラマに出演し、登場人物の繊細さを美しく表現できることで人気を集めています。最近では、「天国と地獄〜サイコな2人〜」に秘書役で出演していました。

製作・スタッフ

  • 原作/本田優貴「ただ離婚してないだけ」
  • 監督/安里麻里、角田恭弥、松本拓
  • 脚本/田中眞一、清水匡、安里麻里
  • 主題歌/Kis-My-Ft2「Fear」(avex trax)
  • チーフプロデューサー/山鹿達也
  • プロデューサー/松本拓、矢崎ゆうこ、中野剛、加藤毅

ドラマ『ただ離婚してないだけ』原作情報

ドラマの原作は、本田優貴さんが手掛けた同名漫画です。ヤングアニマル嵐という漫画雑誌で約3年に渡って連載されていました。

2020年には白泉社の電子書籍対象で優秀賞をもらうなど、高い人気を誇っている作品です。巻数は全5巻です。

本田優貴さんは、2010年頃から本格的に活動を開始した漫画家です。「東京闇虫」シリーズなど男性向けの作品を主に手掛けて人気となっています。最近では、少年誌での連載で「DESTRA デストラ」を手掛けています。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

感想にはネタバレも含みます。

第1話あらすじ・感想(7/7放送)

フリーライターの柿野正隆(北山宏光)と、小学校教師の雪映(中村ゆり)は、結婚7年目となる夫婦。正隆の雪映への思いは冷めきっており、関係は「ただ離婚してないだけ」。しかも正隆には新聞配達員の萌(萩原みのり)という不倫相手がいた…。
ある日、正隆は萌と温泉旅行に行くことに。そこで萌から、ある衝撃の告白が…。

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

え!?北山くん大丈夫?という内容に目を疑ってしまいました。深夜とはいえ、過激で濃厚なラブシーンでした。つい最近まで、お風呂屋さんでコントのようなドラマをやっていた人と同じに見えないです。気になって、原作コミックも1巻だけ読みましたが、ドラマの正隆はより闇深く、妻に対してのあたりも強いので怖かったです。あっという間に終わってしまい、続きがとても気になります。

40代


第2話あらすじ・感想(7/14放送)

不倫相手の萌(萩原みのり)と温泉旅行に向かった正隆(北山宏光)。そこで萌から妊娠を告げられる。正隆が、堕胎するよう告げると萌は困惑するも、その言葉を受け入れる。自宅に戻った正隆は、子供を望んで産婦人科へ通う妻・雪映(中村ゆり)の診察券を見つけると、「子供なんていらねぇだろ」と吐き捨てる。そんな正隆は、自分の生い立ちから“家族”という存在と向き合えなくなっていた…。

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

結婚をして妻は子供が欲しく通院しているのに、自分の欲望を満たすために不倫をしその相手と旅行まで行き、そして不倫相手が妊娠したら何も考えずに即座に堕ろせといい金を渡し、その手術の日も仕事だと付き添わず手術が終わったとのメールで会いにいったのはいいがやっと帰って来た彼女にねぎらいの言葉をかけることもなく、堕胎を確認したら冷たく仕事の途中だからと嘘を付き去っていく子供が育てる自信がないならなぜ結婚したのかを見届けたいと感じました。

60代


第3話あらすじ・感想(7/21放送)

正隆(北山宏光)との子供を堕胎した萌(萩原みのり)。手術の日以来、正隆から連絡を無視され、不安を募らせていた。妻の雪映(中村ゆり)もまた正隆が銀行口座から引き出した20万円を不審に思っていた…。
そんな折、萌は術後の不正出血で産婦人科へ行くと、雪映に出くわし、衝撃の事実を告げられる。それを聞いた萌は、子供を堕ろした深い悲しみと積み重なり、徐々に正気を失っていく。物語はスピードを上げて転がり落ち、衝撃の展開へ…!

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

不倫相手の萌ちゃんの闇落ちがおそろしかったです。目の下のクマが本当にぞっとしました。一方で正隆さんはあんなに険悪だった雪映さんとあっという間に仲直りしてしまったのでびっくりしました。無事に妊娠し喜んでたのに、萌ちゃんの襲来はこわったでしょうね…。しかも死んでしまい、これが冒頭の血みどろシーンにつながるんですね…。

30代

今回の最後から初回の映像になるのですね。みんなクズだと思ってますが、正隆が一番クズだったんですよ。愛人をそこまで追い詰めさせるなんて、全く感じていなかったと思います。自分のことしか考えていないんです。奥さんの事も、奥さんが正隆の為にも頑張っただけで、家族に裏切られたからと言って一人で自暴自棄になっていればいいんです。女の人に冷たすぎます。女性のトラウマでもないのに。愛人の萌からしたら、気が狂いそうになりますよ。それで揉み合って殺してしまった正隆の罪は大きいです。少し上手く行きそうだったのに。別れるなら中絶させなければよかったんです。中絶を簡単に思いすぎです。

40代

最初ドラマが始まって、血の海のシーンが映った理由が今回のラストで分かりました。しかし、思ったより遥にサスペンス要素でビックリしました。しかし、正隆から捨てられて、子どももおろすように言われて、その後無視されて萌が包丁で刺そうとした気持ちも分からないでもないです。どうにか、あのまま遺体を埋めないことを願います。

30代

もう3話まで進んじゃっていますが、初めて視聴しました。オープニングの雰囲気からこのドラマのホラーな世界観を感じて、事前にあらすじ等を調べて知っていましたが予想していたよりもこんなに怖い系の話なんだとちょっとびびってしまいました。夜に一人で観るのが怖かったです。北山宏光さんが演じている主人公が完全に病んでる感じがしました。深夜帯とはいえジャニーズ主演ドラマがこんなに生々しくて大丈夫なのかと思えるほど、人間の暗いドロドロした部分を描いています。

20代


第4話あらすじ・感想(7/28放送)

正隆(北山宏光)に捨てられたショックで雪映(中村ゆり)に包丁で襲いかかった萌(萩原みのり)。もみ合いの末、正隆は萌の腹を包丁で刺してしまう。どんどん広がっていく大量の血。警察に通報しようとする雪映だったが、萌は絶命。2人は遺体を裏庭に埋める。普段通り過ごすよう雪映に命じた正隆だが、萌の幻を見るようになる。狂っていく夫を見た雪映は「もうついていけない」と言い残し、病院へ向かう…。

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

萌ちゃんの幻影が怖かったです。どんどんやつれていく正隆を見るのはかわいそうでしたが、自業自得といわざると得ません。雪映さんはようやく妊娠できたのに今のとんでもない状況のストレスで赤ちゃんに影響がないのか心配してましたが、まさか堕胎を考えるまで追い詰められていたとは。正隆のごめんなさいは彼の本当の部分が出たのかなと思いました。

30代

どうして埋めてしまったのでしょう。殺してしまったとしても、正当防衛が成立したかもしれません。すぐ警察に行っていれば良かったのに。取り返しがつかなくなりました。奥さんも正隆の為に正隆の指示に従いましたが、辛いですね。それでも言われたとおりに普通に装っていました。なのに正隆はまた自分勝手です。普段から笑わないですが、それよりも全然何もできなくなってぼーっとして、幻想が出てくるから罪悪感も出てきたのかもしれませんが、泣いて謝るのおそすぎます。最低でも殺してしまった時に気づけばよかったのに。奥さんにとっては一緒に乗り越える覚悟でしょうが、愛人の背後は恐ろしい人が沢山いそうで、来週怖そうです。

40代

萌が死んでしまって、その脚を引きずりながら死体を埋めるまでのシーンがゾッとしました。北山さんはジャニーズですが、ここまでサスペンス要素を演じたのは北山さんが初めてではないでしょうか。その後、幻覚を見てしまう描写がずっと最後まで続きましたが、それも正隆がしょうもない浮気をしたことが原因なので嫁さんはかわいそうですね。

30代


第5話あらすじ・感想(8/11放送)

正隆(北山宏光)は不倫相手の萌(萩原みのり)を殺したことを自覚し、涙が止まらなくなる。雪映(中村ゆり)は、そんな正隆を励ますと共に、妊娠したことを告げる。正隆と雪映の夫婦の間には、萌を殺めたことにより異質な絆が芽生える――。そんな折、萌がいなくなったことにより、騒ぎが起きていないか心配になった正隆は、様子を窺おうと客のフリをして萌が働いていたガールズバーを訪れるが――!?

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

萌が失踪したと弟や萌の勤務先のガールズバーでも騒ぎになり始めて、物語が動き出しました。遺体を庭に埋めたおかげで、正隆と雪映はずっと萌のことを忘れることは出来ないだろうし、なぜ埋めてしまったのか、今でも判りません。何故か正隆がガールズバーに訪れますが、ほのかがLINE交換をあえてしたように見えました。そして佐野の前で柿野さん、と言った場面が次回へ向けてのカウントダウンのようで面白かったです。

40代

少しずつ、周りの人たちからの萌の失踪に関する不審感が出てきて、追い詰められていく柿野夫妻にドキドキが止まりませんでした。萌が務めていた店に、暴力団の関係者と思える人が絡んでいるため、2人が今後さらに苦しめられるのではないかと予想でき、早く警察に連絡してほしいと思ってしまいます。子どもはどうなるのか、無事であってほしいと思いますが、今後もハラハラする展開を期待します。

30代

しばらくオリンピックの関係で放送が無かったので久しぶりでしたが、もう5話目でした。萌を死体遺棄して罪悪感に苛まれていましたが、何故この状況で萌のバーへ行ったのか理解できませんでした。しかも萌のスマホを持参していてまさに「飛んで火にいる夏の虫」でしたね。奥さんはに脅迫の電話がきて相当怖かったでしょうね。

30代

奥さん視点で、奥さんも孤独だった、辛い目に合いたくなかった。と、正隆と同じ気持ちでした。正隆の孤独とは違うもので、奥さんの孤独は誰が見てもわかりました。だから妹さんも正隆と離婚を希望したんですね。でも、もう遅いんですよね。奥さんだけでも警察に行けたらよかったのかもしれません。警察に行くよりももっと恐ろしい萌の周辺から逃げられる訳ですので。正隆は自業自得で自分勝手で、殺して埋めたわけなので仕方ないとは思いますが、それにしても萌の彼も周辺も恐ろしくてドキドキしました。

40代

弟が萌を探し始めました。萌の勤めているガールズバーの店長は危険な人で、萌の相手を見つけて脅そうとしています。正隆が軽率な行動をしたので、店長に見つかってしまいました。埋められていることは知りませんが、これからは、店長の脅しが始まります。犯罪を犯すとそれを隠そうとして、さらに悲劇になるのが、このドラマを見てよくわかります。正隆と雪映がやり直して生きる道を見つけてほしいです。

60代


第6話あらすじ・感想(8/18放送)

萌(萩原みのり)の残していたメモから、佐野(深水元基)に正体がバレてしまった正隆(北山宏光)。慰謝料として1000万円を要求される。佐野もまた、ヤクザの仁科(杉本哲太)への借金に追われているのだった。そんな佐野は、雪映(中村ゆり)の小学校にまで押しかけてくる。夫婦に最大のピンチが訪れるが…!?また、雪映は萌の弟・創甫(北川拓実)と接触する。萌が正隆の子供を堕胎していたという事実を知り…!?

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

どんどん追い詰められる2人を見ていて苦しくなりました。またきょうだいで助け合ってきてお姉ちゃんに依存していた弟のことも考えると悲しくて仕方ありません。萌にとって堕胎した経験は本当につらかったんでしょうね。彼女にも同情すべきところがありますね。正隆の弟まで不正をするとは何もかもマイナスな展開でちょっとつらいです。

30代

奥さん可哀相過ぎます。学校まで佐野が押しかけて来て怒鳴るなんて、恐怖しかありません。正隆が萌のことをもう少し聞いてあげたらこんな事にはならなかったのにと悔やまれます。正隆は佐野に電話してお金で解決しようとしましたが、1000万も出せますかね。お父さんに泣きつく事もできないですし。でも佐野も必死ですよね。ヤクザに脅されているのですから。奥さんは弟に会って萌の背景や、正隆のひどい行動を聞かされて精神的に大丈夫かなとおもっていました。まさか、最後にドスッと飛び降りてきたときは驚きました。とても辛かったんだと思います。

40代

萌は死にましたが、その怨念なのか、復讐が始まりましたね。しかし、途中からやくざ映画のテイストになってしまって、当初思い描いていたものとはかけ離れてしまいました。しかし、萌の弟が姉の子ども堕胎させたことを知ってしまう展開になったらこれはまた一気にスリリングなストーリーへ発展すると思うので、来週から楽しみです。

30代


第7話あらすじ・感想(8/25放送)

雪映(中村ゆり)が自殺を図った。病院へ運びこまれ一命はとりとめたものの、翌日も意識の戻らない雪映を心配して正隆(北山宏光)は病院へ向かう。しかし、雪映の妹・菜穂(西川可奈子)から追い返される。頭の整理がつかない正隆の元に贈賄疑惑の渦中にいる弟の利治(武田航平)から連絡が来る。柿野製薬の会長で父の利通(団時朗)が危篤状態だという知らせだった…。そんな折、佐野(深水元基)が自宅に押しかけてきて…!?絶体絶命の大ピンチ!!

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

雪映さんが助かって良かったです。このタイミングで正隆の弟が登場しましたが、お父さんといいみんな自分勝手だなと思いました。佐野に家におしかけられて、階段から落ちたときはまた殺してしまったのか?やばいな!と思いましたが生きてましたね。熱湯かけた雪映さんがまじで怖かったです。母は強し、ではありますが…。いろいろ心配です。

30代

雪映が大変な時にまたクズになりかけてた正隆でしたが、父の危篤により弟に詫びられ、正隆が今までを振り返り、考え直すいい機会になった気がしました。でも、一難去ってまた一難。佐野が家に押しかけてきて、大変だと思ったのもつかの間、階段から落ちて、また死んだ?と思ったら生きてるし。でも弱ってる佐野に雪映が熱湯を浴びせる暴挙に出て驚きました。

40代


第8話あらすじ・感想(9/1放送)

家に押しかけて来た萌(萩原みのり)のバイト先のオーナー・佐野(深水元基)に、熱湯を浴びせた雪映(中村ゆり)。「もう後戻りできない」と言う雪映に、正隆(北山宏光)は「俺がトドメを刺す」と言うが…!?そして、凄まじく奇妙な共同生活が始まると同時に、二人はお腹の中の子供が育っていることを実感し、幸せを掴もうとしていた――。そんな中、雪映の妹・菜穂(西川可奈子)が娘・陽菜と一緒にやってくる。すると陽菜は家の異変を感じ…。

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

自宅に押し掛けてきた佐野に熱湯を浴びせてから雪映が一気に豹変しましたね。むしろ正隆の方が佐野にとどめをさすことをためらってしまい、弱気に見えました。女の怖さも垣間見た気がします。もう後戻りできない、という気持ちがそうさせるのか分かりませんが、佐野のことが姪っ子にまさかバレるとは思いませんでした。来週が楽しみです。

30代

てっきり、佐野を殺したと思っていましたが、まさか二階に縛って監禁なんて怖いです。そして何事もなかったように生活しているのも、もう現実が自分たちでも追いつかないんだと思います。奥さんはまだ理想の家族を追いかけていましたが、どう考えても無謀です。お腹の赤ちゃんが動いたと言っていましたが、良かったね。とはとても思えません。それに姪っ子さんが見たことで妹さんにもう佐野の事を知られそうでしたが、妹さんにバレてしまうのか、扇風機で奥さんは佐野を殴って上手く隠した気もします。そして佐野はどうなったのでしょうか。

50代

前回の様子ではヤクザを殺してしまったのかと思いましたがまさか生かして家においておくとは…。その方が怖い気がします。そして妹さんと姪っ子が来たことで事態は動きそうですね。姪っ子がリアルに絵を書いていてぞっとしました。子どもは嘘はつけませんね。お腹の赤ちゃんが動いた、と喜ぶところとのギャップがすさまじくて悲しくなります。

30代


第9話あらすじ・感想(9/8放送)

正隆(北山宏光)と雪映(中村ゆり)の元にやって来た雪映の妹・菜穂(西川可奈子)。不審な物音に気付き、佐野(深水元基)を監禁している部屋に入ろうとするが、その時見た光景とは…!?
また「近所で異臭騒ぎになっている」と、市役所の男が訪ねて来る。庭に埋めてある萌(萩原みのり)の死体が原因だった。
焦った2人は萌の死体を別の場所に移すことにするが…!?
一方、萌の弟・創甫(北川拓実)は刑事の池崎(甲本雅裕)と共に萌の行方を追っていた。

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

今回の柿野夫妻は萌殺害がバレそうになるピンチの連続でハラハラしました。市役所の職員から始まり、刑事の池崎、ヤクザの仁科によりそれぞれ追い詰められていくシーンは強迫観念を強く感じ、正隆包囲網が迫って来るのは目が離せなかったです。さらに監禁状態の佐野ですら、捕らえられながらも萌の遺体を掘りおこす柿野夫妻の写真を撮っていることに、彼の執念を感じつつ、柿野夫妻のもはや逃れることが出来ず、身動きも取れなくなるのではないかという破滅のエンディングに突き進んでいると感じました。

50代

雪映の妹に2階に佐野を監禁していたことがばれそうな一面を、上手に嘘をつく雪映の落ち着いた対応は流石と感じました。その反対にどんどん痩せて表情が乏しくなる夫。以前は暴言や偉そうにしていたのに、ここと言う所は妻の方がしっかりしています。妹にこの家が臭いと言われ、近所の方にも市役所に通報する程の悪臭がこの夫婦には、臭わないのも不思議でした。この9話で印象に残ったのは 萌の顔にクマができて最後、目を開いて死んだ顔が脳裏に残り、役を演じた萩原みのりさんの姿が怖い印象しか残りませんでしたが、9話では白い洋服で綺麗な顔や笑い顔の回想シーンの映像があり怖い印象が軽減できたので良かったです。

50代

佐野は前回殺されたと思ったのですが、まだ生きていたんですね…。相変わらずの共同生活にぞっとします。萌ちゃんの死体を埋め直した時に現れた萌ちゃんの幽霊がとてもきれいで悲しくなりました。もう取り返しがつかないですね。今回の事件をきっかけに夫婦のふたりの関係がより強固になっていくのが皮肉なようで本当に切ないです。

30代

雪映の妹が家に押しかけてきてピンチでしたが、雪映のファインプレーでなんとかなりましたね。しかし、次は死臭騒ぎが現れて、遺体を埋めているのにそんなに匂いがするのかと気になりました。しかも遺体を掘り返して山へ遺棄しなおすと言い出したのにびっくりしました。昨今観たドラマの中でもかなり衝撃的なシーンでした。

30代

ニオイがするから埋めかえる。ひどい話です。奥さんの考え方がおかしくなったのも正隆のせいですが、佐野を殴ったのに平然と妹さんと話しているところから、今まで可哀想だと思っていましたが、もうこれ以上罪を重ねてほしくないと思いました。佐野も監禁しているんです。その佐野も生きるのに必死で、夫婦の悪事の証拠写真まで撮っていましたね。警察にも目をつけられて、もう柿野夫婦に幸せは来ないです。萌を殺し、埋めた時からなかったんです。奥さんが思うような理想の家族にはなれなかったんです。正隆が自分のことばかり考えていたせいでこんなことにまでなったのです。

50代

臭いの苦情により、家の中、周辺を市役所の人に調査される瞬間は、絶妙な間でハラハラ感が増し、バレるんじゃないかと一緒に緊張しました。また、相変わらず雪映さんのメンタルが強く、キリッとした表情が印象的でした。警察も加わり、また監禁していたオーナーまで反撃に入ろうとしているので、もう早く警察に捕まった方がいいのではないかと思えてきました。

30代


第10話あらすじ・感想(9/15放送)

正隆(北山宏光)と雪映(中村ゆり)の元に刑事の池崎(甲本雅裕)と萌(萩原みのり)の弟・創甫(北川拓実)がやってくる。

2人は萌と佐野(深水元基)の失踪について問い詰めるが、雪映は冷静なまま、不倫相手だった萌を心配したフリをする。池崎は2人が殺されている可能性を指摘し、家中の部屋を見せるよう要求するが…?

一方、正隆の仕事部屋に監禁されている佐野は結束バンドを切り、逃げ出す機会をうかがっていた…。

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

佐野がついに逃げてしまいましたね。しかたたかに逃げる機会を狙い、逃げた瞬間に「バーカ」と叫ぶところは本当に嫌なやつだなと思いました。演じてる方がとても上手です。雪映さんの泣き叫ぶところもあり、本当にカオスな展開で胸が痛いです。住民にも見られてしまい、さすがにもう隠しとおせないでしょうね…。赤ちゃんのことがとにかく心配です。

30代

佐野が監禁されて数カ月、刑事が来ても平然としている奥さんに驚きです。今回は逃げようとする佐野、それを阻止する柿野夫婦との格闘でしたが、凄いですね。もう奥さん怖かったです。電子レンジで殴ったり、足を包丁で刺したり、必死なのはわかりますが、正隆が発端だったとはいえ、そのまま衰弱死の話もしてて怖くなりました。それでも逃げれた佐野の気力は凄いです。佐野も証拠を持っているし逃げられないと思います。

50代

自宅に池崎がやってきましたが、甲本雅裕さんの演技が光っていました。まるで悪役ですね。佐野が逃げ出すのを恐れて「飯も、水も与えずに衰弱死させればいい」と言った雪映がかなり不気味でした。すっかり変わってしまいましたね。寧ろ佐野の方を応援してしまいました。そして深水さんの瘦せる役作りにはただただ脱帽ですね。

30代

どんどん柿野家が包囲されていくような気がしました。その中でまさかの佐野の逃亡は、二人にとって予定外でもあり、逃がすと危険な存在でもあります。佐野に逃亡を許してしまった二人の元に、黒い車がやってきましたが、あれは誰なのか。毎回、次回が気になって仕方ありません。そしてそろそろ雪映のお腹も心配な頃なのですが、無事に赤ちゃんが生まれるのか、今はそれだけが不安です。

40代


第11話あらすじ・感想(9/22放送)

正隆(北山宏光)と雪映(中村ゆり)の元から監禁していた佐野(深水元基)が逃げ出した。自分たちの身に警察の捜査が及ぶと考えた2人は逃避行生活を送っていた。

その頃、佐野はヤクザの仁科(杉本哲太)から再び拷問を受け、正隆たちが萌(萩原みのり)の遺体を掘り返している様子を撮影したSDカードを渡す。

正隆と雪映、そして2人の間に生まれてくる子供の運命はどうなるのか…!?

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

佐野は気の毒ですね。せっかく逃げてきたのに仁科に捕まって焼き殺されるなんて。遠くまで逃げて旅行気分の柿野夫婦は理解できませんが、佐野が死んでもう安心と言う気持ちになるのが不思議です。なんで殺されたのか、その人たちが自分達のことを知らないかと思わないでしょうか。何事もなく幸せな日々が続くと思ってたんでしょうか。萌の弟の思いも辛そうで、本当は殺したいけどよく我慢した方だと思います。問題は、証拠を持ってる仁科です。やっぱり柿野にお金を出すように言ってきましたね。一億も。会社の事まで知っているようでした。もう逃げられないですが、そこでみんな殺しましょうと言う奥さんの感覚もう普通ではないです。

50代

佐野が折角逃げ出せたのに、すぐ捕まってしまってなんだかかわいそうに思えてきました。最後、ヤクザの仁科が家にやってきて、萌を遺棄した証拠の写真を突きつけてきて、一億円で話をつけようとするところが、やくざっぽいと思いました。来週で最終回らしいですが、どうなるのか全く予測がつかないだけに非常に楽しみです。

30代


第12話(最終回)あらすじ・感想(9/29放送)

佐野(深水元基)が死んだことによって自分達の罪を知る人物がいなくなり、平穏な暮らしができると思って安堵していた正隆(北山宏光)と雪映(中村ゆり)。

その矢先、ヤクザの仁科(杉本哲太)が2人の元にやってくる。仁科は2人が萌(萩原みのり)の遺体を掘り起こす写真を見せ、1億で買い取るよう要求し…!?

夫婦は再び、絶望の淵に追い込まれる。いよいよクライマックス!殺人を犯した夫婦が辿る運命とは!?

引用:ドラマ『ただ離婚してないだけ』公式サイト

正隆と雪映というサブタイトルだけでなんだか泣けました。ものすごい最終回でした。正隆が出頭し、すべて罪をかぶったという展開は少しほっとしました。弟との和解から今までの過去を振り返り反省する時の正隆の表情がものすごかったです。もう二度と会わないのに離婚はしない、ただ離婚してないだけ、というタイトルがラストシーンでもつながるところにぞっとしました。また会えばいいのに…。

30代

正隆のせいで、ここまでになって、そして最後に来た仁科達を殺す準備をしているだけでも見ていて恐ろしかったです。正隆は親父と弟の思いがもっと早く伝わっていれば、それも気持ちの持って行き方で正隆が人をここまで恨んでいなければ、家族を恨まなければはじめからこんな不幸な事を続けなくても良かったと思うととても悲しいです。もう後戻りできませんから。正隆が出頭したのも、家族の大切さをわかったからと、自分の巻き起こした事だからと感じました。大切な奥さんを傷つけないためにもいい選択だと思います。そして萌への償いも弟さんにしていたんですね。そして最後、奥さん子供が結果的に幸せで思ったよりいい終わり方でした。

50代

ついに最終回を迎えてしまいましたが、最後の瞬間までハラハラしました。雪映が破水するシーンも衝撃でした。その後、まさか正隆が出頭するとは思いませんでしたが、弟の言葉が心に刺さったようですね。とりあえず、このドラマを通じて分かったことは、不倫から刃物沙汰になる事もあるから気を付けよ。ということですかね。

30代


ドラマ『ただ離婚してないだけ』の見どころ・まとめ

ドラマの見所は、「雪映が豹変していく過程」と「正隆に待ち受ける運命」です。

雪映は正隆が自分に愛情を持っていないと知りつつも、かすかな希望を信じて夫婦として生活を続けています。健気に正隆を愛する雪映が、萌との不倫を知ったことによって一気に正隆への憎しみを募らせて狂気に満ちた言動を取っていく変化がまず見所です。

次に、正隆に待ち受ける運命についてですが、正隆は萌と不倫関係を続けていくことを望んでいますが、雪映に追い詰められることによって自分を見失い、萌からも雪映との離婚を迫られていくと思われます。想像もしていなかった事態に巻き込まれていく中で、正隆が最終的にどのような運命を選ぶことになるのかが見所です。

見逃し配信動画はParaviで配信中ですので、2週間の無料お試しを利用してぜひご覧下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です