ドラマ『和田家の男たち』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法

斎藤工さん主演の「漂着者」が大きな話題となったテレビ朝日の金曜ドラマナイト枠、次に放送される作品は『和田家の男たち』です。

前回のドラマがかなりミステリアスで重い内容だったところ、がらりと内容が変わるイメージの予告動画となっています。

キャストも個性的なメンバーが揃っていますし、このドラマもかなり期待できますね。

間もなく放送開始されるテレビ朝日の新ドラマ『和田家の男たち』のあらすじやキャスト・見逃し配信情報を紹介します。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『和田家の男たち』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『和田家の男たち』は、動画配信サービスU-NEXTTVerTELASAなどで配信されています。

TVerでは最新話が無料視聴できるようになっていますが、1話から全話配信されているのは、U-NEXTまたはTELASAとなります。

高画質でサクサク観たい方には、ぜひU-NEXTでの視聴をおすすめします!

U-NEXTなら初回1ヶ月の無料期間があり、ドラマだけでなく映画やコミックを視聴することもできます。

はじめて登録する人限定のサービスなので、まだ利用したことがない方をこれを機にお試ししてみてはいかがでしょうか。

無料期間中に解約すれば月額料金はかかりません。

無料期間中の解約で動画が無料!

※配信状況は各サイトで最新情報をご確認下さい。

ドラマ『和田家の男たち』の作品紹介


【放送日】毎週金曜日 夜23:15~(テレビ朝日系)

『和田家の男たち』はテレビ朝日金曜ナイトドラマ枠(金曜23:15~0:15)に放送されるドラマです。

初回放送は10/22(金)となっています。

「ふたりっ子」「オードリー」「家売るオンナ」などの作品で知られる大石静さんが脚本を務めるドラマです。

最近の世相も反映したホームドラマとなっているので、ぜひチェックしておきましょう。

『和田家の男たち』は親子3世代マスコミ一家を描いたホームドラマ

『和田家の男たち』は、親子3世代がマスコミ関係の仕事に就いている一家を描いた作品です。

主人公の和田優は会社がつぶれフードデリバリーの仕事をしていたところ、ネットニュースの記者になることになりました。

優の義理の父(母の再婚相手)・和田秀平はテレビマンです。

息子の優は大学卒業後家を出たため疎遠になっていましたが、再び一緒に暮らすようになった上に仕事までマスコミ関係と比較的近い業種になりました。

その秀平の父・和田寛は元新聞社の社長という経歴を持つ人物です。

現在は論説委員として活動し第一線から退いているものの、いまだに記者魂を持ち続けています。

新聞記者・テレビマン・ネットニュース編集部の記者と媒体が違えば、報道などに対する価値観が違って当然です。

3人は家族でありながら同じマスコミ関係者として、価値観がぶつかることもあります。

優と血のつながりこそない秀平や寛ですが、価値観のぶつかり合いを通して絆が深まっていくのかに注目しましょう。

最近の世相を反映したドラマである点も興味深いですね。

優の会社はコロナで倒産しており、フードデリバリーやネットニュースなど令和らしい職業が描かれている点も特色です。

社会人経験は長いもののネットニュースの記者という仕事では全くの新人からスタートする、優の奮闘ぶりもドラマの大きな見どころとなるでしょう。

ドラマ『和田家の男たち』のキャスト・スタッフ情報

『和田家の男たち』で主演・和田優を演じるのは相葉雅紀さんです。

2018年の「僕とシッポと神楽坂」以来3年ぶりに金曜ナイトドラマ枠の主演を務めることになりました。

その他のキャストも見ていきましょう。

まずは「和田家」のメンバーです。

優の父・和田秀平:佐々木蔵之介
優の祖父・和田寛:段田安則
優の母(秀平の再婚相手・故人)・和田りえ:小池栄子

続いて、優が記者をすることになるネットニュース「バズとぴ」のメンバーも見ていきます。

優の大学の後輩で「バズとぴ」の上司・三ツ村翔星:正門良規(Aぇ! Group)
同僚・志麻さと美:石川恋
同僚・印田吾郎:駒木根雄介

秀平の勤めるテレビ局のメンバーは、

秀平がプロデューサーの報道番組デスク・滝口剛:岡部たかし
同番組ディレクター・井上智子:宮澤美保

といった方々です。

これらのメンバーで、3世代のどんなホームドラマが織りなされるのかに期待しましょう。

製作・スタッフ

  • 脚本/大石静
  • 音楽/ワンミュージック
  • ゼネラルプロデューサー/中川慎子
  • プロデューサー/残間理央、本郷達也、布施等
  • 監督/深川栄洋
  • 主題歌/Peach&Apricot『Watching Over You』

ドラマ『和田家の男たち』1話から最終回までのあらすじ・感想

第1話あらすじ【10/22放送】

コロナ禍で14年勤めた会社が突然倒産し、生活費を稼ぐためデリバリーサービス『クイデリ』の配達員を始めた和田優(相葉雅紀)。ある日、配達先で、数年間疎遠になっていた父・秀平(佐々木蔵之介)と、秀平の父、つまりは祖父の寛(段田安則)と再会する!

優が10歳の頃、母のりえ(小池栄子)と再婚する形で優の父親となった秀平。26年前にりえが事故で亡くなってからは、父子2人で暮らしてきたが、社会人になったのをきっかけに優が独立してからは、なんとなく頻繁に連絡をとらなくなっていたのだ。

優が職を失ったことを知った秀平は、寛をひとりにしておくことへの不安もあり、「ここで3人で暮らさないか?」と提案を持ちかける。平日は帰宅が遅い秀平からの「うちのことをやってくれたら、今のバイト代の3倍は出す」という申し出にちょっぴり心が揺れた優は、そのまま押し切られる形で寛の家へと移り住むことに…。

こうして、数年来疎遠だったテレビ局報道マンの父、幼い頃に数回しか会ったことのない元新聞記者の祖父との共同生活が始まった優。初日の食卓から、さっそく寛と秀平が「報道のあり方」についての議論を交わすのを目の当たりにする中、優には大学時代のゼミの後輩・三ツ村翔星(正門良規)から、ネットニュース『バズとぴ』のライターをやらないかという誘いが舞い込む。数日前に寛から教えてもらった“すき焼きの裏技”についての記事で好感触を得た優は、寛と秀平に仕事が決まったことを意気揚々と報告するが…?

取材の対象的に、まったく交わることなどないと思っていた優と秀平だったが、ある出来事が意外な繋がりを導き出すことになり…!?

引用:「和田家の男たち」公式サイト

 


第2話あらすじ【10/29放送】

ある日、和田優(相葉雅紀)のもとに結婚式の招待状が届く。差出人は3年前に「話がつまらない」という理由で優に別れを告げた元カノだった。

数日前に祖父の寛(段田安則)が「オンナにフラれた」と涙していたことを思い出した優は、寛と彼女・冬木亜蓮(草刈民代)とのなれそめを聞く。優はそのことを記事にするも、上司の三ツ村翔星(正門良規)から「ハイターゲットに向けた記事はいらない」とあっさりボツに!

元カノの結婚式に出席することに、寛と父の秀平(佐々木蔵之介)からアレコレ言われながら迎えた披露宴当日――優は会場で戸倉ほのか(宮澤エマ)と出会う。なんと、披露宴の途中にもかかわらず帰る、というほのかとともに会場を抜け出した優。自宅まで送ってもらう車の中で“マスコミ三世代”に感心され、「かっこいいお爺様とかっこいいお父様にもお目にかかりたい」というほのかに圧倒された優は、和田家に遊びに来たいという頼みを受け入れてしまう。

次の週末、和田家にやってきたほのかは、持ち前の知識と積極性で寛と秀平とあっという間に打ち解けた上、優に好意を示し、急接近するが…!?

引用:「和田家の男たち」公式サイト

寛の失恋話は結構切ないですね。結婚のタイミングを間違えたのでしょう。それを記事にするのも確かに若者向けにした方が良さそうです。そんな中で元カノの結婚式で知り合ったほのかは、3世代でマスコミの仕事をする和田家に興味があるようでした。優とデートをする事になるのも違和感で何かあると思っていました。でも二人で、コロナ禍だから建築フェチデート素敵ですね。そしてキスした後にグイグイ来るほのかに断りを入れた優ですが、それで本当に嫌われたと言う事なのか、面白くない人だと思われたのかわかりにくかったです。でも、優は文才はありそうです。ほのかのグイグイ来る感じが、もっと何かあるのかと思ってしまいました。

50代

和田家の男たちは女性から愛される人ばかりですが、優は恋愛に非常に不器用なのでしょうか。優はとても真面目で優しいからこそ、始めは女性に受けるのだと思いますが、女性としてはどこか物足りなさを感じてしまうのかもしれません。祖父の寛が一番決まっていて、年齢を問わずあらゆる女性がいつの間にか好きになってしまうのも分かる気がします。

30代

優くんの参加した結婚式がみんなフェイスシールドをつけていて怖かったです。これがスタンダードになるのかもしれないと思うと嫌ですね。そこで出会ったほのかちゃんとのデートもなんだかホラー要素まで感じるほど、彼女の怪しいところになんだかゾクッとしました。優くんのゆるーいニュース記事は彼の人柄がでていて読みたくなりますね。

30代


第3話あらすじ【11/5放送】

新総理が誕生し、組閣のニュースが伝えられる中、“将来の総理大臣候補”と言われる清宮恭介(高橋光臣)が国土開発大臣として初入閣して大きな話題を呼ぶ。

和田家ではいつものように、新内閣について秀平(佐々木蔵之介)と寛(段田安則)の間で討論が。しかし優(相葉雅紀)は、2人が密かに話していた「あの子を守れ」「りえ(小池栄子)さんもそれを望んでいる」という会話が気になっていた。思い切って「初入閣する清宮さんってどういう人なの?」と尋ねてみる優だったがはぐらかされ…。

しかし優は、まだりえが亡くなる前、夜遅くに自宅で言い争っていた秀平とりえの口から“清宮”という名前が出ていたことを鮮明に覚えていたのだった…!

そんな中、優は『バズとぴ』の三ツ村翔星(正門良規)に依頼され、千葉県のカッパ祭りの取材へ。なぜか祭りに参加する羽目になってしまった優だったが、偶然その帰り道に、トンネル崩落事故の現場を視察に来た清宮と出会う。

その映像を目にした秀平は、清宮に関するある衝撃的な事実を優に明かし…!?

引用:「和田家の男たち」公式サイト

ほのぼのとしてまったり見れるドラマだと思っていましたが、まさか母親の死にドロドロな黒い真相があるなんでびっくりです。父親の口調がきつかったのも今の職業にのぼりつめたのも、後で考えると深いわけがあったんですね。かっぱのお祭りの辺りは今まで通りのほっこり感があったのですが、清宮の話も今回でスッキリ終わるのかと思っていました。今後は母親の死の真相を探るために秀平と優は手を組むのでしょうか。秀平が優に全部話してくれて良かったですね。清宮がいい人だと思って、ずっと秀平を疑わなければならなかった訳ですから。

50代

今回の3話は今までの2話分とは、雰囲気が違ったように感じました。今までは非常にほのぼのとしたシーンばかりだったので、今回明かされた和田りえが亡くなった背景が、意外と重い内容で予想外でした。ハートフルな家族の物語かと思っていたのですが、サスペンス要素も少しあるのかもと、今後の展開が楽しみになりました。和田優が母の死の真相にどのように関わっていくのか楽しみです。

20代

りえがどのような人物で、どのような母親であったのかがあまり見えていませんでしたが、今回でりえについて知ることがたくさんありました。りえは仕事に一生懸命で、ただただ真実を追い求めて真実を伝えようとしていたことが伝わってきました。秀平は優に母親について話すタイミングをずっと待っていたような気がしました。

30代


第4話あらすじ【11/12放送】

父・秀平(佐々木蔵之介)から、母・りえ(小池栄子)の死に関する新事実を聞かされた優(相葉雅紀)は、あまりの衝撃に動揺を隠せずにいた。関わりすぎると命の危険もあると脅され、怯えながら生活する優だったが、ふと気付くと誰かに尾行されているような気配を感じ…⁉

そんな中、優を心配した三ツ村(正門良規)と志麻(石川恋)が和田家にやって来て、祖父・寛(段田安則)と意気投合し大騒ぎ。やがて怪しい気配の正体が明らかに…!

引用:「和田家の男たち」公式サイト

せっかく会いに来てくれた冬木さんにたいして意地を張って断る寛さんは結構めんどくさいなと思いました。冬木さんが「コロナだからプロポーズしたんでしょ」という台詞を言わせるこのドラマはすごいです。バズとぴの社員が突然優くんの家に来たのはびっくりしました。そこまでしますかね?寛さんと冬木さんが結果的にハッピーエンドとなりましたが、マスクをしたままのキスシーンはかなりインパクトありました。

30代

前回急に壮絶な過去の話でどうなるかと思いましたが、秀平は優の為に、真相を暴くのを辞めていたんですね。優が狙われていたのかも知れないと思うと優としてもこれ以上は関わらないほうがいいと思えてきます。清宮と秀平は最後はバチバチな感じは受けましたが。でも、他がゆったりした空気が戻ったようで、良かったです。寛さんと彼女さん結局優のおかげで結婚することになって良かったです。寛さんはちょっと意地を張ってしまい、誕生日には間に合いませんでしたが、優の会社の人ととけ込んで大合唱になったのもいい思い出でしょう。眼科医の彼女は一緒に住まなくて籍を入れるだけでもお互い安心ですよね。和田家の絆が深まってる感じがします。

50代

あの眼科医が自ら戻ってくるとは思いませんでした。寛はあのプールサイドで完全にフラれたものと思っていました。大人の恋愛はなかなか難しいものですが、難しいからこそ素敵だと憧れてしまいます。秀平や優と一緒に和田家で生活するのかと思いきや、別居婚をするという流れもコロナの時代の新しい生き方なのかもしれません。

30代


第5話あらすじ【11/19放送】

和田寛(段田安則)の恋バナを題材に記事を書いた優(相葉雅紀)だったが、思うようにビューが伸びず三ツ村翔星(正門良規)から扱う題材について指摘を受けてしまう。さまざまな記事内容を提案するも、「ユーザーの好みに合わない記事を出すのは書き手の自己満足でしかない」とあしらわれ…。

そんな優のもとに、ある日ネットニュースサイト『ニュース・チェイス』編集部の片岡直樹(野間口徹)から連絡が来る。奇しくも『バズとぴ』の方針に疑問を抱いていた優。寛からは「不義理をしても羽ばたいたほうがいいときはある。波に乗らないでどうする」と背中を押され、片岡に会ってみることに!

すると、思いがけず『バズとぴ』での記事を絶賛され、“専属契約”まで提示された優の心は大きく揺れ動き…?

そんな中、優の異変に気付いた志麻さと美(石川恋)が和田家にやってくる。転職に悩んでいることを告白しつつも、「三ツ村を裏切るのが…」と迷いを見せる優に、志麻は意外な言葉を。その言葉をきっかけに、優は『ニュース・チェイス』への転職を決意する!

その頃、虫歯の痛みに苦しんでいた秀平(佐々木蔵之介)は、仕事の合間を縫ってようやくデンタルクリニックへ。治療後すぐに会社に戻りたい秀平だったが、突然現れた女性・岸文子(堀内敬子)が順番を譲ってほしいと懇願してきて…?

引用:「和田家の男たち」公式サイト

今週はヘッドハンティングされ、おじいちゃんが波に乗れとアドバイスをしたので、その通りに新しい会社に移籍したのですが、タイトルを勝手に変更されてしまい記事が炎上してとんでもないことになってしまい、色々考えて決断をした有が可哀想でした。また配達員に逆戻りかと思ったら、三ツ村さんがまたバズとびの記事が書けるよう上手く戻してくれました。良かったです!おじいちゃんの寛、血は繋がっていないですが、優のことをちゃんと見ていて、今回のアドバイスは外れましたが、オシャレで恋愛話もできるおじいちゃん。おじいちゃんのキャラいいなと思いながら毎週見ています。

40代

和田優の人生の転機?の話。いわゆるヘッドハンティングされます。相葉さんが自分の進路に思い悩む、今までのドラマでもありがちなシチュエーションでしたが、今の時代ならではの背景もあってか、新鮮に感じました。ネットニュースの闇にも触れてますが、ビュー稼ぎでタイトルでつるなんてのは序の口で、もっとあくどい手を使っていそうな…なんて勘繰っているので、あれくらいは可愛いもんじゃないかと思ってしまいました。今週は和田家の男たちの安定のかけ合いが少なめだったので、物足りなかったです。

30代

バストピの記事の考えと少し合わないと感じた優は、さと美の後押しもあり、大手の会社に転職するのですが大丈夫かなと思いました。でも、意外にいろんな知識を持っている優。文才もあったのでしょうが、短い間にドンドン成長しましたね。でも、題が書き換えられてるのが気になりますし、題名って書いた本人としては大切だったのに。でもまさかコメンテーターの位置まで行く所は凄いです。そこで大失敗しちゃいましたが。しかも炎上したのって、題名にインパクトを加えた片岡の与えたせいだったんですよね。大手だとあるのかもしれないです。でも優がもとのパストピに戻れて安心しました。秀平の歯医者で揉めた女性は昔からの知り合いの様子です。

50代

バズトピの編集部の人たちはなんだか馬鹿にしてる感じがしていてあんまり好きではなかったので、優くんがステップアップしてよかったなと思いました。盆栽みてる優くんに癒やされました。予約してる歯医者に割り込んでくるおばさんもやばかったですね。感じが悪かった女子がまさかの優くんにアプローチするとは!とびっくりでした。

30代

優は今まで馴染んできたバズとぴから新しい環境に飛び出していきましたが、優は常に無理しているような気がしました。しかも、片岡の話が上手すぎて何か裏があるのではないかとハラハラしてしまいました。優にとっては大きなチャンス到来でしたが、地道にコツコツ頑張れるバズとぴでもう少し頑張るのも悪くはないですよね。

30代


第6話あらすじ【11/26放送】

山路食品グループの代表・山路有美(かとうかず子)の失踪事件がワイドショーや週刊誌を賑わす。和田秀平(佐々木蔵之介)が総合プロデューサーを務める『フロンティアニュース』では、週刊誌の後追いはしない主義の秀平とスタッフの間で意見の対立が…。

そんなある日、秀平は数日前にデンタルクリニックで出会った女性・岸文子(堀内敬子)と再会する。実は文子は、以前に寛(段田安則)に関する「ワダカン、未だ衰えず」という記事を配信した『週刊アスタ』の編集長だった!

秀平が寛の息子だと知った文子から、『週刊アスタ』内の“家族の肖像”というコーナーへの登場を打診され、秀平は「ありえない」と一蹴するが、寛が勝手に取材を引き受けてきてしまう!

一方、ヘッドハンティングされ一時は別のネットニュース媒体に移っていた優(相葉雅紀)は、無事『バズとぴ』に復帰。さっそく“話題の町中華”の取材に出かけることになる。

寛から、駆け出しの頃によく行っていた中華料理店で毎日冷やし中華を食べていた、という話を聞いた優は、その店を取材することに。店を訪れた優は、ひとりで切り盛りする店主の幸子(梅沢昌代)の忙しそうな様子に、思わず手伝いを。優の取材をきっかけにとんでもない事態へと発展していく…!

引用:「和田家の男たち」公式サイト

中華屋の取材は、ほのぼのしていて優も皿洗いまでしてとてもいい記事になりそうでした。中華屋のおばさんの体調が心配でしたが、優に連絡したおかげで助かりました。妹に繋がらなかった時は、妹は何をしているのかと少し思いましたが、その妹が行方不明の山路だったとはビックリです。その後、優がインタビューする事になったのも、優が姉の命を助けたからでしょう。でもその記事はバストピとは違うかなと思っていましたが、旦那さんとの素敵な話、誰が見てもいい記事です。週刊アスタの編集長が和田家を取材した記事も、ちょうどその記事の後だと注目されるでしょう。まさか、歯医者でひと悶着あった二人が付き合う事になるとは急展開でした。

50代

文子と秀平は出会ったときから何かありそうな予感がしていましたが、ラストに秀平から文子に思いを伝えていたのが意外なような自然なようなという印象でした。文子が和田家に取材に来たときの図々しさが笑えましたが、あのくらい肝が据わっているからこそ、編集長としてバリバリに活躍できるのかもしれないと素直に思いました。

30代

6話では「好きでもどうしようもないこともある」という言葉がとても響きました。また回を重ねる事に和田優(相葉雅紀)の記者としてのレベルが上がっていってる気がします。親子三世代でマスコミ一家という変わった設定ですが現代社会に響くものがたくさんあると感じるドラマです。優くんの父と記者の岸さんが付き合うシーンはあっさりとしすぎて大笑いしました。ただ固いドラマではなく時々笑いの要素が入るのがこのドラマの魅力だと思います。来週もしっかりリアタイしたいと思います。

20代


第7話あらすじ【12/3放送】

『週刊アスタ』の“家族の肖像”グラビアをきっかけに、和田家の周辺は再び慌ただしさを見せ始める。

秀平(佐々木蔵之介)は岸文子と付き合い始めることになり、優(相葉雅紀)のもとにはグラビアを見たという戸倉ほのか(宮澤エマ)から「今度またおうちにお邪魔したいな」という連絡が…。自分のことを振った彼女がなぜ今さら…、と思う間もなく、さっそくほのかが和田家を訪ねてきてしまう!

“いろいろあった”ほのかの突然の来訪に戸惑う優、秀平、寛(段田安則)。優の恋心は、ほのかと志麻さと美(石川恋)の間で揺れ動くことに…?

そんな中、『週刊アスタ』のスクープで清宮恭介国土開発大臣(高橋光臣)に、違法献金疑惑が持ち上がる!『フロンティアニュース』で清宮の疑惑を追い始めた秀平は、26年前から続く清宮との因縁に、再び向き合うことに…。

やがて秀平は26年前のりえ(小池栄子)の死の真相を知る人物にたどり着く。そして、秀平と優は、ついに衝撃の事実を知る!

引用:「和田家の男たち」公式サイト

 


ドラマ『和田家の男たち』見どころ・まとめ

『和田家の男たち』は、新聞・テレビ・ネットニュースと世代ごとに全く違う形態のマスコミで勤務する3人の男性にスポットを当てた興味深いドラマです。

ホームドラマとしても、職業ドラマとしても見どころが多い作品となっています。

まずは初回放送で、主人公の優がネットニュースの記者としてどんなスタートを切るのかに注目しましょう。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です