『トイ・ストーリー3』無料で動画をフル視聴する方法|吹き替えや英語字幕版が見れる配信サービスを徹底比較

映画『トイストーリー3』の動画を無料フル視聴できる配信サービスについて大手VODサイトを徹底比較。

\無料で今すぐ観たい方はこちら/

トイストーリー3

『トイストーリー3』の動画を無料で視聴したい方は、U-NEXTがおすすめ!

U-NEXTなら31日間の無料お試し期間があり、初回にもらえる600ポイントで『トイストーリー3』を無料で見ることができます。

また、U-NEXTでは『トイストーリー3』の日本語吹き替えや英語字幕版も配信されています!

無料期間中の解約ならお金がかからないのでオススメです。

無料期間中の解約で動画が無料!


  1. はじめてサービスを申し込む方なら31日間無料で動画が見れる
  2. 動画配信サービスの中でも作品数が充実しており、ドラマ・映画・アニメも見放題
  3. お試し期間中に誰でも600ポイントもらえるので有料動画も見ることができる

U-NEXTの特徴やおすすめポイント

おうち時間が暇なので、初めて動画配信サービスを利用してみました。最初の1ヶ月間は無料で、期間内に解約すれば本当に0円で利用することができます。

 

洋画、邦画に韓国作品、アニメなども配信されているので世代問わず利用できるかと思います。新しい作品に関しては別でポイントを購入しなければ見られないのですが、見放題プランでも意外と観たいと思っていたけど忘れてた!という作品に出会えたり、10年以上前に観た作品に再会してもう一度観たりと、結構使えます。

 

「お金を払うほどじゃないけど、タダなら観よう」という作品もあります。1作品観終わると、おすすめ作品の表示もあるので、どんどん観たい作品が増えます。気になる作品はブックマークしておけるので、別日に探すのも楽です。

30代

『トイストーリー3』の動画を無料視聴できる配信サービスを徹底比較

映画『トイストーリー3』の動画を無料で視聴するには、動画配信サービスの無料期間を活用するのが一番おすすめな方法です。

2020年5月1日の時点で、映画『トイストーリー3』の動画配信されている配信状況は以下の通りです。

映画『アルキメデスの大戦』の配信サービス比較表

動画配信サービス 配信状況 ポイント 配信価格 月額料金(税込) 無料期間
FODプレミアム 1,300P 976円 1ヶ月
U-NEXT 600P 330円 2,189円 31日間
Hulu なし 1,026円 2週間
Paravi なし 1,017円 2週間
dTV なし 300円~ 550円 31日間
Amazonプライム なし 500円 30日間
Netflix なし 880円~ なし
music.jp 1,600P 330円 1,958円 30日間
配信状況:◎【見放題】/〇【ポイントで無料】/△【課金が必要】/ー【配信なし】

一覧表の情報は2020年5月時点の情報です。

※最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『トイストーリー3』は複数の配信サービスで視聴することが可能ですが、完全無料で見れるのは「U-NEXT」「music.jp」の2つになります。

映画『トイストーリー3』が無料で見れる配信サービス比較

31日間の無料お試し期間あり!無料会員登録後に600ポイントがもらえる
映画『トイストーリー3』は330ポイントで購入可能
≫ 公式サイトを見る≫ 無料で動画を見る
30日間の無料お試し期間あり!無料会員登録後に1,600ポイントがもらえる。映画『トイストーリー3』は330ポイントが必要
≫ 公式サイトを見る≫ 無料で動画を見る

どの動画配信サービスを選べばいいのか迷っている方は、無料期間中にもらえる600ポイントで『トイ・ストーリー3』が無料で見れて、動画コンテンツが充実している「U-NEXT」がオススメです。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中に解約することで無料で動画が観れます

映画『トイストーリー3』作品情報

映画『トイストーリー3』作品概要

ピクサー・アニメーション・スタジオの代表作『トイ・ストーリー』シリーズ。その3作目『トイ・ストーリー3』は2010年に公開されました。

前2作で監督を務めたジョン・ラセターは製作総指揮に回り、代わってリー・アンクリッチがメガホンをとっています。アンクリッチは『トイ・ストーリー2』や『モンスターズ・インク』などに携わった監督であり、後に監督した『リメンバー・ミー』(17年)も大ヒットを記録しています。

第1作から10年後の世界を描いており、主人公のウッディをはじめとするおもちゃの活躍を描きます。持ち主の子どもが成長し、その役目を終えようとするおもちゃたち。その行く末をめぐって、感動的な物語が展開されます。

本作でシリーズは完結する予定でしたが、2014年に続編の製作が発表、2019年に『トイ・ストーリー4』が公開されています。

『トイストーリー3』にトトロが登場するのはなぜ?監督ジョン・ラセターと宮崎駿の関係

第1作『トイ・ストーリー』が公開されたのは1995年。当時のピクサーCEO・スティーヴ・ジョブズのもとで多額の資金が投入され、最先端の映像技術を用いて製作されました。

世界初のフルCGアニメーション長編映画にあたります。全世界で興行収入3億ドルを記録した本作は、1999年に続編『トイ・ストーリー2』が公開。こちらも全世界で4億ドル以上を記録しました。

また、『トイ・ストーリー』には日本との関係性も示唆されています。そもそもピクサーの監督ジョン・ラセターは、おもちゃコレクターである北原照久(テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士としても知られています)から着想を得て『トイ・ストーリー』の物語を構想しました。実際にラセターは北原のコレクションが展示されている「おもちゃ博物館」(横浜市)にも足を運んでいます。

この『トイ・ストーリー3』では、ラセターと親交のある宮崎駿へのリスペクトとして、トトロが登場しています。

映画『トイストーリー3』の主題歌は「君はともだち」

『トイ・ストーリー』シリーズに共通する主題歌として、本作でも「君はともだち」が使用されています。

英語版はシンガーソングライターのランディ・ニューマンが歌っていますが、日本語版を担当しているのはダイヤモンド☆ユカイ。ちなみに、エンディングではジプシー・キングスが歌うスペイン語版も流れます。

また、同じくエンディングでは楽曲「僕らはひとつ」も使用されています。こちらも歌っているのはランディ・ニューマンで、アカデミー賞の主題歌賞を受賞した曲です。

映画『トイストーリー3』のあらすじ

第1作、第2作から数年の歳月が流れ、ウッディやバズ・ライトイヤーをはじめとするおもちゃの持ち主、アンディも17歳になりました。大学に進学するため、長く慣れ親しんだ家を離れることになった彼は、ウッディ以外のおもちゃを屋根裏部屋に保管することに決めます。

ところが、アンディの母は手違いからおもちゃをゴミに捨てようとしてしまいます。ガラクタ扱いをされたことにショックを受けたおもちゃは、自分たちの意志でアンディの家を離れ、寄付のおもちゃとして近所の託児所へ向かうのでした。

アンディの真意を知るウッディは、おもちゃたちを引き留めようとします。しかし、バズたち仲間の意志は揺るぎません。仕方なく帰ろうとしたところを、幼い少女ボニーに拾われ、彼女の家に引き取られることになります。

当初、託児所のおもちゃたちは、バズたち新入りを温かく迎えたようでした。しかし、そこはぬいぐるみロッツォが支配する場所。バズたちは苛烈な扱いを受け、ロッツォの手下による厳重な警備のもと、託児所に幽閉されます。

仲間の窮地を知ったウッディは、危険を顧みずに託児所へと戻り、壮大な脱出計画を立てることになります。

『トイストーリー3』の感想や見所

おもちゃにとっての幸福とは何か

当初は完結作として製作された『トイ・ストーリー3』では、25年にわたるシリーズに区切りをつけるべく、役目を終えたおもちゃたちの「終活」が描かれます。

新たな敵として登場するロッツォは、持ち主に見捨てられて悪に染まったぬいぐるみ。その姿を通して、成長していく子どもと、その成長に取り残されるおもちゃの悲しい運命が描かれます。

それでも、ウッディとアンディの関係はハッピーエンドを迎えます。感動的なラストで示されたように、子どもから子どもへと手渡され、おもちゃは生き続けます。それが彼らにとって幸せな運命であることは間違いないでしょう。

とはいえ、まだすべての答えが出たわけではありません。結局、おもちゃは子どものために生きる存在でしかないのでしょうか? おもちゃにとって真の幸福とは何か。この命題に正面から答えるためには、9年後の『トイ・ストーリー4』まで待つ必要があります。

シミュレーションとしての世界

こうした問いを立てることができるのも、ピクサーが一貫して脱-人間的な表現の可能性を追求してきたからでしょう。

1995年の『トイ・ストーリー』を嚆矢として、お化けの世界を描いた『モンスターズ・インク』、車を擬人化した『カーズ』、黄泉の国へと旅する『リメンバー・ミー』など、ピクサー・スタジオは(ディズニー・スタジオと対照的に)人間ならざる者の世界を巧みにシミュレートしてきました。

こうした表現は『トイ・ストーリー3』において技術的な極致に達しています。たとえば、着せ替え人形であるバービーとケンの、奇妙にぎこちない動き。いかにもおもちゃ然とした二人ですが、お互い一目惚れする光景はロマンティックでもあります。

そして最たるはクライマックス。溶鉱炉でウッディたちが絶体絶命のピンチに陥る場面では、もはや台詞が完全に排されており、おもちゃたちの目線のみで交感が成立しています。

ここにおいて、ピクサーはキャラクターの挙措のみならず、その心情さえもシュミレートしたと言えるでしょう。

『トイストーリー3』を見たみんなの感想や評価

今回のトイストーリー3では、アンディが成長することによってそれに伴うおもちゃがどんな扱いをされるのかというのかがテーマです。実際に自分が子供の頃に遊んでいたおもちゃは現在は全て捨ててしまってあるのでこの映画を見た後はどこか悲しい気持ちになりました。そのおもちゃの視点になって物語を作っていくこの作品はやはり名作だと思います。私だけではなく過去におもちゃを捨てたことのある人はほぼ100%経験があると思います。なのでこの作品を見て共感すること間違いなしだと思います。私の場合は気に入っていたおもちゃはたくさん記憶にありますがそのおもちゃがいつどのように処分されてしまったのかは正直全く記憶がありません。そう考えると胸が痛くなら思いもあります。この作品ではおもちゃたちが捨てられないように様々な工夫をします。クライマックスではいい意味で裏切られましたが、納得のいく終わり方でした。今後も期待しています。

20代

間違いなくトイストーリーシリーズの中では最高傑作です。そして、ディズニーとピクサー映画の中でもNo. 1だと評価する方も多いかと思います。 この映画は基本的にどの作品でも、「おもちゃの大切さ」や「おもちゃとの友情は永遠ではない」という想いが込められています。今作はその込められた想いなどが、特に色濃く出ています。 例えば、保育園のシーンでは、おもちゃを大切にする子供としない子供を対極の位置に置き、強く描いています。そして、大切にされないという想いが、悪役としてのロッツォを生み出しています。とても悲しい流れです。 ですが、ラストでは大切さと友情を完璧な形に締めています。このシーンは本当に涙が止まりません。アンディとウッディの絆、過去作からの繋がりが全てラストに表されています。 この最高傑作をぜひ観てください。

20代

私が「トイ・ストーリー3」を視聴して感じた感想は、綺麗に終わったと思いました。なぜなら過去作に無い明確な「別れ」と「新たなる希望」が描かれていたからです。保安官でリーダーの「ウッディ」とスペースレンジャーの「バズ」が成長した持ち主のアンディとの別れや、間違いで行ってしまう保育園「サニーサイド」で起こる事件など仲間達と共に協力し解決するのは王道的で面白かったです。2010年公開の作品で10年前の作品ですが、映像は今見てもとても綺麗で、古い作品に見えないのも凄いです。登場する玩具達も魅力的で、個人的に敵だった「ケン」が面白くバービーとのやり取りが面白かったです。ジブリ作品の「トトロ」もゲストで登場するのでジブリ好きな人にもお勧めできます。

30代

トイ・ストーリー3を見たら子供達もおもちゃを大切にしてくれるのではないかと思います。大人が見ても心に響く部分が多いです。好きだからこそ悲しくなるシーンがありますが、トイ・ストーリーらしい明るくポップな展開で最後まで楽しく観られます。保育園に入り込んだウッディ達の脱出劇は見ていてハラハラするし、ストーリーはすごく面白いです。相変わらずチームワークも良い。CGとは思えないくらいキャラクターの表情も豊かに見えます。焼却場で燃やされそうになるシーンのでジェシーたちの表情は印象的でした。

30代

私はトイストーリーの世界観が好きで、トイストーリー1から見続けていました。3のストーリーは、大学生になったアンディーとおもちゃ達の物語。実際私も保育士として保育園に勤めており、各年齢によって遊び方やおもちゃの使い方が違うというのはとても理解できました。今まで何とも思っていなかった子ども達の遊び方が、トイストーリー3を見たことで、おもちゃは本当は痛がっていたり、悲しかったりしているのではないかと感じるようになりました。今回の話では、外に出たいという仲間達のために、ウッディーが自らみんなを助けに行き、みんなで話し合って自分達がいるべき場所を選んで、新しい持ち主に大切にしてもらうという場面があります。仲間のために、危険を顧みず仲間を助けに行ったウッディーの勇敢な姿、その姿を見て他の仲間達もみんなで力を合わせて保育園を逃げ出そうとする団結力、強い絆、友情など、おもちゃ達の色々な姿を見て、胸が熱くなりました。今まで考えたこともなかったおもちゃ達の思いを客観的に見て、人間も同じように大切にすべきこと、普段の生活でもおもちゃの使い方を考える良いきっかけとなりました!

20代

トイストーリー3の主役は何といってもロッツォではないでしょうか。ウッディやバズなどのおもちゃの持ち主であるアンディが大学生になり、おもちゃを卒業?するのでウッディたちが幼稚園のような子どもたちがたくさん過ごすところに行きます。そこの住人であるロッツォ。最初は長老的な存在で頼りがいのある、落ち着いた人柄だったのですが、本音が現れると一気に怖くなります。このシーンは子どもが観ても、もちろん大人が観ても結構怖いシーンではないでしょうか。でもそこには深いわけがあって、悲しみや寂しさを乗り越えての今であることが描かれていて、なんとも切ない気持ちになりました。やっぱりおもちゃは大事に扱うべきだしおもちゃにとっても存在を忘れられるのが一番悲しいのかなと思いました。強いメッセージ性のあるストーリーだと思います。

30代

大人でも子供でも老若男女問わず誰もが楽しめる作品となっています。ユニコーンの可愛らしいぬいぐるみ、バターカップや抱きしめるといちごの香りがするぬいぐるみ、ロッツォなど魅力的な新キャラクターも盛りだくさんです。日本人みんなが1度は見た事のあるあの名作のキャラクター、トトロも登場します。また、今作品はアンディが大人になったお話です。大人になった彼はもうウッディやバズたちと遊ばなくなってしまいます。そのおもちゃたちの戸惑いや、葛藤も描かれています。大人の皆さんもきっと遊ばなくなってしまったおもちゃなどあるでしょう。今作品をみてらそんなおもちゃたちのことをつい思い起こし、切なくなるのでは無いでしょうか。アンディのおもちゃたちの信頼感も見逃せません。誰もが楽しめるこの作品を是非見て頂きたいです!

20代

幼かった少年アンディも大学に入学することに、そんなアンディが入学前の夏休みに部屋の整理をしているシーンから物語ははじまります。流れ流れてウッディ達おもちゃ達はある託児所にたどり着きます。その託児所ででてくる新キャラのおもちゃ達が個性的でウッディ達とのやりとりが見ているだけで楽しいです。おもちゃなのにポーカーみたいなゲームをするシーンや大人っぽい皮肉やギャグもあり老若男女が楽しめると思います。中盤はピンチの連続で手に汗握る展開にワクワクドキドキ目が離せません。そんな大冒険を挟み、果たしてアンディとウッディの絆はどうなってしまうのか…物語は素晴らしいエンディングを迎えます。最後に流れるトイストーリーシリーズではおなじみのNGシーン集も楽しいのでぜひ最後まで見てほしいです。

30代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です