『ナイト・ドクター』見逃し配信・公式動画を無料で視聴する方法!あらすじ・感想を紹介

2021年夏のフジテレビ月9ドラマは、夜も休むことなく患者を受け入れる病院が舞台です。

本格ラブストーリーのイメージが強いフジテレビ月9ドラマですが、最近はいろいろと個性的な作品が登場していますね。

次の作品も病院を舞台にした青春群像劇でありながら、日本の社会問題である医療体制に関しても切り込む興味深いものとなっています。

月9ドラマ『ナイト・ドクター』のあらすじやキャスト、見逃がしてしまった方に向けて、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を紹介します。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
  2. 人気雑誌が読み放題!ポイント利用で漫画が無料で読める!
  3. 毎月8の付く日に400ポイントをゲットできるため実質無料!

『ナイト・ドクター』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

ドラマ『ナイト・ドクター』は、動画配信サービスFODプレミアムTVerで視聴できます。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から1週間見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、FODプレミアムで見ることができます。

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

FODプレミアムなら過去放送回も見放題!

FODプレミアムでドラマ『ナイト・ドクター』を無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

FODプレミアムは初めて登録する方なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

FODプレミアムで配信中のおすすめ作品一覧

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『ナイト・ドクター』作品情報

【放送日】毎週月曜日 夜21:00~(フジテレビ系列)

『ナイト・ドクター』夜間救急専門医の活躍を描くオリジナル作品

ドラマは『ナイト・ドクター』は、小説などの原作はなく、大北はるかさん脚本のオリジナル作品となっています。

タイトルからわかる通り、夜間救急専門の救急医たちが主人公の作品です。

6/21(月)から毎週21:00~21:54放送、初回は22:24分までの拡大放送が予定されています。

特徴的な試みとして、各話によって異なるアーティストの楽曲を流す選考企画が実施されました。

その結果、以下のアーティストのオリジナルナンバーが、各話ごとにストーリー合わせて流れます。

  • yama
  • eill
  • 琴音
  • Tani Yuuki
  • 三浦風雅

『ナイト・ドクター』のあらすじ・見どころ

個性豊かな若い5人の医師が登場、人として・医師として成長する姿や深まる絆に注目

『ナイト・ドクター』の主役は、救急医療の新しい働き方として設立された夜間救急専門のチームで勤務する5人の医師です。

主役・朝倉美月は医師6年目の女医、「いつでも、どんな患者でも絶対に受け入れる」という信念を持っています。

美月の先輩医師・成瀬暁人は対照的にクール・現実主義であり、彼がもともと患者思いであったのにどうしてこのような考え方を持つように至ったのかは気になるところですね。

病気がちな妹の面倒を見ながら医師を務める心優しい深澤新、意志としての強い責任感はありながら女子力磨きも怠らない高岡幸保、チームのムードメーカー的な桜庭瞬と他の医師もなかなか個性的です。

純粋な青春ドラマでもおかしくない美男美女が5人揃っていますが、彼らは全員夜間救急医であり日々過酷な勤務に携わっています。

  • 年齢・価値観も異なる5人の医師がどのように絆を深めていくのか
  • 5人がそれぞれ『ナイト・ドクター』勤務を通してどんな成長を遂げるのか
  • 設立された『ナイト・ドクター』は医療崩壊の危機にある救急医療体制を救う手段となりえるか

といった点がドラマの大きな見どころでしょう。

『ナイト・ドクター』のキャスト・スタッフ情報


『ナイト・ドクター』キャスト一覧です。波瑠さんは月9初主演となります。

  • 主演・朝倉美月:波瑠
  • 成瀬暁人:田中圭
  • 深澤新:岸優太(King & Prince)
  • 高岡幸保:岡崎紗絵
  • 桜庭瞬:北村匠海
  • 5人の指導医・本郷亨:沢村一樹
  • 看護師・益田舞子:野呂佳代
  • 看護師・新村風太:櫻井海音
  • 院長・八雲徳人:小野武彦
  • 救命救急センター長:梶原善
  • 救急医(日勤)・根岸進次郎:一ノ瀬颯
  • 柏桜会本院理事長・桜庭麗子:真矢みき
  • 美月の恋人・佐野大輔:戸塚純貴
  • 幸保の恋人・青山北斗:竹財輝之助
  • 新の妹・深澤心美:原菜乃華
  • 心美の恋人・岡本勇馬:宮世琉弥

これら豪華キャストの競演が非常に楽しみですね。ブレイク候補の若手イケメン俳優が多いところも、今回の月9の大きな特徴です。

製作・スタッフ

  • 脚本/大北はるか
  • 音楽/得田真裕
  • プロデュース/野田悠介
  • 演出/関野宗紀、澤田鎌作

『ナイト・ドクター』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/6/21 第1話 13.4%
2021/6/28 第2話 10.6%
2021/7/5 第3話 11.7%
2021/7/12 第4話 12.4%
2021/7/19 第5話 10.4%
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話

『ナイト・ドクター』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ(6/21放送)

病院スタッフの働き方改革を目指す柏桜会グループが『あさひ海浜病院』に夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を立ち上げることになった。医師の朝倉美月(波瑠)は新たな就職先にナイト・ドクターを選ぶ。

ナイト・ドクターのスタート初日、スタッフステーションには美月のほかに、深澤新(岸優太)、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)という5人の医師が集まる。美月を見た深澤は驚く。数日前、街で倒れたホームレスの診療に手間取った深澤に代わって、鮮やかに処置したのが美月だった。しかも、美月は深澤に「処置出来ないなら医者を名乗るな」と、言い放っていたのだ。

5人の指導医は本郷亨(沢村一樹)。本郷は自分の指導について来られる者だけついてこいと厳しい。そこに、ホットラインが鳴る。工事現場の崩落事故で3名の重症者が出たのだ。全員の受け入れを許可する本郷に美月はほっとする。

運び込まれた重症患者に、救命の現場を知らない深澤と桜庭は戸惑うばかり。本郷に応じるのは救命経験のある成瀬。美月と幸保は食らいついて行く。重傷者たちの処置を始めた矢先、崩落現場で新たな重症者が発見されたと連絡が。すでに7件の病院に搬送を拒否されているという。使えない医師ばかりでは無理だと断ろうとする成瀬を本郷が制して受け入れを命令。本郷は先に運ばれた3名を早く安定させれば済む話だと無愛想に言い切る。しかし、新たに搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示するが…。

引用:「ナイト・ドクター」公式サイト

ナイトドクターって本当に大変ですよね。みんな寝ているときに働いて。夜だからこそ患者も重篤な方も多いし、事故などあったら本当に6人のドクターでも間に合いそうもありません。深澤さんは何も出来なくて辛い気持ちもあったのですが、まさか妹さんの受け入れを自ら断っていたとは確かにショックですし、自分でも嫌になってしまいますよね。それでも、ナイトドクターを続ける決断をしてくれてよかったです。でも、桜庭さんの体調が気になります。医師のプライベートも描かれてそのへんも今後楽しみです。

40代

夜間に救急車で運ばれてくる患者さんが、一分一秒を争うような命に関わる重篤な患者さんばかりで、腕に自信のない若手医師たちは何もできないでいるのが、とてもリアルでした。その中で、口は悪いけどテキパキと動き、足を切断する処置まで担う朝倉先生の姿は、患者の立場としては安心ですよね。でも恋人としては、自分を一番に考えてくれない不満も出てきてしまうかもしれません。朝倉先生、恋人の部屋に行ったら女性と一緒にベッドで寝てましたけど、大丈夫でしょうか。

50代

救急診療のドラマなので、命にかかわる切実な部分を描いてくれそうです。救急専門といいながら技術的に未熟な医師が多いというのは不安を感じる設定ですが、医師としての成長を見せるためだと思うので今後の展開を期待します。成瀬(田中圭)がどうしてナイトドクターに参加したのか、桜庭(北村匠海)が発作を起こして薬を服用するのか(病気のことを周囲に隠しているのではないか)、朝倉(波瑠)の忘れ物を見た桜庭の反応から二人にどんな関係があるのか、この三つが第1話の謎として残りました。これらはメインストーリーに絡む設定と思われますので気に留めておきます。ところで、夜間専門で働くというのは大変ですね。

50代

フジテレビの医療ドラマということもあり「コード・ブルー」の二番煎じ感は少々感じられましたが、とても面白く見ることができました。病院のたらい回しだったり医者の働き方改革だったりと今の医療問題について描写しているところがとても印象的でした。話が進むにつれて、それぞれの過去だったりが見えてくるのも楽しみです。

20代

夜間専門の救急が始まった初日から大変な事故の重症者が運ばれてきました。美月と成瀬は経験があり、指導医の本郷について処置ができますが、深堀と桜庭は何もできません。救急の現場は経験が重要なのだと思いました。治療しても亡くなる人もいます。深堀はそれが耐えられないと思いましたが、美月は、母が重病の時に診てもらえなかった経験から、どんな患者も診ると決心していました。その思いが、深堀の妹を助けたのです。きっと深堀もそれを受け止めて頑張っていけると思いました。桜庭は持病があるのが気になりました。

60代

慢性的な医師不足と過剰労働解消の為に集められたナイトドクターだが、労働時間が短いとはいえ緊急性が高い患者が多く経験豊富な医師でなければならない事にはかわりなく、緊張感が伝わって来ました。また命を救っても良く言わない事、足の切断等の人の運命変える決断を迫られる事等から、強い精神力が必要である職業であると改めて感じました。

40代

ドクターの働き方改革という問題をテーマにしてあって、とても興味深く見ることが出来ました。同期とは言え全くタイプの違う5人が、これからどんな群像劇を見せてくれるのか楽しみにさせてくれた第1話でした。どんなに厳しい状況でも諦めずに人を助けようとする美月と人の命に関わるような責任の重い仕事はしたくないという深澤のこれからの絡みが楽しみです。

40代

今までもさまざまな医療ドラマがありましたが、今回は人手不足と勤務状況を改善するために設立された夜間に特化した救急医のナイトドクターをテーマにしたもので、新たなジャンルで面白いと思いました。また、ナイトドクターに選ばれた5人それぞれに何やら訳ありな様子がうかがえ、今後の展開がとても気になりました。医療ドラマのハラハラ感も楽しみに見続けたいと思います。

20代

ナイトドクターと、昼間のドクターとの申し送りシーンが気になりました。昼間の医師が、夜間に受け入れた重症患者の数に怒りを露わにする姿を見て、まるで大変な患者は見捨ててしまえと言っているように聞こえて、怒りが込み上げました。昼間の医師が大変なのも分かりますが、もっとお互いに労い合い、協力し合えば良いのにと感じてしまいました。

30代

夜に急変して病院を探している患者が病院や医者の都合によってたらい回しにされた上に、救ってもらえなかったとしたら、本人や残された人々の無念さはどうなるのでしょうか。その無念を一つでも減らすために、ナイトドクターはもっと充実していかなければならないと感じました。まだまだ駆け出しのチームではありますが、これからが楽しみです。

30代

素晴らしい理念を持ち働き方改革で昼間のドクターを休ませる為のナイトドクターとバカにされているけど本人達はプライドを持って仕事しているのは格好良いです。いきなり患者が4人も来て実力者と使えない奴との差がハッキリとしたのは分かりやすいし問題点も浮き彫りになって面白いです。早くも脱落した深澤が何も出来なく打ち拉がれているのは可愛そうだったけど知らないとはいえ妹を見捨てる事になってしまって頑張って欲しいですね。美月はデート中だったのに事故現場に駆け付けて恋人を寝取られたのは納得、深澤が戻って来てくれたのは嬉しかったし、助っ人の二人もまた登場して欲しいですね。

40代


第2話あらすじ(6/28放送)

朝倉美月(波瑠)は佐野大輔(戸塚純貴)の浮気現場を目撃。いつもと違う美月の様子は、深澤新(岸優太)たちに見抜かれ、成瀬暁人(田中圭)には職場に私情を持ち込むなと言われてしまう。そんな夜、深澤と高岡幸保(岡崎紗絵)は本郷亨(沢村一樹)にウォークイン当番を命じられた。ナイト・ドクターは重症患者だけでなく、昼の診察に行けない外来患者も診る。だが、緊急性のない患者の多さに深澤たちは辟易。

美月もウォークインに入ると、帽子をかぶった男が来る。男が帽子をとると美月の父、哲郎(佐戸井けん太)だった。軽症者が気軽に来るなと父を叱る美月の声は隣の診察室にも届く。そこでは、深澤が鮎川希実(谷村美月)の子供、玲生を診察中。美月の声を聞いた希実は、そそくさと帰ってしまった。哲郎に声をかけた桜庭瞬(北村匠海)は父娘事情を知る。哲郎の妻が13年前に亡くなったと知った桜庭は…。一方、美月は舌を噛んだ斎藤篤男(赤ペン瀧川)を治療。

美月が心配な哲郎は寮に押しかけ、深澤の部屋に居候してしまった。そんな時、希実が再び玲生を連れて来た。深澤は玲生に異常を感じるが、この日のウォークインは美月。美月が玲生を診察していると斎藤が救急搬送されたと連絡が入り、そちらへ向かう。斎藤の治療を終え、抱いた不審点を話す美月に、深澤は玲生に黄疸が出ていなかったかと聞く。本郷から診察時の様子を思い出すよう言われた美月は希実の気になる仕草を思い出した。その頃、希実は玲生の診療について、夫の聡(笠原秀幸)ともめていて…。

引用:「ナイト・ドクター」公式サイト

コンビニ患者というのが現状で問題になっていることを初めて知りました。でも、コンビニ感覚で病院に来ている人ばかりではないのですね。美月のようにプライベートが不安定なときに患者として受診して危険にさらされるのは本当に怖いと感じてしまいました。夜間も開いている病院が増えていくことの必要性がものすごく伝わってきました。

30代

昼間子供を病気に連れてこられないゆえの深夜時間帯のコンビニ受診。病院は日中に開けている、だからきたい人は自分で都合をつけて行かなきゃいけない、それはそうだと思います。でも病気は時間を選んではくれないし、誰だって体調が悪くなれば不安ですよね。特に夜中だと誰も助けてくれないんじゃないかとさらに不安になると思います。だから、深夜に門戸を開いてくれている病院は、みんなの不安を取り除いてくれるなくてはならない存在だと思います。

30代

ドラマを視聴し始めた時はコンビニ受診なんてお医者さんは大変だなと思っていたけど医者でも診断がつかない時があるのに普通の人が自己判断したら後から後悔することがあるんだなと思いました。舌を噛み切った男の本性がすごく怖くてゾッとしました。この男に何があったのか、朝倉がどうなるのか気になりました。医者と患者の物語だけじゃなくて医者一人一人の人間性まで描かれているのですごく面白かったです。

20代

今回は小さいお子さんが犠牲になるお話だったので見ていてすごくつらかったです。白いうんちが出たら病院に、というのは出産時に教えてもらう話ですが、お母さんは知らなかったのでしょうか。そこまで追い込まれていたというのもつらい事実ではありますが…。夜間に開いている病院は貴重なので、診療が集中して増えてしまうのも仕方ないのかもしれないだろうなと思いました。

30代

彼氏の家を訪れたら、寝ている彼氏の隣に女が…の前回の続きで凹んでいる朝倉医師。そのせいか「風邪くらいで」と診察に来る人を何処かで蔑ろにしている感じがしました。深澤医師は少し見て「顔が黄色っぽかった」と気づいたのにです。1歳未満の子供がいる親なのに、白い便をしていることが「ミルクの飲み過ぎ」と思うこともおかしな話です。やる気を出した深澤医師はカッコいいですね。

50代

夜間受診者の本当の理由が、母親が色々なところに頭を下げるのが辛いと感じたからで、核家族化や共働きによる結果であり、このような事も解消する為に働き方改革が始まったのではないかと疑問に思い、このような現実と夜間診察のありかたについて改めて考えさせられました。また美月の父親が患者として現れ、夜間に働く事を良く思わない言い分は心配だからとは言え、迷惑な話だと思いました。

40代

娘を心配する父の姿に、何とも言えない気持ちになりました。自分がしっかり家庭を守らなかったから妻が亡くなり、そのせいで娘も進路を変えてしまったと思い悩む父の気持ちは分からなくはありませんでした。でも、頭ごなしに反対せずに、しっかりと娘の仕事を見てあげて欲しいとも思いました。今回は深澤先生の機転が利いてそれが実現し、誤解も解けたようだったので良かったと感じました。

30代

コンビニ受診という問題点にスポットを当てたストーリーで、医療従事者側の気持ち、受診者の様々な境遇や気持ちが伝わってきて、いつでも受診できる環境があることの有り難さやその為に犠牲になる医療従事者の立場を考えさせられました。第一話では全く活躍しなかった新でしたが、第二話では美月が見落とした小さい子どもの病気を見つけた観察力に流石だなと感心しました。そして、お互いがお互いを認め合い成長していく展開に、来週も早く視聴したいと思うほどナイトドクターにハマってしまっています!

30代

夜間の病院では救急で運ばれてくる重症者の他に、昼の診察に行けない外来患者もいるのだろうなと感じました。子供が熱を出したり、体調を崩すことはよくあっても風邪だと判断してしまいますが、心配だと思います。美月の父親が娘を心配する気持ちはわかります。深夜に働いて体を壊さないか。幸せになってほしいという気持ちが伝わってきました。巨大おにぎりが印象的です。深澤先生が料理上手なのには驚きました。彼は妹と一緒にいるためにバイトを掛け持ちして働き、医者を目指していたのですごいと思いました。何が普通なのかということはその人によって違うと思います。でもいろいろな人のおかげで幸せな生活ができているのだと思いました。

30代

美月の父が明るくて意外でした。色々なことに巻き込まれがちな深澤が面白かったです。岸くんの演技が未知数でしたが、とても自然で気になりません。現実社会でもコンビニ受診が増えているのかもしれませんが、本当に困っている人が救われなくなるのは怖いです。素直に間違いを認め謝罪できる美月は素晴らしいと思いました。

20代

第2話面白かったです。診察上で発生する複数の事件、朝倉美月の恋愛模様、親子関係、それに絡む深澤。深澤の過去等内容が濃かったと思います。また、1話目に比べてみなさん演技が自然になってきているように感じて、自然に引き込まれる感じでした。小さな子供を抱えて奮闘する若い夫婦の様子にちょっとジーンときました。緊張感のあるシーンと、ユーモアのあるシーンの両方があり、見ていて飽きない感じでした。

50代

コンビニ受診が増えることで、重症患者を看れなくなることを嫌がる美月の気持ちもすごくよくわかるけど、不安で受診する人にとっては救いを求める場所でもあると思うので複雑な気持ちになりました。美月と美月の父親の関係を見ていて胸が苦しくて、父親の心配するのもわかるくらいナイトドクターは大変なんだとあらためて感じました。

40代

2話目でしたが、すっかり岸優太さんは可愛らしい演技力で沢山の視聴者を惹きつけているのではないでしょうか。実際のナイトドクターという体制が救急外来だけなのかどうかは分かりませんが、コンビニ受診で医療が圧迫されることと、軽視しては重症化するという両方の警鐘を織り込んでいるのが、素晴らしいと思いました。

30代

コンビニのように気楽に救急病院を利用している人たちがいました。深澤はそれで安心するなら良いと言いますが、美月は心の奥で面倒に思っていたのです。それが赤ちゃんの熱で来院した母親にわかってしまったようで、詳しく話さず帰ってしまいました。結局、赤ちゃんは肝臓の病気でした。自分で言えない子どもには特に注意しなければならないのに、美月のミスでした。でも、それを教訓にして、みんなで成長できたと思います。桜庭が具合が悪く、薬をこっそり飲んでいるのが気になります。

60代

「コンビニ受診」という言葉をはじめて知りました。ドラマ内では、ただの風邪や軽い捻挫だという思い込みから検査がないがしろになっていたところ、後になって重篤化してしまったという危険な話で態度を改めようとなりましたが、救急車をタクシー代わりに使う人もいるわけで、本当に治療が必要な人がいるんだということを訴える回でもあったかなと身が引き締まりました。

20代

初めて見たのですが、キャストもいいしなかなか面白かったです。よく考えず答えを出したらダメなんだなと見て思いました。これは医者に限らず、仕事をしている上では誰でもそうなのだろうと思います。出てる人がみんなかっこいいし可愛いです。そして岸くんが波瑠ちゃんのこと好きそうなのも良いです。なんで北村匠海はみんなにタメ口なんだろうと思いました。

30代


第3話あらすじ(7/5放送)

朝倉美月(波瑠)が患者の斎藤篤男(赤ペン瀧川)に襲われた。桜庭瞬(北村匠海)は斎藤を突き飛ばすが、刃物で傷つけられる。幸い桜庭は軽症で、斎藤は成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)に取り押さえられた。

事件は『あさひ海浜病院』などを束ねる『柏桜会』会長で、桜庭の母親、麗子(真矢ミキ)も知るところとなった。救命救急センターに現れた麗子は、息子の身を案じて桜庭にイギリス留学を言い渡す。

救急医の初歩的な処置も満足に出来ないのでは、その方が良いと合意する本郷に桜庭はショックを隠せない。美月にそれでも良いのかと促された桜庭は本郷に継続を頼むが、足手まといになるような者は必要ないと再び突き放されてしまう。

さらに、主治医、宮本守(利根作寿英)の診察を受けた桜庭は、一週間ほど休みが取れないかと問われる。今休んだら救命から追い出されると桜庭は意気消沈。そんな桜庭に美月は暴漢から救ってくれたことを感謝して救急医療の参考書を渡し、応援していると励ます。

そんな時、急患が運び込まれ、美月たちの処置もむなしく亡くなってしまった。無保険なので早期治療を受けられなかったのだろうと推測する成瀬。本郷も医療だけでは救えない命もあると言う。桜庭は患者の生まれながらの恵まれない境遇を思った。

そして、桜庭は美月たちになぜ自分が救急医を目指すことにしたのかを話す。次の日、救命センターに出勤した桜庭は、次週の勤務シフト表から自分の名前が消えていることに気づく。麗子の指示だと言う本郷は、桜庭に転科届けを渡した。

引用:「ナイト・ドクター」公式サイト

桜庭を留学させようとする母親で、本院の会長でもある麗子の意見に賛同する本郷の状況で、不利な立場になったが自身が救命医になった思いを美月らに伝え、真摯に向き合う事で認められた事は彼の気持ちが本物であった事の結果であり、真摯に向き合う事で必ず認めようられる事を改めて思い知らされ、ただの坊っちゃんではなかった事には安心しました。

40代

桜庭は柏桜会グループの御曹司で母親の麗子は後を継がせたいみたいだし、心臓が生まれつき悪いし、救急の医師としては向いて無いけど美月に励まされてやる気を見せたのは応援したくなりました。保険に入っていない男性は親の介護で会社を辞めて生活保護を受けるには家を売らないといけないなんて世知辛い世の中ですね。死にたがっている父親を説得した息子に負けていると桜庭は落ち込むけど患者が急変してやった事が無い処置に手が震えながらも成し遂げて安心しました、本郷に幼い頃と同じように褒められて良かったですね。桜庭のドナーが美月の母親かも知れないし、高岡の恋人が女性と救急車で来てどっちも気になります。

40代

今回は無保険の患者を取り上げていましたが、生活保護もコロナ禍の中増えているので、そういう患者とどのように向き合うかなど考えさせられました。まだ3話目ですが、コンビニ受診など、このドラマは医療に対する社会問題を入れ込んくでる意図があるようで勉強にもなります。桜庭の心臓の事がとりあえず伝わって良かったです。

30代

無保険のため治療を受ける選択ができずに、救える命も救えないことは悲しいことです。脳梗塞で搬送された男性の息子さんを演じていた少年の演技がとても良く、感情移入しました。田中圭さんが好きで、このドラマを見始めたのですが、毎回考えさせられるテーマがあり、命の大切さ、命を救う職業の方たちの尊さについて考えさせられ、第3話は自分の子供に是非見て欲しいと感じました。

40代

桜庭は、心臓移植を受けて免疫抑制剤を飲んでいたのです。それを隠していたのは、小さい時から身近にいた本郷のように救命医になりたかったからです。長い間我慢をして生活していた桜庭が、人の命を救うことによってやりがいを感じ、生きていることを実感した場面に感動しました。心配で冷たい態度だった本郷が認めて、美月たちも理解してくれたので、桜庭のこれからの活躍に期待できます。

60代

桜庭君が美月を助けたシーンはかっこよかったです。怪我したところが痛そうでした。桜庭会長が桜庭君の母親なのは驚きました。彼は子供の頃から身体が弱く、ハードな救急医の仕事は厳しいのではないかと言われていましたが、彼は仕事を続けたいという気持ちがあったので応援したいと思いました。また、本郷先生を子供の頃から知っていて、憧れの人と一緒に働くということが叶ってすごいと感じました。これまでは血を見ると体調を崩していたり、処置ができなかった彼ですが、気持ちが変わって処置を行い患者さんの命を救ったので人は変われるのだと思いました。桜庭君のこれからを期待しています。

30代

今話は桜庭(北村匠海)がメインでした。心臓の悪いことをスタッフに知られることになり、救命の仕事を続けることかどうかの局面でした。母親(真矢ミキ)を説得して続けることが叶いましたが、患者の側の視点がなかったように感じました。命にかかわる持病のある医師が救命に携わるのは、患者にとって不安でもあります。別の部署での勤務が適切なのではとも思いました。桜庭は心臓の移植を受けており、そのドナーは朝倉(波瑠)の母親だったようですが、これが今後どのようなストーリーに発展するのか期待します。無保険の急患がクローズアップされ、救急医が説得するシーンもありましたが、医療ソーシャルワーカーの仕事なのではと思いました。

50代

冒頭で桜庭が真っ先に朝倉を助けに行ったり、桜庭が書いた手紙が朝倉の部屋にあったり二人の関係性が何なのかすごく気になりました。ハンデを背負いながらも自分の夢に向かって突き進もうと成長した桜庭がすごく素敵でした。無保険患者がテーマだったのですごくリアルな問題だなと思いました。桜庭と本郷の関係性がすごくグッときました。最後の本郷のよくやったがすごく心に来ました。

20代

桜庭くん、体調悪そうでしたが心臓移植を受けていたんですね。だからこそ自分の命について考えることが多いんだろうなと思いました。でも夜間の仕事は体力的にもつらいでしょうからとても心配ですね。お母さんは過保護かもしれませんが、気持ちはとてもわかります。無保険での患者のつらい現実がテーマでしたが、もう少し当事者の悲痛な叫びにクローズアップした方がいいのではと感じました。

30代

よく美月さんを桜庭さんは助けられましたね。やっぱり好きな気持ちが大きいからなのでしょう。結局今回桜庭さんの病気が発覚しましたが、みんなに知れて逆に良かったと思います。会長がお母さんだとは、会長の名字がわからなかったので知りませんでした。桜庭さんは先天性で、心臓の移植もしたみたいなので仕方ありませんよ。お母さんも無理してほしくないから反対していたんですよね。気持ちわかります。患者さんには色々な背景があって、保険がないから病院行けなくて、亡くなってしまうこともありますが、本人が手術拒否とかは意外に難しいですよね。でも、桜庭さんのおかげで患者さんも良くなってきてよかったです。

40代

チームワークも深まってきたナイトドクターの面々がなんだかんだお互いに辛口ながら認め合い仕事をしている姿に、お互いが信頼をおいているのだなということが垣間見れて、美月と桜庭のやり取りなども面白かったです!桜庭に対して不器用な優しさを表現している美月の姿は可愛らしく、同性ながらもキュンとなってしまいました!御曹司である桜庭が自分の病と向き合いながら本当にやりたいことをしたいと救命の世界で頑張ろうとする姿には心を打たれ、応援されている気持ちになれました。

30代

桜庭くんのお母さんみたいに子どもの職場にいきなり来て文句言うタイプの親は嫌だなと思いました。心配なのはわかりますけど、周りもすごく気をつかうのでしんどかったです。最終的にはしばらくは救急の仕事をしてもいいことになったので良かったですが、色々大変そうだなと思いました。本郷さんのさりげない優しさがいいなと思いました。

30代

体調が悪いときに病院に行きたくても、治療を受けたくてもお金を心配して我慢したり、諦めたりする人がいるという現実を目の当たりにしました。自分がすぐに病院に行こうと考えられるのが、どれほど幸せなことなのかを改めて痛感させられました。瞬の病気が少しずつ分かってきて、しかもドナーのことで美月とは深いつながりがあるようで、これからが気になります。

30代


第4話あらすじ(7/12放送)

搬送された女性患者を朝倉美月(波瑠)と桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)が受け入れた。救急隊員に女性、花園詩織(松井愛莉)の恋人が付き添っていると聞いた幸保は驚く。幸保の恋人、青山北斗(竹財輝之助)ではないか。北斗は店の宣伝のためSNSで強力な宣伝力を持つ詩織を利用したが、交際していると思い込まれたと幸保に説明。会うのは最後にしようと言うと詩織が掴みかかったので、ふりほどいたら階段から落下してしまったと北斗は言うのだが幸保は納得出来ない。

目を覚ました詩織は北斗を頼りっきり。本郷亨(沢村一樹)は次々に運ばれる重症患者を美月たちに任せて、幸保には詩織の経過観察を指示した。わがまま放題で、付き添う北斗にこれ見よがしに甘える詩織に幸保のイライラは募る。

心美(原菜乃華)に頼まれた雑誌を内科病棟へ届けに行った美月は深澤新(岸優太)と会う。そこに岡本勇馬(宮世琉弥)が現れ、美月に挨拶。誰だと尋ねる深澤に、美月は心美の彼氏だと言う。だが、初耳の深澤は心美を思い、勇馬に彼女の入院理由を話してしまった。勝手に話したことを危ぶむ美月の不安通り、兄妹に亀裂が走る。

一方、ついに詩織とぶつかった幸保は本郷に早退を申し出た。帰ろうとする幸保を咎めた美月とも激しい言い合いになる。そんな時、ホットラインが鳴り、成瀬暁人(田中圭)が受けた。3名のガス中毒患者受け入れを本郷が承諾。桜庭も休みで幸保も帰ってしまったと人員を心配する深澤に、本郷はお前たちでカバーしろと言い放つ。

引用:「ナイト・ドクター」公式サイト

高岡は北斗が自分のすべてで北斗のためにすべてを犠牲にしてきたような気がします。病院で女同士のバトルが勃発するとは予想しておらず、こんな修羅場があるのかと思ってしまいました。詩織は高岡を医者である前にただの恋敵としか見ていないようでしたが、高岡は詩織の病気を見抜き、医者として的確な判断をしていました。高岡はますます成長するような気がします。

30代

花園さんに何度となく嫌がらせを受けたのに、医者としての使命をしっかり果たした高岡先生に拍手を送りたくなりました。そして、個人的には、仕事に対してあまり興味がないと思っていた故にカルテを事細かに書いていたことや朝倉先生ばかりに仕事が振られていることに嫉妬している姿を見て「こんなにも真面目な良い先生だったのか」と考えを改めさせられました。

20代


第5話あらすじ(7/19放送)

搬送された女性患者を朝倉美月(波瑠)と桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)が受け入れた。救急隊員に女性、花園詩織(松井愛莉)の恋人が付き添っていると聞いた幸保は驚く。幸保の恋人、青山北斗(竹財輝之助)ではないか。北斗は店の宣伝のためSNSで強力な宣伝力を持つ詩織を利用したが、交際していると思い込まれたと幸保に説明。会うのは最後にしようと言うと詩織が掴みかかったので、ふりほどいたら階段から落下してしまったと北斗は言うのだが幸保は納得出来ない。

目を覚ました詩織は北斗を頼りっきり。本郷亨(沢村一樹)は次々に運ばれる重症患者を美月たちに任せて、幸保には詩織の経過観察を指示した。わがまま放題で、付き添う北斗にこれ見よがしに甘える詩織に幸保のイライラは募る。

心美(原菜乃華)に頼まれた雑誌を内科病棟へ届けに行った美月は深澤新(岸優太)と会う。そこに岡本勇馬(宮世琉弥)が現れ、美月に挨拶。誰だと尋ねる深澤に、美月は心美の彼氏だと言う。だが、初耳の深澤は心美を思い、勇馬に彼女の入院理由を話してしまった。勝手に話したことを危ぶむ美月の不安通り、兄妹に亀裂が走る。

一方、ついに詩織とぶつかった幸保は本郷に早退を申し出た。帰ろうとする幸保を咎めた美月とも激しい言い合いになる。そんな時、ホットラインが鳴り、成瀬暁人(田中圭)が受けた。3名のガス中毒患者受け入れを本郷が承諾。桜庭も休みで幸保も帰ってしまったと人員を心配する深澤に、本郷はお前たちでカバーしろと言い放つ。

引用:「ナイト・ドクター」公式サイト

成瀬に訴訟が起こされている理由がやっと分かりました。これまでの成瀬は患者やその家族としっかり向き合わずに来たのかもしれませんが、本郷の一言でやっと成瀬は正面から向き合うことができたのだと思います。本郷は部下に興味がなく、冷たい人物に見えましたが、一人一人をしっかり見て育てようとしていることが伝わりました。

30代

夜の患者さんは行くところがない人が遠くから緊急で来るときが多いので、重症な方が多いですね。それを昼間のドクターは、文句言うのはおかしいです。ナイトドクターがいるからゆっくり休めれるのに。昼と夜と連携が取れてなさすぎて、中間の人でも入れればいいのにと思いました。成瀬さんの昔の問題は、ドクターになるとついてまわる問題ですよね。患者からすると家族が助かっても動けなければ、文句が出てしまう。のも気持ちはわかります。ドクターとして必死で手術してそこまで治したのも凄いことなのにわかってもらうのは難しいですね。絶対助けますと言う言葉は今は私達が聞いても禁句には思えますが、その場にいたら、つい言ってしまいそうになる気持ちもわかります。医者は技術だけではなく説明する事もとても大切です。そして虐待されていた男の子は、隣の人がいなかったらと思うととても悲しいです。でも、本当なら手術して親が文句言ってくる可能性はありましたね。裁判になれば多分理解されますが、また、問題を抱えるかもしれないのに、手術に踏み切って良かったです。美月さんは掛け持ちはやっぱり、患者さんの為にも良くないことだと感じていました。

30代

医者が助かるかどうかわからない患者の家族への接し方がすごく難しいんだなと思いました。過去に成瀬が担当した男児の母親とのやりとりがどちらの気持ちも分かってすごく苦しいなと思いました。虐待を受けていた子供を助けるために犯罪者になった越川を演じた紺野まひるさんのお芝居に凄く引き込まれました。成瀬をどうにか助けようとするナイトドクターたちの思いやりもすごく素敵だなと思いました。

20代

成瀬先生の苦しい過去が判明し、医療の現場の難しさを感じました。運ばれてきた少年のお母さんがまさかお隣さんだったとは…。手術の同意書を書くことで犯罪になるとしても日向くんを助けたいと思うほど他人が思い入れをもてるのか少し疑問になりました。確かにかなり境遇はかわいそうではありますが…。成瀬先生も訴訟を取り下げられて一安心でしたね。彼の誠意ある態度が伝わって良かったです。

30代


第6話あらすじ(8/9放送)

工場の事故で複数の傷病者が出たと『あさひ海浜病院』にドクターカーの出動要請が入る。本郷亨(沢村一樹)は朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)たちを現場に向かわせた。深澤が崩れた資材置場を見に行くと重傷を負った作業員がいる。

治療の自信がない深澤は美月を呼びに行き、処置を頼むことに。美月は作業員を助けるため資材の山を登るが、立ちくらみを起こして落下してしまった。しばらく意識を失った美月だが、深澤の呼びかけに目を覚まして作業員の処置を再開する。しかし、全ての傷病者の搬送を終えた時、美月の身体に再び異変が起こる。

本郷は成瀬と深澤に美月の事故原因を尋ねる。深澤は自分が傷病者の処置を任せきりにしたことを悔やみ、成瀬も美月を止める事が出来なかったと責任を感じていた。美月が事故に遭ったことは病院内でも問題に。本郷は桜庭麗子(真矢ミキ)、八雲徳人(小野武彦)に全て自分の責任だと頭を下げた。

引用:「ナイト・ドクター」公式サイト


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


『ナイト・ドクター』まとめ

『ナイト・ドクター』は若い5人の医師たちの姿を通して、日本の社会問題でもある人手不足、救急医療体制を描く社会的な一面も持つドラマですね。

どんなドラマになるのか、放送前から期待の声が多数上がっています。

King&Princeの岸優太さんの演技にも大変注目が集まっています。

見逃し配信動画はFODプレミアムで視聴できます。ぜひ無料おためしを利用してご覧下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です