『テセウスの船』第1話のネタバレあらすじ!鈴木亮平の迫真の演技や佐野鈴役の子役・白鳥玉季に注目が集まる

1月19日にスタートしたTBS日曜劇場『テセウスの船』。第1話からクライマックス並みの盛り上がりを見せてくれましたね!

いったいこの後どんな物語が展開されるのか、楽しみで仕方ありません。

今回はそんな『テセウスの船』第1話のネタバレとなるあらすじをはじめ、見どころを解説します。

『テセウスの船』第1話のあらすじ

現在:殺人犯の息子・心とその妻・由紀

平成元年、宮城県の音臼村で発生した無差別殺人事件。この凶悪事件の犯人として逮捕されたのは、村の警察官・佐野文吾でした。

それから31年間、残された佐野の家族は世間から大きなバッシングを浴びせられ、人目を避けるようにして暮らしてきました。

佐野の息子である田村心(たむら・しん)も、そんな暗闇の中を生き抜いてきた青年です。

それでも彼は自分の過去を受け入れてくれた女性・由紀と結婚し、新たな命とともに幸せな生活を送ろうとしていました。

「心のお父さんを信じたい」。そう考えた由紀は、独自に音臼村の事件を調べていました。

彼女は佐野が冤罪だった可能性を心に伝えますが、彼はあくまでも父の存在を否定しようとします。

そんな心の前で、突然倒れる由紀。彼女は妊娠中毒症となり、子どもを出産した後に息を引き取ってしまうのでした。

由紀の遺志を継いだ心は、ついに佐野の事件と向き合うことを決意し、31年前に事件が起きた音臼村へと足を運びます。

しかし、そこに突然の深い霧が立ち込め、心は気を失ってしまいます。

過去:佐野文吾の登場と不可解な出来事

しばらくして彼が目を覚ますと、周囲の情景は一変していました。

彼は神社の入り口で倒れていた女の子を発見し、病院へと運びます。

そこでテレビに映し出されていたのは、新元号「平成」の発表。そう、彼は31年前、事件が起きた平成元年へとタイムスリップしてしまったのです。

由紀が遺したノートによると、佐野の殺人が起きる直前、音臼村では不可解な事件や事故が相次いでいました。

一連の出来事には何か関連性があるかもしれない、そう考えた心は、ノートを頼りにして過去を変えようとします。

それによると、最初に起きた不可解な事件は、村の女の子が農薬を誤飲し死亡するというものでした。

心はあらかじめ農薬を捨てることで、事故を回避しようとします。しかし、その甲斐も虚しく女の子は亡くなってしまうのでした。

事件直前の佐野の行動から、心はやはり彼が怪しいと考えます。反対に、佐野は正体不明の心のことを疑っていました。

お互いに疑念を深めていく二人でしたが、何も知らない佐野の妻・和子(そのお腹には、産まれる前の心がいます)は、宿のない心に向かって、佐野家に泊まるようにうながすのでした。

ノートによると、次は村人が雪崩に巻き込まれる事故が発生します。その情報をもとに心は奔走し、今度は過去を変えることに成功、雪崩から村人の命を救うのでした。

しかし、ほっと息をつくのも束の間、農薬の誤飲事故を捜査する警察は、心に疑いの目を向けていました。

もちろん佐野が犯人だ、などと言うことはできず、かといって自分の潔白を証明することもできず、いったん事情聴取から帰されることに。

女の子の失踪と文吾との和解

雪が降り積もる中、心は村の女の子がいなくなったことを知らされます。

ノートによれば、その失踪事件が起きるのは数日後のはず。もしや自分を邪魔者と感じた佐野が、予定していた犯行を早めたのではないか、そう考えた心は、急いで雪山へと向かうのでした。

彼の予想通り、女の子は佐野と一緒にいました。しかし、どうやら真相は違った様子。佐野は道に迷った女の子を探しに来ただけだったのです。

崖下に落ちた彼は、自分の命も顧みず、女の子を助けるようにと心に託します。その姿を目にした心は、佐野が無実であり、自分の父親にほかならないことを確信するのでした。

彼は全力を振り絞って佐野を崖下から引き上げ、無事に下山を果たします。

ようやく信頼することができた父に向かって、心は自分が未来からやって来た事実を告げます。

「そうでなければ心の行動に説明がつかない」と納得する佐野。家族の幸せを願う父親の姿を、心は誇らしく感じるのでした。

しかしその頃、真犯人は息をひそめて次の機会を狙っていました……。

『テセウスの船』第1話のみどころ

鈴木亮平の演技が怖い?

第1話では「本当に佐野文吾が殺人犯なのか?」という疑問をめぐって物語が展開しました。

もちろん、この後のストーリーを考えると、素直に佐野が犯人だったとは考えにくいはず。

それでも視聴者に「ひょっとして……」と思わせてしまうミスリードが満載でしたよね。

それを上手く演出していたのが、佐野を演じた鈴木亮平でした。

悪人にも善人にも見えてしまうような演技をするのは簡単ではありませんが、たった70分の話の中で落差のある表情を魅せてくれたといえます。

「ちゃっぷいちゃっぷいどんとぽっちい」とは?

第1話ではたくさんの子役たちが出演していましたよね!

特に主人公の妹・佐野鈴を演じた白鳥玉季は、いま大注目の子役。連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でデビューし、最近では『凪のお暇』にうららちゃん役で出演。

2020年春に公開される、山田孝之主演の映画『ステップ』でも重要な役どころを演じる予定です。

さらに主人公の兄・佐野慎吾を演じたのは番家天嵩(ばんか・てんた)。まだデビューして間もないようですが、その可愛らしい坊主頭が印象に残った人もいるでしょう。

ちなみに、そんな慎吾が叫んでいた台詞「ちゃっぷいちゃっぷい、どんとぽっちい」って何のことだか分かりますか?

調べてみたのですが、元ネタは昭和58年ごろに放映されていた金鳥のカイロのCMだそうです。

特に方言などではなく、縄文人が「寒い寒い、どんと(カイロの商品名)欲しい」と叫ぶというもの。その奇妙な響きが慎吾の頭から離れなかったのでしょう。

テセウスの船の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です