ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2022年1月14日(金)からスタートのドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』の内容やあらすじ感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』の動画を無料で視聴する方法

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』は、動画配信サービスU-NEXTABEMATVerTELASAで配信されています。

TVerでは最新話が無料視聴できるようになっていますが、1話から全話配信されているのは、U-NEXTまたはTELASAとなります。

高画質でサクサク観たい方には、ぜひU-NEXTでの視聴をおすすめします!

U-NEXTなら初回1ヶ月の無料期間があり、ドラマだけでなく映画やコミックを視聴することもできます。

はじめて登録する人限定のサービスなので、まだ利用したことがない方はこれを機にお試ししてみてはいかがでしょうか。

無料期間中に解約すれば月額料金はかかりません。

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』の作品紹介

【放送日】毎週金曜日 23:15~(テレビ朝日系)

今井望緒は地元の山梨から上京し、長年夢に抱いていた漫画家になりました。しかし、漫画家としてデビューするも、鳴かず飛ばずの毎日。

望緒は今、漫画家のアシスタントとして働きながら辛い毎日を過ごしていました。そんな時、14年ぶりに中学校の同窓会が開かれることになります。

同窓会の発起人は、望緒の初恋相手、雨宮でした。望緒は雨宮から同窓会の受付を頼まれます。
「なんで私に‥」と不思議に思い、望緒はドキドキしながら帰京します。

同窓会に集まったのは、東京で IT企業の社長をしている雨宮をはじめ、地元でワイナリーを経営する深澤、東京で弁護士になった玲子、地元の名家に嫁いだ優美、地元の会社で OL をしている奈々江たちでした。

望緒は、かつての仲良し6人と懐かしい再会を果たします。雨宮の提案で、望緒たちは卒業の時に埋めたタイムカプセルを掘り起こすことに。

望緒はそのタイムカプセルの中から、「みんな忘れないよ。中野幸」とのメモを見つけます。

ですが、望緒はもちろん、その場にいた同級生たちは皆なぜか、中野の顔を思い出せませんでした…。

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』キャスト・スタッフ

キャスト

  • 今井望緒/波瑠
  • 雨宮秀一/林遣都
  • 深沢稜/溝端淳平
  • 本田玲子/本仮屋ユイカ
  • 岩崎奈々江/新川優愛
  • 野瀬優美/黒川智花
  • 野瀬正/徳重聡
  • 岡崎りえ/松村沙友理
  • 江波ヒロコ/西尾まり
  • 雨宮サユリ/高橋ひとみ
  • 田村誠志/近藤公園

主演の波瑠さんは、中学1年生の頃から芸能活動をされています。

高校1年生の時、雑誌「Seventeen」 の専属モデルとして、注目を集めました。その後、高校2年生の時に「I miss you」 という曲で、歌手としてデビューもしています。

同年、「恋空」で連続ドラマにレギュラー出演。

2010年には、映画「マリア様がみてる」で、初主演を務めました。

その後、NHKの朝ドラ「あさが来た」でヒロインに抜擢され、大ブレイク。以降、「あなたのことはそれほど」、「サバイバルウェディング」、「#リモラブ」、「ナイトドクター」など、数々の話題のドラマや映画で主演を務め、活躍を続けています。

製作・スタッフ

  • 原作/愛本みずほ『愛しい嘘 優しい闇』
  • 脚本/丑尾健太郎、神田優
  • 演出/樹下直美、日暮謙、木内健人
  • 音楽/横山克
  • プロデューサー/大江達樹、中込卓也、山本喜彦、小路美智子
  • 主題歌/「イリーガル・ゲーム」
  • 挿入歌/「あなただけ」

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』の原作を紹介

このドラマの原作は同名の漫画で、作者は愛本みずほさんです。

原作は2020年4月から講談社の漫画アプリ「palcy」で連載されています。現在もまだ完結していません。2022年1月現在、4巻まで発行されています。

原作の内容も、ドラマと同じように本格ラブサスペンスで、先が読めなくて読者をドキドキさせてくれる展開となっています。

原作の最終回はまだまだ先になりそうなので、ドラマの最終回はオリジナルのストーリーとなる予定です。

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

感想にはネタバレも含みます。

第1話あらすじ・感想

地元・山梨から上京し、長年の夢だった漫画家デビューを果たすも鳴かず飛ばず…。現在は漫画家アシスタントとして働きながら、苦い毎日を送っている今井望緒(波瑠)。

そんなある日、14年前に卒業した中学校の同窓会が開かれることになり、発起人である初恋の人・雨宮秀一(林遣都)から受付担当の依頼が舞い込む。「なんで私に…?」

――女子生徒たちの憧れの的だった雨宮に、ただただ遠くから密かな恋心を寄せていただけだった望緒は、ドキドキしながら帰郷。今や東京でIT企業の社長となっている雨宮をはじめ、地元で両親と共にワイナリーを経営している幼なじみ・深沢稜(溝端淳平)、東京で弁護士をしている本田玲子(本仮屋ユイカ)、地元の名家に嫁いで専業主婦となった野瀬優美(黒川智花)、地元の会社に務めるお姫様気質の岩崎奈々江(新川優愛)

――仲良し6人組と懐かしい再会を果たす。そんな中、久々に6人で集合写真を撮った望緒の脳裏にふと、過去にも同じような写真を撮った記憶がかすめ…!?

その矢先、雨宮の提案で、同窓会参加メンバーは卒業時に埋めたタイムカプセルを掘り起こすため、中学校を訪れる。埋めた場所の記憶も定かではなく、手こずる面々…。だが、雨宮が急用のため一足先に帰った後も、玲子の執念で捜索を続け、ようやくタイムカプセルを探し当てることに!

その中から、「みんな 忘れないよ 中野幸」と書かれた紙を見つける望緒。ところが彼女はもちろん、その場にいた同級生の誰もがどういうわけか、“中野”の顔を思い出せず…。

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

せっかくの同窓会が久々に会った友人の割にはどことなくギスギスしていて、それぞれが何かを隠しているような気がしました。大人になれば誰でもあるのかもしれませんが、中野の存在が話題になってから、ますます望緒の友人たちの表情が曇っていた気がします。雨宮は望緒に対して好意的に近づいていないようで、望緒が心配です。

30代

人間不信になりそうな内容でした!同窓会から始まった悲劇。第1話から見応えがありました。奈々江の裏切りそして突然の死。謎は深まるばかりです。玲子も何か隠し事がありそうだし雨宮は何故今井を同窓会の受付に抜擢したのか何か目的があったのか、奈々江が亡くなる前に電話していた男性は誰なのか今後の展開が気になります。

20代

昔は仲良しだったのに嫉妬で狂う奈々江さんが怖かったです。何も犯罪まがいのことまでしなくても…。昔は同じ学生でも、大人になって立場が変わると人間も変わってしまうんだなと思いました。しかも奈々江は1話で殺されてしまい、えー!となりました。愛憎めいた話はもちろん、殺人事件の行方も気になるところです。登場人物みんな怪しいです。

30代

今井望緒さんがある人が一つの嘘は7つの嘘を生むとと言う言葉を教えてくれたと言っていて確かにその通りだなと関心しました。大人になると当たり前の様に嘘をつき続けるが嘘はいつかバレる、思わぬ形で闇の中から姿を表すと言っていて深い言葉だなと思いました。紅葉が流れていく川は水が透明で凄くきれいだなと思いました。

30代

主人公の望緒が漫画について後輩に嫌がらせを受けたり、同窓会でお姫様の奈々江に初恋の人との仲を応援させられてどっちも謝れて迫って逆ギレなのはモヤッとしました。仲良し6人で写真を撮ると昔の事を思い出して皆何かを知っているようなのに内緒にしているのが怖いですね、自分の欲の為なら人を傷つける人も多くて怖いです。雨宮に本当の自分を話して嘘の呪縛から開放されたとか我慢しなくて良いとか励ましてくれたのはキュンとしました。奈々江は酷い事をしたのに望緒に友達だと言われて良い感じだったのに過去を忘れないと宣言したせいで死んだのは恐怖を煽ったし、同級生達が疑わしく見えてワクワクしてきました。

40代

中学時代の同窓会で再び揃った、主人公の今井望緒(波瑠)、雨宮秀一(林遣都)、その他の合わせて6人。そして中野幸という同級生の存在。まず最初に違和感を感じたのは、今井望緒と他の5人の記憶の温度差です。他の5人に比べ、今井望緒は、記憶が曖昧と感じました。その記憶を少しずつ解きほぐすことで、核心に向かっていくのかなと思いました。そして、岩崎奈々江(新川優愛の死。最後の「悲劇の始まりに過ぎず、さらにおそろしい事件に巻き込まれる」という言葉に、これからのドラマ展開を期待したいと思います。

50代

タイトルがサスペンスのようで気になり見始めたところ、同窓会から始まるいろんな人の気持ち、プライド、嫉妬などが入り交ざり、懐かしい気持ちと今の生活に対する劣等感が上手に書かれているドラマだった。女性ならではの見栄や他人と比較してしまう心理が見ていてハラハラさせる内容でした。社会に出ると思った通りにいかないジレンマや久しぶりに再会した気持ちの嬉しさを抱えながらも行きづらい環境で頑張る主人公が印象的でした。

40代

中学時代の仲良し同級生だけれど皆何かありそうで、初回からその怪しさにすっかり摑まれました。なにが怖いって嫉妬と妬みから部屋に侵入し荒らすとは…。ストーカーぶりを暴かれても開き直る奈々江には呆れましたが、アシスタント仲間のりえも怖いのなんの。しかし二人そろって何も悪くない望緒に「あやまれ!」と言ったのが気になります。望緒の何かが彼女たちを刺激している?奈々江の死で終わった一話。過去の出来事が原因なのか、「中野幸」との関係は?謎の多さに目が離せなくなりそうです。

60代

主人公の望緒が初恋の人と再会することになったのを見て、自分のことのようにドキドキしました。そんな再会がまさかの事件に繋がるなんて。スピーディーな展開のこのドラマに、どんな結末が待っているのか今から楽しみでたまりません。仲良し6人組の関係がこれからどうなるのか。少しも見逃したくないと思えるドラマでした。

40代


第2話あらすじ・感想

14年ぶりに地元・山梨で行われた中学の同窓会――。東京で漫画家アシスタントをしている今井望緒(波瑠)は仲良し6人組との“懐かしい再会”、さらには初恋の人・雨宮秀一(林遣都)との“新たな恋の予感”に胸を高鳴らせるが、取り巻く状況は刻一刻と激変していく。

なんと数日後、望緒に嫉妬心を募らせていた6人組のメンバー・岩崎奈々江(新川優愛)が、地元の渓谷で遺体となって発見されたのだ!まさかの訃報を受け、望緒は東京にいる雨宮や本田玲子(本仮屋ユイカ)と共に山梨へ急行。今も地元で暮らす深沢稜(溝端淳平)、野瀬優美(黒川智花)と再び顔を合わせる。

奈々江が命を落とした原因はいまだ不明…。優美の夫である山梨県警の刑事部長・野瀬正(徳重聡)は、事故死か自殺の可能性が高いという。ところが、奈々江が亡くなる直前に自撮りしたという写真を見た望緒らは、他殺の可能性を疑い始めることに!

時を同じくして、稜は地元にいる同級生から“不穏な忠告”を受け…!?その矢先、東京に戻った望緒は“背筋が凍るような事件”に直面する。路上で何者かに突き飛ばされ、あわや車に轢かれそうになったのだ!

しかもその後、望緒のアイデアを盗んで漫画家デビューを果たした後輩・岡崎りえ(松村沙友理)が、車に轢かれる事件が発生。事件発生時の状況を聞いた望緒はふと、“仲良し6人組の1人”に疑惑の目を向けるが…!?

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

雨宮が望緒に近づけば近づくほど、望緒は雨宮に引き込まれていますが、雨宮がどんどん怖く感じました。もしかしたら、もう雨宮は存在していなくて、中野が雨宮になりすまして復讐をしているのではないかと思ってしまいました。優美が誰にも相談できずに抱えている生活から何とか助け出して欲しいとひたすら願ってばかりいます。

30代

雨宮君がとても怪しく描かれていましたが、結局病気のお母さん想いの青年、ということがわかりほっとしたと同時にまだまだ闇がありそうだとも思いました。また、優美のモラハラ夫もめちゃくちゃ気持ち悪いですね!それが刑事部長という役職があることも不気味で仕方ありません。稜くんの望緒への気持ちも少しずつ発覚して恋模様も複雑になりそうな予感ですね。

30代


第3話あらすじ・感想

今井望緒(波瑠)は偶然、中学時代の仲良し6人組の1人・野瀬優美(黒川智花)が夫・野瀬正(徳重聡)に首元をつかまれ、「あの日のことは喋らなかっただろうね?」と叱責されている姿を目撃!

思わず怖くなり、声も掛けずにその場を離れてしまう。しかし、優美のことが心配でならない望緒は6人組の1人・雨宮秀一(林遣都)に相談。夫から日常的に暴力を振るわれているのかもしれないと言われ、居ても立っても居られず、再び優美のもとを訪れる。

だが、優美はDVを認めつつも、「私が悪いだけだから」と自らを責めるばかり…。そんな彼女に、望緒は「あの日のことは喋らなかっただろうね?」という言葉の意味についても尋ねるが、そこへ正が現れ…!

何としても優美を助けたい――そう願う望緒は雨宮をはじめ、6人組のメンバーだった深沢稜(溝端淳平)と本田玲子(本仮屋ユイカ)に協力を要請。だが、優美はスマホを取り上げられ、連絡がつかない状態になってしまう。しかも、正は山梨県警の幹部だ。警察にも相談できない4人は、優美を自宅から連れ出し、DV被害者用のシェルターで保護しようと計画するが、事は思うように運ばず…。

その矢先、玲子は6人組の1人・岩崎奈々江(新川優愛)が亡くなった“事故”について、衝撃の新情報を入手。“ある人物”が起こした“事件”だったのではないか、と疑い始め…!? やがて、運命の歯車は思わぬ方向へと回りだす。なんと奈々江に続き、“第2の犠牲者”が出てしまったのだ――。

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

優美が毒入りのワインを本当は正と雨宮のどちらに飲ませようとしていたのかが気になりました。優美はやっと自分で人生を決めようとしていたのに、こんな形で終わってしまうとは思いませんでした。雨宮が中野のことに触れたのには意図があったはずで、雨宮が中野なのではないかとずっと考えています。結末が早く知りたいです。

30代

前回、同級生の一人が橋から転落して亡くなってしまいました。そのあと今回は、同級生の一人が主婦が旦那に暴力をされていて逃げるはずだったのにまさかの自殺?すごく悲しかったです。このドラマはどれだけの仲間たちが亡くなっていくのか気になります。そして、中野くん?は誰なんだろうか、どんな俳優さんが出てくるのかも見ものです。いつもドラマを見ながら気になるのは、同級生がみんなが隠したくなるような事件のことです。なぜ主人公(波留)は覚えていないのかもすごく気になります。来週もぞわぞわしながら観るんだと思います。

30代

望緒は優美が夫から暴力を受けている事を知って助けてあげたいと行動に出るのは勇気があって尊敬します、中学時代の仲良しグループに相談するのは楽しそうだし自分一人で出来なくても仲間がいれば乗り切れそうな気がしますよね。弁護士の玲子がいるのは心強いし、幼馴染の稜が望緒にプロポーズしてキュンとしました、事件が無ければと思うけど仲良くなるチャンスなので上手くいって欲しいと思いつつ、望緒は秀一の事が好きみたいだからどっちを選ぶのかドキドキします。優美を助け出す作戦もドキドキしてあと一歩だったのに亡くなってしまうのは衝撃だし、奈々江を殺したと自白したのはドロドロで怖かったです。

40代

優美の旦那さんがめちゃくちゃ怖かったです。お手伝いさんもいるのに家に閉じ込こもっているのはきついですね。望緒ちゃんの同僚がまた謝れよ!と叫んでいてさすがにめんどくさいなと思いました。優美を逃がそうと画策していたのに、まさか彼女が奈々恵を殺していたとは‥。自分の人生を生きる、といっても彼女も殺人を犯していたとなると話は変わりますね。

30代

何でも人の言う通りに生きてきた優美。しかし、人生をやり直すことはいつでもできると思います。優美が電話で話している相手は誰なのでしょう。そして、今井望緒が中野幸のことを忘れていたのも気になります。とてもショックなことが起きて、記憶を封印しているのでしょうか?雨宮秀一も怪しく感じますが、深沢稜や本田玲子も何かを隠している気がします。そして、最後の結末が衝撃的でした。優美は逃げるだけで良かったのに、夫・正を殺そうとしていたのです。さらに、岩崎奈々江を突き落としたのも優美でした。これらの事件は、優美一人で考えて実行したとは思えません。だれか協力者がいたのではないかと感じました。

50代


第4話あらすじ・感想

先日亡くなった仲良し6人組のメンバー・岩崎奈々江(新川優愛)を偲ぶ会で突如、野瀬優美(黒川智花)が息を引き取った。しかも優美は死の直前、今井望緒(波瑠)に向かって、奈々江を殺したのは自分だと激白!

夫・野瀬正(徳重聡)からDVを受けていること、さらにはそんな夫に隠れて不倫していることを知った奈々江にバカにされた――そう打ち明け、絶命してしまったのだ。

まもなく優美の死因は、偲ぶ会で飲んだワインに混入されていた毒物による中毒死だと判明。しかも警察の捜査の結果、優美のポケットから毒物を包んだ紙が発見されたため、自殺とみなされてしまう。

優美は本当に自ら命を断ってしまったのか…?どうにも腑に落ちない望緒は残された同級生たち――雨宮秀一(林遣都)、深沢稜(溝端淳平)、本田玲子(本仮屋ユイカ)と共に、優美がワインを飲んだときの状況について整理することに。すると玲子がふと、もしかしたら不倫相手の犯行ではないかと言い出した!

だが、肝心の不倫相手の正体は闇の中で…。その矢先、正が望緒のもとを訪れ、同窓会で撮影した6人組の集合写真を突きつける。しかも狂気をにじませながら、そこに写った“ある人物”を指差し、「この男ですよね? 優美が不倫していたのは!」と詰問し始め…!

どこまでも広がる憶測と疑惑、負の連鎖によって、心を蝕まれていく望緒。そんな彼女に、やがて初恋の人・雨宮が急接近!? しかし、大きく動き出したのは恋だけではなく…。あろうことか、またしても“新たな事件”が発生してしまう――。

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

正の執念深さが半端なくて、正が夢に出てきそうなくらい気持ち悪かったです。優美に暴力まで振るっていたなんて、本当に本当に最低です。優美は不倫をしてしまいましたが、優美は不倫相手がいたからこそ生きてこられたのだと思います。稜がついに過去のことを明かしましたが、稜たちが火事の直接の原因なのかどうか疑問が残りました。

30代

優美と奈々江の女性2人の確執は中学時代からだったと思うとやはり女は怖いなと思いました。優美の不倫相手が誰なのか気になりますね。雨宮くんが望緒にさりげなくキスをしていてちょっとびっくりしました。でも雨宮君が今井さん、とどこかよそよそしいのが気になります。優美のDV夫は社会的制裁を受けそうですが、それだけで終わりそうではないですね。

30代

毎回すごい展開がありますが、今回も色々ありすぎてあっという間の一時間でした。過去の火事の真相も分かって、中野が犯人なのか?ミスリードなのか?気になるところです。望緒の恋模様も気になるところですが、最後の雨宮が刺されたシーンは意外すぎて驚きました。全員怪しくも見える状態ですが、これ以上被害者が出る前に収束するといいなと思います。

30代

見ていると皆が怪しく見えてきて怖いです。優美の旦那さんもとても怖いです。雨宮くんを刺すなんて信じられないです。次回も優美の旦那さんが暴走しそうなのでどうなるか怖いけど早く見たいです。稜が結局は美緒を守ろうとしていたのが分かって嬉しかったです。稜の不器用さにキュンとするので、美緒と稜が一緒になってほしいです。

20代


第5話あらすじ・感想

今井望緒(波瑠)の初恋の人で、中学時代の仲良し6人組の1人・雨宮秀一(林遣都)が刺された!

犯人は、毒入りワインを飲んで亡くなった6人組のメンバー・野瀬優美(黒川智花)の夫である野瀬正(徳重聡)。どんな確証があったのかは分からないが、妻の不倫相手が雨宮だと考え、凶行に及んだのだ!

この事件を機に、仲間であるはずの雨宮に対して不信感を強めた本田玲子(本仮屋ユイカ)は、こっそり身辺調査を開始する。

一方、雨宮を信じたい一心で、望緒は彼の潔白を証明しようと決意。幼なじみの深沢稜(溝端淳平)と共に、優美の車のカーナビ走行履歴を調べる。すると…優美が同級生“連続不審死”事件の第1犠牲者・岩崎奈々江(新川優愛)を殺した日、喫茶店に行っていたことが判明。

店主に確かめたところ、優美は男性と一緒に来店したという。しかもその男性は、店主が娘の名前を呼んだ瞬間、ギョッとしたように振り返ったというのだ。その名前とは「ミユキ」――今から14年前、中学生だった稜と玲子、優美、奈々江が打ち上げた花火によって自宅が火事となり、転校した同級生・中野幸と同じ名前で…!

望緒と稜は中野のことを調べるため、恩師のもとへ。火事で両親を亡くした中野が身を寄せていた親戚の家の住所を教えてもらう。そんな中、“耳を疑うような衝撃の事実”が次々と発覚! さらに、望緒のもとへ、またしても命を脅かす黒い影が迫り…!?

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

望緒は雨宮の良い面しか見えていませんが、明らかに雨宮は不審で望緒に近づいているのも別な目的があるような気がします。稜は望緒の雨宮への気持ちを知ってからも望緒を支え続け、そんな稜の優しさを望緒がいつか受け止めると信じています。今回の正も怖かったですが、なぜかラストの雨宮の方が正よりもずっとずっと怖く感じました。

30代

前回、雨宮くんが刺されてどうなることかと思いましたが、命に別状なくてひとまずほっとしました。また、中野幸について家を調べに行った時に現れた、ミリタリーコートを着た男が誰なのか気になりました。一瞬映ったサラサラの髪から比較的若そうな方なのかなと思いましたが、中野幸本人なのかどうか、何を目的として一連の事件が起こっているのか、いまいち掴めず、今後の展開が気になっています。

20代

みんな怪しすぎます。本田玲子は弁護士だから何でも調べられそうで怪しいし、深沢稜ももう本当に隠し事ないのかなって思いました。そしてずっと怪しいと思っていたのは雨宮秀一です。優しくていい人すぎて怖いです。今井望緒が一緒に飲んでて、急に体がふわふわしてって言っていたけど、睡眠薬でも飲まされたのではと思いました。眠らせてその間に何かしていたのではないかと思っています。また雨宮秀一が実は中野幸で、クロなのではないかとも思っていました。しかしラストで雨宮秀一が女性に暴行して逮捕されていたことがわかり、母親からも逃げろと言われていたので、どうなのか、次回でもう少し雨宮秀一のことがわかりそうで楽しみです。

30代

雨宮君への怪しさが倍増してやはり!という気持ちでいっぱいになりました。望緒に対しても優しくしてくれるものの、どこか信用できない何かがありましたね…。今回は中学校の先生に話を聞きに行きましたが、あんなに細かく昔の教え子のことを覚えてるものかなと思いました。先生も怪しいのかもしれません。。中野君の過去も少し明らかになりましたが彼も本当に優美と付き合っていたのか気になります。

30代


第6話あらすじ・感想

「逃げなさい。あなたも殺されるわよ」。雨宮秀一(林遣都)の母・雨宮サユリ(高橋ひとみ)が、2人きりになった今井望緒(波瑠)に投げかけた衝撃の言葉――。

中学時代の初恋の人・雨宮への恋心が再燃している望緒は、その言葉の意味が理解できず、ただただ呆然としてしまう。そんな望緒に、中学時代の仲良し6人組の一人・本田玲子(本仮屋ユイカ)から電話がかかってきた。現在、弁護士をしている玲子はそのネットワークを駆使し、雨宮に関する“新事実”をつかんだというのだ――。

玲子が入手した情報によると、雨宮はあろうことか2年前、交際相手に暴力を振るって逮捕されていた。しかもその後、自殺した交際相手の兄・古堀和也(木村了)から、訴訟を起こされたというのだ!

幼なじみの深沢稜(溝端淳平)と共に、玲子から“新真実”を告げられた望緒は激しく動揺。しかし、「ちゃんと自分の耳で話が聞きたい」――そう考え直した望緒は、玲子と共に古堀に話を聞きに行く。

ところが…! 古堀の口から飛び出したのは“すべてを覆す意外な新事実”だった。古堀が言うには提訴後、雨宮には否が一切なかったことが判明。実際、訴えもすでに取り下げたという。話を聞き、ほっと胸をなでおろす望緒。だが同時に、古堀が“ある瞬間”に浮かべた表情がどうも引っかかり…。

そんな中、雨宮は望緒と稜、玲子――今も健在でいる中学時代の仲良し6人組メンバーとの食事会を提案。しかし食事会が開かれる直前…。つい先日命を落とした野瀬優美(黒川智花)、岩崎奈々江(新川優愛)と共に、稜と玲子が中学時代に打ち上げた花火が原因で両親を亡くした同級生・中野幸かと思われる人物の“怪しい行動”が浮き彫りになり…!?

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

雨宮くんが怪しいと思っていたものの、幼なじみの稜と本気の殴りあいのシーンや、りえちゃんに対する対応をみて、雨宮くんは怪しくないんだと感じました。しかし、最後の最後に望緒が雨宮くんの似顔絵を描いていると、彼の最大の嘘に気づき、まさかの展開に…。望緒じゃないと気づかなかったであろう嘘だと思います。雨宮くんと古堀さんの関係はなんなのか、次週が気になって仕方がありません。

20代

やはり雨宮秀一は、雨宮秀一ではなかったなと思いました。古堀和也ともつながっているようでしたし、中野幸なのではと思います。まさか耳の形で分かるは思いませんでした。雨宮秀一は火事のあったお祭りの日、今井望緒と先に帰ったはずが、夜見かけたと本田玲子が言っていたことも気になります。深沢稜は、本当に今井望緒のことを想っているのが伝わってきました。今井望緒が笑っていてくれたら、幸せならいい、何かあったら引き戻すととてもかっこよかったです。

30代

雨宮が雨宮ではないんじゃないかという疑念が膨らみ、最後は確信へと変わるシーンでした。雨宮にまつわる噂についてどれが本当でどれが嘘なのか、嘘をついてるのは誰なのか、新たに登場した木村了さんが今後の物語の鍵を握るのか、先が気になってしょうがなくなりました。話の展開から雨宮と幸が入れ替わっているのかもと想像できましたが、それが何のためなのか、まだ気づいていない闇がありそうで次回が楽しみです。

30代

雨宮君の過去の障害事件が気になっていましたが、その被害者のお兄さんがいやがらせしていた犯人とは思いませんでした。彼にもいろんな事情が隠れていそうです。また、雨宮君は過去の人柄と違うという証言がいくつかありましたが、まさか本当に違う人物とは…。それが分かった瞬間にぞわっと鳥肌が立ちました。しかも望緒がデッサンをしている時に気づくとは…。でもこれから林遣都さんの本領発揮になりそうです!

30代

雨宮くんの怪しさ満点で始まった今回。小堀が防犯カメラに写っていたことで、一見雨宮くんの疑いが晴れたのかなと思ったけど、やっぱりどこかで怪しさというか違和感が残る展開でした。そんな中、望緒を心から大切に思う綾がとてもかっこよく見えました。個人的には、綾と望緒が結ばれてくれたらなあと思います。そして最後は、まさか、「耳」で気づくとは斬新でした。次回が楽しみです。

20代

真相に近づきつつある一方で、なかなか謎が解けないもどかしさがあります。雨宮が雨宮でない予感は当たっていて、古堀が雨宮で雨宮が中野のような気がしています。雨宮の母が望緒に忠告したのは、恋人だからという理由なのかどうかも気になるところです。稜がいつもどんなときでも望緒を支えていて、稜の気持ちが報われるのを願っています。

30代

雨宮が偽物だったことに驚きました。しかし、偽物の雨宮は、望緒のことを大事に想っているのも事実です。やはり、雨宮の母・サユリの言葉が気になります。雨宮が、望緒が思っているような男性であれば良いのですが‥。雨宮と付き合っていた女性は、雨宮を良く言っていません。謎が多い雨宮と、誠実で真面目な深沢。もしかすると、雨宮は中野幸なのかもしれません。

50代


第7話あらすじ・感想

目の前にいる“雨宮秀一”(林遣都)は、本物の雨宮じゃない!

――中学時代の初恋の人・雨宮と、14年の時を経て再会した“雨宮”の耳の形が違うことに気づいてしまった今井望緒(波瑠)。彼女からおびえた表情で「あなた…誰…?」と問い詰められた“雨宮”は、その疑問に一切答えることなく、姿を消してしまう。

しかも、彼がその足で人知れず落ち合った人物は…古堀和也(木村了)!岩崎奈々江(新川優愛)に続き、野瀬優美(黒川智花)も命を落とした《同級生“連続不審死”事件》の黒幕である可能性が極めて濃厚な、中学時代の同級生・中野幸と思われる人物だった。しかも、あろうことか“雨宮”は古堀に向かって「今井望緒は、僕が殺す」と告げ…!

一方、望緒は激しく混乱しながらも、愛する“雨宮”と真正面から向き合い、とんでもない嘘をついていた理由と、未だ謎のベールに包まれている彼の正体を突き止めようと決意する。そんな彼女に、雨宮や亡くなった2人とも懇意にしていた仲良し6人組のメンバー・深沢稜(溝端淳平)と本田玲子(本仮屋ユイカ)は協力を約束するが…。

その矢先、優美の夫・野瀬正(徳重聡)がまたしても狂気に満ちた行動に出る!優美の不倫相手だと疑って“雨宮”を刺した正が、今度はいきなり玲子にナイフを突きつけたのだ――。

実は正、優美の不倫に加え、彼女が「殺した」と自白した奈々江の死にまつわる真相をひも解く上で、決定的な証拠となる“動画”を入手していたのだが…!?

時を同じくして、かすかな記憶の糸から“雨宮の正体”にたどり着いた望緒は、雨宮の母・雨宮サユリ(高橋ひとみ)のもとを訪れる。ところがそこへ、雲隠れしていたはずの“雨宮”が現れ…!

ついに明らかになる、14年にわたって“雨宮”がひた隠してきた真実――。だが、“事件”はまだまだ収束の兆しを見せず…!?

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

雨宮秀一になっていたのが整形手術していた中野幸だというのが分かり凄い展開だと思いました。今までの林遣都さん演じる雨宮秀一の貴公子ぶりから本当の雨宮秀一の差がありすぎです。雨宮秀一になっいる中野幸との子供を望緒が妊娠しているのが分かりとてもびっくりしました。多分、望緒はその子供を一人で育てると思います。有名な女性漫画家として成功すると思います。それでもなんで偽雨宮の背中についている傷跡やケロイドなんかに気が付かなかったのか?不思議です。

60代

やはり予想通り雨宮秀一が中野幸でした。元々の雨宮秀一は人をゆすってお金を巻き上げるような人で女癖も悪かったから、てっきりその時に殺したのかと思いました。しかし監禁していただけで生かしていたことに驚きました。古堀和也は返り討ちにあったみたいだし、次回雨宮秀一本人が出てきてさらに怖くなりそうです。まさか整形までしてなりすましていたりと経緯を全て話して明らかになるとは思っていませんでした。そしてラストの今井望緒の妊娠です。もちろん相手は中野幸だと思いますが、最終回どうなるかドキドキしています。

30代

雨宮くんの正体が実は中野幸くんだった、というのは前回からなんとなく感じていましたが、やはり真相は残酷だなと思いました。奈々枝がタイムカプセルのデータを勝手に見るのもどうかと思いますし、やはりこの人ちょっとやばい人でしたね。また優美の死の真相も雨宮君(中野君)が関わっていたというのも苦しかったです。そしてまだ本物雨宮君は生きていたとは…。自分を殺しに来た小堀さんを殺す力があったことが怖いです…。

30代

雨宮が中野で、古堀が雨宮かと思っていましたが、古堀は本当に雨宮のせいで妹が奪われたのは本当でした。中野は中学生の頃に辛い思いをしながらも、望緒がいてくれることだけが唯一の救いだったのかもしれません。中野は心から望緒を愛していたのは本当だと思います。望緒は中野の子供を妊娠してしまうという運命とどのように向き合って行くのかも気になります。

30代


第8話(最終回)あらすじ・感想

中学の同窓会で再会して以来ずっと“雨宮秀一”だと思っていた恋人は、岩崎奈々江(新川優愛)と野瀬優美(黒川智花)が命を落とした同級生“連続不審死”事件の原因を作った張本人・中野幸(林遣都)だった…!

愛する人がこの14年つき続けた嘘の裏にある“真実”を、ほかでもない本人の口から告げられた今井望緒(波瑠)。しかもその直後、何たる運命のいたずらか――

望緒は自らが中野の子を妊娠していることを知る!だが、共に事件の真相を追ってきた同級生・深沢稜(溝端淳平)と本田玲子(本仮屋ユイカ)にも、妊娠については打ち明けることができず…。

引用:ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』公式サイト

見終わった後の率直な感想は、悲しいということでした。最終回はすべての謎が解けて、よかったです。学生時代も描かれていて、中野幸が抱えていた闇や、今井望緒の優しさが伝わってきて涙が出ました。結局、雨宮になりすましていた中野は逮捕されましたが、ずっと一緒だった同級生達が、待ってるよと温かい言葉をかけていたので、救われました。しかし、最後の最後で、同級生だった一人の能勢優実の旦那に刺されて、中野が死んでしまった時には驚き、悲しかったです。その後は残された同級生の明るい未来が映しだされて終わりましたが、みんなが幸せになってほしかったなと思います。

40代

人間の闇の部分が映し出されているので見ていると苦しくて嫌な気持ちになるのですが毎週欠かさず見るという結果でした。最終回は思いがけない展開で雨宮秀一さんのお母様が下した辛い決断に涙が出ました。母の責任としてのご決断だったのかなとお母様の心中を察すると辛かったです。中野幸君には幸せになって欲しかったです。中野君が犯してしまった罪は許されることではないけれどそれでも中野君の幸せを願わずにはいられませんでした。

50代

最初は望緒が本物の雨宮くんに殺されてしまうのではないかとハラハラしましたが、お母さんや中野くんのおかげで何とか助かってほっとしました。そして、美緒や稜、玲子のおかげでやっと罪を償おうと前に一歩進み、いつか望緒と子供と幸せな時間を過ごせると思った矢先、中野くんが野瀬正にその命を奪われてしまったときは何とも言えない気持ちになりました。

20代

なんて悲しい結末なんだろうとと思います。人を傷つけて脅す、本物の雨宮秀一を止めようと母親が殺した時の悲しみを思うと切ないです。今井望緒を漫画家としてずっと応援していたのが、雨宮に整形した中野幸だと分かり、やっと2人で幸せを掴みかけたのに、ラスト、野瀬正に殺されてしまうとは悲しすぎるドラマです。でも、今井望緒が、中野幸との間に生まれた女の子に、幸と名前をつけて、暖かい日差しの中で微笑む姿に救われます。

50代

うまくまとまった最終回だと感じました。本物の雨宮くんがお母さんに刺されてしまうというシーンはなかなか衝撃的でした。決死の覚悟で守ろうとしたものは本当の息子ではなかったことが切なかったです。ずっとファンレターを送っていたのも中野君できっとずっと望緒のことが好きだったんですね。家族ができて嬉しそうに泣く中野くんが印象的でした。最後もあれだけ人がいるのに刺されてしまってかわいそうでした。

30代

中野幸がクロであり、野瀬正が本当は中野幸とは知らずに顔が雨宮秀一だから、野瀬優美の敵と言って刺したところは、予想してた通りでした。しかし、雨宮サユリがまさか実の息子である本物の雨宮秀一を刺すとは驚きました。また今井望緒がクロである中野幸を呼び出して、妊娠のことを伝え、警察に引き渡すところも予想外でビックリしました。岩崎奈々江や野瀬優美を死に追いやったことは許せないけど、どうしようもなく愛してる中野幸と一緒にいられなくなったことは残念だったけど、その愛する子供と漫画と幸せな終わり方ならそれでもいいかなと思いました。

30代

とにかく切ない気持ちになりました。でも、望緒と娘がいることで中野が今まで生きてきた意味はしっかり残せたと思います。今度こそ中野は家族と幸せになれるとホッとしましたが、正の復讐心がここまでしつこかったとは思いませんでした。稜はどんな望緒でも受け止めてくれ、いつか稜の気持ちが望緒に通じると信じています。

30代

なぜ人間は生まれてくるのか?聞かれたら答えられない人が多数だと思います。長く生きていても答えが出てきませんが、幸せになるためと言っていました。動物的に言えば子孫を残すこと、人間界で言えば仕事するためという人がいます。本来は、幸せになるためが一番しっくりくると思います。つまらない人生を送るよりも、一度しかない人生なので楽しむことが大事です。

50代


ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』の見どころ・まとめ

このドラマは、主人公の望緒が中学の同窓会に出席したことをきっかけに、かつて仲良しだった同級生たちが、次々に不審な死を遂げる、連続殺人事件が起こるという本格ラブサスペンスです。

ポスタービジュアルにある「全員嘘つき」というキャッチコピーがとても衝撃的で意味深で、視聴者の興味をとてもそそります。

このドラマは1話完結ではなく縦軸のサスペンス系の連続ドラマで、これはテレビ朝日にとって、新しい試みになります。

登場人物たちが皆それぞれ人には言えない闇や秘密を持っていて、それが14年前のある事件の真相に関係しているという、とてもミステリアスな設定です。

回を追うごとにその秘密が明らかになっていくので、視聴者にとっては毎回ハラハラドキドキが止まらなくなりそうです。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です