映画『ラプラスの魔女』配信動画を無料でフル視聴する方法!タイトルの意味やあらすじ・原作を紹介 

映画『ラプラスの魔女』の動画を無料フル視聴できる配信サービスについて紹介!

これを読めば作品概要やキャスト・あらすじなど映画のことがたくさんわかりますよ。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

映画『ラプラスの魔女』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ラプラスの魔女』の動画は、2021年3月1日現在、dTVでの独占配信(見放題)となっています。

無料で視聴するには、dTVの無料おためし期間を活用します。

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽など約12万作品が月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービスです。

始めて登録する方は31日間も無料のおためしサービスがありますので、その間に解約すれば一切料金はかかりません。

dTVのおすすめポイント
  1. 月額550円(税込)は動画配信サービスの中でも圧倒的に安い!
  2. スマートフォン、PC、テレビなど、好きなデバイスで視聴が可能!
  3. 最新作のレンタルにdポイントを使うこともできる!
  4. ドコモの携帯電話をもっていなくてもOK!

ダウンロード機能もあり、1.5倍速、2倍速での再生速度を選択してお楽しみいただけます。

対応作品によって、日本語吹き替えと日本語字幕の選択もできます。

無料お試しにはdアカウントが必要ですが、簡単に作成できます。

dTVでの配信ジャンル
  • オリジナル(ドラマ/バラエティ)※ジャニーズ系多し!
  • 洋画
  • 邦画
  • 国内ドラマ(見逃し配信は一部レンタル)
  • 海外ドラマ
  • 韓流・華流ドラマ/バラエティ
  • アニメ(見逃し配信含む)
  • 音楽(MUSIC VIDEOやライブ映像も!)
    ※新作映画はレンタルにて視聴OK!

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

映画『ラプラスの魔女』作品内容

『ラプラスの魔女』は、2015年に角川書店から出版された東野圭吾原作の小説。

2018年に櫻井翔さん(嵐/ジャニーズ事務所)主演で映画化された作品です。

原作は、多数のドラマ化、映画化作品を持つミステリー作家・東野圭吾さん。

原作には「これまでの作品をぶっ壊して見たかった」という思いが込められ、映画版もその期待を裏切らない本格ミステリーです。

映画『ラプラスの魔女』作品データ

  • 製作年/2018年
  • 製作国/日本
  • 配給/東宝
  • 上映時間/116分
  • 監督/三池崇史
  • 脚本/八津弘幸
  • 原作/東野圭吾「ラプラスの魔女」
  • 主題歌/Alan Walker 『FADED / フェイデッド』

映画『ラプラスの魔女』のあらすじ

竜巻に遭う幼い子供と母親。母親は子供を安全な場所へ避難させるも、自身は竜巻に巻き込まれて亡くなってしまいました。その20年後の未来から、物語の幕が上がります。

ある日のこと。妻と共に温泉地を訪れた男性が、硫化水素の窒息死で亡くなりました。現場を訪れた刑事・中岡(玉木宏)は、妻が遺産目当てに夫を殺害したと確信します。

しかし、現地入りした地球科学専門家・青江修介(櫻井翔)は、中岡の仮説をあっさり否定。中岡の言う通りだとすれば、妻は現場で起きる自然現象を予知していたことになるからです。

自然現象をぴったり予知するのは、この世の誰にも不可能です。ここで中岡の仮説は覆された……と思いきや、数日後に再び硫化水素による死亡事件が。

こちらも、殺人事件の可能性が高い事件です。でもどうやって?もしこれが殺人事件なら、犯人は自然現象を正確に予知できる人物です。

そんな人間がいるはずがないのに。『ラプラスの悪魔』でない限り。

困惑する青江と中岡の前に現れた、1人の少女。羽原円華(広瀬すず)と名乗るその少女は、2人の目の前で未来を当てて見せます。驚愕する2人。

彼女は「一連の事件には、甘粕謙人(福士蒼汰)が関わっている」と語り、青江に協力を頼むのでした。

映画『ラプラスの魔女』のタイトルの意味は?

『ラプラスの魔女』というタイトルに、「どんな意味?」と疑問を持った方も多いはず。

ここで、意味を簡単に解説しましょう。

『ラプラスの魔女』とは、実際には『ラプラスの悪魔』という言い方をします。

『ラプラスの悪魔』は、ピエール=シモン・ラプラスによって生み出された概念。

簡単に言えば、「未来は決まっている」という意味になります。

もっと知りたい『ラプラスの悪魔』

『ラプラスの悪魔』では、「この世に宇宙が誕生したときに、すべての未来は決まっている」という考え方をします。

私たちは日常の中で、色んなことに悩みます。そのたびに、色んなことを決定します。

しかし『ラプラスの悪魔』では、「悩むこともその答えもあらかじめ決まっている」と考えます。悩んだり苦しんだりすることさえ、宇宙が誕生したときに決まっているのです。物理の世界ですね。

日常の小さな出来事さえ、宇宙が生まれたときから決まっていたら怖くないですか?

だから「悪魔」という言葉が使われています。

現在では、『ラプラスの悪魔』には否定的な考えが多く、「未来は決定していない」と考えられています。

映画『ラプラスの魔女』の興行収入は?

『ラプラスの魔女』の興行収入は、公開された2018年当時で14億円。初日のスクリーン数は322館です。

2018年の映画興行収入(日本)では40位を記録しました。スクリーン数に対して10億円を超えたため、ヒットと考えて良いでしょう。

映画『ラプラスの魔女』主題歌を歌うのはこの人!

『ラプラスの魔女』の主題歌は、アラン・ウォーカーの『Faded』です。

アランウォーカーは、1997年生まれの若手音楽プロデューサー。ノルウェーを中心に活動しています。

『Fated』は2014年に発表された楽曲で、2021年3月時点でYouTube再生回数29億回を記録。

日本でも知名度が非常に高く、誰もが一度は聴いたことがあるはず。この楽曲を主題化に採用したことも、『ラプラスの魔女』の話題性を高くしました。

映画『ラプラスの魔女』原作の小説について

『ラプラスの魔女』原作は、作家の東野圭吾さん原作の同名タイトル小説です。

東野圭吾さんは、2008年に映画化された『容疑者Xの献身』(ガリレオシリーズ)をはじめ、『秘密』(1999年)、『白夜行』(2010年映画)、『マスカレードホテル』(2019年)などの原作小説で知られています。

ドラマ化や映画化作品が多い人気作家さんなため、『ラプラスの魔女』の映画化も非常に話題となりました。

小説の発行部数は、映画化された2018年時点で30万部を突破しています。

映画は主人公・青江の視点で進んでいきますが、小説は様々な登場人物の視点でストーリーが進みます。

また、いくつかのエピソードが映画版とは異なります。

登場人物の過去を描いた『魔力の胎動』も発売中

『ラプラスの魔女』の登場人物・羽原円華の過去を描いた小説、『魔力の胎動』も好評発売中。

できれば、『ラプラスの魔女』を読んだ後に手に取ることをお勧めします。

映画『ラプラスの魔女』登場人物・キャスト紹介

ここからは、映画『ラプラスの魔女』の登場人物とキャストを紹介します。

※映画・原作小説のネタバレがあります。

青江修介/櫻井翔

地球科学を専門にする大学教授。

とある温泉街の硫化水素による死亡事故より、刑事・中岡に協力を依頼されます。当初は殺人説に否定的だったものの、事件の謎が広がるたびに困惑することに。

甘粕謙人/福士蒼汰

事件のキーパーソンとなる青年。円華は彼の行方を捜しています。

とある事情で家族を失った過去を持っています。

羽原円華/広瀬すず

青江と中岡の前に現れた謎の少女。

10歳の時に竜巻で母を亡くしています。未来を予知できる能力『ラプラスの魔女』を名乗り、一連の事件に関わる甘粕謙人を探しています。

中岡祐二/玉木宏

刑事。温泉街で起きた硫化水素事件の犯人を、被害者の妻と疑っています。事件に関わる謎を解明するため、青江に協力を依頼。

奥西哲子/志田未来

青江の助手。冷静な女性。

甘粕才生/豊川悦司

謙人の父親。ある事件により家族を失いますが、そこにはある秘密が……?

映画『ラプラスの魔女』の見どころは?

『ラプラスの悪魔』がモチーフになった話であり、テーマのひとつは予知能力です。

化学では解明できない予知能力をもつ男女に、大学教授の青江が翻弄されます。科学で解明できない予知能力に、科学のプロである青江はどう向き合うのでしょうか?青江の行動に注目してください。

また、登場人物の過去や縁が複雑に絡み合い、考察しがいがある作品です。

1度だけでなく何度でも視聴したくなりますし、原作小説を読んでみたくなるはず。掘り下げがいのある作品が観たい!という方に、特におすすめの作品です。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

\合わせて読みたいおすすめ映画記事/
映画『プラチナデータ』配信動画を無料でフル視聴する方法!原作との違い・あらすじ紹介 映画『永遠の0(ゼロ)』配信動画を無料でフル視聴する方法!あらすじ解説・原作やキャストを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です