映画『プラチナデータ』配信動画を無料でフル視聴する方法!原作との違い・あらすじ紹介

映画『プラチナデータ』の動画を無料フル視聴できる配信サービスについて紹介!

作品概要や原作との違い、キャスト・あらすじなど映画の情報をお届けします。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

映画『プラチナデータ』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『プラチナデータ』の動画は、2021年3月1日現在、dTVでの独占配信(見放題)となっています。

無料で視聴するには、dTVの無料おためし期間を活用します。

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽など約12万作品が月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービスです。

始めて登録する方は31日間も無料のおためしサービスがありますので、その間に解約すれば一切料金はかかりません。

dTVのおすすめポイント
  1. 月額550円(税込)は動画配信サービスの中でも圧倒的に安い!
  2. スマートフォン、PC、テレビなど、好きなデバイスで視聴が可能!
  3. 最新作のレンタルにdポイントを使うこともできる!
  4. ドコモの携帯電話をもっていなくてもOK!

ダウンロード機能もあり、1.5倍速、2倍速での再生速度を選択してお楽しみいただけます。

対応作品によって、日本語吹き替えと日本語字幕の選択もできます。

無料お試しにはdアカウントが必要ですが、簡単に作成できます。

dTVでの配信ジャンル
  • オリジナル(ドラマ/バラエティ)※ジャニーズ系多し!
  • 洋画
  • 邦画
  • 国内ドラマ(見逃し配信は一部レンタル)
  • 海外ドラマ
  • 韓流・華流ドラマ/バラエティ
  • アニメ(見逃し配信含む)
  • 音楽(MUSIC VIDEOやライブ映像も!)
    ※新作映画はレンタルにて視聴OK!

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

映画『プラチナデータ』作品内容

映画『プラチナデータ』は、嵐の二宮和也さん主演で2013年に上映された映画です。

この作品の舞台となるのは、国家が国民全員のDNAを管理するようになった日本。犯人の遺留物をコンピュータにかけるだけで、DNAから犯人特定が可能になった世界です。

「DNA管理システム」関係者の1人であり、天才科学者でもある神楽龍平(二宮和也)は、このシステムに絶対の自信を持っていました。DNA管理システムが、自分を犯人だと弾きだすまでは。

実は、二重人格という秘密をもつ神楽。犯行を犯したのは、もう1人の人格・リュウではないか?と疑います。事件の真相を突き止めるべく、逃亡生活に入る神楽。

しかしその結末には、国家の思惑が絡む驚愕の事実が待っていました。

興行収入は26.4億円で、2013年の年間興行収入ランキング(日本)17位となった作品です。

豪華キャストの共演が話題に!

映画『プラチナデータ』は、豪華キャストの共演で話題となりました。

主役の神楽龍平を嵐の二宮和也さん、ライバルの刑事・浅間役に豊川悦司さんが抜擢されました。また、神楽の上司である所長・志賀を生瀬勝久さんが演じています。出演者の演技力は折り紙付き!見ごたえある作品となりました。

二宮和也さんのアクションに注目!

この映画の中で、二宮和也さんは「はリエーション豊かな逃亡」を演じています。それはアクション俳優さながら!『GANTZ』以降の本格アクションと評されたほど。

映画作品の中で、「逃亡の過程」はカットされがちと言います。そこにスポットを当て、あらゆる方法での逃亡をしっかりとみせてくれる映画です。

映画『プラチナデータ』作品データ

  • 製作年/2013年
  • 製作国/日本
  • 配給/東宝
  • 上映時間/133分
  • 監督/大友啓史
  • 脚本/浜田秀哉
  • 原作/東野圭吾
  • 主題歌/嵐「Breathless」

映画『プラチナデータ』のあらすじ

※物語のネタバレ(小説原作・映画)を含みます。

神楽龍平(二宮和也)は、警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」所属の天才科学者。彼はDNAを絶対と信じ、「現場に残されたDNAから事件の犯人を割り出すDNA検索システム」を作り上げました。

たったひとつのDNAから、犯人のあらゆる特徴を割り出すDNA検索システム。それは身体的特徴だけでなく、性格までも特定してしまうほど。精度の高さに自信を持った神楽は、国が国民全員のDNAを管理する「DNA法案」を通そうとしていました

DNA検索システムの精度を上げるため、神楽たちは病院などから個人のDNAを勝手に提供させます。データが増えれば増えるほど、犯人特定の精度も上がるからです。

ある事件からそれを知った刑事・浅間玲司(豊川悦司)は、「その人の了承もなく、勝手にDNAを採取するのは違法」と神楽に反発。しかし神楽は、浅間に「冤罪を0にする可能性がある素晴らしいシステム」と語るのみ。2人はどんどん対立を深めていきます。

それから3ヶ月後。DNA検索システムのおかげで、警察の検挙率は格段にアップしていました。が、ひとつ問題が。それは、DNAを検索にかけたとき、「NF(Not Found)13」(見つかりません)」という表示が出ること。神楽は「データが足りないため」と語るのですが……。

そんなある日のこと、DNA検索システムを揺るがす大事件が起きます。

それは、DNA検索システムを作った天才数学者・蓼科早樹が殺されたことです。兄の耕作と共に研究室で殺された早樹。その現場には、意識を失った神楽が倒れていました。

蓼科兄妹を殺害した犯人を特定すべく、いつものようにDNA検索システムが使われます。しかし、結果を見た神楽は愕然。そこにあったモンタージュは、神楽の顔そのものでした。なぜ自分の顔が?困惑する神楽。

しかし神楽には、「自分が犯人かもしれない」と考える理由があったのです。その理由を突き止めるべく、神楽は姿を消します。

容疑者となった神楽を捕まえるため、浅間は捜索を開始。その過程で、脳神経外科医の水上から驚愕の事実を聞かされます。それは、神楽が二重人格であること。彼の中には、もう一人の人格「リョウ」がいるのです……。

蓼科兄妹を殺したのは、神楽なのでしょうか?

検索システムに隠されていた、『プラチナデータ』の正体とは? 

映画を見終わったあと、あなたは機械を信じるでしょうか?それとも、人間を信じるでしょうか?

映画『プラチナデータ』原作を紹介

映画『プラチナデータ』の原作は、ミステリー作家の東野圭吾さん原作の小説『プラチナデータ』です。

2006年から2010年まで連載され、2010年に単行本が出版されました。現在は文庫版も購入が可能です。

『容疑者Xの献身』『マスカレードホテル』など、原作が映画化やドラマ化作品が多い東野さんですが、映画化を前提に執筆された小説は『プラチナデータ』が初。単行本化と共にベストセラーとなり、代表作のひとつです。

※原作小説と映画では内容・ラストが異なります。

映画『プラチナデータ』コミカライズ(漫画)作品について

『プラチナデータ』の映画化に伴い、コミカライズ(漫画)作品も発売されています。

漫画『プラチナデータ』は、バースコミックススペシャルより発売中。漫画を担当されたのは、浅井蓮次さんです。

※原作寄りではなく、映画よりの内容となっています。

映画『プラチナデータ』登場人物・キャスト紹介

映画&原作のネタバレを含みます。

映画と原作小説の違いも記載しています。

神楽龍平/二宮和也

警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」所属の天才科学者。

事件現場に残された遺留品(DNA)から犯人を割り出せる、「DNA検索システム」開発者の1人。科学とコンピュータ心から信じ、国が国民のDNAを管理する「DNA法案」を支持します。

神楽龍平の過去

神楽の父は生真面目な陶芸家。神楽はそんな父を誇りに思い、慕っていました。

が、陶芸家として行き詰まりを感じた父は自殺。第一発見者が神楽でした。

※小説での神楽龍平の過去

陶芸家の父と2人暮らしで育ち、いつも父を尊敬していました。が、ある犯罪集団が父の贋作を売ったことで、人生が一変してしまいます。

犯罪者集団の首謀者は、「作家の作品と贋作に差はない」と主張。確かに首謀者が作る贋作は、本物と区別がつかないほど精巧でした。それは、プロの目さえ騙すほどに。

このことに腹を立てた父は、「どんなに精巧な偽物でも、人が丹精込めて作った作品とは違う」と反論。メディアに勧められ、テレビで偽物の中から本物を選んでみせようとします。が、父が「すべて本物」と言ったのに対し、用意されたものはすべて偽物でした。

このショックから、父は作業小屋で自死してしまいます。父の最期の姿を見たとき、神楽の中でもう一人の人格・リュウが目覚めました。父の死のトラウマから、神楽は「人間と機械の違い」を導きだします。それが「遺伝子」でした。

以後の神楽は、「人間の心は遺伝子で決まる」「人間は機械と同じ」と考えるようになり、父の「人の手が作ったものと、機械が作るものはちがう」を否定するようになります。この考えに至ったころから、もう一人の人格・リュウが頻繁に顔を出すようになるのです。

リュウ/二宮和也

神楽龍平のもう一人の人格。

冷静な科学者である神楽龍平と違い、リュウは絵を描くのが好きな優しい青年です。映画&小説共に、「リュウのある行動」が事件解決への道を開きます。

※小説原作のリュウ

神楽龍平が父を否定すればするほど、頻繁に現れるようになる人格です。

それはまるで、影が濃さは光の眩しさに比例するように。

神楽流作いわく、「見たものしか描かない」画家。彼の絵画には、人の心の温かさ・精神性の美しさがそのまま描かれます。本当に美しいものはなにか。機械で作ったものと、人間の手で作ったものの違いは何か。物事の本質を見極め、絵画で表現します。

浅間玲司/豊川悦司

警部補。現場を見ての捜査にこだわりを持ち、DNAのみで犯人を特定する検索システムに懐疑的。DNA検索システムをめぐり、神楽と対立する人物です。神楽が容疑者となった後は、彼を追跡するように。

捜査の過程で「ある重大な事実」を知り、神楽と手を組みます。

※小説原作の浅間

DNA検索システムに絶対の自信を持つ神楽に対し、機械任せの捜査に危うさを覚えます。神楽が指示した「DNA法案」にも懐疑的で、国が国民のDNAを管理する危険性を指摘します。捜査方法はアナログですが、刑事としての勘は抜群。

当初は蓼科兄妹殺人事件の捜査に参加したものの、上の命令で排除され不信感を抱きます。独自に捜査を続け、容疑者となった神楽を追ううちに、神楽犯人説に疑問をもつようになりました。あるきっかけから神楽と接触。以後、神楽と協力しながら事件を追い、真犯人にたどり着きます。

蓼科早樹/水原希子

DNA検索システムの作者。言動は幼いものの、サヴァン症候群により天才的な頭脳を持つ。

※小説原作の蓼科早樹

ふくよかな体型、顔の半分に大きな痣がある女性です。この痣が大きなコンプレックスとなり、写真を撮る際も正面からは撮らせなかったほど。写真自体も、学生時代以降は撮影を拒んでいました。

DNA検索システムを作ったものの、「ある異変」を目の当たりにし、「モーグル」という補完プログラムを制作。完成直後に殺害されます。

無口であまり笑うことが無く、時折訪ねる神楽はいい印象を持っていませんでした。が、心根は優しい女性であり、可愛らしいものへの憧れも持っていました。その精神性の美しさは、ある形となって神楽の前に現れます。

水上利江子(水上洋次郎)/鈴木保奈美

脳神経教授。神楽の主治医、蓼科兄妹の担当医。

※小説原作での水上

映画では女性の医師ですが、原作では男性の医師です。この変更は、映画のテーマ「DNAと愛」を重んじてのこと。

多重人格についての第一人者であり、自身の異変に気付いた神楽が訪ねたことで主治医に。以後の神楽は、水上のもとで治療を受けるように。

当然ながら、神楽の過去を知る人物。週に1度だけ「反転剤」を用い、リュウの人格を呼び出して治療を行います。神楽の最大の理解者でもあり、彼が容疑者となった後も、二重人格の件を浅間になかなか語りませんでした。

白鳥理沙/杏

DNA検索システムを学ぶため、アメリカからやってきた日系アメリカ人。が、目的はそれだけではないようで、神楽に接触してきます。その目的を果たすため、神楽の逃亡を手助けしました。

志賀孝志/生瀬勝久

神楽の上司。警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」所長。

蓼科兄弟の容疑者となった神楽を追う。「DNA検索システム」関係者の1人で、神楽が知らない「ある情報」を知っている人物。

※小説原作での志賀

映画では神楽を追う立場となる志賀ですが、原作では逃亡を手助けします。その目的は、神楽のもう一人の人格・リュウが知っている「モーグル(DNA検索システム補完プログラム」の行方を知るため。白鳥と神楽を接触させたのも彼です。

蓼科耕作/和田聰宏

早樹の兄。妹と共に殺害されます。

戸倉稔/遠藤憲一

浅間と共に事件を追う刑事。

神楽昭吾/萩原聖人

神楽の父。

映画『プラチナデータ』監督は誰?

映画『プラチナデータ』の監督は大友啓史さんです。

大河ドラマ『龍馬伝』、映画版『るろうに剣心』などの監督作品で知られています。

映画『プラチナデータ』脚本家は誰?

『プラチナデータ』の脚本は、脚本家の浜田秀哉さんが担当しました。

テレビドラマ『ラストホープ』『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』、映画『シン・ゴジラ』の脚本で知られる方です。

映画『プラチナデータ』と原作小説の違いはここ!

※物語のネタバレ(小説原作・映画)を含みます。

全体的に大きな違いがみられ、映画と原作小説では異なる展開で話が進んでいきます。

いちばんの違いは「最後に残る神楽の人格が異なる」ということ。どちらかではリュウが残り、どちらかでは神楽龍平が残ります。

水上博士は原作では男性、映画では女性です。

所長の志賀は、映画では神楽を追う側。原作では逃亡の手助けをする味方です。

映画『プラチナデータ』の見どころは?

まず、現代の日本で起こりかねない事件が題材であるところ。これが見どころです。

なんでも機械化・コンピュータ化されつつある現代ですが、それがいかに危ういものかが良くわかります。映画(小説)作品とはいえ、誰もが「このまま機械任せの世界になっていいのか」と考えざるを得なくなるはず。アクションが取り上げられがちですが、社会派の映画と言っていいでしょう。

また、監督さんや主演の二宮和也さんが言うように、「逃亡をバリエーション豊かに描いた作品」です。カーチェイスをはじめ、アクションをふんだんに取り入れ疾走感は満点。ハラハラドキドキを楽しめます。

二宮和也さんの体当たりの演技をお見逃しなく。

できれば、原作小説との見比べをお勧めします。映画と原作ではテーマ・結末が異なるため、2つ楽しむことで2倍楽しめる作品です。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

\合わせて読みたいおすすめ映画記事/
映画『ラプラスの魔女』配信動画を無料でフル視聴する方法!タイトルの意味やあらすじ・原作を紹介  映画『永遠の0(ゼロ)』配信動画を無料でフル視聴する方法!あらすじ解説・原作やキャストを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です