映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画を無料フル視聴できる配信サービスは?DVDレンタルよりも快適に観る

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画を無料フル視聴できる配信サービスについて大手VODサイトを比較して解説。

DVDレンタルよりも快適で、安全に観れる動画配信(VOD)サービスを紹介します。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

東京喰種 トーキョーグール【S】

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画を無料フル視聴する方法

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年2月の時点で、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 月額料金 ポイント 無料期間
FODプレミアム 888円 1300 1ヶ月
U-NEXT 1,990円 600 31日間
dTV 500円 なし 31日間
Hulu 933円 なし 2週間
Amazon プライム 455円 なし 30日間
Paravi 925円 なし 30日間
music.jp 1,958円 1,600 30日間
配信状況:【◎:見放題】/【〇:ポイントで無料】/【△:課金が必要】/【ー:配信なし】

一覧表の情報は2020年2月時点の情報です。

最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は複数の配信サービスで視聴することが可能です。

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷われる方は、無料期間中にもらえるポイントで無料で動画が視聴できるU-NEXTとFODがおすすめです。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画をU-NEXTで無料視聴する

特徴
  1. 業界No.1の見放題作品数
  2. 雑誌や漫画も読むことができる
  3. 毎月1,200ポイントが付与される
  4. ファミリー向けに4台まで同時視聴が可能

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の動画をFODで無料視聴する

FODプレミアムで無料期間中にもらえるポイントは最大で1300ポイント!

はじめて登録する人なら誰でも1ヶ月間無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

注意
FODプレミアムでは、最初に100ポイント8のつく日に400ポイントもらうことで最大1300ポイントもらうことができます。

ドラマ『東京喰種 トーキョーグール【S】』は500ポイント必要です。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』作品情報

作品概要

『東京喰種 トーキョーグール【S】』は2019年に公開された日本映画です。

石田スイによる人気コミックを原作とした実写映画で、2017年に公開された『東京喰種 トーキョーグール』の続編にあたります。

前作に引き続き窪田正孝が主人公のカネキ役を務める一方で、ヒロインであるトーカ役は清水富美加から山本舞香に変更されています。

さらに、新たなキャストとして松田翔太が出演し、カネキの敵となる月山を演じました。

人肉を喰らう人種・喰種(グール)が跋扈する東京を舞台にした『東京喰種』。

そのダークな世界観はさらに深みを増し、PG12指定だった前作からR15+指定へと映倫区分が変更されています。

東京喰種 トーキョーグール【S】の原作は石田スイの同名コミック

原作は石田スイによるコミック『東京喰種トーキョーグール』。

2011年から週刊ヤングジャンプ誌上で連載が開始され、途中『東京喰種トーキョーグール:re』と名前を変えて2018年に完結を迎えました。

全世界発行部数は累計4400万を超えており、連載終了後もゲームや舞台など多岐にわたるコンテンツで人気を獲得しています。

また、過去にはテレビアニメ化も果たしており、2014年に第1期、2015年には第2期、そして2018年には最終章となる第3期が放送されています。

本作で描かれるのは、原作でも特に高い人気を誇る〈月山編〉。

喰種たちが集う人肉レストランを舞台に、美食家〈グルメ〉の異名を持つ敵・月山との戦いが描かれます。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』キャスト&スタッフ一覧

東京喰種キャスト一覧
  • 金木研:窪田正孝
  • 霧嶋董香:山本舞香
  • 亜門鋼太朗:鈴木伸之
  • 永近英良:小笠原海
  • 西尾錦:白石隼也
  • 西野貴未:木竜麻生
  • 小坂依子:森七菜
  • 笛口雛実:桜田ひより
  • 芳村功善:村井國夫
  • イトリ:知英
  • マーガレット:マギー
  • 小倉久志:ダンカン
  • 四方蓮示:柳俊太郎
  • ウタ:坂東巳之助
  • 太月山習:松田翔太
  • 宗太:新田真剣佑
タイトル
  • 原作:石田スイ
  • 監督:川崎拓也・平牧和彦
  • 脚本:御笠ノ忠次
  • 製作総指揮:大角正

東京喰種 トーキョーグール【S】の主題歌は女王蜂が歌う「Introduction」

主題歌は女王蜂が歌う「Introduction」。公開に先駆けて発売されたアルバム『十』に収録されています。

2009年の結成以来、音楽・映像・ダンスなど全方位にアーティスティックな活動を行ってきた女王蜂。

過去にはテレビアニメ第3期のエンディングテーマも担当しています。

劇中音楽を担当するのは小田朋美と菊池成孔。

小田朋美といえばceroやCRCK/LCKSで活躍する若きシンガーソングライターであり、ファーストアルバム『シャーマン狩り』は菊池成孔との共同プロデュースで制作されたもの。

劇中でのコラボレーションに注目です。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のあらすじ

美食家〈グルメ〉と呼ばれる最悪の喰種

雨の降りしきる渋谷の街。一人のモデルが帰宅を果たすと、部屋には謎のマスクを被った喰種(グール)が待ち受けていました。

は彼女の美しい瞳に魅了された様子で、その目を抉り取って喰らいます。

窓から放り出され、路傍に横たわるモデルの亡骸。

人肉には手を出さず、眼球のみを喰らうという異質な犯行に、巷では美食家〈グルメ〉と呼ばれる特異な喰種の存在が囁かれます。

不慮の事故をきっかけに、喰種と人間のハーフ〈半喰種〉となった主人公カネキ。

「誰も傷つけないこと」を貫こうとするカネキは、喰種であるトーカから格闘術の稽古をつけてもらいます。

彼女の圧倒的な強さを前にして、全く太刀打ちすることができないカネキ。

喰種であることが人間にバレては命取りになると、トーカはカネキに向かって親友と手を切るように忠告するのでした。

とはいえ、高校に通うトーカにも友人と呼べる人間・小坂依子がいました。

喰種として素っ気ない態度を取るトーカでしたが、どうしても突き放すことができません。

カネキの前に現れた謎の男・月山

ある日、カネキが働いている喫茶店〈あんていく〉に月山という男が訪れます。

トーカとは面識があった月山ですが、カネキとは初対面。何かを見初めた様子でカネキに声をかけると、月山はその場を後にするのでした。

後日、カネキはあらためて月山の屋敷に招かれることに。

本に造詣が深い二人はすぐに気が合い、美食家の月山は「喰種レストラン」という場所をカネキに教えるのでした。

案内された通りに喰種レストランを訪れるカネキでしたが、そこで行われていたのは人間の解体ショー。

集まった喰種たちの前でカネキは調理台へと引きずり出され、〈グルメ〉のマスクを被った月山が解体の指示を出すのでした。

しかし、カネキの隻眼に気付いた月山は、すんでのところで振り上げられた包丁を止めます。

直後、喰種対策局(CCG)の捜査官たちがレストランに押し入り、間一髪のところでカネキは命を取り留めるのでした。

〈グルメ〉との決死の戦い

残虐非道な月山の正体を目にして、カネキは思い悩んでいました。

そんな中で出会ったのは、貴未という名の人間の女性。彼女はカネキの先輩にあたる喰種・ニシキの恋人でした。

どうやら貴未はニシキが喰種であることを知った上で付き合っている様子です。

人間と喰種、ふたつの人種の壁を超えて、彼女はニシキのすべてを愛していました。

飢えたニシキを救うため、カネキは喫茶店で手配されている自殺者の加工肉を指し出そうとします。

ところが、そこに月山からの招待状が届きます。貴未を誘拐した彼は、貴重な食材であるカネキを廃協会へと呼び出すのでした。

最悪の喰種・月山との戦いが始まろうとしていました。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の感想や見所

松田翔太が演じる”変態”の月山

実写映画第二作となった本作でカネキと対峙する〈グルメ〉こと月山。

ナルシストでサイコパスの彼を演じた松田翔太の演技に、思わず舌を巻いた観客も多かったのではないでしょうか。

悪役ながらも人を惹きつける彼の怪演ぶりは、『ブラックレイン』や『野獣死すべし』における父・松田優作の姿を彷彿とさせるかもしれません。

月山は喰種の中でも特級クラスの存在であり、人肉を喰らうという行為そのものに快楽を覚える奇異な”変態”です。

と同時に、他の喰種たちと同様に赫子(かぐね)と呼ばれる特殊器官によって身体を”変態”させる存在でもあります。

言ってみれば、アブノーマルとしての「変態」とメタモルフォーゼとしての「変態」、両義的な意味で特殊なキャラクターであることによって魅力が引き出されている訳です。

来るべきポストヒューマン

漫画・アニメ・実写映画・ゲームなど、多岐にわたるコンテンツが展開されている『東京喰種』ですが、その作品的な魅力はどこにあるのでしょうか?

それは『寄生獣』から連綿と続くスプラッター表現であるかもしれませんし、『トワイライト』的な人種間のラブストーリーかもしれません。

あるいは『約束のネバーランド』のように、近年隆盛しているダークファンタジーの系譜に位置付けることもできるはずです。

その中で一つ言えるのは、本作のように「ポストヒューマン」を描いた作品が同時代的に多く見られる事実です。

『亜人』や『進撃の巨人』が例として挙げられますが、いずれも超人的な能力を持つ新たな人種の誕生が描かれています。

こうしたポストヒューマン的状況は、現代に生きる私たちにとって絵空事ではありません。

遺伝子工学やサイボーグ技術の発達によって、人の枠組みが飄々と乗り越えられる日も遠くはありません。

その日を迎えた時、私たちは新人類を「人間」と呼称することができるのでしょうか? あるいは喰種のように対立することになるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です