ドラマ『パパとムスメの7日間』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・令和版とオリジナルのキャストをそれぞれ紹介

2007年のヒットドラマの1つが『パパとムスメの7日間』、おじさんの姿ながら女子高生の人格を持ってしまった舘ひろしさんの名演などが注目を集めました。

その『パパとムスメの7日間』が、キャストを一新して15年ぶりに放送されます。

予告を見ると前回とは少しテイストが異なる印象で、2007年版を見ていた方も期待できますね。

TBSの新ドラマ『パパとムスメの7日間』のあらすじを紹介します。

2007年版・令和版のキャスト比較も掲載しましたので、ぜひご覧ください。

\今すぐ視聴する!/

ドラマ『パパとムスメの7日間』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

『パパとムスメの7日間』は、動画配信サービスTVerU-NEXTParaviで配信されています。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から一定期間、無料で見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、U-NEXTParaviで全話見放題で視聴できます。1話分先行配信されているのもうれしいですね。

U-NEXTでは無料で動画が見れる31日間のお試し期間があり、無料期間中の解約ならお金がかからないのでオススメです。

U-NEXTおすすめポイント

  1. はじめてサービスを申し込む方なら31日間無料で動画が見れる
  2. 動画配信サービスの中でも作品数が充実しており、ドラマ・映画・アニメも見放題
  3. お試し期間中に誰でも600ポイントもらえるので有料動画も見ることができる

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

ドラマ『パパとムスメの7日間』作品情報

【放送日】毎週火曜日 深夜24:58~25:28(TBS系列)

『パパとムスメの7日間』は、7/26(火)からTBSの火曜深夜「ドラマストリーム」枠で放送されるドラマです。

原作は五十嵐貴久さんの同名小説、2007年にヒットしたドラマのリメイクです。

キャスト一覧

  • 川原小梅/飯沼愛
  • 大杉健太/長尾謙杜(なにわ男子)
  • 川原恭一郎/眞島秀和
  • 中山律子/小栗有以(AKB48)
  • 小関智弘/松本怜生
  • 川原理恵子/羽田美智子
  • 中嶋耕介/水間ロン
  • 西野和香子/高木ひとみ○(ぽんぽこ)

製作・スタッフ

  • 原作/五十嵐貴久
  • 脚本/荒井修子
  • 演出/嶋田広野、松田礼人
  • オープニングテーマ/手がクリームパン「弱虫のち晴れ」
  • エンディングテーマ/まるり「ホントの私」
  • プロデューサー/大河原美奈

ドラマ『パパとムスメの7日間』あらすじを紹介

ドラマ『パパとムスメの7日間』のあらすじを紹介します。

今時の女子高生・川原小梅はあまり父親のことをよく思っていません。

しかし思わぬ事故により、なんと父・恭一郎と人格が入れ替わってしまいました。

小梅はサッカー部に意中の先輩がいるのですが、恭一郎はこの2人が上手くいってほしくありません。

人格が入れ替わったことを利用し、2人の恋が成就しないよう企てます。

一方、小梅は小梅で大変です。

女子高生の人格ながら姿はおじさんで、父の代わりに会社に出勤しなければなりません。

2007年のドラマでは、父と娘が人格入れ替わりで互いの環境に苦労する姿・親子関係が変わっていく姿が中心に描かれていました。

父・恭一郎の会社の同僚役も、たくさん登場していました。

しかし今回は「ラブコメ」中心のストーリーと予告されています。

告知されている主要人物に会社の同僚役が少なくなっていて、やや学校内の恋愛が中心の話になりそうですね。

父・恭一郎がどうやって娘の恋愛を邪魔しようとするのか、かなりコミカルなストーリーに注目です。

ドラマ『パパとムスメの7日間』2007年版と令和版のキャストを比較

ドラマ『パパとムスメの7日間』は、2007年に大ヒットしています。

ここで2007年版・令和版のキャストを比較してみましょう。

  • 川原小梅:新垣結衣(2007年版)/飯沼愛(令和版)
  • 川原恭一郎:舘ひろし(2007年版)/眞島秀和(令和版)

似ているわけではありませんが、親子の全体的な雰囲気は近い印象を受けますね。

前回はセーラー服だった娘・小梅の制服が、リボン付きのブラウスになっているのが令和らしいです。

小梅の高校に通う生徒たちのキャストも見ていきましょう。

  • 小梅の意中の人・大杉健太:加藤シゲアキ(2007年版・出演当時の名義は「加藤成亮」)/長尾謙社(令和版)
  • 小梅の親友・中山律子:森田彩華(2007年版)/小栗有以(令和版)
  • 律子の彼氏・小関智弘:大和田健介(2007年版)/松本怜生(令和版)

健太役がジャニーズのイケメン・律子役がアイドルと、こちらも2007年版と近い印象のキャストです。

その他のキャストは、

  • 小梅の母・川原理恵子:麻生祐未(2007年版)/羽田美智子(令和版)
  • 恭一郎の会社の部下・中島耕介:八嶋智人(2007年版)/水間ロン(令和版)
  • 才色兼備の頼りになる部下・西野和香子:佐田真由美(2007年版)/高木ひとみ〇(令和版)

となっています。

西野和香子役が、かなり印象が変わりますね。

前作はクールビューティーな印象だった佐田さんが演じていましたが、今作はお笑い芸人・高木さんがこの役を演じます。

高木さん版の西野和香子は三つ編み姿でかなりインパクト大、2007年と全く違う役周りになるでしょう。

2007版も見放題配信中なので、ぜひチェックしておきましょう!

\今すぐ視聴する!/

ドラマ『パパとムスメの7日間』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

感想にはネタバレも含みます。

第1話あらすじ・感想

青嵐高等学校に通う17歳の川原小梅 (飯沼愛) は、サッカー部の先輩の大杉健太 (長尾謙杜) に絶賛片想い中。受験の日、小梅が落とした受験票を拾って届けてくれたのがキッカケだった。その後、サッカー部のマネージャーで親友の中山律子 (小栗有以) から何かとアシストしてもらっているにも関わらず、健太先輩との距離は遠いまま…。

川原家はムスメの小梅、パパ・川原恭一郎 (眞島秀和)、ママ・川原理恵子 (羽田美智子) の3人家族。ここ数年、恭一郎が小梅に話しかけても避けられてしまい父娘関係はギクシャク。疎まれていると感じながらも父親としての沽券を守りたい恭一郎は、小梅が小声で放つ自分への苛立ちを聞こえないふりでやり過ごす日々を送っていた。

そんなある日、たまたま帰り道で一緒になった小梅と恭一郎。ちょうどその時、不慮の事故に遭遇し2人は救急車で病院へ…。そして小梅と恭一郎が目を覚ますと、なんと2人の人格が入れ替わっていた…! 状況が飲み込めず、パニック状態の小梅。一方、事故のことを知った健太は学校を飛び出していって… !?

引用:ドラマ『パパとムスメの7日間』公式サイト

夏クールのドラマで一番期待していたドラマでしたが、期待を裏切らない面白いドラマでした。キャストの皆さんの演技力が素晴らしいかったし、コミカルで面白い部分が多かったので良かったです。オープニングとエンディングの音楽も好みでした。これからパパと小梅がどんなドタバタを繰り広げるのか楽しみで仕方ありません。

20代

リメイク作品のドラマだとその当時の価値観が現代とは若干違っているので、その違いなどを楽しみにしていました。今は多様化しているからか自由度が増しそうですね。現代版ではどう違いを見せてくるのかが楽しみです。入れ替わりが判るまでの演出がとても面白かったですね。俯瞰して物事を見れる視点を楽しめるドラマでもあると思います。

40代

入れ変わってしまって小梅になってしまった乙女のパパがとてもかわいかったです。入れ替わる場面に健太先輩が近くにいた、というのが以前のドラマとは違うところかなと思いました。健太先輩はすでに小梅のことが好きみたいですね。おっさんみたいな小梅も十分可愛いと思いますが、そんな彼女でも健太先輩が受け入れてくれるのか今後の展開が楽しみです。

30代

初回でした。原作のストーリーをあえて予習せずに挑みましたが、よくある他人と入れ替わるストーリーでした。 眞島秀和さんは好きな俳優さんで色々見てきましたが、今回は女子高校生になりっきた演技がとても可愛らしく見えました。また、なにわ男子の長尾謙杜さんも出演されていましたが、胸キュン男子を演じていて最高でした。

30代


第2話あらすじ・感想

健太先輩 (長尾謙杜) からのデートの誘いをOKした小梅 (飯沼愛) の姿になった恭一郎。しかし恭一郎の真のねらいは、娘と健太との交際を阻止することだった。2人の仲を裂く作戦を立てながら悪い顔をする小梅の姿をした恭一郎。だが恭一郎は、自分が女子高生の小梅としてやり過ごすことができるのかという不安も同時に抱えてしまう。

一方、恭一郎の会社に初出勤することになった恭一郎 (眞島秀和) の姿をした小梅は、恭一郎に渡されたノートを頼りに他の社員たちとなんとかコミュニケーションを取ろうと試みる。そんな矢先、小梅の姿をした恭一郎が健太先輩とのデートを勝手にOKしたことを知る。本当の自分が行けないことを歯痒く思いながらも、小梅と健太がデートする姿を想像し、嬉しくて悶絶するのだった。

そしてついにやってきたデートの日。2人の様子を恭一郎の姿をした小梅が物陰から見守っていると、小梅の姿をした恭一郎は健太先輩にあり得ない態度を連発 !! そんなパパの対応にイライラが募った小梅は… !? そして健太先輩からも思いもよらぬ言葉が… !?

引用:ドラマ『パパとムスメの7日間』公式サイト

パパが小梅の代わりにデートをすることになって、小梅としてはさぞかし悔しかったでしょうね。しかも男らしく振る舞ってしまう父にヒヤヒヤしたでしょう。しかし、最後に盆栽好きや男らしい変わった一面が見えて逆に告白されることになって良かったですね。断ろうとしたところで間に割って入ってナイスだと思いました。来週も楽しみです。

30代


第3話あらすじ・感想

健太先輩 (長尾謙杜) からの告白を断ろうとする、小梅 (飯沼愛) になった恭一郎 (眞島秀和)。それをなんとか止めた恭一郎<中身は小梅>だったが、不審なおじさんと思われ健太先輩に警戒されてしまう。しかし、小梅<中身は恭一郎>の説明で誤解が解け、なんとか告白の返事を先に延ばすことに成功する。

そんな矢先、小梅<中身は恭一郎>は月曜日から学校でテストを受けなくてはいけないことを知らされる。高校生の問題なんて楽勝だと高を括っていたが、教科書を開いて顔面蒼白。父の沽券に関わる問題と奮闘するも、あっけなく玉砕してしまう。

そんな小梅を見た律子 (小栗有以) が、小梅の家で一緒に勉強をしようと提案。しかも健太先輩に教えてもらおうと言い出し…。だが、律子は小梅の家に着いた途端、デートの約束を忘れていたと帰ってしまう。

さらに、恭一郎<中身は小梅>が会社を早退して帰宅してきてしまい、健太先輩との勉強会が思わぬ展開に… !?

引用:ドラマ『パパとムスメの7日間』公式サイト

健太くんの告白を断ろうとするところに父親が割って入ってそれを阻止するというのがすごい面白いと思いました。 普通は男性からしたら、相手の父親から反対されるのに、逆に背中を押してくれるのはとても嬉しいことではないでしょうか。部屋で二人になったときに、パパ(小梅)が仕事を早退してきたと言った時にはお腹を抱えて笑ってしまいました。

30代

健太先輩から告白を受けてパパが登場してかき乱すところは面白かったです。小梅としては複雑な気持ちでしかないですよね。落ち着いたらまた告白してください、という言葉がそのままであってほしいです。ふたりで勉強している時にパパがケーキ3つ持って入ってきた時は自分も食べたいんだろうなと思いましたが追い出されてかわいそうでした。おじさんにとってテストはつらいですが頑張ってほしいです。

30代


第4話あらすじ・感想

健太先輩 (長尾謙杜) との勉強会を経て、期末テスト最終日に挑む小梅 (飯沼愛) の姿をした恭一郎 (眞島秀和)。しかし結果は散々で、ママ・理恵子 (羽田美智子) も呼び出され、三者面談をすることに……。

三者面談が行われることを、恭一郎<中身は小梅>には隠そうとしていたのが、理恵子がうっかりバラしてしまい、慌てて逃げる小梅<中身は恭一郎>。学校で健太先輩に勉強会のお礼を告げると、健太先輩からあるお願いごとをされる。

一方、恭一郎<中身は小梅>は、御前会議も大詰めを迎えていた。余計なことは言わず座っているだけのつもりだったが、恭一郎をバカにする役員たちの態度に腹が立ち、恭一郎<中身は小梅>も黙っていられなくなってしまって…… !?

そしてついに始まった三者面談。担任から衝撃の内容を告げられ、小梅<中身は恭一郎>は絶体絶命のピンチ!!そこに突如現れた救世主とは…… !?

引用:ドラマ『パパとムスメの7日間』公式サイト


ドラマ『パパとムスメの7日間』見どころ・まとめ

『パパとムスメの7日間』は、TBSで7/26(火)深夜から放送が始まります。

女子高生・おじさんの人格が入れ替わる設定で、おじさんの人格を演じる飯沼愛さん・女子高生の人格を演じる眞島秀和さんの演技に注目です。

ファミリーハートフルドラマだった2007年版から、ラブコメ路線でのリメイクとなった点にもぜひ注目しましょう。

\今すぐ視聴する!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です