ドラマ『コントが始まる』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2021年4月17日(土)からスタートのドラマ『コントが始まる』のあらすじや感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『コントが始まる』はどんなドラマ?
  • 菅田将暉・神木隆之介・仲野太賀が売れないコント師を演じる
  • 毎話一本のショートコントから幕開けをするストーリー展開
  • 人生のど真ん中にいる20代後半の男女5人の群像劇が見れる

ドラマ『コントが始まる』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『コントが始まる』は、動画配信サービスhuluまたはTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方はTVerで見ることができます。TVerでは地上波放送後1週間の期間限定配信です。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、huluで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

huluなら1話から最新話まで全話配信

huluでドラマ『コントが始まる』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

注意
huluの2週間の無料お試しを利用することで、1話から最新話まですべて無料で見れます。

huluで配信中のおすすめ番組一覧

TVerでドラマ『コントが始まる』の最新話を見る方法

ドラマ『コントが始まる』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerでは、視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『コントが始まる』を見たい方はこちら

※配信状況は2021年4月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『コントが始まる』作品情報


【放送日】毎週土曜日 夜22:00~ (日本テレビ系列)

売れないお笑いトリオ「マクベス」のショートコントが幕を開けます。

コント「水のトラブル」明転したステージに現れたのはお笑いトリオ「マクベス」の春斗、瞬太、潤平。取り留めのないのコントの前フリ部分が始まります。

そのコントを自宅で見ている里穂子は「マクベス」の隠れファンでした。

大企業を辞めた里穂子は妹のつむぎと同居しながらファミレスでウエイトレスとして働いています。偶然里穂子の働くファミレスでネタ合わせをした「マクベス」の3人は、やがて常連客となり定期的にそのファミレスでネタ合わせをするようになります。

なぜか彼らがネタ合わせをする姿に興味を惹かれて、いつの間にか「マクベス」は里穂子の生きがいのような存在になっているのでした。

ドラマ『コントが始まる』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 高岩春斗/菅田将暉
  • 朝吹瞬太/神木隆之介
  • 美濃輪潤平/仲野太賀
  • 中浜里穂子/有村架純
  • 中浜つむぎ/古川琴音
  • 恩田光代/明日海りお
  • 坂斉凜奈/米倉れいあ
  • 下條良/松田ゆう姫
  • 村主うらら/小野莉奈
  • 真壁権助/鈴木浩介
  • 安藤友郎/伊武雅刀
  • 岸倉奈津美/芳根京子
  • 楠木実籾/中村倫也
  • 國谷/橋野純平

菅田将暉さんと有村架純さんと言えば、最近共演された映画「花束みたいな恋をした」が真っ先に浮かびます。共感度100%とうたわれるだけあって、若い人たちはもちろん、大人の男女が観ても胸がキュンとしてしまう映画だと思います。

2人は2016年に公開された映画「何者」でも共演をされています。今をときめく菅田将暉さんと有村架純さんのこのドラマでの共演は、映画2作品を見た人もまだ見ていない人にも、たくさんの人たちの期待に包まれていると思います。

製作・スタッフ

  • 脚本/金子茂樹
  • 演出/猪股隆一、金井紘
  • 主題歌/あいみょん「愛を知るまでは」
  • 音楽/松本晃彦
  • プロデューサー/福井雄太、松山雅則
  • コント監修/岡田幸生

ドラマ『コントが始まる』の原作は?

ドラマ『コントが始まる』は原作がなく、金子茂樹さんのオリジナル脚本です。

金子さんのスキンヘッドに髭を蓄えた風貌からは、サスペンスなどを書きそうに思えますが、生田斗真さんが出演の「俺の話は長い」で、第38回向田邦子賞を受賞されていて、面白くて優しいストーリーを書かれる脚本家さんだと思います。

今まで手掛けてこられたテレビドラマでは「プロポーズ大作戦」や「ハチミツとクローバー」が有名だと思います。

今回のドラマで主演の菅田将暉さんは、この「プロポーズ大作戦」の大ファンで、中学生の頃に自身で「プロポーズ大作戦」をもとにした脚本を書いたことがあるそうです。なんだかご縁を感じますね。

ドラマ『コントが始まる』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/4/17 第1話 8.9%
2021/4/24 第2話 8.6%
2021/5/1 第3話 7.5%
2021/5/8 第4話 7.1%
2021/5/15 第5話 7.0%
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『コントが始まる』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想(4/17放送)

コント『水のトラブル』。明転したステージに現れたのは、春斗(菅田将暉)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)のお笑いコントトリオ『マクベス』。売れない芸人による取り留めのないコントの「前フリ」部分が始まる……。そして映像は、そのコントを自宅で見ている里穂子(有村架純)へと繋がっていき―――。

―――鳴かず飛ばずの日々を過ごすお笑いトリオ『マクベス』でツッコミを担当する春斗は、結成10年を前に、ある決断を迫られていた。一方、1年半前に訳あって大手企業を辞めた里穂子は、姉の世話を口実に上京して来た妹・つむぎ(古川琴音)と同居しながらファミレスでウェイトレスをしていた。偶然里穂子の働くファミレスに来店したマクベスの3人は、やがて常連客として定期的にファミレスでネタ作りをするようになり……。

彼らがネタ作りに励む姿を見るうちになぜか興味を惹かれ、いつの間にか隠れファンとなっていた里穂子。日々は流れ、気づけば里穂子にとって、マクベスの存在は生きがいのようになっていた……。しかしある日、初めてマクベスのライブを訪れた里穂子を待っていたのはトリオ解散という重大発表!呆然と帰路についた里穂子は、突然春斗から声をかけられて―――。

失敗が許されない世の中で、『大失敗』の人生を歩む人々。20代後半、様々な決断を迫られる「最後の青春」にもがく、涙と笑いの青春群像劇。この出会いが、俯く日々に希望の香りを漂わす全ての始まりであった。

引用:ドラマ『コントが始まる』公式サイト

3人のコントにかける思いや友情や家族との約束などがわかってきて、辛くなりました。10年間という約束で始め、売れないこと以上に、高岩は、自分が美濃輪と朝吹の10年を奪ったのではないかと悩んでいます。リーダーの辛さです。でも2人がそんな高岩を思いやって、和やかな雰囲気にしたり、励ましたりする場面がとても良かったです。高岩は危機があっても、その時に出会った人や出来事をヒントにしてコントを作る才能があると思いました。

60代

神木隆之介さんと明日海りおさんのファンなので視聴しました。もう30年以上前に少しだけコントブームがありましたね。コント芸人の話かと思ったけど案の定で、売れっ子俳優たちが売れない芸人を演じ、それを支えるファンの有村架純さんが絡んで面白そうです。3人のうち1人が申告に家業と彼女の板挟み、それなら脱退で2人でやればいいのにと思ったけど、それではダメなんですね。触るの水がメロンソーダになるネタは普通に面白かったし、実際にペットボトルの水がメロンソーダになっていたことからネタができていて、それは駄菓子屋にある粉のメロンソーダの素を入れたものだと最後に分かってスッキリしました。来週も楽しみです。

50代

第一話を見て、今までありそうでなかったようなドラマだなと思いました。青春ドラマでもあり、現実的な厳しさも描いていて、これからの展開に期待です。第一話から、お笑いトリオを解散するという言葉が出てきて驚いたけど、3人それぞれがどのように前へ進むのか楽しみです。とにかくキャストが豪華ですごいなと思いました。次回予告で見れたゲスト出演枠の俳優さんも豪華だったため、楽しみ倍増です。

20代

里穂子のマクベスに対する執着心は、正直本人が聞くとドン引きするレベルですが、マクベス側も同じように彼女のことを気にかけていたというところに因縁を感じました。里穂子は少し不思議ちゃんっぽく見えましたが、自分の贔屓にしているものがどんどんなくなってしまうという経験は自分にも覚えがあるので、その件はすごく共感できました。

40代

菅田将暉さんと神木隆之介さん、有村架純さんと演技力のある役者さんばかりで絶対面白いと思って期待してました。思った通りでした。ペットボトルの水がメロンソーダになってたネタバレのシーン有村さんがとってもかわいかったです。この先どんどんファン生活を楽しんで、不幸癖から抜け出して幸せをつかむところが見たいです。来週も楽しみです。

50代

マクベスの3人の出会いだったを知ることが出来て嬉しかったです。里穂子が働くファミレスで出会うよりも前に、春斗が里穂子と出会っていたのに驚きました。里穂子が自分が好きな雑誌が廃刊になったり、好きなブランドが倒産したことがあるから、マクベスの解散も自分のせいだと言って自分を責める里穂子が大好きになりました。

40代

はじめの入りがコントからがいいです。里穂子視点から見ると、確かに週一で自分のお店にきて、隣のアパートに住んでて応援しちゃう気持ちわかります。春斗視点だと全然違いますね。もっと先に出会っていて、マスベスも、里穂子の事気にしてたんですね。高校生時代の頃も見れましたが、瞬太がぷよぷよの大会で優勝でゲーマーとか。結局マクベスに入りましたが、解散の話のときや3人での会話はとてもリアルでした。里穂子がマクベスがいるから頑張れた、元気になれたというような言葉、春斗が聞いて解散をやめてくれないかなと思いました。最後のコントの俺はラーメン食べた後しか、大事なことは言わない。と言う終わり方はインパクトありました。

40代

人生、そんな簡単にはいかないと思います。しかし、コント師の3人には、夢を諦めないで希望を持ってほしいと思いました。実際、10年経っても目が出ない芸人さんは山ほどいて、きびしい世界なんだと思います。俳優さんの演技が上手いので、その辺の葛藤は、胸に迫るものがありました。里穂子という人物も気になります。自然とドラマに引き込まれました。

60代

菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀、有村架純と実力派俳優の揃ったドラマで期待していました。3人組コント師の1つのコントで1話完結、一本の短編映画を見終わった様な感覚になりました。始めから散りばめられたネタが、続々と伏線回収されていき気持ちがいい。有村架純さんの柄の悪い酔っ払い姿、仲野太賀さんの泣き演技が特に心に刺さりました。期待を遥かに上回る面白さ、ハマりました。最終話まで完走します。

30代


第2話あらすじ・感想(4/24放送)

潤平「春斗には一つだけ秘密にしていることがある……」
瞬太「プロゲーマーだった頃はよくインタビューで『27歳までに死ぬ』と答えていた……」
コント『屋上』。舞台が明転すると、自宅の屋上テラスで和む中年夫婦と隣のビルで思い詰めた表情をする若者が現れる。その3人による取り留めのないコントの「前フリ」が流れ―――。

コントトリオ「マクベス」解散を決めた春斗(菅田将暉)は、事務所のマネージャー楠木から呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。一方マクベスの一人である潤平(仲野太賀)は10年間交際を続ける恋人の奈津美に、ついに解散することを決意したと告げる。そんな中、潤平は春斗と芸人を志した日々を振り返り、春斗に一つだけ『秘密』にしていることがあると思い返す……。

その頃もう一人のマクベスである瞬太(神木隆之介)はなぜか春斗や潤平と共に通った母校の屋上に佇んでいた。そこは春斗との思い出の場所でもあった。何も知らない春斗だったが、里穂子(有村架純)から気になることがあると話を切り出されると、里穂子が働くファミレスで瞬太が「遺書」を書いていたのだという。それは「屋上」というコントの小道具として書いていただけだと説明する春斗だったが、何やらいつもと状況は違うようで……。

「解散」を宣言することで動き出したトリオ芸人。彼らと巡り会うことで動き出した姉妹。暗闇の中を歩いているかのように見える5人の若者たち。……だが1時間後、彼らを見ていただいた人はなぜか彼らを「美しい」と感じてしまう。そんなまさかの結末を迎える第2話。是非ご覧ください。

引用:ドラマ『コントが始まる』公式サイト

マクベスの解散をライブで発表した後日、過去に遡って結成当時の裏話や秘密を初めて知る事で、譲れないプライドを抱えて喧嘩したり、遺書を巡って絆を深めたり…と、家庭環境や生い立ちによって形成されたキャラクターの背景が徐々に明らかになった回でした。コンビを組むまでの経緯や、相方になって欲しいと申し入れをされた側の心情や、そこに加わりたくて誘いを渇望した3人目の視点がリアルで、お笑いトリオならではの青春群像劇が見られて楽しいです。

20代

マクベスが解散することになり、3人の目線で今までを振り返り、今の思いを伝えていました。春斗はマクベスを作る時に潤平を誘いましたが、実は高校生の時、コントをやろうと春斗を誘ったのは潤平でした。それもモテたいからです。だから潤平も責任を感じていました。瞬太は、27歳までしか生きないと言ってみんなを心配させましたが、2人に出会って生きる目的が見つかりました。3人の考え方や思いが伝わってきて、考えさせられました。解決できると良いです。

60代

2話目でしたがマクベス結成の過去が思ったより深かったです。さすがに仲の太賀さんの高校生役は違和感がありましたが、告白するエピソードが凄く面白かったので良かったです。喧嘩のシーンは迫力があって言い合いの演技が素晴らしかったです。最後の潤平の「お前を選んで良かったわ」のアドリブには鳥肌が立ちました。最高の演出だと思いました。

30代

解散宣言したマクベスはどうするのか、イケメンマネージャーが引き留めているけれど、3人の高校時代の事から中浜姉妹や彼女の存在もわかり、10年青春してる感じもいいですね。解散はしてほしくないし、ネタももっとみたいけど来週の中浜姉の闇の中のような様子を見ると、マクベスに何かしらの動きもあるようだが、個人的には解散回避してほしいです。

50代

コントと高校時代の回想が重なって、春斗と潤平と瞬太の3人の関係性が明らかになっていきました。演技派の俳優さんたちが、複雑な心理状態を上手く表現していると思います。ラストのコントのアドリブシーンが、生きていました。マクベスに対する里穂子の思い入れも伝わってきました。コントというよりも、演劇を観ているような感じがします。

60代

コメディかと思ったらヒューマンドラマですね。マンションから自殺するネタはシュンタの高校の時のことから始まっていたんですね。そのネタをちゃんと見てみたいし、他のネタも見たいです。潤平はいつも力んでる感じだけど、ハルトとシュンタは自然に話してて演技とは思えずだざらこそ凄いと思いました。「あたし、プロ雀士を目指してるから」と言った明日海りおさんの口調が江口典子さんに似ていました。ドラマが終わる頃にはプロ雀士になれてるんでしょうか。

50代

死ぬ事、自殺など重たい内容もあったけど、最後に全てが繋がりあたたかい気持ちになった。冒頭のコントの内容は過去にあった出来事をオマージュしたものだったが、リアルタイムで進行している出来事が最後にリンクして映画を見ているみたい、凄かった。ほんと面白い。最後の仲野太賀さんの恥ずかしい演技がうま過ぎた。喧嘩のシーンもうま過ぎて1人だけ演技に見えない。仲野太賀さんの演技力を見せつけられた。1話に続いて2話も最高でした。今期1番好きなドラマです。

30代

それぞれの人生にとって「マクベス」が大きな存在なんだと改めて思いました。人生を共にする覚悟の大切さを話す瞬太がアルバイトをしている居酒屋の大将の言葉が心に深く刺さりました。奈津美の気を惹きたくて始めたコントだったのに、その奈津美のために辞めようとしている潤平の気持ちを考えたらなんだか切ない気持ちになりました。

40代


第3話あらすじ・感想(5/1放送)

つむぎ「ウチのお姉ちゃんはヤバい。それもかなり……」
春斗「危うさで言ったらウチの兄貴の方が断然上だ」
コント『奇跡の水』。明転した舞台に現れたのは兄弟を演じる春斗(菅田将暉)と潤平(仲野太賀)、そして謎の男を演じる瞬太(神木隆之介)。誰が見ても怪しさ全開の水を崇拝する兄とそれを説得する弟をテーマにした、マクベスのとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

1年半前、廃人寸前になっている姉・里穂子(有村架純)を自宅で見つけて以来、転がり込んで生活を共にしているつぐみ(古川琴音)。彼女の最近の心配は、誰も知らない売れないお笑いトリオ『マクベス』になぜどっぷりとハマった里穂子が、彼らの解散発表以来ため息ばかりついていること。

一方、春斗が気にかけているのは、完璧人間だった兄・俊春(毎熊克哉)のこと。非の打ち所のない順風満帆の人生を歩んできた兄だが、突然人生に挫折。今では実家の部屋に引きこもっている。自分が好きな道に進めたのは、しっかり者の兄がいてくれたから。春斗は自分も兄を追い込んでしまった一端を担っていると感じていた……。

問題を抱える二つの兄弟関係。交わるはずのない2組の関係性にはある一つの「秘められた共通性」が存在していた。孤独に陥りやすい現代にだからこそ届けられる想いが詰まった第3話。危うい兄弟のお話は、またしても想像をしていなかった笑顔あふれるクライマックスへとつながっていく!

引用:ドラマ『コントが始まる』公式サイト

瞬太が春斗に、兄への電話を勧めるシーンが印象的でした。『出なくても良い。ドアを叩き続けることが大切だ。』という瞬太の言葉が、後々のシーンに繋がり、兄の元気な姿、そして、春斗と笑顔で話す姿を見ることができた事に胸を打たれました。直接会いに行かずとも、心配をしているという気持ちを見せるだけでも、人の心を動かすことができるのかなと感じる事ができました。

30代

春斗が作るコントはいつもシュールで、今回のネタもかなりシュールでマニアックでした。信仰宗教にハマった兄のネタは実は春斗と兄の実話で実家で引きこもっている兄に声をかけ続けることを瞬太に言われ、そうすることで兄は立ち直るきっかけになりました。瞬太は不思議な力を持っているようで中浜さんの妹と意気投合して中浜さんの家でたこ焼きパーティーをして、中浜さんから辛い過去を引き出したり、春斗にアドバイスしたり。来週は瞬太の背景に触れるようで、瞬太には春斗が何か良いことを言ってくれるのかと期待しています。

50代

タイトルとは逆にマクベスのメンバーの現状の立場や悩み、中浜のお姉さんの方の過去や妹・家族の支えエピソードなど、「コント」にするには強すぎで、哀しくなります、「奇跡の水」の裏側にはるとのお兄さんの栄光と挫折があったりして、湯船につかっただけで家族がよろこんだり、こちらもちょっと物悲しいというか、じゅんぺいと彼女、そして高校時代に先生の関係性もコントになるのでしょうか。

50代

春斗と兄の心のつながりに感動しました。兄は、とても優秀で、良い会社に入り結婚して順調な人生でした。でも、ある時に、マルチ商法にはまってしまい全てを無くし引きこもってしまったのです。それでも誰よりもマクベスの理解者だった兄は、コントを見続けていたのです。春斗が心配していることがわかり、兄が立ち直るきっかけをつかみました。人と人とのつながりの大切さを感じました。

60代

5人の過去を暴露する大会のような感じでしたが、皆それぞれの環境の中で、悩み未来を夢見ながらも、その未来が見えない不安感を感じられました。有村さんの過去の暗黒話しで、涙を流した時に、太賀さんが自分の足を洗って拭いた後のタオルを渡したシーンは笑えました。妹が姉を気遣って同居している理由、最後に親に連絡して、お姉ちゃんは大丈夫!と、菅田さん、仲野さん、神木さん達との繋がりを感じた連絡が印象的でした。

50代

第3話では有村架純さん演じる中浜さんの過去が明らかになり、切なくなりました。結婚の話も仕事の話も中浜さんはただ直向きに頑張っていただけなのに、周囲と微妙な差が生まれて大きくなり、気づいた時にはどうしようも無い程の溝ができてしまっていて、それに気付き絶望している事が余計に悲しかったです。今後マクベスの3人との交友関係から、明るい姿に戻る事ができるのか見守りたいと思います。

20代

なぜ里穂子が会社を辞めたのかがわかって、ますます里穂子とマクベスを応援したくなりました。里穂子がつむぎが買ってきた熱帯魚3匹に、勝手にマクベスの3人の名前をつけて呼んでいるのがよかったです。たこ焼きパーティーにやって来た潤平が足が臭いから洗うと言い張るのを面倒くさがる里穂子の表情が本当に面白かったです。

40代

今回は芸人というか春斗の兄との家族の絆についてとても感動しました。ああいう宗教的なものにハマる人は現実に居ると思いますし、それを心配する家族や引きこもりになるまでの過程などがリアルでした。最初このドラマの印象はコミカルなものだとばかり思っていましたが、感動的な脚本でいい意味で裏切られました。来週も楽しみです。

30代

里穂子が会社を辞めたいきさつが語られました。里穂子一人にトラブルを押し付けて、ひどい会社があったものです。かなりリアルなストーリーでした。でも、そんな会社なら辞めて当然です。里穂子には、もっといい仕事があると思いますし、家にマクベスの3人が上がり込んで、いっしょにたこ焼きを食べるなんていうこともないわけです。人生辛いこともあるけれど、一人じゃないから、これからもっといいことがあるということを伝えたいです。

60代

今回は冒頭のコントが実は春斗の兄の現状をネタにしたということで、なかなか危険な香りがするものでした。しかし最後はほんの少し前に進んだのは良かったです。そして里穂子が仕事を辞めた理由が語られたのですが、頑張れないというのは想像するだけできつそうだと感じました。そのあたりが彼女がマクベスにはまっている理由にもなるのでしょうか。

20代


第4話あらすじ・感想(5/8放送)

潤平「瞬太は父緒を早くに亡くし、母親とは明らかにうまくいってなかった」
里穂子「つむぎは昔から面倒見がいい。弱ってたり傷ついてる人を放っておけない性格だ」
コント『捨て猫』。ステージに現れる段ボールに入った捨て猫役の春斗(菅田将暉)と、野良猫役の瞬太(神木隆之介)。マクベスによるとりとめのないコントの前フリが流れて―――。

潤平(仲野太賀)は、高校の担任・真壁(鈴木浩介)を呼び出し、彼女の奈津美(芳根京子)と共に昔話に花を咲かせていた。その中で、トリオ名「マクベス」の名づけの由来に真壁が関わっているという話になり、高校時代、瞬太(神木隆之介)の車にマクベスの3人と真壁が共に乗った1日のことを想い出す……。その日は真壁の息子が生まれた日。なぜか瞬太は生まれたばかりの息子を愛くるしそうに見つめる真壁を見て、涙を流していた―――。

一方、里穂子(有村架純)は自宅で一生懸命に熱帯魚の世話をする妹のつむぎ(古川琴音)を見て、同じく昔のことを思い出す。姉のことを献身的に支えてくれる今の日々もそうだが、つむぎは昔から面倒見がよく、傷んだ人形で遊んだり、捨て猫を拾ってきたり、とにかく傷ついた存在を放っておけない性格だという―――。

全く交わらない二人の昔話が、現代でまたも数奇に絡み合うことに。親と子。傷を持つものと、それを優しく包むもの。意地と甘え。様々な相反するものを乗り越えたその時、この物語は奇跡の数十秒を生み出す。見た後に誰かに優しくしようと思える温かさ溢れる第4話。お見逃しなく。

引用:ドラマ『コントが始まる』公式サイト

瞬太が母親とうまく行かず、高校を卒業して家を出ていたことがわかりました。その後、母が嫌いなことばかりしてきたのは、母を常に意識してきたからで、本当は認めて欲しかったのだと思います。母が危篤とわかり、つむぎの後押しでやっと会いに行けたのが良かったです。最後に素直に母に気持ちを話せたので、これからは本当に自分のやりたいことを目指せると思います。

60代

今回は、神木さんの幼少期から今、そして絶縁状態だった母親の死によって、仲間たちの心遣いを感じる話しで、亡くなった後の葬儀の夜、三人でコーヒーを4つ注文して、母親の分は甘くミルク入りを注文したシーンと、グデグデに酔うと母親に唯一美味しいと言ったミートソースを食べたがると言う話しで、古川さんがミートソースを作って準備していた話しが、とても良かったです。愛されているのが伝わって来ました。

50代

最後のファミレスのシーンが印象的でした。母親の葬儀が終わって疲れている瞬太を気遣った二人にネタ合わせを涙ながらに懇願した瞬太が、里穂子の前ではいつもの姿を見せて、その姿にグッと来ました。更には、瞬太の母親の席の分を空けてホットコーヒーを4つ頼んだ潤平と春斗の行動にもグッと来ました。それだけではなく、塩を頼んだり、エアで髪を撫でたりしてワイワイやっているいつものマクベスの姿は、とても微笑ましくて好きでした。

30代

瞬太はずっと母親を憎んで避けてきましたが、突然母親が体調を崩ししかも時間がないと知ったときは絶望だったと思います。つむぎのおかげで瞬太は後悔せずに済みましたね。つむぎは瞬太の母親への反発心を逆に利用していましたが、つむぎは本当に優しくて周りの気持ちを理解して行動できるのは見習いたいものだと思いました。

30代

瞬太と母親との関係は、病気になる前に、もっとどうにかならなかったのかと思えてなりませんでした。母と子二人きりなのに、観ていてあまりにも辛すぎました。マクベスの三人は、堅い絆で繋がっていて、いい仲間だと思います。真壁先生は、現実的に考えて、マクベスは解散した方がいいと言いましたが、できることなら続けて欲しいと思いました。彼らがどう答えを出すのか気になります。

60代


第5話あらすじ・感想(5/15放送)

つむぎ「努力してなんにも結果が出なかったときのことばかり想像して、一歩も動けなくなった……」
瞬太「ボクが「マクベス」に入れて貰ってからの5年間は、楽しい思い出ばかりだった……」
コント『カラオケボックス』。ステージに現れる中年カップル役の瞬太(神木隆之介)と潤平(仲野太賀)。そして、カラオケ店員役の春斗(菅田将暉)。制限時間を告げる店員の前で、中年カップルは『延長』をめぐって揉めだして……。マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

里穂子(有村架純)と共に生活をし始めてから1年半の月日が流れたつむぎ(古川琴音)。今流れる時間に不満はなくとも、このまま姉の家に居座り、横で世話をし続ける日々に疑問を感じ始める。しかし、変えなくてはいけない現状を理解しつつも、何かの一歩を踏み出すことに恐怖に似た感情を持つつむぎ。―――その横には無邪気な顔で夢を追いかけ続けるように見える瞬太が居た。

一方の瞬太は自身がプロゲーマーを引退し、春斗や潤平と共にマクベスとして活動を始めてからの煌めくような日々を思い返していた。だが、少しずつ今の自分たちの姿はその時から「変化」を持ち始めていることにはずっと気付いていて……。

20代後半。それは一つの決断の瞬間でもある。様々な現実と夢との境界線。「変わる」ということには勇気とそして恐怖が伴うことは分かっている。マクベスと中浜姉妹、それぞれの現状を維持すべく「延長」を続けた果てにこの日下す決断とは!?5人の生き様が大きくうごめき始める始める必見の第5話。一度でも夢を目指したことのある人、夢を抱いたことのある人、そして誰かと大切な時間を過ごした経験のある全ての人に突き刺さる、共感の物語が今始まる。

引用:ドラマ『コントが始まる』公式サイト

マクベスで頑張ってきて楽しかった、という気持ちだけでは20代後半は進めないんだなという現実の厳しさに向き合わされた回だなと思いました。春斗と里穂子が努力について話すところはなんだか切なかったです。努力は報われなくてもこの10年は無駄じゃない、という一言には勇気がもらえました。マネージャーである中村倫也さんも渋くてかっこいいのでもっと出演シーンを増やしてほしいです。

30代

芸人に限らないです。辞めることも続けることも大変。マクベスも仲浜姉妹も迷走してる感じがします。他がキラキラして見えたり、取り残されてる感じがしたり、スーツした後輩がバイト先にやってきて、何かしら振られたり、とは芸人あるあるのはず。周り見返すくらい売れてほしいですね。最終的にはそうなる感じに見えますが。ガンバレマクベス。

50代

コント『カラオケ』内の台詞と、マクベスの解散時期についてのキーワードとなった「まだ延長しますか?」が効いてくる回でした。学生時代の友人が仕事を恵んでくれようとするも、その友人の人生が成功者らしく輝いて見えるのに対して、売れない芸人として報われずにいる自分のプライドが傷付き、これまでの努力や時間が全て無駄になった気持ちになる春斗の口ぶりが胸に刺さりました。中浜さんからの励ましを受けるシーンと、コントのラストでの「辞める事が全てネガティブな事とは限らない」の台詞も印象的でした。

20代

芸人に限らず夢を諦めて現実に向かう時期は誰しもくると思いますが、努力は報われたのか、無駄ではなかったのか過去を振り返った時、切なくなるはずなのに最後のコントのセリフが衝撃的でした。マクベスの解散が決定になったので残念ですが、ここから大逆転させられるのはきっと中浜さんしかいないと思います。まだドラマは続くと思うので新たな展開に期待したいですね。

30代

夢が叶わなくても、夢を語り合える時間があれば幸せなのは、若いうちだけだと思います。現実の世の中を生きていく若者の辛さやもどかしさ、むなしさ、葛藤が表現されていて、観ていて辛かったです。人生がかかっているだけに、マクベスの3人が解散という答えを出したのは、かなり勇気がいることだと思いました。後々努力が報われることを願いたいです。

60代

気持ちがえぐられる回でした。やはりマクベスは解散するのでしょうか。春斗、潤平ともに、捨てきれないプライドが空回りして周囲との軋轢を生み、焦り、傷つけあうのでしょうね。同級生に「時間とまってんじゃねえの」と言われた時の春斗。「おまえらの活動が励みになった」というおそらく悪気のない本音も素直に受け止めてきれない春斗。しんどいシーンでした。潤平が店の裏で慟哭するところもえぐられました。瞬太が語る回想シーンの数々も、キャラじゃんけんなどすごく可笑しいのに泣けてくる、そんな語り口調でしたね。そして回を追うごとに中浜さんの妹つむぎちゃんがすごく可愛いくていいヤツに思えます。

50代

瞬太が思い返した、過去のマクベスの姿にグッと来ました。お金も無かったし仕事も無かったし、売れない先輩達の解散話などの嫌な話も聞いてきたけれど、それでも3人で笑って、自分達は売れると信じて疑わなかった日もあったんだなと思うと、今のマクベスの姿が、一層辛く思えました。それでも、こんなマクベスにも、楽しい時期があったと改めて感じると、ホッとしたりもしました。

30代

マクベスが解散することが正式に決まってしまって正直ショックを受けました。努力は報われると思うかと言う春斗の質問に、自分なりに考えて答えを出そうと思いましたが難しかったです。バイト終わりまで公園で待っててくれた春斗に、高校時代の話をして春斗のことを励ます里穂子の姿に胸が熱くなりました。きっと話が長いと言った春斗は少し照れくさかったからだと思いました。

40代


第6話あらすじ・感想(5/22放送)

春斗「潤平がこの10年間変わらずに信じ続けた物を一つでも成就させてやりたかった……」
コント『金の斧銀の斧』。ステージに現れるきこり役の春斗(菅田将暉)とその弟子を演じる潤平(仲野太賀)。チェーンソーを池に落としてしまった潤平の前に、女神役の瞬太(神木隆之介)が登場して……。マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

正式に解散が決まり、残された日々を過ごすマクベス。実家の酒屋を継ぐ決心をした潤平は、高校時代から付き合っている恋人・奈津美(芳根京子)との関係に人知れず閉塞感を感じ始めていた。もともとは奈津美を笑わせたい一心で始めたお笑いだったが、マクベスが解散する今、大企業で働いていて自分とは不釣り合いな奈津美との関係も終わらせるべきなのか……。

一方の奈津美もまた、芸人を辞めた後の潤平をどう受け止めていいのか悩んでいて……。マクベスという柱を失い、二人の関係は未来が見えなくなり始めていた。

そして、マクベスを心の支えにして来た里穂子(有村架純)もまた、これから進むべき28歳以降の未来について、人生の岐路に立たされる。それは、これから里穂子の家を出て行くつむぎ(古川琴音)と、マクベス以外の生き方を知らない春斗も同じで……。

努力が報われなかったかもしれない人生。それでも変わらずに信じていいものは心の中にきっとあるはず。「未来」が見えなくても、「今」が俯く状況でも、それでも「今日」できること、「今日」の幸せは絶対にある。見た人が少しだけ前を向けるように、そっと背中を押される第6話。暖かな胸の高鳴りがここにある。

引用:ドラマ『コントが始まる』公式サイト


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『コントが始まる』の見どころ・まとめ

売れないお笑いトリオを演じるのが、3人ともに今をときめく人気俳優さんたちであるところにワクワクしています。「マクベス」の笑いのセンスに触れるのが、今から楽しみでたまりません。

そんな「マクベス」が生きがいのような存在である里穂子が、どうして大企業を辞めたのかその理由も興味深いところです。里穂子の妹のつむぎが姉と同居生活をする理由が、里穂子の世話だけではなくて、他に何かありそうで気になっています。

いきなり「解散」という話から始まるこのドラマが、どんなふうに展開していくのかがとても楽しみです。

人生の中で上手くいかないことに直面している20代後半の男女が何を思い、どう生きようとするのかが1番の見どころだと思います。

『コントが始まる』を見逃した方は、ぜひhuluの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも2週間無料で試すことができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です