『所さんの目がテン!』見逃し動画を無料でフル視聴する方法

この記事では、日本テレビ系列で、毎週日曜に放送されている番組『所さんの目がテン!』の放送内容や、見逃し動画を無料で見る方法について紹介します。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

所さんの目がテン 動画

『所さんの目がテン!』の見逃し配信動画はhuluで配信されています。

huluなら2週間のお試し期間があり、2週間の無料期間中なら最新話から過去の放送回も全部無料で見ることができます。

無料期間中の解約ならお金がかからないのでオススメです。

※一部配信されていない放送回があります。

無料期間中の解約で動画が無料!


  1. huluで配信されている動画はすべて見放題(レンタル作品もあり)
  2. 日本テレビ系の動画が豊富でhulu限定のオリジナルコンテンツも充実
  3. はじめて利用するユーザーなら2週間すべての動画コンテンツが無料

『所さんの目がテン!』の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

『所さんの目がテン!』は、「hulu」の動画配信サービスで配信されています。

所さんの目がテン!

huluでは、所さんの目がテンの過去の放送が見逃し配信されており、無料視聴するには2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間の間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに有吉反省会を見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

MEMO
huluで、配信されているすべての動画は見放題となっています。

2週間の無料お試しを利用することですべて無料で見れます。

『所さんの目がテン!』はどんな番組?

『所さんの目がテン!』は、日本テレビ系列で毎週日曜日朝7時から放送されている科学・自由研究を中心とした生活情報教養番組。

出演者はMCを所ジョージ、アシスタントを佐藤真知子(アナウンサー)が務めています。

実験プレゼンターを酒井善史、渡辺裕太が担当しており、不定期に桝太一、阿部健一、都丸紗也華、金丸慎太郎が企画ごとに出演しています。

日常的に気になる様々な、現象や動物・植物の生態を科学的な観点で解明していく番組です。

スタジオにいるMCの所さんが検証されたことに対して実験を行い、様々な疑問や謎を検証して明らかにしていきます。

実験に取り上げられるテーマは様々で、地上の動物・水中の生き物・植物・食べ物・場所や建物・人間科学・自然や電波、鉱物エネルギー、海外に住む部族や文化などを取り上げています。

夏休みになると「夏休み特集」と題して子どもの自由研究に役立つような実験をメインに行っています。

『所さんの目がテン!』の見所や人気の理由は?

科学的な実験や検証結果によって日頃の疑問が解消される

番組の趣旨は科学的な根拠を基に、一般の方が疑問に思うようなことを実験して解明していく番組です。

解明された謎を解き明かしていく説明は、子供でも分かるような絵や言葉を使って紹介されていて難しいと思われる科学の世界に関心が持てるような内容になっているのが特徴です。

科学的に証明されているので情報に信憑性があって大人でも説明できないような謎を簡単に理解できます。

子供の頃から謎に感じていた疑問は、大人になるとちゃんと調べず、悩みモヤモヤした気持ちが残ると思いますが、そういった心のモヤモヤを解消してくれるところは、この番組の見所です。

田舎に移住体験で現地の暮らしがわかる

番組の企画で、移住シリーズとして取り上げられた田舎に、実験プレゼンターの金丸慎太郎が、実際に移住体験を1週間行う企画です。

企画のスタートも住む家探しから始まるので、実際に住む時にどこを頼って相談すれば良いのかが分かるので、移住を考えている人には家探しの参考になります。

この企画は、田舎に泊まる場所もホテルではなく、実際にある民家や家に住んで生活されている様子が見れるので、現実的な移住生活を見れるのが特徴です。

実際の地域にある民家に住んでいるので、住んでいてどう過ごしやすいのかが、実験プレゼンターの方が身をもって体験したことを、感想や日記に綴ってまとめてくださっているので、田舎に住むメリット・デメリットが分かりやすいです。

実験プレゼンターの方が積極的に行動する方なので、地域の人に積極的に関わりコミュニケーションをとって、地域の住んで良かった所を、地元の方に聞けるのはこの番組の企画ならではの特徴です。

『所さんの目がテン!』過去放送回の番組内容を紹介

2021年8月01日放送回

放送内容

「雑草」

たくましく、したたかに繁殖する雑草の生態に迫る!
植物の専門家と身近に生える雑草を調査!

  • 人に踏まれることを好む!?オオバコの驚きの能力とは!?
  • コンクリートの隙間でも育つ雑草の生存戦略!
  • 薬草の雑草、ドクダミが日陰でも育つ理由…地下を掘り起こすと驚きの姿が!
  • 食べられる雑草もある!?おいしく食べられる雑草料理を作る!
[/box]

※放送後に更新します。


2021年7月25日放送回

放送内容
  • 桝太一の生き物バンザイ!粘菌の科学

桝アナ持ち込み企画!森の宝石「粘菌」とは

▽実は身近な!?粘菌の不思議な生態を調査▽桝アナが粘菌の飼育に挑戦!粘菌はどう育てる?

▽粘菌には知性がある?その行動とは

枡アナ持ち込み企画の粘菌について探索すると公園の柵に色々あって拡大すると面白い形をしているし毒が無いのは勉強になりました。単細胞生物で成長する過程で変形していくし、胞子を飛ばす時の形が可愛かったし、先生と枡アナが熱く語っているのが面白かったですね。

粘菌を飼育するとか夏休みの宿題にはピッタリだけど魅力を伝えるのは難しいですよね、餌がオートミールという手軽さであっという間に広がってビックリです。筋肉のように動き管の中で液の流れが両方に流れるとは面白い。迷路実験でへ効率的に餌に辿り着いていて驚きました、行き止まりからは撤退とか単細胞なのに統制が取れているなんて自然界の神秘ですね。

40代

粘菌という菌を初めて知りましたが、単細胞の菌なのですね。その後、桝太一アナウンサーが増殖に挑戦しましたが、まるで黄色いスライムのようでした。まさかあんなに増えるとは思いませんでした。倍速で再生しているを見ると一晩で餌に群がっていて、奇妙な映像でした。一応生き物として部類しても良いのではないでしょうか。

30代

森の宝石と言われる粘菌を初めて知りました。粘菌は身近にあり、木などにべたっと付いている小さい生物です。黄色や白で、つぶつぶやトゲトゲの形をしてどんどん増えていきます。単細胞だというのが不思議なくらい、動いたり成長したりするので不思議な魅力があります。所さんもすっかり魅了されていました。生物の神秘さやつながりを感じましる事ができました。

60代


2021年7月18日放送回

放送内容
  • かがくの里の昆虫調査で貴重な撮影に成功!

かがくの里の生物多様性はどうなっている?春の昆虫調査&図鑑プロジェクト

▽昆虫調査の専門家とTokyoBugBoysが春の昆虫大捜索▽絶滅危惧種に指定される超貴重な昆虫たちを次々に発見&撮影

▽専門家たちも大興奮した超絶レアな“幻の蛾”とは

▽ニホンミツバチが分蜂する瞬間の撮影に挑戦!撮影中に思わぬ展開に!

蜂の分蜂、凄いですね。新たな女王蜂が産まれると、これまでいた女王蜂は子分を連れてお引越しをするとは、初めて知りました。でも一番驚いたのは、この様子を撮影している二人組です。蜂の群れの真っただ中に行って、服にはたくさんの蜂が群がっているのに、平気で作業をしています。服といって普通の服ですよ。まるで全く刺されていないかのような振る舞いです。もし、まったく刺されていないのであれば、その秘訣を教えて欲しいです。

40代

大きくなりすぎたミツバチの巣が分蜂する様子を取り上げていました。今までの巣と半数の働き蜂をこれから生まれてくる娘に譲り、自分は新しい巣を見つけに行くために巣を出ていくという。蜂の世界の親子愛と社会性を感じる良い特集だったと思います。また、人間が用意した安全な巣に無理やり入れても、一族ごと出ていってしまう点も大変興味深かったです。

30代


2020年7月11日放送回

放送内容

「かがくの里」

かがくの里の農業&ウナギ養殖に新展開!

  • 水はけが良くなった畑で意外な作物に挑戦!
  • 昨年の反省を踏まえて苗作りリベンジ!
  • ニホンウナギ養殖プロジェクトで新実験スタート!

2020年7月4日放送回

放送内容

「紅茶」

美味しいだけじゃない!?人気拡大中の紅茶を科学で徹底解明!

  • 緑茶、ウーロン茶とはどう違う?紅茶の作り方を科学的に解説!
  • 世界的にも認められた!国産茶葉で作られる“和紅茶”の味は?
  • 決め手は○○!ティーバッグで本格的な紅茶を淹れる方法!
  • 嗜好品にとどまらない!紅茶の健康効果&意外な使い道とは?

視聴者の感想や評価

紅茶のことがいろいろわかりました。日本で作られる和紅茶はカテキンが少ないので渋みが弱くておいしいそうです。紅茶をおいしく入れるには、95度のお湯で入れて3分蒸らす事は知っていましたが、ティーバックを使う時でも、カップを温めて、カップにお湯を先に入れると美味しいことを知りました。入れ方一つで、渋みや香りや美味しさが変わるのです。紅茶には、カテキンやテアニンが入っていて、脂肪の消化吸収を緩やかにするそうです。食事の時には紅茶を飲もうと思いました。

60代

紅茶の特集でしたが、嗜好品でありながら健康にも良いと注目されていますね。渡辺裕太さんが茶葉づくり体験をしていましたが、緑茶も、紅茶も、ウーロン茶も全て元は同じツバキ科の茶葉からできているのを初めて知りました。酸化させて時間をかけて紅茶ができるのを見ていたら、もっとありがたさを感じながら飲んでみようと思いました。

30代

東京の檜原村で紅茶が栽培されていたのは驚きましたが発行度が違うだけで緑茶も同じ木だとはもっと驚きました、その和紅茶を所さんが本当にお美味しそうに飲んでいるので私も飲みたくなりました。ティーバックの美味しい入れ方は最初に袋を膨らませ高温のお湯を先にコップに入れて後からティーバックを入れ揺らさずに1分待つのですが一つもやってなくてショックでした。朝の目覚めに良いし、脂っこい食べ物と一緒に摂ると良いし、口臭予防にもなる、更にリンゴを入れると抗酸化作用があるなんて明日からやってみたいと思いました。水出しだとカフェインが溶け出しにくいのも参考になりました。

40代

2020年6月27日放送回

放送内容

「干物」

フードロスの視点からも注目される
和食の定番・干物の美味しさを徹底解明!
全国各地の干物が集まる築地で様々な干物の作り方を調査!

  • 生魚を干物にするとなぜ美味しくなる?美味しさと栄養の要因を解明!
  • 電子レンジで干物を焼く?干物でアクアパッツァ?干物の新しい調理法!
  • お刺身を干物に!?自宅でもできる簡単な冷蔵庫干物に所さん感激!

視聴者の感想や評価

干物の新しい食べ方を紹介しました。電子レンジで干物が焼けてうれしかったです。干物に水をくぐらせて、クッキングシートに包むのがコツです。フライパンでアクアパッツァもできました。簡単な調理法で干物が楽しめることがわかりました。脱水シートでお刺身を干物にしたのには驚きました。冷蔵庫で数時間置くだけで、半分水分が抜けて味が濃くなるのです。感動する美味しさだと所さんが言っていたので、やってみたいと思いました。

60代

冒頭から変なコントでした。開きになった魚の中に赤い着ぐるみを着た所さんらしい人がいました。今回のテーマが干物だったようで、所さんは開かれた魚の骨の役だったようです。魚の真ん中にいる所さんは、最後は水浸しになり「こんなコントいるか〜い!」と言うのがオチでしたが、充分に必要なコントでした。いつも誰かが経験、体験して来たことに茶々を入れるだけで楽なポジションの所ざん。たまには体を張ったことをしても良いと思います。面白かったでーす

50代

今回は干物を取り上げていましたが、知っているようで知らない世界だったのでとても為になりました。色んな手法があるのですね。築地に干物専門店があるのもびっくりしましたが、市場は豊洲に移転しても、まだお店は残っているのが個人的には嬉しかったです。アジの開きは、干物の方がうまみを凝縮させる効果があるのを初めて知りました。

30代

2020年6月20日放送回

放送内容

「人類はこう作った!・塩作り編」

現代科学の原点である昔の技術を再現する企画
「人類はこう作った!」塩作り編!
ヨーロッパ企画・石田剛太さんが縄文時代の塩作りを再現!

  • 岩塩がとれない日本で塩はどのように作られたのか?
  • 塩作りには土器が必要…ということで縄文土器から手作り!
  • 当時の塩に必要だった海草を求めて東京湾に!
  • 土器の焼成でハプニング!無事に土器は焼けるのか?

視聴者の感想や評価

先週の縄文時代の塩作りの続きでした。たくさんとったアマモを燃やして灰にしました。何に使うかと思ったら、製塩土器に入れて熱してから海水を入れたのです。ジュッと音がして海水はどんどん蒸発しました。そして、焼き物の上部に塩の結晶がたくさんついたのです。アマモの役割がわかりました。12Lの海水から50gも塩が取れました。塩気が尖っているそうですがおいしいと言っていました。昔の人の知恵に感心しました

60代

先週に引き続き縄文時代のことでした。今回は塩、縄文塩を作っていました。縄文時代は狩りで獲物を取って食べていたので、動物の血液から塩分を摂っていたそうです。その為に特に塩は必要がなかったのに、塩を作っていた形跡があったとか。人間、動物が生きていく為には塩分が必要ということが縄文時代の縄文人が知っていたのには驚きました。科学ほ無い時代にもその片鱗があったんですね。生きていることは科学ですね

50代

2020年6月06日放送回

放送内容

「かがくの里にフクロウを呼ぼうプロジェクト」

ついにフクロウ撮影に成功!
フクロウの形跡発見から止まり木の設置まで…フクロウ呼び寄せの一部始終!

  • 高性能な監視カメラで撮影に挑戦!映っていたフクロウの姿は!?
  • 専門家がフクロウの行動を分析!巣箱や止まり木にやってきたフクロウがとっていた行動とは!?
  • かがくの里にとってうれしいニュースも!

視聴者の感想や評価

里山プロジェクトでフクロウの撮影をしていましたが、フクロウは山の上位種であり、減少してしまうと食い荒らしてしまうネズミなどが繁殖して山の生態系全体のバランスを乱してしまうと言っていて、そんなに重要なのなだとびっくりしました。アンブレラ種というのですね。こちらもとても勉強になりました。見事木箱に入ってましたね

30代

かがくの里のフクロウプロジェクトでした。以前から、里の生態系の頂点にフクロウがいるとネズミなどが減るので、巣箱を作って呼ぶことにしました。そして、一つの巣箱に来た形跡が残っていたので、止まり木を2本立てて、狩りがしやすくしました。すると、巣箱と止まり木のカメラに2羽フクロウが写っていたのです。きっと今年も子育てをすると思います。

60代

2020年5月30日放送回

放送内容

「かがくの里」

かがくの里で春の新チャレンジに挑戦!
かがくの里に生えているカエデからメープルシロップは作れるのか?

  • イロハカエデから樹液の採取に挑戦!普通のカエデから樹液はどれだけ採れる?
  • 採取した樹液からメープルシロップを作る!
  • 4か月にわたる暗渠排水工事もいよいよクライマックス!
  • 竹を使った暗渠で水はけは良くなったのか?

視聴者の感想や評価

干し芋をプレス乾燥させた食品がとてもおいしそうでお取り寄せしたい!アイスと合うというのも良いですね、子供の頃よく食べていたけれど大人になったらあまり接する機会が無くなってしまったのでなつかしさも感じました。くずを自分で作れるキットも楽しそう、今のご時世にはああいう家庭で作って楽しめる商品の需要は大きいですね。

40代

かがくの里で、カエデの木から樹液をとりました。夜が寒く昼間が暖かいとたくさんとれるそうです。でも、今年は寒暖差が小さく200mlしか取れませんでした。それを煮詰めたら、糖度は60を超えて完成しました。量は少なかったですが甘いメープルシロップができてよかったです。暗渠排水溝作りも順調に進み完成しました。今年はたくさんの野菜が作れそうで今から楽しみです。

60代

そもそもメープルシロップってカエデの木の樹液だったとは初めて知りました。今まであまり気にしていなかったけどこの歳で新発見。また樹液の採取の仕方も独特ですね。まさか木に蛇口を差し込むだなんて。朝昼の寒暖差の激しい時に採取しやすいらしいけど蛇口取り付けてすぐ200ml取れたのは後々の事を知ると奇跡的だったんですね。糖度も60%以上のメープルシロップになっていたし一口舐めてみたかったですね。

40代

2020年5月23日放送回

放送内容

「瞬間ハンター・能登半島 後編」

日本各地の貴重な瞬間を捉える「瞬間ハンター」能登半島後編!
金丸慎太郎さんが能登の里山で貴重な瞬間を狙う!

  • 白米千枚田で農作業をお手伝い&神秘的な絶景をハント!里山里海にとって重要な棚田の役割とは?
  • 絶滅危惧種・ホクリクサンショウウオの赤ちゃんを大捜索!姿を捉えることはできるのか!?
  • 絶景を求め能登のユニークな滝へ!

視聴者の感想や評価

桶滝は凄い絶景ですね。岩盤に穴が空いていてそこを水が流れ落ちていくだなんて今まで見た事ないですね。マイナスイオンがビシビシ伝わってきて見てるだけで癒されそう。棚田も昔からの手作業だけに大変そうだけど貴重な光景ですね。またそう言った棚田を残す為に保存会なるものもあるんですね。能登の棚田は昭和のまま時間が止まっているように見えました。素晴らしい景色です。

40代

能登の里海と里山を訪ねました。豊かな海と山はつながっている事がわかりました。棚田で稲を育てると、虫などが住み付きます。田んぼを流れる水には栄養が多く、海に流れると、海も栄養が多くなり、生き物が育つのです。人の手が入る事で自然が豊かになる事を理解しました。絶滅危惧種のホクリクサンショウウオの幼生が見つかったのには驚きました。

60代

前回に引き続き能登半島の美しい景色を発見する瞬間ハンターの企画でしたが、里山ではなく里海という言葉を初めて聞きました。棚田そのものもとても美しかったですが、そこから見える海の景色が最高でした。四季折々、雪の棚田など、景色が変わるのもまた素晴らしかったです。さすが、世界農業遺産に認定されれているだけあります。

30代

2020年5月16日放送回

放送内容

「瞬間ハンター・能登半島前編」

日本各地の貴重な瞬間を捉える「瞬間ハンター」第4弾!
金丸慎太郎さんが能登の里山里海で貴重な瞬間の撮影に挑む!

  • アマモが茂る美しい海でダイビング!どんな生き物に出会えるのか!?
  • 意外な生き物が海をキレイにする貴重な瞬間をハント!
  • 能登の海を豊かにするアマモの役割とは?
  • 豊かな能登の海を守り続ける持続可能な漁に密着!

視聴者の感想や評価

能登の海を調べました。アマモは浅い海に生える海草です。花が咲き光合成をします。魚の隠れ家で産卵場所でもあります。砂の流出も防ぎます。アマモは減少すると、自然が壊れるのです。ぜひ大切に守ってほしいと思いました。漁師さんは、里海を守る定置網漁をしていました。限りある資源をとって人間が生きていることを改めて考えました。

60代

瞬間ハンターで能登にロケに行っていました。所さんが「たのしそうなロケだなぁ」と言っていました。北陸の海は北の紺碧の海の色や沖縄やハワイみたいな南のマリンブルーとは違う海の色でした。能登には里山も里海もあるそうです。里海と言う言葉も初めて聴きました。山があるなら海があるのは当たり前ですね。渋い風景でした。

50代

2020年5月09日放送回

放送内容

「花」

ストレス軽減効果もある“花”の秘密を徹底調査!

  • 花農家が花をキレイに保つために行う工夫とは?キレイな花が店頭に並ぶまでの秘密に迫る!
  • 家庭で簡単に作れる!おうちで花を長持ちさせる「魔法の水」とは?花に元気をとり戻すやり方も?
  • 貰った花をキレイに生けるには?心理学者も認める生け方のポイントは?

視聴者の感想や評価

切り花を長持ちさせる方法を紹介しました。買ってきたら切り戻しをして、水に砂糖と塩素系漂白剤を入れると殺菌と栄養になって、しおれないそうです。しおれた花も新聞紙にくるんで多めの水に入れておく深水という方法を取ると、元気になることに驚きました。花瓶にいける時は、緑のものを交差して入れて、主になる花を安定せるようにさす方法も知りました。これから試したいです。

60代

母の日にちなんで、花の特集でしたが、やっぱり人に癒しを与える効果も凄く大きいようですね。花屋へ出荷する前に溶液に付けて、一晩冷蔵庫で寝かせてから花屋に届けているのを初めて知りました。水を吸い上げやすいように斜めに切ったり、花瓶の水に葉っぱがつくと長持ちしないなど、色々知られて助かりました。今後、ひと工夫加えて飾ってみたいです。

30代

今回の放送も面白かったですね。やはり花のある生活は良いですよね、ちょっとした癒しになりますからね。その、切り花を長く持たせる為の工夫でしたね、良く葉を取ったりはしていましたが理由が雑菌の繁殖を抑える為だったとは知らなかったです。花を長く持たせるのに砂糖と漂白剤を使う事も知らなかったですね。あんなに差があるなんて凄いですよね。まだまだ知らない事が沢山あるから面白いですね。

40代

2020年5月02日放送回

放送内容

「自然観察クイズ後編」

目がテンが撮影した生き物に関する映像でクイズ対決!
所さん・桝さん・酒井さんがクイズに挑戦!三つ巴対決を制するのは!?
優勝者には素敵な優勝賞品も!

  • キャベツを収穫せずに成長させると?
  • 生まれたばかりのウミガメの子供が海を目指せる理由は?
  • フクロウの特徴的な耳のつき方とは?
  • 陸海空の様々な生き物のクイズを貴重な映像と共に出題!

視聴者の感想や評価

生命の誕生や植物の不思議などを題材としたこの番組を見て毎週パワーをもらっています。とても気分が良くなり日曜日の家事も頑張ることができます。今回は、クイズ形式で一緒に考えながら楽しむことができました。さくらの花を当てる問題は、所さんも枡アナウンサーも不正解でしたが、桃や梅が身近に採れる環境で育った私は、すぐにわかりました

40代

過去の映像のクイズでしたが、キャベツを収穫しないで放置すると黄色い花が咲く映像にびっくりしました。しかもアブラナ科に属するのを初めて知りました。サクラの花びらを当てるクイズで意外とアーモンドの花が酷似していたので分かりにくかったです。タツノオトシゴの繁殖がそのまま赤ちゃんがメスのお腹から出てきたので衝撃的でした。

30代

睡蓮って朝花を咲かせ夜になるとまた閉じてしまう花だとは知りませんでした。まさしく眠る花なんですね。4日目以降は水中に沈み二度と花を咲かせる事はないなんて聞くと儚い睡蓮の一生だななんて思いますよね。ちなみにキャベツって収穫しないで放っておくと中心から黄色の花を咲かせるんですね。菜の花みたいでそれはそれでまた綺麗でしたね。

40代

生き物クイズでした。フクロウは獲物を取るために目が前向きについていることは知っていましたが、耳が左右ずれてついていることを初めて知りました。夜でも獲物の位置を正確に知るためです。ウミガメは、卵からかえると、正確に海を目指します。海の方が紫外線が強いからだそうです。生き物の不思議が多くわかり、感動しました。

60代

畑の野菜を収穫しないでいたら菜の花が咲くのは経験があります。プランターに植えた小松菜を放置していたら茎が伸びてその先から花が咲きました。花が咲いたら食べられなくなると思うでしょうが、小松菜は歯応えが増して美味しかった記憶があります。フクロウの赤ちゃんが強烈に可愛いです。インコを飼っているので鳥には詳しいつもりでいましたが、左右の耳の位置がずれているとは知りませんでした。凄い勉強になりました

50代

毎週楽しく拝見しております。今回も面白かったですね。自然界の面白かった事をクイズ形式でやっていましたね。マスアナには海ガメの問題は正解して欲しかったな、まあ小亀が紫外線で海の方向を認識しているなんて解らないですよね。優勝商品で頂けたカムフラージュスーツは、次回ロケで使用してもらいたいですね。目がテンじゃなくダッシュのロケでも使えますね。今回も面白かったです。

40代

今回の自然観察クイズを楽しく見ました。ヒマワリがどうして太陽を追いかけるのか、キャベツは最後にどのような形になるのかなど身近な自然を取り上げていて親近感がありました。この身近な花や野菜の行動も現代では植物の中にあるオーキシンという化学物質の影響で起こることがわかり、科学技術や究明の力の大きさが見て取れました。一見難しそうな化学物質の話でも分かりやすく見ることができるこの番組が好きです

40代

2020年4月25日放送回

放送内容

「自然観察クイズ前編」

目がテンがこれまで観察してきた生き物に関する映像をクイズで出題!
生き物大好き桝アナ参戦!所さん、酒井さんのレギュラー陣とクイズ対決!

  • あの“動かない動物”が活発に動く瞬間とは?
  • ちょっと変わった寝方をする動物たちの問題を貴重な映像と共に出題!
  • ヒラメを白い砂と黒い砂の間に置くと、どのように擬態する?

視聴者の感想や評価

過去のVTRからのクイズ形式でしたが、丁度今日から緊急事態宣言が発出された地域もありますし、ロケができないでしょうから、番組制作側も大変になりそうですね。キリンが眠る所を初めて観ましたが、首をあんなに曲げて寝るのにびっくりしました。ペンギンもあの寒いところでよく眠れますね。凍らないのが不思議ですね

30代

今までの映像から生き物に関するクイズをしました。キリンは襲われた時に逃げられるように、短時間で何回も寝て合計2時間ほどしかねないそうです。イルカは、片目をつぶって寝ます。ぐっすり寝ると溺れてしまうからです。ペンギンは寒さから守るために、かかとだ立ちをして寝る事に驚きました。桝太一さんがはりきってクイズをしていたのが印象的でした

60代

ハシビロコウ全く動きませんね。7時間観察して動かなかった時間が6時間だなんて。ただエサの魚を取る時は見つけ次第ガブリと行くのかと思いきやそこでも止まるんですね。7分立ち止まってがとは面白いですね。それとナマケモノ。そもそも夜行性とは知りませんでした。で、このナマケモノ名前からして全く動きませんでしたがただ水の中では犬かきのようにして泳ぐんですね。新発見でした

40代

2020年4月18日放送回

放送内容

「美しい標本」

研究や教育で使われる生物標本が美しく進化!
まるでレントゲン!生き物がスケスケになる透明骨格標本とは?

  • 透明だからこそよく分かる!ナマズやコバンザメのちょっと変わった生態!
  • 幻想的なミクロの世界…珪藻を使った標本アート!
  • 地球上の20%以上の酸素を生み出す珪藻とは?川で採集&顕微鏡で観察!
  • 珪藻の標本で環境に関する問題が分かる?

視聴者の感想や評価

透明骨格標本に驚きました。魚などの骨や歯がしっかり残っているのです。作るのに2年もかかりますが、生物の体の仕組みがよくわかると思いました。珪藻の標本にさらに驚きました。とても小さな珪藻は光合成をして世界の20%の二酸化炭素を吸っているので、環境に大切なものです。標本を見て、環境汚染を知ることが守ることにつながります。素晴らしい事だと思いました

60代

標本特集でしたが、魚の透明骨格標本がとても美しかったです。何故あんなに骨の一本一本までがくっきりと光って見えるのかが不思議でした。実際に手に取っていましたが触れるのが意外でした。以前、水族館で売っているのを見ましたが、凄く高額だったのを思い出しました。しかし一個でもあると部屋の雰囲気も変わりそうですね

40代

ウニの標本ってすごいきれいなんですね。またあの模様も人が着色したのではなく自然にと言うんだから驚きました。それとハーバリウムと言う植物の液体標本も幻想的で良いですね。透明骨格標本って初めて見ました。骨格だけが鮮明に見えてまさしくレントゲン写真ですね。でもこの透明骨格標本作製に2年もかかると言うのだから作るのは大変ですね。

40代

面白かったですね。好きもあそこまで極めれば凄いです。魚の透明な標本は凄かったです。製作に二年も掛かるなんて本当に凄いけど、自分には無理かな。好きでないと出来ない仕事ですね。でも、色々な事が解明出来るし必要なんですね。記録を遺す、文章も大事ですが、視覚で解る物も大事な事なんですね。教育番組みたいだけど、とても面白かったです

40代

2020年4月11日放送回

放送内容

「かがくの里」

かがくの里新プロジェクト始動!
里に集まる春夏秋冬の生き物を図鑑にする!

  • 里の生態系の繋がりを探るべく、個性的な生物カメラマンと冬の里を視察!
  • 池で林で次々と冬の生き物を発見!プロ生物カメラマンならではの生き物の見つけ方とは?
  • 探索中のカメラマンが撮影した貴重な生き物とは?ミツバチの珍場面にも遭遇!

視聴者の感想や評価

今回も面白かったですね。科学の里で生き物の生態を調査する事について、今回の研究者達は本当に楽しんでやっていると思いました。日本蜜蜂が接近し過ぎてひっくり返りながら飛んでいく様なんて凄いですよね。また、交尾の瞬間を撮影したいなんて、人間で言ったらAVですよね、マニアックな事だけど研究者にしてみたら大真面目なんですよね。マイマイカブリも私が小さい頃は山に行けば沢山居た気がしますが、今や絶滅危惧種ですからね、変わってしまった環境は残念ですが、山を整備する大事さも解りました。日曜朝の番組ですが、ゴールデンでも良い番組だと思います

40代

かがくのさとの新しいプロジェクトは、図鑑を作る事でした。3人の昆虫や生物に詳しい人にお願いしました。さっそく、里山の田んぼや山に行ってみると、探し方が上手で、たくさんの生き物が見つかりました。ゲンゴロウやゴミムシは珍しいそうです。虫を取る時に吸虫菅を使うと、傷つけずに取れるそうです。どんな写真や動画が撮れるかとても楽しみです

60代

里山開発プロジェクトで、生態調査のメンバーが終結していましたが、前置きが長くて後半ちょっとしか生き物が見られなかったので残念でした。あまり取れ高が無かったように思えましたが、池にはゲンゴロウやオニヤンマのヤゴが居たり、人工的に作った池なのに凄いと思いました。またマイマイカブリを発見して驚いてましたね。

30代

科学の里の生き物たちをまとめる図鑑プロジェクト凄い楽しみですね。図鑑作製にあたって集まった3人のカメラマン達も実績のある人ばかりだし。例えば里の田んぼは農薬を使ってないだけに普段見れない生き物にも遭遇できるかもしれないみたいだし。平井さん念願の女王蜂の上空での交尾シーン撮影出来たら良いですね。そもそも女王蜂が上空で交尾するなんて知りませんでした。そして雄は交尾したら即死して地上に落ちるだなんて。

40代

2020年4月04日放送回

放送内容

「かがくの里」

かがくの里養蜂プロジェクトに事件勃発!
越冬中のミツバチが他の群れと大ゲンカ!

  • 収穫祭でハチミツをもらったミツバチの巣で異変が!
  • ニホンミツバチの群れが巣から消えた?冬のミツバチが起こす生き残りを懸けた行動とは?
  • 今セイヨウミツバチに異変が起きている!ミツバチが減るとイチゴの値段が上がる?
  • セイヨウミツバチを救う養蜂家の取り組みとは?

視聴者の感想や評価

かがくの里のニホンミツバチが冬越しができたかどうか確認して驚きました。一つが空になっていたのです。他のミツバチに取られてしまったのです。それだけ冬越しは過酷だとわかりました。栃木県の那須では、セイヨウミツバチも減っているそうです。広葉樹林が少ないためです。そこで、針葉樹を倒して、花の咲く順番を考えて、広葉樹を植える作業をしていました。ミツバチを守る大変さや大切さがよくわかりました。

60代

前々から薄々感じていましたが、『鉄腕ダッシュ』でTOKIOのメンバーが実際にやってるこどを所ジョージさんは無名のタレントに下請けに出してるって感じなんですね。「盗蜂」と言う言葉を初めて聴きました。寒さで体が動かなくなると、弱い蜂の巣に盗みにいく。越冬するために貯める貴重な蜂蜜。人間は他の動物の命を頂いて栄養にしていますが、蜂蜜も蜂達の生命の源。ありがたいやら申し訳ないやらと思ってしまいます

50代

自然界の掟とは言えニホンミツバチも生きていくために必死なんですね。まさかミツバチの世界にも盗蜂等と言う蜜の奪いあいがあるだなんて。かがくの里で育ったあのニホンミツバチは結局巣箱の中からいなくなってしまいましたからね。安部さんもショックだったろうな一生懸命お世話していたから。日本に流通しているハチミツの99%はセイヨウミツバチの蜜と言うのも驚きでしたね

40代

科学の里でしたが、もう土地開拓をして7年になるのですね。環境省のグッドライフアワードを受賞したようで素晴らしいと思いました。ニホンミツバチの越冬ですがかなりの数が死んでしまったようで悲しいです。仲間同士でもケンカするのを初めて知りました。盗蜂なんていうのもあるのにびっくりしました。しかしこれがリアルですね。

30代

面白いので毎週見ています。今回は科学の里で蜜蜂の越冬についてでしたね。科学の里での日本蜜蜂が一グループ越冬出来ずに居なくなってしまったのは残念ですが、もう一グループあるから、其方が分蜂すれば良いですよね。栃木県の西洋蜜蜂が分蜂しなくなった理由も驚きました、でも納得ですね、やはり人間の行いが大きく影響するんですね。宇都宮大学の実験が上手く行けば良いなと思いました。

40代

2020年3月28日放送回

放送内容

「スパイスカレー」

簡単&本格スパイスカレーで美味しく免疫力アップを目指す!

  • 人がスパイスカレーに惹かれる理由とは?“香り”の秘密を科学的に解説!
  • 複雑な調合はいらない?!たった3種類のスパイスで本格的なスパイスカレーがおうちでできる!
  • “食べる漢方薬”スパイスが免疫を整える理由とは?効果的な食べ方とは?
  • 専門家とコラボして目がテン流免疫力アップスパイスカレー作りに挑戦!

視聴者の感想や評価

スパイスカレーって奥深いんですね。正直スパイスから作ったカレーなんて食べた事ないです。スパイスだけでも10種類以上使うなんて手間かかってますね。スパイスで香り、色味、辛味が違ってくるだなんて。と言う事はいくつもの味の変化を楽しめるのは凄い。家でもできる本格的スパイスカレーあれだったら自分たちでも出来そう。

40代

スパイスカレー、美味しそうでしたね。カレーの考え方が変わりました。スパイスカレーがあんなに簡単に出来るなんて少し驚きもありました。もっと沢山のスパイスを使うイメージごありましたが、タ・ク・コだけの3種類で良かったとはビックリです。ターメリック、クミン、コリアンダーだけなら自分にも出来そうな感じがしました。牛乳み使うとサッパリでコクを出すにはココナッツミルクが良い事も知らなかったですね。コクを出すのに牛乳を使ってしまう所でした。知らないと駄目ですね。

50代

スパイスカレーの魅力と簡単な作り方を教えてくれました。スパイスには免疫力を高める効果があり、多く取るには、カキのペッパーカレーが良いそうです。ココナッツミルクと胡椒が効果を高めるそうです。スパイスの種類が多く、個人でそろえるのは難しいですが、クミンとターメリックとコリアンダーで十分だそうです。玉ねぎとトマトと一緒に炒めて冷凍しておくといつでも使えます。ぜひ挑戦したいです。

60代

今大ブームのスパイスカレーの特集でしたが、カレールウとはまた違う味が楽しめるそうで是非今度試してみたいと思いました。どうやらクミン、コリアンダー、ターメリックがあれば基本形が完成されるそうで、ホウレンソウとなめたけのコンビでも凄く美味しそうにみえました。渡辺裕太さんはこの番組にすっかり欠かせないですね。

30代

ターメリックとクミンとコリアンダーの3種類のスパイスがあれば、家でも本格的なスパイスカレーが作れるそうです。スパイスには、免疫を高める効果やコリアンダーは認知症の予防が期待できるそうなので、早速家で作ってみようと思いました。グレイビーとさまざまな具材を組み合わせれば、飽きずに食べられそうです。グレイビーを冷凍保存して、我が家の定番メニューにしたいと思います

60代

2020年3月21日放送回

3月21日放送内容

「東京化石」

東京にも化石が埋まっている!東京の街で化石発掘に挑戦!

  • デパ地下にアンモナイトの化石が!石材に詰まった古代ロマン!
  • 郵便局で恐竜が出現する前の時代の生きた化石を発見!
  • 東京駅周辺にはジュラ紀の生き物の化石がいっぱい!
  • 東京にはゾウがたくさんいた?多摩川で古代ゾウに関する化石&海の生き物の化石発掘に挑戦!

視聴者の感想や評価

相当長い間放送されている番組で、毎週日曜日の朝はこの番組を観ることが我が家の習慣にもなっております。今回も化石をテーマにして、科学的な見地で調査をしてくれて、東京(三越本店)でもそんな化石(アンモナイト等)があるのかと驚かされました。また多摩川でも象がいたということに本当に驚かされましたし、それ以外の都内でも各種の象でてきたというのは本当に驚かされました。

50代

化石発掘ということで渡辺裕太さんがロケに行っていましたが、デパートの外壁の中に貴重なアンモナイトの化石などが埋め込まれていたりして、美術館に行かなくても貴重なものが観られるのだと知り、今度デパートに行った際にはまた別の楽しみ方が増えそうな気がします。化石の定義が一万年以上前でないといけないのを初めて知りました。

30代

東京で化石探しをしました。はじめは建物です。日本橋三越や東京駅の壁には大理石がたくさん使われていて、よく見るとアンモナイトやベルムナイトの化石があるのです。三越では、額で囲ってわかりやすくしている場所もありました。大きくはっきりしている化石で驚きました。立川の多摩川沿いには像の足跡の化石もありました。ロマンを感じました。

60代

2020年3月14日放送回

3月14日放送内容

「穴」

ちょっと気になる!あの場所に穴が空いている理由を徹底調査!

  • 急須のふたに穴が空いている理由とは?お茶の味にも関係するその秘密を実験で解明!
  • 電子レンジの扉に無数の小さな穴が空いている理由は?マイクロ波を使った実験でその理由に迫る!
  • 自然界の生き物たちが作る穴の理由とは?貝に小さな穴が空いている不思議な理由は!

視聴者の感想や評価

色んな穴についての特集でしたが、ボールペンの蓋の先に穴が開いているのを初めて知りました。赤ちゃんが誤飲した時に息ができるようにとの配慮なのですね。急須の蓋のは、その向きによってお茶の濃さがが変わるなんて日本人でありながら知らなったので、とても助かりました。是非、明日からでも試してみたいと思いました。

30代

貝が貝を食べてしまうという衝撃映像でした。海の生き物って色々いるので、こんな生き物いるんだなと知りました。砂浜を見てみると色んな生き物がいるんだなと勉強になりました。色んな穴がありますが、わざわざ夜に海に行って撮影してくれていましたが、夜の海は危険なので気を付けてと言いたくなりました。貝って固いので食べられてしまうのはないと思っていましたが、意外にも進化した生き物たちはいることもわかりました

30代

さまざまな穴について調べました。急須に穴があるのは、空気が入って茶葉を動かすためです。だから、注ぎ口に近い方に穴を向けます。納得しました。電子レンジの扉にある細かい穴の秘密に驚きました。パンチングメタルと言ってマイクロ波を通さないものでした。扉まで熱くなっては困ります。よく考えられていると感心しました。

60代

千葉県船橋市の名所である三番瀬などを取り上げていて、道具を使って見てみると海底部分に多くの穴が開いている事がわかりました。その穴はアナジャコが作った物である事がわかりましたが、三番瀬は開発されていない自然の干潟になっているので、今後も自然を愛する方々によって開発することなく維持してもらいたいと思いました

30代

急須の穴の位置の違いだけでお茶の濃度が変わるって言うのは凄いですね。お湯の出口に近い方に穴があるとそこから空気が入って中の茶葉をよくかき混ぜるとは。あんまり穴の位置なんて気にしないでお茶入れて飲んでたけど穴1つでも色んな意味があるんですね。電子レンジのパンチングメタルはマイクロ波を止める役割があったんですね。マイクロ波の性質を上手く利用する事でパンチングメタルを穴あきにして中を見えるようにしたとは凄いです。

40代

2020年3月07日放送回

3月07日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

冬のかがくの里で住み込み調査!
里で冬を越す生き物たちの姿!

  • かがくの里で冬を越すロシアからの渡り鳥!
  • 里の畑でフクロウの羽根を発見!フクロウプロジェクトに進展!
  • 畑にイタチが出没!生態系を守るフクロウの役割とは?
  • 里で越冬する昆虫たちを徹底調査!個性的な生態の虫や日本固有種の珍しい虫まで次々発見!

視聴者の感想や評価

かがくの里からの報告でした。畑でフクロウの羽が見つかりました。きっと餌を取りに来ていると思います。巣で子育てをした形跡もあったので、また里に戻ってくることを期待します。昆虫たちは、木の皮の中などで越冬をしていました。ヒラタカメムシは動かないで死んだマネをします。身を守るためです。マイマイカブリは、日本固有者の珍しい昆虫でだそうです。たくさんの昆虫がいることは、里森が豊かな証拠です。春にたくさんの生き物が見つかると良いです

40代

冬を迎えた里山開発プロジェクトですが、秋の収穫祭が終わるとやることが無さそうですが、今年は阿部さんが里山に泊まって越冬する蜂や昆虫を観察していて、寒い中よく頑張ってくれたと思いました。あんなに寒くなった山の中でも昆虫が生きていてビックリしました。とくにマイマイカブリは外国人の昆虫マニアにも人気のようですね。

30代

2020年2月28日放送回

2月28日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

冬のかがくの里を阿部が住み込みで調査!
科学者たちからの依頼殺到で大忙し!
かがくの里の土壌改良が本格始動!

  • 水はけを良くするための暗渠排水工事に着手!古墳時代から行われている昔ながらの竹を使った暗渠とは?
  • 冬の畑で行う「麦踏み」とは?
  • ニホンミツバチが越冬するための餌やり!
  • ミツバチたちが越冬するために行う驚きの集団行動とは?

視聴者の感想や評価

冬のかがくの里では、たくさんの仕事がありました。暗渠作り、麦ふみ、ミツバチのえさやりなどです。特に大変なのは、ミツバチです。収穫祭で蜂蜜を取って食べたので、このままでは冬越しできません。砂糖をお湯で溶かしたえさを、数日おきにあげるのです。それを食べて順番に体を熱してみんなで冬越ししている姿を見て、生き物の力を感じました

60代

昔の人の知恵って凄いですね。畑に水の排水を良くする為に竹を使った暗ぎょを作るとは。実際に竹を使う事で効果はあるのか検証してましたけど確かに水は排水されていましたね。先生も言っていたけど今は竹林が放置されていて手つかずの山が沢山あると。これで竹暗ぎょが見直されると竹の需要が高くなり放置された山も少なくなるのではないかと。なるほどと思いましたね

40代

冬の里山を守るということで、寒さや雪などはやっぱり里山にはデメリットになり、メンテナンスもひと苦労のようですね。土壌を守るために竹が使われていましたが、つるつるしているのがアドバンテージになるのでしょうか。ミツバチの寿命はよく分かりませんが、越冬させるには人間の手作業が必要のようで、養蜂場の方々はもっと大変なんのだと分かりました。

30代

2020年2月21日放送回

2月21日放送内容

「瞬間ハンター・四万十川」

日本各地の貴重な瞬間を捉える「瞬間ハンター」四万十川後編!
四万十川で冬にしか見られないで貴重な瞬間を狙う!

  • シラスウナギ漁に密着!独特な漁が生み出す幻想的な光景とは?
  • 四万十川に棲みつく怪魚釣りに挑戦!巨大魚の正体は?
  • 星空の街四万十市でふたご座流星群の撮影に挑む!400年ぶりの貴重な天体現象も!

視聴者の感想や評価

シラスウナギって貴重な魚なんですね。早朝から漁を始めて4匹しか捕れなかったと言う事は資源保護対象の魚って言うのも分かりますね。ただ漁の灯りによる風景は綺麗でしたね。アカメって魚初めて知りました。1メートルもあると言うんだから結構大きいですよね。金丸さんも1週間粘ったけど残念ながら釣り上げる事はできませんでしたね。リベンジして欲しいな

30代

四万十川での瞬間ハントの後半でした。シラスウナギ漁をやってみたり幻の巨大魚の釣りに挑戦してみたりと30分番組とは思えない内容の濃さでした。シラスウナギ漁は実際に漁をしている場面もすごいなと思いましたが、離れた高台から漁をやっている四万十川を見た景色が、それぞれの舟が出す光だったりが本当に幻想的で素敵でした。巨大魚は今回のチャレンジでは残念ながら釣り上げられることはなかったのですが、珍しい魚がいるということを知るだけでも知識となりました。最後は流星群の観測で、自分は視力も良くないしめんどくさがりなので外に出て流星群を観察しようとは思わないタイプなのですが、流れ星を見ることができて良かったです。

40代

瞬間ハンター四万十川編の後編でしたが、シラスウナギを捕獲は寒い中頑張っていましたが、それでも数匹だったのでそれだけ貴重のようですね。しかし泳いでるシラスウナギが見られたので良かったです。天体観測も400年ぶりの映像だそうで、しっかり木星の衛星まで映っていて金丸さんの忍耐も素晴らしいと思いました

30代

四万十川で釣りをしたり星を見たりしました。アカメは、日本固有種のスズキの一種です。大きな魚を釣りたかったですが、7日間やっても釣れず、残念でした。双子座流星群は綺麗に見えました。一晩で100個も見えたそうです。空気が澄んでいるのがよくわかりました。土星と木星が400年ぶりに再接近したのによく見えました。四万十の自然を満喫できました

60代

2020年2月14日放送回

2月14日放送内容

「瞬間ハンター・四万十川」

日本各地の貴重な瞬間を捉える「瞬間ハンター」第3弾!
豊かな生態系を誇る特殊な河川・高知県四万十市で貴重な瞬間を狙う!

  • 四万十川に多くの魚が棲みつく理由は?磁石にくっつく特殊な石とは?
  • 四万十川の伝統漁に挑戦!船上で炎を振り続ける冬の風物詩!
  • 太陽が2つに見える?夕日の撮影に挑戦!特殊な条件下で起こる貴重な夕日の現象とは?

視聴者の感想や評価

今回の四万十川風情あって良いですね。沈下橋なんて映画に出てきそうな光景だし。清流と言われるだけあって200種類もの生き物がいるとは。源流から河口までダムがなく1本で繋がっているから水が汚れないんですね。蛇紋岩って面白い石ですね鉄分を多く含んでいるから磁石にくっつくだなんて。あと火振り漁って言うのは大変そうですね。船の先頭に立って八の字にたいまつを回すとは。あれはなかなか出来るものではないですね

40代

アユを火で漁をすることが出来るとは伝統的なことで綺麗に見えました。あれで魚が釣れるとは、逆に魚が逃げてしまうのではないかと思ってしまいます。2キロの重さを10分間も回し続けるのは男性ではないと出来ないので力が必要です。とったアユは塩で煮て食べるのがこちらの地域の食べ方ではありますが、やっぱりアユは塩焼きが1番、または甘露煮で頂くのが美味しいです。漁を釣り竿の餌なしで出来るのは昔ならではと思いました

30代

四万十川に行きました。冬の景色も美しかったです。昔ながらのやり方で鮎を取り、塩煮をして食べました。苦味が美味しそうでした。その後、宿毛市に行き、だるま夕日を撮影しました。暖かい空気と冷たい空気の関係で蜃気楼が見えるのですが、ちょうど夕日が沈む前に太陽の蜃気楼が映ると、だるまに見えるのです。初めて見ましたが、幻想的ですばらしかったです

60代

各地の貴重な瞬間をとらえる企画ということで、今回は高知県四万十川前編でしたが、海水と淡水が混ざって凄く澄んだ水の中に沢山の生き物が生息しているのが分かりました。そして磁石の付く石には驚きました。最後の夕日ですがとても美しくてテレビの画面を通じても感動が伝わりました。しかし実際見たスタッフがうらやましいです

30代

一瞬でキレイな風景を撮る四万十編の前編でした。青く透き通る四万十川に欄干が無い沈下橋の風景は旅番組や生田斗真さん主演のドラマで見たことがあります。素材が良いのでどこを切り取ってもステキな写真が撮れそうですが、風景画のこだわりがあるプロが撮れば更にステキな写真になりそうですね。うちはインコを飼っているので、動物の写真を上手く撮る方法もお願いしたいです

50代

2020年2月7日放送回

2月7日放送内容

「ご当地うどん」

日本各地に存在するご当地うどんを徹底調査!
食感や形の違ううどんはなぜ愛されるのか?科学的に分析!

  • コネオも愛する日本一硬い!?山梨県吉田のうどんの歯ごたえを測定!
  • 福岡県民が愛する筑後うどんのやわらかもちもち食感を解析!
  • 群馬県桐生市の幅広なひもかわうどんの美味しさの秘密は?平べったい麺ならではの特徴を発見!

視聴者の感想や評価

ご当地のうどんを調査する企画でしたが、渡辺裕太さんは好きなタレントさんでしたので出演されて嬉しかったです。確かにうどんは堅いものや柔らかいものなど色々ありますね。山梨県のご当地、吉田うどんは食感が特徴的な事で有名ですが、粉に強力粉を使っているのを初めて知りました。お取り寄せして是非食べてみたいです

30代

今回のテーマは「ご当地うどん」ということで、一言でうどんと言ってもいろいろなものがあるのだと知って感心しました。それぞれの形状の違いや硬さの違いなどを比べていましたが、結局どれが良いとかを決めるのではなく、それぞれに良いところがあるという風な紹介の仕方をしているのもこの番組らしくて良いなと思いました。この番組を見て、うどんを食べに行きたくなりました

40代

吉田のうどんが日本最強の硬さのうどんとはびっくりしましたね。前に一度吉田のうどんを食す機会があったのですが確かに固かった。思わずゆで時間間違えて早く容器に入れてしまったのかと思ったぐらい。箸でうどんを持ち上げてもその重さは十分手に伝わってきましたからね。今度はまだ食べたことのない福岡の筑後うどん食べてみたいです。柔らかくてもちもちを体感したいですね

40代

うどんの奥深さに感心しました。富士吉田市の吉田うどんはコシが強くてかむと驚くほどだそうです。でも旨みが強く、グルテンのおかげだそうです。福岡県の筑後うどんは反対のすごく柔らかくて、お箸で切れます。国産の小麦を使うから柔らかいのにもちもちしているそうです。幅広のうどんは、出汁が十分につく特徴があります。いろいろな種類のうどんが食べたくなりました

60代

2020年1月31日放送回

1月31日放送内容

「丸木舟」

現代科学の原点である昔の技術を再現する企画
「人類はこう作った!」丸木舟完結編!
劇団「ヨーロッパ企画」石田剛太さん&酒井善史さんが
石斧で巨木から丸木舟を手作りする!

  • 完成間近の舟が炎上!?舟に火をつけた理由とは!?
  • 出来上がった丸木舟で運行実験!無事に西湖を往復することはできるのか!?
  • 総取材日数18日におよぶビッグプロジェクトの結末は?!

視聴者の感想や評価

丸木舟を作る企画の完結編でしたが、斧を少しずつ打って巨大な大木を切り倒した映像は感動しました。ちゃんと拝んでいたのも印象的でした。実際に目の前に持ってくると凄く迫力がありますね。あえて舟の中を一度燃やすのが意外でしたが、昔の方は良く考えるものだと感心しました。機会を一切使わずここまで完成させて素晴らしいと思いました

30代

いよいよ丸木舟が完成しました。中を彫った後は、周りを彫ります。でこぼこは、燃やしてからみがきます。水の抵抗を無くすためです。オールも作って、いよいよ乗って出発しました。湖を2人で漕ぎましたが、まっすぐ進むのは大変な事だと思いました。もし海なら波もあります。昔の人は大変な思いをして海や湖を渡ったのだとわかりました。努力と辛抱強さに感心しました

60代

2020年1月24日放送回

1月24日放送内容

「丸木舟」

現代科学の原点である昔の技術を再現する企画
「人類はこう作った!」舟編!
縄文時代に作られていた「丸木舟」を再現!
総日数18日のビッグプロジェクト!

  • ヨーロッパ企画・石田剛太さんが石斧だけで巨木から舟を作る!
  • 高さ3mの巨木を3日間かけ石斧だけで伐り倒す!
  • ヨーロッパ企画・酒井善史さんも合流!打撃8万回以上に及ぶ石斧での舟づくり!

視聴者の感想や評価

丸木舟を作るのに人の手だけで作ることって出来るのだと感心しました。チェンソーだけで切るのではなく斧で木を伐採しているところから始めていて、男の人でも息切れしてしまっていて、昔の何もない時代から考えたら今の現代って本当に便利だと思いました。沈んでしまわないかなと思いますが、文明の利器を使って知恵を絞って次も進んでほしいです。

30代

先週の続きで、縄文時代の生活を体験していました。丸太船を作るのが、ものすごく大変なことがわかりました。石斧で3日たたき続けてやっと太い木が倒れました。その後はチェーンソウで丸太にしてトラックで運びました。そこは、人の手では難しいと思いました。次は丸太の中央に穴を開けて船の形にします。木のくさびを使って木を割きながらやるのです。これは弥生時代のやり方だそうです。それでも大変な作業でした。やっと芯まで彫りました。次回に、船ができて乗れそうです。とても楽しみです

60代

2020年1月17日放送回

1月17日放送内容

「丸木舟」

現代科学の原点である昔の技術を再現する企画
「人類はこう作った!」第2弾!
縄文時代に作られていた「丸木舟」を再現!
総日数18日のビッグプロジェクト!

  • ヨーロッパ企画・石田剛太さんが縄文時代の技術を再現する専門家に弟子入り!
  • 縄文人はどう生活していた?当時の道具と食材で暮らしぶりを再現!
  • 太さ2m以上!縄文式石斧で巨木の伐採に挑戦!

視聴者の感想や評価

石田剛太さんが縄文時代のの生活を体験しました。ヤマドリやどんぐりを食べ、ナイフに欠かせない黒曜石を取るために島に行くので、船作りを始めました。太い杉の木を石斧で切り倒すのです。とても大変な作業でした。1日目に5141回、2日目に4476回打ち続け、やっと中心が見えました。続きが来週です。船が完成するのを見たいです。

60代

縄文時代に返って「丸木舟」を作るという企画でしたが、凄く根気のいる作業ばかりで過酷なロケだと思いました。「石の斧」で太い木を倒そうとしていて、最初はどれだけ難しいかを確認するだけだと思いましたが、2日間かけて少しずつ削っていって、半分まで行った時の映像は衝撃的でした。来週につづくそうなので非常に楽しみです。

30代

2020年1月10日放送回

1月10日放送内容

「最先端重機」

世界中の工事現場などで活躍する重機はすごい進化を遂げていた!

  • ロボットアニメに出てきそうな二本の腕を器用に使う最新重機!野球やカップラーメン作りもできちゃう?
  • タイヤだけで4m!?世界で活躍するインパクト満点の巨大重機!
  • 巨大ダムの建設現場で働くリモート重機!?月面でも活躍できるってホント?

視聴者の感想や評価

重機の特集でした。コベルコは、長いアームを持ち、21階のビルも壊せます。今は狭い場所でも動けるようになっているそうです。最新式の重機が成瀬ダムで動いていました。自立自動操作で、一度に25台の重機を5人で動かしていました。AIやGPSを使っているので、重機が自分で考えて、土を運び、ならし、平らにしていました。日本の素晴らしい技術に驚きました

60代

日本の重機が海外でも大活躍している様子を知ることができ、驚きの連続でした。紹介された重機の値段が10億円と聞き、さらに驚いてしまいました。同時に、その金額を払う以上に価値のある仕事をしてくれる重機を開発した日本の企業を誇りに思いました。今回は、普段の生活では馴染みのない分野の仕事の特集で、とても得した気分になりました。これからは、街中のビルやドライブで見かけたダムなどを、違った視点から見ることができると思いま

40代

2020年12月20日放送回

12月20日放送内容

「科学ニュース2020」

目がテン的もっと知って欲しい科学ニュース2020!
今年発表された科学に関するおもしろ研究やすごい発見まで!
気になるニュースを総ざらい!

  • 家畜の牛が襲われなくなる意外な方法を発見!?
  • ジンベエザメに関する新発見!
  • 科学的に猫と仲良くなれる!?
  • 小さな虫の驚きのサバイバル能力とは!?
  • 未来を変えるかもしれない女子高生たちの研究!

視聴者の感想や評価

牛のお尻に目のペイントをするだけで他の肉食動物から襲われにくくなるって言うのは確かに面白いですね。相手にしたらこちら側を見ているって感覚になりますし。蝶の羽のアイスポット目玉模様の応用らしいけど牛にしたらありがたい人間の発明ですね。あと猫と目を合わせゆっくりまばたきをすると仲良くなれる説。検証結果微妙でしたね。スタジオでも突っ込まれていたけど説成功のように見えたけどただ単に眠いだけでは。確かにそうにも見えましたね

40代

「2020年の科学ニュース」の総決算でしたが、家畜のお尻に「目」を書くのが凄い効果があってビックリしました。これはいいアイデアですね。「目がテン!」のお陰で砂防学に興味を持ってくれる人が増えたようで良かったです。何故かセットが新年ではなくてこのタイミングで変わっていたので、なんだか面白かったです

30代

かがくの里、大収穫祭スペシャルでした。お米の食べ比べをしていたのですが、同じ品種を別々の人が育てていたのが面白いなと思いました。炊き方は一緒なのに、食べたときの食感に雲泥の差があったのには驚きました。お米にタンパク質が含まれていることや、タンパク質の含有量で、お米食感が決まることも初めて知りました。新しい発見もできて、とても楽しい内容でした

40代

今年取り上げたものの中から、注目されているものを放送しました。4人の高校生が、環境と魚に優しいポリ袋を発明しました。一年で分解されるだけでなく、魚が嫌いなデナトニウムという苦い成分を混ぜているので、食べないのです。素晴らしい発明です。かがくの里が、環境庁が行なっている第8回グッドライフアワードで表彰されました。日本の里を再現するこの取り組みはとても良いと思います

60代

2020年12月13日放送回

12月13日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

秋の恒例!かがくの里大収穫祭4週目!
ニホンウナギとフクロウのビッグプロジェクトはどうなった?

  • 里の池で育ったウナギの性別判定!今年もメスウナギは発見できるか?里ウナギの実食も!
  • 里山生態系の頂点…フクロウを呼び込むプロジェクトに新展開!今年フクロウが子育てした巣箱の周辺にさらなる工夫を!
  • 里山で採れたどんぐりコーヒーのお味は?

視聴者の感想や評価

ウナギって養殖だと9割以上がオスと言う中でかがくの里で育てたウナギの中にメスがいたと言う事は凄いですね。今ウナギが減少している中でメスのウナギを放流して卵を産んでくれたらウナギの減少にも一役買いますしね。それとフクロウ用に設置した巣箱にどうやらフクロウが生活していたであろう痕跡がありましたね。今年はコロナで遭遇出来なかったけど先生の話では来年もまた来ると言う事なので楽しみですね

40代

「秋の大収穫祭スペシャル」でしたが、ウナギの養殖プロジェクトで、一般的な養殖場で「性が未決定」なウナギを育てるとオスになるが自然に育てるとメスにもなるというのに驚きました。しかし、捌いてみないと性別の判定も判別できないのですね。ドローンから見える里山は非常に美しかったです。昔は新種の「ゾウムシ」を発見したそうで今後も期待しています

30代

収穫祭の続きでした。始めに里の虫を調べました。アオマツムシのような外来種もいましたが、アオオサムシのように、ずっとその場所にいる虫も見つけられました。里に虫がたくさんいれば、食物連鎖の頂点のフクロウもきっといます。巣箱にも来た形跡があるので、来年には姿を見ることができると期待したいです。どんぐりコーヒーを飲んだり、ウナギを食べたりできた収穫祭は大成功だったと思います

60代

2020年12月06日放送回

12月06日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

秋の恒例!かがくの里大収穫祭3週目!
里のウナギを大捜索!

  • 超貴重なニホンミツバチのハチミツを所さんが実食!
  • 昨年は苦戦したウナギの大捜索を今年も決行!カメラに映った巨大ウナギを探せ!
  • 捜索中にあの絶滅危惧種に遭遇!
  • 秘密兵器「エレクトロフィッシャー」も投入!巨大ウナギは見つかった?
  • 所さんも絶賛の西野さんお手製料理も!

視聴者の感想や評価

かがくの里でうなぎを探しました。池に稚魚を放して、大きくなるのを待ち、いよいよ取ることになったのです。初めに見つかったのは、マルタニシでした。絶滅危惧種だそうです。水質を良くする生き物なので、里の池の水が良いことになります。何匹かうなぎが見つかりましたが、大きい物はなく、次回に期待することになりました。里の自然がだんだん良くなるのがとても楽しみです。

60代

2020年11月29日放送回

11月29日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

今年で第6回目となる秋の恒例企画
「かがくの里収穫祭」2週目!

  • 阿部さんが自宅で苗を育てた「阿部米」をいよいよ所さんが実食!専門家が育てた米との比較実験も!
  • 稲でお茶碗を作る?職人が驚きの手法で作る茶碗!
  • 数々のピンチを乗り越えてきた今年の里のニホンミツバチ。巣箱から貴重なハチミツを採取!しかしハプニングが!果たしてどうなる?

視聴者の感想や評価

ハチミツを取ろうとしてくれていましたが、今回はハチミツを取るのにハチの巣を破壊してしまって、なかなかうまくいかなかったです。それは仕方ないですが、次回美味しいハチミツが取れるようでとても楽しみです。ハチの巣が壊されてしまっていても、また再生してくれるようにハチミツと砂糖を混ぜたものを入れていました。こうやって作ると早いんだと思いました。

30代

稲で作られたお椀が凄かったです。是非一度使ってみたいものです。ミツバチの巣はスズメバチにやられたと言ってましたがやはりスズメバチは数は少なくともそれだけの力はあるようですね。巣をカットするのを失敗して、しかし数日経つとちゃんと修復していて改めてミツバチの凄さがわかりました。あまり刺す事もなさそうですね。来週が楽しみです。

30代

今回もかがくの里大収穫祭の特集でした。やはり興味がわいたのは米の収穫と稲藁のお話でした。古来から米は日本の食文化の中心ですが、「苗半作」という言葉通り、初めの育ちが大きな影響を持つ、という言葉には納得しました。

苗付けから苗が立つまで農家の人の苦労がよくわかる言葉だと思います。また、稲藁で作った茶碗にも驚きました。再生利用というか、すべて使うことができる、自然を生かしたアイディアに驚きました。今回も科学的になるほど、と思うこととほっとした自然のすばらしさを知ることができて楽しい番組でした。

40代

秋の収穫祭の続きでした。予想以上に稲が育ち、ご飯を食べることができました。わらをつなげて巻いて、漆をぬって、お茶碗を作っていました。物を大切にする工夫が素晴らしかったです。日本ミツバチの養蜂は、天敵がいて、難しかったです。成功した二つのうち、一つの箱からみつを取りました。冬越しできるように、少しにしたことに感動しました

60代

2020年11月22日放送回

11月22日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

今年で第6回目となる「かがくの里収穫祭」に所さんがやって来た!

  • なかなか里に行けなかった2020年…苦労して育てた今年の作物の出来ばえは?
  • 自粛期間中に阿部さん宅で育てた「阿部米」は無事に育ったのか?
  • 9月に植えた秋ジャガイモを最高の調理法で実食!
  • 重機を操れるようになった阿部さんの土壌改良計画とは!?

視聴者の感想や評価

所さんが、かがくの里に行きました。秋の収穫です。今年は、コロナで開始が遅れ、梅雨明けが遅く、作物には悪いことばかりでしたが、お米も収穫でき、秋植えのジャガイモもとれました。手作りの炭で、焼いて食べて、とてもおいしそうでした。水はけが悪い土地なので。来年に向けて暗渠排水を作るそうです。土の中に、管を埋めるのです。これができれば、来年はもっと収穫できると思います。

60代

6年前は荒地だったのに今では自然に野ウサギやカモがやって来るようになってプロは凄いなと感心しました。また所さんが里山に非常にマッチしていました。収穫するのも、所さんの自宅には確か畑もあるはずなので慣れている感じでした。収穫したジャガイモを「炭焼き」にしていて、ホクホク感が凄く伝わってきて美味しそうでした。

30代

かがくの里、収穫祭直前スペシャルでした。はちみつを採るまでの作業がすごく面白かったです。すごく手間がかかっていて、天敵も多いし、とても難しい作業だというのが分かりました。そしてどんぐりを使った意外な挑戦にも、期待感がすごく高まりました。科学と聞くと室内での研究のイメージでしたが、改めて科学の力のすごさを感じました。

40代

2020年11月15日放送回

11月15日放送内容

「ブッシュクラフト」

食材を求めて川で渓流釣りにチャレンジ▽ブッシュクラフトの醍醐味!オリジナルのクラフト作りに挑戦▽多摩川の源流を求めて登山に再挑戦

視聴者の感想や評価

「ブッシュクラフト」後半戦でした。世田谷ベースでいつもいろんなものを作っている所さんなので「ブッシュクラフト」を実際やってもこなしてしまうのではないでしょうか。中々魚も釣れないものですね。何もないからこそ、枝や葉っぱを駆使してなにか創作できないかと頭を使うようになるし、そもそも人類はこうして頭を使ってきたのだなと思えました。

30代

今回金丸さんがやったプッシュクラフトは見た感じはなんか面白そうだけどいざ自分がやるとなると大変なんでしょうね。ただ本当のキャンプ好きの人ははまるんでしょうねこう言うのは。大人になってからまた童心の頃の遊び心を思い出させてくれるんでしょうね。

それと多摩川の源流を求めての登山。金丸さん大変だったでしょうけど貴重なものを見せてもらいました。こけから滴り落ちる一滴は神秘的に見えました。

40代

先週に引き続き、笠取山でブッシュクラフトをしました。二日目は、木の枝でテーブル作りをしました。三日目は、多摩川の源流に行くことにしました。5kmを4時間歩く登山です。最後は、急斜面を上り、大変そうでしたが、源流の水を見ると、その清らかさに心が澄んだようでした。ブッシュクラフトは、達成感を得るために最適だと思います。

60代

2020年11月8日放送回

11月08日放送内容

「ブッシュクラフト」

人気再燃のキャンプ!
キャンパーが憧れる究極のキャンプスタイル・ブッシュクラフト!

  • 最小限の道具で過ごす2泊3日に金丸慎太郎さんが挑戦!
  • キャンプ道具も食器も全て手作り…自然にある物を最大限に利用するキャンプスタイルとは?
  • 金丸慎太郎さんがライターを使わずに火起こし…ワイルドなキャンプめしも満喫!

視聴者の感想や評価

必要最低限のものを持ってキャンプする、ブッシュクラフトに挑戦しました。金丸慎太郎さんが、専門家に教わった後、一人でやりました。まきを拾ったり、お箸を作ったり、火おこしをしたり、大変そうでした。特に、炎がなかなか大きくならず、5回もやり直しました。ブッシュクラフトを初めて知りましたが、普通のキャンプより達成感を感じるそうです。次回も楽しみに見ます。

60代

毎回楽しく見ています。今回は金丸慎太郎さんが挑戦したブッシュクラフトは自分の大学時代を思い出し、懐かしく見ました。自在ロープワークやペグ立ては大学時代の登山キャンプでよくやりました。

ブッシュクラフトが流行り出してるのは、やはりコロナ禍で生活などに窮屈な気持ちがありながらも普段の生活しかできない、という閉塞感から抜け出したい人が多いことの反映なのではないかと思いました。石や杉の葉を使っての効果的なかまどつくりやそこで焼くウインナーなど、自分の手でする楽しさが伝わってきました。次回は後編なので、楽しみにしています。

40代

今年は特にキャンプブームですが、「ブッシュクラフト」というジャンルがあるのは初めて知りました。サバイバル的な要素があってキャンプ好きの中でも中々そこまで踏み出す勇気がある人は少ないのではないでしょうか。しかし、紐の結び方や火の起こしかたなど、インストラクターの方がしっかり教えてくれて、気軽に参加できそうで興味が湧きました。

30代

2020年11月1日放送回

11月01日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

今年も里にやってきたニホンミツバチ!
しかし、ミツバチたちを襲う天敵が襲来!

  • ハチの巣を食い尽くす蛾の侵入を防げ!虫対策の結末は!?
  • ニホンミツバチを襲う天敵・スズメバチ!ミツバチたちの対抗策!
  • 里のニホンミツバチを救え!対スズメバチ用の仕掛け!
  • 収穫祭用にどんぐり集め!渋みの原因、タンニンに秘められた植物の生存戦略とは!?

視聴者の感想や評価

今週はニホンミツバチを特集した。毎年、里の巣箱にニホンミツバチが戻ってくるが今年はいつもと違う。ミツバチの巣を天敵が襲っていた。その天敵とはスズメバチ。ミツバチとスズメバチの戦いが見ものだった。ミツバチはスズメバチより小さいが、小さいなりに考えてスズメバチに対抗して自らの巣を守っていた。とても見ごたえがあった。

40代

2020年10月25日放送回

10月25日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

梅雨が長引いた影響で収穫祭を控えた里の作物が大ピンチに!

  • 今年初挑戦のパパイヤ栽培が全滅!?まさかの大失敗か!?
  • 収穫祭に向けて新たな作物を植える!秋ジャガイモとは?
  • 稲の葉が虫に食い荒らされた!果たして無事に収穫することができるのか!?
  • かがくの里から専任プレゼンター阿部さんが中継!収穫祭直前の里の様子をリポート!

視聴者の感想や評価

いつも楽しく見ています。今回は「かがくの里収穫祭直前SP」でした。パパイヤや秋ジャガイモ、米作りなど次々と育たない作物がありました。驚いたことと面白いと思ったことは、雨が多くてもそれが災いになるだけではないということです。今年は夏に雨や台風被害がありましたが、稲の作付けの遅さが幸いして、虫のピークが生育の大切な時期とずれ、その後生き生きと穂が育っていることです。所さんのバラエティー番組ですが、科学のエピソードも交えてあり、なかなか面白い番組です。

40代

茨城県のかがくのさとの様子を伝えました。パパイヤは、植え付けが遅れて、雨も多かったので、根腐れしてしまいました。稲は、イチモンジセセリという害虫にやられましたが、遅く植えたために、葉が全滅にならず、何とか穂が出ていました。

収穫までもう少しです。秋植えのジャガイモもありました。普通3月頃植えますが、秋でも育つことを知りました。雨が多かったですが何とか育っています。収穫祭に間に合うとよいです。

60代

2020年10月18日放送回

10月18日放送内容

「歩荷」

希少だけど重要な職業・歩荷をコネオ・インターナショナルが体験!?
尾瀬の山小屋を支える歩荷の仕事とは?

  • 運搬技術が発達しても歩荷が欠かせない理由…尾瀬を支える歩荷が無くてはならない理由とは?
  • 100kgの荷物を背負って運ぶ!?重い荷物を無理なく背負うための技!
  • 尾瀬の山小屋に荷物を届ける!超過酷な道程をコネオは踏破できるのか?

視聴者の感想や評価

今回は歩荷という職業について解説していました。そんなお仕事ははじめて聞きましたし、約100kgの荷物を背中に背負ってお店などに運ぶという仕事内容に驚きました。芸人のコネオ・インターナショナルさんがチャレンジしていましたが、持ち上げるだけでも大変そうでした。53歳で歩荷歴33年の渡部さんはとても53歳とは思えないような体力と精神力をお持ちで素晴らしいなと思いました。

40代

尾瀬の山小屋に荷物を届ける職業の方を特集していて、時間を掛けて食料品・日用品を届けている事がわかりました。山小屋で美味しい飲食物が味わえるのはこういった方々のおかげだと思ったので、登山の際は感謝したいです。

30代

2020年10月11日放送回

10月11日放送内容

「パッケージ」

使いやすく進化し続ける食品パッケージ!
日本の食品パッケージはどうすごい?
厚切りジェイソンと最新のパッケージに迫る!

  • 破れやすかった豆腐容器のフィルムが劇的に進化!
  • わさびチューブはここまで進化していた!
  • クリームがつかなくなった!最新のケーキフィルムとは?
  • 野菜によって全部違う?!カット野菜の鮮度を保つパッケージに隠された驚きの技術とは?

視聴者の感想や評価

パッケージって普段あまり注目しないけど昔と比較すると物凄く進化しているんですね。特に感心させられたのはチューブのキャップですね。1条ねじから4条ねじへの進化は話を聞くと凄いですね。高齢者にも優しくカチッと音をさせる事で安心感を得られる人間心理を突いているとは。

40代

食品パッケージに関しての情報を紹介していて、野菜によって袋の穴の大きさが異なる事がわかりました。生鮮食品である野菜は、呼吸をしながら市場・小売店に運ばれていくので、鮮度の維持がとても大切になっているのだと思いました。

30代

メイドインジャパンは海外の方にもとても人気が高くて、日本人のまじめな性格が活かされているのに日本人の働き方にも驚きました。確かに普段から使っているものは日本人が頑張って作っているのは日本人の努力は凄いです。

30代

2020年10月4日放送回

10月4日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

動物が住みやすい環境になってきたかがくの里にフクロウを呼び込む!

  • フクロウがいないと生態系が崩れる?里山の生態系を守るフクロウの役割とは?
  • フクロウ研究のスペシャリストと西野さんが作った巣箱でフクロウは子育てをする?
  • 自粛期間あけにかがくの里でフクロウの痕跡調査!
  • 謎多きフクロウ研究…かがくの里がフクロウの生態解明につながるかも?

視聴者の感想や評価

かがくの里でフクロウに生活してもらう企画を特集していて、巣箱の整備を現地で行っていました。荒れていた森を整備すれば野生の鳥・餌になるネズミなどが帰ってくると思うので、今後も森の整備をしてほしいと思いました。

30代

竹内結子さんへの追悼のメッセージが流れていて、竹内さんが2016年からナレーションをやっていたのは知りませんでした。フクロウは郊外でお目にかかる事はないので実感が湧きませんでしたが本当に森の中に居て、「普通に生息してるんだ」と思えました。

30代

2020年9月27日放送回

9月27日放送内容

「石鹸」

現代科学の原点!古代の技術を再現する新企画

  • 古代の技術を再現する新企画「人類はこう作った」
  • ウイルス対策にも効果的な石けんはそもそもどう作られていた?
  • ヨーロッパ企画・石田剛太が古代ローマ時代に作られていた石けんの再現に挑戦!
  • 意外なほど過酷な古代石けん作り!炎天下で3日間に及ぶ工程とは
  • 石けんを作るために大量の灰を作る!?お手製の古代石けんで汚れは落ちるのか

視聴者の感想や評価

古代ローマで作られていたとされる「石鹸」の作り方によって、石鹸を再現できるかについて試していました。木の灰汁・脂などが必要ということでしたが、見事に成功していたので、とても興味深い放送になっていました。

30代

古代石鹸を作っていて、灰で作る石鹸は体に悪そうな気がしてしまいますが、金属があるので石鹸が作れるとのことでした。暑い中でまき割をしながらでしたが、こんな暑いときにやらなくてもと思ってしまいます。灰をたくさん集めて石鹸を作りますが、かなり大変な作業でした。

30代

2020年9月13日放送回

9月13日放送内容

「かがくの里・田舎暮らし」

豊かな生態系の象徴!かがくの里にいる昆虫たちを調査!

  • 里にはどんな昆虫たちがいるのか?生態系を保つための虫たちの様々な役割とは?
  • 里の裏山でカブトムシの捕獲に挑戦!季節外れのカブトムシは捕れるのか?
  • なかなか見ることができない自然状態のウナギの撮影に挑戦!
  • 超貴重なウナギの捕食シーン撮影成功!

視聴者の感想や評価

茨城にあるかがくの里の自然状態を紹介していて、数多くの昆虫などが棲息している事がわかりました。土の状態を改善させる虫も生息しているようなので、時間をかけながら良質な土に生まれ変わっていくのだろうと思いました。

30代

ウナギって綺麗な川でないと取れないので、養殖を増やしてくれるとありがたいなと思います。夏と言ったらやっぱりウナギが食べたくなる時期になりますが、放流してくれていたので大きくなるのが楽しみに感じました。

30代

2020年9月6日放送回

9月6日放送内容

ついに里の池にウナギを放す&ウナギの超貴重映像

  • 今年も里の池にウナギの稚魚を放流!
  • 里のウナギを分かるようにマーキング?
  • ウナギのぼりの語源となった行動とは
  • 超貴重映像!ウナギの捕食シーンの撮影にチャレンジ!

視聴者の感想や評価

茨城県に設置している、番組の特設農場においてウナギの養殖をついに開始していました。人工的な池を作って養殖を始めていましたが、今後に関しては定期的な水の管理・餌やりがとても大事になってくると思いました。

30代

2020年8月30日放送回

8月30日放送内容

未公開映像たっぷりで振り返る海外SP

  • ガラパゴスの生態系&タンザニアの民族を調査
  • 独自に進化した生き物たちに桝アナ大興奮
  • ワイルドすぎるハッザの暮らしぶりに驚愕

視聴者の感想や評価

ガラパゴス諸島に行った際の取材を振り返っていて、片道で30時間かかる事がわかりました、自然好きな人にとっては聖地のような場所なので、貴重な動物・植物に興味がある人は一度行ってみるのが良いと思いました。

30代

2020年8月16日放送回

8月16日放送内容

海外で面白実験大特集

「夏休み特別企画!海外で行った実験を一挙放送!」

視聴者の感想や評価

過去の海外ロケの映像が放送されましたが、過去のアシスタントしていたアナウンサーが登場して新鮮な感じがしました。最近見たロケもありましたが、フランスで香水の効果を実験する映像は初めて見たので良かったです。香水に多少臭い匂いが混じるといい匂いに感じるということが分かって勉強になりました。

40代

31年の番組内容の中で、海外でどんな実験をしたかを振り返っていました。パリで体臭チェックをしていましたが、香水をつけている人が割と多いと思ったので、臭いに関して気を使っている人が多いのだろうと思いました。

30代

2020年8月9日放送回

8月9日放送内容

かがくの里・田舎暮らし

「3か月ぶりに阿部さんがかがくの里へ!
西野さんとの久々の再会!」

視聴者の感想や評価

久しぶりの「かがくの里」でした。梅がたくさん採れたから梅干しを作っていました。その昔、私のお祖母ちゃんが作っていましたが、あまり美味しくなかった記憶があります。野生のカルガモが可愛かったです。鴨は近所の川にもいます。動物と自然は癒されますね。

50代

3ヶ月ぶりのかがくの里のロケでしたが、西野さんのおかげで田んぼが田植えしやすい状態になっていたり、蜂蜜取りも問題なくできるようになっていて安心しました。玉ねぎは適度に世話をしないと育っても甘みがなくなってしまうことを初めて知りました。そして梅干し作りもできたようなので良かったです。味付けが塩だけということに驚きました。

40代

茨城県内で行われている「かがくの里」を3か月ぶりに訪問し、畑・養蜂などを取り上げていました。養蜂に関しては、近くに良質な樹木が生い茂っている事で蜜の集まり具合が良い事がわかったので、今年も良いはちみつが収穫できそうです。

30代

今回の放送、かがくの里に三ヶ月ぶりに行ったということです。そんな時間を感じさせませんでしたね。それにしても西野さんは本当に凄い人です。この人なしでは荒れた何もない里山はここまでよみがえることはなかったと思います。

しかし友達の家の庭先にまで蜂の巣を設置していたことには驚きました。かがくの里の去年との比較写真が出ましたが全然違いました。あの大きいたまねぎも育って本当にいい環境になって来ていますね。

30代

かがくの里夏休みに行ってみたい場所ですね。元々は何もない場所に人が手を加えて昔ながらの里山を復活させるなんて素晴らしい。
すぐ身近でカルガモやノウサギが見れるなんて貴重ですよね。そしてニホンミツバチのおかげで梅の実がたくさんなり人の口に梅干しとなって還元されるなど勉強になりました。

40代

山を伐採してしまって、花が少なくなってしまうので民家にも来てしまうのが恐いのですが、ミツバチ専用のハウスがあるのは自然を大切に出来るいいことだと思います。山でハチは蜜を取っていけるのは自然循環が出来て美味しい梅も取れるので美味しい梅が収穫出来て自然の味の梅干しを食べてみたいです。

30代

2020年8月2日放送回

8月2日放送内容

個性的な図鑑

「家にいながらディープな世界が学べる個性的な図鑑!」

視聴者の感想や評価

個性的な図鑑の世界を紹介していて、断面・雑草・パンといったジャンルが売られている事がわかりました。断面に関しては、物を切断してくれる研究所を訪問していて、貝はかなり独特の断面をしている事がわかりました。

30代

色々なものの断面を見ることが出来るという貴重な回だったと思います。説明を聞いても難しくてよく分かりませんでしたが、物を断面から見ることによって色々なことが分かるのですね。バイクを切ってしまうのはもったないなあとは思いました。しかし元々この方は断面研究家ではなくておぎノコメーカーの社員だというのです。よくこのようなものを半分に切ってみようと思いましたよね。

30代

今回は図鑑がテーマでしたけど今売られている図鑑って言うのはなかなか面白いですね。昔の生き物が現代に生息していたらこれぐらいの大きさなんて日常の生活に落とし込んだ姿で紹介してくれるから分かりやすくて凄い面白い。特に切断図鑑は興味津々でしたね。オウムガイの断面なんて初めて見たしあの形自体神秘的でしたね。

40代

帯鋸を使って電球がこんなにも綺麗に断面図が見られるとは思わなかったです。何かの研究をするときに調べられるのは今の科学の進歩でした。貝の曲線が自然的でまさに自然が作った綺麗なもので貝の中でどうやって過ごせるのかも見れてなんだかホッとしてしまいました。

30代

2020年7月26日放送回

7月26日放送内容

プラナリア

「都丸紗也華さんの自由研究!話題のプラナリア!
切っても切っても死なない特殊能力に迫る!」

視聴者の感想や評価

プラナリアという生物について取り上げていて、愛知県岡崎市にいる専門家の話を参考にして3つに分裂したプラナリアが再生するかを実験しました。2週間後には見事に再生していて、それが再生医療につながるかもしれないようなので、今後の展開が楽しみになりました。

30代

「切っても切っても死なない」と書いてあり、他の番組を視聴する予定を返上して見てみました。プラナリア、切って暫くすると目と脳が再生されるそうで「再生医療」の現場で注目されているそうです。切っても死なず、切った分だけ増える。自然の中では大きくなると自ら分割して増やすそうです。見た目も可愛くてプラナリアTシャツが欲しいと思い検索してしまいました。面白かったです。

50代

今日のテーマはプラナリアでした。縦に切っても横に切っても頭や胴体や尻尾を全く同じものを再生する姿は、本当に凄かったです。これがいつか再生医療に活かせる日が来るかもしれないのが楽しみです。個人的には、プラナリアの愛らしさにプラナリアグッズが欲しくなりました。

40代

プラナリアは切っても死なないのに3等分すると3つのプラナリアができてしまうなんて神秘的のような、でも気持ち悪いなと思いました。朝からいろんな実験とかがみられるので毎週楽しみで休みなのに早起きして見てしまいます。

30代

綺麗な川の石の裏にいるプラナリアが再生医療に役立つそうです。初めて知りましたプラナリア。かわいい顔してるんです。目がかわいい。ですが怖い事が体を切っても死なないそうです。怖い。切ったら死ぬものですが そこが医療に役立つみたいです。

綺麗な川の石の裏にいるプラナリアが再生医療に役立つそうです。初めて知りましたプラナリア。かわいい顔してるんです。目がかわいい。ですが怖い事が体を切っても死なないそうです。怖い。切ったら死ぬものですが そこが医療に役立つみたいです。

40代

 

2020年7月19日放送回

7月19日放送内容

東京スカイツリー

「東京スカイツリーには高さを生かした研究施設があった!」

視聴者の感想や評価

今日はスカイツリーの特集でしたが、あんなにたくさんの気象に関するデータを収集する建築物だと思いませんでした。雲の研究は雲の質を調べてゲリラ豪雨を予測することを目標にしていたり、雷のデータもいずれは停電した場所の特定を行えるようにするなど、ただの展望台では無かったのだとしれて良かったです。目がテン!は本当に役に立つ番組です。

40代

東京都墨田区に設置されている東京スカイツリーの裏側について取材していました。ツリーが、雷の研究・ゲリラ豪雨の研究に欠かせない事を初めて知ったので、今後も活発化する豪雨対策の研究に励んでほしいと思いました。

30代

高所恐怖症の私は見ていてドキドキしてしまいました。スカイツリーから雲の研究をしているということを知りませんでした。スカイツリーは高さがあるので雲の中に入って研究をすることが出来るのですね。東京のゲリラ豪雨の予測はまだまだ難しいそうですが、早く予測できるようになるといいです。雲粒というものが集まったものが雲になるらしいですが知りませんでした。都会と田舎では数が違うということで勉強になりました。

30代

2020年7月12日放送回

7月12日放送内容

水道水

「おいしくない」と言われていた水道水の進化を徹底調査!

視聴者の感想や評価

所さんの緩さがとっても日曜日のあさにあっているのでいつも拝見しています。ステイホーム中にかがくの里に行かないでもできることは七日?仙人のプレゼンターの阿部さんが一生懸命考えて苗を作ったりする姿も微笑ましく、へえ、とテレビの前で唸ることもありました。

40代

この時期に大切な水分の摂りかたを知りました。コーヒーやお茶は利尿作用があるので脱水しやすいとか、熱中症と脳梗塞の症状は似ているそうです。我が家は脳梗塞が多いので上手に水分を摂ってこの夏も乗り切らねばと思いました。

50代

今日は、東京の水道水の美味しさがテーマでした。実は、東京都の水について放送開始直後に取り上げていました。昔は水道水はカルキ臭さなどがあって飲めない物でしたが、現在は高度浄水処理のおかげで、美味しさが保たれているので、水道水でも美味しく飲めるように変わったのは、技術や科学、いろいろな人たちの努力のおかげなのだなと思い感動しました。

40代

最近の日本の水について紹介していて、オゾン処理・塩素使用量の減少などによって品質がアップしている事がわかりました。時間を置く事によってカルキ臭もほとんどなくなるので、冷えた緑茶は特に美味しいだろうと思います。

30代

30数年前の同じ番組での、所さんの「水道水の味の違い」を比べる番組の現在と鹿野を比べる内容でした。私も30年ほど前、地方から東京に旅行して、宿泊先の宿泊先ではとてもじゃないけれど、水道水は飲めない、飲んだら食中毒になる、という記憶があります。今回は、最近は水道水とミネラルウォーターでは、消費者体験では好みに大きな違いがないということが解っています。今回の番組ではその謎、科学の進歩を説明するお話でした。最初に塩素処理をするか、あとからするかで、においの処理が違うということが解りました。とても勉強になりました。おいしいお水は日本の夏には大切ですね。

40代

2020年7月5日放送回

7月5日放送内容

かがくの里・田舎暮らし

「里に行くことが出来ない!ステイホームで出来ることは?今年の田植えはどうする?里のために専任プレゼンターの阿部さんが自宅で苗作り!」

視聴者の感想や評価

今回は、科学の里の田んぼに植える苗をベランダで育てるというチャレンジをしていましたが、日照不足で苗の丈が伸びたのは驚きました。どんぐりコーヒーがカフェインレスで、子供が飲めるくらいの甘さということに驚きましたが、私も飲んでみたくなりました。あと、科学の里は村の人たちが田植えができるように準備をしてくれていただけでなく、畑や蜂蜜が取れるようにと、いろいろ段取りをしていてくれていることに、泣きそうになりました。

40代

ステイホームでかがくの里に取材には行けないけれど、代わりに地元の方が現状をリポートしていました。田んぼや畑の手入れ、ニホンミツバチの巣箱のこと、また梅がまるまると実っている様子など、里山の風景を見ていると癒されました。

30代

かがくの里プロジェクト2020の現在を取り上げていて、ウナギの養殖状況・稲の苗作りを行っていました。ウナギに関しては、今年は稚魚の生息が良い事がわかったので、里にある池で元気に育ってほしいと思いました。

30代

2020年6月28日放送回

6月28日放送内容

スマート酪農

「酪農家の働き方を変えたというスマート酪農の実態を調査!」

視聴者の感想や評価

酪農家の現状を紹介していて、「スマート酪農」という働き方について取り上げていました。搾乳については、人間の手を使うのではなくロボットによって自動化されている事を知ったので、少数のスタッフで経営が出来ると思いました。

30代

今回は酪農の仕事に密着をしていましたが、休む暇もないくらい大変な仕事なんだということがよく分かりました。あまりにもハードで凄く大変そうでしたが、とれたての牛乳を使ったカレーはおいしそうでこれが酪農の醍醐味なんだなと思いました。

30代

酪農家さんを訪ね、牛を健康に育て牛乳を作るお仕事を体験されていました。まずは従来型の酪農家さん。朝5時前には働き始め、その分早く終わる…なんて事は無く、朝搾乳して12時間後にも搾乳の仕事が待っていて業務終了は21時過ぎ。土日祭日関係無し!農業や漁業よりハードに見えました。でもこの仕事に従事されている方は「みんな牛が好きなんで」とおっしゃってました。なるほど、だから仕事として続けられるんだなぁと感心しました。と同時に「自分は無理だなぁ」とも感じました。

次に紹介されたのが「スマート酪農」?なんだろそれ?スマホとかで遠隔操作でもするの?と近未来の夢物語を想像しました。ところがなんと!全くそのままでした。最も驚いたのは、搾乳ロボットってのがいて、牛が自分でお乳が張ったと思ったら、自分から搾乳してもらいに搾乳ロボットに入っていくように訓練されていることでした。搾乳が終われば搾乳ロボットにご褒美のおやつを貰って、あとは牛舎内で自由に動き回っていました。人がやることと言えば牛舎の掃除と餌やり。あとは子牛にミルク。従来型と比較すると5分の1くらいの仕事量でしょうか。どの牛がいつどれくらいの量を搾乳したのか、搾乳ロボットが全部データ管理しています。夕方には業務終了でした。お手伝いしたタレントさんも従来型との違いに驚いていました。

確かに莫大な初期投資は掛かるのですが、これなら自分も働けるかも?と思いました。とはいえ生き物を扱う仕事。牛に対する愛情無しでは続けられない厳しいお仕事であることに変わりはありませんね。

50代

2020年6月21日放送回

6月21日放送内容

瞬間ハンター~氷の滝つぼ編~後編

「標高2000mの雪山が生み出す奇跡の滝」

視聴者の感想や評価

富山県の2千メートル級の冬山登山を実施していて、冬の滝を見に行く極寒旅となっていました。登山道がわからない状態でかなり難易度が高い登山となっていたので、仮に行く場合は専門家と行くことが大事だと感じました。

30代

先週に引き続いて今回も雪山の回でした。慣れない雪山を登るのは本当に大変だと思いました。確か名前はスノーホールだったと思いますが、そんな珍しい光景が現れてもそこにいるだけが怖くて見る余裕がないというのは共感できました。

30代

氷の滝壺を見るために、ガチの登山をした金丸さんがすごいなぁと思いました。ちょっと、イッテQのロケに似ていましたが、苦労してたどり着いた先に本当に綺麗な氷の滝壺があり、テレビ越しでも感動しました。ドローン映像も素敵で、今の映像技術は凄いなぁと改めて感じました。

30代

2020年6月14日放送回

6月14日放送内容

瞬間ハンター~氷の滝つぼ編~前編

「瞬間ハンター第2弾!雪山が生み出す幻の氷の滝壺を狙う!」

視聴者の感想や評価

本番組は昔から楽しみに見ている長寿番組です。毎回身の回りの事柄を「科学の目」で掘り下げてゆくというバラエティ的な教育番組なのが受けている原因と思います。またシリーズ化されている「科学の里」は別番組の「鉄腕DASH」のDASH村にも似た面白さがあります。

50代

雪山での訓練をする人たちの特集がされていて見ていてハラハラしてしまいました。まずは天気が良かったのでなだれが起きたりしないのかなと不安でした。滑落をしないようにする訓練は止まらなくなったりしてハラハラしました。でもこのような訓練をすることが大事なんだと思い、貴重な場面が見ることが出来た気がします。

30代

所さんの目がテン毎回楽しみ観ています。今回は寒い所に行っていましたが、氷の滝つぼ等初心者には一人では行けない所、寒くて遠い所に行くのは今の現状だと難しいので疑似体験が出来たのはよかったと思います。来週も楽しみにしてます。

40代

2020年6月7日放送回

6月7日放送内容

Good for the Planet特番

所さんの目がテン!かがくの里開拓史~荒れ地にウナギが育つまで~

視聴者の感想や評価

今回は”かがくの里 開拓史”という事で、これまで6年くらいかけて行っているニホンウナギを増やすための実験を紹介していました。はじめた頃は結構な荒れ地で今とは全然違っていたことに驚きました。ウナギの増殖に向けて今後も頑張って欲しいなと思いました。

40代

かがくの里開拓史・里山に生き物が戻ってきたスペシャルと題し、茨城県の里山復活特集を放送していました。時間を掛けた開拓をしたことでミツバチ・野鳥・川魚などが見られるようになったので、今後も環境維持に役立つのではないかと思いました。

30代

この番組のMCである所ジョージさんのお宅にお邪魔し、所さんの趣味や日常生活を紹介する企画。
楽器を演奏したり、畑で作物を作ったり、またお知り合いから頂いたというたくさんの魚を自らさばいて家族に提供したりと、普段のテレビではなかなか見られない所さんの日常生活が見られて楽しかったです。

50代

2020年4月19日放送回

4月19日放送内容
  • かがくの里・田舎暮らし

ウナギの回収率アップ作戦!里の養殖池を改修工事!今話題のウナギ完全養殖研究に迫る!

視聴者の感想や評価

放送後に更新します。

2020年4月12日放送回

4月12日放送内容
  • かがくの里2020 南国作物の栽培に挑戦スペシャル

視聴者の感想や評価

かがくの里プロジェクト2020年の驚くべき中身として、茨城県北部の常陸太田市でサトウキビを作る事を発表していました。4月に苗を植えて11月に収穫する計画のようですが、秋に確実に収穫が出来る事を祈っています。

30代

今回は”かがくの里2020 南国作物の栽培に挑戦SP”という事でサトウキビやパパイヤなどの栽培に挑戦していました。砂糖と黒糖はそのほとんどが同じサトウキビから出来ているという事は知らなかったので、いい勉強になりました。

40代

今朝はかがくの里2020でスタートする作物の発表が行われました。サトウキビとパパイヤが今年挑戦する新作ということでしたが、楽しみなのはサトウキビです。育てるのは簡単そうですが、そこから搾り汁と取って黒糖にするまでの工程が大変そう。

20代

2020年4月5日放送回

4月5日放送内容
  • 瞬間ハンター ~北海道屈斜路湖~ 後編「専門家も驚く貴重な瞬間の撮影に成功」

視聴者の感想や評価

今回は「瞬間ハンター後編」という事で金丸慎太郎さんが冬の屈斜路湖を訪れて、さまざまな珍しい現象を撮影していました。個人的に一番気になったのはフロストフラワーでした。本当に綺麗でしたし可憐な花を見ているようで心が和みました。

40代

野生動物の姿と自然の神秘に癒されました。厳しい環境でたくましく生きる動物たちに元気をもらいました。今の状況に不満がつのることもありますが、負けずに乗り越えていかなくてはいけない、という気持ちにさせてくれる内容でした。

40代

2020年3月29日放送回

3月29日放送内容
  • 冬の屈斜路湖で貴重な瞬間を撮影!

視聴者の感想や評価

厳寒の道東に行って自然現象を撮影するのはとても大変だな、と思いました。自然はやはり人間の思い通りにならないですね。でも屈斜路湖周辺の火山が原因で冬でも山肌が凍らなかったり、露天風呂に入れたりするのを見て、とても面白い番組だったと思います。小さいながらもサンピラーが撮影できたのはすごいですね。実際パンフレットとかで観るのは大きいサンピラーですが、あのように小さいのもサンピラーというのだというのがわかったのも面白かったです。後編があるので次も楽しみです。

40代

新企画として、冬の屈斜路湖で貴重な瞬間を撮影する瞬間ハンターを始めていて、そのスタッフとして金丸さんが選ばれていました。冬の北海道の湖はあまり見る事が出来ないので、大変な思いをしてシーンを撮影したと思いました。

30代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です