ドラマ『真犯人フラグ』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2021年10月10日(日)からスタートのドラマ『真犯人フラグ』のあらすじや感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『真犯人フラグ』はどんなドラマ?
  • 「あなたの番です」を手掛けた秋元康と同スタッフによる最新作!
  • 主人公が被害者から容疑者に!?2クール連続で考察合戦必至!
  • 総勢30人以上のキャストが出演!宮沢りえは約17年ぶり民放連続ドラマ出演

ドラマ『真犯人フラグ』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『真犯人フラグ』は、動画配信サービスhuluまたはTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方はTVerで見ることができます。TVerでは地上波放送後1週間の期間限定配信です。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、huluで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

huluなら1話から最新話まで全話配信

huluでドラマ『真犯人フラグ』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

注意
huluの2週間の無料お試しを利用することで、1話から最新話まですべて無料で見れます。

huluで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

TVerでドラマ『真犯人フラグ』の最新話を見る方法

ドラマ『真犯人フラグ』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerではLIVE配信も予定されていますので、テレビ環境がない場所でもリアルタイムで視聴することができます。

TVerでは視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『真犯人フラグ』を見たい方はこちら

※配信状況は2021年10月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『真犯人フラグ』作品情報

【放送日】毎週日曜日 夜22:30~(日本テレビ系列)

運送会社に勤める凌介は、妻の真帆、娘の光莉、息子の篤斗と4人暮らし。

ある日、凌介が家に帰ると家族は誰も居なくなっていて、真帆や光莉に連絡しても繋がらないのでした。
さほど気にせず凌介は大学時代の仲間・日野や河村たちと飲み明かし帰宅すると、まだ妻と子どもたちは家に居ませんでした。

炊飯器のタイマーがかけられいたことに気が付いた凌介は、真帆が家で夕飯を用意しようとしていたと考え異変を感じ、警察に届けを出します。
事件性が無いために、警察には相手にされず週刊誌編集長の河村に相談し、妻子の失踪を記事にすることに。

はじめは凌介に同情的な声がありましたが、SNSのある投稿がキッカケとなり、凌介に殺人疑惑の目が向いてしまうのでした。

ドラマ『真犯人フラグ』キャスト・スタッフ

キャストは総勢30名以上の出演が予告されています。公式サイトでは、視聴者が考察した真犯人をランキング形式で紹介しています。

第1話放送後の時点では、一番怪しいと思われているのは橘一星(佐野勇斗)、そして、本木陽香(生駒里奈)と二宮瑞穂(芳根京子)が犯人候補と思っている方が多いようですね。

キャスト一覧

  • 相良凌/西島秀俊
  • 相良真帆/宮沢りえ
  • 相良光莉/原菜乃華
  • 相良篤斗/小林優仁
  • 二宮瑞穂/芳根京子
  • 太田黒芳春/正名僕蔵
  • 鴨井晴子/小林きな子
  • 小峯祐二/森田甘路
  • 目白小夏/渥美友里恵
  • 富山芙由子/中西美帆
  • 石川あきの/町田愛
  • 望月鼓太朗/坂東龍汰
  • 河村俊夫/田中哲司
  • 両角猛/長田成哉
  • 上原啓太/竹森千人
  • 橘一星/佐野勇斗
  • 相川誉/南彩加
  • 海江田順二/BOB
  • 金城三伸/青木瞭
  • 土井光四郞/堀野内智
  • 菱田朋子/桜井ユキ
  • 日野渉/迫田孝也
  • 山田元哉/柿澤勇人
  • 館野三郎/浜田晃
  • 館野志乃生/丘みつ子
  • 林洋一/深水元基
  • 井上幸作/戸田昌宏
  • ぷろびん・徳竹肇/柄本時生
  • 町山大輝/遼太郎
  • 雫石千春/小松利昌
  • 本木陽香/生駒里奈
  • 猫おばさん/平田敦子
  • 阿久津浩二/渋川清彦
  • 落合和哉/吉田健悟

主演の西島秀俊さんは、19歳のときに受けたオーディションに合格し、1992年「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビュー。

大人気俳優へと上り詰める途中で事務所を移籍し、1997年から2002年までは民放のテレビには出演していませんでしたが、それ以降は瞬く前に以前のような人気俳優に上り詰めます。

2021年朝ドラ「おかえりモネ」では、主人公モネの夢を現実へと導く上司役を好演しました。

最近のドラマ出演作には「シェフは名探偵」があり、温かい人柄を演じることが多いように思います。

また、2021年11月には、大好評ドラマの映画化「きのう何食べた?」で弁護士でゲイの筧史朗役を再び演じます。

製作・スタッフ

  • 企画・原案/秋元康
  • 脚本/高野水登
  • 演出/佐久間紀佳、中島悟、小室直子
  • 主題歌/ Novelbright「seeker」
  • 音楽/林ゆうき、橘麻美
  • チーフプロデューサー/加藤正俊
  • プロデューサー/鈴間広枝、松山雅則

ドラマ『真犯人フラグ』の原作は?

「真犯人フラグ」の企画・原案は、AKB48や乃木坂46のプロデューサー・秋元康さん。

脚本は「3D彼女 リアルガール」「賭ケグルイ」などの脚本を手掛けた高野水登さんです。

秋元康さんは、実際の事件をSNSで勝手に憶測で捜査する事実に目を向け、そのフラグをたてられた人は、身の潔白を証明するためには真犯人を見つけるしかないと語っています。

見ている人は、誰に「真犯人フラグ」をたてるのか?

「あなたの番です」のように、「真犯人フラグ」も伏線とミスリードが入交り、頭を混乱させてくれる作品になっていることでしょう。

ドラマ『真犯人フラグ』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/10/10 第1話 8.4%
2021/10/17 第2話 7.2%
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『真犯人フラグ』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想(10/10放送)

中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島秀俊)は、妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。一家は団地住まいだが、建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた。

ある雨の日、凌介の部署に配達中のトラックが事故に遭ったという連絡が入る。このままでは配達が滞ってしまうため、凌介は事後処理に追われるものの、部下の瑞穂(芳根京子)のサポートで事なきを得る。

その晩、凌介が帰宅すると、家に誰もいなかった。真帆と光莉の携帯に連絡しても、つながらない。3人で映画にでも行ったのか…?

凌介は、大学時代の友人・河村(田中哲司)からの誘いを思い出す。凌介たちと同じサークルだった日野(迫田孝也)が店を出したので、開店祝いでサークル仲間が集まることになっていたのだ。凌介は、日野の店へ向かう。

凌介が店に着くと、すでに他の友人たちは帰った後で日野が片付けをしていた。学生時代に戻った気分になり、はしゃぐ凌介と日野。日野は、おどける凌介と写真を撮る。そこに河村も合流。河村は今最も売れている週刊誌「週刊追求」の編集長。

3人で楽しく飲み、深夜、帰宅した凌介は異変に気づく。真帆たちは、まだ帰っていない。すぐさま真帆の母・志乃生(丘みつ子)に連絡するが、3人は実家にも行っていなかった。

夜が明けても、真帆たちは帰ってこない。真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったらしく、前日の夜にご飯が炊けていたと気づく凌介。帰って夕飯を用意するはずだったのだ…!

凌介は警察に届け出る。しかし、家出の可能性もあり緊急性が認められないと言われてしまう。凌介は真帆のパート先や光莉と篤斗の学校を訪ねて周囲の人々に話を聞いて回るものの、手掛かりはつかめない。

困り果てた凌介は、河村に相談。事件性を感じた河村は「記事にすれば注目されて警察も動くかも」と、週刊追求で記事にすることを提案。戸惑いつつも、凌介はその提案に乗る。河村の手腕で、真帆たちの失踪は事件として注目され、凌介に同情の声が集まる。

しかし、あるSNSの投稿をキッカケに、凌介は“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”へ…!愛する家族を取り戻すため、“真犯人”と“世間の目”との闘いが始まる―――!!

引用:ドラマ『真犯人フラグ』公式サイト

あれだけ家族仲良くて新築の家を建てる予定もあったのに、行方不明になって焦りますし、あれだけ探すのもわかります。当日もまさかまだ行方不明とも思っていなかったので、凌介の行動は何もおかしくもありません。編集者の友達がいた事で記事になり拡散されて見つかるといいと思っていましたが、警察が動いたのは良かったですが、SNSの怖さですね。ほんの少しの事で、犯人だと噂され、ぷろぴんと言うYouTuberにより、考察されてしまい会社まで特定されてしまいました。まさに現実のSNSと同じです。見方によってはそう見えてしまいます。そして最後は、本当に息子さんだったのでしょうか。当日何があったのでしょうか。

50代

幸せな相良凌介を妬んでいる人がいたとしたら少し怖い気がします。もしかすると、凌介の妻・真帆には夫に隠している事があったのかもしれません。想像は尽きませんが、凌介が犯人である可能性もあるのです。女性が凌介に抱き付いた時、誰かが写真を撮っていた気がしたのですが、それが家族の失踪と関係あるのでしょうか。凌介の家族3人が事件に巻き込まれたのか、意図的にどこかに行ってしまったのか全く見当がつきません。警察は仕事をやる気がないし、YouTuberは無責任なことを言いたい放題。最後に届いた荷物の中身が怖すぎました。凌介の家族が生きているのかどうか心配になりました。

50代

突然家族が消えてしまっても、警察は家出として扱いました。情報を集める方法として週刊誌は良かったと思います。すごい反響でした。警察は本気では捜査していませんが、進展はあったと思います。でも、それを憎く思った人がいたのです。会社を特定して、凌介の陰謀だとネットで言ったのです。人の不幸を利用するなんてひどすぎます。凌介は犯人だと思われてしまいました。家族が無事でいることを願いたいです。

60代

周囲の人達の怪しさもそうですが、真帆の話の中にも少しずつ嘘が混ざっていたことも気になりました。パートの終わり時間を偽っていたことが、実は何か大きな手がかりなのではないかと感じさせて、ただの失踪事件だと思って良いのかと疑惑を持ちました。失踪した本人だからといって、何も無いとは言えないのではないかと思うと、少しゾクッとしました。

30代

最後が怖すぎました。幸せな家族がなぜ急に悲劇の家族になってしまったのか。SNS時代にぴったりの内容で実際に起きている事件なのではないかと思うくらいリアルなドラマでした。凌介が悲劇の夫から加害者として扱われてしまう世間の意見の変わりようも恐ろしく、事実がどんどん変えられて作り上げられていく恐怖も感じました。

30代

以前放送された、あなたの番ですというドラマに全体的に似ていると感じました。少し怖がらせるような演出や登場人物皆が怪しく見える写し方など、雰囲気がそっくりだと感じました。何か事件が起きると、ネット上などで、限られた情報から類推して勝手に犯人予想がされ、真犯人フラグが立てられる、ということに焦点を当てた内容は、面白そうだと思いました。実際にネット上ではよくあることだし、身近な生活の中でも、何気ない一言が、受け取る側の勝手な憶測で、事実ではない噂になることがあるので、話に入り込みやすいし、どんな風にストーリーが展開していくのか楽しみです。

20代


第2話あらすじ・感想(10/17放送)

『お探しのものです』と書かれた荷物が届いたことで、一気に警察が動きだし、犯人扱いされる凌介(西島秀俊)。マスコミの取材攻勢も、激しくなる一方だった。

情報番組で流れた日野(迫田孝也)のインタビューが都合よく切り取られて、「家庭崩壊」、「DV夫」、「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がネットで広まる。

そんな中、亀田運輸カスタマーサービス部には凌介に関する苦情電話が殺到。原因は、YouTuberぷろびん(柄本時生)が投稿した動画だった。真帆(宮沢りえ)たちの失踪は凌介の自作自演だと煽り、職場が晒されていたのだ。

同僚たちに迷惑をかけ、太田黒(正名僕蔵)から責められる凌介をかばう瑞穂(芳根京子)。憔悴する凌介に協力を申し出、2人は真帆たちの捜索に動き出す。凌介は団地の住民からも白い目で見られ、ポストは嫌がらせのビラで満杯に。

孤立する凌介に、真帆のママ友で整体師の朋子(桜井ユキ)が声をかけてくる。朋子は、近所の白い目をものともせず、力になれることがあったら言ってほしいと告げる。

帰宅した凌介が一人きりになると、家族との思い出が浮かんでくる。凌介が思いにふけっていると、インターホンが不気味に鳴り響き……!?

引用:ドラマ『真犯人フラグ』公式サイト

前回の戻ってきた配送物の男の子が、息子ではなくて良かったとは思いますが、5年も前に亡くなった別の人のものというのはかえって怖くなりました。そんなにも前からこの事件を計画していたとも言えるので、どれほどの怨恨があるのかと驚きます。二宮さんはさすがに犯人ではないと思ってしまう行動ばかりなので、これで犯人だとしたら人間不信になります。

30代

一体犯人は誰なんだ!2人は無事なのか?そんな気持ちを必死に抑えながら見た第2話でした。相良がデータを盗みに行くシーンはドキドキでしたね。もうダメだぁと目をつむってしまいましたが、瑞穂の頑張りでなんとかくぐり抜けることが出来てよかったです。コンクリートから見えていた足は一体誰なのか、とても気になりました。

40代

見れば見るほどすべての人が犯人候補に思えてきてしまいます。二宮は全面的に凌介の味方で協力してくれていますが、二宮ですら凌介を裏切るのではないかと不安になってしまいました。二宮のキャラが大好きなので、二宮には最後まで凌介の味方でいてくれれば良いと願っています。真帆たちはどうして突然いなくなったのか理由か知りたいです。

30代

日野も林も、凌介に親身になっているようで、かえって騒ぎ立てて周りを混乱させているような気がしました。ぷろびんのような、無責任な詮索と信憑性のない考察を繰り返すYouTuberは、現実にもいそうなリアリティがありますが、彼は世間の凌介に対する印象の象徴のように見えました。どちらもベクトルは違うけど、根っこの部分に凌介に対する嫉妬を感じるし、今のところ全く非があるように見えない凌介が不憫で仕方ありませんでした。

40代

凌介を見つめている若手起業家・橘が事件に関わっているのかどうかが気になります。望月の目つきも意味ありげでした。それにしても、YouTuber・ぷろぴんやSNSである事ない事拡散している人たちの無責任さには呆れてしまいます。常に凌介の味方でいてくれる瑞穂は事件に関わっていないと思うのですが・・。住愛ホームの林が夜遅くに凌介を呼び出したのも不振に感じました。凌介より警察に連絡すべき案件ではないかと思います。何より気になるのは、凌介の家族が無事なのかどうかです。凌介の妻と子供たちは、自ら姿を消した可能性もあるのではないかと思いました。

50代

みんなが淩介を疑いの目で見る中で淩介に協力し、ピンチもうまく切り抜ける瑞穂の存在が頼もしかったです。今のところ淩介とは接点のない一星に届いたメッセージや、新居の建設を続けるのかという電話で済みそうなことをわざわざ職場まで確認しに来た林が気になりました。刑事の阿久津は質問が二択になるなどくせのある人物ですが、事件に真摯に向き合ってくれそうだと思いました。

30代


第3話あらすじ・感想(10/24放送)

新居の基礎コンクリートから覗く片足のローファー。すぐに警察が駆けつけ、掘り起こし作業が始まる。ただのイタズラか、それとも…!?

凌介(西島秀俊)は瑞穂(芳根京子)に、配送車のドライブレコーダーから見つかった映像を見せられる。その映像では、赤い傘をさした真帆(宮沢りえ)らしき女性が篤斗(小林優仁)の手を引き、後ろには光莉(原菜乃華)とよく似た女子高生が歩いていた。これが3人だとすると、篤斗がサッカー教室に行く直前の17時18分、3人は一緒にいたことになる。

そんな中、凌介は林(深水元基)から、再び新居の建築を中断するよう勧められる。しかし、凌介は聞き入れない。林が新居建築を止めようとしたのは、ある事情で上司の井上(戸田昌宏)に命令されたからでもあった――。

凌介は見知らぬ男から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介は瑞穂と相談して、その男とコンタクトを取り、日野(迫田孝也)の店『至上の時』で会うことに。瑞穂と日野も、一緒に待ち構える。

現れたのは、ベンチャー企業『プロキシマ』の社長・一星(佐野勇斗)。彼は、真帆たちが誘拐されたと断言する。さらに一星は、誘拐した犯人に心当たりがあると言い出し…!?

果たして嘘か本当か?一星は敵なのか、味方なのか!?

引用:ドラマ『真犯人フラグ』公式サイト


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『真犯人フラグ』の見どころ・まとめ

「あなたの番です」にハマった人は、そうとう期待値が上がってしまっている「真犯人フラグ」です。

2クール連続で見られるというのがミソで、朝ドラ、大河ドラマ、韓流ドラマのように長く見続けることで主人公に感情移入してしまうのです。

しかし、その主人公は冤罪をかけられそうなところが見ていて辛いと思いますが、主人公凌介の部下・瑞穂や大学の仲間・日野や河村が助けてくれるのか?

はたまた、助けると見せかけて陥れられるのか?という、ハラハラ感が始まる前から感じられます。特に、田中哲司さん演じる河村は、はなから怪しいですけど。

毎回見終わった後に、誰が怪しいかという考察を立て楽しむことが出来る「真犯人フラグ」にハマること間違いないと思います。

『真犯人フラグ』を見逃した方は、ぜひhuluの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも2週間無料で試すことができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です