『テセウスの船』ドラマ第5話のネタバレあらすじ!上野樹里の迫真の演技、木村さつきの暗躍、原作にはない展開に注目

TBS日曜劇場『テセウスの船』も第5話の放送となりました。間もなく迎える中盤の山場に向けて、一気に盛り上がっていく展開でしたね。

今回はそんな『テセウスの船』第5話のあらすじをネタバレで振り返ります。今回の見どころも解説しているのでご覧ください。

見逃した方は動画配信サービスParaviでも視聴できるので、ぜひ利用してみてください。

『テセウスの船』第5話あらすじ

「松尾」と名乗る証言者が現れる

再び現代へとタイムスリップし、音臼小事件の真相を探る田村心。

週刊誌記者である由紀の協力もあり、死刑囚・佐野文吾のもとに証言者からの連絡が届きました。

「松尾」と名乗るその人物は、文吾の無実を証明する情報を握っているというのです。

これでようやく父の濡れ衣を晴らせると、胸を撫でおろす心と鈴の姉弟。父に吉報を伝えるため、心は由紀と一緒に拘置所を訪れます。

心の思いに共鳴し、最初は半信半疑だった由紀も文吾の無罪を信じるようになっていました。文吾はそんな二人の様子を見て嬉しそうに茶々を入れます。

ところが、鈴の姑である木村さつきは次の手を打とうとしていました。文吾の死刑を切望する彼女は、鈴に向かってその正体が文吾の娘である事実を突きつけます。

気が動転する鈴に向かって「このことは誰にも言わない」と話す木村、彼女は鈴を脅して味方に引き入れ、邪魔者を排除しようとしていたのです。

一転して証言を拒む

一方、心のもとには松尾から電話がかかってきます。彼女は娘に反対され、事件の証言をすることを止めることにしたというのです。

心は慌てて松尾の家に向かいますが、彼女に居留守を使われてしまいます。それでも諦めきれず、雨に濡れながら彼女を待ち続ける心。

結局、後からやって来た由紀に促されてその場を後にするのでした。

一転して証言を拒否することになった松尾は、拘置所にいる文吾のもとを訪れます。彼女の旧姓は佐々木。

自殺した長谷川翼の婚約者で、木村メッキ工場で働いていた佐々木紀子だったのです。

どうしても証言台には立てないと、文吾に謝罪する佐々木。

そんな彼女に向かって、文吾は落胆する訳でも怒りに駆られる訳でもなく、ただ感謝の表情で「幸せになってください」と声をかけるのでした。

文吾の姿を見て証言をすることに

翌日、佐々木は再び心に電話をかけ、ついに証言をする意思を固めたと伝えます。彼女の家に向かう心でしたが、それに勘付いた木村も急いで口封じに向かいます。

佐々木の家に到着した心ですが、そこには木村の指示でやって来た鈴の姿もありました。心と鈴は二人で佐々木の話を聞きます。

心が疑っていた通り、31年前の佐々木紀子は明音ちゃんの誘拐事件に関与していました。

婚約者である長谷川翼に脅された彼女は工場の青酸カリを盗みますが、その後長谷川が自殺したことで怖くなり村を逃げ出していたのです。

逃げ出す直前、彼女は刑事の金丸が崖から突き落とされる現場を目撃していました。吹雪で姿こそ見えなかったものの、その声には心当たりがあると語る佐々木。

失われてしまった手がかり

彼女がその名前を言おうとした時、話を聞いていた鈴が突然倒れます。木村に指図された鈴は何かの薬を飲み、弟が証言を知る前に邪魔をしたのです。

救急車で運ばれる鈴に心も同行しますが、その隙に木村は佐々木の家を訪れて計画を実行します。

鈴の命に別条がないことを知り、心は佐々木の家に戻ってきますが、時すでに遅し。佐々木は死亡し、裏工作をした木村も倒れた姿で病院に運ばれていくのでした。

佐々木という最大の手がかりを失った心は、それまで見せることがなかった諦めの表情で弱音を吐きます。

そんな彼に向かって「私は諦めない」と勇気づける由紀。心は彼女を抱き寄せ、もう一度前を向くのでした。

『テセウスの船』第4話のみどころ

特別出演のはずが……上野樹里の活躍

第1話で心の妻・由紀を演じた上野樹里。

その際の登場シーンは冒頭の10分だけで、すぐに倒れて帰らぬ人となってしまいます。

とはいえ有名女優の登場が残したインパクトは大きく、彼女の演技によって作品に引き込まれた人も多いのではないでしょうか。

クレジットには「特別出演」と書かれていたので、今後の出番も限られていくのかと思いきや……。

現代パートとなった第4話と第5話では、心に協力する週刊誌記者として獅子奮迅の活躍を見せ、視聴者の感動を呼ぶことになりました。

特に第4話で被害者に情報提供を呼び掛けるシーンや、第5話での心とのロマンスなどは原作にはない展開。

存在感のある女優として、物語に華を添えてくれました。

謎が謎を呼ぶ展開……犯人は誰なのか?

かねてより「ドラマ版は原作と犯人が違う」と発表されていましたが、どうやらプロデューサーの言質も取れたようです。

これから物語も佳境へと向かっていく中で、犯人捜しはより一層の盛り上がりを見せています。

第5話では音臼小の元教師・木村さつきの暗躍がメインで描かれました。彼女は文吾の死刑を強く望んでおり、心が事件の真相へと辿り着くことを拒んでいる様子。

そこには単なる復讐というより、もっと深い理由がありそうな気もしますよね。

ただ、こうなると木村さつきが真犯人という可能性は薄れてしまいます。彼女はミスリードで、さらに意外な人物が浮上してくるのでしょうか。

今後の展開から目が離せません。

テセウスの船の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です