ドラマ『24 JAPAN』公式動画や見逃し配信を無料で見る方法は?全24話&オリジナルストーリーを視聴

2020年10月9日(金)からテレビ朝日系で放送の『24 JAPAN』は、アメリカで大ヒットを飛ばし、日本でも知名度の高い「24」を日本版にリメイクしたドラマです。

非常に難しい挑戦となることは間違いありませんが、一方で期待する声も大きい作品です。

こちらの記事では、ドラマ『24 JAPAN』の見逃し配信や動画を無料フル視聴する方法、ドラマの内容や豪華キャスト陣について紹介しています。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

 

ドラマ『24 JAPAN』の見逃し配信動画はABEMAで配信されています。

ABEMAプレミアムなら2週間の無料体験があり、無料体験の期間は動画が見放題です。

無料期間中の解約ならお金がかからないのでオススメです。

無料期間中の解約で動画が無料!


ABEMAプレミアムの特徴とおすすめポイント

  1. ABEMAはサイバーエージェントとテレビ朝日が立ち上げた動画配信サービス
  2. 2週間の無料体験中は、ABEMAで配信されている動画がすべて見放題
  3. ABEMA限定で配信されているドラマやオリジナル番組など多彩な動画コンテンツが豊富
ABEMAは、「M 愛すべき人がいて」の過去の動画が見たくて調べてみたら配信されていたので利用し始めました。プレミアムに登録すると、私の見たい動画だけでなく、ABEMATV限定の恋愛ドキュメンタリーも見放題になって、とても満足しています。

 

また、プレミアムに登録しなくても、定期的に無料動画をたくさん配信しているので飽きることなく楽しめます。ABEMAプライムではニュースやエンタメ情報なども毎日配信されているので様々な人の役に立つサービスだと思います。

ドラマ『24 JAPAN』の見逃し動画を無料で視聴する方法

ドラマ『24 JAPAN』は、ABEMAで見逃し動画が配信されています。

一定期間は無料で視聴することもできますが、期限が決まっています。

期限が過ぎてしまったり、全話一気見したい場合は、ABEMAプレミアムで視聴することができます。

また、地上波では見ることができないオリジナルストーリーも配信予定!

ABEMAプレミアムでは無料で動画が楽しめる2週間の無料体験があり、その間は配信されている動画がすべて見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\ABEMAの無料トライアルはこちら/

 

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『24 JAPAN』の作品紹介

ドラマ『24 JAPAN』は、テレビ朝日開局60周年記念ドラマとして制作され、金曜ナイトドラマ枠で放送されます。

初回放送は10月9日(金)の夜11:15~で、2クールに渡って全24話が放送される予定です。

「24」はもちろん、キーファー・サザーランドさんが演じる「ジャック・バウアー」でおなじみのドラマです。

これを日本版にリメイクした作品ということで、放送前から期待する声が多く出ています。

日本初の女性総理候補暗殺計画阻止に動くテロ対策ユニットの物語

ドラマ『24 JAPAN』は、アメリカ版「24」と同様、テロ阻止の特殊任務が物語の中心となります。

アメリカ版では初の黒人大統領暗殺を阻止することが大きな目的でしたが、日本版の『24 JAPAN』では、初の女性総理大臣候補に暗殺計画が出ているという設定に変えられました。

暗殺計画阻止のために動くのは、CTUというテロ対策ユニットです。

そのCTU第1支部A班班長を務めるのが主演・唐沢寿明さん演じる獅堂現馬という人物で、日本版ジャック・バウアーとも呼ぶべき存在となります。

この物語はテロ阻止の特殊任務がメインテーマですが、一方で暗殺対象の総理、主人公の獅堂現馬それぞれの「家族」も大きなテーマです。

主人公・獅堂現馬の娘が作中で誘拐されることもすでにわかっていて、この誘拐事件がテロとどう絡むのかも見どころですね。

ドラマ『24 JAPAN』は、タイトル通りわずか24時間という短い期間を描くドラマです。

この24時間の間に獅堂現馬はテロを阻止し、大団円を迎えることができるでしょうか。

ドラマ『24 JAPAN』の豪華キャストを紹介

主演・獅堂現馬役は唐沢寿明さん、暗殺のターゲットとなる女性総理候補・朝倉麗役は仲間由紀恵さんです。

その他のキャストも非常に豪華なので、一部を紹介します。

現馬の妻・六花/木村多江
現馬の上司/村上弘明(東京本部長)、佐野史郎(第1支部長)
現馬の所属するCTU第1支部A班メンバー/池内博之、栗山千明(元現馬の恋人)

その他にも、桜田ひよりさん・筒井道隆さん・片瀬那奈さん・前川泰之さん・上杉柊平さん・でんでんさんら個性豊かなキャストが脇を固めています。

物語のカギを握りそうな人物の一人が、片瀬那奈さん演じる謎の美女です。

ドラマのHPでも、ファーストクラスの乗客とだけ紹介されていて名前もわかっていません。

明らかに何か身元などに裏がありそうな臭いがするので、どのように物語に絡んでくるのか気になりますね。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/24japan/cast/01.html

主演・唐沢寿明は「24」の大ファン


主演を演じる唐沢寿明さんは、今回のドラマにかなり意気込んでいます。

インタビューでは、DVD-BOXを購入しているほどの「24」ファンであることも話していました。

唐沢さんは、若い世代の役者が海外作品のリメイクに挑戦できる環境を整えるため、先陣を切る役目を買って出ると、俳優生命を賭けて今回のドラマに挑む決意も述べています。

記者会見の様子やその他特報映像はABEMAで視聴できます。

ドラマ『24 JAPAN』1話から最終回までのあらすじ・感想

1話あらすじ【2020年10月9日放送】視聴率7.7%

“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日を迎えた深夜0時――。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、自宅で娘・美有(桜田ひより)と仲睦まじくトランプを楽しんでいた。

ところがその直後、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)から緊急招集がかかってしまう。

あろうことか「24時間以内に総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺する計画がある」との情報が入ったというのだ!

一刻を争う状況の中、この暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんな中、郷中は信頼する現馬にだけ「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げ、調査を命じる!

しかも、極秘任務を請け負うことになった現馬の前に、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が現れ、“新たな情報”を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は“とんでもない行動”に及んでしまう!

一方、ひとり自宅に残された現馬の妻・六花(木村多江)も美有の身を案じていたが、そこに一本の電話がかかってくる…。

更にその頃、はるか上空を飛行する旅客機の中では、やがて日本中を震撼させる“恐ろしい計画”が進行していた――。

出てくる俳優さんが良い人ばっかりで見ていて嬉しくなってしまいました。これから仕事だというのに、娘がいなくなってしまったと奥さんから連絡があり、自分の仕事と娘の事で職場を使いすぎてるなと思いましたが、自分の進退かけている所が格好良かったです。飛行機事故、娘の誘拐のこれからが楽しみです。

40代

第一印象がボイスというドラマに似ていて続編なのかなって思ってしまいました。ですが最後までみると全く違う感じの事件の起き方だったので続編ではないかなと感じました。主演の唐沢さんがでると刑事物は迫力があるなと感じました。

20代

いろんなことが一気に起こる、スピーディーな展開に惹きつけられました。どこでどう繋がるか分からない、複雑な人間関係もまた面白かったです。そして謎だらけでミステリアスな感じしかしない、獅堂現馬の本性も気になりました。

40代

本部の雰囲気や、栗山千明さんのセリフなどが洋画っぽくて、新鮮でした。片瀬那奈さん演じる女性が、飛行機を爆破して、しかもパラシュートで脱出するというド派手ない展開に驚きました。一話から色々なことが起きて少し混乱しましたが、これからの展開が楽しみです。

20代

豪華キャストで凄いなと思いました。
初回から仲間の中に総理立候補者への暗殺計画に手を貸した裏切り者がいるという展開はなかなか無いなと思って見てました。同時に主人公の娘も危なさそうな雰囲気で次回がとても気になりました。洋画での「24」がどういうものかも見てて気になりました。

20代

始まりました、24JAPAN!まさか日本版を制作するとは思ってもみませんでした。ストーリーはまだまだこれからの展開次第でしょうけど、唐沢寿明、栗山千明、佐野史郎と名優ぞろいで楽しみです。ただどうしてもあのカウントを見ると、本家がチラついてしまいます。

40代


第2話あらすじ【2020年10月16日放送】視聴率5.3%

ニューヨーク発東京行きの旅客機が突然、墜落した。第一報を受けたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関係した“事件”だと直感。CTUの暗号解析係長・南条巧(池内博之)に搭乗者全員の経歴をすぐ調べるよう命じるが、現馬に不信感を抱く南条は素直に命令に従おうとしない。

その頃、旅客機を爆破してパラシュートで脱出した謎の女・氷川七々美(片瀬那奈)は、地上で何者かと合流。墜落した飛行機の乗客のひとりで、数時間後には麗を取材する予定だったカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)から奪ったIDカードの話になるが…!?

一方、CTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)は、極秘調査を担当するCTU第3支部捜査員・三上徹(石垣佑磨)と落ち合い、所有者ナンバーが消去されたCTUのカードキーを受け取る。なんと、そこには正体不明の内通者によって、麗に関する膨大なデータが記録されていたというのだ!しかも、カードキーの受け渡し直後、何者かが郷中と三上を銃撃…!

郷中から連絡を受けた現馬はすぐさま救助に向かうが、その行く手には文字通り“絶体絶命の事態”が待ち受けていた! さらに同じ頃、麗が滞在先のホテルから姿を消してしまい…!?

娘・獅堂美有(桜田ひより)の行方も依然としてつかめず、公私ともに得体の知れない事件に翻弄されていく現馬。そんな彼にやがて、追い打ちをかけるかのような“耳を疑う新情報”がもたらされる――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

第2話でストーリーも展開を見せてきており面白くなってきました。CTU内の内通者は本当に水石チーフなのか?朝倉麗はホテルを抜け出してまであっている人物は誰なのか?現馬の娘を拉致している若者たちの目的はなんなのか?わからないことだらけで来週の展開が気になります。

20代

世間的には海外ドラマのリメイクと言う事で賛否両論色々な意見がありますが、これはこれで日本ならではの良さがあってある意味良いのでは無いのかと感じました。特に日常会話のやり取りもなんかが日本なりのリアリティーがあって良いと思いました。

40代

謎があまり解明されずに一時間が終わったので、続きが気になります。複数箇所で起こっている出来事が繋がってくるとスッキリした気持ちになりそうです。あと、セリフが洋画の吹替の感じに似ていて、印象に残りました。

30代


第3話あらすじ【2020年10月23日放送】視聴率4.5%

「ママ、大好き」――

獅堂六花(木村多江)は、親友・函崎寿々(柳美稀)と夜遊びに出かけたまま帰ってこない娘・獅堂美有(桜田ひより)が電話で発した“反抗ばかりの娘らしからぬ言葉”に胸騒ぎを覚える。

その頃、長谷部研矢(上杉柊平)と鮫島剛(犬飼貴丈)は誘拐した美有を、東京行きの旅客機を爆破したテロリスト・氷川七々美(片瀬那奈)ともつながる謎の男・神林民三(高橋和也)に引き渡す計画を進行していた。

自分たちは誘拐された――まさかの事実を知ってしまい、意を決した美有は、寿々と2人で逃げ出すことに! 研矢と剛の追手が迫る中、決死の逃走を続ける美有と寿々だが、やがてその行動が“第2の悲劇”を招いてしまい…!?

一方、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止するという極秘任務にあたる CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、“内通者のものと思われるカードキー”に麗の極秘情報を入力した端末が、厚い信頼を寄せていたA班チーフ・水石伊月(栗山千明)のものだと知って愕然…。

A班暗号解析係・明智菫(朝倉あき)に協力を仰ぎ、本当に伊月が入力したかを再度調査する。そんな中、伊月の恋人でもあるA班暗号解析係長・南条巧(池内博之)が“想定外の行動”を起こし…!

同じ頃、こっそり滞在先のホテルから抜け出した麗は、闇の情報屋・上州(でんでん)と密会。“麗にとって命取りとなる情報”を握るニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)への口止め工作を頼むのだが…!?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

事件の概要部分がそろそろ終わりに近づいた第3話。24本編を見ている勢としては役者の演技が気になったり、車を止めて作業することに若干の違和感はあるものの、楽しく見ることができました。特に本編に出てきていない総理候補の夫の母親が気になるところです。

演技には若干の癖が強く、ドラマ開始20分ぐらいそのことに気をとられますが、あとはおおむね良好。今回の最後、寿々にまだ息があることがわかり、本編では一応彼女の生死がはっきりしていなかったので、もしかしたら……と思っています。

40代

今回も色々と展開がありましたが、現馬の娘の美有を演じた桜田ひよりさんの演技がとても良かったと思いました。自分たちを拉致した若者から逃げるわけですが、こちらにもその緊迫感が伝わってくる演技でした。朝倉麗の子どもたちのスキャンダルの内容にも驚きました。もし本当であれば総選挙は辞退せざるを得ないと思います。

40代

あちらこちらで大変なことになっていますね。麗もこっそりと抜け出して大騒ぎになっています。本人は駐車場でヤンキーに絡まれていたし、下手したら拉致されそうですよね。子供達を思う気持ちは立派です。獅童は明智と裏切り者の炙り出しをしていますね。水石は本当に裏切り者なのか、何かわけがあるのか気になります。美有達も危機的な状況を脱しようと必死ですね。

40代


第4話あらすじ【2020年10月30日放送】視聴率4.5%

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の極秘情報を盗み、CTU(テロ対策ユニット)のカードキーに入れて外部へ持ち出したのは、CTU第1支部A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)ではなかった…!

身の潔白を証明すると同時に、A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)から初めて“麗の暗殺計画“と“CTU内に潜む内通者”の存在について聞かされた伊月は、A班暗号解析係・明智菫(朝倉あき)と共に暗号化されたカードキーのデータ解読に着手。

その一部から、麗と接点のない“ある住所”を読み解く。ところがその矢先、第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)がオフィスを完全封鎖! なんと現馬の班長解任を要求するA班暗号解析係長・南条巧(池内博之)の依頼を受け、内部調査を開始したのだ。

しかし、現馬はとっさの機転で脱出に成功。カードキーから読み取った住所へ向かうが…!?

一方、麗もついに夫・朝倉遥平(筒井道隆)から、暗殺計画について聞かされることに。しかし麗は、息子・朝倉夕太(今井悠貴)が過去に殺人の罪を犯したという真偽不明の情報を報道しようとするニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)への対処で頭がいっぱい…。

息子のスキャンダルについて何一つ知らない遥平は、そんな妻の様子を訝しがり…。

その頃、現馬の娘・獅堂美有(桜田ひより)はふたたび誘拐犯の長谷部研矢(上杉柊平)と鮫島剛(犬飼貴丈)に捕まってしまう。そして、謎の男・神林民三(高橋和也)のもとへ連れて行かれ…!

引用:「24 JAPAN」公式サイト

物凄く時間が凝縮された中で緊迫感溢れるシーンが良く出来ているなと思って見ていました。このドラマの凄く良い所は、世代間問わずに物語が見れる所では無いのかなと思いました。獅堂のテロ対策の面から見ていると大人達の見方からで、誘拐された娘の見方からだと若者の視点からで同じドラマで二つの見方から見れるのは面白い切り口だなと思って見ていました。

40代

第5話は事件の展開が早くなってきましたね。寿々さんが病院に運ばれ、そこに函崎さんと六花さんが来て、手術を見守る。獅堂班長は暗殺の重要参考人を逃がすか否かで迷っておりましたが、私が同じ立場なら冷静な判断ができないと思います。だから獅堂班長はすぐに決断したのですが、苦渋の決断と感じました。テロリストの神林さんが剛さんが嘘をついているのを見破り、その場で射殺。神林さんは用が済んだり、失敗したら、殺すと思うと怖いと感じました。

20代


第5話あらすじ【2020年11月6日放送】視聴率4.6%

誘拐された娘たちを捜す獅堂六花(木村多江)と函崎要吾(神尾佑)は、女の子が車にはねられたことを知り、病院へ急行。手術室へ運ばれる函崎の娘・寿々(柳美稀)の姿を確認する。寿々の命は助かるのか、そして彼女と行動を共にしていた六花の娘・獅堂美有(桜田ひより)はどこにいるのか…。

心配でパニックに陥る六花。そんな妻から事情を聞いたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、別の線から美有の行方を調べると告げ、警察署の取調室へ向かう。

取調室にいるのは、現馬の前で警察官の命を奪った男・陳元永福(渋谷謙人)――日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関与している可能性が極めて高い男だ。しかも、陳元は美有が誘拐されたことも知っていた!

暗殺計画の黒幕と美有の居場所を突き止めるため、陳元を尋問しようとする現馬。だが、その眼前にCTU第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が立ちはだかり…!

その頃、麗は苦悩していた。息子・朝倉夕太(今井悠貴)がかつて妹・朝倉日奈(森マリア)に暴行を働いた少年を殺した――そんな衝撃的なニュースをまもなくキャスター・山城まどか(櫻井淳子)が報道してしまう…。

そうなれば、日奈のショックは計り知れない。報道される前に日奈に伝えるべきではないか、と考え始める麗。やがて彼女は、この窮状を打開するために“大胆な決意”を固める!

一方、美有は謎の男・神林民三(高橋和也)のもとへ連れ去られていた。そんな中、“掟破りの行動”に出た現馬は、ついに美有の居場所につながる手がかりを入手するが…!?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

今回は主に三つの視点から描かれていました。主人公自身の職務と、娘の誘拐と、次期女性総理大臣と言われている女性の話です。その視点からドラマを見ていると一見関係が無いように思われますが、もしかしたら一つの線になって繋がっていくのでは無いかと想像しながら見ていました。話のテンポが良くてとても面白かったです。

40代


第6話あらすじ【2020年11月13日放送】

党関係者との朝食会を目前に控えた日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)は、闇の情報屋・上州(でんでん)から衝撃的な事実を告げられる。かつて麗の息子・夕太(今井悠貴)が犯した殺人の証拠をもみ消したという。

だが、それはほかならぬ夕太本人から頼まれたからだ、というのだ! 自分の預かり知らぬところで行われた“隠蔽”にショックを受けた麗は、上州に絶縁を宣言。だがそんな彼女に向かって、上州は“不穏な言葉”を口にする。しかも、麗の夫・遥平(筒井道隆)が人知れず、“信じられない行動”に出て…!

一方、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、娘・美有(桜田ひより)の誘拐事件と麗の暗殺計画がつながっていることを確信。美有と一緒に誘拐された挙げ句、車にはねられ瀕死の状態で病院に運ばれた函崎寿々(柳美稀)の命も狙われていると察し、病院へ急行する。

妻・六花(木村多江)には事情を打ち明け、「必ず美有を助け出す」と宣言する現馬。ところがそこへ、暗殺計画との関与が疑われる謎の男・神林民三(高橋和也)から、現馬に不意の電話がかかってくる!知らぬ男からの電話に緊迫した表情になる現馬。「娘に会いたかったら、俺の指示に従え」――愛する娘の命を平然と盾にする神林に、現馬は抗うことができず…!?

そんな中、神林が手下の陳元永福(渋谷謙人)に始末するよう命じた“身元不明の死体”を調べていたCTUは、ついにその正体を突き止める。そこから明るみに出る“耳を疑うような事実”――それは、現馬とその家族に今まさに迫りつつある“もうひとつの危機”を示唆していた!

引用:「24 JAPAN」公式サイト


第7話あらすじ【2020年11月20日放送】

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、最愛の娘・美有(桜田ひより)を誘拐した黒幕・神林民三(高橋和也)の指示に従い、CTU第1支部へ。

オフィスの中では、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わる“正体不明のCTU内通者” についての情報が入っているカードキーの解析が進められていた。そう、神林の狙いは、ほかでもないそのカードキーだったのだ!

偽物のカードキーとすり替えるよう命じられ、ためらう現馬。だが、その矢先にA班チーフ・水石伊月(栗山千明)から、神林が始末しようとしていた死体について報告を受けた現馬は、顔色を変える。死体の身元はあろうことか、美有を捜すため奔走する妻・獅堂六花(木村多江)と一緒にいるはずの会計士・函崎要吾(神尾佑)だったからだ!

娘だけでなく、妻の命までも盾に取る神林に追い詰められ、不本意ながらも命令に従おうとする現馬。一方、身の危険を察知した六花は、ニセ函崎から逃げようと立ち上がるのだが…!?

その頃、麗は党関係者との朝食会で、息子・夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していた過去を公表することを決意。夕太にも朝食会に出席するよう促すが、拒絶されてしまう。さらに、真実の公表に反対する夫・遥平(筒井道隆)との話し合いも、平行線をたどる一方で…。

それぞれのやり方で家族を守ろうとし、窮地に追いやられる現馬と麗。そんな中、いよいよもって退路を断たれた現馬は銃を手に取り、前代未聞“究極の行動”に出てしまう――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト


第8話あらすじ【2020年11月27日放送】

総選挙当日の午前7時――。日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)と党関係者の朝食会が、今まさに始まろうとしていた。謎の男・神林民三(高橋和也)の指令に従い、麗の写真撮影を請け負うカメラマン・皆川恒彦になりすました男(前川泰之)は、会場の厳重なセキュリティーを通過。

一方、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)もまた、最愛の娘・美有(桜田ひより)と妻・六花(木村多江)の命を盾にする神林に操られるがまま、会場へ足を踏み入れる。

その頃、神林の命令で現馬が銃撃したCTU第1支部A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)は、ほかでもない現馬の巧妙な計らいで密かに命を取り留めていた。すぐさまCTUに連絡を入れる伊月。しかも、電話に出たA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)と話した彼女はとうとう、CTU内に潜む“麗の暗殺計画に関わる内通者”の正体に気づいてしまう!

内通者はいったい誰で、その動機は何なのか――。まだまだ多くの謎が渦巻く中、“真相をあぶり出す作戦”を練る伊月。かたや、会場内の一室で待機させられていた現馬の前には、ニセ皆川が出現!

現馬をさらに追い詰める命令を下し…!?

そんな中、朝食会のメイン会場ではついに、麗のスピーチが始まる。息子・夕太(今井悠貴)が過去に正当防衛で殺人を犯していたことを公表すべく、重い口を開こうとする麗。ところがその直後、会場内にとてつもない衝撃が走る“最悪の事態”が発生してしまう――!

引用:「24 JAPAN」公式サイト

やっと水石と南条が明智がテロリストと関係ある事を突き止めたけど要である誰からの指示かは言いませんでしたね。一体誰の指示で明智は動いていたんだろう。それと完全に神林の言いなりに陥ってしまった獅堂。辛うじて朝倉麗の暗殺計画は阻止出来たけどその事によって妻六花と娘美有への命の危険が高まってしまっただけに獅堂は辛い決断でしたね。

40代


第9話あらすじ【2020年12月4日放送】

謎の男・神林民三(高橋和也)の指示によって、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画が実行に移された! CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、娘・美有(桜田ひより)と妻・六花(木村多江)を人質に取る神林に逆らえず、暗殺計画に加担させられそうになるも、間一髪のところでわざと騒ぎを起こし、麗の命を救う。

しかし、暗殺実行犯と間違われ現馬は、捕らえられてしまう。連行される現馬だったが、自らの手で神林を捕まえて家族を救出すべく逃走! 町の一角に身を潜めながら、部下のA班チーフ・水石伊月(栗山千明)に連絡を入れる。

ちょうどCTU第1支部では、伊月と暗号解析係長・南条巧(池内博之)が、内通者として暗殺計画に関与していた暗号解析係・明智菫(朝倉あき)を訊問。ついに口を割らせ、菫を操る人物が神林だと突き止めていた。報告を受けた現馬は、神林の逮捕に協力するよう、電話で菫を説得。だが、菫は首を縦に振ろうとしない。すると、現馬は秘密裏に、伊月に向かって“冷酷な指示”を出し…!?

一方、麗は実際に命を狙われてもなお、毅然とした態度を貫いていた。そんな中、ニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)は、麗の息子・夕太(今井悠貴)が過去に殺人を犯していたという事実を、1時間後に報道することを決意。麗の夫・遥平(筒井道隆)はこれを阻止しようと、裏で動き始める。

その頃、美有と共に神林のアジトに監禁されていた六花は“あまりにも大きな代償”を払いながらも、密かに携帯電話を入手。隙を見計らって伊月に連絡するが、その瞬間、神林の手下が現れ…!

やがて、またもや状況は急変。現馬がまるで想定していなかった“驚愕の事態”が発生する――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

今回は、獅童現馬は少しやりすぎ感がありました。まずは内通者だった明智がなかなか口を割らないために、明智の息子を呼ぶよう水石に指示したり、民間人を脅して車で逃げたりしたりと、捜査のためには手段を選ばない姿勢には驚かされます。一方、監禁されている六花と美有のほうは、六花がまさに身体を張って美有を守り、携帯を盗み、水石に助けを求めます。六花の勇気ある行動は素晴らしかったと思います。

40代


第10話あらすじ【2020年12月11日放送】

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わる内通者だということがバレてしまい、追い詰められたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の暗号解析係・明智菫(朝倉あき)が自殺を図った!

菫を訊問していたA班チーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は動揺しながらも、菫が病院へ搬送されるのを見届け、それぞれの仕事へ戻る。

一方、麗を暗殺しようとした実行犯と間違われ、警察に追われる身となったA班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は逃亡を続けるも、あちこちに張り巡らされた検問のせいで身動きが取れないでいた。その矢先、暗殺計画に関与する謎の男・神林民三(高橋和也)に誘拐された現馬の妻・六花(木村多江)が再び、監視の目をかいくぐり、伊月に電話をかけてくる。

電話をつないでもらった現馬は六花、そして一緒に監禁されている娘・美有(桜田ひより)の居場所を突き止めて救出するため、伊月に逆探知を依頼。だが、通話経路は暗号化されており、逆探知は至難の業だ。悠長に待ってなどいられない現馬は、大まかなエリアが判明するや危険を顧みず、警察の包囲網を突破しようと試みるが…!?

まもなく菫のパソコンから、暗号化された1件のメールが見つかる。かろうじて判明した件名には、「テッド福井」という不審な名前が記されていた!この人物は一体何者なのか…。

南条から報告を受けた現馬は「テッド福井」と接触を図ろうと画策し、大胆な行動に出る。そんな中、CTU第1支部に、九死に一生を得た麗のもとに、さらには神林のもとにも――次々と“驚愕の知らせ”が舞い込む!

引用:「24 JAPAN」公式サイト

六花が犯人から奪った携帯がいつ見つかってしまうのかとドキドキしましたね。あの携帯が六花と美有の居場所を特定させる唯一の手段なだけに。あと少しで逆探知が成功するはずだったのに携帯見つかってしまい残念。ここから先獅堂がどうやって人質にされている六花と美有のもとにたどり着けるのか。早く次の展開が知りたいです。

40代

新しいCTUの班長は、一癖二癖ありそうな女性で、現馬や伊月とも因縁があるようで今後の操作の障害にならなければ良いと思います。獅童現馬が会ったテッド福井がどんな人物なのか、どんな情報を持っているのかも気になります。朝倉麗も支援者を失ってしまい、今後の選挙戦をどう戦っていくのか心配なところです。また、テロリストの神林のボスの存在が明らかになりましたが、神林の顔色が変わっていたので相当恐ろしい存在なのかもしれません。

40代


第11話あらすじ【2020年12月18日放送】

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺しようとした実行犯だと疑われ、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長を解任されてしまった獅堂現馬(唐沢寿明)。彼は警察の追手から逃れながら、あろうことか暗殺計画に関わっていると思われる投資会社の社長・テッド福井(飯田基祐)を拉致!

暗殺計画に関与する謎の男・神林民三(高橋和也)に誘拐された現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)の居場所を聞き出そうとする。だが、テッドは知らぬ存ぜぬの一点張り。暗殺計画の関係者との接点についても、シラを切り通す。

一方、墜落した旅客機の搭乗者データを分析していたA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、暗殺未遂騒ぎのあった現場から逃亡したカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)の名前がデータから消されていたことを発見する。そう、皆川は墜落事件の犠牲となり、暗殺未遂騒ぎの何時間も前に亡くなっていたのだ!

だとすれば、“逃亡した皆川”は一体誰なのか――。謎は深まるばかりで…。

やがて現馬は、テッドがある男からの急な要請で、落ち合う約束をしていたことを知る。A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)にその男の素性を調査するよう依頼すると同時に、自らその正体不明の男に会おうとする現馬。ところがその矢先、テッドがナイフを手に現馬を襲撃し、「すべては自業自得。報いを受けろ!」と“不穏な言葉”を浴びせ…!?

同じ頃、六花と美有も命の危機にさらされていた。麗の暗殺計画を完遂するため“第2の作戦”に着手し始めた黒幕=アンドレ・林(村上淳)がなんと神林に対し、2人を殺すよう命令したのだ――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

まず、発作で死んでしまうところのあっけなさや、脅し文句がぶっとんでる感じがアメリカっぽいなと感じました。それを唐沢さんが演じていることが改めて新鮮です。あと、お母さんが精神的な強さを発揮しているところが印象的でした。また、今まで、主人公は機密情報を扱ったり、極秘任務に関わっているから都合がよくて巻き込まれていると思っていましたが、主人公自身にも要因があるみたいだったので、その点が気になってきました。

30代

今まではなかなか解決しそうになく、どうしたら妻と娘が助かり総理候補の朝倉麗のことも守れるのか全く希望が見えませんでしたが、今回はやっと少しだけ希望がもてるような気がしてきました。しかし、現馬の詰めの甘さのようなものを節々で感じ、少しイライラする部分もありました。せっかくテッドを捕えたのに死なせてしまい残念でした。

30代

今回も獅堂現馬は行き過ぎた尋問をしてしまいます。苦しむテッド福井に薬を与えず死なせてしまい、そのことを現馬も悔やむわけですが、そのあとにやってきたニセ函崎に対しても強引な運転で気絶させるなど、反省のはの字もないとはこのことです。一分でも早く、六花と美有を助けたいという現馬の気持ちもわかりますが、あまりにも強引すぎる捜査だと思いました。それにしても、またニセ函崎が登場するとは思ってもいない展開でした。

40代

六花と美有の監禁場所を知っているであろうテッド福井を獅堂が運転手になりすまして拘束したけど2人の居場所を聞き出す事が出来ないまま死なせてしまいましたね。ここまでかと思ったけど獅堂あきらめてませんでしたね。テッドと会う予定だった男を拘束するとは。この男がなんとか2人の居場所を吐いてくれると良いのですが。

30代


第12話あらすじ【2020年12月25日放送】

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺しようとした実行犯だと疑われ、決死の逃走劇を展開していた。

そんな中、現馬は麗の暗殺計画に関わる神林民三(高橋和也)の手下・音守清介(神尾佑)と接触。神林に誘拐された現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)が監禁されているアジトまで案内させる。

と同時に、現馬はCTUにいるA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)にも連絡。アジトの場所を正確に突き止めるため、秘密裏に自分のスマホをGPSで追跡してもらうよう段取りを整える。

だが、そんな伊月の動きを、現馬の身柄拘束に躍起になるA班の新班長・小畑緑子(霧島れいか)が徹底マーク!

ついには強硬手段を使って、伊月とA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)を追い詰め、現馬の居場所を吐かせようとし…!?

まもなく、現馬はなんとか神林の一味に見つかることなく、アジトへ潜入。ついに最愛の妻子と再会を果たす。だが、その直前に六花と美有は、自分たちを殺そうとした神林の手下を射殺してしまっていた。当然のごとく、神林は手下がなかなか戻ってこないことを怪しみだし…!

その頃、闇の情報屋・上州(でんでん)は、麗の息子・夕太(今井悠貴)が正当防衛とは言え、過去に殺人を犯していたという事実を、完全にもみ消そうと企んでいた。このままでは夕太の秘密を知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)の命が危ないのではないか…。

よからぬ予感を抱いた麗は、自らの身の危険も顧みず、ある決断を下す――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

初めてこのシリーズを観ましたが、とても面白かったです。リメイクの番組だそうで、唐沢寿明演じる獅童が敵と撃ち合ったり、自動車のガソリンを発火させて逃げようとするところなど、昔のアクションもののヒントがところどころに見え隠れしたところが懐かしかったです。朝倉麗が初の女性総理になるかなど、現代日本の社会にもマッチしそうな工夫もあり、現実感も持てました。また、テロ対策ユニットのITセンターもリアルだと思いました。堂々と敵に立ち向かう獅童を演じる唐沢寿明の熱演がよく、次回の結末編も楽しみです。

40代

獅童が妻と娘の誘拐されたアジトに辿り着き、いよいよ救出かと思いましたが、ケンとも一緒に逃げることになり、もうドキドキが止まらず、興奮しっぱなしでした。回を追うごとに面白さがどんどん増しています。娘と自分を守るため、拳銃で人を殺した指導の妻の気持ちも痛いほどわかります。なんとか逃げ延びてほしいと思います。

20代

マイロが水石からやたら仕事を無茶ぶりをされているけれどすぐ引き受けてて、物わかりよすぎて怪しいです。気絶させられた音森が神林に見つかった時は本当にヒヤヒヤしました。現馬たちが車で逃げるシーンはカーチェイスあり、銃撃戦あり、最後に車爆発炎上と大迫力。テレビドラマで久々に見た気がします。麗の方も不穏な展開になってきたし、次回も見逃せません。

40代

獅堂現馬と六花と美有がついに再会を果たし、抱き合うシーンはジーンときました。しかし、また離れ離れになってしまったので、また彼女たちが神林たちに捕まらないか心配です。CTUでは小畑が、南条に尋問して、自分のキャリアと伊月とどちらを取るかの究極の選択をせまられ、かなり葛藤したと思います。一方、朝倉麗のほうですが、息子の夕太のカウンセラーの葵が殺されますが、口封じのためとは言え、やることがエゲツないです。

40代

ガス爆発で夕太のカウンセラーの先生が亡くなり、現場近くまで行っていた麗は、さっきまで自分と電話で話していた相手で、命があぶないと心配していただけに衝撃だったと思いました。やはり、上州が、夕太の殺人事件をなかったことにするために起こしたことかなと思いました。麗が夕太の殺人事件を公表するという気持ちがもっと強まったと思いました。

50代

獅堂がついに六花と美有と再会できましたね。まさか神林のアジトに単身で乗り込むなんていくら家族が誘拐されたからとは言え正直無謀な行動のようにも見えましたけど。ただここからどうやって六花と美有を安全な場所に連れ出すかですね。研が獅堂に協力してくれるとは言え相手は15人以上いる訳で。最後銃撃戦になったりしていたのでなんとか無事に逃げきる事が出来れば良いのですが。

40代


第13話あらすじ【2021年1月8日放送】

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わるテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)の手下・長谷部研矢(上杉柊平)に協力してもらい、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、神林のアジトに監禁されていた妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を連れて脱出。

だが、神林の猛追をかわすうち、やっとのことで再会した最愛の妻子とはぐれてしまう。危険を承知で、六花と美有を捜し回る現馬。やがて彼は、ついに神林との直接対決に挑む事になり…!?

一方、麗は見過ごすことのできない疑念にさいなまれていた。息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)が、不意の事故で死亡したからだ。闇の情報屋・上州(でんでん)が夕太の過去をもみ消すため、塔子を抹殺したのだと考え、全てを告発しようとする麗。だが、その覚悟を根底から揺るがすような言葉を、夫である朝倉遥平(筒井道隆)をはじめ、近しい人物たちから次々と浴びせられ…。

同じ頃CTUでは、自殺したCTUの内通者・明智菫(朝倉あき)がここ5カ月にわたり、自身の母親の口座に大金を振り込んでいたことが判明。菫の口座の入金履歴を調べたA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、現馬が7年前に携わった極秘任務「夜のとばり作戦」が今回の暗殺計画と関連しているのではないかと疑い、詳しく調べ始める。すると、麗の暗殺計画がまだ終わっていないことを示唆する“驚愕の事実”が浮かび上がり…!

引用:「24 JAPAN」公式サイト

獅童の妻六花と娘美有が何も武器を持たずにテロリストに追われながら山中に逃げるところは、とても緊張感がありました。その後、獅童はライフルを持つ神林から狙われ、手も足もでない状況になるが、太陽光の反射で神林の視界を遮り、形勢逆転したところは迫力満点でした。また、自殺したすみれの母親が暗殺計画に関わりがありそうな部分が今後気になります。

40代

わけもわからず捕まったら殺されるかもしれない恐怖からとりあえず生き延びようと必死で逃げている姿がかっこよかったです。しどうさんは正義感が強く一人でも多く助けようと動き出すそんな勇気があってすごく男らしくていいなあと思いました。でも自分はしどうさんの奥さんと娘さんが一番勇気があって頼もしい子だなと感動しました。

20代

獅堂と神林の銃撃戦は見ていて緊張しましたね。神林の銃が性能が良いだけに獅堂不利かと思ったけどそこは百戦錬磨でしたね。鏡を使い相手の視界を封じるとは。それとCTUからの応援ヘリが来るまでが長く感じました。あまりにも長く感じたからもしかして六花と美有が神林らにまた捕まってしまうのではないかと心配してしまいました。でも何とか家族3人無事救助されたけど単身小屋から飛び出して行った研がこの先どうなるのか気になります。

40代


第14話あらすじ【2021年1月15日放送】

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)はついに、テロ実行グループに誘拐された妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を救出。2人を病院へ送り出し、自らは聴取を受けるためCTUに残る。

だが、どうにも胸騒ぎがしてならない現馬は、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)に妻子の様子を見に行くよう依頼。すぐさま病院に向かった伊月だったが、2人に割り当てられた病室で“ある人物”と遭遇したことが発端となり、嫌な予感を覚え…!

その頃、現馬が一度は食い止めた日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画は、秘密裏に新たな動きを見せていた。なんと黒幕=アンドレ・林(村上淳)の指揮のもと、新たなテロリストが日本へ入国したのだ!

その情報を掴んだA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、新班長・小畑緑子(霧島れいか)に報告し、即座に麗を避難させるべきだと進言するが…!?

一方、闇の情報屋・上州(でんでん)に脅迫された麗は、息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)の死の真相を、これ以上追及しないことを決意。他殺を疑い、警察に通報しようとする夕太と、真っ向から対立してしまう。

そんな中、麗の周辺では“意外な人物”が怪しい行動を取り始めることに! さらに、現馬の経歴について調べていた麗自身もまた、CTUに激震が走るような驚くべき行動に出て…!?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

物語も後半に入って、毎週この番組を観ずにはいられなくなっている自分がいます。日常では絶対に味わえない緊張感に中毒になってしまっています。出てくる登場人物全てがリアルで、それぞれの心情が丁寧に描かれているので、ついつい引き込まれてしまいます。本当に久しぶりに次の放送まで待ちきれないという感覚を味わっています。

50代

六花と美有を救出しても安心できないのが24の凄いところですね。本来は助けだしてハッピーエンドなんでしょうけど病院にまだテロリストの影がなんかちらついてますもんね。見ている側をなかなか安心させてくれませんね。それと麗の命も心配ですね。こちらも選対スタッフの女性に新しいテロリストが近づいていってますからね。麗の情報も丸裸になっているのかな。

40代


第15話あらすじ【2021年1月22日放送】

テロ集団からいまだ命を狙われている日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)が突然、CTU(テロ対策ユニット)第1支部を訪れ、今すぐ第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)に会わせるよう要求!

麗は数時間前に暗殺されかけた際、現馬が自分の命を救おうとしてくれたとはつゆ知らず、現馬こそが主犯だと思い込んでいたのだ。

そんな麗と対峙した現馬は真摯に誤解を解き、自分たち2人と今回の暗殺計画をつなぐ“起点”と思われる、7年前の「夜のとばり作戦」について回顧する。そんな中、“思いもよらなかった暗殺計画の動機”が、あの作戦の裏側に隠されていたことに気づく現馬と麗――。

2人は、麗の指名で「夜のとばり作戦」の指揮を執ったCTU大阪支部の番場衛二(六角精児)にすぐさま連絡を入れ、連携プレーで麗の暗殺計画に関する情報をかき集めようとするが…!?

一方、テロ集団の黒幕=アンドレ・林(村上淳)の弟であるアレクシス・林(武田航平)は、麗の選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆)に甘い罠を仕掛け、刻一刻と変化する麗の行動予定情報を極秘入手。アンドレに向かって、今日中に麗を暗殺すると宣言する!

その頃、現馬によってテロ実行グループのアジトから救出された妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)は、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)らに警護され、隠れ家へ移動。まもなく六花の腹痛の事情についても分かるが…?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

獅堂も麗からの誤解が解けた事で1日限定だけど現場復帰できて良かったですね。麗が獅堂と協力する事でいろんな制約が緩和されるからテロリスト拘束に向けて一歩前進ですね。ただ麗の選対スタッフの真行寺がテロリストアレクシス林に情報を漏洩してしまっているからそこが気がかりですね。真行寺も情報収集の為に利用されている事を知らないから罪悪感もないんでしょうけど。

40代


第16話あらすじ【2021年1月29日放送】

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長に復職した獅堂現馬(唐沢寿明)と、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)が過去に共に関わり、麗の暗殺計画の動機に繋がっていると考えられる「夜のとばり作戦」――。しかし、その作戦で指揮を執ったCTU大阪支部の番場衛二(六角精児)が、何者かによって殺された!

さらに、現馬が番場から受け取っていた“意図的に一部削除されたデータ”に、3人の殺し屋の写真が格納されていたことが発覚。そのうちの一人、アレクシス・林(武田航平)が「夜のとばり作戦」で死亡したテロ組織の元締めの息子だったことも判明する!

まもなく現馬は麗から、選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆)がアレクシスと男女の仲にあり、ホテルで会う約束をしている…との情報を入手。現馬は、アレクシスの動向を極秘追跡するための綿密な作戦を練る。ところが、その矢先に急きょ、この任務の指揮をCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が執ることになり…!?

そんな中、アンドレ・林(村上淳)率いるテロ集団は虎視眈々と、隠れ家に保護されている現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を始末する準備を進めていた。CTUが厳重な警備を張り巡らせているにもかかわらず、2人に忍び寄る魔の手…。

その先には、2人の身を案じながら極秘任務に命を懸ける現馬も、まったく予想していなかった“恐ろしい運命”が待ち受けていて…!

引用:「24 JAPAN」公式サイト

現馬の妻の六花と娘の美有は誘拐犯から逃げ切り保護されてやっと少し安心できるかと思いましたが、CTUが厳重な警備をしていても油断できない状況が続きハラハラドキドキしながら見ました。現馬と朝倉麗が情報を共有できるようになりスムーズにやり取りできるようになったのは良かったと思いますが、次から次へと苦難が降りかかるので見ているだけで体力を使います。

30代

毎回ハラハラして観ています。やっと警護に守られ安堵の日を送っていた六花とみゆですが、またまた殺し屋に狙われ逃げなきゃいけない羽目になりましたよ!しかも車で逃げる途中の山中で、みゆを乗せた車が炎上。そのショックで記憶喪失になる六花
みゆは助かったんですが、まだ山中にいて、殺し屋の魔の手が!そういう展開になってしまったのか!と思いました。朝倉党首にも殺し屋の魔の手が伸びて、次回が楽しみで待ちきれません

40代


第17話あらすじ【2021年2月5日放送】

アンドレ・林(村上淳)率いるテロ集団は、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を亡き者にしようと画策。CTUによる厳重な警護を突破し、六花と美有が身を寄せる隠れ家を襲撃した!

必死で車を走らせ、逃走する六花と美有…。だが道中、追手の様子をうかがおうと車外に出た六花の目の前で、美有を乗せた車が崖から落下!ショックのあまり記憶喪失に陥り、愛する家族のことはおろか、自分が何者であるかも忘れてしまう六花。彼女は偶然通りかかった女性に声をかけられ、車に乗せられるが…?

一方、なんとか一命を取り留めた美有はパニック状態の中、現馬に助けを求めるためCTUに連絡する。ところが、現馬は新たな任務のため不在…。切羽詰まった美有は、自分と母を誘拐しつつも最終的に逃してくれたテロ実行グループの手下・長谷部研矢(上杉柊平)に、もう一度頼ろうとする…!

現馬はその頃、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を再度阻止するため、テロ集団の一味であるアレクシス・林(武田航平)と麗の選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆)の密会現場で待機していた。現馬とA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)、機動部隊が極秘で監視する中、CTUの捜査に協力するため、アレクシスの財布に発信器を仕込もうとする三保。

だが、密会場所へやって来たアレクシスはすぐさま、彼女の様子がおかしいことに気づいてしまう! そこへ追い打ちをかけるように、現馬たちの想定範囲をはるかに超えた“最悪の事態”が発生してしまい…!?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

まさか三保がアレクシスをナイフで刺すと言う行動に出るとは予想外でしたね。それまでのアレクシスの財布に発信器を取り付けると言う作戦までは順調だっただけに獅堂にしたら相当悔やまれるんじゃないでしょうか。作戦実施前に獅堂が三保に作戦内容を確認した時は相当怯えていたから逆に作戦ストップの合言葉私風邪気味と言う言葉が先に出てしまうのではないかと思っていたぐらいだったのでびっくりです。

40代


第18話あらすじ【2021年2月12日放送】

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を目論むテロ集団の一味、アレクシス・林(武田航平)に利用されていたと知った麗の選対スタッフが逆上。暗殺計画を再度阻止しようと立ち上がったCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)らが極秘で監視する作戦の最中、三保(皆本麻帆)はアレクシスを刺してしまった――。

その直後、アレクシスが何者かに大金を受け渡す約束をしていたことを知った現馬は、大胆な計画を思いつく。なんとアレクシスになりすまし、相手が誰かを突き止めようというのだ!

A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)と共に、金の受け渡し場所へ向かう現馬。そこへ、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)から、応援チームのチーフとして張本哲二(浜田学)を派遣するとの連絡が入る。だが、張本はある事情から、現馬に対して“強い恨み”を持つ捜査員。案の定、張本が加わったことによって、なりすまし作戦の足並みは大きく乱れだし…!?

かたや麗は、息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラーを、闇の情報屋・上州(でんでん)らが事故死に見せかけて殺していたこと、そしてその罪を夕太になすりつけようとしていたことを裏付ける決定的証拠を、警察に渡そうと決意。だが、その行く手を遮ろうとする“ある人物”が、裏でこっそり動き始める!

その頃、テロ集団に命を狙われ一緒に逃げるも、途中で離れ離れになってしまった現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)にも、ふたたび魔の手が忍び寄り…。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

KENに頼る美有が最後に剛の兄が来る前に早く逃げて欲しかったなと思いました。六花は妊娠していることも忘れてしまっているみたいで可愛そうだなと思いました。本当に獅堂現馬の子なのかが少し気になりました。あとテロリストの1人がいるので自宅には先生と一緒に戻らないで欲しかったです。2人が早く安全なところに逃げて欲しいな助かって欲しいなとせつに思いました。

20代

獅堂さんがまさかアレクシスになりすますなんてかなり大胆な作戦だなと思いました。アレクシスさんが好きだったので彼がどうなったのかとても気がかりで仕方ありません。美有ちゃんと研矢との関係もどうなるか気になります。剛の兄だという人が現れてきて、そういえばそんな彼もいたな…ということを思い出させました。朝倉党首のごたごたも収まらず、家族がバラバラになってしまいそうで心配ですね。

30代

何故、鬼束は現馬に頑なに妻子の事を隠そうとするのか、ただ捜査の邪魔にならない為だけではないように思えてなりません。以前に内密者ではないかと疑いを掛けられたものの、一度は疑いが晴れたとはいっても、まだまだ気を抜いてはならない人物に思えます。また、立花と美有の苦境が心配で、いつになったら二人が保護されるのかハラハラが止まりません。

50代

今まで生きてきた中で、これほど楽しみにしかもハラハラドキドキしながら観るテレビドラマは他にありません。よくできた内容でストーリーが複雑にからまり合いい登場人物が多いのだけれど誰にスポットを当てたものでものめりこんで見入ってしまいます。事件の黒幕はどれほど緻密な計画をたててここまで主人公やその家族を追い詰めていくのか、内部の密通者は誰なのか。原作はアメリカドラマでスケールが大きく内容も重厚。命を狙われる主人公の妻と娘がたびたびうかつな行動をとるために内容が入り組んでしまうのだがそれもまた面白い。周辺人物たちのそれぞれの思惑、また想像の域を超えた反応や行動にいつも驚かされ、深みにはまっていきます。

50代

しかし張本は今回の捜査に加えるべきではなかったですね。獅堂との間に何があったか知らないけど捜査に個人的感情を持ち込みすぎです。また獅堂が会っていた男を指示がないまま狙撃しちゃうし。この男がもし死んでしまえば捜査の手がかりを失ってしまう訳で。六花も記憶がないまま自宅に帰ったけど何か思い起こせるのだろうか。ただすぐ近くにはテロリストが忍び寄っているだけに心配です。

40代

ハリモトが狙っているのが現馬なのではないかとヒヤヒヤしていしたがちゃんと任務を遂行していて安心しました。またCTUの人が亡くなってしまって悲しいです。ゴウの兄が思ったより怖い人でビックリしました。敵が近くにいるので吉か凶か分かりませんが、ミウも外に出られなくなってしまい微妙な気持ちです。ケンも結局良い人なのかどうなのかよく分かりませんがいつまでも逃げてはいられないと思うのでいずれ捕まってしまうのかと思うとミウの気持ちを考えると切ないです。人間関係が複雑なので平和になってほしいです。六花の命が危なくて心配です。来週も楽しみにしてます

20代

無料期間中の解約で動画が無料!


第19話あらすじ【2021年2月19日放送】

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、ふたたび動き出した日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻むため、テロ集団の一味であるアレクシス・林(武田航平)になりすます作戦を実行。

アレクシスが大金を払って男を雇い、午後7時20分から5分間だけ御殿場にある“例の地区”を停電させようとしていたことを知る。政府内で顔の利く麗のツテで“例の地区”がどこか突き止めた現馬は、作戦の全体指揮を執るCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)と共に、すぐさま駆けつけることに。

一体そこには何があり、テロ集団はなぜ停電させようとしているのか…?現馬は何とも言えない違和感を覚えるものの、答えは一向に見つからない。

一方、A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)は鬼束に電話し、現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)が姿を消したことを、現馬に伝えるよう懇願。だが、鬼束は何を考えているのか、現馬にはその事実を隠し続け…!?

その頃、記憶喪失になった六花は友人の医師・浜畑圭介(西村直人)に付き添われ、自宅へ戻る。そんな六花の命を奪うべく、テロ集団の黒幕アンドレ・林(村上淳)が手配した暗殺者はついに、家の中へ侵入し襲撃を開始!

六花とはぐれ、テロ実行グループの手下・長谷部研矢(上杉柊平)のもとへ身を寄せていた美有もまた、とんでもないトラブルに巻き込まれ、完全に逃げ場を失ってしまう――。

さらに…麗は息子・夕太(今井悠貴)が抱える問題をめぐり、家族崩壊の危機に直面!

そんな中、精神的に追い詰められた娘・日奈(森マリア)の身に突如、異変が起こり…。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

六花本当に危機一髪でしたね。あの場面で南条が現れなければ完全に殺されていましたね。残念ながら友人で医師の浜畑は亡くなってしまいましたが。でもどうやらテロリストに襲われた恐怖がきっかけなのか六花の記憶が少し戻ってきたのは良かった。あとは美有と早く再会出来れば良いんだけど。麗も記者会見で真実を述べたけどどうやら旦那の腑に落ちない素振りが気になりますね。

40代

無料期間中の解約で動画が無料!


第20話あらすじ【2021年2月26日放送】

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を目論むアンドレ・林(村上淳)とアレクシス・林(武田航平)兄弟――2人を中心としたテロ集団がなぜか午後7時20分から5分間だけ停電させようとしていた場所は、暗闇が広がる何もない場所だった!

だが、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は「何もないからこそ、何かが起こる」と直感。「これ以上調べても無駄だ」と判断したCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)はCTUへ戻るが、現馬はただひとり現地に残り、辺りを念入りに調べる。

やがて現馬の勘は的中! 怪しげな施設を発見した現馬は侵入を試みるが、武装した男たちの急襲を受け、意識を失ってしまう――。

一方、テロ集団の暗殺者に殺されかけた現馬の妻・六花(木村多江)は、極限状態でのショックが起爆剤となり、失っていた記憶を取り戻すことに!

その頃、六花とはぐれた娘・美有(桜田ひより)は不運にも、裏取引のおとり捜査に巻き込まれ、警察に連行されてしまう。自分の父はCTUの職員で、自分は取引とはまったく無関係だと訴える美有。だが、さらに不運なことに、まったく信じてもらえず…。

そんな中、事態は各地で急展開を見せる。総選挙の投票終了時間が迫る中、会見を開いて長男・夕太(今井悠貴)にまつわる一連のスキャンダルを告白した麗は、夫・遥平(筒井道隆)から「すべてが終わった」と冷たく背を向けられ、修復不可能な決裂の時を迎えることに…。

さらに、現馬が見つけた施設の正体、そしてアンドレとアレクシス兄弟の“天地がひっくり返るような真の目的”も判明! 現馬はついにテロ計画の“核心”へと駒を進める――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

どうやらテロリストの目的が見えてきましたね。アンドレ、アレクシス兄弟の父親を強奪する為だったんですね。7年前の夜のトバリ作戦で殺したはずのこの父親が生きていた事に獅堂もびっくりしてましたね。このテロリストたちがすでに父親が収容されている施設を爆破侵入してきているだけに見ている側も結構ヒヤヒヤさせられましたね。このまま獅堂は父親を別の施設に再度移送できるのかと。

40代

無料期間中の解約で動画が無料!


第21話あらすじ【2021年3月5日放送】

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は特殊犯罪人の監禁施設に移送されてきたテロ組織の総元締、ビクター・林(竜雷太)とついに対峙! その直後、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画と並行し、父であるビクターを脱走させる計画を練ってきた長男のアンドレ・林(村上淳)が施設の変電所を爆破した――。

ビクターと共に暗闇で身動きが取れなくなった現馬は、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)に連絡し、応援を要請。鬼束は逡巡しながらも、本部長・中曽根尚道(相島一之)の決裁を仰ぐ前に、応援部隊を手配する。

その頃、世の中では総選挙の開票がスタート。出口調査では民生党が圧勝だと知り、党首の麗はホッと胸をなでおろす。だが、現馬には一息つく暇もなかった。応援部隊の到着を待つ間に、アンドレがテロ集団の手下たちを従え、目の前になだれ込んできたのだ!

しかも…念願の父子再会を果たして勢いづいたアンドレとビクターは、力ずくで打ちのめした現馬を人質に取り、CTUとの取引を開始。かつて現馬がテロリストを排除するため実行した“夜のとばり作戦”で、妻と娘を永遠に失うという苦汁を飲まされたビクターは、現馬に「今度はその苦しみをお前が味わうことになる」と言い放ち…!

望みはゼロに等しいと言わざるを得ない状況下で、心身ともに追い込まれていく現馬。一方、独断で応援部隊を手配した鬼束にも、そして現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)にも、それぞれ明るい未来を無残に絶ち切るような危機的状況が迫り…!

そんな中、A班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、CTU内の“ある人物”に疑惑の目を向け始めていた――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

獅堂がテロリストたちに捕まってしまいましたね。今まで何度も修羅場をくぐってきただけに今回も何とか助かってほしいけど。それと美有が警察から解放されようやく六花と再会できると思いきやなんとまた誘拐されてしまうとは。警察が一緒にいながら誘拐とは。獅堂一家が家族全員で顔を合わすのはまだしばらく先のようですね。

40代

無料期間中の解約で動画が無料!


第22話あらすじ【2021年3月12日放送】

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)はテロ組織に命を狙われ続ける一方、総選挙の開票速報を受け、自らが率いる民生党の勝利を確信。力強いスピーチと共に、新たな一歩を踏み出す。その様子を静かに見守っていた夫・遥平(筒井道隆)は、麗の秘書・秋山昇(内村遥)に「麗のことはよろしく頼む」と念押し。だが、その表情は何やら意味ありげで…。

その頃、極秘監禁施設へ移送されたテロ組織の総元締、ビクター・林(竜雷太)は長男のアンドレ・林(村上淳)が実行した襲撃作戦によって、脱走することに成功。施設に潜入していたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)の身柄を拘束し、CTUとの交渉を開始する。

ビクターの要求は、CTU側の人質となった次男アレクシス・林(武田航平)を引き渡すこと。要求を飲めば、現馬の解放も約束するという。これは現馬の命を救うと同時に、テロ組織に直接接触できるチャンスでもある――そうにらんだCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)は、すぐさま本部長・中曽根尚道(相島一之)の許可を仰ぐことに。

だが取引に応じれば、政府が“死んだことになっている”ビクターを実は留置していた上に、まんまと脱走させてしまったこと、そしてCTUという組織の裏側までもが表沙汰になってしまう――。この状況を危惧した中曽根は、頑として交渉を却下し…!

麗の暗殺計画を阻止すべく、極秘任務に命を懸けてきたにもかかわらず、組織から完全に見捨てられてしまった現馬…。納得のいかないA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)は、何としても現馬を救うため、“ある禁じ手”に出ることに!

一方、八方塞がりとなった現馬も形勢逆転を狙って、賭けともいえる行動に出る。ところが、ビクターは一枚も二枚も上手で…!?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

※放送終了後に更新します。

無料期間中の解約で動画が無料!


第23話あらすじ【2021年3月19日放送】

移送先の極秘監禁施設から脱走したテロ組織の総元締ビクター・林(竜雷太)は、長男のアンドレ・林(村上淳)と共に、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)とその娘・美有(桜田ひより)を人質に取り、CTUが拘束していた次男アレクシス・林(武田航平)を取り返す。

だがその直後、ビクター親子はCTUとの約束通りに現馬を解放すると見せかけ、実は裏で美有の命を盾に取り、現馬に2つのことを命じる。ひとつは、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)のもとへ向かい、政府が凍結したビクターの資産の解除命令を出させること。そしてもうひとつは指定した時刻に、アンドレが用意したスマホにかかってくる電話を麗に取らせること。

だが、これらの命令を受けた現馬は、ビクター親子は資産の凍結解除を確認した後、現馬に麗を殺させようとしているのではないかと考える。

娘の命はもちろん、麗の命も救うため…ビクター親子の指示に従うふりをして、麗と面会の約束を取り付ける現馬。その頃、CTUではA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)が、A班チーフ・水石伊月(栗山千明)のもとへ不穏な情報を持ってくる。ビクターが移送された極秘監禁施設の図面が、何者かによって改ざんされていたことが判明したというのだ。しかも、図面データへのアクセスログを調べた結果、改ざんしたのはCTU内部の人間の可能性が高いという!

突如浮かび上がる“第2の内通者”の存在――。そんな中、麗と面会した現馬は事情をすべて明かした上で、時間を稼ぐためにビクター親子からの電話に応対するよう懇願する。ところが…その先に待ち受けていたのは、まさに不測の事態で…!?

引用:「24 JAPAN」公式サイト

いよいよ佳境にせまってきた24JAPAN。ラストに向かって急展開を見せています。朝倉麗と秘書の展開は予想通りでしたね。朝倉麗はクリーンな役なのでここに来て、ドロドロすることはないだろうと思いました。いよいよ最後の裏切り者も発覚しました。次回の最終回にすべてが決着するので非常に楽しみです。元シリーズは2パターンの終わり方が用意されていたのでどっちが採用されるかが楽しみです。

50代

第2の内通者がいるということで南条さんと水石さんは鬼束本部長が怪しいと見立て鬼束本部長のPCの機密事項のロックをするようにと水石さんの指示で南条さんは実行し、それに気づいた鬼束本部長はすぐに解除するように求め、とても動揺しておられ非常に怪しいと思いましたが最後の演出で水石さんはアンドレ林と連絡している映像が流れ、まさか水石さんが黒幕とは、どういう目的で内通しているのか?来週が楽しみだと思いました。

40代

アレクシスが死んでしまいとても悲しかったです。お父さんにせっかく会えたのに切ないですね。党首が夫を追及するところはドキドキしました。この夫婦の行方についても気になります。朝倉党首の暗殺が着々と進み、爆発まで起こりましたがあんまりたいしたことなかったので、拍子抜けしました。詰めが甘い気がします。獅童さんに奥さんが妊娠を報告するところにびっくりしました。

30代

最後水石がルナと称してアンドレに電話をしていたシーンはショックでしたね。まさか水石がテロリストと繋がっていたとは。そして鬼束本部長も怪しいだけに一体誰を信じて良いのか困惑してしまいますよね。そしてCTUには何人の内通者がいるのか。美有もよくぞビクター林らの監視の目をかいくぐって脱出しましたね。これで獅堂に会えると良いんだけど。

40代

ラスト2時間、アメリカの24を見ているのですが、「原作と違って第二の裏切り者違うの?」と思いながら見ていました。獅童の奥さんの妊娠も原作と違った様な気がして日本版も気になりつつ原作の24も気になっています。そして共通して言えるのは大統領の旦那(アメリカでは夫人)が腹立つ立ち回り、言い回しでムカつくけどよくリメイクできてると思います。

30代

無料期間中の解約で動画が無料!


第24話(最終回)あらすじ【2021年3月26日放送】

テロ組織の総元締ビクター・林(竜雷太)と長男のアンドレ・林(村上淳)から再び命を狙われるも、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)によって九死に一生を得た日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)。

だが、暗殺が失敗したことを知れば、ビクター親子は人質として監禁している現馬の娘・美有(桜田ひより)を容赦なく殺すに違いない…。麗は美有の命を救うため、自分が死んだという偽情報を世に公表。現馬は自分の身柄と美有を交換するよう、ビクター親子に要求し、指定された場所へ向かった。

ところが…指定場所近くに到着し、ビクター親子に電話をかけた現馬は、なぜか彼らが麗の生存を把握していることを知る。CTU内に“第2の内通者”がいる!――そう確信した現馬は、CTUに急いで連絡を入れる。

一方、監禁場所から逃げ出した美有は、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)に父を助けてほしいと懇願。鬼束は現馬が向かったと思われるエリアへ、CTUの部隊を緊急派遣する。

だが、その動きを掴んだビクターが、現馬を確実におびき出す作戦に出る。娘が死んだと思った現馬は、ビクター親子のもとへ突入!憎しみの銃弾を放ち…!?

あまりにも長く過酷な1日を経て、現馬は愛する妻子と、生きて再会することはできるのか!? 衝撃の最終回が、ついに幕を開ける――。

引用:「24 JAPAN」公式サイト

原作とは微妙に異なる終わり方で、最後現馬も死んでしまうのか、気になりました。内通者の伊月を演じた栗山千明さんの演技がとても良かったです。表の顔と裏の顔でまさに別人と思わせるほどの違う表情を見せる演技は見事でした。現馬を演じた唐沢寿明さんの、家族を失って泣くシーンもとても感情がこもっていて、共感できるもので良かったです。

40代

まさかあれだけ獅堂が信頼していた水石がテロリストと繋がっていたとは最後の最後でショッキングな展開でしたね。まさか獅堂と男女の関係になったのも作戦の1つだったのでしょうか。だとしたら本当女は怖い。あと六花が心配ですね。獅堂が救出に行った時は既に胸に撃たれたような痕があったけどそれもやはり水石なのかな。最後のシーンでは六花はもう亡くなったと見えたけど。

30代

無料期間中の解約で動画が無料!


ドラマ『24 JAPAN』の見どころは?

アメリカ版24との違い、日本風にアレンジされたその内容がまず見どころだと思います。そして、どのように物語が進んでいくのかという点はアメリカ版同様、ハラハラドキドキしたストーリーだと思うので、その点が見どころだと思います。

40代

伊月の恋人で、現馬に反発している南条巧がどう動くのかが、見どころだと思います。性格は青くさくとあるので、そこを鬼束元司につけこまれるかも、しれないなと思いました。そして鬼束の指示で、恋人である伊月も巻き込んでいく展開になるのかなと思います。

40代

とにかく、アメリカには負けないアクションの素晴らしさが見どころだ時思います。若手のみならず、ベテランの唐沢寿明さんが体を張って演じられるのがとにかく一番の見どころだと思います。アクション第一のドラマで圧倒されること間違いなしではないでしょうか。

40代

日本版ジャックバウワーはオリジナルを継承するのか?かけ離れた人物として描くのか?さまざまなリメイク作品に出演してきた唐沢寿明がここでも評価を得るのか楽しみです。日本ならではの色を重ねて作り出す新しい「24」になればと期待します。

CTU東京支部なる組織になるのかな?初の女性主相誕生なるか?という選挙前夜の話。獅堂現馬(しどうげんば)が主人公。名前からは期待できる。その前夜に彼の娘も誘拐される。テロリストから女性主相候補を守れるのか?自信の娘の捜索はとシーズン1を継承した作りです。もしかしたらトニーアルメイダになってしまうかも。

50代

ドラマ『24 JAPAN』に期待する視聴者の声を紹介

唐沢寿明がどんなジャックバウワーを作り上げるのかが楽しみです。1話1時間の物語をどういう風に作りこむのか?今の日本のドラマ作りの現状では24話作れるのか(もちろん面白く出来るかという意味で)アレンジが必要ですが、その作り手の腕を観てみたいです。

日本ではテロに対する組織の存在がないし世間でもその対策には疎い。少し警鐘を鳴らす的な作品になればよい作品に出来そうなのですが、さて如何かな?

50代

女性初の総理大臣候補など、アメリカ版オリジナルから日本バージョンへアレンジされている、そのアレンジ具合に期待しています。また、主役の唐沢寿明さん含め、演技派のメンバーが配役されているので、その白進の演技もまた見ものだと思っています。

40代

獅童現馬を取り巻く複雑な人間関係が、どう絡み合っていくのかに期待しています。特に鬼束元司との関係が楽しみです。怪しい雰囲気か満点な元司ですが、現馬の敵になのか味方になのか、どっちにしろドラマのキーマンになるんだろうなと思いました。

30代

海外ドラマのリメイク版でどんな展開になるのか、アメリカのアクションシーンが多い中で、日本でどのようなアクションシーンが観れるのか期待しています。特に唐沢寿明さんがどんなアクション、そして、どんな悪役たちを退治するのかかなり気になります。スピード感が大切なドラマだと思うので、テンポの良い展開を期待しています。

40代

ドラマ『24 JAPAN』は全24話!オリジナルを超える大作となるか

ドラマ『24 JAPAN』は全24話と、放送前からすでに2クール放送が予定されている壮大なドラマになります。

令和に今さら2001年がオリジナルの「24」をリメイクするのか?という声も一部で上がっているので、ドラマの内容でこの声も見返したいですね。

オリジナル「24」を超えられる名作になるのか、ドラマ『24 JAPAN』に期待しましょう。

\ABEMAの無料トライアルはこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です