ドラマ『知ってるワイフ』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法|広瀬アリス・関ジャニ∞大倉が韓国ドラマをリメイク

2021年1月7日(木)からドラマ『知ってるワイフ』がスタート。

毎週木曜22時00分から放送のドラマ『知ってるワイフ』を見逃がしてしまった方に向けて、見逃し配信動画を無料で視聴する方法や、ドラマの内容を紹介します。

『知ってるワイフ』はどんなドラマ?
  • 大人気韓国ドラマをリメイクした作品
  • 大倉忠義&広瀬アリスが夫婦役
  • タイムスリップした夫が妻を入れ替える!?

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
  2. 人気雑誌が読み放題!ポイント利用で漫画が無料で読める!
  3. 毎月8の付く日に400ポイントをゲットできるため実質無料!

ドラマ『知ってるワイフ』の見逃し配信動画を無料視聴する方法

ドラマ『知ってるワイフ』は、動画配信サービスFODプレミアムTVerで視聴できます。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から1週間見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、FODプレミアムで見ることができます。

また、原作となる韓国版の『知ってるワイフ』もプレミアム会員であれば見放題となっています。

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

FODプレミアムなら過去放送回も見放題!

FODプレミアムでドラマ『知ってるワイフ』を無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

FODプレミアムは初めて登録する方なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

FODプレミアムで配信中のおすすめ作品一覧

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『知ってるワイフ』作品情報

【放送日】毎週木曜日 夜22:00~ (フジテレビ系列)


銀行で働く剣崎元春。結婚5年となる妻・澪と2人の子どもがおり、一見順風満帆な人生を送っているように見えます。

しかし、実際は毎日夜遅くまで仕事に追われ、家では妻の澪に逆らえず、窮屈な生活を強いられていたのでした。

自分と同じように結婚し子どももいる友人の津山は幸せな結婚生活を送っていて、自分との生活の差に落ち込んでしまいます。

さらに、大学の同窓会で再会した、学生時代に片想いしていた沙也佳からは、大学生の頃元春のことが好きだったと打ち明けられ、人生の選択を間違えてしまったと感じるようになってきます。

そんな中、正体不明の男性・小池と出会った元春は、過去に戻ることができるという硬貨をもらいます。そして、元春はタイムスリップし、人生をやり直し始めることにするのですが・・・。

ドラマ『知ってるワイフ』のキャスト・スタッフ情報

主演は、大倉忠義さんと広瀬アリスさん。2人は初共演です。

大倉忠義さんは、ジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞のメンバーとして人気を集めながら、俳優としても活動しています。「生まれる。」や「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」などの作品に出演しています。

広瀬アリスさんは、モデルとしての活動を経て、俳優活動を始めました。連続テレビ小説「わろてんか」での演技力の高さが話題となり近年さらに活動の幅を広げ、2020年は「七人の秘書」などドラマ5作品に出演しています。

脇を固める共演者の方々も発表されました。『リモラブ』に受け止め男子として出演し、人気急上昇中のイケメン俳優・松下洸平さんやベテラン勢の生瀬勝久さんや片平なぎささんも出演します。

  • 剣崎元春/大倉忠義
  • 剣崎 澪/広瀬アリス
  • 津山千晴/松下洸平
  • 剣崎なぎさ/川栄李奈
  • 木田尚希/森田甘路
  • 篠原恭介/末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)
  • 尾形恵海/佐野ひなこ
  • 樋口静香/安藤ニコ
  • 西徹也/マギー
  • 小谷つかさ/猫背 椿
  • 宮本和弘/おかやまはじめ
  • 江川沙也佳/瀧本美織
  • 小池良治/生瀬勝久
  • 建石久恵/片平なぎさ

製作・スタッフ

  • 脚本/橋部敦子
  • 演出/土方政人、山内大典、木村真人
  • プロデューサー/貸川聡子

ドラマ『知ってるワイフ』の原作は?

ドラマの原作は、2017年に韓国のケーブルテレビで放送された人気ドラマです。

日本でも大ブームを巻き起こしたドラマ「愛の不時着」なども手掛けているドラマ制作会社STUDIO DRAGONによって製作されたドラマで、同じ時間帯に放送されたドラマの中でも圧倒的な人気を博し、韓国だけでなく世界各国から人気を集めるようになっています。

主演を務めたのは、韓国の人気俳優チソンで、ヒロインは「イ・サン」でヒロインを演じた国民的女優ハン・ジミンです。

原作にどこまで忠実になるかはわかりませんが、韓国版『知ってるワイフ』はFODプレミアムで配信中なので、結末が気になる方はご視聴してみてはいかがでしょうか。

韓国ドラマ『知ってるワイフ』動画を無料で1話から最終回までフル視聴!

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『知ってるワイフ』の主題歌は?

今作の主題歌を担当するのは、主演の大倉忠義さんがいる関ジャニ∞です。

2021年2月10日に発売される45作目のシングルは、関ジャニ∞が5人になってから初のラブバラードとなっています。

ドラマ『知ってるワイフ』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2020/1/7 第1話 6.1%
2020/1/14 第2話 7.0%
2020/1/21 第3話 6.5%
2020/1/28 第4話 7.6%
2020/2/4 第5話 7.8%
2020/2/11 第6話 7.8%
2020/2/18 第7話 7.6%
2020/2/25 第8話 7.6%
2020/3/4 第9話 7.6%
2020/3/11 第10話 7.6%
2020/3/18 第11話 8.9%

ドラマ『知ってるワイフ』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ(1/7放送)

『あおい銀行』に勤務する剣崎元春(大倉忠義)は大きな悩みを抱えていた。それは、妻の澪(広瀬アリス)との関係。二人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。

一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている。ある日、急な仕事で保育園に子供を迎えに行けなかった元春は、怒った澪に物を投げつけられ、家から追い出されてしまう。

大学時代の親友、木田尚希(森田甘路)が経営する居酒屋に駆け込んだ元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。

そんな矢先、商談に出かけた元春は、大学時代の後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と再会。食事に行くと、元春は沙也佳から“学生時代に好きだった”と明かされる。沙也佳は巨大企業・西急グループの令嬢で、マドンナ的存在。当時、元春も憧れを抱いていたが、まさか自分を好きだとは思っていなかった。

しかし、思い当たることがある。大学時代に元春は沙也佳からコンサートに誘われたことがあったのだ。その当日、バスに乗って出かけた元春は、車内で女性が財布を落としたのを見て拾い、途中下車して交番に届ける。財布を落とした女性こそ、高校生の澪だった。

結局、沙也佳との待ち合わせに遅刻してデートは出来ず、この出来事が澪と結婚するきっかけとなっていた。あの時、バスを降りなければ…。

その後も、相変わらず澪の冷たい態度に辟易しながら、外回りの仕事を終えて公園で一息つく元春。すると、目の前に奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。ぶつぶつと何かを呟く小池。“過去に戻ることが出来る”という言葉に反応した元春に、小池は500円硬貨を渡した。その硬貨が元春の人生を大きく変えることになり―。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

予告を見てコメディーだと思っていたら、全然笑うところがなくて、それどころか少しホラーを感じる内容のドラマでした。タイムスリップして人生を変えようとする元春と澪のこれからは一体どうなっちゃうのかが気になります。もし自分もタイムスリップ出来るなら、何年に戻りたいかなぁなんて考えながら見た第1話でした。来週が楽しみです。

40代

剣崎元春と剣崎澪の夫婦の様子がとてもリアルだと思いました。二人の喧嘩の原因は、既婚の友人たちから聞く実体験を再現しているかのようでした。澪役の広瀬アリスさんの、育児や家事や仕事に疲れ切った妻の演技もとてもリアルでしたし、元春に怒りをぶつけるシーンも迫力がありました。また、学生時代の澪は、現在と対照的で茶目っ気があって可愛らしく、そのギャップがしっかり表現されていて、若いのに演技がとても上手いなと印象的でした。

20代

学生時代の姿からは想像出来ないくらい澪は鬼嫁と化していましたね。言葉遣いとか凄かったですもんね。ただ元春も怒らせるような事をしているのも確かなんですよね。もうちょっと一言気配りが出来ていればだいぶ変わったんでしょうけど。自分ももう少し元春がしっかりしてくれていたらと言うシーンがいくつかありましたもん。こんなんだからやっぱりふたりは衝突しちゃいましたね。元春は澪と離婚も考えてるみたいだけど自身が過去に戻って人生を変えようとするのかな。

40代

過去にタイムスリップする方法が車で戻りたいときの500円玉を投入するというアナログでありながら、ミステリアスな雰囲気がストーリーをより興味深くしています。相手が大好きで結婚したはずなのに、いつの間にかすれ違い衝突が続いてしまうのは、どのような夫婦にも起こりうることだと思いますので、すごく温かい気持ちになれるドラマです。

30代

韓国ドラマが原作のようですが、結婚5年目くらいの夫婦の苦悩が凄くリアリティがあって日本も韓国も同じなのだなと知らされました。夫(大倉忠義さん)だけ見ていると仕事も頑張っているのに家では妻の尻に敷かれて居場所がなく可哀そうな気もしますが、方や妻(広瀬アリス)も子育てをしながらパートをして大変でありお互いの苦労が身に染みてわかりました。来週からも非常に楽しみです。

30代

妻の澪は、母親の認知症に抱え、幼い子供を育てて、安い食材を買ったりと頑張っているのに、夫の元春は妻の愚痴を言ったり、家ではゲーム三昧だったりとダメダメ夫でイライラしました。夫婦の言い争いのシーンは広瀬アリスさんの顔には迫力がありました。過去に戻って人生をやり直すことがらできるチャンスを掴んだ元春がどんな選択をするのか楽しみです。

40代

関ジャニの大倉忠義さん主演の「知ってるワイフ」。広瀬アリスさんが妻役でしたが、二人も子供がいてパートしながら家事してたらどう考えても家事や育児に非協力的な夫に不満募るのは仕方がないかもと思っちゃいました。高校の時の同級生に出会って自分のことを好きだったと言われたら選択間違ったかもと思うのは分かりますが、根本的なことが同じなので相手が誰になっても同じではと思っちゃいます。過去に戻れるシリーズは他にもあるけど、これはどういうラストになるのか楽しみだなぁと思っています。

40代

面白いかな?と疑いながら見始めましたが、どんどん夢中になって、すでに来週が待ち遠しいです。広瀬アリスさん演じる澪は、ほぼ1人で家事育児仕事を頑張る中、大倉忠義さん演じる元春は家事育児は他人事なので、2人が衝突し喧嘩する場面もありました。その光景がとてもリアルなので、夫婦に共感を覚える人は多いのではないかと思いました。元春が過去に戻り、人生をやり直すのも楽しみですが、喧嘩をした後澪が「どうしてこうなっちゃったんだろう」と泣いていたシーンもあったので、今後2人がきちんと向き合っていけたらいいなと思いました。

30代

あの時ああしていたら違っていたかもしれないと思うことは何度もあります。なので過去に戻れるのはうらやましいと思いました。いろいろな選択ができますし、現在に戻ってからも少しずつ変わっているので面白いです。

元春と澪の出会いのシーンもあり、これからの展開が楽しみになりました。結婚5年目で2人の子供がいるということでお互いの嫌な面も見えて子育てや仕事に追われてすれ違いが出てきているなと感じました。仕事で疲れて帰ってきているから家ではゆっくりほっとした時間を過ごしたいという気持ちはわかります。

育児や家事、バイトもしてヘトヘトなので旦那さんの協力が必要だというのもわかります。そんな2人が本音でぶつかって喧嘩しているシーンを見て私も少し相手の気持ちを考えなければいけないと思いました。夫婦関係を見直さないといけないと感じました。

30代

仕事と子育てで冷め切っている夫婦の感じがすごくリアルだなと思いました。元春がこっそり買ったゲーム機に澪がシャワーをかけているのがすごくおもしろかったです。大倉さんがちょっとダメな夫を自然に演じていて面白いなと思いました。タイムスリップというファンタジー要素も面白くて沙也佳と元春がこれからどうなるのか楽しみだなと思いました。

20代

広瀬アリスさんがまだ若いのに、大変な旦那さんを持つ主婦の役をやっていて、主婦の気持ちもママの気持ちもわかる気がしました。男って仕事があるからと子育てを女性にやらせている方が多いのでそこは共感することが出来ると思いました。またタイムスリップをして過去に戻っていましたが、こういう戻って未来を変えるということが出来たらいいと思ってしまいました。

30代

2人の子育てと家事とバイトで手一杯の妻に対して、家事は全くしないで仕事ばかりして、挙句の果てにはゲームを購入してバレるという、典型的な失敗夫のやり取りが、とてもリアルで私もハラハラしながら見てしまいました。また、認知症の母の面倒を見ながら、老人ホームを探しているシーンや、値引きシールの大量に貼られた食材を購入しているところなど切迫した感じが伝わってきて印象的でした。

30代


第2話あらすじ(1/14放送)

“人生は変えられる”。剣崎元春(大倉忠義)は謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨で、二度目のタイムワープを試みる。 目覚めたのは、2010年の江川沙也佳(瀧本美織)からコンサートデートに誘われた日だ。記憶と同じく、元春は沙也佳とデートを約束。

大学から一度自分の家に戻り、デートに向けて準備を整えた元春はコンサート会場へ向かうためバス停へ。そこには高校生の建石澪(広瀬アリス)がいた。バスに乗ると、澪は元春の記憶通り財布を落として降りてしまう。

ためらう元春だが、財布を拾って交番に届けた。 コンサートホールに急ぐ元春が交番を出ると澪とすれ違う。元春は澪と話すことはなく、そのまま沙也佳とのデートに向かった。コンサートの帰りに沙也佳から告白された時、元春の周囲が光に包まれる。

元春が目を覚ましたのは見知らぬ部屋。しかし、隣で寝ているのは沙也佳だ。元春が時計を見ると、表示は西暦2020年。妻は澪から沙也佳に入れ替わり、住んでいる家は超豪華。広い家に高価な家具、専用のゲームスペースに元春は大興奮。「早く帰ってきてね」と優しい沙也佳に送り出され、高級車に乗って出勤する。元春は望んでいた結婚生活を手に入れた。

銀行に出勤して同僚・津山千晴(松下洸平)と話した元春は、以前の人生では津山は結婚して双子の子供持ちだったが、今の人生では独身になっていることを聞き、周囲の人々が微妙に変化していることを知る。そして元春も澪との間にいた子供たちもいなくなってしまい、涙を流して後悔する元春。

しかし、今回の人生こそ幸せに生きると決意。そんな元春の前に、なんと同僚として澪が現れる。独身であおい銀行に勤務する澪は、異動してきて元春と同じ支店で働くことに…。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

ずっと後悔していた過去の日に戻って、以前とは違う道を選択し思い通りの人生を生きるという夢のようなシチュエーションに驚きましたが、そんな全てがうまくいくわけないという風に思いながら見ていました。それでも1度でも自分が望み思い描いていた理想通りの生活を体験できるというのは、見ていてとても羨ましくなりました。

30代

初回は元春・澪どちらも気性が荒く、観ていてハラハラしましたが、今回は過去を変えた事で現状が穏やかな世界に変わり最後まで落ち着いて観ることが出来ました。一見穏やかな生活を過ごしているが、所々で見える登場人物たちの抱える悩みの部分を感じ、幸せとはなんだろう?と少し考えさせられたような気がします。来週以降がどうなるのか楽しみです。

20代

第2話もとても面白かったです。タイムスリップして過去を変え、自分が望んでいた優しい妻と裕福な生活を手に入れたはずなのに、違和感を感じている元春の姿が印象的でした。また、裕福な家庭のお嬢様で、優しくて美人で自分に尽くしてくれていて、一見完璧に見えるけれど、元春の家族をあまり大事にしていない様子もある沙也佳と、元春の母のいなり寿司をとても好きだと笑う澪が、対照的に見えてそこも印象的でした。何が幸せなのか考えさせられるドラマだなと感じます。次回も楽しみです。

20代

過去に戻って人生を変えるのは少し怖いと思いました。自分の人生のために、周りの人たちの人生まで変えるのは申し訳なく思いました。1話目とは全然違う澪が見れて、元春と同じく少し不思議な気持ちになりました。謎の男は今回も謎の男のままでよかったです。元春が違う人生にしてしまった澪の人生がこれからどうなるのか楽しみです。

40代

ついに元晴の妻が入れ替わってしまいました。元晴の表情を見ていればこれで良かったようにも思えますが、やはり元晴には澪と夫婦でいて欲しいような気がします。澪は母親をすごく大切に思っていて、母親のために支店に異動してきたことを見て、本当の澪は元晴と衝突するためにいたのではないのだと感じました。元晴、目を覚ませ!

30代

元春がタイムワープをして、沙也佳との人生に満足したような感じました。ですが、実際は学生時代の先輩と後輩の仲であった澪とやり直す生活の方がうまくいくのではないかと思いました。第1話で、元春と澪が大喧嘩していましたが、再度、話し合いをすることで、仲が良かった時のように戻ってほしいと思いました。

30代

ずっと後悔していた過去の日に戻って、以前とは違う道を選択し思い通りの人生を生きるという夢のようなシチュエーションに驚きましたが、そんな全てがうまくいくわけないという風に思いながら見ていました。それでも1度でも自分が望み思い描いていた理想通りの生活を体験できるというのは、見ていてとても羨ましくなりました。

30代

まさかこんな展開になるとは!?というのが一番の感想です。元春は過去に戻り沙也佳との結婚生活を始めますが、見ているこちらが辛いです。きっと元春は沙也佳との新しい生活に違和感を抱きつつも「これが自分が望んでいた生活」と納得させようとしている気がして、広瀬アリスさん演じる澪との生活に戻る事はできないかと見ているこちらがモヤモヤしてしまいます。ただ、澪は澪で元春と結婚していた時の生活を思い出しそうな雰囲気なので、来週以降焦らず見守りたいなと思いました。

30代

元春の前の人生では笑顔の澪が子育てと仕事に追われて消えていたんだなと思いました。タイムスリップで手に入れた元春の新しい人生では何もかも変わっていてびっくりしました。第1話の恐妻家の表情から2話の笑顔の澪まで自然に演じられる広瀬アリスさんの演技力がすごいなと思いました。沙也佳の価値観と元春の価値観が微妙に違うのがこれからどうなっていくのか楽しみだなと思いました。

20代

元春はタイムワープで分岐点になった日に戻って沙也佳と結婚出来たけど、生活がだいぶ変わっていて驚きでした。しかも同僚の津山や妹たちの環境も違っていて、元春が過去を変えたことで影響を受けてるのね?と思っちゃいました。でも何がしあわせかは分からないので希望したしあわせを楽しめばいいと思います。

沙也佳は優しいけど、自分の親や自分との約束を優先させるタイプみたいで、元春の親の元へは行けないみたいでなんだか可哀そう。子供たちも当然いなくなってるし、どちらかを選べばどちらかはないので仕方がないですよね。でも澪が元春のいる銀行に異動して来て驚きました。自分を呼ぶ男の夢を見るようになっていて気の毒です。明るくパワフルな澪なら他に結婚出来る人もいると思うけど、同じ職場にいるから何かと関わることになりそうで気になります。

40代

2話ではタイムスリップして全く違う未来になった世界が描かれていてとてもおもしろかったです。沙也佳と結婚した元春ですが、お金持ちでも良いことばかりじゃないし、なにより子供が生まれてこない世界線に元春が気づいたときは切なかったです。しかし澪とも出会って今後ふたりがどんな関係になっていくのか展開が気になります。同僚や妹、友人など周りの人達の変化も面白かったです!

20代

1話見逃したのですが2話からでも内容が理解できました。広瀬アリスさんのキャラが凄くいい。結婚前の妻と結婚した後の妻がリアルですごい共感できる。過去を変えてこれから幸せになっていけるのか、それとも妻の大切さに気づけるのか楽しみです。ドラマのお話しですが子育てしていたらイライラ怒ってしまう部分に自分もあそこまでではないですが当てはまって少し反省しました。

30代

第二話目でしたが、初回は広瀬アリスさんのヒステリーの演技が目立っていましたが、今回は銀行員のハキハキした可愛らしい演技が見られて良かったです。沙也佳との結婚生活は確かに幸せそうでしたが、あまりにも絵に描いたような世界観でした。澪と結婚しない道を選んだという事は子供にも出会わないという事ですから確かにそのシーンにはグッときました。

30代


第3話あらすじ(1/21放送)

剣崎元春(大倉忠義)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)を思わず抱き止めた。驚いた澪は元春を見つめる。元春は澪の表情を見て、「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」と疑う。しかし、それは元春の思い過ごしのようだった。

澪は自分と夫婦だったことも知らないし、職場で出会ったことも偶然だったと知り元春はホッとする。だが、澪は元春に“澪”と呼ばれた気がしてどこか懐かしい気持ちを感じていた。 最近、澪は、顔の分からない男性に“澪”と呼ばれる夢を何度も見ていたのだ。

支店で行われた振り込め詐欺対策の勉強会の後、津山千晴(松下洸平)が澪を食事に誘う。澪は、今日は都合が悪いと断るが、今度必ず行くので食べたいものを考えておくと答えた。社交辞令を疑う津山に、澪の性格を知っている元春は彼女のことだから本当に考えるのではないかと伝える。

帰り道、元春が車を運転していると倒れた自転車の脇にうずくまる澪を見つける。元春は放っては置けずに澪のもとへ。怪我の手当をしていると、澪は客が振り込め詐欺に遭っていそうな時の合図を決めようと言い出す。“まばたきをする”、“鼻をつまむ”などのサインを提示する澪に、元春は真剣には答えず、車に乗せて送った。

澪を降ろした元春に、再び疑問が浮かぶ。なぜ自分が転倒した澪に出くわすのか?やはり偶然ではないのか?そんな時、元春は小池良治(生瀬勝久)を偶然見つける。なぜ澪が自分の前に現れたのかと尋ねる元春に、小池は“いくら人生を変えても、繋がりのある人間達は変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる”と…。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

今回は過去と現在を行ったり来たりしなかったので時系列が分かりやすくこんがらなかったです。振込詐欺だと澪が気付いた時に、元春はそれだと分かっていたので助けるか迷っていたのが見ている方としては砂を噛むような思いでしたが、メモを受け取って電話をしたので安心しました。澪のオススメの中華屋での回想が切なかったです。

30代

元春は一方的に澪のことを恨んでいましたがそれが間違いだったということを知りました。澪が今まで歩んでいた人生や考え方を聞いて笑顔で暮らしたいという望みを自分が奪っていたのではと考えるようになってきました。上手くいっていたはずの沙也佳との生活も生活レベルの違いを思い知らされることになります。だんだんこの二人もギクシャクしてきそうな気がしてなりません。

50代

今まで知らなかった澪の一面を知っていく元春が切ないと思いながら視聴しました。タイムスリップして過去を変えたことで周りは変化しても、元春自身は過去の記憶があり、何も変わっていないので、過去の上手くいかなかったことの原因を探してしまったり、澪と沙也佳を比べていたり、思い描いていた生活を手に入れたはずなのにあまり幸せそうに見えないなと思いました。今後も今まで気づいていなかった周りの人の一面を知っていくのだろうと思うし、全て知った上で元春がどのように動くのか気になります。次回も楽しみです。

20代

3話目は見ているだけで切なくなるようなストーリーでした。元春には澪との過去の思い出が確かにあって、過去の澪との幸せそうな雰囲気が見える度に、2人にはやり直して欲しいという思いが込み上げてきます。澪も段々と元春とのつながりに気づき始めたような様子も描かれていて、これからの2人がどうなっていくのか見守りたいです。

30代

憂さ晴らしで買い物した沙也佳の20万円が、前の元春のランチ400回分のくだりはかなり面白かったです。澪の本当の望みがわかりつつある元春は、今どんな気持ちでこれからどんな気持ちで澪と接していくのか気になります。片平なぎささん演じる澪のお母さんが、これからのストーリーの鍵を握ってそうですよね。振り込め詐欺を食い止める時の澪の顔がとてもキュートで好きでした。

40代

妻が変わってからの3話になりましたが、広瀬アリスさん演じる元妻が職場でも好感が持てるし仕事もできる素敵な女性です。なのに主人公である大倉くんがどうして妻が鬼嫁に変わってしまったかと考えるシーンがあったのですが、自分の今までの行いだとやっと気づきます。やっと気づいたかと思い私は腹が立ってしまいました。気づいたからには今後の展開がすごく楽しみです。

20代

今回の知ってるワイフ第3話は、また過去に戻るのかと思いきや、元春は沙也佳と結婚したまま話が進んでいって驚きました。過去を変えたことで元春と澪は夫婦ではなくなってしまいましたが、2人でいるときのどこかあたたかい雰囲気や2人の息が合う感じは残っていて、切なかったです。最後は澪のお母さんの衝撃発言で終わったので、次回も楽しみです。

20代

澪と元春の距離がだんだん近くなっているのがドキドキしました。津山と澪のランチデートがすごくほっこりしてこの二人の距離がこれからどうなるのか気になりました。澪と元春が回想シーンですごく仲がいいので夫婦になった後の二人を考えると切ないなと思いました。澪のお母さんがなぜタイムスリップした後の元春を知っているのか気になりました。

20代

みおさんと一緒に相合傘で帰るところで、笑顔が見られて、やはり怒っている顔よりも、笑っている顔の方がかっこいいし素敵だなとしみじみと感じました。また、みおさんが帰り際に「私のこと知っていますか?」と疑問を投げかけた際に、本当のことを言ってしまうのではなく「いや、初めて会ったのは行員として入ってきた時だ」と嘘をついたシーンでは衝撃的でした。

30代

タイムスリップのドラマはたくさんありますが、夫婦が変わってしまうのは珍しくて魅了します。元妻が元春と同じ銀行に就職をして元春は気になってしまうのは無理もありません。澪は全く知らないのですから。ちゃんと主婦をしていたのに協力しない夫は私も嫌です。最後に澪のお母さんが、元春のことを分かっていたので、今後どんな展開になるのか楽しみです。

50代

いろんな気持ちを持ちながらも、結局は繋がってしまう元春と澪の関係がすごく素敵だなと思いました。一度離れたからこそ気がつくことのできたこと、過去の自分の態度を冷静に考えることができたこと、今は澪のことばかり考えている元春の気持ちがこれからどう変化していくのかも楽しみだなと思いました。そして、何故か過去の記憶が残る母の存在で、ますますドラマが面白くなりそうだなと思います。

40代

やはりラストに澪の母親が剣崎に「うちの婿さん~」と言っていたのが驚きました。しかも「澪が怒ってばかりだから出て行った」とも言っていたし、過去の記憶があるのか気になります。認知症を患っているけど、妄想では言えない言葉だと思います。剣崎の同僚・津山が澪に色々アタックしてたのですが、いちいち報告&相談されたら面倒くさそうとも思います。現妻・沙也佳も結婚して主婦で落ち着いてる自分にちょっと落ち込んでるみたいだったので何かの伏線かも?とも思いました。

40代

私は、建石澪が振り込め詐欺を未然に防いだというシーンが印象的でした。振り込みを強く希望するお客に対して、冷静に対処していて素晴らしいと思いました。そして、澪が元春に「まばたき・鼻をつまむ」というサインで詐欺を知らせるシーンが印象的でした。元春と澪が飲食店で会話をするシーンですが、元春が丁寧語で話すのをやめたことで澪との心の距離感が縮まったように感じました。

40代


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

第4話あらすじ(1/28放送)

澪を家へ送る元春。すると母の久恵(片平なぎさ)が現れて、元春に懐かしそうに抱きついてきた。さらに久恵は元春を婿と呼び、「澪が毎日怒るから家に帰って来なくなったのよ」と言うではないか。

澪は「母が認知症を患っていて変なことを言ってすみません」と元春に謝る。だが、元春は気が気ではない。元春は、澪と結婚していた以前の世界で、すでに久恵の認知症が発症していたのではないか?と思い、ショックを受ける。忙しさにかまけて自分は気にもしていなかったが、澪の態度に思い当たることがあった。

澪の家を出た元春は、久恵が「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」という疑念を拭いきれない。それを知っているのは自分ともう一人、小池良治(生瀬勝久)だけのはず。元春は小池を探しに出会った公園へ行くが、姿は見当たらない。

翌日、元春はなぎさ(川栄李奈)から母が作ったいなり寿司を受け取る。かつて元春の母が作ったいなり寿司を澪が好きだったことを思い出した元春は、銀行で一人残業している彼女に届けに行く。すると、元春より先に来ていた津山千晴(松下洸平)が澪に告白をしていた。なぜか元春の気持ちは揺らいでしまう。

そんな矢先、泊りがけの研修に一緒に行くことになった澪と津山。津山はこれを機に彼女を口説き落とそうと木田と盛り上がるが、元春は思わず反対して―。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

あのときに違う選択をしていたら。と誰もが一度は思ったことがあるであろうとある夫婦の話。そして、実際に過去に戻れてしまう話。最初は全く期待せずに見始めましたが、その辺のストーリーや展開がかなりおもしろくて、毎回楽しみのドラマになっています。自分の人生とかなり重ねてしまいますが、私は別の人生に戻るより自分の子供と出会うことを選びたいです。自分の子供に出会ってしまったから、人生のやり直しなんて考えられないんだと、自分の気持ちの確認をしながら子供に出会えたことを感謝してます。

50代

津山がどんどん澪にアタックしているのがドキドキしました。久恵が元春と澪が夫婦だったことを知っているのがびっくりしました。認知症だからなのかタイムスリップに関係しているのかすごく気になりました。片平なぎささんの認知症を患っているお芝居がすごくリアルですごいなと思いました。ラストで寝ている澪に元春が頭を撫でるシーンがすごくキュンとしました。

20代

いつも一緒にいると相手の本当の気持ちが見えていないことがあるんだなと感じました。澪は泣きたいときはラブストーリーを見て泣くというのはなんだかわかるような気がします。寂しくても辛くても、悲しくても泣けない状況だとこっそりとなくしかないのかなと思ったのです。気さくな澪は誰からも好かれる女性だと思います。そんな澪のそばには津山さんがいてくれたらいいなと感じました。優しくて彼女のことを大切にしてくれるような気がします。元春が澪と津山さんが一緒にいるところに来た時は見守っていてほしいと思いましたし、澪の新たな一面を見ることができたと思うので2人の恋を応援してほしいと思いました。

30代

お母さんは、元春が澪の旦那さんだと覚えていたので、お母さんだけがタイムスリップしてない感じがします。津山先輩から告白された澪は人気者で羨ましいいです。元春が嫉妬するのが可愛く感じましたが、すべて元春が原因ですべてが変わってしまった訳です。もっと澪のことを分かってあげて、育児や家事も手伝っていればこんなことにはなっていないと思います。仕事も大事ですが頑張っている澪が可哀想です。このような夫婦間のタイムスリップはとても魅了します。

50代

澪の母と再会し、昔結婚してたことを知ってるの?と思うくらいに食べ物の好みや色んな想い出まで知っていて驚きました。認知症ではあるみたいだけど、装っているのではと思っちゃいます。津山が澪に猛アプローチしていたけど、澪は”トキメキがない”って言っていて無意識でも覚えているんだろうなぁと感じました。謎の男は実は剣崎の遠い未来の姿かも?と思っちゃいます。現妻と澪と剣崎が鉢合わせたところで終わったので次週は波乱必至そうで気になります。

40代

未来変更後も繋がりがある人とは形が変わっても出会うようになっているみたいで、全然違う形で、また集まり違う人生を送っている感じが面白くなってきました。又妻がモンスターになった事が自分のせいだったと気付き始めたので、私も旦那にモンスター妻なので、旦那にも是非見てほしいドラマだと感じました。未来を変えてこれからどう気持ちに変化があるのか楽しみです。

30代

澪のお母さんが認知症で元春のことを本当の婿だと思って家に招きましたが、ちゃんとそれに付きあって澪の家までついて行ってあげた元春も優しいと思いました。大好物の肉じゃがを作ったところも感動しました。津山が澪に告白しましたが、それを心のどこかで良く思っていない元春もなんだか可愛かったです。二兎を追う者は一兎をも得ずという事でしょうか。

30代

変わらない澪のお母さん、変わらない澪の家を見つめる元春が少し後悔しているように見えて、切ない気持ちになりました。本当の澪を少しずつ知っていく元春の、自分で変えた人生なのに、澪を見てしまうところに胸が締めつけられました。津山が澪とつき合いたいと言い出した時に、全力で反対する元春が嬉しいような、今さらと少し腹立たしく思うような、何とも言えない複雑な気持ちになりました。

40代

元春はもう澪を好きになっているような様子で、それと同時に沙也佳との仲は不穏になっていっているのが興味深いと思いました。せっかくタイムスリップしても、やっぱり元春が魅力的に思うのは澪なのかなと思いました。過去を変えても縁がある人は変わらないと前回のセリフであったと思いますが、関係性もそう簡単には変えられないのかなと感じました。

20代

澪と元春の幸せだった過去や、職場の同僚として距離が縮まっていく様子を見ていると、切ない気持ちになってしまいます。元春は幸せを掴むために澪と離れたはずですが、澪の本当の気持ちに気づく度に元春が辛くなっているのが伝わってきました。離れてみて初めて分かる相手の大切さは、やはりあると思います。そして、津山にキュンキュンしてしまいます。

30代

認知症のお母さんがなぜかふたりが結婚していることを知っているというシーンに驚きました。だけど、澪は認知症のせいだと思ってしまいます。津山さんと澪との恋の行方が気になる元春にイライラしてしまいました。過去を変えたのは自分でしょー!と。離れて相手の良さに気づくものなんだなぁと実感しました。その瞬間その瞬間で、相手の考えていることや、小さな変化に気づける人間でありたいなと感じました。

30代

本来の奥さんや子どもとの人生を捨てて、違う人生が送れるように過去に戻った主人公でしたたが、何故奥さんがモンスター化してしまったのかが次々にわかって行き、原因は主人公にあったことに気付いてしまった。このドラマを見ていると、私も妻がいる身であるが、自己中心的にならず、妻の気持ちを今以上に理解してあげないといけないと感じるようになりました。

30代


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

第5話あらすじ(2/4放送)

剣崎元春(大倉忠義)は夕食の約束のため銀行に迎えにきた妻・沙也佳(瀧本美織)に、建石澪(広瀬アリス)の頭に手のひらを乗せている姿を見られてしまう。頭の上にほこりがついていたとごまかす元春だが、沙也佳は紹介された澪の建石という名字を聞き逃さなかった。以前、沙也佳が元春の車の中で見つけた名札だ。二人の関係を怪しむ沙也佳は、もう澪を車に乗せないようにと元春に告げる。

一方、澪は元春の手のひらの感触に動揺していた。同僚との飲み会を断った澪は、木田尚希(森田甘路)となぎさ(川栄李奈)の店に行く。木田となぎさに、津山千晴(松下洸平)との交際を勧められるが迷いを見せる澪。なぎさは恋に正解はないからしたいようにすれば良いと澪にアドバイスする。

翌日、澪が目覚めると母・久恵(片平なぎさ)が朝食を作ってくれていた。しかし、遅刻しそうな澪は銀行へと急ぐ。

澪と津山が外回りのため銀行を留守にしている中、久恵が朝食を弁当として持ってやって来た。元春を見つけた久恵は「うちの婿が世話になっている」と行員たちに告げる。融資課長の西徹也(マギー)も支店長の宮本和弘(おかやまはじめ)も西急グループの令嬢である沙也佳の母が来たと思い大騒ぎに。元春は慌てて銀行から久恵を連れ出す。すると久恵は、思わぬ事を話し始めた。そんな二人のもとへ、澪が久恵を迎えに来る。

久恵を家まで送り届けた元春と澪は、意識しながらもぎこちなく会話をする。その後、津山の誠実さを目にした澪は、津山と付き合うと返事をする。二人が付き合い始めたと聞いて元春は動揺するが、大喜びの木田となぎさは皆でキャンプに行こうと盛り上がり…。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

澪が津山と付き合うという事実を受け入れられないところから、元春が自分の澪に対する気持ちを再確認し、過去に戻ろうとする姿が切なかったです。失ったからこそ気付く相手の存在の大切さを感じました。また、相変わらず澪のお母さんは元春のことを覚えていることが謎で、今後への影響が気になりました。元春が、過去を変えたからこそ気づけた気持ちにどう向き合っていくのか、元春と澪にどんな未来が待っているのか、次回も楽しみです。

20代

元春が澪との夫婦時代にやってきた自分の生き方を後悔しているのがすごく切ないなと思いました。元春が澪のことばかり考えすぎて沙也佳がモンスターになりそうだなと思いました。澪の母がどうして元春のことを知っているのか本当に謎だなと思いました。キャンプで沙也佳が澪を意識しすぎて浮いているのが面白いなと思いました。津山の澪に対する誠実な感じが相変わらずかっこいいなと思いました。

20代

妻を嫌になり過去を自分で変えておいて、変えて元妻の良さに改めて気づいて、もう一度戻りたい。って言う所に自分勝手だなと思いながら見たいましたがまさかの過去がもう変えれないパターンです。これからどうなって行くか凄く楽しみです。私の夫もドラマ見ていますが、このドラマを見て私がモンスターになったのは私だけのせいではないと分かって頂きたいです。

30代

元春は改めて澪の存在の大きさに気づいたと共に、もう元の世界には戻れないと悟った感情で一旦振り出しに戻った感じがしました。元春が時々過去の呼び名「澪」と呼び捨てにしてしまうところがが完全に澪に気持ちが傾いているんだなと思います。最終展開の予想はついても、そこまでの経緯でどのようにして澪とまた一緒になるのかが、今後の楽しみになりそうです。

30代

元春が今の澪のことを知れば知るほど惹かれていく姿を見ているのが、だんだん辛くなってきました。元春が自分の手で変えた人生だから仕方ないとは思いますが、でもやっぱり元春と澪には一緒に居て欲しいと思う自分がいます。もしそうなってしまったら、なぎさの今の幸せな生活が消えてしまうかも知れないですよね…。みんなが幸せになる方法があるのなら誰か教えて欲しいです。

40代

津山と澪が付き合うことになり複雑な剣崎がとても印象的でした。謎の男に会いに行ってやっぱりもう一度過去に戻りたいと頼んでましたが、一度は願いが叶ってやり直したのだから何度も言うのはどうかと感じました。今の妻、沙也加と妹のなぎさは正直タイプが違って相性が合わなさそうだけど、沙也加に悪気はないので大事にしてあげて欲しいです。何度も体調が悪そうな澪は剣崎のパラレルの反動?かもと思っちゃいました。

40代

会社人間、仕事人間には身につまされる思いです。剣崎が仕事を言い訳にして澪を放っておいた自分自身が悪いと気づいたエピソードには私たちに大切な人や家族への気持ちをもう一度考え直して欲しいというメッセージが込められているように感じます。回を追うに従って澪のことが分かり、元に戻りたいと剣崎は願いますが、謎の男・小池はこれをバッサリ。それは当然だと思います。自分の都合でホイホイと人生変えられるものではありません。しかし、剣崎がいかに澪と元の鞘に収まるのかが見どころです。もしかしたら戻れないのかなとも思ったりします。

50代

津山が澪と付き合う事になったのを知って元春はとても複雑そうでした。しかしそれは過去にさかのぼって自分が澪を選ばなかったから仕方ないですね。澪のお母さんが元春の事を覚えているのが認知症の設定ですが、なんだか大事なキーになりそな気がします。津山はイケメンですし、とりあえず当て馬役にならない事を祈ります。

30代

過去に戻ってやり直せたのに、関わりのあった人たちが別な関係で表れるのは辛いです。それがこのタイムスリップの怖さかもしれません。元春は澪気になってしかたありません。良いところばかり目につき、懐かしい過去も思い出します。そしてついに澪とやり直そうと思うのです。でも、戻れないことがわかりました。覚悟するしかありません。津山も良い人です。澪を幸せにしてくれると思います。

60代

澪を失ってから大切さや自分の未熟さに気づく元春が、とても切なかったです。元春がもう一度過去に戻ってやり直そうとして、結局戻れない展開は少し意外でした。また戻れるストーリーかと予想していたので、残念な気もしました。でも、例えもう一度過去に戻れても、もう以前の元春とは違うから、その時点で元々の世界とは変化しているし、そう考えると結局人生は一度きりなのかもしれないと感じました。元春が今の世界でどのようにしていくのか、今後が楽しみです。

20代

見れば見るほど元春の顔が見ていられないほど切なく感じさせます。元春がラストに過去に戻りたいと涙を流しますが、気づくのが遅すぎたのかもしれません。元春は澪との結婚生活を少しだけ我慢して、澪のことをもっと考えていさえすれば、後悔はしないで済んだような気がします。いつか元春と澪が夫婦として戻れる日が来て欲しいです。

30代

さやかさんがどんどん建石さんに嫉妬しているのが見ていて辛かったです。旦那さんなのになと思いますが、さやかさんは耐えていると思いました。でも、建石さんは津山さんと付き合ってしまったのを見ていても自分で納得できていないところが建石さんのことが本当に好きなんだなと思いました。人格を変えてしまったのも自分のせいなのに小さな積み重ねがあったからです。過去には戻れないことに苛立ちを覚えますが、今を一生懸命生きることって何よりも大事なことなんだと思わせてくれました。

30代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


第6話あらすじ(2/11放送)

自分自身のせいで建石澪(広瀬アリス)との結婚生活がうまくいかなくなったとようやく気づいた剣崎元春 (大倉忠義)は、親友の津山千晴(松下洸平)と澪の距離が縮まっていくのを見ていられず、小池良治(生瀬勝久)に号泣しながら「もう一度、過去を変えたい」と懇願するが、「覆水盆に返らず、あとの祭りだ。この心の痛みはお前がこの人生で引き受けるのだ」と言われてしまう。

自身の愚かさに気づいた元春は、現在の妻、沙也佳(瀧本美織)との円満な結婚生活を目指し、朝から掃除をして朝食を用意する。新婚時代みたいだと喜ぶ沙也佳は、今夜は話があるから早く帰って来て欲しいと頼む。

一方、澪は津山とコーヒーショップでモーニングデート。二人を目撃した篠原恭介(末澤誠也) は銀行に出社やいなやデートをしていたのでは?と話題にする。澪が否定していると元春は助け舟を出し話題を切り替える。その頃、ジョギングしていた沙也佳は、スケートボードに乗った男とぶつかりそうになる。その男は、剣崎家にも配達しているフラワーショップ店員の上原邦光(小関裕太)だった。

昼休みに、元春は澪に津山はいい奴だし2人の交際を応援するよと告げる。それは、今の人生を充実したものにしようとする元春なりの決意だった。また、翌日は澪の父の命日だと知った元春は、法事に行けなかったかつての自分を反省し、津山に法事の準備を手伝うようアドバイス。そのため、元春は津山の残業を肩代わりすることになり、沙也佳に遅くなるとメールする。がっかりする沙也佳は、翌日こそ早く帰ってきて欲しいと頼む。

翌日、監査で帰りが少し遅くなった元春は家路を急いでいたが、道でしゃがみこんでいる澪を発見。元春が声をかけると、澪は泣き出してしまう。澪の母、久恵(片平なぎさ)がいなくなってしまったというのだ。一日中、思い当たる場所はすべて探したが見つからず、「戻ってこなかったらどうしよう…」と途方に暮れる澪。沙也佳のことが気になりつつ、久恵を一緒に捜すことになる元春だったが…。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

過去を変えても、結局前の奥さんが気になるのが分かりますが、今選んだ奥さんが少し可哀想です。6話見てる感じ次は今の奥さんがモンスターにこのままではなってしまうのではないかと思ってしまいます。過去を変えて過去の記憶も消えてたらよかったですね。記憶が残っているからこんな事になるのだと思いました。あと何故お義母さんだけ婿だった事を知っているのかもますます気になりました。

30代

現在の奥さんの浮気を疑う気持ち分かります。車の中やナビの履歴を検索したり、リアルな部分もあってドキドキしました。最後に奥さんが夫の会社の裏掲示板に悪意のある書き込みをしているカットで終わりましたが、現実でもこういうことをする人って多分いるのだろうなと恐ろしくなりました。女性は相手の言葉から沢山の情報を推測する人が多いですが、男性は言葉通りに受け取ったり伝えてしまう人が多いと思うので、ドラマの中の二人も少し言葉が足りなかったりちょっとしたことで誤解が生まれてしまったりもどかしい気持ちになりました。過去の奥さんを思う気持ちは本当なので奥さんのカンも鋭い。自分たちもこうなったら嫌だなと思いました。

30代

沙也加と向き合うことに決めて朝から掃除や料理をしている元春は可愛かったです。ただその後、相談があるから早く帰って来て欲しいと言われて2回連続で遅くなったのはまずかったですよね。澪の母親が行方不明になったのを一緒になって探していたのはいいけど、嘘をついたから余計にややこしくなっていて気の毒でした。小関裕太くん演じる花屋の配達の子が沙也加を誘っていましたが、爽やかそうに見えて何か企んでいる感じもあったので気になります。SNSの裏掲示板に沙也加が澪のことで投稿してたので次回は波乱必至でしょうね。

40代

自ら望んで過去を変えたのに、結局澪と惹かれ合う運命に思えました。妻を変えても元春がちょっと気が利かなくて、自分の周りしか見えてないのは変わらないので、今は沙也佳が不満を抱えて、以前の澪のようになりかけています。今回は澪の母が認知症で、亡くなった夫を思い出してお洒落してから一日中バスに乗っていたというエピソードがとてもかわいくて、少し切なかったです。

40代

気持ちを切り替えて今嫁の事を好きになろうとして頑張ろうとしてるくらいなら今嫁と別れて元嫁に想いをぶつけて付き合えば良いのにと思ってしまった。元嫁のお母さんを一緒に探して今嫁との時間を大切にしてないってどんだけ同じ過ち繰り返してるんだよ!それじゃあ元の世界に戻って元嫁を今度は大事にするって気持ち切り替えても慣れた頃にまた言い訳言って大切に出来ないんじゃないのか!とモヤモヤしてました。

30代

元春の、澪への断ち切った想いがそう簡単に断ち切れるわけでもなく磁石の様にどんどん惹かれあってるなと思いました。しかしこの現実では全くそういかず、もう沙也佳との結婚生活を続けるしかないのですが全然噛み合わず。彼女を大事にしようと思いつつも行動が全然伴ってないですね。また失敗したままこの人生をやるのか結末がわかりません。

30代

沙也佳を幸せにすると誓った元春なのに、なぜか澪に関わってしまうのはやっぱり運命なんでしょうね…。お母さんが居なくなって澪は心配だったと思いますが、お父さんと出会った思い出のバスに一日中乗っていたお母さんのピュアな想いに胸がキュンとしました。元春を信じきれずに澪を疑っている沙也佳がエスカレートしてしまいそうで心配です。

40代

人生をやり直したことを後悔したものの、覆水盆に返らずと言われて再度やり直すことはできず、今の生活を大切にし今の妻を大切にしようと決意した主人公。でもやはり元々の妻が気になる存在で、どうしても関わってしまう。過去をやり直したらうまくいくと思っていたのに、うまくいかなかった原因は自分にあったと回を重ねるごとに主人公が気づいてきているのがなんとも切ない…そして何故か記憶が残ったままの義母が気になります。また今回は嫉妬で今の妻がネットの掲示板に書き込みをするところまでが描かれており次週の展開がとても気になります。

30代

元春が澪を助けたことを知った沙也佳は、ネットに書き込みを始めました。沙也佳は、何でも言うことを聞いてくれる元春を望むお嬢様だから、仕方ないかもしれません。自分が澪より軽く見られたと思ったのかもしれません。元春はどうしても澪を無視できません。でも元には戻れないので、困っています。解決方法があると良いです。

60代

元春はもうすっかり澪に対して後悔の念にさいなまれていますが、小池が言っているように「覆水盆に返らず」ですね。でもさやかの事を愛そうとして津山と澪のカップルの事も応援しようとする姿勢は素晴らしかったです。さやかはかわいそうですが、結婚して必ず一緒に食事ができるとは限らないですし、男は職場でいろいろあるものです。

30代

沙也佳のずっと待っていて、嘘をつかれたことに対して怒るのは仕方がないなと思いましたが、少しやり過ぎだなと思いました。正直元春に話したい話も、他のタイミングで話せたんじゃないかなと思いました。澪のお母さんが無事でよかったです。いくら部下のお母さんだとしても、一緒に探すのが普通だと思います。お父さんに会いたくてバスに乗り続けていたのは切なかったです。

30代

沙也佳にすぐにばれてしまう嘘をついたり、何も知らない澪に過去の自分のふるまいを謝ったりする元春。これでは、幸せになるために過去を変えたにも関わらず、新しい人生では、自分自身は元より澪も沙也佳をも不幸にしてしまいます。そんな元春の様子を見ていた小池の「愚かだな」と言う言葉が腹にストンと落ちました。とは思いつつも一方では、澪にも沙也佳にも「不器用な元春を理解してあげて」と言ってあげたい気持ちです。元春と澪、沙也佳の3人が最終的にどう収まるのか、ますます楽しみになりました。

50代

元春は沙也佳を大切にしようと決めたはずなのに、結局タイムスリップする前に澪にしていたような事を今度は沙也佳にしてしまっていて、なんだか複雑な気持ちでした。結局、元春は澪が好きだから、何があっても澪を優先してしまうのだろうなと思いました。久恵を家に送り届けた後のコンビニまでのシーンで、澪も元春を好きなのだと感じましたし、元春と沙也佳の夫婦仲に亀裂が入って歪んでしまったようなので、最終的に元春と澪がまた夫婦や恋人になる展開もあるのかなと期待しています。元春と澪の回想シーンが好きなので、また二人が夫婦になって仲良く幸せになる展開があると良いなと思います。次回も楽しみです。

20代

女性の嫉妬は怖すぎます。知ってるワイフは温かい気持ちになれますが、女性同士のバトルを見たくはなかったような気がします。澪は津山と楽しく過ごしているとは思いますが、澪にはやはり元春なのかもしれません。澪自身も自分の本当の気持ちに気づき始めているような気がします。元春が澪に自分の本心を伝えたシーンは泣けました。

30代

沙也佳を大切にしようと決めたのにやっぱり澪のことを気にかけてしまう元春の姿にもどかしくも、どうにか元の世界線にもどしてあげて!と願ってしまう回でした。やっぱり澪との運命は繋がってるんだなぁと感じ、ますます次回以降の展開が気になります。自分も時間を戻せたらどんな風に人生をやり直すかなぁと真剣に考えてしまうドラマでとても面白いです。

20代

どんどんさやかが嫌な人間になっていくのが辛くて、同時に元春にはイライラします。私の旦那も良い格好をしたがるので、あと少しで帰るとか何時までに帰るとか言うけどなかなか帰ってこないので、期待を持たせることを言うなと怒ったことがあります。今回はさやかの気持ちに同情しかありませんでした。最初は、どうせ時間を巻き戻しても元の妻と結婚するだけの単純なドラマかと思っていたが、そんな薄っぺらい内容ではなくて、自分自身が変わらなければ結局何も変わらないといった内容がとても良く出来ていて面白いです。

30代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


第7話あらすじ(2/18放送)

剣崎元春 (大倉忠義)は、建石澪(広瀬アリス)への未練を断ち切って沙也佳(瀧本美織)を大切にしようと心に決めた。だが、澪の母・久恵(片平なぎさ)を2人で探していたことを沙也佳に隠した嘘がバレてしまい、沙也佳に澪との関係を疑われ口論になってしまう。

家を飛び出した沙也佳は、路上で遭遇した上原邦光(小関裕太)と飲みに行き、気を紛らわそうとする。酩酊し家に帰ると、酔った勢いでパソコンを開き、ネット掲示板に澪への誹謗中傷を実名で書き込み始める。探しに行った元春が戻ると沙也佳はすでに寝ていた。

次の日、元春の支店で騒動が起きる。掲示板の澪への誹謗中傷が銀行への信頼を損なう、と問題になってしまう。その頃、沙也佳は昨夜の投稿を思い出し激しく後悔するが、なす術も思いつかず途方に暮れる。

一方、元春はもしかして沙也佳が書き込んだのではないかと疑うが、昨夜の口論の事もあり聞くことが出来ない。そして、沙也佳の投稿はさらに波紋を広げる。何者かが投稿に乗じて支店の行員たちの写真を投稿し、行員たちへの嘲笑まで広がりはじめたのだ。自分の誹謗中傷については気にする様子はなかった澪だったが、これには怒った。

澪は津山千晴(松下洸平)と最初の投稿者を突き止めるため調査会社へ依頼に行く。津山の残業を代わることになった元春は、理由を話して沙也佳に帰りが遅くなると電話した。自分が犯人だとバレてしまう!と沙也佳がうろたえていると、ちょうど上原が花を届けに来た。沙也佳は上原に泣きつき、何とか投稿を削除する。

その夜、元春が家に帰ると、沙也佳は何事もなかったように出迎えた。昨夜の口論を謝罪した元春だが、パソコンを開けた時に、問題の掲示板にアクセスした形跡を見つけ疑念を抱いてしまう。そんな折、元春の母が白内障の手術の為に入院する。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

みおさんのお母さんが入院していた病院に主任のお母さんが入院するという偶然が、最終的にはみおさんとお母さんを含め、主任の家族で仲良くトランプをするという展開には思わずほっこりした気分になりました。またさやかさんがビハインドに書き込んだということを知って主任が「女神様の召使だもんな」と言い放ったところはとてもかっこよかったです。

30代

沙也佳の行動はいきすぎていますが、元春の中途半端な言動が引き金になっていると、イライラしながら見てしまいました。母の認知症でいっぱいいっぱいになりそうなのに、常に笑顔で過ごす澪がとても健気です。パーティーと母の入院が重なり、沙也佳と元春の価値観の相違が更に広がったように思いました。澪の良さがより一層際立つ回でした。

20代

澪はネットの書き込みをされてしまっても気にしていなかったので強い女性だと思いました。澪の母親が元春の母親の病室でトランプをしているときはとても楽しそうでした。書き込みをしたのが沙也佳だったので怖いなと感じました。津山さんがメールを送り間違いするシーンは可愛かったです。ハートマークをつけるのはきゅんとしました。彼の部屋はすっきりとしていて素敵でした。元春と沙也佳の関係が悪くなってしまうのは残念ですが、澪との方がお似合いだと思うので2人のことを応援したいです。

30代

今まで沙也佳の言いなりになっていた元春の怒りがとうとう爆発してしまいました。今回は沙也佳の言動に見ているこちらもかなりイライラしました。もともと感覚が違っていたのでこうなるだろうとは思っていました。元春は、どちらも妻も怒らせてしまいましたが、過去を変えたことによって澪を怒らせていたのは自分のせいだと気づきだんだん優しさを見せてくれているので続きがとても気になります。

50代

さやかが津山と澪の事をネットで晒し、そしてその後、犯人が分かった澪が元春を助けるために「全然知らない相手だった」とかばう事でお互いの善悪が二極化した7話だったと思いました。澪は最初はモンスター妻として描かれていたので余計そう思えました。最後にさやかのワガママぶりを描くことでとりあず視聴者に訴えたい事が定まったと思います。

30代

沙也佳の自分の家族最優先さ加減がすごく嫌でした。確かに良いとこの子は良いとこの子なりに色々あるのかもしれませんが正直ただのパーティごときでと思ってしまいました。私が元春の立場だったら同じようにすっぽかすかもしれません。自分の親ともなかなか会えないなんて可哀想です。津山さんが間違えてラインしているのが面白かったです。

30代

私が結婚適齢期の年齢だからなのか、このドラマを見ていると結婚についてよく考えてしまいます。今回の話では、価値観が似ていることと、お互いに思いやりを持てるどうかが結婚生活には重要なのかなと思いました。沙也佳と元春は、どちらかが悪人というわけではなくて、大切だと思うことの種類がそれぞれ違うのだろうなと感じました。夫婦仲が壊れてしまったように見えましたが、今後の展開が気になります。

20代

元春と母親の会話を聞いていて、私自身の結婚についても重なる部分や自分を見ているような部分が多くあり、親不孝をしてしまったと感じてしまいました。澪は津山との関係が上手く行っているようですが、本当は元春に思いを寄せているのがさらに強く感じました。元春をタイムスリップさせた謎の男の正体が気になりますが、やっと名字が分かりました!

30代

沙也佳のネットへの書き込みはやりすぎです。澪を実名で誹謗中傷するのは、やってはいけないと思います。銀行にも迷惑をかけるとは思わなかったのでしょうか。元春は今まで沙也佳の言う通りにしてきたのだと思いますが、母親の手術も軽く見る態度には許せなかったのだと思います。二人の間に埋められない溝ができたようです。

60代

皆が辛くてなんとももどかしい7話でした。元春と沙也佳との価値観の違いはやっぱり大きくて、それをどうにも埋められないところに切なくなりました。沙也佳の気持ちも全くわからない訳でもないので余計に切なく感じます。皆が葛藤していく7話だったので今後みんなが幸せに向かっていけるような展開になってほしいなと思いました。

20代

元々感じは良くなかった沙也佳でしたが、今日の沙也佳は本当に最低でした。義理のお母さんが入院するのに、見舞いと言っても形だけだし、手術の心配どころか自分の体裁ばかりを気にして、お金持ちにしかわからない苦労もあると思いますが、あれじゃ元春の気持ちの糸が切れるのも仕方ないと思います。そんな沙也佳を見てから澪を見ると優しさのかたまりのような人だと思いました。調査会社から聞いたことを、元春に濁して言わない澪は本当に優しさに溢れている人だと思いました。

40代

元春の澪に対する思いが切なくて、今までしてきたことへの後悔が元春の表情から感じ取れます。一度は諦めて沙也佳に対して真摯に夫として向き合うと決めたものの、嫌悪感も出てきて運命で惹かれあって結ばれた澪のような気持ちには至らないのだと複雑な心境になりました。運命の相手はやっぱり澪なんだと思いました。澪に対してこれからどう接して行くのか期待しています。

30代

剣崎が澪をかまいすぎたのが原因とはいえ、沙也佳の女王様気質があからさますぎて、ちょっとドン引きしてしまいました。財力では確かに沙也佳のほうが上かもしれませんが、自分の実家を下に見られてイラっとしてしまう剣崎の気持ちは自分も覚えがあるのですごく共感しました。人の価値をお金でしか測れない沙也佳の辞書には忖度という文字はないんだなと思うと、彼女がさらに嫌いになりました。

40代

どっちの家族のことも上手いことやれよって元春にイライラしてなんともいえないし、予想通りに澪と同じ病院で予想通りに家族が仲良くなるから、だんだんさやかに同情してしまう。書き込みしたことは悪い事だが、後半を見ているとさやかが可哀想でしかない。元春が相談せずに1人で決めるからすれ違うんだよ。ってイライラが止まりませんでした。

30代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


第8話あらすじ(2/25放送)

剣崎元春 (大倉忠義)が目覚めても、前夜家を出た妻の 沙也佳(瀧本美織)は帰ってきてはいなかった。沙也佳は自分よりも建石澪(広瀬アリス)や実母を優先する元春にいら立ち、元春もそんな沙也佳にうんざりしていた。

口論の末、沙也佳が家を出たのは元春が放った“自分は女神様の召使い”という言葉が引き金だった。沙也佳は上原邦光(小関裕太)と行動をともにしたが、翌朝はひとりホテルの部屋で迎えていた。

その日、元春の支店では澪と津山千晴(松下洸平)の交際が知れ渡ってしまう。一方、元春が外回りから戻ると、沙也佳から洋服などが詰まったスーツケースが届いていた。仕事を終えた元春は木田尚希(森田甘路)の店へ行き、沙也佳との一連の喧嘩について話す。

しかし元春の妹のなぎさ(川栄李奈)はこれまでも元春に自分や自分の両親を優先させてきた沙也佳が気にくわないし、そもそも合わないから元春に離婚した方が良いとまで言い出した。津山とそこに同席していた澪は、その話に表情が変わる。

その夜、家を追い出された元春は津山の部屋に泊まるが、電話で話しても沙也佳の機嫌は直らなかった。

翌朝、元春は澪に声をかけられる。自分のせいで沙也佳を誤解させているなら説明しに行くという澪だが、元春は澪には関係ないことだからと告げる。

週末、銀行のマラソン大会が開催されるが、元春は前夜に起きた出来事でひどく落ち込んだまま。そこにある事件が起きて――

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

このドラマをみると人生やり直しても、結果相手がちがっても、自分が変わらないと結局は同じような事の繰り返しなのかなと少し考えさせられます。結婚とは…って思ってしまいます。結局新しく人生変えて、お金持ちと結婚して、いい家に住んで、高級車に乗っているのに離婚なんて勿体ないと思ってしまいました。元春さんしっかりしてほしいです!

30代

沙也加が手の付けられない感じになっているなぁと感じました。元春の態度が中途半端なのもいけないと思いますが。妹のなぎさから見たら最初から合わなかったから離婚するのも賛成というのは分かる気がします。それにしても津山と澪が付き合っていることが職場でどんどんバレていって笑えました。あと篠原の恋がいつの間にか進んでいるようなのでスピンオフドラマの方も盛り上がってきそうと思いました。ラストに澪が元春への想いを打ち明けていたので次回は波乱必至そう。津山はどうなるのか、壊れないでねと思っちゃいます。

40代

元春が離婚になって、また上手くいかなかったなと思っていたら、ラストで澪からの告白とキスシーンがあり、思ったより展開が早くて驚きました。澪と元春は、やっぱり運命なのかお互い惹かれ合っているけれど、澪は元春の親友の津山と付き合っているので、元春が澪の告白を受け入れてもそうでなくても修羅場になりそうだなと感じました。久恵の絵が、タイムスリップする前の澪と元春の家庭そのままなのが不思議だなと思いました。また、久恵が絵に関する澪の問いに、失踪した澪の父のことを話していたのを見て、澪の父は誰なのか、タイムスリップに関係しているのかとても気になりました。次回も楽しみです。

20代

元春の妹はさやかと離婚した方が良いと言ってましたが、確かにさやかのわがままがうざいと思っていたのでしょうね。しかし、さやかから見たら、同じ職場の女の母親に何故そんなに尽くすのか理解できないでしょうから出て行きたくなる気持ちも分かります。そしてこんな時、上原の存在はありがたいとつくづく思いました。そして篠原くんがかわいそうでした。

30代

建石さんのお母さんが澪は将来元春と結婚して子ども達が生まれるってことをわかってるのが何故なのか、すごく気になります。お母さんも一緒にタイムスリップしたのだろうか?早く知りたいです。澪と元春の人生を変えたのにも関わらず惹かれ合ってしまっていて、このままいくと付き合いそうだなと思いました。奥さん大事にしてあげて欲しいな、ちょっと可哀想だなと思いました。

30代

まさか沙也佳があんなにすんなり離婚するなんてと思いましたが、元春の気持ちが自分に向いてないことにずっと苦しんでいたからこその、あのタイミングでの離婚だったのだとも思いました。マラソン大会で元春を心配する澪が、無事だった元春を見て泣きじゃくる姿に、やっぱり2人は運命の人なんだと思いました。来週の展開がとても気になります。

40代

澪は元春に思いを話しました。心配してくれたり、自分のことをよく知っている元春を好きになっていたのです。でも、元春は以前は澪に、今は沙也佳に「私を見ていない」と言われてしまいます。元春は、以前は自分勝手だったので、次は妻の言う通りにしていたのです。でも、妻を思っていないのは同じだったと思います。誰と結婚しても同じだったのです。気づいた元春はどうするのか気になります。

60代

元春の荷物を銀行に送ってしまうほど、沙也佳をモンスターにしてしまったんだなと驚きました。離婚を切り出した沙也佳の言葉がすごく胸に刺さりました。タイムスリップしても自分が変わらなきゃ同じことを繰り返してしまうんだなと感じました。篠原が突然樋口にアタックしたのが驚きでした。この二人の関係性がこれからどうなるのかも気になりました。澪に告白されキスされた元春がどうするのか気になります。

20代

さまざまな登場人物の恋愛模様が一気に詰め込まれた回でした。幸せな恋愛もあれば、切ない恋愛もあり、心が激しく揺り動かされました。元春が沙也佳の父親から紹介された先の2億円の融資についてあっさり流れましたが、後々大きなトラブルになる予感がします。元春の銀行員としての立場までも危ぶまれてしまいます。元春と澪のこれからが気になります。

30代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


第9話あらすじ(3/4放送)

銀行のマラソン大会の途中、澪(広瀬アリス)は、元春(大倉忠義)が倒れたと勘違いして抑えていた本当の気持ちに気づいてしまい「好きです」と告白し、キスをしてしまう。しかし元春は澪の思いを受け入れることをしなかった。

元春は小池(生瀬勝久)に、妻の沙也佳(瀧本美織)と離婚したことを話す。かつて澪との結婚生活がうまくいかなかったのは自分自身のせいだと気づいたが、また同じことを繰り返し何も変わっていないと後悔。すると小池は、澪とやり直せるから良かったのではないかと言うが、元春は、親友の津山(松下洸平)と澪は交際しているから絶対に出来ないと告げる。今度は親友を失うと。

だが、事態は思わぬ方向に動き出す。澪が津山に別れを切り出した。木田(森田甘路)の店で澪には他に好きな人がいるようだと泣く津山。木田は二股!?と驚くが、居合わせた元春は、澪はそんな女性ではないとかばうのが精一杯だ。

一方、なぎさ(川栄李奈)は、澪から津山と別れた事を知らされる。好きになってはいけない人を好きになったと打ち明ける澪に、なぎさは元春ではないかと尋ねる。驚く澪に、なぎさは責めたり応援もしないが話ならいつでも聞くと告げた。

翌日、元春は澪に津山とのことを考え直して欲しいと頼みこむが、澪はキスには何の意味も責任もないし、元春との関係に進展も期待していないと告げる。そんな2人の会話を聞いていたのは、津山で――。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

元春は妻も友人も全て失って、本当に辛い立場にあるとは思いますが、元々は自分が妻を大切にできずに妻だけを責めた結果であるからこそ、ますます辛く感じます。津山が澪にフラれるときに頼んでいたいちごのパフェが、津山の悲しみをよく表していた気がしました。津山が失意のどん底にいるのを見ると、誰もが幸せになる結末がくるのか不安になります。

30代

澪が津山との別れを切り出していて気の毒でした。しかも津山は澪と剣崎の立ち話から澪が剣崎のことを想っていることにも気づいてしまったし。澪の母とタイムスリップの事を知る小池の会話は意味深だなぁと思いました。どうも小池は剣崎の未来のような気がするんですよね。ラストでついに剣崎が澪と結婚していたことを打ち明けていたので次回も波乱必至そう。あと別れた妻、さやかの父の紹介で出会い融資を通した会社がどうも計画倒産したようなので顛末も気になります。

40代

元春は離婚をして妻を失い、澪のことで津山も木田も失いました。もう失うものは無いと、異動をしてみんなから離れようとしています。でも、それで解決するとは思えません。澪がだんだん以前のことを思い出しているからです。とうとう元春は、澪に妻だったと言ってしまいました。澪はこれからどうするのか気になります。澪の母と小池が知り合いのようで、過去に戻る秘密を知っているようです。2人の言動も気になります。

60代

津山主任が可哀想過ぎて見ていて辛かったです。あんなに一途に澪を思っているのに、津山主任と結婚したら幸せになれるのに。。剣崎主任と一緒になっても結局さやかの事も幸せに出来なかったのだから、きっとまたしんどい思いをするのにー‼︎とかなりもどかしかったけど、それが好きになるって事なんだなぁ。なんて思いました。木田が剣崎主任に殴りかかるところは男の友情を感じました。

40代

剣崎主任の中途半端な優しさや行動がすべて裏目に出て、関わる人間関係や仕事など、すべてが破綻していっていく感じが見ていて切なかった。人生は選択の毎日で、自分の私生活にも問いただされてるいるようだった。それでも縁のある人とはやはり見えない縁で結ばれているんだということも、ドラマから学んだ。このドラマは奥が深い。

30代

みおさんが津山くんと別れたことや、剣崎さんがみおさんとキスしていたという事実を知った津山くんが剣崎主任を殴るシーンでは衝撃の展開でした。剣崎主任がみおさんと大学の鐘の前で偶然出会い、また、みおさんの夢に出てきた男性が剣崎主任だったということを告白され、剣崎主任もみおさんに「僕らは結婚していた」と正直に打ち明けたことで、これからの二人の関係性がどうなっていくのかがとても楽しみです。

30代

元春にキスをするくらい、澪の気持ちが盛り上がっていることが不思議でしょうがなかったです。元春と沙也佳の離婚もあっさりと決まっていて驚きました。元春が澪にちょっかいを出したと勘違いした尚希が、元春を殴って怒るシーンでは、過去からやり直したとしてもうまくいかない元春の人生がとても悲しく見えました。澪がついに事実を知ってしまったので、次回が楽しみです。

20代

澪の気持ちの変化がジェットコースターのような感じてついて行けませんでしたが、とにかく見終わった感想としては津山主任がかわいそう過ぎて切ないです。元春を殴りたい気持ちも分かります。澪はお母様のこともあるし、元春と一緒になって欲しいとは思いますが、元春はタイムスリップしたのがズルいので、できれば生まれ変わるしかないですね。

30代

小池と久恵の会話が気になりました。小池が過去に戻ったことがある発言は想定内でしたが、タイムスリップについて久恵が知っているような様子だったのが疑問に思いました。久恵は認知症ということになっているけれど、久恵の認知症もタイムスリップと何か関係があって、タイムスリップの影響で記憶が無くなってしまったり、知るはずのない記憶を知っていたりするのかなと思いました。元春が澪にタイムスリップについて話したようなので、澪は久恵の話との共通点にも気づくと思いますし、早く久恵の記憶や小池の正体についての真相が知りたいです。次回も見ようと思います。

20代

母に勧められて初めて見ました。職場恋愛は別れてしまった後が最悪なのですね。津山は澪にふられてしまい、親友の剣崎と澪がキスをしていたことを知ってしまい、職場では気を遣われて、ただただかわいそうでした。一方の澪は、剣崎の妻になる未来を夢で見て、未来から来た剣崎に真相を打ち明けられるところで終わりました。どのようなラストに向かうのか気になります。

30代

剣崎元春が、今まで周りにしてきたクズな行為が一気に周りを狂わせはじめ、最初は本当になんなのこの人…と思っていましたが、今回はさすがにかわいそうになってきました。とくに親友の津山千晴との亀裂は見ていてとても辛かったです。そして最後に建石澪に真実を告げて終わってしまいました。建石澪もずっともやもやした何かがはっきりして、これからどうなっていくのか全く予想がつかず次回も楽しみです。

30代

今度はうまくやろうと思っていた妻とは離婚をし、親友とも衝突、義弟からも突き放され、妻だけでなく周囲の人間関係までもが全てうまくいかなくなってしまって、元春は辛いな~と思いました。そして津山さんがとにかく辛そうでかわいそうでした。全体的に辛い内容の中、篠原さんの恋愛模様のところはちょっとほっとできて良かったです。元春が澪に夫婦だった事をついに打ち明けたのでこれからどうなるのかすごく気になります。

30代

澪からの突然の別れ話に内心ショックを受けながらも、笑顔で同僚に戻ろうと言った津山の優しさが切なかったです。澪の気持ちは受け止められないと言う元春と、それでも自分の気持ちに変わりはないと言う澪を見ていて胸が苦しくなりました。澪と元春がこの先どうなるのか気になります。澪のお母さんと謎の男小池が顔見知りだったのも気になりました。

40代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


第10話あらすじ(3/11放送)

「俺たちは夫婦だったんだ――」剣崎元春 (大倉忠義)は建石澪(広瀬アリス)に過去を変えたことを打ち明ける。澪と結婚したがうまくいかなくなってしまった以前の人生でタイムスリップする機会を手に入れ、過去に戻り、澪と出会わない人生を選択した人生を生きることになったと明かす元春。しかし、澪はバカげていると言って去ってしまう。

翌日、元春も仕事に身が入らず、津山千晴(松下洸平)との関係修復もままならない。仕事を休み家にいた澪は、元春の告白と今までの行動を思い返す。すると、元春の告白と母の久恵(片平なぎさ)の妄想だと思っていた話の共通点に気づく。

終業後の元春を、澪は喫茶店に呼び出す。澪は夢の中で見ていた元春の姿と久恵の話、そして当事者でしか知ることが出来ない高校時代のバスでの出来事を元春が知っていたことで、過去を変えた話に納得するしかないと告げた。

続けて澪は、なぜ結婚生活が上手くいかなくなったのかと元春に問う。元春は仕事にかまけ家事や育児をないがしろにし、澪が寂しい思いをしていることに気づこうともしなかった事で辛い思いをさせてしまったと謝り、自分は澪にふさわしくないと告げて店を出た。

それでも諦めきれない澪は木田なぎさ(川栄李奈)から元春の宿泊しているホテルを聞いて車で連れ出す。二人は元春の前の人生で行った初デートの海辺へ。澪は結婚生活の破綻はどちらか一方のせいではないのではないかと話し、悪いと思っているなら今の自分のそばにいて欲しいと元春に告げた。

そんな時、元春の携帯電話に西徹也課長(マギー)から緊急連絡が入る。その連絡をきっかけに、思いもよらない展開が元春を待ち受けていた―。

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

やはり小池と久恵も過去に行ったことがある人だったと分かり、今までの不思議さが納得でした。元春はまた過去に戻りましたが、今度は今まで親交があった人達とは出会わないようにするのかなと思いました。でも、澪がタイムスリップの事を知り、久恵から500円玉をもらっていたので、澪も元春の先か後かにタイムスリップするのではないかと予想しています。次回が最終回ですが、過去で澪が元春を見つけて、二人で新たな生活や人生を築いていくのかなと予想していますし、そんな結末だったら良いなと思います。とても面白くて毎週見ていたドラマなので、最終回も最後まで面白い展開を期待したいです。

20代

ついに過去を澪に打ち明けた剣崎でしたが、その後たくさんの不幸が彼を襲い、今回はさすがに本当にかわいそうになりました。しかし、それと引き換えに、さやかも澪もどんどん強くなっていってかっこいいなと思いました。澪はずっとまっすぐで、なぜ自分たちはがうまくいかなかったのか、咀嚼して解釈して、自分にも非があったのかもしれないと分析していて、さすがだなと思いました。

30代

韓国ドラマのリメイクでアレンジがあまりなく、そのまま再現されていて面白いです。 剣崎主任が回を重ねるごとにどーしようも無いクズ夫から、心を入れ替え前に進む姿が一生懸命だけど過去を変えても変わらないものがあると感じました。今回澪が剣崎に変わってタイムスリップするのかと思いましたが、剣崎が500円玉を投げた展開にも驚きました。次回予告で関ジャニ丸山隆平がチラッとうつったのがとても気になりました。

30代

元春から全てを聞いた澪が戸惑いながらも、今までのことを思い返して元春の話を信じるところが澪らしいと思いました。澪は本当に芯の強い素敵な女性だと思いました。元春も澪を大切に思っていて、澪もまた元春を大切に思っているのに、一度すれ違った人生は簡単には戻せないんだと思いました。もどかしくて歯がゆくて切ない気持ちにたくさんなる10話でした。

40代

部分的に前の世界のことを澪に元春はどう話を切り出すのかとても気になってました!澪の一度聞くだけでは受け入れられず、それでも色んなことを思い出すととても嘘とは思えないって思い直すシーンは、今までの伏線の回収になってて面白かったです。ただ、不当たりの事件で元春がやけになってしまって、助けようと周りがさし伸ばした手を全力で振り払う姿に、とてもイラッとしてしまいました。

30代

妻を無くし、親友を無くし、澪を突き放した上に、義父の詐欺で職まで失うとか、さすがに歴史を変えたしっぺ返しのスケールが大き過ぎるんじゃないかと元春に同情したくなりました。ドン底に落ちるまで自分の過ちに気づけなかったのは皮肉ですが、起死回生をかけたタイムスリップではなく、周りを拒絶するために戻るあたり、まだ人生を2周した本質を理解できていないんだなと感じました。澪から離れるのが優しさだと思っているのは、やはりひとりよがりだし、澪はそんなこと望んでいないと思います。最終的には、また元春の策略は失敗するだろうなと予想しています。

40代

沙也佳の父が計画倒産を仕組んで、元春の銀行に融資させたのには驚きました。そのせいで元春は銀行をクビになりました。やり直した人生は辛いことばかりです。良かったのは、元春が心から澪に謝れたことです。澪も、自分は甘えていたのだと、過去の自分を分析していました。今なら2人でやり直せそうですが、元春は過去にもう一度戻ることにしました。何を覚悟して戻るのかが気になりました。

60代

ボロボロになっていく元春を見るのが辛くなってしまいました。そんな元春を絶対に見離さず、自分にできることを必死にやろうとする澪の優しさと純粋に元春を愛している気持ちに心を打たれました。元春は過去に戻る決意をしますが、それは誰にも会わないで運命を変えようという諦めにも似たような感情だったのかもしれません。

30代

元春が澪に夫婦だったことを話して一緒にいられないと言ったシーンは切なくなりました。突然そのようなことを伝えられても驚いてしまいます。2人が初めてデートしたところに行ったシーンでは恋人の頃の2人がとても幸せそうで楽しそうでした。また、澪が結婚生活がうまくいかなかったのは元春だけの責任ではなく、自分の気持ちを伝えきれていなかったと言っていたので、冷静に考えるとそうだったのかなと感じさせられました。沙也佳はこれから何が起こるかわからない中でも凛としていたので素敵だと思います。最後に元春が過去に戻ろうとしたのは意外でした。どのような選択をするのか楽しみです。

30代

元春が澪に過去に結婚していたことを告げていましたが、なかなかすぐには信じられませんよね。ただ元春や母親の言葉や自分の見た夢を繋ぎ合わせて納得していたみたいです。それにしても、元春にうまくいかなかった理由を聞いても、一方だけが悪いのではないと言っていてタフだなぁと思いました。心が広いというか頼もしいというか。でもその心の広さも元春にとっては自分を責める原因になるのかもとも感じます。元妻のさやかも新しい暮らしをしようと決意したみたいでしたが、お嬢様で生きてきたのになかなか根性あるなぁと思いました。

40代

元春から話を聞いた澪は、過去をやり直していることを受け入れたようで、ますますファンタジーの世界になりました。澪なりの覚悟と決心があるんだなと感じました。沙也佳にも心の変化があったようで、親の力に頼ることをやめていました。行員が力を合わせてくれたところは、元春の人望の厚さを証明しましたが、解雇になってしまったのは残念でした。最終回が楽しみです。

20代

夫婦であったこと、そしてタイムスリップしてきた事をここに来て澪に打ち明けましたが、それだったら最初に津山に言ってあげても良いのではないかと思いました。「元春くんを責めないで、元春くんは私たちに良くしてくれた……」とのセリフが凄く意味深で心に刺さりました。最後ブラックホールのニュースの時にショパンが流れていたのが何だか好きでした。

30代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


第11話(最終回)あらすじ(3/18放送)

剣崎元春 (大倉忠義)は澪(広瀬アリス)との結婚生活を変えるため過去を変え、学生時代に憧れていたマドンナの沙也佳(瀧本美織)と夫婦になる人生を選んだ。

元春は理想の人生を手にしたかに見えたが、職場の銀行に異動でやってきた独身の澪と再会し、妻だった時と全く違う溌剌とした姿に動揺する。やがて、澪を恐妻に変えてしまったのは、自分の結婚生活時代の行いのせいなのでは?と気づき、気持ちが揺れはじめる。元春は沙也佳という妻がいるにも関わらず、何かと気になる澪のことを助けてしまう。

そんな行動により、やがて沙也佳との生活も破綻を迎える。さらに銀行の部下として出会ったはずの澪は再び元春に恋心を抱くようになり、そのせいで親友の津山千晴(松下洸平)との友情は壊れ、職場の人間関係も破綻。沙也佳の父親に汚職の片棒を担がされたことを告発した結果、沙也佳の家族も不幸に。

自分がいることで「出会う全ての人を不幸にしてしまった」と激しく後悔した元春は、小池(生瀬勝久)から渡された五百円硬貨を持ち再び過去へタイムスリップする―。

元春が目覚めたのは、10年前の澪と出会った日であり、以前、タイムスリップした時は沙也佳と初デートをした日だ。元春は「今日は家から一歩も出ない。絶対に会っちゃいけない人たちがいる」と二人に会うことを避け、再び現在へ戻る。

すると元春は見知らぬ部屋で目覚めた。状況を確認すると目論見通り独身で、どうやら大阪で生活しているようだ。仕事は機械関連の商社の営業マンに変わっていた。携帯の連絡先には澪や沙也佳、津山も入っていない。

このまま澪たちに出会わず、ひとりで淡々と毎日を過ごしていけば良い。そう思う元春だったがある日仕事の関係で東京へ出張することになり、そこで予想もしない事態が巻き起こる―

引用:「知ってるワイフ」公式サイト

ついに最後のやり直しでしたが、素晴らしい結末となり幸せな気分にさせてもらいました。何度戻っても関係のある人とは再びめぐり合うと言う小池の言葉通り、銀行の同僚たちも変わらず懐かしくさえ感じました。どれだけ澪を避けたのか大阪にいた元春。訪ねてきたのは関ジャニメンバーの丸山隆平で、どんな関係なのか明かされずがちょっと残念でした。大切なのは思いやり。素敵なメッセージをもらいました

60代

剣崎主任が過去に戻った時に、みおさんも過去に戻っており、銀行でのサインに気付いて、お互いの大切さを二人で再認識して「好きだ」と伝えて抱き合っている瞬間がとてもキュンキュンしました。また、最後には2人の子供と一緒に幸せな家族として終わっている展開には安心感があり、言い方や選択一つで人生はどうにでも変わっていくというメッセージを強く感じました。

30代

元春が過去に戻り、全く違う人生を送っていましたが、澪も過去に戻っていたのはおどろきました。それぞれが違う道でも幸せそうで良かったです。元春と澪が再会し、一緒に生きていくと決めて、プロポーズしたシーンはドキドキしました。2人には今度こそ幸せになった欲しいです。小池さんも何度もやり直して取り戻したいものを取り戻せたので良かったです。言いたいことを言うことや感謝の気持ちも大切だと感じました。2人でデートするのはいいなと思います。家族で幸せになってほしいです。

30代

最終回でした。韓国版のあらすじは知っていたので、元春がタイムスリップしてもう一度人生をやり直すことで欠点に気づき、妻(ワイフ)を改めて愛する結末には変わりなかったのですが、元春役の大倉忠義さんは落ち着いた雰囲気を貫いて演技をしていたので原作より良かったのではないでしょうか。夫婦とは何かを考えさせられました。

30代

元春は過去に戻って、澪も沙也佳にも会わないことを選択しました。一方、澪も母から500円玉をもらって過去に戻り、元春を探し、待つことにしたのです。関係の深い2人は、離れていても、引き寄せられるように再会しました。もう、離れる理由はないと思いました。2人は、やっと後悔のない人生を得られましたが、未来はどうなるかわかりません。いたわり合いながら、幸せになってほしいと思いました。

60代

最初の頃は澪も元春も全く笑顔がなくて、見ている自分までどんよりした気持ちになりそうでしたが、少しずつ自分を見つめ直す元春と、過去がどうであれ絶対に元春と幸せになるという強い思いの澪が、まためぐり逢えて本当によかったです。小池にあんな過去があったのも知りませんでしたが、みんなが幸せになれて嬉しかったです。諦めないことの大切さに気づかせてくれるドラマでした。

40代

1話から視聴している番組が最終回をむかえ感慨深い気持ちでした。3度目の人生を始めた剣崎元春は、1度目の人生を反省して、妻を思いやる気持ち、妻の気持ちを考えようとする姿勢をしっかり見せていて、「人生繰り返しても運命はかわらない」という世にあふれる意見を吹き飛ばしてくれました。ハッピーエンドで、とても幸せな気持ちになる最終回でした。

50代

本当に本当に素敵な結末が待っていました。何度もすれ違った元春と澪でしたが、やはり2人は一緒になる運命だったのだと分かりました。周りの人々も幸せになっているようで、小池の意外な過去も明らかになりましたが、小池が手術を失敗した患者は澪の父親であったのかもしれません。夫婦は必ずぶつかることがありますが、夫婦として生きていくための気付きが多いドラマでした。

30代

元春はやり直そうとした世界でも、妻との関係だけでなく、周りの人間との関係もどんどん悪化していっていましたが、最後は全員が幸せな形になっていて良かったです。親友だった津山さんとは知り合いではなくなっていてちょっと寂しく感じましたが、津山さんも結婚して幸せになっている様子で安心しました。やっぱり最終的に元春と澪が結ばれて本当に良かったな~これからもお互いを思いやり澪と幸せな家庭を築いて欲しいな~と思う最後でした。

30代

小池の過去が医者だったのはかなり意外でしたが、過去に戻った理由はなんとなく想像がついたし、同じ轍を剣崎が踏もうとしていたからこそ、あれだけ心に刺さる言葉を言えたんだなと思いました。小池の人生は、いいアイテムが手に入るまでガチャを回し続けて、最終的に当たりを引けたからやめたという感じに見えました。きっと、澪の母親も同じような思いで過去に戻っていたような気がします。そういう意味では、同じ世界線に戻れるかわからない中、タイムスリップした澪は大博打でしたが、最高のエンディングに辿り着けてホッとしました。

40代

タイムスリップ系のドラマにしては、人生をやり直すことでの目的がハッキリしないなぁと思っていました。でも、最終回でやっと剣崎元春の気持ちがハッキリして、建石澪との未来を望んでタイムスリップしたことで、スッキリしました!夫婦って、結局はお互いを認め合って、小さなことでもありがとうとごめんねを大切にしていくことが大事だと改めて思いました。既婚者だからこそ、思うところがあったドラマでした。

30代

こんな最終回だったら良いなと思い描いていた理想の最終回でした。思い描いていた通りだったので、展開はほとんど予想通りでしたが、澪と元春が幸せそうなハッピーエンドでとても良かったです。このドラマは結婚や人生の選択がテーマになっていると思いますが、私が独身であることもあって、ドラマを通して結婚や人生について色々と考えさせられてとても面白かったです。韓国ドラマのリメイク作品だったと思うので、韓国ドラマの方も見てみたいと思いました。とても面白くて好きな作品でした。

20代

もう一度過去に戻った元春でしたが、何より驚いたのは小池さんでした。正直、元春の未来の姿が小池さんかもと思っていたけど、小池さんが元は医者だったとか家族のエピソードもありなかなか感動的でした。大阪にいる設定で他の関西ジャニメンバーがちらっと登場して豪華でした。それにしてもさやかと澪の二人に関わらずに分岐点を過ごしたのに、澪を見に来るあたりが健気ですよね。津山が無事にしあわせになっていたのも良かったですが、澪と再会し澪も過去のことを覚えていてやっとお互いに想いが通じたので良かったです。

40代

平成20年に戻り澪とも沙也佳もいない一人の人生を大阪で暮らすと決めた元春は、皮肉なことに東京に出張し沙弥佳と澪に再会します。振り込め詐欺の被害者が銀行窓口に来ると元春に澪が救いを求めたのは不思議でしたが、まさか澪が久恵からの5百円玉で過去に戻ったとは驚きで、未来を信じ元春を待っていたというのが泣けます。元春は2回も澪から逃げたと言いますが、澪は3度目があると言います。澪の元春への一途な思いが通じたようで、澪が好きだと言い、やっと澪と生きる幸せな自分自身を取り戻さなけければいけないと気が付いたので、妻になってくださいと言った場面は最高でした。そして4年後に家族4人が幸福そうなのでホッとしました。

50代

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!


ドラマ『知ってるワイフ』見どころ・まとめ

ドラマの見所は、「タイムスリップによる影響」と「元春がどのような人生を選ぶのか」です。

まず、タイムスリップによる影響についてです。このドラマでは、タイムスリップによって新しい人生を手に入れようとする元春の様子が描かれます。

元春は、自分の人生を変えるためにタイムスリップしますが、元春が変化することによって友人など周囲の人々の状況も変化していきます。タイムスリップによって、元春はもちろん周囲の人々がどう変化していくのかが見所です。

次に、元春がどのような人生を選ぶのかについてです。タイムスリップによって元春は良い変化を望んでいますが、失うものも出て来ると思われます。タイムスリップを経験した元春がどんな運命を選ぼうとするのかが見所です。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です