ドラマ『晩酌の流儀』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!

2022年7月1日(金)からスタートのドラマ『晩酌の流儀』の内容やあらすじ感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

ドラマ『晩酌の流儀』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

『晩酌の流儀』は、動画配信サービスTVerParaviAmazon PrimeVideoU-NEXTで配信されています。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から一定期間、無料で見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、Paravi・Amazon PrimeVideo・U-NEXTで見ることができます。

\今すぐ視聴する!/

U-NEXTでは無料で動画が見れる31日間のお試し期間があり、期間中1話から最終回まで全部見放題で視聴できます。

無料期間中の解約ならお金がかからないのでオススメです。

U-NEXTおすすめポイント

  1. はじめてサービスを申し込む方なら31日間無料で動画が見れる
  2. 動画配信サービスの中でも作品数が充実しており、ドラマ・映画・アニメも見放題
  3. お試し期間中に誰でも600ポイントもらえるので有料動画も見ることができる

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

ドラマ『晩酌の流儀』作品情報

『晩酌の流儀』はどんなドラマ?
  • テレ東のお家芸のグルメ・ドラマのニュースタイル。テーマは「自宅で晩酌」
  • 金曜深夜のメシテロならぬ晩酌テロ。誰でもできる最高の家飲みを毎回伝授
  • 栗山千明がソロ活女子を熱演。ひたすらナレーションで晩酌のこだわりを語りまくる


【放送日】毎週金曜日 深夜0:52~1:23

【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、TVQ九州放送

不動産会社に勤務する伊澤美幸(栗山千明)は、定時で退社後、”究極の時間=家飲み”のためにあらゆる努力をいといません。

最高の家飲み時間に目指して、サウナで汗し、スーパーで割引食材を揃え、グラスを冷やし、包丁を握ります。誰でも簡単に手に入る食材にひと手間加えてスペシャルな一品に変えるノウハウを詰まった、新たな形のグルメ・ドラマです。

こんなご時世だからこそ、ひとり晩酌にストイックなまでにこだわり抜くその姿は、神々しくも映ります。一杯目のビールを至高の旨味とするひと手間、お酒や料理の滋味をワンランク上げる食器へのこだわり、スーパーの総菜を最高のアテに変身させるひと工夫、あらゆる料理のレベルを一段上げる魔法の調味料の数々。

晩酌愛がゆえに、時に晩酌に振り回され、晩酌に泣き、晩酌によって恍惚に導かされる女・伊澤美幸の命を削った”晩酌物語”に今後も期待が高まります。

ドラマ『晩酌の流儀』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 伊澤美幸/栗山千明
  • 島村直人/武田航平
  • 富川葵/辻凪子
  • 海野二郎/おかやまはじめ
  • 牛場/馬場裕之(ロバート)

主人公・伊澤美幸を演じるのは栗山千明さんです。ファッションモデルを経て1999年映画『死国』でスクリーン・デビュー。映画『バトル・ロワイアル』(00年)の鮮烈な印象がクエンティン・タランティーノ監督の目に留まり『キル・ビルVol.1』(03年)でのゴーゴーユーバリ役で世界を驚かせました。

「THE MTV Movie Awards 2004」にて「Best Fight賞」を受賞。以降、ドラマ『カーネーション』(NHK・11年)、『遺留捜査』シリーズ(テレビ朝日・17年~)、『パンドラの果実』(日本テレビ・22年)や、劇場版『SPEC』シリーズ(12年~)、映画『図書館大戦争』シリーズ(13年~)など、コンスタントな活躍を続けています。

私生活では「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」を愛するインドア派を自認しています。

製作・スタッフ

  • 脚本/政池洋佑
  • 監督/二宮崇、松本拓
  • プロデューサー/松本拓
  • 音楽/渡邊崇
  • OP主題歌/yonawo「yugi」
  • ED主題歌/the pullovers「なんでもないルーティーン」
  • 料理監修/馬場裕之(ロバート)

原案・企画・プロデュースはテレビ東京・松本拓。『警視庁ゼロ係シリーズ』(2016年~)、『銀と金』(17年)、『ただ離婚してないだけ』(21年)など幅広いジャンルのドラマを手掛けてきました。グルメ・ドラマでも『きのう何食べた?』(19年)、『ゲキカラドウ』(20年)と個性的な作品に関わっており、今回満を持して女性1人に焦点を当てたグルメ・ドラマ「晩酌の流儀」の制作がスタートしました。

脚本は『死役所』(19年)、『レンタルなんもしない人』(20年・共にテレビ東京)の政地洋佑ら。

主人公・伊澤美幸のミステリアスな晩酌ライフをスタイリッシュに盛り上げる音楽は、『舟を編む』(13年)『湯を沸かすほど熱い愛』(16年)など映画音楽でも活躍する渡邊崇。

ドラマ『晩酌の流儀』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

感想にはネタバレも含みます。

第1話あらすじ・感想

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)は、会社からの信頼も厚く順風満帆な日々を送っていた。一方で、彼女には周囲に知られていない一面があった…。それは、“1日の終わりにお酒をいかに美味しく飲むことが出来るか”を考え、仕事以外の時間全てをお酒の為に費やしているという事!「自分の行動次第でどうにでも美味しくなる!」をモットーに、お酒を美味しく飲む為だけにサウナ・キャンプ・登山…と日々様々な事に邁進中!
これは、お酒を美味しく飲む事をひたすら追求していく1人の女性の物語―。

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト

1日の終わりの晩酌をいかにうまくできるかということに特化した、まさにテレビ東京らしいドラマが始まりましたが、1週間の終わりの金曜夜に見るドラマとしては最高テイストではないでしょうか。思わず私もお酒を飲みたくなってしまいました。栗山千明さんの呑みっぷりもとても良かったと思います。また楽しみなドラマがひとつ増えました。

30代

お酒を飲むまでの過程が思ったよりも長くてびっくりしました。サウナに行って、スーパーに買い物行って、自分でおつまみも作って、という工程があって初めてビールにありつける、というところに彼女のこだわりの強さを感じました。冷えたビールを飲むためにわざわざグラスを変える、というのもすごいですね。料理もおいしそうでそれをおいしそうに食べる栗山さんの姿も美しかったです。

30代


第2話あらすじ・感想

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)は、必ず定時で退社し一日の終わりに最高の晩酌を行うための”準備”に日々邁進中。翌日が定休日で会社が休みのため、いつもより入念に晩酌の準備ができると意気込む美幸は、会社から自宅までスーパーを経由して約4キロの距離をウォーキングして帰ることに。短時間で効率的に体を使うため坂を上りスーパーへ向かうことにした美幸だったが…。その後、スーパーで次々と割引シールの貼られた肉たちを手に取る美幸だったが、一番の目当ての豚バラには割引シールが貼られておらず…。

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト

美幸の晩酌にかける熱意は凄いですね。出勤前のビールとジョッキを冷やす所から始まってるんですね。仕事を終えてからスーパーに向かうまでの時間や歩数までも計算づくだし。最後坂道は時間に厳しくなってダッシュしてましたがそれもクリア。購入した豚肉焼くだけかと思いきやしっかり仕込みもやるあたり美味しくビールを飲むためのこだわりですね。冷えたジョッキにビールを注ぐ美幸の顔は幸せそうでしたね。

40代

スーパーでの割引シールをめぐる美幸の葛藤、店員さんの気遣いが感じられるシーンがよかったです。美幸は買うことができなかった豚ばらブロックに対して「おいしく食べてもらうんだよ」、店員さんは美幸が買った豚タンに「いい人に買ってもらえてよかったね」と声をかけていて食材への愛情を感じました。残念そうにする美幸を察して咄嗟に半額シールを貼ってくれる店員さんの優しさにもほっこりしました。

30代

まだ二話目ですが、栗山千明さん飲みっぷりがいいので、こちらもモチベーションが上がり、一緒にお酒を片手に楽しませてもらっています。飲むところばかりではなくて、スーパーで買い物に行くところも描写してくれるのが、リアリティがあっていいですね。今回は一人で焼肉をしていましたが、一人用の鉄板もこの機会に買ってみたいと思いました。

30代

一人焼肉を家で楽しむために、身体を効率よく動かしてコンディションを整えるというところがとても印象的でした。坂道を一生懸命登っている隣で、軽々と登っていく男性を見て悔しくて走り出したところが面白かったです。また、焼肉と野菜とビールの王道の組み合わせはとても美味しそうで、私もビールを飲みたくなりました。

30代

坂道を一生懸命歩きながらも「この坂を歩いたことを後悔している」と言ったところがちょっとかわいかったです。値引きシールが貼られた豚バラをおばさんに買い占められてしまって「譲ってもらおうかな」と言ってましたが、それはやめておいてよかったと思います。おうち焼き肉ががかなりクオリティ高くてびっくりしました!値引きシールを狙って買っておきながらもいろいろこだわりを持って作っているところはさすがでした。

30代

美幸は6時定時に終わるように仕事を徹底してるモットーはすごいなと思いました。今回の晩酌前は4キロのジョギングをしてからというもので背筋を伸ばして腕を振って歩くやあえて坂を歩くなど晩酌の為なら手段を徹底してるところも驚きます。店員さんが貼ってるあとすぐにとる場面は面白かったです。しかし豚バラブロックの値引きシールの貼り忘れを言えなかった時の悔しさがあったりタンをすすめられた時の嬉しさなどをみていると面白いドラマだなと思いました。

20代


第3話あらすじ・感想

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)は、必ず定時で退社し一日の終わりに最高の晩酌を行うための“準備”に日々邁進中。罪悪感なく炭水化物をおつまみに晩酌するためスポーツジムを訪れた美幸は、映えを意識した女性2人組や出会い目的の男女2人組を横目に運動に励んでいた。

その時、自身のタイプドストライクの男性・誠也(三島涼)と出会う。突然の出会いに戸惑った美幸は…。そして、今夜は台湾まぜそばをアレンジして最高の一品を作る!

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト

美幸の晩酌を美味しく頂く為のストイックさは流石ですね。普通は美味しいお店に入って一杯と行きたいけど女性ならではの観点と言うか家で食材に一手間加えてって言うのが美味しく安く晩酌を頂くコツみたいな感じで好きですね。あの台湾まぜそばも美味しそうでしたもんね。横にはキンキンに冷えたビールをグビグビと。ジムで汗を流してきたから余計に旨いでしょうね。

40代

ジムでストイックに体を鍛える美幸さんがとてもかっこよかったです!すべてはお酒のため…とはいえあそこまでしっかりできるのは日頃の鍛錬の成果ですね。台湾まぜそばは珍しくレトルトを使うのか、と思ったらこだわる彼女らしく、しっかり手作りをプラスアルファするところがさすがです!毎回のことながらめちゃくちゃおいしそうに食べる美幸さんの姿を見るのが気持ちいいですね!

30代


第4話あらすじ・感想

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)は、必ず定時で退社し一日の終わりに最高の晩酌を行うための”準備”に日々邁進中。伝達ミスで明日からお店で配布する予定の手作りマップを作成していないことが発覚!海野(おかやまはじめ)や島村(武田航平)に手伝いを頼まれた美幸は急遽残業する事に。

早く終わらせて帰ろうと意気込む美幸とは別に、島村と富川(辻凪子)はお腹がすいたとデリバリーを頼む。さらに、海野がお酒と餃子を差し入れで買ってきてしまい…。果たして、美幸は無事に今夜の晩酌を始めることはできるのか!?

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト

締め切りが1か月前倒しにされていて、それに直前に声をかける上司においおい、と思いつつも美幸さん以外は楽しそうに残業をしているように見えました。デリバリーを横目に家にあるものでスピード勝負で生姜焼きと冷凍餃子を作って晩酌する美幸さんはいつも以上に達成感を味わった表情をしていました。生姜焼きも餃子もおいしそうでした!黒酢を合わせるなんてさすがですね。

30代

美幸にしたら帰り際の残業依頼がいちばん頭にきますよね。常に夜の晩酌の事を最優先に行動しているだけにこれで予定が狂っちゃいますからね。残業中にビールや餃子を飲み食いする所長を見る美幸の視線キツかったですね。いつも帰り際に寄るスーパー閉店していた時の美幸の落胆ぶりは凄かったですね。でも幸運にも冷蔵庫に豚肉と冷凍餃子が。生姜焼きと焼いた餃子旨そうでしたね。

40代

まさかの残業をすることになった美幸でしたが、すぐに指示を出していてかっこ良かったです。途中、仲間が休憩時間にフードデリバリーを頼んでいましたが、晩酌のために頑張って耐えていましたね。今回のおつまには、餃子でしたがビールに一番合うメニューとして定番ですね。夜中ですが、凄くお腹が空いてきてしまいました。

30代


第5話あらすじ・感想

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)の元へ「駅近にお店を移転したい」とそば屋の店主・鈴木(星田英利)が物件を探しに訪れる。事前にネットで調べてきた物件を見せる鈴木に対して納得がいかない美幸は「ふさわしい物件を見つけるから少し時間が欲しい」と伝える。

退社後、物件を探す為美幸が急遽予定を変更して向かったのはサウナ施設。しかし、まさかの臨時休業中…。困った美幸はある方法で自宅にサウナを作る事に!サウナとそば…一体どのような関係があるのか!?

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト

蕎麦屋の店主からの依頼で物件を探すという今回。相手が納得しないことに突き詰めていくとそこに「晩酌」が解決するという流れは、一見都合はいい展開だけど、依頼主の「蕎麦屋」さんにあわせた晩酌料理が実に美味しそうです。棒棒鶏や漬物のほかにメインは鴨のローストに甘いつけ汁の冷たい蕎麦。食べ物同士のマリアージュはあれどサウナと蕎麦のマリアージュなんて発想が「食」、いや「晩酌」を柱にしているなんてついお腹がなってしまいます。見た目やり手有能な「栗山千明」さんの食べ顔が幸せそうです。

50代

冒頭はしっかりと仕事の描写をしてくれるのがいいですね。その後サウナで汗をかこうとしたら臨時休業で、加えて雨にも見舞われてかわいそうでしたが、それでもめげなかったのが偉いと思いました。今日はお蕎麦を作っていましたが、食べっぷりもすごく良かったですし、お酒に合わせたことがないので、是非試してみようと思いました。

30代

美幸仕事終わりのサウナ休業で諦めるかと思ったら自宅でシャワー出して傘さしてなんてやり方でサウナの代用になるんですね。知りませんでした。その後の棒々鶏と鴨南蛮旨そうでしたね。フライパンで焼く鴨肉がいい色でよだれが出てしまいました。夏には絶対合う献立ですね。そしてもちろんビールも忘れてはいけませんね。冷えたグラスで飲むビールはまた格別ですよね。

40代


第6話あらすじ・感想

不動産会社の営業として働く伊澤美幸(栗山千明)は、必ず定時で退社し一日の終わりに最高の晩酌を行うための”準備”に日々邁進中。葵(辻凪子)がらしくないミスをしていたので心配して声をかけてみると、彼氏に振られ落ち込んでいると言う。そんな葵を見かねて美幸は暗闇ボクシングに誘う。共に汗を流した後スーパーで真剣に食材を吟味する美幸。そして葵を自宅に招待し、韓国料理を振る舞いながら美幸流晩酌の流儀を指南する!

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト

暗闇でのボクシングも面白そうですね。残念ながらフラれてしまった葵も最後は元気復活してましたね。たくさんの汗をかいたら冷たい飲み物と行きたい所さすがストイックな美幸ですね葵にまでストップかけてましたからね。でもスンドゥブにチヂミ更には韓国風タコ炒めと出てくる料理皆ビールに合いそう。こんなの見たら自分も一杯やりたくなっちゃいますね。

40代


第7話あらすじ・感想

会社の後輩・島村(武田航平)に誘われ急遽キャンプへ行く事になった美幸(栗山千明)は、夕飯とお酒の担当を任せてほしいと申し出る。当日、外で食べるご飯とお酒を最高に感じるコンディションにするため、積極的に運動を勧める美幸に戸惑いながらも行動する島村達は、こだわり抜かれた料理とお酒で今まで味わったことのない”美味しいの向こう側”と出会う!そして、美幸が晩酌にハマるきっかけとなった過去の出来事が明らかに…。

引用:ドラマ『晩酌の流儀』公式サイト


ドラマ『晩酌の流儀』の見どころ・まとめ

今までグルメ・ドラマやグルメ番組と異なり、このドラマは「普通のサラリーマンが家での最高の晩酌を作り上げるまでの道のり」を中心に描いています。

普通のグルメ番組やグルメ・ドラマにある、「食べた~い」と思っても「店が遠い」「この時間だと店が開いてない」とか、「作りた~い」と思っても「食材が手に入りづらい」「高価すぎる」とか、そうしたモヤモヤは一切皆無。

誰でも簡単に手に入る食材を使い、あらゆる工夫を凝らし、自らの手で最高の晩酌を作るノウハウが詰まっています。酒飲みが一度観てしまったら「自分でも作ってみよう」と感じる事、間違いなしです。

至福の家飲みのために、あらゆる努力をいとわない主人公・伊澤美幸が、今後幸せを手に入れることが出来るのか?不動産の仕事がどのように展開するか?といった興味もつかない魅惑のドラマです。

\今すぐ視聴する!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です