『テセウスの船』ドラマ最終回10話の見逃し動画を無料でフル視聴|黒幕となる真犯人ネタバレや視聴者の感想・見所まとめ

日曜劇場『テセウスの船』

2020年3月22日(日)に放送されたドラマ『テセウスの船』の第10話。

犯人とされる証拠が複数見つかり逮捕された田村心の父親・文吾。

そんな中、逮捕された父・文吾を信じて待つ家族に対して、心は黒幕となる真犯人を探し当てることができるのか!?

この記事ではドラマ『テセウスの船』最終回10話の見逃し動画を無料で観れる方法や、ネタバレや視聴者の感想をお届けします!

『テセウスの船』ドラマ最終回10話の見逃し動画を無料でフル視聴する方法は?

『テセウスの船』ドラマ最終回10話を見逃がした方に向けて、見逃し配信動画を無料で見れる方法を解説させていただきます。

『テセウスの船』全話配信しているのはParaviだけ

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

テセウスの船

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

『テセウスの船』のドラマを全話無料で視聴できるのはParaviだけです。

Paraviは、初めて登録する人なら2週間無料で動画が見放題となります。

2週間以内に解約すれば無料で動画が見れちゃいます!

U-NEXTの特徴
  1. 国内ドラマに特化している
  2. Paravi限定のオリジナル番組が多数
  3. バラエティやビジネスなどの多彩な動画コンテンツ

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

日曜劇場『テセウスの船』 ドラマ『テセウスの船』動画を無料視聴する方法は?黒幕は誰か?見逃し配信をフル視聴する

最新話だけ無料で見るならTverがおすすめ

Tverなら、放送後から1週間限定でドラマやTV番組が無料で視聴することができます。

Tverは民法の放送局が共同で立ち上げたサービスなので、番組の間に広告が表示されますが違法アップロードサイトではないので安心して見れます。

Tverはこちら

『テセウスの船』最終回10話のあらすじ

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。

大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。

それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。

やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?

引用:ドラマ『テセウスの船』10話あらすじ – 公式サイト

『テセウスの船』ドラマ最終回10話ネタバレ

駐在所から犯行日記、佐野家の庭から青酸カリが発見されたことで、文吾はこれまでに起きた連続殺人の容疑者として逮捕されてしまいます。

加藤みきおと手を組み、文吾を罠にかけた共犯者がいるに違いない。そう考えた心は、加藤の入院している病室へと向かいます。

加藤は意識を取り戻しているはずでしたが、彼を保護する木村さつきに邪魔され、心は面会を果たすことができません。

一方、拘留中の文吾はどういうわけか犯行を認め、和子に向かって家族の縁を切ると言い出すのでした。

ショックを受けた和子は疑心暗鬼に陥り、マスコミの目を逃れて仙台の実家に戻ることを提案します。

それでも、鈴と慎吾の二人は文吾のことを、正義の味方である父のことを信じて疑いません。

文吾の真意が分かるかもしれないと、家族は庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こします。

文吾の入れた手紙に書かれていたのは、30年後の家族に向けたメッセージでした。

父の偽りなき愛情を知ったことで、和子は考えをあらため、佐野家は村に残って父の釈放を待つことになります。

ひとり共犯者の影を追う心でしたが、そこに病室を抜け出した加藤が姿を現します。

絶対に共犯者の名前を口に出さない加藤でしたが、おもむろに犯行の目的を話し始めるのでした。

結局、すべては鈴のためでした。転校して虐められていた加藤に、優しく声をかけた鈴。

いつしか彼女に思いを寄せるようになった加藤は、鈴を自分だけのものとするため、邪魔者である千夏ちゃんや明音ちゃんを手にかけます。

さらに、鈴が父である文吾を慕っていることを知ると、すべての罪を彼になすりつけようとしたのでした。

しかし、いざ文吾が逮捕されてみると、加藤は鈴が悲しみに暮れていることを知ります。

本末転倒となってしまった彼は、どうやら計画を改めたようでした。心の前ですべての告白を証拠に残し、加藤はみずから毒を飲んで倒れます。

こうして、文吾は無事に釈放されました。昏睡状態に陥った加藤を、木村さつきが横から温かく見守ります。

そんな彼女の様子を目にした石坂校長は、何かを思い立った様子で村を離れていくのでした。

石坂校長を探す心と文吾でしたが、そこに犯人から封筒が届きます。先に見つけたのは心でした。

彼はメッセージの誘いに乗り、犯人との直接対決に挑もうとしていました。文吾には何も言わずに、命を賭しても家族を守ると誓って。

翌朝、石坂校長は村に戻ってきました。彼は心と文吾の姿に感化されたようで、東京に暮らす息子のもとに行き、親の責務を果たしたに過ぎなかったようです。

一方、文吾は書置きを残して家を出た心の行方を追います、しかし、すべては犯人の手の内にありました。

偽の情報でおびき出された文吾の前で、ついに真犯人がその正体を明かします。

黒幕は田中正志でした。彼が文吾を憎むようになった原因は、12年前の音臼村祭にありました。

正志の母親はそこで振る舞われた鍋に毒キノコを入れ、文吾によって逮捕されていたのです。

その後、母親は捨てられ、妹は自殺、正志の人生は壊されてしまいます。

久しぶりに村に帰った正志でしたが、文吾が家族と遊んでいる姿を見て憎悪が再燃。

同じく文吾に恨みを抱いていた加藤みきおと共謀し、一連の計画を立てたのです。

文吾と正志は四つに組んで揉み合いになります。心を殺したと嘘を言って挑発し、文吾に自分を殺させようとする正志。

遅れてやって来た心が間に入り、凶刃に倒れます。「お前は俺の息子だ」と話す文吾の腕のなかで、心は静かに息を引き取るのでした

それから30年後、惨劇を逃れた佐野家の面々が会食をします。文吾と和子、鈴と慎吾。

そしてこの世界で生まれ育った心と、その妻の由紀。由紀のお腹に命が宿っていることを知り、文吾は孫の名前を提案することにします。

未来」。それはかつての心が残してくれた名前でした。

『テセウスの船』最終話の気になる部分を考察

依然として残る謎は?

真犯人が田中正志であることが判明し、長きにわたって展開された考察合戦も一端の区切りがつけられました。とはいえ、依然として不明瞭な点も残されています。

たとえば、第7話で心と文吾がさつき先生の家に行った際、心は何かを発見した素振りを見せます。文吾には黙っていたようですが、一体何をみたのでしょうか。

あるいは、第6話の現代編で殺された正志。加藤みきおはなぜ共犯者の彼を殺したのでしょうか。まだまだ謎は残ります。

『テセウスの船』の最終話後に、見逃し配信がされているParavi限定で「犯人の日記大公開」と題された特別編が公開されました。

加藤みきおの犯行日記を中心に、全編にわたって物語を振り返る作品となっています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

『テセウスの船』最終回10話を観た視聴者の見所ポイント

注意
『テセウスの船』のネタバレが含まれています。
家族を信じる力がこのドラマの見所だと思います。どんなことがあっても父を信じる子どもたち。それを支えようとする母。この家族を守ろうとする過去からきた息子。
みんなのことを絶対に守る父。この素敵な家族が見所だと思います。また、真犯人も家族をバラバラにされてどうにかしてやりたいという気持ちだったので、家族とはと考えさせられました。

30代

見どころはなんといってもみきおくん役の子役さんの告白シーンじゃないかと思います。演技が上手すぎて怖いくらいでした。
すごく可愛らしい顔立ちなのにも関わらず、あの虚無な目と感情のわからないようなセリフの言い方で演技している独白のような場面には震え上がりました。最後の最後まで本当にすごいなと思わされました。

20代

今回の見所は、やはりなんといっても遂に真犯人が判明するということだと思います。まさしが犯人というのは、今までのストーリーはなんだったのかという感じの真犯人の正体だったと思います。
まさしが犯人というのは、誰もわかるはずがないと思いました。そして、みきおのサイコパスぶりも完全にイカれた感じで、ぶっ飛んでいたと思います。

20代

とにかくこの最終回の為だけに9話までが用意されていたといっても過言ではないと思います。また圧倒の演技を見せてくれた俳優陣にも大変満足しています。
犯人を見つけることを主題としてあるだけに犯人探しにどうしても比重が行ってしまうのですが、肝心のその犯人にたどり着くまでが長くてもどかしくて仕方ありませんでした。何にせよ誰もがみんな怪しく思えてしまうのです。
おかげで全てが明らかになった時はお前か!!とテレビの前で叫んでしまい、その時の爽快感といったらありませんでした。エンディングも納得のいくものでした

40代

ラストシーンが大きな見所です。まさかの黒幕にまさかの展開が続きました。そして何より終わり方が良かったです。
タイトルでもあるギリシャ神話のテセウスの船の話を出して、危機を乗り越えた未来の家族の姿を問いかける場面が印象的でした。
最後の最後まで先が読めず、とても見応えがあり楽しめる最終回でした。ハッピーエンドだったのが良かったです。

20代

やはり、最後の最後まで真犯人が誰なのかはっきりわからないところが、一番のポイントかなと思いました。校長もかなり怪しい動きを見せていましたが、その伏線が意外な形で回収されたところも視聴者の予想を裏切る展開になっていたと思います。そして、家族を思う文吾と心が二転三転する犯人の思惑に振り回されるところもかなりのドキドキポイントだと思いました。

40代

田中正志が佐野文吾を襲い掛かったシーンが見どころでした。佐野文吾が田村心を殺害したと聞かされて、怒りで殺害するのかと思いましたが踏みとどまった所が素敵でした。親子の絆と正義について正しく思っているところか見れたのがよかったです。田村心が駆けつけて、もみ合いになってどうなるかと気になりましたが衝撃の展開が待っていたので良かったと思います。

30代

鈴木亮平、竹内涼真、白鳥玉季の演技力が光る回です。文吾の罪は晴れるのか?みきおの計画の本当の目的は何だったのか?石坂校長も事件に関与していたのか?音臼祭りは今回の事件にどう関係しているのか?幹夫の共犯者である真犯人は誰なのか?そして、佐野家の家族の未来はどうなるのか?1時間25分の中に見所がたくさん詰まっています。

20代

最終回の見どころは、1番最後の佐野家全員が集まるシーンだと思いました。慎吾にハライチはピッタリ過ぎて笑ってしまいました。過去に田村心が死んでしまう事を経験してしまった佐野文吾の気持ちが良く現れているシーンだった。こちらの船は良い結果になったが、違う船は酷いことになってしまった。これで良かったのかと葛藤が描かれている。

50代

最終回の見所はやはり、みきおの共犯者が誰なのかわかるところ、また、その共犯者が佐野文吾のことをなぜ恨んでいるか動機がわかるところだと思います。最終回でも真犯人が誰かを想像させるために校長先生なども怪しく描いているので、真犯人がわかるまで考えながら見ることができます。真犯人も想像とは違うし、最後が題名のテセウスの船の内容に合わせていて終わり方も見どころの一つと言えると思います。

30代

『テセウスの船』最終回10話を観た視聴者の感想と評価

みきおの事件を起こした理由が、まさかの鈴のヒーローになりたかったということで驚きました。佐野文吾が捕まっても、子どもたちが父を信じる気持ちに感動しました。
また、心のこの家族を思いやる気持ちが素敵でした。真犯人がまさかのまさしで少し笑いそうになりましたが、家族を思いながらしたことにはないと思いました。また、未来に戻った佐野家が幸せな姿にホッとしました。

30代

黒幕もすべて、最後の最後まで全く分からず、画面に惹きつけられてしまうようなドラマでした。毎回毎回ドキドキハラハラさせられていましたが、最終回は特に目を離すことができなかったです。
伏線もしっかり回収されて、すっきりとする終わり方で、よかったです。キャストの皆さんの演技も素晴らしく、最終回まですごく満足できるドラマだと思いました。

20代

最後まで謎が深いストーリーだったと思います。まずは、みきおの犯行の動機がどうしようもない感じだと思いました。
鈴のことを独り占めしたかったというのは、正に子供の考えそうなことだと思いますが、事件を起こそうとする動機というのしょうもないと思いました。そして、真犯人のマサシも逆恨みも良いところだと思いました。

40代

いい終わり方をしてもらえて本当に良かったです。全てを知るのは父一人になってしまいましたし、それはやはり墓に持っていくことなのかもしれませんが、冤罪で刑務所暮らしでいるよりははるかにマシですよね。
エンディングを見て平行世界やらタイムパドラックスやら少しぐるぐる考えてしまいましたが、家族みんなが幸せに過ごしてくれているなら細かいことはいいかなと思えてしまいました。それにしても真犯人には本当に驚きました。

40代

とてもドキドキしながら最後まで見ることができました。最終回でも家族の絆を感じるストーリーがとても良かったです。
心が刺されてしまった時にはどうなるのか驚きましたが、最後には幸せな未来が待っていて良かったです。
予想外のキャストもあって楽しめる内容にもなっていました。すべてを覚えているのは文吾だけというラストも秀逸でした。

20代

真犯人が途中からずっと怪しかった正志だったのは、逆に意外でした。母親の恨みを晴らすためにみきおを利用したところは確かに許せないと思うし、未来でさつきが正志を殺したとしたら、すごく説得力がありました。

とは言え、さつきが恨んでいたのはずっと文吾だったし、みきおがずっと好きだった鈴と結婚できたのに祝福できなかったところは悲しかったです。でも、そういう部分が全て帳消しになる未来が待っていて少しホッとしました。

40代

テセウスの船とはそういう意味だったのかと感じました。又、最終的に過去の田村心は死んでしまったのかもしれませんが、新しい船は出航したのかと思いました。しかし、加藤みきおの共犯者が田中正志だったのは意外すぎました。ほとんど登場していなかっただけに完全にノーマークで見事に騙されたというのが乾燥です。最後に、家族の愛情がいかに大切かを感じるドラマだったと思います。

30代

これまで色んな事件が起きたのは、正志が村に来てからのことだったので、個人的には正志を疑っていました。見事的中しました。正志が犯人だと分かった瞬間の文吾を演じた鈴木亮平の演技がとても上手く、感動しました。文吾が自分が犯人だと自白した時、村を出ようと決心した和子に対してお父さんを信じると訴えた鈴ちゃんは本当に心優しい子だと思いました。役だと分かりながらも、自分の子がこんないい子に育ってくれたらすごく自慢の娘だと思いました。

20代

ただ残念な最終回だと思いました。犯人が田中正志は納得いきません。ストーリー上で重要な役割りではないし、加藤みきおとの接点も無い。原作と犯人を変えるためにこじつけたとしか感じられません。ストーリーでは1番大切な犯人が分かるシーンでの田中正志役の芸人さんの演技力も残念でした。最後の最後でこれは無いと感じます。

50代

真犯人の動機が共感できなかった。確かに自分がその立場であれば、捜査をされてしまって壊された家庭環境から恨むのかもしれないが、第三者から見ると到底共感できる動機ではなかった。主人公が最後に刺されるシーンも揉み合う必要性を感じなかった。父親を庇って刺された方が良かった。ここまで引っ張られて最後まで見たが、正直ガッカリするような最終回だった。

30代

『テセウスの船』最終回10話の見逃し動画を無料でフル視聴する方法まとめ

『テセウスの船』のドラマを全話無料で視聴できるのはParaviだけです。

2週間以内に解約すれば無料で動画が見れちゃいます!

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です