『帝一の國』動画を無料フル視聴|菅田将暉の主演映画を配信動画でDVDレンタルよりも快適に見る

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

映画『帝一の國』

無料期間中の解約なら動画が無料

映画『帝一の國』の動画を無料フル視聴できる配信サービスについて大手VODサイトを比較して解説。

DVDレンタルよりも快適で、安全に観れる動画配信(VOD)サービスを紹介します。

映画『帝一の國』の動画を無料フル視聴する方法

映画『帝一の國』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年4月6日の時点で、映画『帝一の國』の動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『アルキメデスの大戦』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 ポイント 月額料金(税込) 無料期間
FODプレミアム 1,300P 976円 1ヶ月
U-NEXT 600P 2,189円 31日間
Hulu なし 1,026円 2週間
Paravi なし 1,017円 2週間
dTV なし 550円 31日間
Amazonプライム なし 500円 30日間
Netflix なし 880円~ なし
music.jp 1,600P 1,958円 30日間
配信状況:◎【見放題】/〇【ポイントで無料】/△【課金が必要】/ー【配信なし】

一覧表の情報は2020年3月時点の情報です。

※最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『帝一の國』は複数の配信サービスで視聴することが可能ですが、無料で見れるのは「FODプレミアム」「U-NEXT」「dTV」「music.jp」の3つになります。

映画『帝一の國』が無料で見れる配信サービス比較

31日間の無料お試し期間あり!無料会員登録後に600ポイントがもらえる
映画『帝一の國』はポイントなしで見放題
≫ 公式サイトを見る≫ 無料で動画を見る
1ヶ月間の無料お試し期間あり!無料会員登録後に100ポイント、8のつく日に400ポイント、最大で1,300円分のポイントがもらえる。映画『帝一の國』は400ポイントが必要
≫ 公式サイトを見る≫ 無料で動画を見る
30日間の無料お試し期間あり!無料会員登録後に1,600ポイントがもらえる。映画『帝一の國』は330ポイントが必要
≫ 公式サイトを見る≫ 無料で動画を見る

 

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷っている方は、無料期間中に『アルキメデスの大戦』が無料で見れて、動画コンテンツが充実している「U-NEXT」がオススメです。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『帝一の國』作品情報

映画『帝一の國』作品概要

『帝一の國』は2017年に公開された日本映画です。

古屋兎丸による同名漫画を原作として、『世界から猫が消えたなら』の永井聡が監督を務めました。

総理大臣になる野望を抱いた少年が、超名門の海帝高校に入学し、激しい派閥争いのなかで生徒会長を目指す学園ドラマ。

負けず嫌いで高慢な主人公・ 赤場帝一を菅田将暉が演じているほか、帝一のライバル・東郷菊馬を野村周平、帝一の味方・大鷹弾を竹内涼真が演じています。

また、ヒロインの白鳥美美子を演じるのは永野芽郁。

当時すでに注目株だった彼女ですが、本作の後は連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)の主役に抜擢されるなど、さらに活躍の場を広げていきます。

『帝一の國』の原作は古屋兎丸による同名漫画

原作は古屋兎丸による漫画『帝一の國』です。集英社が発行している雑誌『ジャンプスクエア』で2010年から2016年にかけて連載されていました。

古屋といえば、アングラで退廃的な世界観が特徴の漫画家です。

現在は廃刊となった漫画誌『ガロ』でデビューした彼は、同誌の前衛的な作風を受け継ぐ漫画家の一人といえます。

ちなみに、古屋の代表作『ライチ☆光クラブ』も2016年に映画化されており、今後のメディアミックスにも期待したいところです。

映画『帝一の國』主題歌はクリープハイプの「イト」

主題歌はクリープハイプ「イト」。本作のために書き下ろされた曲で、エンドクレジットで耳にすることができます。

クリープパイプの起用は、永井監督とスタッフたっての希望によるもの。作品にマッチするアーティストとして、真っ先に名前が上がりました。

タイトルの「イト」は、操り人形の「糸」と生き抜く戦略の「意図」のダブルミーニングです。

激しい争いを繰り広げる登場人物たちの人間模様を表現しており、ボーカル・尾崎世界観による歌詞も、本作の物語に合わせたものになっています。

映画『帝一の國』のあらすじ

全国でも屈指のエリート校・海帝高校。多くの政治家や官僚を輩出してきた同校に、一人の少年がトップの成績で入学を果たします。

彼の名前は赤場帝一。通産省の官僚を父に持つ彼には「総理大臣となって自分の国をつくる」という野望がありました。

野望を実現するためには、この海帝高校の生徒会長となり、強力なコネを手に入れることが一番の近道です。

出世レースに敗れた父の教育を受け、幼い頃から一番になることを志してきた帝一。その思いを胸に秘め、入学早々から動くことになります。

手始めにルーム長となった帝一は、幼馴染の榊原光明とともに、評議会と呼ばれる自治組織の場に参加することになります。

生徒会本部による運営のもと、この評議会メンバーから次の生徒会長が選ばれるのです。

同じルーム長である東郷菊馬は、帝一にとって因縁の相手。

彼の父は通産省の事務次官であり、帝一の父を押しのけて総理大臣のポストを狙っています。

息子の菊馬もことあるごとに帝一の邪魔をし、生徒会長への道を断とうとするのでした。

一方、外部入学の秀才・大鷹弾は、帝一のよき友人となります。

実直な彼には野心もないようで、生徒会選挙のあり方に疑問を抱いている様子。

負けず嫌いの帝一は、彼に対抗心を抱きながらも、数少ない味方として恩義を感じるのでした。

やがて生徒会選挙の時期となり、2年生のルーム長から候補者が選ばれます。有力候補は二人。

温厚ながら民主的な改革案を掲げる森園億人と、カリスマ的な手腕で勝利にこだわる氷室ローランド。

このうち、帝一は氷室の派閥に入ることで、2年次の生徒会長選に向けて地盤を固めようとします。

とはいえ、氷室は勝つためには手段を選ばない男でした。

敵の弱みを握って取引を持ちかける氷室に、打算的な帝一はどこまでも従います。

そんな彼のことを見限った大鷹は、森園派として徹底抗戦の構えを見せるのでした。

氷室の票集めは日増しにエスカレートし、やがて賄賂も辞さないようになります。

実はこの氷室、父は米国自動車メーカーの社長であり、帝一の父とは因縁の間柄。

東郷の告げ口によってその事実を知った氷室は、あっけなく帝一を切り捨ててしまいます。

こうして足場を失った帝一でしたが、潔く森園派に寝返り、大鷹とともに打倒氷室を掲げることになります。

しかし、敵の妨害工作は苛烈をきわめていきます。ついには東郷の差し金によって、帝一の父が収賄の容疑で逮捕される事態に。

帝一は戦意を失い、部屋に閉じこもってしまいます。

仲間たちが心配するなか、帝一の未来を決める生徒会選挙の日がやって来ます。

映画『帝一の國』の感想

漫画家・古屋兎丸の世界観を完全再現

伝説の漫画雑誌『ガロ』の遺伝子を受け継ぎ、アングラ演劇を彷彿とさせる世界観が魅力の漫画家・古屋兎丸。

菅田将暉をはじめとする豪華キャストによって、その代表作が完全実写化されました。

舞台となるのは、海軍兵学校を前身とするエリート高校。厳しい規律が課せられた男子校で、あたりにはマチズモの香りが漂っています。

もちろん永野芽郁が演じるヒロインは魅力的な存在ですが、それは単なるアクセントに過ぎません。

主人公の赤羽帝一と親友の榊原光明、そして好青年の大鷹弾をはじめとする、ホモソーシャルな関係性が物語の中心に据えられています

同じ古屋の作品『ライチ☆光クラブ』や、2019年の話題作『翔んで埼玉』など、近年はキッチュで戯画的な映画が散見されます。

これは日本に限った話ではなく、海外のアート市場を中心に、従来の奇抜な価値観を再評価する動きもあるようです。

日本では60年代に隆盛したアングラ文化ですが、それから半世紀が過ぎ、今度はメインストリームとして蘇りつつあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です