ドラマ『推しの王子様』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法

こちらの記事では、2021年7月15日(木)からフジテレビ系で放送のドラマ『推しの王子様』の見逃し配信や動画を無料フル視聴する方法、ドラマの内容を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

『推しの王子様』はどんなドラマ?
  • 休養の深田恭子さんに代わり人気女優・比嘉愛未さんがフジテレビ連ドラ初出演!
  • ヒーロー系若手俳優・渡邊圭佑の出世作!
  • 『知ってるワイフ』のスタッフが再集結のオリジナルストーリー

ドラマ『推しの王子様』の動画を無料フル視聴する方法

ドラマ『推しの王子様』は、動画配信サービスFODプレミアムTVerで視聴できます。

最新放送回の見逃し配信を見たい方は、TVerで放送から1週間見ることができます。

過去放送回を視聴したいという方は、FODプレミアムで見ることができます。

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

FODオリジナルストーリーも配信!

ドラマ『推しの王子様』はFODプレミアム独占配信となりますが、さらに、FODプレミアムしか見ることができないスピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』も配信中です。

有栖川遼(瀬戸利樹)が主人公となっています。

【出演】瀬戸利樹・徳永えり・佐野ひなこ・谷恭輔

FODプレミアムなら過去放送回も見放題!

FODプレミアムでドラマ『推しの王子様』を無料視聴するには、2週間のお試しサービスを利用します。

FODプレミアムは初めて登録する方なら2週間無料で動画が見放題となります。

無料期間中に解約すれば1円もかからずに見ることができます。

FODプレミアムで配信中のおすすめ作品一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『推しの王子様』作品情報


【放送日】毎週木曜日 夜22:00~(フジテレビ系列)

主人公・日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを制作している『ペガサス・インク』の社長で、まだ4年前に起業したばかりですが、初めてリリースした乙女ゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が大ヒットし、一躍時の人になります。

そのきっかけは、友人に勧められて偶然プレイした乙女ゲームでしたが、一気に沼落ちしてしまった泉美は、これこそ自分の求めていた生き甲斐だと確信します。その勢いで保険会社からゲーム会社に転職した泉美は、敏腕クリエイターの光井倫久(ディーン・フジオカ)と出会い、最高の乙女ゲームを作るために独立を決意するのでした。

真面目で仕事熱心な泉美は、リアルな恋愛から遠ざかっており、自身の推しキャラ・ケント様との疑似恋愛を楽しんでいました。

そんなある日、泉美の前に突然、謎の男性・五十嵐航(渡邊圭佑)が現れます。彼は見た目がケント様にそっくりで、泉美は驚きを隠せませんでした。

ドラマ『推しの王子様』のキャスト・スタッフ情報

キャスト一覧

  • 日高泉美/比嘉愛未
  • 五十嵐航/渡邊圭祐
  • 光井倫久/ディーン・フジオカ
  • 古河杏奈/白石聖
  • 渡辺芽衣/徳永えり
  • 有栖川遼/瀬戸利樹
  • 小原マリ/佐野ひなこ
  • 織野洋一郎/谷恭輔
  • 藤井蓮/藤原大祐
  • 水嶋十蔵/船越英一郎

比嘉愛未さんは、2003年に地元・沖縄でスカウトされ、2005年公開の映画『ニライカナイからの手紙』で女優デビューしました。

2006年のNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』で注目を浴び、最近では『コード・ブルー』シリーズでの熱演や『TWO WEEKS』での母親役が好評でした。

渡邊圭佑さんは、大学の学祭の時にミス・ミスターコンテストの審査員にスカウトされ、東北地方でモデルとして活動していました。

その後、2018年放送の『仮面ライダージオウ』で俳優デビューし、『恋はつづくよどこまでも』や『MIU404』に出演し、話題のイケメン俳優として注目されています

製作・スタッフ

  • 脚本/阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)
  • 演出/木村真人、河野圭太、倉木義典
  • プロデューサー/貸川 子
  • 主題歌/Uru『Love Song』
  • 挿入歌/DEAN FUJIOKA『Runaway』

ドラマ『推しの王子様』の原作は?

ドラマ『推しの王子様』は原作のないオリジナルストーリーです。

脚本を務めるのは、『マルモのおきて』や『マリーミー!』など、心温まるホームドラマに定評のある阿相クミコさんと、『おじさまと猫』や『知ってるシノハラ』を手がける、演劇コントユニット・大人のカフェの伊達さんです。

企画・プロデューサー・演出陣は、大人気ドラマ『知ってるワイフ』を手掛けた方達が再び集まっています。プロデューサーの貸川聡子さんは、『1リットルの涙』などの、社会派の話題作を制作されていました。

ドラマ『推しの王子様』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2021/7/15 第1話 6.0%
2021/7/22 第2話 5.0%
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『推しの王子様』1話から最終回までのあらすじ・感想

第1話あらすじ【7/15放送】

日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。4年前に起業した泉美が最初にリリースした乙女ゲームが、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”であるキャラクター・ケント様と恋に落ちる『ラブ・マイ・ペガサス』だった。このゲームが異例の大ヒットを記録し、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。

起業する前の泉美は、保険会社に勤務し、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていた。そんなある時、友人から乙女ゲームの存在を教えられ、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われた泉美は、人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。乙女ゲームに夢中になるあまり、ゲーム会社へ転職した泉美は、そこで出会ったトップクリエーターの光井倫久(ディーン・フジオカ)とともに、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意したのだ。

真面目で、誰に対しても壁を作らず等身大で接する泉美は、どんなに困難な状況でも絶対に諦めずひたむきに前へ進むタイプで、デザイナーの渡辺芽衣(徳永えり)、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹)、デザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)、エンジニアの織野洋一郎(谷恭輔)ら部下からも厚く信頼されている。だがプライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱらケント様に夢中。週に1回は必ず、仕事を忘れて『ラブ・マイ・ペガサス』に没頭する日を設けており、その日は近所の中華料理店で働くアルバイトの藤井蓮(藤原大祐)に毎回チャーハンを届けさせている。

『ラブ・マイ・ペガサス』は乙女ゲーム界で革命を起こしたと言われるほどの人気。ファンの一人である大学生・古河杏奈(白石聖)も夢中になっていた。

一見順風満帆な泉美だったが、実は『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していた。開発資金集めに奔走する泉美は、経営の多角化を進めている水嶋十蔵(船越英一郎)が代表取締役社長を務める大手アウトドアメーカー『ランタン・ホールディングス』に出資を求めるも、あっさり断られてしまう。

そんなある夜、光井と飲みに出かけた泉美は、いつものように彼の言葉に励まされる。光井と別れ、酔ったままふらふらと帰路につく泉美。すると、泉美の目の前に、いきなり空から男が降ってくる。借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りたその男・五十嵐航(渡邊圭祐)の顔を見た泉美は、さらに驚がくする。何とその容姿は、ケント様にそっくりで……。

引用:「推しの王子様」公式サイト

自分の人生に推しがあるだけで、人はこんなにも変わることができるのかと考えてしまいました。泉美は乙女ゲームに出会うまではただ会社で仕事を淡々とこなすだけでしたが、推しに出会ってからまさか社長にまでなるとは人生は本当に分からないものですね。ドラマにはキラキラした男性ばかりで、自分の推しを探しながら見たくなります。

30代

漫画の世界にこれほどまでに夢中になれる事があるのが信じられないし反面羨ましい気持ちもないとはいないでもここまでのダメ男を設定するのかとまあ変身ぶりがあきらかにわかるようにするのにはこのくらいの設定が必要なのかとも思いますがちょっといじれば見た目はすぐかわるイケメンなので内面の変身がどのような経緯で変わっれいくのかをを楽しみに見ていきたいと思います。

60代


第2話あらすじ【7/22放送】

彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――

乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美(比嘉愛未)は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会う。だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を『ペガサス・インク』で雇うことにする。今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン・フジオカ)と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。

泉美から航を紹介された芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)、マリ(佐野ひなこ)ら『ペガサス・インク』のスタッフは、ケント様にそっくりなその姿に驚きを隠せない。航は、とりあえずプランナーの有栖川の下につき、雑用から始めて仕事を覚えることになった。ところが航は、社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らないような有様。困り果てた有栖川たちは、このままだと大きな問題を起こしかねないから泉美にもきちんと面倒を見てほしい、と訴えた。

そんなある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。

引用:「推しの王子様」公式サイト

航の常識のなさは、想像を遥かに越えてきました。きにとめるの変換が最高に笑えました。でも、航にとってはどれも真剣で一生懸命に頑張っていた部分も確かにあったのだと思います。泉美は社長として成功し、悩みなどないと感じていましたが、泉美なりにあらゆる不安や悩みを抱えて毎日頑張っていたのだと気づかされました。

30代

航に必要以上に突っかかる有栖川は、光井や泉美を取られたと感じていて、あからさまに嫉妬心を剥き出しにしているように見えました。もちろん、有栖川の言っていることは正論だし、常識がなさすぎな航に怒る気持ちもよくわかります。ですが、その気持ちを抑えられないところは子供っぽいし、航だけを責められないと思いました。こういう場で即座にフォローできる光井は、普段は無責任に見えても、まさに理想の上司という感じでとてもかっこよかったです。

40代

航は、マナーやエチケットを知らない人のようですが、どういう環境で育ったのか気になります。泉美の理想通りのケント様に育て上げるには、まだまだかなりの時間と労力が必要とされると思います。しかし、航の意識が少しずつ変わってきているようで、光が見えたような気がしました。副社長の光井は人間性に溢れた人格の持ち主のようで、オーラを感じます。

60代

航の常識のなさや漢字を知らなさすぎるところに驚きましたが、「気に留める」の意味がわからずに紙を木に留めてしまうシーンには笑ってしまいました。まだまだ不器用ながらも敬語を覚えようとするなど少しずつ成長していると思いました。航が水をかけた嫌味を言ってきた井上に対しての「ごめんなさい、私の育て方が悪くて」という泉美のセリフがよかったです。一般的には間違った行動なのにここでは正解というアンバランスな感じがいいと思いました。

30代

航は、言葉遣いが悪く一般常識もないのに驚きました。泉美も、本当に育てる事ができるのか心配になってきました。でも、航が無気力なのは、頑張っても報われてこなかったからです。杏奈が何か知っているようなので次第にわかると思います。社員がみんな温かい目で航を見守っているので、泉美が作った居場所にいられるように、航も頑張ってほしいです。

60代


第3話あらすじ【7/29放送】

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作乙女ゲームの開発にむけて、水嶋十蔵(船越英一郎)率いる『ランタン・ホールディングス』に出資を持ちかけ、企画書を提出した。企画へのリアクションを聞くために、泉美は光井(ディーン・フジオカ)とともに『ランタン・ホールディングス』を訪れるが、応対したのはメディア事業部の小島(竹森千人)だけで、十蔵の姿はなかった。

その席で、企画のさらなるブラッシュアップを提案された泉美たちは、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)らスタッフに、先方の意向を組み込んで、もう1度、企画書を作り直すよう指示する。しかし、再提出までの猶予は1週間足らずしかなかった。そのとき、航(渡邊圭祐)の姿がないことに気づく泉美。実は航は、会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。

泉美は、航が他のスタッフが話している専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの苦戦していることを知る。航に、物事を学ぶ意味や、その先に見える景色の素晴らしさを教えてあげたいと決意した泉美は、彼にITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するよう命じる。

数日後、泉美たちは、ランタンの中核事業でもあるアウトドア事業の要素を生かすなど、先方の要望を盛り込む工夫を続け、何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出する。しかし、ランタン側からはさらに無茶な注文が届き……。

引用:「推しの王子様」公式サイト


ドラマ『推しの王子様』見どころ・まとめ

二次元の推しキャラとそっくりな三次元の男性が目の前に現れるなんて、乙ゲーファンの女性にとっては夢のような設定だと思います。ですが、航はケント様と顔が似ているだけで、自分の理想とは真逆の中身という、理想と現実のギャップにはかなりリアリティを感じます。

泉美が航を完璧な王子様に育てていくという逆シンデレラストーリーは、ある意味リアルな育成タイプの乙ゲーという感じがして、とても斬新なラブストーリーになると思います。

比嘉愛未×渡邊圭佑×ディーン・フジオカという、顔面偏差値最強なスリーショットもそれだけで見応えがありますが、リアルな三角関係にも発展していく可能性を秘めています。泉美の調教から始まる恋が真実の愛に変わるのかが、大きな注目ポイントだと思います。

『推しの王子様』はFODプレミアムで見逃し配信中なので、2週間の無料お試しを利用してぜひご覧下さい。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です