ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法

2021年10月6日(水)からスタートのドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』の内容やあらすじ感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『つまり好きって言いたいんだけど、』はどんなドラマ?
  • 主題歌は、主演の大原櫻子が歌う「ポッピンラブ!」
  • 話題のイケメン櫻井海音が戦隊ヒーロー出身の若手俳優に挑戦!
  • 原作は「恋はつづくよどこまでも」の円城寺マキの同名コミック

ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

『つまり好きって言いたいんだけど、』は、動画配信サービスParaviTVerで配信されています。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から1週間見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、Paraviで見ることができます。

Paraviでは毎話独占先行配信!

Paraviでは、地上波放送前に毎話水曜夜9時から先行配信されています。

もちろん、見逃し配信も1話から最終回まで全話見放題ですよ!

『つまり好きって言いたいんだけど、』Paraviで無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

Paraviは初めて登録する人なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

Paraviで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』作品情報

【放送日】毎週水曜日 深夜0:30~(テレビ東京系列)

嘘が嫌いな冴島千歳は、小学校で非常勤講師をしていましたが、子どもの嘘が許せず叱ったことがキッカケでクビになります。

再就職も上手くいかず嘆いていた時、ベンチに置き忘れられた携帯が鳴り仕方なく電話に出ると、その携帯の持ち主がTV局に持って来てほしいというので届ける羽目に。

そこで出会った戦隊ヒーロー出身の若手俳優・藤代瀬那にファンと間違われ握手され、テレビを見ない千歳は驚き倒れると瀬那の上に乗っかってしまうのでした。

携帯を置き忘れた人物は、瀬那の所属する事務所の社長で、千歳が置き忘れた履歴書を見て職をさがしていると気付き、瀬那のマネージャーにならないかと相談。

次の仕事のつなぎのつもりで、瀬那のマネージャーになった千歳でしたが、瀬那に振り回されてばかりで…。

ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 冴島千歳/大原櫻子
  • 藤代瀬那/櫻井海音
  • 東山一樹/西村まさ彦
  • 原真知子/佐藤江梨子
  • 栗尾あゆみ/松井愛莉
  • 朝比奈玲司/宮尾俊太郎
  • 加賀見修/東啓介
  • 森田実/石川瑠華

【大原櫻子】
2012年ドラマ「高校入試」でドラマ初出演。2013年映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のオーディションでヒロイン役を勝ち取ります。その映画で日本映画批評家大賞で小森和子賞を受賞。最近では、2021年映画「犬部」に出演。

【櫻井海音】
櫻井海音さんは、ミスチルの桜井和寿の息子さんということで注目を集めていますが、本人はその関連付けに否定的で、Kaito名義で音楽活動をしています。最近では2021年ドラマ「ナイトドクター」で看護師役を演じました。

製作・スタッフ

  • 原作/円城寺マキ『つまり好きって言いたいんだけど、』
  • 脚本/梅田みか
  • 監督/棚澤孝義、古林淳太郎、島田伊智郎
  • 音楽/田渕夏海
  • オープニングテーマ/フジファブリック「君を見つけてしまったから」
  • エンディングテーマ/大原櫻子「ポッピンラブ!」
  • チーフプロデューサー/山鹿達也
  • プロデューサー/川村庄子、宮武由衣、大高さえ子

ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』原作情報

「つまり好きっていいたいんだけど、」の原作は円城寺マキさんの同名コミックで、プチコミックで連載されていました。

原作の千歳はもともと芸能事務所のマネージャーの設定ですが、ドラマの千歳は元小学校教師です。ということで、原作ファンも新たに楽しめる作品になっているのではないでしょうか。

円城寺マキは「恋はつづくよどこまでも」の作者でもあるので、「つまり好きっていいたいんだけど、」もキュンキュンすること間違いなしです。

ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

感想にはネタバレも含みます。

第1話あらすじ・感想(10/6放送)

非常勤講師として働いていた小学校をクビになってしまった冴島千歳(大原櫻子)は、ひょんなことから芸能事務所の新人マネージャーとして働くことに!

人気若手俳優・藤代瀬那(櫻井海音)の担当になるのだが……実は彼は、女癖が悪く嘘が巧みな問題児だった!

幼い頃、ある男の子に何度も騙されたことから「嘘が大嫌い」な性格の千歳は、瀬那に何度も騙され内心怒り心頭!しかし彼の仕事についているうちに、千歳はあることに気づき……!

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

少女マンガを原作にもつ胸キュンドラマという先入観でしたが、伏線もきちんとしており、俳優とマネージャーの関係性が分かりやすく理解できました。嘘が大嫌いな元小学校教師が、フェイクだらけの芸能界に足を踏み入れる流れも唐突ながら面白味があり、普段はダメダメな若手俳優の演技で感動してしまう裏腹な感覚。また、その俳優が自分をいじめてきた同級生だった…と初回ながら怒涛の展開で見ごたえ十分でした。

40代

小学校の先生をしていたけど生徒を泣かしてしまって親が大物だったからクビとは世知辛い世の中で可愛そうでした。おかげで芸能事務所に入れて人気若手俳優のマネージャーなんてラッキーだけど家にテレビも無いという信じられない人で知らなかったとは天然記念物ものですね。藤代に嘘ばかり言われて振り回されていて大変そうでモヤモヤします、小学生の時に嘘ばかり付く子を思い出して嘘が嫌いな理由が分かったけど藤代が本人だとは恋の始まりでキュンとしました。

40代

新ドラマでした。大原櫻子さんがマネージャー側の出演で、櫻井海音さんが俳優として出演していますが、この配役がまたキュンキュンさせるのにふさわしいと思いました。原作存じ上げてませんが、恋はつづくよどこまでも。の円城寺マキさんの作品だといので納得がいきました。これからどのように発展していくのか楽しみですね。

30代

非常勤講師をクビになっちゃったと思ったら、藤代瀬那のマネージャーになったと思ったら、出会い方は、物を取り合って抱きついちゃう2人。恋愛の王道が好きなので気になっちゃっいました。それに佐藤江梨子さんも久しぶりにお見かけして、教育係のしっかりとした役柄も気になってます。性格悪げな藤代瀬那にからかわれてるけど、この2人の今後の恋愛模様が面白そうです。

40代

少女漫画の実写なので、どうかなと思いましたが、今後の展開も気になるような終わり方で毎週見ようと思えました。俳優が芸能人を演じるのは大変だなぁと思いますが、マネージャーという裏方だけど一般人からすると憧れでもある職業の裏側を知れる感じも魅力的だと思いました。キャストも意外と豪華だったので、来週も楽しみです。

20代

千歳はマネージャーになり、藤代の嘘に振り回されている感じがしました。千歳は小学生の頃に嘘つきな同級生に散々な目に合わされたので、人一倍嘘が嫌いなのは私と一緒です。違う女を毎日泊まらせていたり、千歳にとっては藤代は嫌な奴でしたなかったのに、演技でキュンとしてしまったんですね。嘘がうまいのなら俳優はもしかしたら最適な職業かもしれません。千歳が不良に絡まれて危なくなった時に助けてくれた藤代は、ちーちゃんと千歳の事を読んでしました。やっぱり藤代は、あのときの嘘つきな同級生だったんですね。確かに嘘のつき方が似ていました。藤代は昔から千歳の事をすきだった可能性はありそうです。今後の展開に期待します。

50代


第2話あらすじ・感想(10/13放送)

瀬那(櫻井海音)に振り回されながらもマネージャーとして奮闘する千歳(大原櫻子)。その日テレビ局のプロデューサーへ初営業し、瀬那へのオーディション応募要項を手にするのだが…それは役名のない役だった。しかし千歳が取ってきた仕事だからと瀬那はオーディションを受ける。すると、瀬那の演技が監督の目に留まり…!

少しずつマネージャー業に慣れていく千歳だが、アパートの引っ越しの日、最悪の事件が起きる!そんな千歳に瀬那はとんでもない提案をするのだった。

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

千歳は瀬那の嘘に騙されてしますけど小梅太夫が見れたのは気分上がりました、チクショーと叫ぶ千歳は可愛かったです。女癖の悪い瀬那に注意するけど誂われてキュンとしましたね、インタビューでは真逆な事を言って嘘つきとストレス溜まっているのはお酒がすすみますよね。千歳はなめられて端役を押し付けられて可哀想だったけど瀬那が逆手に取って千歳の面接を邪魔するなんてキュンとしました。おかげで準主役を取れて良かったですね、千歳は不動産詐欺にあって瀬那と一緒に住む事になるなんてキュンが止まらないです。

40代

第1話がとてもドキドキで面白く、2話も面白いのかと期待していましたが、期待通り藤代瀬那を演じる櫻井海音さんの演技には魅了されて、あっという間の30分間でした。様々な場面で全く違う表情を見せる櫻井さんは素晴らしかったです。特に印象に残ったのは、瀬那が千歳が探してきた仕事のオーディションをする展開の場面で、ニヤっと笑ったところでした。それまでの嘘つき瀬那のニヤリとはちがって細かなところで違いを見せてくれるところに感心しました。エンディングのダンスも可愛くて見惚れてしまっています。

30代

朝比奈さんが売れっ子だった事には驚きでした。スキャンダルでの違約金がまだ残っていたから事務所の仕事をしているんですね。嘘だらけの藤代の新人マネージャーとして、必死で頑張る千歳ですが、周りへの売り込みは、大変ですね。業界の裏側が見れたようでした。プロデューサーへの売り込みは新人だと下に見られてしまうんですね。ちょっと怖い世界です。それでもちょい役のオーディションを千歳が持って来たのに、戦隊ヒーローをやっている藤代に合わないと怒られてしまう世の中なんですね。それでもオーディションで結果を残した事でいい役になったのは藤代の実力ですね。千歳は行き場をなくして、どうなるんでしょうか。

50代


第3話あらすじ・感想(10/20放送)

ひょんなことから瀬那(櫻井海音)との同居生活が始まった千歳(大原櫻子)。瀬那に何かとこき使われ不満顔。マネージャーとして瀬那を支えつつも教師に戻る決意を新たにするのだった。

一方瀬那は大女優・一色涼香(黒木瞳)との共演のチャンスを掴み、役者として大切な局面を迎えると同時に、演技の壁にも突き当たっていた。

ある日千歳の就職活動中、瀬那から緊急連絡が入る。慌てて戻った千歳を待っていた事態とは!そしてふたりはまさかの事態に…!?

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

原作は知りませんが、瀬那がもっと千歳に冷たい態度をとるテイストなのかと思っていました。しかし、3話目にして瀬那の方が寂しがり屋で、千歳を放したくない感じに仕上がっていたのが意外でした。女性マネージャーが売れっ子俳優と共同生活をするという実際にはありえないストーリーをあえて組み込むのがさすがだと思いました。

30代

藤代は演技が上手くて、新しい大女優さんとの共演も上手くこなしていましたが本人は不服なようでした。でも、その向上心はいいですね。目標をもって仕事に打ち込む事はいい事です。そして相変わらず、藤代は嘘もついていましたが、仮病の嘘は私は一番してはいけない嘘だと思います。千歳の面接を無駄にした事もですが、もし本当に体調悪くしたら嘘かと思われ助けて貰えないです。そして千歳と藤代一緒に住んでるのも良くないと思いましたが、あれだけ俳優に打ち込んでいる人は、スキャンダルをもっと気にしないといけないです。千歳はマネージャーをやめて家を出ていく準備をしていましたが、一緒に飲んだ後何があったのか、嫌な予感がします。

50代


第4話あらすじ・感想(10/27放送)

一線を越えてしまったことを悔やむ千歳(大原櫻子)に、“同居もマネージャーも続けること”を条件に口外しない約束をする瀬那(櫻井海音)。

負い目を感じながらも同居を続ける千歳だが、なんと事務所の看板若手女優・あゆみ(松井愛莉)が突然の訪問!?慌ててクローゼットに隠れた千歳が見たものは…!

そんな瀬那は、あゆみといよいよスクープされてしまう!?

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

瀬那と一線を超えてしまった千歳は動揺して賠償金の事が気になって挙動不審になっていて面白い、仕事も少しは慣れてきたようで楽しそうです。一回しか会った事ない人とのエピソードをメモって覚えて努力している姿は素敵だしマネージャーに向いてると思います。あゆみが家に来た時に写真を取られてしまって大変だけど、千歳の細かい気配りは瀬那の助けになっているし、千歳は瀬那の為にマネージャーを辞めようとして優しい子ですね。瀬那が本心を言ってくれてやる気になった千歳だけど担当を外される事になったのは可哀想で同棲がバレるかもとドキドキしました。

40代

まさかの瀬那と関係を持ってしまったという展開にびっくりしました。しかし、結局何もなかったようで、それをとりあえずは信じたいと思いますが、俳優と女子マネージャーが一緒に暮らしてるという設定は、女性からしたらキュンキュンする見事な発想だと思いました。エンディングで踊る二人がここに来てクセになっています。

30代

明らかに藤代は千歳に辞められたくなくて嘘を言っていましたが、藤代の事は疑ってほしいレベルです。確かに俳優として演技は上手いですし千歳の各スタッフや俳優さんの特徴を書いたものはかなりの財産になります。でも、いくら千歳が好きでも、千歳と一緒になりたいと思ったら俳優はできなくなりそうですが、それも嫌でしょうし。千歳はスキャンダルが報道されそうになってやっと気づいたんですね。それでもまた藤代に説得されて納得していましたが、流石にそれでもマネージャーと住んでるのは異性なのでだめでしょう。マネージャーが変わったほうが二人はまだ恋をしやすいように見えますが、恋か仕事かの選択になりそうな予感がします。

50代


第5話あらすじ・感想(11/3放送)

仕事の基礎を学ぶべく、真知子(佐藤江梨子)のもと、あゆみ(松井愛莉)の担当となった千歳(大原櫻子)。

あゆみに寄り添い懸命に働く千歳だが、敏腕イケメンマネージャー加賀見の存在もあり、瀬那(櫻井海音)との雰囲気は少し険悪に。そんな時、自宅に帰ると瀬那がなんと倒れておりパニック!

そして翌朝、あゆみを一人で現場に向かわせてしまった千歳だが、あゆみと連絡がつかなくなってしまい…!?

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

せっかくマネージャー業も板についてきたのに、今度は担当を変えられてしまって千歳がかわいそうでした。日傘をさしたり、買い物に行ったりするのもマネージャーの仕事なのか気になりましたが、大変なお仕事のようですね。瀬名が風邪でダウンしてしまった勢いで告白していましたが、来週からさらに恋の展開が加速しそうです。

30代

千歳は瀬那の担当を外れてしまったのは残念だしあゆみの担当になったのも恋方なのでハラハラして怖い、新しい瀬那のマネージャーはしっかりしていて逆にアドバイスを貰ってしまうなんて恋の始まりみたいでキュンとしました。家に帰ると加賀見にバレそうになって一緒に御飯を食べに行ったのを瀬那がヤキモチ焼いて可愛かったです。瀬那が病気になって千歳を好きと本音を言ったのはキュンとして幸せ気分になりました、看病に夢中になって仕事の連絡に気づけけなかったのは残念だし、あゆみが倒れてしまったのは可愛そうでしたね。

40代


第6話あらすじ・感想(11/10放送)

過労とストレスで倒れたあゆみ(松井愛莉)は、なんとか持ち直し朝ドラ撮影に復帰するが、クランクアップを迎えたその時、突然の爆弾発言をして周囲を驚かせるのだった。

あゆみの悩みを知りながらも力になれなかったことを悔やむ千歳(大原櫻子)は「瀬那(櫻井海音)と二人きりで会いたい」というあゆみの願いを聞き入れ、叶えてあげることに。そんな千歳に瀬那は初めて強い怒りをぶつける。そして、二人はまさかの展開に…!

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

あゆみは朝ドラヒロインを倒れながらもやり遂げたのに引退なんて勿体ないです。周りに色々言われるのが嫌で精神的にまいっていたのかもしれませんが、体力、忍耐力がいる仕事なんですね。千歳は少しだけはあゆみから目を話してしまいましたが、少し仕方ない気もしますし、ちゃんとあゆみに寄り添っていたからこそ、相談を受けていたんだと思うんです。あゆみが仕事をやめて藤代に会いたいということで場所をセッティングした千歳は、あゆみの為だと頑張ったのでしょう。藤代からしたら、機嫌も悪くなります。そうなると余計にあゆみが引退したのはこの一瞬の為だと思うと勿体ないです。加賀見も藤代も千歳は好きで今後どうなるのでしょうか。

50代

千歳が瀬那とあゆみの2人の仲をとりもとうとする姿がなんとも言えない気持ちになり、目が離せなくなりました。櫻井海音さん演じる瀬那の人柄が回を重ねるごとにわかってきて、彼の繊細で本当は優しい姿にどんどん夢中になってしまいます。そんな演技をして視聴者を虜にしてくれる櫻井さんの活躍がこれからも楽しみです。千歳と瀬那がこれからどんな関係になっていくのか来週の放送も待ち遠しくしています。

30代

あゆみが倒れてしまって心配だったけど休んだ分頑張るとやる気だったので安心したし、無事に撮影も終わったのに引退宣言しちゃってビックリしました。加賀美が瀬那に本気で好きな人がいると気付いたのは良かったけど相手はあゆみとは惜しいですね、あゆみは最後に瀬那に会いたいと千歳がセッティングしてしまって残念です。原も泣いて退職届を出すけど千歳の事が気に入らなかったみたいですね、瀬那も怒らせてしまって千歳が思いに応えるのか楽しみです。

40代

過労で倒れてしまった、あゆみがとりあえず無事でよかったです。ドラマの撮影の時に、マネージャーはずっと見ていたり、ペットボトルのお水をあけてあげたり、拘束時間もタレントと同じで、こちらも凄く過酷なのだと感じました。エンディングの千歳と瀬那が一緒にダンスするのがカワイイですね。TikTokでや流行るでしょうね。

30代


第7話あらすじ・感想(11/17放送)

瀬那(櫻井海音)の好きな人はまさかの自分だった!?千歳(大原櫻子)は無理矢理瀬那にキスされ戸惑う中、再び瀬那の担当となり動揺を隠せない。一方映画の初主演に抜擢された瀬那と千歳は、ヒロイン役の妖艶な女優、白川雪乃(森田望智)と会うのだが、驚いたことにマネージャーとして現れたのは、元同僚の原真知子(佐藤江梨子)だった!

瀬那は俳優としての大きな壁にぶつかりながら、一方で雪乃と親密になっていく。二人を前に千歳の気持ちにも徐々に変化が…。そんな中、千歳と瀬那に最悪の事態が訪れる!?

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

原作の漫画の円城寺マキさんが好きで観始めました。期待していなかったけれど深夜ドラマにしてはストーリーもしっかりしておりキュンもあるので思いのほか毎週観てしまっています。7話ではついに海音くん演じる瀬那が櫻子ちゃん演じる千歳に告白したのに幼いころに嘘ばかりついていたおかげで信じていいのかわからず戸惑っているところに、瀬那が新しく始まる映画の撮影でヒロインと仲良くしているのを見てちょっとやきもちなのか、意識して見れないかんじの千歳が可愛くてよかったです。これから先のストーリー楽しみです。

30代

瀬那くんと恋人同士を演じる雪乃さんの妖艶さがすごいです。大人の色気を感じますね。さらにマネージャーが原さんとは!サトエリさんの粘着質な演技はさすがですね。一度マネージャーの仕事を知ってしまったら戻れない、という社長の言葉が印象的でした。いったん華やかな世界を知ってしまうとほかの世界が地味に見えて仕方ないんでしょうね。2人のことが週刊誌に撮られてしまったけれど結局マネージャーとタレントだったらなんとか言い訳できそうですね。

30代

千歳は瀬那にキスされて動揺していたけど担当に戻ったので無かった事にしようとしたのにまたキスされてキュンとしました。瀬那の仕事は順調だったのに相手役の女優のマネージャーが真知子で嫌味たっぷりに言ってくるのは怖かったですね。車で誰が先に降りるかの攻防は加賀見が千歳と二人っきりになりたいなんてキュンとします、千歳も瀬那を思い出して焦っているのが可愛いです。瀬那と台本の読み合わせをしているけど千歳を抱きしめたのは本心に聞こえてキュンとしました、せっかく瀬那が本心を言ったのに千歳は突き放してしまって残念、一緒に住んでいる事もバレて面白くなってきました。

40代

瀬那から千歳へキスの展開にはとてもドキドキしました!そして、自分への興味を持たせようとする瀬那の行動力は流石だなと目が離せなくなりました。そんな二人を怪しげに見ている加賀見の行動が気になります。加賀見を演じる東啓介さんは初めてこちらで知ったのですが、爽やかな佇まいに、これから注目したい俳優さんとなりました。また、朝ドラでも注目していた森田望智さん演じる白川雪乃が瀬那にどのように近づいていくのか楽しみにしたいです。

30代

今、絶賛売り出し中の俳優と、マネージャーが同じ家に住んでるってありなんでしょうか。事務所には言ってあったり、担当を変えたほうが現実的にはいいかなとどうしても思ってしまいます。俳優としては大成したいけれども、好きな人がマネージャーって相反する感じで、どうしてもスキャンダルの心配をしないのかと思ってしまいました。最後は、ネットニュースになっていましたし。二人が抱き合ったりキスしたりのシーンもなんだか心配が勝ってしまいます。その分スキャンダルとしてバレた今後の展開が面白そうです。それにしても、先輩マネージャーの原が、別の事務所の女優のマネージャーとなってましたが、どうしてなんでしょうか。

50代

全何話か存じ上げませんが、ここに来て、瀬那がキス攻撃をしてきたり、ちょっと千歳にそっけない対応をしたり積極さが増して来ましたね。しかし、ドラマの現場の女優さんよりマネージャーの千歳の方が奇麗に見えてしまうのは仕方ないのでしょうか。いつか来るとは思っていましたが、ついに同棲しているのをすっぱ抜かれてしまいましたね。

30代


第8話あらすじ・感想(11/24放送)

瀬那(櫻井海音)の主演映画の撮影がいよいよ佳境に。本物の恋人のような瀬那と雪乃(森田望智)に、千歳はどこか寂しさを感じていた。

そして打ち上げの日、憑依型女優の雪乃はまるで別人のような妖艶な姿で登場し、会場中の注目を浴びる。雪乃のあたかも瀬那を誘惑するような行動に千歳は落ち着かない。瀬那と雪乃が急接近していく一方で、千歳と瀬那は険悪な状態に。そんな中、千歳、瀬那に事件が起こる!

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト

瀬那と千歳が週刊誌に撮られてしまってさぞかしヤバイと思ったのですが、マネージャーなのは事実なのでそれを突き通せばいいだけの話ですね。佐藤江梨子さんが中々いい味を出しているので、女優としてのポテンシャルの高さも垣間見たような気がします。恋をしていても、マネージャーだからと我慢する千歳の苦悩が印象的な8話でした。

30代

瀬那と雪乃の関係にモヤモヤとしている千歳の姿に視聴している自分まで恋をしているような気持ちになりました。雪乃を演じている森田望智さんは最近注目していた女優さんで、劇中での様々な役柄を全くの別人のように演じていらしている姿には吸い込まれてしまいそうです。また、瀬那と千歳の関係を唯一怪しむ加賀見はこれから二人にどのように接していくのか、彼の行動が気になります!ドラマも折り返しだそうですが、最後まで楽しみにしています。

30代

前回週刊誌に2人がマンションに入っていくところを撮られてしまいましたが、やはりマネージャーとタレントということで免れましたね。でもマネージャーとの恋愛は禁断の恋、という原さんの発言にドッキリしますね。雪乃さんの魔性ぶりに見ている方も心を奪われてしまいますね。さすが森田さんの本領発揮という感じで面白くなってきました。

30代

瀬那と千歳が写真を撮られてしまったけど直ぐに誤解が解けて良かったはずなのにガッカリしている千歳が可愛いです。映画は無事にクランクアップして良かったけど雪乃が演じる役によって別人になるのは凄いけど悪女に変身して二人っきりにした時はドキドキしました。それを千歳が嫉妬してしまったのは素直になって良かったけど瀬那からしたら拒否したのにって思っても仕方ないですね。瀬名は雪乃の誘いに乗って二人で何処かへ行ってしまったのはスキャンダルにならないか心配ですね。

40代

藤代と千歳の記事は誤解だと思われてよかったですが、まだずっと住むんですね。また撮られてしまわないですかね。しかもマネージャーもそのままなんですね。何だか違和感があります。マネージャーなのに相手役の雪乃に嫉妬しているのもちょっと変な感覚になります。わかりませんが業界的では、だめですよね。マネージャーとして雪乃が藤代を気に入っている感じで、二人になる事は止めないんですね。業界の事を知らないのでわかりませんが。千歳の雪乃への嫉妬はマネージャーなら良くない感情だと思いますが、藤代の千歳への返答も酷い言葉で、千歳の事を好きっていった責任をもっともちなよ。とは思いました。藤代はいい俳優なので心配です。

50代


第9話あらすじ・感想(12/1放送)

雪乃(森田望智)の車に乗り、夜の街へと消え去ってしまった瀬那(櫻井海音)。ただ帰りを待つしかない千歳(大原櫻子)は帰宅した瀬那から衝撃の事実を聞かされ!?

瀬那と雪乃の仲を心配する千歳だが、海外の有名監督が主催するワークショップへの参加で、二人の仲は深まるばかり。さらに、加賀見(東啓介)から突然の告白を受け、千歳の気持ちは揺れ動いていく。

そんな中、真知子(佐藤江梨子)がマンションに突然やって来て大慌て!一方で瀬那はビッグチャンスを掴む!千歳は究極の選択を迫られることに。

引用:ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』公式サイト


ドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』の見どころ・まとめ

千歳が、今どきの女の子ではなく少々浮世離れしたピュアな子なのがとても可愛く、瀬那がついついからかいたくなる理由がすごくわかります。

千歳がクビになったいきさつが、まるで千歳と瀬那の幼少期のエピソードのみたいでこの先、瀬那に良くも悪くも振り回されるのが見どころです。

実は幼なじみで正体を握っているという点と千歳と瀬那が先生と生徒のような構図なのも面白いと思います。
瀬那役の櫻井海音は、まだ役者としてのキャリアは浅いのですが、その存在感が光っています。

見るたびに顔が違って見えるので、ちょっと問題児の瀬那をどのようにカッコよく演じてくれるか期待しています。

原作は「恋はつづくよどこまでも」でおなじみの円城寺マキの同名コミックなので、キュンキュンのラブコメディになるのではないかと楽しみです。

見逃し配信動画はParaviで配信中ですので、2週間の無料お試しを利用してぜひご覧下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です