『月曜から夜ふかし』見逃し動画を無料でフル視聴する方法|マツコ&村上信五の配信動画を無料視聴

月曜から夜ふかし

この記事では、『月曜から夜ふかし』の放送内容や見どころ、見逃し配信について紹介します。

『月曜から夜ふかし』の動画を無料フル視聴する方法

『月曜から夜ふかし』の見逃し配信動画は、「hulu」の独占配信動画となっています。

TverやGYAO!といった見逃し配信動画が見れるサイトでも配信されていません。

huluなら過去放送回がすべて見放題

月曜から夜ふかし 動画

huluでは、月曜から夜ふかしの過去の放送が配信されており、無料視聴するには2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間の間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約なら動画が無料!

MEMO
huluで、配信されているすべての動画は見放題となっています。

2週間の無料お試しを利用することで1話から最新話まですべて無料で見れます。

『月曜から夜ふかし』はどんな番組?

日本テレビ系列で毎週月曜日深夜11時59分~0時54分の間で放送されている番組です。

出演者は、関ジャニ∞の村上信五(以降村上と省略)と、マツコ・デラックス(以降マツコと省略)がメインパーソナリティーを務め番組進行をされています。

他にも放送回によっては、その時話題となる芸能人や番組で取り上げられた一般の方も出演することもあります。

番組内容は、村上とマツコが、話題のニュースや日本全国のローカルニュースに対して、それぞれの独自の考察で突っ込みを入れています。

その独自の突っ込み方の表現や解釈の仕方を面白く表現されていて、笑いを誘ってくれるような番組です。

視聴者投稿型の特集も番組内に組み込まれており、視聴者が実際に見たり聞いたりしている情報が、視聴者も共感でき面白い内容となっております。

『月曜から夜ふかし』の見所や人気の理由は?

個性豊かな一般の方が準レギュラーとして番組に出演している

番組が一般の方に取材に行き、取材先で出会った個性的な一般の方が番組内で一つの企画を持ち特集されます。

その企画が、芸能人には出せない一般の方ならではの独創的な表現や発想が新鮮で面白い所です。

月曜から夜ふかしで人気の企画

全国フェフニュース

活舌が悪すぎるギャルで有名となったフェフ姉さん(奥野愛央里さん)とそのお友達の多田さんがニュースキャスターとなり全国の話題のスポットをリポートする企画です。

個性強めのフェフ姉さんが、毎回現地のお祭りや催し事に挑戦している姿や挑戦後の感想をいうくだりは必見です。

純粋に真剣に取り組んでいるところは、見た目とのギャップもあり視聴者もこんな一面があるんだと関心を抱く場面が見所です。

郡司さんが苦手なことにチャレンジした件

運動神経が悪く、衝撃的なスキップを披露したことで有名になった一般の方です。

この方の運動神経が悪いということを努力して克服していく様は感動的です。

また毎回個性的なTシャツを着てくる独自的なセンスが見れるところも見所です。

個人的なニュースを聞いてみた件

この番組の毎回行われるメイン企画。一般の方に個人的なニュースを調査していく企画です。

この企画の魅力は個性的な人が答えるインタビューの場面です。

一般の報道番組ではインタビューされないような方の貴重な意見が見れるところです。

また、同企画である眠らない町で個人的なニュースを聞いてみた件になると更にディープな内容となっており、一般の方が見せる過激な発言や表現されているところも見所です。

村上とマツコのトークも見所

村上が、ジャニーズであるにも関わらず下ネタやお金の話など普段ジャニーズが話さないような内容に触れて話しているところ。

マツコと村上が芸能界のお仕事の内面の部分や視聴者に対して感じていることを包み隠さず話すところも見所です。

一般の方にスポットを当てて、一般の方の出身地や趣味、特技、ライフスタイルなどをここまで深く調査してテレビで紹介されているのは、この番組ならではの特徴です。

芸能人が見せるお笑いに飽きた方や新鮮な笑いが見たい方にはお勧めの番組です。

『月曜から夜ふかし』過去放送回の番組内容を紹介

2020年4月13日放送回

4月13日放送内容

月曜から夜ふかしスペシャル

  • 春の全国大大大問題 一斉調査
  • 日本に住む外国人問題を調査
  • 半年ぶりに桐谷さんに密着した件
  • フェフ姉さん横綱への道

視聴者の感想や評価

マツコと村上の音声のみの収録もラジオみたいで面白かったです。猫よけのペットボトルが足立区だけ焼酎なこと、長野県民の自宅の標高がすっと言えること、ネズミ公園、富山県の畑にあるどこでもドアのようなものなど、ご当地問題のVTRは凄いものやほっこりすることがあって面白かったです。

20代

以前、松山に行った時に、随分、夏目漱石に依存しているなと感じたことがあったので、松山市民は、小説の“坊ちゃん”を子供の頃から、何度も読んでいるのかと思っていたら、意外と読んだこともなくて、軽くディスられていることさえ知らなかったとわかり、笑ってしまいました。

30代

コロナウィルスの影響で村上さんとマツコさんは音声のみでしたが、名物キャラクター桐谷さんとフェフ姉さんのコーナーは相変わらず面白かったです。フェフ姉さんが真剣にトレーニングに取り組む姿は感動しました。残念ながら相撲には負けてしまいましたが、今後もトレーニングを続け強くなって欲しいと思いました。

40代

今回は2時間のスペシャル。新型コロナの影響でマツコさんと村上さんが声だけの出演なので、やはり寂しかった。一番観たかったのは、桐谷さんのコーナー。中途半端な終わり方で残念。仕方ないといえばそれまでだが、放送する以上、満足させてほしかった。

50代

久しぶりの桐谷さんスペシャルが面白かったです。部屋が思っていた以上に散らかっていたのが残念でしたが、変わっていない感じが凄く懐かしくて楽しめました。また地域の大問題では、封書が書けない若者がいることが凄くビックリしました。

40代

2020年4月6日放送回

4月6日放送内容
  • 小笠原諸島で個人的ニュースを聞いてみた件
  • 全国のご当地問題を調査してみた件
  • 誰もやらなかった調査をやってみた件Part4
  • 子どもに読み聞かせたい童話ランキングが判明した件

視聴者の感想や評価

観覧者ゼロのスタジオではありますが、マツコさんのトークが軽快でとても面白かったです。逆再生で韓国語に聞こえるというコーナーでは結構韓国語っぽく聞こえるし意外に私は面白かったです。めぐちゃんのドラマ出演が死体役だったという点がかなり面白かったです。

30代

小笠原諸島での個人的ニュースを聞いたり、青山めぐさんのドラマ出演について深掘りをしたり、子供に語り継ぎたい道はランキングでマツコさんが猫が出てくる奴と話を特定しないで盛り上げていたりするのがほのぼのして面白かったです。

20代

小笠原諸島にチェーン店やコンビニ、ケンタッキーなどがないのは驚きでした。それにアンパンマンになりたくて骨折しちゃった子の話は微笑ましかったです。そして島のお母さんが優しかったのはいいなと思いました。一度行ってみたくなりました。

20代

無観客でもパー子さんの声が流れると面白く見えて良かったです。ADさんの夏目漱石の作品を童話で答えたのは笑いました。言われてみれば見たことないのコーナーはリニューアルしてほしいです。小笠原のインタビューで最後に出てきた畑仕事の女性が面白かったです。

40代

島で個人ニュースを聞くコーナーでは、小笠原諸島の父島でインタビューをしていましたが、骨折レベルのけがをした場合は羽田空港まで飛行艇で運ばれることを初めて知りました。

30代

観光でホエールウォッチングができるという小笠原諸島への行き方が週1回のフェリーで、しかも片道24時間とかいうのにはとにかく驚いた。そこまでしてでも行く気になるほど、観光地としてそれだけの価値があるというのがすごい。

30代

一番印象に残ったのは、パンツ犬問題ですね。飼い犬が奥さんのパンツに異常な執着を持っていて大変なんですよという話ですが、その犬の話はともかく、奥さんが自分の履いているパンツを全国放送でさらしているのに全然恥じらっていないのがツボりました。旦那さんは大変ですね。

30代

2020年3月23日放送回

3月23日放送内容

全国ご当地問題スペシャル

  • 滋賀県ひよ子饅頭問題
  • 三重県盛り付けが雑すぎるたこ焼き屋さん問題
  • 島根県と鳥取県を間違える問題
  • 福島県平田村の村おこし苦戦問題
  • 栃木県鯉を食べない町問題
  • 愛知県注文が面倒くさいタイ料理店問題
  • 山口県激しすぎる打たせ湯問題
  • 富山県スリリングな銭湯問題
  • 茨城県のマツコかるた問題
  • 大阪お好み焼きの切り方問題
  • 福岡県歌を倍速で歌うおじさん問題

視聴者の感想や評価

これまでに取り組んできた全国のご当地問題の総集編を特集し、興味深い中身になっていました。個性的なウォータースライダー・鯉に関して非常にシビアな町などが出てきていたので、まだまだ地方にはネタがあるだろうと思いました。

30代

日本各地でその地ならではの問題になっている事柄などに細かく突っ込みを入れた特集で、各地それぞれユニークなネタが色々とあるものだと感心した。一つの遊びに関して同じ県内でも様々な名称があるなど初めてしった事も多く。それなりにタメになったと思う。

40代

全国ご当地問題は、地域独特の特性が出ていて、お腹を抱えて笑ってしまいました。若い広島カープ女子に冷たいお婆様方や、紙飛行機が上手く飛ばないと「ズドーン」とディスるお婆様、シュールなご当地情報に感動すら覚え、やはり年を重ねると女性の方が強く図太くなるんだなと実感しました。

50代

島根と鳥取の位置は自分も曖昧になっていたので「ねっとり」という覚え方は参考になった。また、人によって位置の覚え方が個性豊かで面白いと思った。ただ、今回のご当地問題スペシャルは取り上げられた地域の人たちにとっては面白いかもしれないが、それ以外の人にはあまり興味が惹かれるものではないと個人的に感じた。

20代

千葉市内でも地域によっては「チュンチュン」と言ったり「チョメチョメ」ということに対して面白いと感じた。自分の地域ではいっせーのでと言ったり指スマと言いますが、こんなにも場所によって異なることに不思議だと感じました。日常にありそれが普通だと感じているものに対して疑問の目を向けてみたり、それを確かめるために実験しているところを見るのがまた面白く、勉強になるなと感じた。

20代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です