テセウスの船のモデルとなった事件は?僕だけがいない街と似ている言われる理由を考察

TBS日曜劇場として放送されている『テセウスの船』。第5話を迎えた段階でその平均視聴率は11.8%と、同番組史上最高の数字を叩き出しています。

「本格ミステリー」と銘打ったこの作品は、随所に張り巡らされた伏線や謎が魅力の一つ。

さらに平成元年という懐かしさを感じる時代設定と相まって、次の放送が気になってしまう作品構成になっています。

そんな『テセウスの船』の物語の中心になるのが、作中で起きた音臼小無差別毒殺事件。

児童を含む21人が犠牲となってしまう衝撃的な事件で、主人公はこの事件の真相を暴くために奔走します。

今回はこのモデルとなった事件について考えてみました。

よく似た作品として知られる『僕だけがいない街』との比較もしているので、参考にしてください。

『テセウスの船』のモデルになった事件は?

作中で「平成史に残る事件」として語られることになる音臼小の事件ですが、実際にモデルとなった事件はあるのでしょうか?

考えられる事件を列挙してみます。

和歌山毒物カレー事件(1998年)

最も類似した事件は1998年(平成10年)の和歌山毒物カレー事件ではないでしょうか。

和歌山市園部の夏祭りで、ヒ素が混入されたカレーを食べた67人が腹痛や吐き気を訴え、次々に病院へと搬送されました。このうち小学生の男児を含む4名が命を落としています。

事件から2か月ほど後に逮捕されたのは、元保険外交員で主婦の林眞須美。動機が解明されないまま裁判が進み、状況証拠に基づいて2009年に死刑判決が確定。2020年の現在は大阪拘置所に収監されています。

『テセウスの船』との類似点としては、毒物混入による無差別殺人であることや、死刑囚が現在も無実を訴えていること、さらにメディアの過熱した報道などが挙げられるでしょう。

ちなみに、2018年には事件の真相を追ったノンフィクション本『「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実』が刊行され、ベストセラーとなりました。

著者である歴史社会学者の田中ひかるは、事件の不審点やマスコミの過熱報道を批判しています。

名張毒ぶどう酒事件

1961年(昭和36年)に発生した名張毒ぶどう酒事件も挙げておきましょう。

三重県名張市の宴会で振る舞われたワインの中に農薬が混入された事件です。ワインを飲んだ女性17人が中毒症状を起こし、このうちの5人が死亡しています。

逮捕されたのは、宴会に参加していた奥西勝。被害者の中に彼の妻と愛人が含まれていたことから、その三角関係を解消しようとしたことが動機とされました。

一度は犯行を自白したとされる奥西ですが、その後は一貫して無罪を主張。一審でも無罪判決が言い渡されますが、検察の控訴により裁判は長期化。1972年に死刑判決が確定しました。

その後、獄中から9度にわたって再審請求を申し立てた奥西でしたが、2015年に89歳で死亡しています。

また、2013年には事件の真相を負った映画『約束 ?名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯?』が仲代達矢の主演で公開されています。

『テセウスの船』との類似点は、上述の和歌山毒物カレー事件と同様に、毒物による殺人であることや冤罪の可能性、メディアの過熱報道などが挙げられます。

長野青酸ウーロン茶殺人事件

青酸カリが使われた事件としては、1998年(平成10年)に起きた長野青酸ウーロン茶殺人事件というのもあります。

自宅で缶入りのウーロン茶を飲んだ男性が死亡し、その翌日、被害者が利用していたスーパーの店長が不審な缶を発見して警察に届けました。

調査の結果、どちらの缶にも底に接着剤の跡があり、青酸カリが混入されていることが判明。無差別殺人事件として大掛かりな捜査が行われましたが、現在にいたるまで有力な情報は掴めていません。

『僕だけがいない街』と似ている?

しばしば『テセウスの船』と比較されるのが、三部けいによる漫画『僕だけがいない街』。

こちらもタイムスリップ(タイムリープ)を題材にしたミステリー作品で、小学校が舞台となる点も『テセウスの船』と似ています。

ちなみに『僕だけがいない街』の連載は2012年~2016年、『テセウスの船』の連載は2017年~2019年なので、後者が多少の影響を受けた可能性はあります。

とはいえ、展開自体はそこまで似ている訳でもありません。

『僕だけがいない街』の主人公は小学生時代へとタイムリープし、直後に起きる小学生誘拐殺害事件を回避しようとします。

こちらのモデルになった事件としては、1988年(昭和63年)から1989年(平成元年)にかけて発生した連続幼女誘拐殺人事件(宮崎勤事件)が考えられるでしょう。

最終的な犯人や結末に関しても、『テセウスの船』とは別のメッセージ性を含んでいるので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

テセウスの船のモデルまとめ

今回は『テセウスの船』のモデルになった事件について考察してみました。

史実と絡めてみると違った楽しみ方ができるかもしれませんね!

テセウスの船の関連記事一覧

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です