ドラマ『BE LOVE』動画を無料で視聴|キスマイ宮玉(宮田俊哉&玉森裕太)のラブシーンは必見!あらすじを解説

2020年10月16日(金)22:00より、Kis-My-ft2(キスマイ)の宮田俊哉さん、玉森裕太さん主演のBLドラマ『BE LOVE』の配信が決定しました!配信元となるのは、VODサイトdTVです。

ジャニーズアイドルがBLに挑戦というニュースは、瞬く間にSNSを駆け巡りました。キスマイのシンメ宮玉が贈る『BE LOVE』は、一体どんなドラマなのでしょうか?

『BE LOVE』の動画を無料視聴する方法や、原案となるキスマイの楽曲をはじめ、宮玉の関係性などについて解説します!

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『BE LOVE』動画を無料視聴する方法を紹介

ドラマ『BE LOVE』は、dTVの独占配信となっています。

無料視聴するには、31日間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも31日間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『BE LOVE』でキスマイ宮玉がBLに挑戦! あらすじを解説

動画配信サイトdTVでは、キスマイ宮田俊哉くん&玉森裕太くん出演のBLドラマ『BE LOVE』を配信します。

配信日時は2020年10月16日(金)22:00より、4話完結・4週にわたっての配信となります。(毎週金曜更新)

キスマイ担はもちろん、ジャニヲタ、それ以外の層も驚かせたこのドラマ情報について、まずはあらすじを紹介します。

『BE LOVE』の成り立ちを解説

ドラマ『BE LOVE』は、キスマイ内で発表された宮玉(宮田俊哉&玉森裕太の意)のユニット三部作を原案としたオリジナルストーリーです。

原案となる三部作のテーマは、それぞれ「結婚」「死別」「嫉妬」。

曲自体にBLみはありませんが、本人たちがコンサートの中でBL風に仕立てたため、ファンの間では「宮玉三部作」と呼ばれ、親しまれるようになりました。(※宮玉三部作については後述しています。詳しく知りたい方はそちらをどうぞ)。

キスマイ担の中では知らない人がいない三部作ですが、あくまで本人とファンのちょっとした楽しみという位置づけでした。が、それがドラマになり配信されると発表されたため、キスマイ担は大騒ぎ!

それもそのはず、本人とファンだけでおふざけ的に楽しんでいたBLが大々的に世に放たれてしまうのですから……。

もちろん、主演は宮田俊哉くんと玉森裕太くん。宮玉本人が演じます!キスシーンもアリの体当たりな演技を観られます!

『BE LOVE』のあらすじを紹介

『BE LOVE』は、玉森裕太くんが演じる絵本作家と、宮田俊哉くんが演じる編集者が贈るラブストーリー。

ラブラブな日々を送っていた2人ですが、ある日に不慮の事故で玉森くんがこの世を去ってしまいます。悲しみに暮れる宮田くんは、玉森くんが遺した絵本を若手作家に託して完成させようと考えました。

しかし、それを死の国から見ていた玉森くんは、激しい嫉妬に狂い始めます。宮田くんが自分以外の誰かと日々を過ごすことに、怒りを燃やす玉森くん。やがて玉森くんは、宮田くんを自分のところに引き寄せようと考えます。愛憎の末、2人がたどり着いた未来とは。

結末はdTV配信の『BELOVE』でお確かめください!

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

キスシーンで本当にキスしている宮玉に注目

ドラマの放送は10月16日(金)からですが、15日(木)にはメイキング映像が先行配信されました。

限定配信されたこの映像の中で、2人はドラマに登場するキスシーンをちゃんと演じています。つまり、実際にしっかりキスしてます!!2人がどれだけこの作品に本気かが解りますね。

宮田くんは初めてのキスシーン&ベッドシーン体験となるそうで、色んな意味で記憶に残りそうだと語っていました。

そのキスシーンは、驚くほど美しくドラマ内に登場します。キスマイ担も、それ以外の方も必見のシーンです。

『BE LOVE』原案の宮玉三部作を解説

キスマイ担だけでなく、全ジャニヲタと世間を震撼させたドラマ『BE LOVE』。

このドラマは、宮田俊哉くん&玉森裕太くんのユニット作品3曲が原案となっています。宮玉三部作とも呼ばれているユニット曲3曲について、詳しく解説していきます。

第1部 2015年発売『BE LOVE』

物語の第1部となるのは、キスマイが2015年に発売したアルバム『KIS‐MY‐WORLD』に収録されている曲、『BE LOVE』です。

こちらは宮田俊哉くんと玉森裕太くんのシンメ(後述します)によるユニット曲で、テーマは結婚。二人の永遠の愛を象徴するように、力強く愛を叫ぶ一曲となっています。

この年に行われたキスマイのライブ「KIS- MY‐WORLD」では、2人がステージ上で結婚式を披露!

初回限定DVDには宮玉の薄い本(同人誌の意)が封入され、ファンを大いに震撼させました。さらに驚くべきことに、この演出を考えたのはオタクの宮田くんではなく、玉森くんの方です。

もうお気づきだと思いますが、宮玉は今突然始まったのではなく、2015年からすでに始まっていたのです。

第2部 2018年発売『星に願いを』

第2部となるのは、2018年に発売された21枚目のシングル『LOVE』に収録の『星に願いを』。

こちらも宮玉によるユニット曲で、愛する人との「死別」がテーマの一曲です。つまり、この曲で宮玉は死に別れたことになります。突然の展開にキスマイ担もびっくり。

第3部 2020年発売『運命』

完結編となる第3部は、2020年発売のキスマイ10thアルバム『To-y2(トイズ)』に収録された『運命』です。

「踏みにじられた傷は消えない」「裏切りの末路を知りたいか」など、激しい嫉妬と復讐に燃える心情が伺える楽曲です。ラストんの歌詞を見ると不穏な未来しか見えませんが、果たして『BELOVE』の結末はどうなるのでしょうか?

以下、ネタバレです。

『運命』では、宮田くんが玉森くんそっくりの人と夜の街で浮気をします。玉森くんがいない寂しさからの行動ですが、これが死人となった玉森くんを狂わせました。そしてなんと、宮田くんを殺してしまいます。

ドラマではこの通りにならない可能性もアリ。果たしてどんなラストなのか、dTVでお確かめください。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『BE LOVE』視聴に役立つ?宮玉シンメ伝説を解説

まず「宮玉」とは何なのか?

宮玉とは、Kis-My-Ft2の宮田俊哉くん&玉森裕太くんのシンメを表す言葉です。

2人はJr.時代からシンメとして2人セットで見られることが多く、当時は「たんまみーや」という名称でも呼ばれていました。デビュー後は宮玉と呼ばれることが増えたようですね。

シンメって何? という人のためにちょっとだけ解説

ここで「シンメ」について少し触れておきましょう。ジャニーズでは、事務所に入所すると一緒に切磋琢磨する相手がつけられます。この相手、もしくは2人組のことを「シンメ」と言います。ちなみに「シンメトリー(symmetry)の略です。

シンメは「単にダンスフォーメーションで反対側に立つ相手」のこともあれば、2人で支え合って成長していく人間的な関係になることもあります。有名なのはSexyZoneの菊池風磨・中島健人のふまけんですね。彼らは入所と同時にシンメとなり、それから12年ずっとシンメを続けている稀有なコンビです。

デビュー前は「ジャニーズの落第生」と言われていた宮玉

キスマイがデビューする前、7人の立ち位置は北山くんと藤ヶ谷くんが前、玉森くん・宮田くん・二階堂くん・千賀くんが後ろでした。つまり2:5の構成だったわけです。宮玉の立ち位置は後列の右端と左端。2人ともかなり目立たない位置にいました。

この位置はバッグダンサーと間違えられる位置でもあり、実際にJr.と見分けがつかなくなることもあったとか。事務所もなんの理由もなくここに配置したわけではなく、実際に2人はダンスが苦手だったようです。そのため、振付師さんには「ジャニーズの落第生」と手厳しい言葉を浴びせられることもあったとか。さすがジャニーズ、厳しい世界です。

グループの中で劣等生と言われがちな2人は。お互いに支え合って辛い時期を乗り越えたと言います。玉森くんは、「怒られる時を含めて、一緒にいる時間がいちばん長い。いちばん分かり合える相手」と宮田くんを評しています。

デビューと同時に立ち位置が変わった宮玉!

しかし運命とは残酷なもので、ただでさえ試練だらけの宮玉にさらなる試練を与えました。

キスマイのデビューと同時に、それまで後列にいた玉森くんが前列に配置されることになったのです。

しかも、前列3人と後列4人ではあからさまな衣装格差をつけられ、2人の差が浮き彫りに……。デビュー時にはじめてキスマイを見た人は、前にいる玉森くんと後ろの宮田くんがシンメとは思わなかったかもしれません。

デビューと同時に玉森くんは頭角を現し、ドラマやバラエティに引っ張りだこ。キスマイの顔と言われるほどの活躍を見せ始めます。この時期の宮田くんは、「焦りもあったし、頑張らないと置いていかれると周囲にさんざん言われた」とプレッシャーを口にしていました。宮田くんにとって、本当に辛い時期だったはずです。

運命も試練も宮玉を引き離すことはできなかった!

しかし、どんなに精神的に追い込まれることがあっても、宮田くんが玉森くんに辛く当たることはありませんでした。宮田くんは相変わらず玉森くんと仲良しでしたし、玉森くんも宮田くんをおざなりにすることなく、きちんと彼を立てる発言をしています。

立ち位置が変わったとしても、支え合って生きる2人の関係はそのままでした。現在は宮田さんもオタク道でキャラを確立、2人ともキスマイでしっかりと個性を確立しています。

そしてキスマイは、今は衣装格差も立ち位置の差もなくなりました。現在は全員が一列に並ぶことが多いです。

甘々宮っちとツンデレ玉ちゃんが贈る宮玉の日々

ジャニーズには数多くのシンメがいますが、その中でも宮玉は絵に描いたように解りやすいシンメです。

ツンデレでちょっと冷たい玉ちゃんに、ハイハイと何を言われても笑顔な宮っち。とはいえ、玉ちゃんの宮田愛は相当なもので、この「BELOVE」の企画を立てたのも玉ちゃんです。オタクの宮田くんではなく、オタクっ気があんまりない玉ちゃんが作ったところがポイント。

何せ、過去にSMAPの草なぎくんに「お友達は誰?」と聞かれたとき、「宮田しかいません」と答えた玉ちゃんです。家を行き来するほど仲が良く、宮っちが実家に帰っていていないときは文句を言うほど。宮っちは宮っちで、「玉の全部が好き!」「嫁にするなら玉一択」と公言するくらいの溺愛ぶりです。キス担にとっては『BELOVE』の世界は何も特別ではないのです(?)。

宮玉が本当に交際していると思っていた二階堂さん

宮玉がどれだけ仲良しかというと、メンバーの二階堂高嗣くんが「本当に付き合っていると思って、あえて言わなかった」という発言をしているほど。いつも一緒にいるメンバーさえ、勘違いするほどの仲良しぶり!

二階堂さんがラジオで語った内容によると、ツアー中にシャワー室を訪れたとき、ちゃんと部屋で区切られたシャワー室が5つほどあったにも関わらず、宮玉は2人で1つのシャワー室に入っていたそう。それを見た二階堂さんは、「見ちゃいけないものを見た気がした」「本当に付き合っていると思っていた」と思い、本当に誰にも言わなかったそうです。

宮田くん曰く、洗顔フォームが宮田くんのものしかなかったため、2人で共有するために1つのシャワー室に入ったとか。とはいえ、成人男性が二人でシャワー室にいたらびっくりですよね。二階堂くん、「本当にそうなら渋谷区で結婚式を挙げればいい」と思うほど、2人のことを真剣に考えていたようです。良い人ですね。

ドラマ『BE LOVE』の見どころを解説

キスシーンとベッドシーン以外はいつもの宮玉

10月15日配信のメイキング映像を観たキスマイ担は、「キスシーンとベッドシーンが意外はいつもの宮玉」と感想を語ってました。2人が監修しただけあって、この映像に出るもののほとんどは「日常の宮玉そのもの」です。

2人の実際のエピソードも織り込まれているので、より日常の2人の関係と重ねやすいのかもしれません。

つまり、このドラマで起きていることはリアル宮玉でも起きていると言うこと! ぜひ、キスマイの仲良しシンメ・宮玉のリアル感に触れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です