ドラマ『ハコヅメ』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!戸田恵梨香・永野芽都の交番女子物語

2021年7月7日(水)からスタートのドラマ『ハコヅメ』のあらすじや感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『ハコヅメ』はどんなドラマ?
  • 戸田恵梨香と永野芽郁のW主演の警察官ストーリー
  • 主題歌はmiletが歌う書き下ろし楽曲「Ordinaly days」
  • 上司役でムロツヨシ、その他にも三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬など豪華出演陣が登場!

ドラマ『ハコヅメ』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『ハコヅメ』は、動画配信サービスhuluまたはTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方はTVerで見ることができます。TVerでは地上波放送後1週間の期間限定配信です。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、huluで見ることができます。

それぞれの視聴方法について解説します。

huluなら1話から最新話まで全話配信

huluでドラマ『ハコヅメ』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

注意
huluの2週間の無料お試しを利用することで、1話から最新話まですべて無料で見れます。

huluで配信中のおすすめ番組一覧

TVerでドラマ『ハコヅメ』の最新話を見る方法

ドラマ『ハコヅメ』は、放送後1週間以内であればTVerで無料で見ることができます。

TVerでは、視聴中に広告が表示されますが、公式サイトですので安心して視聴することが可能です。

>>TVerでドラマ『ハコヅメ』を見たい方はこちら

※配信状況は2021年7月記事更新時点ので情報です。最新情報は公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『ハコヅメ』作品情報


【放送日】毎週水曜日 夜22:00~ (日本テレビ系列)

安定しているという理由で警察官になった川合麻依(永野芽都)は交番勤務に配属されると、そのキツさから早々に辞表を交番所長の伊賀崎秀一(ムロツヨシ)出そうとしていました。

しかし、刑事課から配属されてきた藤聖子(戸田恵梨香)とペアを組むことになってしまい、辞表を出しそびれてしまいます。

一方、刑事課捜査一係では藤と同期の源誠二(三浦翔平)や源とコンビを組む山田武志(山田裕貴)、新人の牧高美和(西野七瀬)が連続窃盗犯を追っていましたが、その窃盗犯をパトロール中の藤と川合が捕まえたと交番から連絡が入りました。

実は、藤は刑事課のエースと呼ばれるほどの警察官だったのです。その後も二人は通報に追われ、慌ただしい一日を過ごします。

ドラマ『ハコヅメ』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 藤聖子/戸田恵梨香
  • 川合麻依/永野芽郁
  • 源誠二/三浦翔平
  • 山田武志/山田裕貴
  • 牧高美和/西野七瀬
  • 北条保/平山祐介
  • 吉野正義/千原せいじ
  • 鈴木敦/渕野右登
  • 伊賀崎秀一/ムロツヨシ


戸田恵梨香
小学5年生から芸能活動を開始し、中学卒業のころ現在の所属事務所に移籍し上京した後、本格的に女優活動を開始します。

2005年ドラマ「野ブタ。をプロデュース」、2008年ドラマ「流星の絆」など数々の話題作に出演しており、2019年NHK連続テレビ小説「スカーレット」では主演を務めた朝ドラ女優として知られています。

2020年に俳優の松坂桃李さんと電撃婚をしており、今回の「ハコヅメ」が結婚後初の主演作品となります。

永野芽都
小学3年生の時スカウトされて芸能界入りすると、2013年大河ドラマ八重の桜の山川常盤の少女時代の役など大作に出演します。

2015年映画「俺物語!!」でオーディションを勝ち抜きヒロイン役に抜擢され注目されます。2018年NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で2366人の中からヒロインに抜擢された朝ドラ女優でもあります。

2016年大河ドラマ「真田丸」、2019年ドラマ「3年A組‐今から皆さんは、人質です‐」など数々の話題作に出演している女優さんです。

製作・スタッフ

  • 脚本/根本ノンジ
  • 演出/南雲聖一、丸谷俊平、伊藤彰記
  • 主題歌/milet「Ordinary days」
  • チーフプロデューサー/加藤正俊
  • プロデューサー/藤森真実、田上リサ

ドラマ『ハコヅメ』の原作は?

ドラマの原作はシリーズ累計発行部数200万部突破の奏三子「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」講談社モーニングに連載中の作品です。

某警察に10年勤務した後、担当編集者の制止も聞かず漫画家一本で生きることを決めたそうです。2017年11月より「モーニング」で週刊連載をスタートしています。

原作者曰くドラマの企画を聞いたときは豪華な出演陣に不安を覚えたそうですが、1話目の脚本を見て原作のような雰囲気を保っていることに驚いたとコメントしています。

ドラマ『ハコヅメ』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/7/7 第1話 11.3%
2021/714 第2話 11.7%
2021/7/21 第3話 10.8%
2021/7/28 第4話 8.9%
2021/8/18 第5話 12.5%
2021/8/25 第6話 11.1%
2021/9/1 第7話 11.8%
2021/9/8 第8話 11.6%
2021/9/15 第9話 12.6%

ドラマ『ハコヅメ』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想(7/7放送)

「警察官にさえなれば一生安泰」そんな安易な考えから警察官になった新人・川合麻依(永野芽郁)は、通称“ハコヅメ”こと交番勤務に配属されて二週間。心身共にキツい警察の仕事に限界を感じ、早々に交番所長の伊賀崎秀一(ムロツヨシ)に辞職願を出すタイミングを狙っていた。

そんな矢先、川合は“問題”を起こして交番に飛ばされてきたという刑事課の元エース・藤聖子(戸田恵梨香)とペアを組むよう言い渡され、辞職願を出し損ねてしまう。飛ばされた理由が“パワハラ”と聞きビビる川合をよそに、藤はパトロール中に早速その能力を発揮!ある“気づき”から、不審な男(モロ師岡)を鮮やかに捕まえて……!?

一方、係長の北条保(平山祐介)率いる刑事課捜査一係では、連続窃盗犯の男・篠原を必死に追っていた。藤の同期・源誠二(三浦翔平)と、そのペアで後輩の山田武志(山田裕貴)、藤の後任で新撰組オタクの新任刑事・牧高美和(西野七瀬)と、個性あふれるメンバーが揃う刑事課捜査一係だが、そこに交番から連絡が。それは、藤が篠原を確保したという一報!実は藤が捕まえた男こそ、刑事課の追っていた窃盗犯だった!

その日、藤と川合はその後も相次ぐ通報に追われて休む暇なく駆け回る。さらに、「今から自殺する」という通報が!それは川合が配属されてからすでに15回は同じ内容で110番通報している常習者・坂本(森田甘路)で……。そして翌朝。ようやく当直勤務を終えた二人の元に警察署副署長・吉野正義(千原せいじ)から招集が入る……。

“交番”を舞台に、藤と川合、最強女性警察官ペアが誕生!!未だかつてない、“お巡りさん”の日常を描く交番エンターテインメントが幕を開ける!

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

とても楽しい交番ドラマで、笑う場面がたくさんありました。テンポも良く、キャストのチームワークも抜群だと思いました。麻依は新人警察官で、大変な交番勤務が嫌になり辞めようとしていました。そこに、優秀な元刑事の聖子が来て、警察官のあり方を知ります。聖子は犯人を見極めて捕まえるだけでなく、嘘かもしれない通報でも信じて行動する真面目な面もあります。どんな理由で交番に来たのかが気になります。

60代

想像以上に笑いっぱなしのドラマでした。藤と川合のやり取りが楽しくて、こんな警察官がいても良いなと感じました。川合は新人あるあるで、仕事を辞めようとしていましたが、公務員試験で唯一警察官に合格したのは運命だったのではないでしょうか。藤が一課のエースから交番勤務に異動した本当の理由には深い訳がありそうで気になります。

30代

ドラマ内で何度か出てきたキャラクター達の心の声がとても面白かったです。特に通常点検での川合のミスからの流れは、もはやコントのようで思わず大笑いしました。中でも、真面目な顔で警笛の音を『ポー』っと鳴らした藤と、それに対して「わざとだよね?っていうか、その音どうやって出すの?」という皆のツッコミが、個人的にはお腹が痛くなるほど笑ったシーンでした。2話以降も、とても楽しみになりました。

30代

戸田恵梨香演じる藤聖子はかっこ良く、永野芽郁演じる川合麻依は可愛いく…この2人の掛け合いが絶妙で楽しかったです。実際の現場はこんなにのんびりではないのだろうとは思いますが、警察のお仕事を垣間見ることができ、そこもまた見どころだと思いました。署長のお誕生日の場面がとっても面白く、ひとりで大笑いしてしまいました。2話以降もとても楽しみです。

30代

とても豪華な俳優陣にテンションが上がる第1話でした。永野芽郁さん演じる川合麻依が、警察官らしくないところがとても身近に感じられて良かったです。刑事課の元エースの藤が交番にやって来てすぐに、刑事課が追いかけていた窃盗犯を捕まえるところがさすがでした。中々口を開こうとしない窃盗犯を、麻依に取り調べをさせることでしゃべらせるところがまたさすがでした。

40代

新入り川合と元刑事課訳ありエース藤が織りなす交番勤務の凸凹コンビ、ふたりから漏れ出る心の声がリアルでクセになります。想像を絶する激務に辞表を準備する川合の気持ちもよくわかりますし、それでもがんばる姿に自分もがんばろうと思えました。何かしらの使命感を抱えて交番にやってきた藤との今後の展開が楽しみです。はちゃめちゃと冷静エリートとの温度差も心地いい。1日の終わりに、ゆるーく笑ってはらはらできるドラマでした。

30代

番宣を見て、面白そうだったので視聴しました。交番勤務の警察官の人達の仕事内容がこんなに多岐に渡るのかと初めて知ることも多く大変な仕事だなと感じました。ストーリーは途中笑えるところもあり、飽きずに見ることが出来ました。笑いありもありながら締めるところは締める。いい内容だったと思います。藤さんの過去が凄く気になるところですが、このまま面白い要素がたくさんあると見てて楽しいかなと思いました。

30代

警察学校を出たばかりなのにもう辞めようとしている川合は経験豊富でデキル警官の藤とペアを組むことになりました。麻依は任務に対しては精いっぱいやっているのを藤はちゃんと見ているようでした。しかし、いつも通報してくる自殺希望の坂本にいつものことだと取り合わずにいると、本当に自殺していたことにショックを受ける麻依でしたが、坂本の母の言葉に救われた麻依はもう少し頑張ろうと思ってくれてよかったです。なんだかんだ言って素直で一生懸命な麻依はいい警察官になれると思いました。

40代

漫画が原作の戸田恵梨香主演の警察ものドラマです。笑う場面が多々あり、飽きずに最後まで見ることができました。特に通常点検?(警察用語)の際は心の声が漏れており面白かったです。主人公が元刑事課のエースということもあり、どのように警察官を遂行していくかや、新人警察官としてどのように人に接していくかなどのこれからの話が楽しみになってくる1話でした。来週以降も必ずリアルタイムで見たいと思える作品でした。

20代

コメディとシリアスな展開のバランスが良くてテンポよく見れるドラマだなと思いました。通常点検のコントのような展開は本当に笑いました。出演者皆さんのお芝居が自然で心の中のツッコミがさすがだなと思いました。藤と源の同期のやり取りはお互い信頼しあっていて息がぴったりだなと思いました。ラストの藤が川合に少しずつ警察官になればいいというセリフがグッときました。

20代

警察ものなのでシリアスなのかと思いきや、コメディ要素もあって気楽に見られる面白いドラマでした。永野芽郁さんがとにかく可愛くて、パッとしないメイクとヘアスタイルなのに、それでも可愛く見えてしまうのが素晴らしいです。
戸田恵梨香さんがなぜ交番勤務になったのかや、永野芽郁さんの警察官としての成長が楽しみです。

30代

交番の勤務はハードだと感じました。パトロールの時に暴言を吐いてくる人もいるので、心が強くないとなかなかできないと思います。藤さんが連続窃盗犯を見つけたことや、麻依に取調べをさせて情報を集めていたこともすごいと思います。麻依は警察官を辞めたいと言いながらも続けていますし、彼女の警察官らしくない感じが違った方向から物事を見ることができるのでいいのではないかと感じました。藤さん、牧高さん、麻依の女子会は楽しそうでした。またこの3人でいるところを見たいです。藤さんが交番に配属された理由も気になりました。

30代

新米警察官とベテラン警察官との名コンビ誕生です。可愛らしい新米警察官が事件や事故を通してどんな成長を見せてくれるのか初回から面白かったです。刑事ドラマはたくさんありますが、女性コンビでここまで楽しめるのは初めてかと思うくらい、良いコンビネーションで、ベテラン警察官と周りを取り囲む仲間達の存在とで、警察官とIPう仕事と向き合っていくストーリーに励まされました。

30代

軽い気持ちで警察官になった新人の川合は激務と理不尽な扱いに辞職願を隙あらば出そうとして笑えました、元刑事課エースの藤は次々と事件を解決して凄いです。藤は空き巣犯に川合を使って犯行を喋らせるなんて賢いですね、刑事課の源は警察学校時代から犬猿の仲だけど掛け合いが面白いのでもっと聞いていたいです。川合は自分の不甲斐なさと自殺願望の坂本を軽んじて落ち込むけど感謝をされて立ち直って良かったです。藤には交番に来た理由があるみたいなのはミステリアスでワクワクします、交番勤務の様子をコミカルに見られるのは楽しかったし藤と川合のペアは次何をしてくれるのか楽しみです。

40代

もう辞めたいと思っていた新人女子警察官の川合が、キレキレの先輩警察官の藤さんに促されて、初めての取り調べをとまどいながらやるシーンが笑いました!まず藤さんの、犯人を「この方は空き巣の達人というか匠。レジェンド」と褒め称えて気持ちよくさせるテクニックがさすがです。そして取り調べ素人の川合の質問が「泥棒する時ってドキドキするんですか?」は可愛すぎました。そりゃ泥棒さんも快く答えちゃいますよね。

50代

次から次へと事件が起きるのでテンポよくお話が進みます。1話はだれることなくあっという間に終わってしまったという印象でした。主演の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんの掛け合いが面白くクスっとする場面が多かったです。あまり馴染痛快に描いていて「みのない警察官という仕事ですが、それをうまく警察官だって人間」という言葉が心に残りました。

20代

藤さん洞察力と記憶力は凄いです。空き巣の人をその気にさせるのもうまいです。うまいこと持ち上げて証言させていました。しかも、逮捕する時もカッコいいです。それにしても同期だとしても、マウンテンメスゴリラは酷いです。交番の警察の方は本当に忙しいですね。それでも文句言われるというのは、本当に警察の主な仕事はサンドバッグのようです。結構真剣なところもありながら、かなりバラエティ豊かですね。面白いです。この雰囲気なドラマは好きです。いつでも通報には真剣に対応しなければいないという藤さんの信念が、麻衣ちゃんに伝わるといいです。藤さんが上司でよかったです。辛いこともあるけど、努力が報われる事もあるんですね。

40代

めちゃくちゃ面白かったです。戸田恵梨香さんとムロツヨシさんは前のドラマで恋人役で凄く良くて、仲良い感じが自然で良いカップルだったから、実際付き合っちゃえば良いのにと思えるほどのバディで、永野芽郁ちゃんとムロツヨシさんは、仲の良い親子役がハマってたので、この3人が作り上げるドラマなら間違いない!と思ってました。ムロツヨシさん、いつも楽しく笑わせてくれる凄い役者さんです。今回もムロワールド全開ですね。でも、ただ面白いだけじゃなくて、これからが楽しみです。藤聖子役の戸田さんの一言にグッとくる場面もあり、あんな風に思ってくれる先輩がいる職場、良いなぁって思いました。次回からも楽しみです。

60代

ザ・漫画原作というような終始ポップなストーリー展開でした。コメディ要素が多く、家族で安心して見られるドラマだと思いました。藤聖子はキレキレの刑事ぶりで見ていてとても気持ちかったです。川合麻依はこんな上官がいて幸せ者だなと思いました。とても教育が上手だなと思いました。川合は藤の下で良い警官になっていけるなと思いました。

30代

普通のドラマかと思って見ていたが、笑いありのドラマでとても面白い!戸田恵梨香さんと永野芽郁さんのコンビがとてもいいなと思い、ムロツヨシさんも出ておられるので余計に面白いドラマになっているなと思いました。1話見ただけでも面白かったのでどんなドラマになって行くのかとても期待のできるので最後まで欠かさず見ようと思いました。

20代

新人警察官の永野芽衣さんがとにかくフレッシュでかわいかったです。戸田恵梨香さんもとても美しいし、ムロツヨシさんとそれぞれが共演されているということもあり自然体でした。見る前はあまり期待していませんでしたが、見始めると笑いありシリアスなシーンありとテンポもよくて最後までとても楽しめました。来週以降も楽しみです。

20代


第2話あらすじ・感想(7/14放送)

なんとか警察官を続けることになったものの、慣れない当直勤務でパトロール中に助手席で睡魔に襲われる川合(永野芽郁)。藤(戸田恵梨香)は眠気覚ましにと夜の学校で川合を降ろすと、徒歩での見回りを指示する。恐怖におののきながらパトロールする川合だが、そこは源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)が絶賛張り込み中の学校荒らしの事件現場で……!?

翌朝、当直明け間近の藤と川合は喫煙していた中学生・優太(南出凌嘉)を補導。交番を訪れた優太の母・咲子(遊井亮子)は、態度の悪い優太を叱りもせずに引き取っていく。川合は、咲子の無関心な態度が優太を生意気にしているのではと思うが……。

一方で川合は、彼氏にもらった大切なイヤリングを落としてしまったという女性・理沙(山口まゆ)にも応対。しかし、彼女の落とし物には予期せぬ展開が待っていた……。

そんな中、藤と川合は刑事課の応援として薬物事件の捜査に駆り出される。川合は源と、藤は山田とそれぞれカップルを装い、薬物使用の疑いがあるホストを尾行するが、デートも尾行も経験のない川合は大パニック。さらに対象を追ってラブホテルに潜入することになり……。

伊賀崎(ムロツヨシ)、北条(平山祐介)が見守る中、被疑者確保の作戦が決行される!

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

第2話はストーリーのテンポが良くて事件が多かったですが、ラブホへの潜入が1番面白かったです!藤先輩×山田のコンビは山田が藤先輩にまんまと手玉に取られちゃうし、源先輩×川合コンビは川合のポンコツさが可愛いのと面白くて最高でした。その他の事件も泣けたり、悔しかったりと心揺さぶられるシーンが多くて見応えありました。

30代

藤さんのようになろうとしても無理な話で、麻衣ちゃんには麻衣ちゃんの良さがありますよね。真っ直ぐで純粋で、みんなの為に頑張っているだけでもなかなかできません。藤さんがタバコを吸っていた学生のお母さんに、言ってあげた言葉には涙が止まりませんでした。今まで介護していて辛かった時が決して無駄じゃなかったんだと感じてくれたことでしょう。息子さんもお母さんの大変さに気づいてくれてよかったです。このドラマは笑う所が多いだけでなく毎回涙させてくれる所がとても好きです。藤さんも完璧なようで完璧ではなく、口が悪くて有給の為に頑張ったり、麻衣ちゃんはもちろんみんなが人間味溢れていていいですね。

40代

交番所長の伊勢崎もペアを組む藤もなんだかんだ言って新人の川合のことを気に入っているんだなとつくづく思いました。伊勢崎が言っていた「あの子」というのは藤がロッカーにしまっている段ボールの件と関係があるのかどうかが気になりました。ラストで家宅捜査に入った女性の部屋で川合が、窃盗犯の男が出て行った後も何も知らなかった彼女はここに住むのだから何か証拠を残してはいけないと最後まで証拠品を捜していた後ろ姿に感動しました。

40代

なんといっても永野芽郁の魅力たっぷりのドラマです。独特なオカッパヘアーに線の細いたよりない制服姿、ゆる〜い喋り方、今まで男性とのおつきあいがなく、持っている服がTシャツ(?)、ぴったりハマり役です。また、バイプレーヤームロツヨシが出ているのが面白い。前作では永野芽郁と親子役、戸田恵梨香とは恋人役と、この絡みは嬉しいですね。不思議な戸田恵梨香の役所もすごく気になります。今回は刑事課の山田裕貴、三浦翔平とのかかわりも垣間みえてきて今後の展開が楽しみなドラマです。

50代

とにかく永野芽郁ちゃんの可愛さに癒されました。川合が愛されるおばかキャラなのも相乗効果で、永野芽郁の魅力を引き立てているように感じました。また、個人的に好きな山田裕貴の出番も多く嬉しかったです。警察の雑務の多さ、親しくなった相手の家宅捜索をしなければいけない辛さなどリアルでシビアなところも覗き見しているようで新鮮でした。

20代


第3話あらすじ・感想(7/21放送)

ペアとして息の合ってきた藤(戸田恵梨香)と川合(永野芽郁)。川合は、藤の期待に応えたいと思い始めていた。

そんな中、近所のスーパーで、女が「源刑事(三浦翔平)が来てくれないと万引きする」と言っているという通報が入る。駆けつけた藤と川合にふてぶてしく接する万引き犯の高齢女性・山崎だが、源が到着した途端、態度を急変させて……。川合の知らなかった源の“特殊能力”が明らかに!

翌日。川合は有給をとった藤の留守を守ることに。 “同期との女子会”に行くと話していた藤だが、実は一人、何かの捜査をしている様子で……。

一方、交番での公務に精を出す川合は刑事課から呼び出しを受け、町山警察署へ。源と山田(山田裕貴)から、女子高生が『知らない男にへんなことをされた』と話していると聞く。署内の女性警察官が出払っているため、初めて一人で被害者に聴取することになる川合。被害者の女子高生・彩菜(畑芽育)は、意外にも落ち着いた様子で痴漢被害について質問に答えるが……。

そして、翌出勤日。町山交番に一人の女性・珠代(茅島成美)が駆け込んでくる。珠代は伊賀崎(ムロツヨシ)の顔を見るやいなや、刑事を名乗る不審な人物から電話が来たと話し出す。さらに、彩菜の事件に予期せぬ展開が…。川合の“ある意外な能力”が試される!

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

川合の意外な才能が開花しましたね。川合は自分なりに頑張って聴取をしたつもりだったとは思いますが、被害者の感情に沿うことがまだ出来なかったのかもしれませんね。川合の周りには川合を育てようとしてくれる先輩ばかりで、町山署は良い職場のように感じました。藤は女子会と嘘をついて何を調べていたのかが気になりました。

30代

麻依が書いたハコ長の絵は特徴を捉えていてすぐに誰かわかりました。また似顔絵捜査も犯人の特徴をよく捉えていてイメージしやすかったです。聞き出し方も良かったので彼女の特殊能力なのではないかと思いました。山田さんが麻依に自分が経験した事を話したシーンを見ていい先輩だと感じました。今回の捜査は被害者に寄り添る必要があったので難しいと思います。話しづらいことを話してもらわなければならないので覚悟が必要だと感じました。話している時にその人の様子を見て話しやすい雰囲気を作るのは難しいと思いました。

30代

交番には様々な事件が舞い込んで来て警察官を指名するオバちゃんには呆れるけど源は家族を説得してお涙頂戴劇にしてしまったのは凄いです。川合も訓練の成果が出て振込め詐欺の犯人を捕まえられて良かったけど痴漢被害の女子高生に優しく出来なかったのは緊張と一人では無理と決めつけていたからでしょうね、藤や山田からアドバイスを貰えるなんて幸せです。ゲストに浜口京子さんが登場したのは気分上がりました、普段と変わらない独特の喋り方なのがリアルで良かったです。藤は有給を使って何かを調べているのが気になるのでもう少し情報が欲しいですね。

40代

話が進むにつれ、今回のテーマである『性犯罪』にスポットがあたり深刻な雰囲気でドキドキしました。実際にもきっと、犯罪に遭い、警察に行かなかったり…警察に行っても、思い出したくない話を事細かにしなきゃいけなかったり…ドラマの中だけの話ではないんだろうな。と思いながら見ていました。早く犯人が捕まると良いな、と思いながら、次週も楽しみにしています!

30代

吉野副署長(千原せいじ)の登場シーンでどうしても吹き出し笑いになります。コメディと真面目な内容が織り交ぜられていますが、シリアスにはならないので就寝前の楽しい時間です。それでも今話は痴漢被害に遭った女性が引きこもってしまい、聴取を担当した川合が問題点を周りから指摘される展開になりました。当初は警察官を辞めたいと考えていた川合が自身の仕事を反省する様子から、彼女の成長が今後期待できると感じました。川合、藤、牧高の三人だけのシーンでは、戸田恵梨香さんの顔が面長に見えることに気がつきました。これは永野芽郁さんと西野七瀬さんの顔のサイズが小さいからでしょうね。

50代

川合さんが性被害者の聴取を行うことになりましたが、彼女なりに一生懸命やりながらも結果的に少女の心を閉ざしてしまい、センシティブな事件は本当に難しいなと思いました。山田さんが落ち込んでいる河合に対して丁寧にフォローするところは本当に素敵な先輩でうらやましくなりました。ハコ長も彼なりに考えてくれてることが伝わってきましたね。

30代

女性警察官は女性の性的被害の話を聞かないといけないから、とても慎重にしなくてはいけないので大変ですね。いくら藤さんがいなかったとしても、川合ちゃんだけじゃなく、もう一人他の女性をつけなければいけなかったです。それだけ性被害の聴取は難しいので、新人の聴取もやったことない人がやるべきではないと思います。山田さんは川合ちゃんに説教をしていましたが、性被害の事もあるからこそ女刑事は一人でも、そこに居たほうがいいし、何処からかもう一人、女性の応援を頼めばいいのです。川合ちゃんは振り込め詐欺の受け子を捕まえたり、似顔絵の聞き取り方もうまかったので次回挽回して欲しいです。毎回刑事課女性増やせばと思います。

40代

川合ちゃんが初めて1人で、性被害にあった女子高生の状況を聞き出すけど、やったことなくて女子高生の事を事務的に対応しちゃって、女子高生はきちんと聞いて貰えないと思って結局儀ずつけちゃうけど、山田にも色々温かく指導を受けて、箱長のムロツヨシが落ち込む河合にいつもの甘いものを食べて励ましたり、本当にこんな会社?警察だったらある意味世の中素敵だなって感動しました。それに、川合の書く箱長の絵を見て、犯人のモンタージュを、書かせると聞き取りの上手さから犯人を割り出せそうになって、藤が川合にモンタージュのセンスがある事も褒めてあげて、川合を母目線のように温かく見ていてあげて、そこも全て最高に楽しい作品です!

40代

川合は男に襲われたと警察署に来た女子高校生の彩菜の調書をとりました。できるだけ正確にとろうと、状況を詳しく聞いたことは間違っていないと思います。でも、話しづらい様子を察することができませんでした。落ち込む川合に山田が自分も経験したと調書をとる難しさを教えたのがとても良かったです。警察官も多くの経験をしながら、成長するのだと思いました。川合は人に寄り添い、心を開かせる力もあるので、きっと前に進めると思います。

60代

藤とペアを組むようになって少しずつ成長していると感じていた麻依が、性犯罪の事情聴取で被害者の気持ちを思いやることが出来なかった自分を責めるシーンでは、自分のことのように胸が苦しくなりました。落ち込む麻依に先輩として厳しくも優しく話してくれる山田が素敵でした。藤もまた麻依は似顔絵の才能を信じて、引き出してくれるところがよかったです。

40代


第4話あらすじ・感想(7/28放送)

川合(永野芽郁)の描いた似顔絵が手がかりとなり、女子中高生を狙った連続傷害事件の被疑者として安田(北澤ひとし)が浮上。 “特捜”こと特別捜査本部に呼ばれた藤(戸田恵梨香)と川合は、強面刑事の揃う会議に参加するが……。被害者・彩菜(畑芽育)の力になりたいという川合の思いもむなしく、交番勤務の二人は会議後、通常公務に戻されてしまう。

そんな中、藤は、道案内を間違えた川合に、管内の地理を頭に入れるように指示。川合は炎天下の中、管内を歩き回る羽目に。

一方、刑事課の源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)は、安田のアパートを張り込み。牧高(西野七瀬)と鈴木(渕野右登)は防犯カメラの映像集めに奔走する。

一週間後―。捜査の進展が気になる川合は、藤と共に刑事課を訪れる。しかし、そこには先の見えない捜査でボロ雑巾のように成り果てた源たちの姿が……。さらに、肝心の彩菜は事件以来部屋に引きこもったまま、安田が犯人かどうかの証言も取れずにいるという。

北条(平山祐介)の指示を受けた藤と川合は、改めて彩菜の家を訪れるが……。

刑事課の応援として再び捜査に加わることになった藤と川合。しかし、安田が犯人である証拠は掴めず、地道で過酷な捜査はゴールが見えないまま、夜が明けて行く……。

そんな中、特捜では、行き詰まりを打破するため、捜査の方向転換が行われようとしていた……!

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

川合の大活躍で犯人逮捕につながりました。今日のハコヅメも笑えるシーンがたくさんあり、ハコヅメが本当に好きです。ヘリウムガスのような声も最高でした。ただ、楽しいばかりではなく、藤には過去に何かあったようで、川合とタイプの似た女性警察官が写真に写っていました。藤と川合のペアが好きなので、2人の関係に亀裂が入るのだけは避けて欲しいです。

30代

普段は、どこか頼りない川合ですが、被害者の女の子のために絶対に犯人を捕まえるという熱意を強く感じ、それと同時に、被害者にきちんと寄り添うということを身に付けたなと感じられました。初回でも同じように犯人を追うシーンがありましたが、その時はネガティブだらけだった心の声も、今回は強い言葉が多かったので、川合の成長を大きく感じました。

30代

町山署に行ったときの藤さんと麻依の声が変わっていて面白かったです。牧高さんと3人で仮眠室で寝ていた時はみんな細くてうらやましく思いました。伊賀崎さんが副署長に大福を持って捜査に協力することの許可を取りに行ってくれたのでいい人だと思いました。捜査が行き詰まっていましたし、聞き取り調査がなかなかできなかったけど、麻依の言葉が彩菜ちゃんの心を動かしたのかもしれません。彼女の勇気が捜査を前進させて犯人逮捕への近道になったので、話を聞くことができて良かったです。麻依がマッサージをしているシーンはほのぼのしました。麻依が気持ちよさそうにして寝ていたのは可愛かったです。姉妹のようでした。

30代

犯人の目処がついてるのにも関わらずなかなか捜査が進まず事件解決は大変なんだなと思いました。しかも藤さんと川合さんも応援させられてかわいそうです。あまりに過酷な環境でおっさんのにおいがきつくてヘリウムガスみたいな声を出してたふたりがめちゃくちゃ面白かったです。仮眠室での女子3人で寝てるのもかわいかったです。おっさんだらけの男仮眠室はかなり過酷でしたね…。川合が頑張りに感動しました。無事に捕まえられて良かったです。

30代

中々被害者の気持ちを聞くことは難しいですね。被害者の為にも刑事課の応援に行ったのはいいですが、張り込みや防犯カメラのチェックは大変ですね。仮眠のも含めて刑事課の大変さも今回わかりました。本部の怖いくらいの勢いは6人も被害が出ていたからなんですね。みんな犯人を捕まえたい一心なのですよね。性被害者はその日から一生が変わってしまいくらいの酷いことですから。ハコ長のおかげで、もう一度被害者と話ができるチャンスが貰えて、被害者の供述が聞けて、犯人も似顔絵の人で逮捕にも貢献できてよかったです。被害者の所に毎日通っていたのは麻衣ちゃんらしいです。本部長にも褒められて似顔絵も認められてよかったです。

40代

今回も川合の心の内が聞けて、どんどん警察官としての自覚や前向きな言葉も聞けて、成長を応援してしまいました。周りの刑事たちも藤さんや川合に協力してくれているところを見ると、心が温まります。何回か出てくる軽いジョークも気に入っています。ペアの2人が更に信頼感を増していく様子も微笑ましいですが、藤さんの秘密が何かはまだ明かされないので、気になります。

30代

性犯罪の難しさを知った麻依が、何とか犯人を逮捕しようとする姿に胸が熱くなりました。被害者に心からごめんなさいと謝る麻依に、もう来ないで欲しいと言う被害者の言葉に、心の傷の深さを思い知らされました。それでも諦めずに捜査の応援を必死にやる麻依の姿が、いつもとは違ってやる気に溢れていてとてもよかったです。

40代

傷害事件の続編で、特捜の班長の方見た事あると思うのですが、あんなに柔らかそうなのに、キレるとめちゃくちゃ怖くって鳥肌がたちました。それにしても藤さんのしごきは厳しいけど、お母さんみたいに癒してくれる先輩に、箱長の伊賀崎さんもお父さんみたいにふんわり後押ししてくれて、自然に川合ちゃんが成長するようにしててホッコリ感動します!!藤さんが川合ちゃんに操作資料を読ませる様に仕向けて、ちゃんと被害者の痛みを感じて、再度彩奈ちゃんの痛みを分かってあげて進展して、川合ちゃんがまた1つ成長出来て笑って感動してなけます!さて、来週は藤さんの事どうなるのか気になり過ぎます!

40代


第5話あらすじ・感想(8/18放送)

川合(永野芽郁)の描いた似顔絵が手がかりとなり、女子中高生を狙った連続傷害事件の被疑者として安田(北澤ひとし)が浮上。 “特捜”こと特別捜査本部に呼ばれた藤(戸田恵梨香)と川合は、強面刑事の揃う会議に参加するが……。被害者・彩菜(畑芽育)の力になりたいという川合の思いもむなしく、交番勤務の二人は会議後、通常公務に戻されてしまう。

そんな中、藤は、道案内を間違えた川合に、管内の地理を頭に入れるように指示。川合は炎天下の中、管内を歩き回る羽目に。

一方、刑事課の源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)は、安田のアパートを張り込み。牧高(西野七瀬)と鈴木(渕野右登)は防犯カメラの映像集めに奔走する。

一週間後―。捜査の進展が気になる川合は、藤と共に刑事課を訪れる。しかし、そこには先の見えない捜査でボロ雑巾のように成り果てた源たちの姿が……。さらに、肝心の彩菜は事件以来部屋に引きこもったまま、安田が犯人かどうかの証言も取れずにいるという。

北条(平山祐介)の指示を受けた藤と川合は、改めて彩菜の家を訪れるが……。

刑事課の応援として再び捜査に加わることになった藤と川合。しかし、安田が犯人である証拠は掴めず、地道で過酷な捜査はゴールが見えないまま、夜が明けて行く……。

そんな中、特捜では、行き詰まりを打破するため、捜査の方向転換が行われようとしていた……!

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

久々に再開でやっぱり楽しかったです。川合役の永野芽郁ちゃんにハマってしまい、かわいくて仕方ないです。あんな部下がいたらいいなと思います。藤さんは細かいところに気が付き事件の解決などにつながっていますが、その背中を見ている川合も着々と成長していて素晴らしい関係です。なんだかんだ言って、源と山田も協力的で4人揃うと楽しそうで、安心してみていられますし、和みます。

40代

少女マンガみたいな恋愛に憧れる麻依がピュアで可愛かったです。そんな麻依がまさか消防士にお姫様抱っこされるなんて、まさに少女マンガ的展開でしたね。いつもはやる気ないハコ長の伊賀崎が、麻依が恋する消防士のたけだの間を邪魔するところが面白かったです。人工呼吸を戸惑う麻依を見た、源や山田の心の声に笑ってしまいました。

40代

川合の初恋が上手くいけば良いと願う一方で、武田の雰囲気などを見ているとすでに相手がいるか、本気ではないかという気がしました。川合は今は辛いかもしれませんが、必ず素敵な人に出会えるはずです。三宅夫婦に初めて会ったときから藤は何かあると勘づいていたようでさすがですね。川合も少しずつ見抜けるようになってきた気がします。

30代

川合の恋の予感にドキドキしました。まさかのお姫様抱っこに見ているこちらもキュンとしましたね!訓練の時に川合が初めての人工呼吸をするときにみんなが恥ずかしがってる心の声が思わず笑えました。相変わらずコメディとシリアスのバランスが絶妙です!せっかくのデートなのにそれを抜け出してまで市民を気にかけた川合はすごいなと思いました。武田君チャラ男でがっかりです。

30代

合コンで鉢合わせして、お互いをディスっていたので面白かったです。麻依がお姫様抱っこされていた所は羨ましかったです。武田さんは優しくて紳士でした。救命救助の講習では、さりげなく麻依をアシストしてキュンとしました。麻依がいつもと違う服装で可愛かったです。デートができなくて残念でした。また、藤さんの同期の女性たちが来て、圧倒されていた麻依と牧高ちゃんが可愛かったです。2人とも個性的でした。他には、夫婦を見て仲が良さそうで、微笑ましかったです。奥さんが旦那さんを大切にしていて、笑顔でいましたが、辛そうにしている所もあったので、誰かに頼って欲しい思いました。

30代

川合さんのが恋する時は可愛いですね。でもお姫様抱っこされたら恋もしてしまいます。合コンもする時間もなく、忙しくて働いているんですから恋していたほうがやる気も出ますね。救急訓練のときはみんなで応援していた所がいいですね。箱長だけは知らされてませんでしたが。随分経ったあとでデートの誘いがあったときは、なんでかと思ってました。そのデートのときに、三宅夫婦の異変に気づいて駆けつけた所はさすが川合さんです。その前に藤さんが助けていましたけど、結果的に好きになった人は、女好きで騙されなくて良かったです。みんなで支え合っていく所、ボケてしまった旦那さんをもつ奥さんの辛さも人生の勉強になりました。

40代

認知症の夫を献身的に介護する妻の精神状態に寄り添える藤はさすがですが、そこにあとから気づいて人生初デートを投げうって駆け付けた川合も立派な警察官になったんだなと感心しました。最後に藤さんの部屋にあった写真の彼女が、きっと藤さんが交番勤務になった理由の人なんでしょうね。なんかとても深い闇が待ってるかもしれないですね。

40代

永野芽郁さんのコロナ感染によって2週に渡って特別編が放送されていたので、やっと本編が見れてとても嬉しく、大変楽しめました!川合の恋を全力で応援する藤さん含め同僚の方々が微笑ましく、なんていい関係性の楽しい職場なんだ…と感じました。藤さんの同期の登場には、思わず「かっこいい!素敵!」と声が漏れました!同期との会話から、謎の人物のことや藤さんとその人との間に何があったのかも少しわかり…今後の展開がますます気になる回でした。

20代

恋をする川合が、あまりにも可愛すぎて、同性ながらキュンとしてしまいました。でも、そんな恋をしていながらも、事件が発生したらそちらを優先しなければならないという状況に、警察官の恋愛事情の大変さを感じました。仕事は過酷だし、恋愛も思うように出来ないし、警察官の方々は、日々頑張っているのだなと改めて感じられた回でした。

30代

川合が素敵な消防士の武田に恋をしました。初恋なので、どうしたら良いか分からず悩んでいると、藤が協力してくれました。本当に面倒見が良いです。でも、同期で辞めた人が、川合が似ているようで、放っておけないのかもしれません。武田とデートに失敗しましたが、実はプレーボーイでした。川合には、もっと誠実な人が現れると思います。

60代

恋愛を夢見る川合にチャンス到来でしたが、ファッションセンスのない女性という設定であることがよく分かりました。永野芽郁さんも服装次第では、ダサく見せることができるということでしょう。イケメン消防士とのデートを認知症の男性のことを心配してキャンセルしてしまうシーンでは、仕事に対する責任感の強さが表れており、藤の影響が大きいと感じました。さて、藤の同期の女性警官たちが揃うシーンがあり、そこにいない同期の女性のことがようやく教えてもらえるのかと期待しましたが、進展はありませんでした。放送回数の残りを考えるとそろそろと思っているので、早く知りたくてたまりません。

50代


第6話あらすじ・感想(8/25放送)

猛暑の中、休む間も無く働く藤(戸田恵梨香)と川合(永野芽郁)。刑事課の源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)も不眠不休で飛び回り、署内の疲労はピークに。そこにタイミング悪く副署長・吉野(千原せいじ)の命令で全員参加のメンタルヘルス研修の招集がかかる。ストレスを解消するためのメンタルケアは、なぜかストレスフルに幕を開ける!

翌日。高齢ドライバーの免許更新手続きを対応した川合は、報われない交通課の仕事を悪く言っているところを、交通課一怖いと噂の宮原(駿河太郎)に聞かれてしまう。

川合は藤を急かし、逃げるように通報の対応へ。通報内容は、神社にチェーンソーを持った男が出没したというもの。源、山田も合流し、チェーンソー男の制圧ミッションが始まる……!

忙しく公務に奔走するうち、すっかり交番の仕事に慣れた川合は、似顔絵捜査でも活躍。尊敬する藤とも息が合い、ペアらしくなってきたことに喜びと自信を感じ始めていた。そんな矢先、藤と川合は交通事故の通報を受け現場へ。事故が大事に至らなかったとほっとする川合だが、藤は路上に転がったタオルケットに気づくと顔色を変える……!

ひよっこ警察官・川合にかつてない試練がのしかかろうとしていた……。

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

藤と川合は阿吽の呼吸で行動できるほど、お互いを理解した最強のペアになりつつあるように感じていました。川合も警察官として徐々に乗ってきた頃で、頼もしく思えました。藤は強気なように見えますが、藤が不安定なときには彼女を誰もが支えてくれ、それが藤をここまで成長させたと分かるシーンがたくさんありました。藤の過去も徐々に分かってきましたね。

30代

赤ちゃんの事故のシーンは子供を持つ親として他人事とは思えず、息が止まりそうになるほどのショッキングなものでした。具体的に表していなかったものの、川合の表情や落ち込み具合から、とても悲惨な姿だったのだろうと予想でき、我が子には安全に過ごしてもらいたいと改めて感じさせられました。後半の川合の紙芝居の後の子供達への言葉には涙が出ました。

30代

着々と成長している麻依の姿を見て、とても嬉しくなりました。生き生きと仕事をしていた麻依が、交通事故の現場で痛ましい状況を見てしまったことで、別人のようになってしまって心配でたまりません。やっぱり藤とのペアはハコ長ではしっくりこないとあらためて思いました。藤の隣は絶対に麻依だと思いました。そして源の優しさに気づいていた藤はさすがでした。

40代

メンタルヘルスの講演を受けている時の皆さんが面白かったです。長所がひとつも思い浮かばないなんてありえないと思いますけどね!川合ちゃんが交通事故の現場に立ち会ってしまい、赤ちゃんの遺体を見つけてしまった時はとてもショックでした。落ち込んでる川合に対して藤さんが何もしないのが意外でした。ラストでの川合の人身事故もなかなか衝撃的でした。

30代

実は今回初めて観たんですが、「1話から観たらよかった!」って思いました。会話やストーリーのテンポ、ギャグ要素の量がちょうど良くて、1時間があっという間に感じました。今回は川合が初めて死亡事故に立ち会ったことでメンタルを崩してしまう話でしたが、川合がショックを受けて公務が手につかなくなる様子や、ハコ長である伊賀崎や藤がそれを否定することなく見守る姿がリアリティーがありました。特に印象に残っているのは、宮原部長が川合に向かって、死亡事故に立ち会ってショックを受けるのは当たり前だし、そんなのに慣れてしまってる自分たちがおかしい、などと励ましたシーンです。

30代

今回、事故現場を見てメンタルを病んでしまった川合のことを、藤が本気で心配しているんだなというのがすごく伝わってきて、藤にとって川合は本当に大切な存在なんだなと感じました。藤と川合の関係性がとても素敵で、川合が藤によくしつけされたわんちゃんみたいに従っている感じがとても可愛くてほっこりします。最後に事故に遭いそうな子どもを自分の身を呈して助けた川合を見て、成長したなぁと感動してしまいました。藤の過去を知ってしまうことで2人の関係性がどうなってしまうのか、藤の過去に何があったのか、来週がドキドキで仕方ありません。

30代

交通事故の現場で亡くなった赤ちゃんを見た川合が精神的に参ってしまうという設定は、交通事故の恐ろしさを伝える意義があったと思います。川合は数日間休暇を得たようですが、このような場合に実際の警察ではどうなっているのか知りたくなりました。藤の同期の桜の現在の様子を見せるシーンがあり、体の不自由が分かりました。藤が関係しているとされていることから職務中の怪我が原因と思われ、双方の心境が気になります。次話で真実を明かしてくれるのでしょうか。子どもを守ろうと止まらない車の前に出た川合や運転手に対する藤と伊賀崎の態度は毅然としており、心が強く動かされました。

50代

毎週笑えるシーンとシリアスなシーンがはっきりと分かれていて1話あっという間に見終わってしまいます。河合と藤のコンビもとても良くてこんな警察官どこにいるんだろうと思いました。初めての死亡事故で赤ちゃんの遺体が頭からこびりついて離れないというのはとても心が痛みました。自分自身いま妊娠していることもあり、余計に感情移入できました。

20代

川合は仕事が順調で藤との息もぴったりです。でも、交通事故の現場の悲惨な状況を見てショックを受けてしまいました。辛い気持ちがよくわかり、かわいそうになりました。藤はどう声をかけたら良いか悩んでいました。以前、後輩を追い詰めたことがあるようです。でも、みんなの協力もあって川合は立ち直りました。自分のできることをすると決心した川合がたくましく見えました。

60代

麻依は事故現場で見たことにショックを受けたと思います。引きこもってしまった時は心配でしたが、父親の手紙で少し元気が出たようで良かったです。交通課の部長の言葉も響いたのではないでしょうか。似顔絵捜査官の絵も好評で褒められて喜んでいる姿が可愛かったです。焼肉食べている時は楽しそうでした。子どもに見せた紙芝居の絵もそっくりで面白かったです。ルールを守るのは大切だと感じました。麻依が車にぶつかったときにひやっとしましたが、何も問題がなくて良かったです。また、藤さんとさくらさんの過去について気になりました。

30代

またひとつ、川合の成長が見れる話でした。まさかタオルケットの中に投げ捨てられた赤ちゃんがいたなんて、と深く落ち込む川合に、今回は藤も声をかけれずにいましたが、ふとした事で川合がまた浮上できたみたいで安心しました。源と山田ペアが毎回面白担当でしたが、今回は川合を心配して泣く藤にあえて背を向けていた源に男気を感じました。

40代

メンタルヘルスの講習で山田の長所を川合が社会的に大丈夫な人とか藤と源は睨み合っているとか笑えました。自信とやる気が漲っている川合が交通事故で赤ちゃんの遺体を見てしまったのは可愛そうで藤も声を掛けられ無いなんて辛かったです。交通課の宮原が川合を励ました時は泣けたし、藤もしおらしくなって可愛かったです。子供向けの講習会で藤がポスターと同じ格好をしたのは笑えたけど川合が子供を庇って車にぶつかってハラハラしたしハコ長が珍しく怒鳴っていて驚きました。怪我は大した事無くて良かったけど藤が川合を大切な人だと泣いていたのは貰い泣きしました。

40代


第7話あらすじ・感想(9/1放送)

伊賀崎(ムロツヨシ)が藤(戸田恵梨香)の同期・桜(徳永えり)とペアを組んでいたことを知った川合(永野芽郁)。桜について尋ねるが、伊賀崎は曖昧に言葉を濁す。その頃、施設を訪れた藤は、リハビリをする桜に声をかけられずにいた……。

そんな中、署員たちに緊急招集がかかる!刑事課に駆けつけた一同の前に現れたのは、なぜか泣いている山田(山田裕貴)と虚ろな表情の源(三浦翔平)。なんと山田が警察手帳を紛失したという!警察官にとって手帳の紛失は致命的。悪用される可能性もある一大事に、吉野(千原せいじ)は警察の威信をかけた徹底捜索を命じる!

その夜。藤は、牧高(西野七瀬)から相談を持ちかけられ、川合の部屋に集まる。ペアの鈴木(渕野右登)との関係に悩む牧高の話を聞いた川合は、自分と藤の間には隠し事がないと胸を張る。楽しそうな川合の表情に、藤は複雑な思いを抱える……。

翌日。その日は、伊賀崎の妻の出産予定日。伊賀崎が出産に立ち会えるよう協力する藤と川合だが、交番に「男の人に抱きつかれた」という男子大学生が駆け込んでくる。帰りたいのに帰れない!伊賀崎の長い1日が始まる。

そして、川合は桜が休職するに至った、ある事件にたどり着く。そこには、藤が交番にやってきた“本当の理由”が隠されているのだが……!?

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

咲良をめぐる事件について徐々に明らかになってきました。ただ、最後に山田が、藤は川合をおとりにしているのではないかという衝撃の発言をしていて、藤が本当にそのようなことを考えているのかとモヤモヤしてしまいました。せっかく川合と藤が良いペアになってきた矢先に、2人にまた亀裂が入りそうで、次回が怖くなります。

30代

ハードボイルドな雰囲気のみなさんが面白ろすぎてました。案外あっけなくみつかりましたね。ハコチョウの奥さんですが出産予定日に生まれることはほとんどないと思いますが、よくちゃんと産まれましたね。奥さんは誰が演じるのかなと思ったのですが、よく知らない方だったので、残念でした。藤さんの過去が判明しましたが、桜さんの気持ちも切なかったですね。

30代

男性に抱きつく異常な男性が現れる事件が発生しました。伊賀崎が見事に犯人を見つけたのには驚きました。いつも人任せにしていると思っていましたが、犯人説得の技術を持っていました。藤が交番に来た理由がわかりました。ペアを組んでいた同期の桜が勤務中に車にひかれ、大怪我をしたのです。ひいた軽トラックは見つからず、藤は犯人を見つけようとしているのです。川合は手伝おうとしますが、断られて寂しそうでした。藤が川合をおとりに使うことはないと信じたいです。

60代

いつも警察官の仕事とは、と言うイメージで紡がれるハコヅメですが、いよいよ今までに散らばっていたストーリーをトランプの神経衰弱みたいにめくっていくような形で出てくるようになります。とはいえ話の本筋は相変わらず警察官の大変さとかを面白おかしくしているので毎回何回かは大笑い出来るのは仕事で疲れた体の栄養剤のようです。いつも思いますが出演している皆様がそれぞれの人物そのままに見えるのが素敵ですし、強面の人すらかわいい反応したりするので最高だなぁと思います。

40代

緊急招集が掛かって緊張したけど、山田が警察手帳を無くしたとは拍子抜けしました。号泣していてドン引きだけど、藤が拾ったオバチャンに演技で心を掴んだのは尊敬します。公然わいせつ事件をハードボイルドな顔をしてパンティーを語るのは笑えます。ハコ長の奥さんの出産予定日なのに全然帰れないのは可愛そうでした。桜のひき逃げ事件を聞いた川合が冷静だったのは意外だったけど、藤が動揺してたけど早く川合に説明してあげて欲しいです。源が川合に似顔絵を描かせたけど手応えが無いのは残念、桜と似ている川合が狙われたのは犯人は守護天使で囮に使われたと疑うなんて悲しいです。

40代

今回は少し重い話もあったのですが、ハコヅメならではのコメディから始まるところがとても良かったです。警察手帳を無くしたと泣く山田の姿が面白く、ずっと笑って見てました。キャストの方々がする緊張感のない演技がハコヅメの魅力だと思います。また、今まであまり踏み込んでいなかった藤の過去の話について色々な事実が明らかになり、来週どうなるのかとても楽しみです。

10代

藤の同期の桜がひき逃げ事故に遭い、長期の休職状態であることが分かりました。リハビリ施設で歩行訓練を行う様子から、自力で歩くことは困難で、身体の障害になることが推測できました。犯人を見つけることに執念を燃やす続ける藤の行動が理解できて、犯人を許せない気持ちになりました。リハビリ施設で藤と桜が話す様子から、二人の関係が壊れていないことが確認できて良かったです。犯人が新任女性警察官を狙ってくるという過去があり、犯人が川合を標的にする設定の可能性が伝わってきましたが、これは怖いですね。でも、このドラマはコメディタッチなので、「最後は笑って解決」を期待します。

50代

今回も藤の冴えた捜査がかっこよかったです!だけどその分、謎が深まる藤の交番勤務。ずっと気になってことのベールが少しはがれてきて、いよいよ佳境かと思うとワクワクが止まりません。ただ真相に近づいている川合のことを考えると複雑な気持ちです。このドラマは毎回、さり気なく大切なことを盛り込んでいると感心しますが、今回は街に点在する防犯カメラの必要性や、近年増えてきた防犯カメラのおかげで検挙に繋がった事件が多いことを匂わせていました。それにしても登場人物みんなが良い人たち。ハコ長もただのらりくらりとしているわけじゃなかったんですね!

40代

伊賀崎さんの奥さんの出産に今度こそ立ち合おうと思っていたのに、色々とあって大変そうでした。女性物の下着を履いていた男性に対しての接し方がさすがだと思いました。地図や物を全て把握しているのはすごいです。奥さんの出産には間に合いませんでしたが、赤ちゃんと一緒にいる姿は幸せそうでした。桜さんのことが明らかになり、藤さんが調べていることにつながりました。未解決事件なので犯人が見つかって欲しいです。何も知らない麻依に本当のことを話すのか気になりました。2人の関係が悪くならないといいなと感じました。

30代

今回のお話は、ドラマのメインストーリーが結構動いてきたかなっていう感じがしました。藤が同期の桜について隠していることを疑問に思う川合がとても分かりやすく描写されていたように感じました。また、捜査会議のようなシーンではコメディぽい要素があり、とても面白かったです。毎回コメディの要素があるのでラフに見れるところがすごいいいです。

10代

以前から気になっていた、桜さんという人について、過去に何があったのかようやく明かされたので、1つ謎が解けた感じがしました。ただ、その代わりに、もしかしたら川合ちゃんがおとりかもしれないという衝撃の展開に、動揺が隠せませんでした。これまでの藤さんとの様々なやり取りを思い出しながら、嘘であってほしいと心から願いました。

30代

今まで謎に包まれていた同期の桜のことが明らかになって、複雑な気持ちになりました。藤が桜のために犯人逮捕を絶対にしたいと思う気持ちには心から共感出来ますが、何も知らずに藤のことをあんなに慕っている麻依を見たら、胸が苦しくなってしまいました。なぜ守護天使が現れなくなったのか、麻依はその守護天使に狙われているのかが気になりました。

40代

いつもコメディもあり、シリアスもありの所が毎回あっていいですね。今回さくらさんの過去がわかりましたが、リハビリ中で藤さんと話ができてよかったです。さくらさんの事故の事や新人警官を標的にする守護天使の存在があったから、河合さんを心配してるんですね。だから前回少し河合さんが車に轢かれたときにすごい剣幕だった意味がわかりました。守護天使がだいぶ不気味です。軽トラに乗ってた人が守護天使ってことですよね。だから藤さんは休みの度にその捜査をしていたんですね。それにしても、箱長の変態の人を説得する場面はなんとも面白い説得でした。

50代

今日は、とうとう藤さんと桜さんの過去の事件が明らかになって、最後の山田の言葉が今までのハコヅメのエンディングでは考えられないくらいシリアスになって、そうなのー!ってなって、まさしくおとりなの?って聞いてしまった川合の気持ちになってしまい、本当にこのドラマの面白さだなって再確認しました。来週もワチャワチャな藤さんと川合じゃないのかもだけど、早く8話が見たいです。

40代

いつもやる気のなさそうな伊賀崎が今回は活躍してました。公然わいせつ犯人の隠れ場所をいとも簡単に見つけたり、川合にいたずらした犯人をすぐ手配したり実は有能なんじゃないかという気がしてきました。今回藤が追っていた事件がとうとうはっきりしましたが、犯人を追うために川合をおとりに使っているかもということまでは考えていなかったのでびっくりしました。ちゃんと藤と川合には話をしてほしいなと思いました。

40代

藤さんが川合さんの事をおとりにしているというから、川合さんは藤さんの事が信じられなくなったのでは。源さんとペアになる事で、藤さんの川合さんへの思いも教えてもらい、気持ちが少し楽になくなったのではないでしょうか。そして最後の事件では、ペアっ子の為に自分が犠牲になってもいいと言う言葉で川合さんは、藤さんへの不信感がなくなったと思います。藤さんは結局、川合さんが入った事で、守護天使が来るのではないかと犯人を捕まえるために交番にきたのはわかりました。それはおとりじゃなくて、犯人を捕まえる為だと思うんです。川合さんと仕事することで藤さんは罪悪感が生まれましたが、二人で話し合う事で絆が深まったと思います。

50代


第8話あらすじ・感想(9/8放送)

川合(永野芽郁)は宮原(駿河太郎)から、藤(戸田恵梨香)が刑事課から交番にやってきた本当の理由を聞く。

3年前にひき逃げされた同期・桜(徳永えり)のために犯人を追っていた藤は、捜査が難航する中、「守護天使が犯人じゃないか?」という伊賀崎(ムロツヨシ)の勘にすがり、一人で手がかりを探してきた。しかし、交番の新任女性警察官を狙って凝視してくる不気味な男・守護天使は、事件後にぱったりと姿を消し、藤の捜査も次第に手詰まりに。

そんな時、町山署で現場実習をしていた川合に遭遇。藤は、桜に似ている川合の近くにいれば守護天使がまた現れるかもしれないと思い、自ら刑事課から川合が所属された町山交番に異動してきたという……。

藤が真実を隠して自分のそばにいたという事実に混乱する川合。それでもショックを隠し、今まで通りに藤と接しようとするが……。

そんな中、生活安全課の応援に駆り出された藤と伊賀崎は、違法風俗店のオーナーが現れる予定のレストランで張り込みをすることに。しかし、客を装った捜査員たちで固めた店内に、事情を知らない源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)が偶然にもそれぞれ勝負デートに現れる!

全てを察し、捜査の邪魔をしないよう必死に平静を装う二人だが、楽しかったはずのデートは、恥ずかしすぎる公開処刑の場に!さらに、店には何も知らない川合までやってきて……!?

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

藤が本当に川合を利用するために交番に来たのだと知ったときは、正直ショックでした。でも、藤は川合と過ごす中で川合を本当のペアだと感じ、命懸けで守ろうとしているのを見て安心しました。藤たちが張り込み中に山田と源はデート、川合は保険の勧誘と揃ったシーンは爆笑でした。モデルガンと対峙する場面の川合ストラップ状態も最高過ぎます。

30代

張り込みのレストランにデートの山田と源が来てしまったのは受けました。しかも川合まで来ちゃうとは!デートが失敗してかわいそうでした。戸田恵梨香さんとムロツヨシさんのカップルシーンはやはり大恋愛を思い出しますね。藤さんが交番勤務になったのはやはり桜さんのことが原因だったことがわかりましたが、案外異動は簡単に受け入れられるものなんですかね。川合と藤さんもきちんとお互いの本音を話せて良かったなと思いました。

30代

藤と川合のペアとしての信頼感が改めて感じられる回でした。始めは事件解決のためだけに川合のペアになった藤が、日々成長していく川合を、純粋に育ててあげたいと思うようになっていったことにとても感動しました。事件のことを隠されて自分は利用されているんじゃないかと不安になっていた川合も真実を教えてもらい藤との関係がより深いものになっていったことも心打たれました。

20代

藤が川合に交番に来た本当の理由を話しました。桜をひき逃げした犯人を見つめるために川合を利用しようと思ったのです。でも、今は誰よりも川合の成長を願って指導しています。それがわかったので川合は動揺しませんでした。以前だったら、藤を責めたりいじけたりしたかもしれません。成長したと思いました。似顔絵も描けたので、いよいよ犯人をつかまえる準備ができました。次回が楽しみです。

60代

色んなことが分かった回でしたが、川合が描いた守護天使の似顔絵をみた伊賀崎の顔色が変わるのがリアルでした。川合も色んなことの事情が分かるとすっきりしたのが似顔絵の出来が格段に上がって、ラストのシーンで警察を免許更新で音連れた男の顔にドキッとしました。あれは、似顔絵の男ですよね。伊賀崎の顔色が変わるはずです。川合の健気な頑張りに藤もウルっとしてましたが、最後はツンツンしているのが藤らしくてよかったです。

40代

コミカルな場面とシリアスな場面の両面が楽しめました。藤や伊賀崎を含め、複数の警官が潜入捜査をしているレストランにプライベートでデートに来た山田、そして源の捜査官たちの面子を見た時の顔は笑えました。さらに彼らの挙動不審な態度にも大笑いでした。この状況でデートとは気まずいだろうなぁと思わざるを得ませんでした。コミカルな場面が多めになっていたので結構満足な気分です。そして笑わせるだけではなくシリアスな面ではなぜ藤が川合に近づいたのかの実情が分かり、なるほどと納得。しかし、川合からすればショックなのは確かだと同情します。が、最後は藤の気持ちを正直に川合にぶつけ、丸くおさまるのは安心しました。

50代

拳銃を持った逃走犯を探しだして発見し、拳銃をお互いに構え合うという緊迫したシーンがありましたが、源刑事が川合の拳銃を使ったことから川合が拳銃についているマスコット的な感じで突っ立っていたのが笑えました。永野芽衣さんの「わたしはどうすれば良いの」というきょとんとした顔と恰好が可笑しくて笑ってしまいました。また、拳銃を構えている二人とも拳銃の腕がへたくそだという説明も入って面白かったです。たまにこのようなコメディー要素のシーンが入るのもこのドラマの面白いところだと思います。

40代

山田と源が張り込み刑事に囲まれてそれぞれデートするシーンがすごくおもしろかったです。保険の勧誘をされる川合の純粋な感じもすごく好きでした。藤が交番に来た本当の理由が知れてよかったです。藤が思っていた川合への思いが素敵でそのあとの拳銃を構える藤の覚悟もすごくかっこよかったです。藤と源が拳銃の腕前が目くそ鼻くそと言われていたというシーンは笑ってしまいました。ラストで出てきた男性の正体がすごく気になりました。

20代

張り込み中のレストランに皆が集まってしまって笑える、源が彼女とぴょんぴょん呼び合って誕生日サプライズして雰囲気ぶち壊すし、知らずにやって来た川合が高額保険を契約させられそうで笑えます。拳銃の付け方をネットで調べるとか何でもアリの社会に怖さを感じます、牧高のジャケットが女子の香りで変態みたいになって緩いですね、トイレ行きたくなって藤の偉大さと愛を感じて泣けましたね。拳銃を持った男と藤が対峙して緊張感にドキドキしたけど何事も無くて良かった、藤がやっと川合に打ち明けて似顔絵が完成して副所長が始めて良い事言ってテンション上がりました。

40代

守護天使を捕まえるために交番勤務を希望したと川合に打ち明けた藤の表情がとても物悲しい感じがありました。拳銃を構える姿・拳銃を向ける覚悟とてもかっこよかったです。来週で最終話というのがとてもさみしいです。どのような結末を迎えるのかとても楽しみです。藤さんとハコ長のレストランの掛け合い、さすが夫婦役をやっていたこともあり行きぴったりで笑えました。

20代

第8話は、ドキドキするシーン、笑えるシーンと感情が忙しかったです!源と山田のかわいそうなシーンが私は一番笑えました。今回は川合の成長する姿や、藤さんの心の変化、町山署全体の気持ちが描かれていていよいよ最終回になるんだなと実感できる内容でした。箱長や上層部の想いもしっかり伝わってきて、最後は感動でした。来週も待ち遠しいけど、まだまだ終わって欲しくない…

20代

桜さんの事件のことで藤さんと麻依の関係がぎくしゃくしてしまいましたが、話し合う事ができて良かったです。張り込みをしている中に源さんと山田さんがデートで来ていたので笑ってしまいました。女性に引かれてしまったので残念です。藤さんが揉めるのは珍しいと思いました。怪我をしているのに銃を構えて麻依を守ろうとしていた姿はかっこよかったです。刑事課の人達が桜さんの事件の捜査に協力してくれることになったので解決してほしいと思いました。

30代

第8話では藤さんと川合がどうしてペアになったのかついて放送されました。ハコヅメはしっかりコメディー要素もあるのですが毎回ちゃんと視聴者にむけてのメッセージがあり、今回もたくさん笑いましたし、考えることがありました。そして謎の未解決事件「守護天使」と呼ばれる方が登場したので、次回がとても楽しみな反面、どんどん最終回に近づいていくのがとても悲しいと感じました。

10代

藤がなぜ交番勤務を希望したのかを知って、悩む麻依の姿が麻依らしく描かれていてよかったです。中々話せない麻依でしたが、しっかりと藤と向き合えてより成長したような気がしました。動機は桜のためだったかも知れませんが、麻依と藤は出会うべきして出会った最高のペアだと思いました。それにしても最初のあの地獄のレストランは面白かったです。

40代

あー!ホロホロ心に染みて涙が…。川合ちゃんが純粋で天然ちゃん、拳銃も上手く付けれないし、服のファスナー壊しちゃうし、でも、本当にいい子だから、桜さんも川合ちゃんに似てるから、全てを教えたいし、藤さんに教えられた1つ1つが染み込んでて最後に拳銃下手なのに死ぬ気で守ろうとしてて、本当にこんな職場大変だけど人間関係の大切さがヒシヒシ伝わって、みんなの気持ちが最高でした!最終回が来週なんて悲しすぎる!藤さんと川合ちゃんのペアの早くもロスになりそうです。

40代

自分は囮目的で藤に大事にされていただけだと知った川合。きっとこのまま最終回までシリアスでいくのだろうと思っていた矢先、初っ端から山田と源と川合による全力のギャグパートで笑わされました。ショックを受けても、「藤さんのためになるなら」と自分を鼓舞する川合、藤と離れて仕事をしていても、常に藤が教えてくれたことでいっぱいの川合、とにかく健気で可愛かったです。そして藤は藤で、盗難車の犯人を追い込み、苦手な拳銃を構えながら「川合を守るため」と必死の剣幕で犯人に迫り、逮捕に至ります。思わずプロポーズかと思い顔を覆いました。次回最終回ですが、ハコヅメは1クールじゃ足りません。お願いだからシーズン2もやって!

20代


第9話(最終回)あらすじ・感想(9/15放送)

川合(永野芽郁)が作成した似顔絵によって再び動き出した桜(徳永えり)ひき逃げ事件の捜査。とはいえ、簡単に進展があるはずもなく、一週間が経過する。

そんな中、鑑識検定上級の資格を持つ藤(戸田恵梨香)と源(三浦翔平)は、車上荒らしの被害車両の鑑識作業にあたる。川合にわかりやすく教えるため、ベテラン鑑識長と新任巡査になりきる藤と源。次第に謎の鑑識コントがツボにハマる川合と伊賀崎(ムロツヨシ)だが……。

そんな矢先、隣の村川署から、守護天使の似顔絵に似た男が現れたという情報が!果たして守護天使の正体とは…!?3年越しの事件の核心に迫る最終話!

引用:ドラマ『ハコヅメ』公式サイト

ここに文最終回まで笑いあり、涙ありのハコヅメらしさ満載でした。川合はいつの間にか警察官として立派に成長していて、他の警察官から比べれば謎の判断が多いのかもしれませんが、川合は川合の方法でこれからも精一杯頑張ってくれるはずです。守護天使が本当に犯人なのか気になりましたが、木村が逃げずに罪を償って欲しかった気持ちがありました。

30代

警察を辞めようとする桜に、川合がわざと藤の悪口を言っていたシーンが、とても印象的でした。正直、最初は川合が何をしているのか分かっていませんでした。でも、その後の桜の様子を見て、桜の藤への想いを沸き立たせたのだと気付き、川合の行動に感動しました。ただ個人的には、伊賀崎の以前の勤務先など、少し気になるところが残る最終回でした。

30代

麻依が書いた似顔絵から守護天使が見つかって本当によかったです。今までずっと諦めなかった藤と麻依のペアは、偶然ではなく必然だった、そんな気がしました。ひき逃げ犯が捕まってほっとした桜が警察を辞める決断をするのが悲しかったです。藤も源も止めることが出来なかったのに、麻依が桜の心に火をつけるのを見て、麻依の成長を感じました。笑いあり感動ありで最高に素敵なドラマでした。

40代

最終回、本当に感動しました。頼りなかった川合もしっかりとしてきて、先輩を守る姿が健気で可愛いし、何より箱長の涙はぐっときました。ここぞとゆうときに頼れる箱長にキュンでした。藤さんはまさに理想の上司とゆう感じなので、とっても憧れる存在でした。警察ドラマですが、米で要素もちょこちょこあって、アットホームな警察ドラマで、最終回まで観ることができました。

30代

伊賀崎が守護天使の行方を聞く無線でずっと固い表情をして、その男が自殺しようとすると毅然とした物言いで男に自殺を思いとどまらせたり、伊賀崎所長とてもかっこよかったです。でも一番良かったのがラストで川合が藤の悪口をわざと言って藤の同期の桜を辞職を撤回させたことでした。伊賀崎も藤も本当に嬉しそうでした。誰も出来なかったことをした川合はすごくかっこよかったです。藤もよほど嬉しかったのか川合に思わずありがとうと言っていたのが微笑ましかったです。

40代

最終回なのに冒頭の鑑識のコントがめちゃくちゃ面白かったです。なぜ京都弁なのか!ウケました。シリアスな事件が進行してるのに源さんがコーヒーこぼしてしまいまさかのかわいいTシャツで行くことになるとは。あっという間に捕まり、今まではなんだったんだろうという気もしました。女子会の皆さんはめちゃくちゃかわいかったですね。

30代

守護天使は、婦警さんになった娘さんとなかなか会えず、新人警察を娘さんとダブらせて見守っていたんですね。ちょっと哀しい気持ちです。ひき逃げもひどい事ですが、会社の働かせ方も悪いと思います。それでも、自殺をしようとした守護天使の木村の場所をあて、説得した箱長はやはり凄い人でした。そしてさくらさんは警察官をやめようとしましたが、河合さんの逆の発想、河合さんが悪者になってさくらさんの辞職を止められた事、そもそも守護天使を聴取した事、河合さんは本当に成長しました。最終回でも、コントのくだりもあり、感動も笑いも沢山あるドラマでした。藤さんとのペアもとってもぴったりで、続編がみたいです。

50代

さくらさんを轢き逃げした犯人が捕まってよかったです。今回も麻依が大活躍でした。藤さんと源さんが鑑識をする時にキャラ設定をしていたのは面白かったです。キャラが濃すぎるのと会話の仕方が独特で鑑識の方法が頭に入ってきませんでした。伊賀崎さんが緊張している姿は意外で、犯人が行きそうな場所を当てていたのはすごいと思いました。ほんわかしている彼ですが、資格をたくさん持っているので何者なのか気になります。さくらさんが退官することになって麻依が藤さんの悪口を言った時にさくらさんの気持ちが変わったので良かったです。また警察官として活躍してほしいと思いました。

30代

桜をひき逃げした守護天使である木村を逮捕するというめでたい話でした。トントン拍子で解決へ向かっていきましたが、守護天使が自殺の危機隣緊迫しました。ただ、伊賀崎の尋常ではないムードの物言いというか説得で、無事確保と逮捕が出来ましたが、伊賀崎が交番に来る前にどんな部署にいたのかとても気になりました。何はともあれ、桜も復帰することになり、よかったです。

40代

初っ端から源と藤さんの鑑識ごっこ、しかも源さんがなんでか舞妓さん!ハコ長も茶番って言っちゃってるし、もう、ほのぼの感が最高です。と思いきや、守護天使の情報が入って一気に桜さんの事件の真相に、伊賀崎ハコ長って本当に藤さんより詰めて捜査してて、シーズン2のフラグたった!と思い、それはそれで楽しみしています。最後の桜さんに川合ちゃんが一生懸命辞めさせないようにしてて感動で滝涙でした。

40代

桜をひき逃げした犯人は、藤が思った通り守護天使でした。川合の描いた似顔絵がきっかけになって、犯人を逮捕することができ、本当に良かったです。町山署全員が喜んでいたのが素敵でした。でも、桜は警察官をやめると言い出して、誰も止めません。その時、川合が思い切り藤の悪口を言い始めたのには驚きました。今までの映像と重なり、藤の優しさが伝わり、悪口には聞こえませんでした。桜はそれをきっかけにやめないことになり、川合のお手柄です。川合と藤のペアは最強になったと思います。

60代


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『ハコヅメ』の見どころ・まとめ

原作者は某県警に10年勤務したという驚きの経歴の持ち主なので、実際に働いた人ならではのリアルな等身大の警察官女子が描かれると期待しています。

また、交番勤務ということで戸田恵梨香さんと永野芽都さんが犯人と格闘するアクションシーンも期待しています。

脇を固める俳優陣がとても豪華なので、リアルな交番エンターテイメントとあるように、笑いあり涙あり、感動ありの作品になると予想しています。

HPには「藤が交番に来た本当の理由とは?」とあるので、藤が交番勤務になったのはセクハラや刑事課で問題があって飛ばされた、だけではない何かもっと大きな理由がある、それが何なのかぜひ知りたいと思います。

刑事課の方と交番勤務の藤と川合にそれぞれ恋の予感を通じて警察官のリアルな恋愛模様が見られると嬉しいです。

『ハコヅメ』を見逃した方は、ぜひhuluの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも2週間無料で試すことができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です