ドラマ『ムチャブリ!』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2022年1月12日(水)からスタートのドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』のあらすじや感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『ムチャブリ!』の動画を無料で視聴する方法

ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』は、動画配信サービスhuluまたはTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方はTVerで見ることができます。TVerでは地上波放送後、期間限定配信です。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、huluで見ることができます。

huluでドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

注意
huluの2週間の無料お試しを利用することで、1話から最新話まですべて無料で見れます。

huluで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

ドラマ『ムチャブリ!』作品情報


【放送日】毎週水曜日 夜22:00~(日本テレビ系列)

カリスマ社長の無茶ぶりに振り回されてばかりいる秘書の高梨雛子は、クリスマスも仕事で疲れてクタクタです。仕事に追われて自分のことは後回しになり、いつの間にか30歳。

新事業に伴い子会社を設立することになり、適当に出した事業案が採用された雛子は子会社の社長に就任されてしまいます。

社長は創業50年の老舗フレンチレストランを買い取り、雛子の新しい店とし優秀なスタッフを手配してくれました。

雛子には社長の座は荷が重すぎだと感じ断りたかったのですが、社長の勢いに勝てず判をついてしまうのでした。

買い取った老舗フレンチレストランをリニューアルオープンすることになりますが、元々フレンチレストランで働いていたシェフが怒ってしまい…。

ドラマ『ムチャブリ!』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 高梨雛子/高畑充希
  • 大牙 涼/志尊 淳
  • 浅海寛人/松田翔太
  • 佐々川知美/夏帆
  • 野上 豪/笠松 将
  • 深山和湖/山田真歩
  • 田辺和真/忍成修吾
  • 水科 柚/片山友希
  • 伊藤孝志/坂本慶介
  • 萩尾 慧/松岡広大
  • 桧山凛々子/優香
  • 葛原啓次郎/坪倉由幸(我が家)
  • 古賀道夫/神保悟志
  • 宮内 剛/荒川良々

【高畑充希】
幼い頃から舞台俳優を志して、2005年ホリプロが主催する「山口百恵トリビュートミュージカルプレイバックpart2~屋上の天使」のオーディションで主演を射止めます。

その後、ミュージカル「ピーターパン」で8代目ピーターパンに就任。2013年朝ドラ「ごちそうさん」で主人公の義妹役で注目を浴び、その後2016年自身が主役を務める「とと姉ちゃん」でさらに女優として知名度が上がりました。

星野源の音楽番組のNHK「おげんさんといっしょ」ではお父さん役として歌声を披露しています。

製作・スタッフ

  • 脚本/渡邉真子
  • 演出/猪股隆一、狩山俊輔
  • チーフプロデューサー/加藤正俊
  • プロデューサー/鈴木亜希乃、柳内久仁子
  • 主題歌/ENHYPEN「Always」

ドラマ『ムチャブリ!』の原作紹介

『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』には原作はなく、渡邊真子さんが脚本を手掛けるオリジナル作品です。

渡邊真子さんは、大人気ドラマ「恋は続くよどこまでも」第7話と9話を担当しています。また、演出は猪俣隆一さんと狩山俊輔さんです。

猪俣隆一さんの最近演出した作品は、日本テレビドラマ「コントが始まる」です。

『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』でお仕事に対する挫折や情熱を上手く表現してくれることと思います。

お仕事物語と共に、ラブのテイストをどのように入れてくれるのか楽しみです。

ドラマ『ムチャブリ!』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2022/1/12 第1話 8.9%
2022/1/19 第2話 7.1%
2022/1/26 第3話 7.9%
2022/2/2 第4話 7.4%
2022/2/9 第5話 7.7%
2022/2/16 第6話 6.2%
2022/2/23 第7話 7.5%
2022/3/2 第8話 7.8%
2022/3/9 第9話 8.0%
2022/3/16 第10話 8.3%

ドラマ『ムチャブリ!』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想

高梨雛子(高畑充希)は、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるスタートアップ企業、「リレーション・ゲート」の社長秘書。社長の浅海(松田翔太)はカリスマ性のある男だが、直感で動く彼の“ムチャブリ”に、雛子は振り回されてばかり。おかげで6年間彼氏ナシのまま、30歳を迎えてしまった。

そんな雛子にクリスマスの夜、いつものように浅海から突然の電話が入る。社内で募っていた新規事業の企画に、雛子も応募しろというのだ。いつものムチャブリに雛子はヤケクソで、数年前に出した企画書の年号を平成から令和に書き換えただけで提出する。すると困ったことに企画は採用され、雛子は前ふりもなく子会社設立の記者会見の場で、突然社長に任命されてしまう!

右も左もわからないまま、浅海が買い取った創業50年の老舗フレンチレストランを、1ヵ月でリニューアルするよう命じられる雛子。部下として配属された野心家でナマイキな若手社員・大牙(志尊淳)は、自分の新規事業の企画が雛子に負けたことを納得していない様子。

そんな大牙たちと共にレストランへ向かった雛子だったが、店が買い取られていたことを知らされていなかったシェフの古賀(神保悟志)たちは猛反発!

大牙は古賀に対して、顧客を開拓するためにコース料理ではなく比較的安価なアラカルトが売りの店にしようと提案。正統なフレンチのコース料理にこだわる古賀は、採算を優先する大牙に食ってかかり、2人を仲裁しようとした雛子は古賀に殴られてしまう!

店の存続のためとはいえ、意見が違う古賀をクビにすることもできず、覚悟のなさを大牙から指摘された雛子は、社長を辞めたいと浅海に申し出る。デスクを片付け、会社を後にする雛子。

一方、古賀は店のため腹をくくって安価な新メニューの開発に着手していた。そんな古賀の思いを知り、夜通し新メニューの試食に付き合う雛子。遂に料理は完成し、浅海からも味を認めてもらった彼女は、真剣に仕事に向き合う同僚達の姿に心を改めて、社長を続けさせてほしいと申し入れるのだった。

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

浅海社長の伝書鳩だとみんなから言われていた雛子が、まさかの社長就任。自分の社長挨拶に幼稚園の挨拶かよっとツッコミを入れるところが面白かったです。やっつけで出した昔の企画が通ってしまって、しかもムチャブリで社長になるなんて、そりゃあ簡単にはいかないですよね。そんな雛子がどんなフレンチレストランにしていくのか楽しみです。

40代

カリスマ社長のムチャブリで社長となった雛子が屋上で社長に物申したいけど言えず大きい声で独り言を言っているのを見られた瞬間がとても面白く、爆笑しました。新メニューを作るときのシェフと雛子の関係が弟子と師匠の関係にみえ自分としてはとても素敵だなと感じました。調理師を目指している自分としてはその部分は未来を想像できてワクワクした気分になりました。

10代

ムチャばかり言う浅海寛人の頼みを、笑顔で対応する高梨雛子。浅海は雛子の仕事ぶりを認めて、社長にしたように感じました。大牙涼が選ばれなかったのも、何か理由がある気がします。大牙が雛子に向ける言葉は少し厳しく感じましたが、大牙の言うことも一理ある気がします。雛子を見ていて、大事なことを決断しなければならない社長業は、想像以上に大変だと感じました。人を切るのは簡単ですが、それが出来ない雛子だからこそ、社長に選ばれたのではないかと感じました。

50代

綺麗な格好をしてバリバリ仕事をする雛子は格好良いけど浅海社長の無茶振りに振り回されていてお疲れなのは可哀想でした。トントン拍子に話が進んでいきテンポ良くて笑えます、部下の大牙とは出会いから気まずいし他の部下とも微妙な雰囲気が地味に笑えます。浅海からは急に着物で来いとか新メニュー食べたいとか相変わらず無茶振りして面白い、変われないという言葉に雛子が本音を泣きそうに言って胸が痛くなりました。シェフが変わろうとしてくれて雛子も頑張る事が出来てメニューが完成したのは良かった。浅海にも納得してもらえたようだけど最後に笑ったのが良い事なのか悪いのか気になりました。

40代

わたしは社長秘書なんてしたこともなければ自分の企画をプレゼンしたこともないので、あまりわかりませんがいきなり社長に任命されるのは違うしそれなら前振りが欲しかったなとわたしでも思いました。私だったらそんな責任感が重大すぎる仕事できないなと思ったのです実際にレストランの人と一緒に頑張ってやっていこうとしてたところはかっこよかったです。

20代

高橋みつきさん演じる社長秘書がひょんなことから社長になる、というお仕事ドラマです。女優さんもショートで雰囲気変わって素敵でした。お仕事バリバリ働き世代で頑張ってる感じが共感えられました。お部屋のインテリアや配置なども独身女子みたいで親近感わきました。これからどんなストーリーになるのか楽しみにしています。

30代

高畑充希ちゃん演じる雛子が可愛くて演技上手くてびっくり。社長が部下にムチャブリするという大筋にはあまりひかれなかったのだが、雛子の喜怒哀楽がテンポよく切り替わるのであっという間の1時間だった。社長の指示には笑顔で答え、屋上でこっそり愚痴を吐き、家に帰るとグウタラしながら社長の電話には即座に応答。雛子の部屋の散らかり方、特にキッチンの洗い物が残っていたりと忙しい働く女性のリアルを演出していたと思う。社長に抜擢されても心折れずに立ち直れる若さがあるって素晴らしいと思った。

50代

久しぶりのドラマ出演、松田翔太のムチャブリ社長が実に魅力的。雛子の言う「いつもニヤニヤしてる」スマイルがまた彼らしく、本音の読めない浅海をよく表しています。そして仕事に意欲的で性格きつめの大牙を演じる志尊淳がまたいい。優しいキャラクターを多く演じてきた印象の志尊淳ですが、今回の役は彼の役者の幅を広げるのでは。雛子と対立しながら物語が進みそうで、どんなバトルが見られるかも楽しみです。

60代

松田翔太さん演じる社長の無茶ぶりが予想以上でしたね。さすがに秘書を子会社の社長に、というのはやりすぎでしたが、雛子自身も前向きに頑張っているところが見られてこちらも元気になりました。志尊くんは少し生意気でちょっとイライラしてしまいます。レストランの再生というのは面白そうなテーマではありますが、今までも多くのドラマで見てきているので独自性があるといいなと思います。

30代

浅海寛人代表取締役社長は日本の経営者10人にも入る凄い人何だなと思いました。入社8年目の社長秘書の高橋雛子さんは日々ムチャぶりな仕事を頼まれてこの社長めっちゃ嫌いだわと心の中で思っていて面白かったです。でもいきなり出張を早めると連絡が来ても直ぐにお弁当と飲み物を用意したり犬の散歩までして大変なのに凄いなと思いました。

30代

久々に松田翔太さんをTVで拝見し、かっこいいなと改めて感じたのと共に、主演の高畑充希さんの社長就任前の姿は「よくあるアラサー女性」の姿を描いているような気がして共感できる女性も多いのでは。と思いました。一社員から社長に就任するというのはなかなか日常とはかけ離れたストーリーですが、キャストの皆さんも豪華なので引き続き見ていきたいなと思います。

20代

雛子の度々漏れ出る本音が特に楽しくて、雛子と友達になりたいと感じるほど好きなキャラでした。浅海が雛子を突然社長に抜擢したのは何らかの意図があったのか、ただ一番身近にいたからだけなのかが気になるところですが、雛子は社長にふさわしい人物のように感じました。古賀とのメニュー作成も感動してしまい、これからが楽しみです。

30代

注目していたドラマで、豪華キャストで期待していました。いきなり社長に子会社の社長を任命された高梨。
今回は潰れそうなお店をシェフとタッグを組んで立て直す内容でした。いつも社長の言いなりだった高梨が自分の意志でシェフと頑張って作業している姿に心打たれました。次回も困難に立ち向かって大牙をぎゃふんと言わせてほしいです!

20代


第2話あらすじ・感想

ベンチャー企業、リレーション・ゲートの社長・浅海(松田翔太)から子会社の社長を“ムチャブリ”され、老舗フレンチレストランのリニューアルに挑むことになった雛子(高畑充希)。

周囲は盛り上がるが、レストランのオープンに向けて決断しなければならないことが多すぎて、雛子はキャパオーバー寸前だ。そんな状態を部下の大牙(志尊淳)から鼻で笑われた雛子は腹を立てるが、結局決断力のある彼にオープンの準備を任せることに。

そして迎えた、レストラン「プチボナール」のオープン当日。雛子は緊張しながら店のドアを開けるが、客はおらず…。知美(夏帆)から近所に話題のイタリア料理店が出店したと聞かされ、焦る雛子と大牙。

そんな2人の前に、大手外食企業「野上フーズホールディングス」の御曹司・野上(笠松将)が現れた!

野上が手掛けたイタリアン「リストランテベーネ」に、すっかり先手を打たれる形になってしまった雛子。その上、店のチラシに不備があったことが判明し、責任を感じた大牙はいつもの冷静さを失ってしまう。大牙を励ますつもりで飲みに誘ったものの、その場で大喧嘩をしてしまう雛子と大牙。

雛子は落ち込むが…。
そんな中、偶然出会った母子を店に誘い、2人が喜んでいる姿にヒントを得た雛子は、子連れ客をターゲットにした週末限定プランを企画。するとその狙いが見事に当たり、「プチボナール」もお客さんで賑わうように。雛子はようやく、社長として最初の一歩を踏み出したのだった。

しかし、そんな雛子の前に経営コンサルタントとして現れた桧山凛々子(優香)。彼女は昔、浅海と何かあったようで…新たな波乱の幕開けの予感!?

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

レストランがついに開店したものの、なかなかうまくいかないところはかなりもどかしさがありました。レストランももとからあるお店なのだからもっとうまくいくのでは。。と感じました。でも雛子ががむしゃらに頑張ってるところはいいなと思います。優香さんは経営コンサルタントには見えないですね。相変わらず松田翔太さん演じる社長は存在感があって素敵です。

40代

雛子と大牙が居酒屋で喧嘩するシーンに笑ってしまいました。雛子が大牙を慰めようとしていたことは明らかだったので、大牙の性格的に良い気はしないだろうと心配でした。案の定言い合いになって、少し呆れるところもありましたが、よくよく見ていたら、お互いに思い切り愚痴が言えるほど仲が良いのではないかという考えに至り、その上で言い合う二人の姿を見ると、面白く感じてしまいました。

30代

なんだかんだで社長業を頑張る雛子と、大牙の距離が少しずつ縮まってきていて嬉しかったです。大牙を励まそうと飲みに誘った雛子と大牙が、小学生みたいなアホの言い合いがめちゃめちゃ面白かったです。中々お客さんが来なくてみんなが落ち込みかけていても、今出来ることをやろうと声をかける雛子が、まだまだだけど社長らしくなってきた気がします。

40代

フランス料理店のリニューアルオープン初日、ドアを開けたら客が並んでいるだろうという考えが甘すぎます。準備期間1か月とはいえ、せっかくメニューも内装も間に合わせたのに、チラシにお店の地図を乗せ忘れるという失態は痛かったです。具体的な準備に関しては何も指示が出せず部下の大牙くんに丸投げとなってしまい、謝罪まで大牙くんにお任せ状態というところに違和感を感じました。好きで社長になったわけではないにしても、自分の部下として働いてくれている社員たちのためにもう少し社長らしいふるまいを雛子に期待してしまった。オープン当初の失敗をこれからどう改善していくのか、雛子の社長としての成長に期待したいです。

60代

雛子は若手社長の6人の話を聞いているときに話長いし帰りたいと思っていて面白かったです。雛子は多くのプランを秘めているのではないかと聞かれて、「頑張ります」と一言言っただけで全然喋っていなくて面白かったです。寛人が「顔を売るのも社長の仕事だよ」とサポートしたかと思ったら、「失敗したら笑いものだね」と笑っていて雛子がやっぱ、こいつ嫌いと思っているのが面白かったです。

30代

雛子のお店がオープン初日からつまずき、どうやっても軌道に乗るのは難しいように感じていました。でも、雛子が親子からヒントをもらい何とかお客さまを集めることができて、安心しました。雛子と大牙は必ず衝突してしまいますが、2人が力を合わせればきっと良い結果がついてくるはずです。雛子の仕事も恋も目が離せません。

30代

ひょんな事から子連れでも入れるフレンチレストランに目をつけた所などは本当にあれば良いなぁと子育て世代なので思いました。恋愛と言うより主人公が成長していく姿が楽しみになっているのでこのままの感じで話が進んでいけば嬉しいなぁと思います。こんな事あり得ないと思いつつもこんな事が起きたら広い視野で見ていないと社長として会社として大きくなれないのかと思いました。

30代

高畑充希さん演じる高梨社長がついに自社の店をオープンさせる話。1話も2話も人に頼りっきりな社長が、段々と自分で物事を決めたりアイデアを連想させるようになってきたところに成長を感じて面白かった。個人的に日テレで高畑充希というと過保護のカホコというイメージがあるので、カホコの数年後を観ている気分になっている。

20代


第3話あらすじ・感想

レストラン「プチボナール」で、雛子(高畑充希)の高校時代の同窓会が開催された。6年間も恋から遠ざかっていることを友達にたしなめられた雛子は、学生時代に気になっていた同級生の加賀美(浅香航大)と連絡先を交換。久しぶりの恋のはじまりに、雛子は浮かれ気分だ。

そんな中、浅海(松田翔太)からレストランのチェーン展開に備えて準備するよう言われた雛子は、浅海と親しいコンサルタントの凛々子(優香)に相談。凛々子のアドバイスを受けて、「プチボナール」でしか食べられない目玉商品を作り出すことになる。

話を聞いた大牙(志尊淳)は、話題作りのためにスイーツコンテストに出品してはどうかと提案。雛子は、パティシエ志望の萩尾(松岡広大)に新作スイーツの開発を託すことを決める。

加賀美とのデートはトントン拍子に進み、仕事と恋の両立を楽しみ始めた雛子。しかし、萩尾の新作スイーツ作りが思いがけない壁にぶち当たり…!

雛子は、膨大な仕事量と加賀美との恋愛を両立することができるのか!?

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

ついに雛子にも恋人ができるのかとワクワクしましたが、雛子にはちょっと重たすぎる相手だったのかもしれませんね。あんなに頻繁に連絡された上に指輪の件も雛子のせいにされたのはさすがに理不尽だと思いました。萩尾の作ったケーキがあまりにも美味しそうで、雛子の お店にぜひとも行ってみたくなりました。琥珀糖のアイデア、最高です。

30代

雛子の服装は毎回素敵ですが、今回は特に綺麗でした。加賀美とのデートにウキウキしている雛子と、クールで仕事一筋の大牙。2人は、はじめの頃よりお互いを認め合ってきたように感じます。大牙が好きな人が水科であることが少し意外でした。恋と仕事を両立しようと頑張る雛子。しかし、雛子は頑張り過ぎて倒れてしまいました。雛子は加賀美が好きだったのではなく、恋をする自分が好きだったのだと思います。スイーツコンクールで3位だなんて凄いです。萩尾が作ったスイーツはどれも美味しそうでした。

50代

久しぶりのデートに浮かれる雛子が可愛かったです。話したくて仕方のない雛子と、なんだかんだでそんな雛子の話を聞いてあげる大牙のエレベーターでの、舌打ちの応戦が面白かったです。見習いの萩尾の作るデザートめちゃめちゃ美味しそうでしたね。試食の後に女性4人で話すシーンは、それぞれの個性が溢れていてよかったです。

40代

今回、雛子が恋しようと頑張った、加賀美という男性が怖いと感じました。同級生で同窓会で再会して、食事に誘われて、そこまでは良かったです。ただその後、まだ付き合ってないのに、食事の誘いとメッセージのオンパレード。指輪を渡してきて、そこでのメッセージに、やっと「付き合ってください」と書いたのに、雛子の返事を聞かずに付き合ったと思い込み、両親への紹介までしようとして、先走りも良いところだと感じました。恋愛に焦って、加賀美に良い顔ばかりした雛子も良くなかったと思いますが、最後にあそこまで罵倒された事は、雛子が可哀想過ぎると感じました。

30代

雛子は同窓会で女子達に仕事も家庭も両立させる話を聞いて恋に頑張るけど学生時代の憧れの人は思い込みの激しい危ない奴でビックリでした、頻繁に連絡が来るのを重いと思っていた時点で無しだけど仕事の方が楽しいと気づけて良かったですね。お店の目玉商品を作ろうとスイーツコンテストに参加する事になって色々考えるのは楽しそうでした、過労で倒れても応援に駆け付けてくれるのは職人さんにとって嬉しいですよね。完成したスイーツの評判も良く大成功だったけど店に野上が現れたのは不穏です、浅海の意味深な発言で恋より仕事だと言ったのに雛子はキュンとしてチョロいのが心配です。

40代

レストランがリニューアルオープンして軌道に乗り始めたかと思ったら、社長はデートで気もそぞろ。打ち合わせ中にもLINEに返信するような社長でも部下は文句ひとつ言わないところが違和感を感じた。スイーツコンクールに向けた新しいデザートの開発シーンをもっと見たかったのに残念だ。ハチャメチャな印象の雛子社長に対し、経理の社員や主婦のお友達など女性たちのリアルな雰囲気も出ていてそこだけは見ていて楽しかった。

50代

雛子が仕事も恋愛も両立させよう、といういう意気込みはよくわかりますが、彼女自身今は仕事にまい進しているところが今回は描かれていて応援したくなりました。そこに現れた加賀美くんは思った以上にクズでびっくりしました。オレか仕事を選べってそんなセリフを付き合ってもないのにいうなんてやばいです。パティシエがつくったケーキはそこまでおいしそうに感じなかったのでうーん、となってしまいました。志尊くんが少しずつ人間らしくなってきたのがいいですね。

30代

雛子は同窓会の為に美容室で髪型を綺麗にして貰って、エレベーターで浅海に髪型いつもと違うねと言われて、同窓会だから気合入ってるとかでは無いと言っているのを浅海はスマホを見ていて全然聞いてないのが面白かったです。大牙がぐっとちょっと良いですかと身体を引き寄せてとドキッとしたのもつかの間でタグを取っただけで面白かったです。

30代


第4話あらすじ・感想

「俺が君を選んだ」。浅海(松田翔太)のひと言が気になって仕方ない雛子(高畑充希)は、チェーン店5店舗を1ヵ月後にオープンさせるという浅海の“ムチャブリ”をうっかり引き受けてしまった。急すぎる進行に社員たちも後ろ向きな態度。さらに大牙(志尊淳)も、柚(片山友希)とのデートでは会話が弾まず、同期が先に出世した焦りもあって、雛子への不満を隠さない。
そんな中、「プチボナール」の仕入れ先が、突然、ワインの取り引き停止を宣告してきた。野上フーズと専属契約を結ぶことになったのだという。仕事が増えて不満が高まる社員たちの手前、雛子は新しいワインの仕入れ先は自分で探すと宣言。

凛々子(優香)にも協力してもらいリサーチを進める中、知美(夏帆)から山梨の個人ワイナリーが作った「伝説のワイン」の存在を知らされる。
社員たちもうなるクオリティーの「伝説のワイン」。何としても仕入れようと、大牙と共に醸造元のワイナリーを営む春乃(南野陽子)の元を訪れる雛子。

しかし夫が亡くなってから春乃は新規にワインを作っておらず、貯蔵しているワインも売りたくないと、取り付くシマもない様子。雛子と大牙は、あの手この手で春乃を説得しようとするが…。

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

ワインの交渉の際に奥さんがだめよ、私が飲む分がなくなっちゃうじゃない、がちょっと面白かったです。雰囲気のよさそうな旅館でふたりの関係が親密になると思いきや、二部屋用意される展開は意外でした。大牙くんが正直すぎる雛子に対する気持ちをぶつけていて、ちょっと大丈夫かなと心配になりました。一応上司なのに。今回は浅海社長の出番が少なかったので次回はもっと見たいです。

30代

レストランの方は軌道に乗ったのか、今回はチェーン展開というムチャブリをされていました。野上フーズによってワインの仕入れができなくなり、新しいワインを探しに山梨まで赴く雛子と大河は、反発しながらも言いたいことを言い合えるいいコンビだと思いました。雛子のちょっとした気づきから大河があるメッセージをくみ取ってワインの契約に結び付けるというチームプレーができ、さらに繁忙期のサポート体制づくりという発展的な仕事を創り出していて、大河のモチベーションも上がってくるといいなと思いました。ワイナリーのオーナーとして登場した南野陽子さんが懐かしいポニーテール姿で貫禄のある演技をしていてとても素敵でした。

50代

今回は、ワインの仕入れで醸造元と契約をとるお話でした。やはり一筋縄では行かず、だめなのかなと思ったとき、ワインのラベルに水がかかり、浮かび上がった文字で、状況がかわりました。いつもグダグダながらも最後にはいい方向に向かう物語にスカッとしました。大牙涼が高梨雛子に何か言おうとしていたところに突然現れた浅海寛人、この3人の関係が今後気になります。

30代

大牙が自分の気持ちがわからずにイライラするのを見て歯がゆくなりました。その気持ちを吐き出そうとしたタイミングで浅海が登場するんだから、もう来週が楽しみでたまりません。確かに雛子は行き当たりばったりのノープランで、ヘラヘラ笑っているけど、人と向き合う時の真っ直ぐさと、簡単に諦めないところ、私はめちゃめちゃ好きです。

40代

先週から雛子が浅海社長に対してはっきり意識をし始めたので、今回はそれが進展するのか?というところでしたが、まだまだ進展はないかもしれないなという印象でした。メインの話は雛子の手掛けるレストランでのワインの契約についてでしたが、大牙との出張で色々なことが思わぬ方向に進むのが見ていて面白かったです。野上フーズの嫌がらせもだんだん大きくなってきていますが、雛子には負けずに頑張って欲しいと思います。

30代

雛子は浅海と大牙のどちらを選ぶのか、非常に気になります。浅海も大牙も急に雛子にアプローチと言えるか分かりませんが、猛攻を仕掛けてきて雛子が悩まないわけがないてすよね。浅海は大人で魅力が溢れています。でも、雛子と浅海よりも雛子と大牙の方が言いたいことを素直に言い合えて、絶対に素敵なカップルになるはずっす。

30代

高梨雛子さんは代表取締役社長に誰にも選ばれずに三十を迎えた女には夢のような時間だと言ったら俺が君を選んだじゃないと格好良いセリフを言ってキュンとしました。その後にあり得ないあり得ないと連発してあの人嫌いなんだよと言いながらゲームをしている高梨雛子さんが浅海寛人社長に言われたことを思い出してニヤついたりドキッとしていないと言いながら経営者としてはあの人がやる事に間違い無いというのは事実なんだよなと独り言を言っていて面白かったです。

30代

クスッと笑えるシーンが何度もありました。高畑充希さんのオーバーすぎるリアクションや荒川良々さんの酔っぱらいのシーン、志尊淳さんの転ぶシーンなど面白かったです。高梨と浅海社長とタイガくんとの今後の関係も見逃せないなぁと思いました。また散々邪魔してくる野上フーズの人が柚ちゃんについに近づいてきたのも何を考えているのか気になります。

30代

大牙涼は、水科柚のことを、恐竜展に誘っていたけど、本当に好きなのかなと疑問に思いました。どちらかというと、何でも気にすることなく話せる高梨雛子のことを好きになるのではと思ってましたが、ラストのシーンでやはり気になり始めているのではと感じました。そのシーンで大河涼が、自分は一生懸命考えて準備してやってるのに、高梨社長はへらへら笑ってプランなんかちっとも考えてないくせに最後はゴール決めるのがすごくムカつくと言っていた気持ちがよくわかります。でも、偶然でもワインの取引がうまくいってよかったです。野上豪がなんかグイグイ攻めてきてる感じが怖いです。ラストで浅海寛人が現れたけど、どうなるのか楽しみです。

30代

だんだん高梨雛子の恋の話にも発展してきて面白い4話でした。個人的には王道なラブストーリーだとしたら浅海寛人とくっついてほしいところですが、部下の大牙涼との行方を期待させる内容でもありました。高梨雛子のポンコツな仕事ぶりもだんだん社長業が板についてきてワインの契約を取れたところが、また一つステップアップした感じでした。4話は全体的に恋愛に対してのお話に感じたのでこれを発展させる感じの次話に期待しています。

30代

困惑して、焦って大騒ぎばかりだった雛子が回を重ねるごとに肝が据わってくるのがすごい!失敗しても失敗しても決して下を向かない心の強さ。浅海は彼女の底力を知っていたからこそきっと社長に据えたのでしょう。今回はワインの契約を取るまで粘りに粘る。勝算もなく勘だけで食いついているのに大当たり。社長の仕事って何だろう、人の上に立つってどういうこと?に一つの答えを見た思いです。

60代

浅海の言葉ですっかり舞い上がっている雛子は仕事が上の空で浅海の無茶振りにもうなずいてしまってわらえ、社員から呆れられるしチームワークは無いし契約取れるまでずっと心配しました。ワイナリーの春乃は人当たりが良いのにハッキリと駄目と言って逆に気持ちが良かった、ワインラベルに隠されたメッセージで素直になるのは可愛かったです。雛子と大牙がせっかく出張でお泊りだったのに大牙は愚痴ばかり言って勿体ない、浅海がホテルまで来たのはビックリだけど雛子に脈アリと見ましたね。

40代


第5話あらすじ・感想

出張中の雛子(高畑充希)と大牙(志尊淳)の前に、浅海(松田翔太)が突然現れた。ワインの契約の件で浅海から褒められた雛子は、「もっといい社長になる」と宣言。大牙は、2人の親密そうな様子がなぜか気にかかる。

知美(夏帆)が雛子の会社の短期契約社員として働き始める一方、凛々子(優香)はレストランのチェーン展開のためには1号店で“圧倒的体験”を与えることが必要だと雛子に助言する。それを受けて、47都道府県の名産品を使った「日本列島フレンチフェア」を思いつき、浅海のようなリーダーシップで社員を牽引しようと張り切る雛子。大牙は、雛子が無茶をするのではないかと心配するが…。

そんな中、宮内(荒川良々)が気がかりな情報を仕入れてきた。野上フーズが、国産食材を使ったイタリアンフェアを計画しているというのだ。野上フーズに対抗するため、雛子はフェアの日程の前倒しを指示するが、大牙をはじめとする社員たちは猛反発。

雛子は浅海に「社長のようになりたかっただけなのに」と弱音を漏らす。しかし浅海は社長として、雛子が想像する以上の孤独を抱えていて…。

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

雛子は浅海と大牙の一体どちらと恋愛に発展するのか、今後の展開から目が離せません。浅海はただ同僚として雛子に優しいのか、恋愛対象として見ているのか、全く分かりません。でも、浅海にあんなに言われたら誰でも浅海が好きになってしまう気がします。ただ、大牙も魅力的で、雛子が羨ましいくらいです。浅海は自分でも気づかないくらい孤独なのかもしれません。

30代

なんとか「いい社長」になろうと頑張る雛子が、空回りするのが見ていて辛かったです。でも大牙がそれに気づかせてくれて、いつもの雛子に戻ってほっとしました。大牙が自分の気持ちに気づいた時に、雛子は浅海社長を抱きしめているなんて、もうこれからの展開が楽しみでたまりません。浅海の知らないところで野上と会っていた専務の動きも気になります。

40代

浅海は雛子のどこを気に入って社長にしたのでしょう。浅海のような社長になろうと頑張る雛子は、生き生き仕事をしているように見えました。しかし、社員たちは一人で暴走する雛子のやり方について行くことが出来ません。社員たちに嫌われ落ち込む雛子。今までみんなが雛子に付いてきたのは、雛子が社員の気持ちに寄り添う社長だったからです。浅海の「誰のことも信じなければ良い」という言葉が衝撃的でした。大牙が頼りになる部下で良かったです。大牙のおかげで、雛子は自分らしさを取り戻すことが出来ました。一歩一歩頑張る雛子を応援したいです!

50代

今回は、いい社長について考えさせられました。確かに高梨雛子が言っていたように、迷わず決断できて部下に指示して冷静にいられるのもかっこいい姿ではあるけれど、人それぞれ持っているものが違うから、浅海寛人の真似をしても同じことはできないよなと思いました。宮内剛もついにキレていました。人の上に立つのは難しいことだなと改めて思いました。そしてまた野上フーズが企画をかぶせてきましたが、誰かスパイがいるのではないかと思いました。葛原啓次郎も野上豪と会っていましたし、水科柚とも知り合っていました。あと、いつの間に高梨雛子は浅海社長のことそんなに思っていたのか少し疑問には思いますが、次週も楽しみです。

30代

雛子がいい社長になろうと空回りするところがちょっと痛々しいと思いました。「私についてきてください!」というのは確かにかっこいいかもしれませんが、それは独断になってしまいますよね。結局社員みんなが振り回されてしまいかわいそうでした。そして野上フーズに頭を下げるというのもちょっとどうなんだ?という展開でした。野上社長の怪しい笑みが不穏な予感しかありません。

30代

雛子が壁にぶつかりながらも、みんなの力を借りて少しずつ前に進んでいる姿が印象的でした。また、大牙くんと浅海社長との恋がじわじわと進んでいる感じがむずキュンでした。雛子は浅海社長が気になっているみたいですが、雛子がピンチの時にいつも助けてくれるのが大牙くんなので、この三角関係がどんな風に展開していくのかが楽しみです。

30代

心に嘘がない高梨雛子。バカだなぁと思う時もあるけれどそのピュアさが部下の心をいつの間にかつかんでいる。ムチャブリで社長になったのに自分も部下にムチャブリした今話。腹心の部下だった宮内がついに切れてしまいハラハラしましたが、波乱があってより結束の強まったリレーション・フーズ。社長って何?の答えが少しずつ見えてくるようで毎回興味深いです。

60代

ひなこ社長の毎回のファッションがとてもオシャレで今回もたくさんカラーものを着てらっしゃって素敵でした。フワフワした感じで社員の方々に支えられながらぶつかることはありながらもちゃんとみんなから慕われてて羨ましい環境だなと感じます。何もよりも1番はやっぱりあさみ社長とどうなっちゃうんだろうというワクワク感と大牙くんがきて三角関係になりそうな予感がめちゃくちゃ出てて、早く次回が見たくて仕方ないです!

30代

今回は、高梨雛子と浅海寛人の関係がぐっと縮まった話でした。さらに、大牙涼も自分の気持ちに気づき、見事に三角関係になった気がします。浅海寛人の誕生日を祝うのに、ケーキじゃないところも、おちゃめで面白かったです。高梨雛子が、いい社長になるために頑張っていましたが、空回りして、失敗して、でも結局みんなに助けられて成し遂げていくところを見ていると、応援したくなりました。

30代

大牙に社長らしくないと言われ知美の助言で浅海のような社長になると張り切る雛子だけど表面上しか合ってなくて空回りして皆を怒らせてしまうのは見ていられなかったですね。知美が面接に来て思わず深山が合格と言ってしまって笑えたし、宮内が慌てたのも面白かったです。大ピンチを乗り切ろうとライバルの野上フーズに頭を下げるとか度胸があって感心します、思ったようにはいかなかったけど成功して良かった。大牙が雛子を好きな事に気づいてキュンとしたし、雛子は浅海の誕生日を祝って抱きついてキュンとしたし恋の展開もお店も目が話せないですね。

40代

会社の方は、今回も張り切りすぎてからまわりしながらもイベントもうまく行ったし、よかったと思いました。そして、恋愛模様が少しずつ動き始めていて松田翔太も志尊淳もかっこよくて、どっちとくっつくのか?どっちともくっつかないのか?と、展開が気になります。主人公は松田翔太演じる社長のことが好きみたいですが…自分の前では笑える、なんて言われたら好きになっちゃいますよね。

30代

今回も楽しい回でした。何より大牙と雛子、浅海社長の恋の進展!?にドキドキしてしまいました。大牙と雛子のお互い飾らない、言いたいことを言い合える自然体の関係も良いし、浅海社長との独特な2人の空気感も好きだし、今のところ、どちらとくっつくのか全く分からないほどです。これから雛子の恋の行方が気になります。大牙の恋も浅海社長の恋も応援したいです。今から来週が楽しみです。

30代

浅海寛人取締役社長が宿泊場所に来てびっくりしました。浅海寛人さんが大牙くんは高梨くんの事をどう思うといきなり聞いていて恋愛の事を聞いているのかとびっくりしましたが社長としてどう思うのか聞いていてなるほどと思いました。高梨さんと社長が二人きりで高梨さんが何を話せば良いのか分からなくてご趣味は聞いたのは面白いなと思いました。

30代

雛子が浅海のような社長を目指すも部下と衝突してしまうのが見ていて辛かったですが、雛子が泣きながら浅海に相談する姿はとても可愛くて応援したくなりました。色々あっても最後にはまた部下と楽しく仕事ができるようになったのも良かったです。また、葛原が裏切り者かという疑惑や、雛子の恋愛模様も動き始めた感じがして、これからの展開に期待できました。

30代

第6話あらすじ・感想

勢いで浅海(松田翔太)を抱きしめてしまった雛子(高畑充希)は、激しく自己嫌悪。「プチボナール」の新店舗5店舗オープンに向けて、大牙(志尊淳)の計画に沿って店の物件やシェフの選考を進めることになるが、身が入らない。

そんな中、雛子の母・令子(草刈民代)が突然現れた。

きちんとした性格で、計画通りに物事を進めなければ気がすまない令子は、起床時間からお弁当作りなど1日の過ごし方の完璧な計画を立て、雛子は仕事でも自宅でも追い詰められるハメに。

しかも、ようやくやってきた休日。令子が外出した隙に、雛子がゲーム&ビールのダラけた休日を満喫していると、令子が大牙を連れて帰ってきた!

外出先で大牙と偶然知り合った令子は、彼とすっかり意気投合してしまったのだ。

その後、会社にまで押しかけてきた令子と、浅海、大牙の4人で食事をすることになった雛子は生きた心地がしないが、新店舗の準備でも思いがけないピンチが発生し…!

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

大牙が雛子に猛烈なアピールを始めていて、大牙がカッコ良くて仕方ないです。雛子の気持ちはまだ浅海に向いていますが、大牙に向かう日が来るのもアリなのではないかと感じています。野上が浅海と過去に一体何があったのかが気になりますが、雛子が野上につぶされるのはおかしいですよね。でも、雛子には野上の妨害を跳ね返す力があるはずです。

30代

高梨雛子と浅海寛人は、お互い両思いな気がするのに、距離が縮まらない感じが、見ていてもどかしいです。最後に、大牙涼が高梨雛子を抱きしめたシーンにキュンとしました。次回は、この2人の仲が進展するのか楽しみです。割ってしまったワイングラスを買って渡す気遣いが、出来た男の子だと感じました。プチボナールのお弁当も色鮮やかで、美味しそうで、実際買って食べたくなりました。

30代

高梨雛子と浅海寛人は、お互い両思いな気がするのに、距離が縮まらない感じが、見ていてもどかしいです。最後に、大牙涼が高梨雛子を抱きしめたシーンにキュンとしました。次回は、この2人の仲が進展するのか楽しみです。割ってしまったワイングラスを買って渡す気遣いが、出来た男の子だと感じました。プチボナールのお弁当も色鮮やかで、美味しそうで、実際買って食べたくなりました。

40代

パンチのある母親役をやらせたら右に出る者はいない草刈民代。今回は「計画」を振りかざし娘に迫る、強引だけど愛情深い母親を実に魅力的に見せてくれました。そんな母親が気に入ったのは大牙君。優秀だけれど人付き合いに不器用な青年。演じる志尊淳にいい色気があって引き付けられます。しかし毎回困難にぶち当たりながら上手いアイデアが浮かぶ雛子はすごい!困難こそ成長の源と思わせてくれます。しかし野上の標的にされて今後さらに苦しみそう。雛子の健闘を期待します!

60代

5店舗同時チェーン展開に向けて忙しく準備を進める面々。またライバル会社から決まりかけていたテナントを奪われるなど妨害されるも、「ひなこらしさ」で良いアイディアを出し乗り越えて、今回も自分も頑張ろうと思える内容でした。加えて、前回から始まった恋の三角関係もキュンキュンとまではいかなくとも、クールになりきれない志尊淳くんがツンデレ感があってたまらない。三角関係が気になるー!と思ったところ、まさかの優香さんを巻き込んでの四角関係に…先が気になる!

30代

昨日は雛子のお母さんが登場、雛子とは違いなんでも計画通りに物事を進める対照的な性格で面白かったです。前回は勢いとは言え社長を抱きしめてしまった雛子でしたが、今回の最後は逆に大牙抱きしめられてしまい、社長も雛子に好意を持っているようなので、この先の展開がどうなるのかが楽しみです。また雛子達の計画を妨害してくる野上は過去に大事なものを浅海に奪われたことで恨みがあるようで、雛子の店と雛子自身を潰すという発言から、一体何があったのかとても気になります。やっと少し、雛子のドタバタからちょっと変わって行く感じが見えてきて、次週も楽しみです。

40代

浅海社長と部下の大牙くん、どちらと恋愛関係が発展していくのか今後が楽しみになりました。私は、大牙の冷たいところもあるが実は優しい性格がいいなと思うのでくっつくなら大牙がいいのですが、雛子が浅海社長のどこか謎めいた雰囲気を絆してもっと人間味のある部分を引き出してほしいなとも思います。松田翔太が好きで見始めたドラマですが、他会社に妨害も受けながらうまいくのかというドキドキや恋愛関係のハラハラ感が楽しくて今後の展開にも期待したいなと思いました。

20代

雛子の母親が初登場し、いろいろと掻き乱すのが面白かったです。雛子が実家を出る時に、人生計画表なるものを作成して母親に提示して一人暮らしを許可してもらったというのが雛子らしいなと思いました。浅海社長が雛子のことをあからさまに意識しているのも、大牙が雛子にどんどん惹かれていっているのも見ていてきゅんとしました。更に最後の大牙のハグシーン、思わず涙が出ました。これからどうなっていくのか楽しみです。

30代

5店鋪同時オープンを目指し社長から声を掛けられた宮内が張り切って計画的動き出したのは笑えます。雛子のお母さんが家に突撃して来て人生計画書を出したのはビックリでした。大牙とお母さんが意気投合したのは和んだし結婚したら上手くいきそうですね。浅海も雛子が気になっているけど愛が分からないなんて切ないです。仕事は順調に進んでいたのに野上が宣戦布告して衝撃でした。浅海に何を奪われたのかは気になります。雛子の機転で期日までにオープン出来て良かった。大牙と良い雰囲気になったのはキュンを期待したいですね。

40代

大牙くんを家に連れてくる母、グッジョブ。そして大牙くんといい感じで良いです。一方、浅海社長と思ったよりギクシャクしていたけど、ここでも母、グッジョブです。3人でお食事と思いきや、大牙くんも同席したのはちょっと気まずいですが。会社のほうは珍しくスムーズと思いきやまた妨害とは…野上フーズ、そんなことしてる場合なんでしょうか。自分のとこの事業だけを頑張ってほしいところです。ラスト、浅海社長と元カノのハグを目撃して去る主人公。会社でそういうのやめてくれよと思いつつ、用事あって来たんじゃないの?大丈夫?と思ってしまいました。来週は大牙くんがグイグイ来る感じで楽しみです。

30代

高梨雛子が書いた人生計画表を持って現れた高梨雛子のお母さんが、娘を計画的にしっかり生きてほしいと願う気持ちや心配な気持ちがすごくよく伝わりました。しかし、高梨雛子からしたら自分の好きに行きたいという気持ちもわかります。お互いが折り合いをつけながらやっていくのも大切だなと思いました。また、大牙涼が高梨雛子のことを意識しだしてうろたえていておもしろかったです。ラストのシーンで大牙涼が泣いてる高梨雛子をぎゅっと抱きしめたときにはキュンとしました。野上豪がこれからどう潰しにくるのかも気になります。

30代

雛子のお母さんが突然押しかけてきたり大牙くんを連れてきたり社長まで巻き込んだりとちょっとやりすぎ感がありました。お母さんがことあるごとに「計画性」を口にしていましたが、実際の人生では計画通りにいかないことの方が多いし、社長になると思っていなかった雛子の人生の方がワクワクしそうだと思いました。浅海社長と桧山さんとの関係も気になります。大牙くんが突然雛子へハグしての急展開にびっくりしました!

30代


第7話あらすじ・感想

浅海(松田翔太)と凛々子(優香)が寄り添っているところを目撃してしまった雛子(高畑充希)は、大ショック。

大牙(志尊淳)は傷ついた雛子を抱きしめ「あなたを嫌いなわけじゃない」と不器用に思いを伝えるが、雛子は慰められただけだと大牙の行動をスルーし、誤解を解こうとする浅海の弁明も聞こうとしない。

短期の雇用期間を満了した知美(夏帆)は、雛子の会社の正社員になることが決定。家庭でも職場でも完璧主義者の知美を雛子は心配するが、知美はやる気満々だ。

一方、「プチボナール」のテイクアウト専門店で出している弁当を、総合スーパーで全国展開するという仕事を大牙が請け負ってきた。事業拡大のチャンスと意気込む大牙は、宮内(荒川良々)たちから「好きな人にも積極的にアプローチするべきだ」とけしかけられる。
休日に突然押しかけてきて、ゲームをしたり食事を作ったりする大牙に、困惑する雛子。

凛々子から雛子への思いを指摘され、「恋は自分の人生に必要ない」と雛子と距離を置くことを決意する浅海。そんな中、雛子の会社はスーパーに弁当を出すための調整でますます忙しくなり、家庭と仕事の両立で追い詰められた知美は、夫と口論になってしまう…!

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

大牙が積極的すぎて、素敵すぎます!雛子はあまり気づいていないようですが、そろそろ動きがあっても良いのではないかと楽しみにしています。雛子と大牙がせっかく新しいフィールドを開拓したのに、またしても野上フーズが邪魔に入る予感がして、浅海と野上の間に一体何があったのか早く教えて欲しいです。大牙が雛子を裏切らないことを願います。

30代

浅海社長が雛子にコンサルの桧山さんと抱き合っていたことに弁明を求めるシーンが初めて感情をあらわにした気がして意外でした。今まで雛子への気持ちが読めなかったですがやはり気になるのでしょうか。私も子供がいるので知美ちゃんの葛藤は少しわかるところがありました。連絡が取れなくなったときは本当にいなくなったと思いましたが、電車で寝過ごしただけ、というところはちょっと拍子抜けでした。大牙くんがどんどん雛子に積極的になっていてちょっと驚きですが面白くなってきました。

30代

家庭と仕事の両立で頑張りすぎる知美の様子が、とても共感を呼んで良かったです。そして、そのじんわりした感動を吹っ飛ばしたのが、終盤の大牙くんのキス!うっわーっ!耳の辺りを親指で愛おしそうに撫でながらのキス!脳内が沸騰しました。どちらかと言えば、私は社長派だったのですが、大牙くん派に一気に転びました。今後の恋の行方が楽しみです。

50代

まさかの大牙の猛アタックが不器用過ぎて可愛かったです。そんな大牙がいきなり雛子にキスするシーンではドキドキが止まりませんでした。それにしても野上フーズのあのボンボンには腹が立ちます。専務にも腹が立ちまくりです。慕っている大牙を理由するなんて、本当に最低で最悪なヤツです。契約前だったのがせめてもの救いであって欲しいと願うばかりです。

40代

いつもクールなのに、必死に言い訳をする浅海寛人が面白かったです。今回は家庭と仕事の両立のお話で、共感できる内容が多かったです。私も、旦那と全く同じ内容で揉めたことがありました。大牙涼のアプローチも高梨雛子は気づいていなくて、その鈍感さが可愛かったです。最後にキスしていましたが、今後、2人の関係が進んでいくのか楽しみです。

30代

佐々川知美が何でも完璧にしたくて家事も仕事も一生懸命こなそうとしていて、自分でも知らないうちにパンクしてしまう気持ちがわかりすぎて泣きました。旦那さんの協力も自分がやったほうが早いのもわかるし、やってもらうことに罪悪感持つのもすごくわかります。浅海社長のそういう人こそつぶれやすいと助言できるところはかっこよかったです。何よりラストの大牙涼がかっこよすぎです。あのキスにキュンキュンしました。ご飯誘ったり、家に行ったり、ケーキどっちがいいか聞いた時にはびっくりしました。そんな大牙涼が次回何か疑われそうな感じだったので、きっと葛原啓次郎にうまく利用されたのではと思いたいです。

30代

現実にも起こりえる、仕事と家庭の両立がテーマとなっていた第7話。共感できるセリフや気持ちが多く、見入ってしまいました。恋愛模様も一気に加速した回で、数々の胸キュンシーンをしつこくない程度に入れているところが、見てて飽きないです。今後恋愛模様もどうなっていくのか楽しみです。そして最後に、大牙涼くんが裏切り者?という展開。来週以降も期待したいドラマです。

20代

今回のお話は仕事と家庭の両立についてが描かれていて、共働きでも母親の方が負担が大きいことが多い今の世の中を分かりやすく表しているようでした。とても客観的に見れると思うので、家事や子育てを一緒にするという感覚ではなく、手伝うという感覚の男性に見てもらいたい回でした。また、恋愛模様や会社の問題もどれも気になり、今後も楽しみになりました。

30代

主に家事、育児をしていた人が正社員になる事で家事と仕事の両立の大変さが凄く分かりました。会社が頼れる環境なら頼るべきだと思いました。三角関係の様なそれぞれの思いがどうなるのかとても気になりました。どちらとくっついて欲しいとかはないのですが。アドバイス通りのわかりやすいアプローチはとても可愛らしく見えました。

30代

昨日の放送では知美が正社員になり、仕事と家事を完璧に両立しようと頑張る知美ですが、時間が経つにつれて家事がおろそかになり、夫とも口論に。私も雛子よりは知美と似たような性格なので、気持ちがよくわかり、自分を見ているような感じでした。プチボナールと総合スーパーとのコラボの件では裏で野上が手を回していると思ったらやはり、予想通りでした。この危機を雛子達はどうやって乗り越えるのでしょうか。また、大牙が雛子に急に積極的になり、社長と大牙の不器用男子は見ていて面白いです。

40代

大牙から雛子への好意のアプローチが怒涛でした。ついに思いが爆発し、大牙を演じる志尊淳自身が恋愛は苦手だと打ち明けていますが、それを感じさせない見事な演技力で、私は勿論世間の女性たちを虜にしていると思います。ですが、第7話の最後で、実は上司からの命令だったかもしれないことが分かり、またハラハラさせる展開を持たせられました。

20代


第8話あらすじ・感想

大牙(志尊淳)から突然キスされた雛子(高畑充希)。

大牙の真意がわからず仕事も上の空だが、そこに浅海(松田翔太)がやって来た。浅海に言われるままに、「プチボナール」の弁当の総合スーパーでの展開を仲介している会社に連絡した宮内(荒川良々)は、担当者が退社したと言われて絶句。

このままでは、「プチボナール」のソースのレシピが盗まれ、本店もテイクアウトの店も大打撃を受ける…!背後で「野上フーズ」が動いていると確信した社員たちは、社内にスパイがいるのではないかと疑心暗鬼に。

そして様子のおかしい大牙がいて…。
雛子は大牙を飲みに誘うが、ついキスのことを思い出してしまい…。そんな中、葛原(坪倉由幸)と野上(笠松将)は浅海を社長から引きずり下ろすために画策。浅海はそれに気付いているようで…?

そして、姿を消してしまった大牙を心配した雛子は、彼の自宅へ向かうが…!?

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

大牙からキスされて、動揺している雛子の一人突っ込みが面白かったです。大牙は、結果的に雛子を裏切る形になってしまいました。雛子は落ち込む大牙を慰めますが、いつもの大牙に戻ってくれません。さらに、水科が付き合っているのが野上だと分かりました。野上が水科に近づいたのは偶然なのか、意図して近づいたのか?野上が言う通り、浅海が野上たちの特許を盗んだとしたら、恨まれるのも無理はない気がします。野上は浅海に仕返ししますが、野上に酷いことをされた雛子は、別の方法で自分たちの失敗を挽回しようとします。そして、大牙はやはり真面目で誠実な人でした。そんな大牙を応援したいです。

50代

今まで失敗したことのない大牙の落ち込みっぷりは、雛子もお手上げのかなりの重症でしたね。それだけ責任を感じているのだと思うと大牙らしいと思いました。何とか大牙が復活出来てホッとしていたところに、浅海が退任させられるなんて。葛原専務のやり口には本当に腹が立ってしまいました。退任された浅海が心配でたまりません。

40代

大牙君が真実を知ってショックのあまりおやすみしてしまうところがちょっと中二病っぽいなと思いましたが、真面目なんでしょうね。雛子が彼を引っ張り上げようと画策するところは上司としては素敵な姿だと思いました。大牙くんもなんだかんだで復活してくれてよかったです。良々さんの痔じゃないの?という発言は面白かったです。浅海社長がどうなってしまうのか気になります。

30代

野上の浅海への恨みが少しだけ見えてきましたが、どうしても逆恨みにしか思えませんでした。まさか浅海を解任にまで追い込むとは思っておらず、野上はどこまで介入してくるのか怖いです。大牙が裏切り者でなくて安心しました。大牙がやっと大牙らしくなり、しかも雛子に自分の気持ちを伝えたラストシーンはキュンキュンしっぱなしでした。

30代

過去に浅海が、野上から情報を盗んだということが発覚して驚きました。野上が主張しているだけなので、本当かどうかも分からないし、なにかの誤解であって欲しいとも思いましたが、何よりも、その自分の復讐のために紬を利用したことが許せませんでした。ただ、これも、本当に紬に気がなかったのかが明かされてはいないので、せめて、紬への想いを少しは持っていてほしいと願いました。

30代

また野上フーズが雛子達の邪魔をしました。レストランのレシピを盗んで安くお弁当を販売することになったのです。悪いのは浅海を追い出そうとしている葛原でした。大牙は利用されたのです。でも、専務に取り入って本社に戻りたい気持ちがあったことを自分で許せません。みんなに話して謝ったのは、人として立派でした。またやり直せそうで良かったです。野上は浅海に技術を盗まれた恨みがあったことがわかり、驚きました。でも、浅海がやったとは信じられません。

60代

今回はとにかく高梨雛子の心の声が面白すぎました。焼き鳥を一緒に食べてるシーンでは、キスを皮と皮の接触という表現の仕方をしてあたふたしていたし、大牙涼の家でのシーンでは、高梨雛子が一生懸命フォローしているのにもかかわらず大牙涼の気分が落ちまくっていて全く返しがなかったところなど、笑えました。挫折したことないからこんなにも落ちまくっていたのかとわかったけど、やっぱり高梨雛子との言い合いで復活できたみたいでよかったです。ラストの抱きしめたところもキュンキュンしましたし、抱きしめ方がよかったです。また浅海寛人が解任されてしまったみたいで、この先どうなるのか楽しみです。

30代

ソースのレシピが野上フーズに渡ってしまい、大牙は知っていて情報を流したのかと思ったのですが、専務に騙されていたようです。真面目な大牙はショックで会社を休んでしまい、心配な雛子は大牙の家へ。おしゃれなマンションにでも住んでいるのかと思いきや、実家は意外にも商店街の金物屋でした。何回も家に行くのと、弟と仲良くなるところが雛子らしいなあと思いました。それと弟が大牙の口調と一緒なのが面白かったです。雛子のおかげで会社に復帰した大牙、その一方で浅海は社長を解任されてしまい。会社は一体どうなってしまうのでしょうか。予告で雛子に家に社長がいたので、今度は社長と雛子の展開が楽しみです。

40代

野上が浅海社長にどんな恨みがあるのかやっとわかった今話。その結果、大牙や柚が傷つく事になりましたが大牙がこんなに落ち込むとは…。しかし度重なる野上の横やりにも全くくじけなくなった雛子は始まった時と別人です。それは彼女だけでなくレストランのシェフ、社員も同じ。皆次々降りかかる試練をものともしなくなって素晴らしい!心から失敗が成長の糧と思えるドラマにまた前向きな気持ちにしてもらえました。雛子と大牙の喧嘩シーンは、思っていること全力公開で毎回清々しく大好きです。

60代


第9話あらすじ・感想

大牙(志尊淳)に抱きしめられ、彼を抱きしめ返した雛子(高畑充希)。

しかし自分の本当の気持ちがわからず、大牙を全身で受け止めることはできない。一方、葛原(坪倉由幸)の裏工作により社長退任に追い込まれた浅海(松田翔太)は、野上(笠松将)が開発したIT特許技術を盗んだ行為について葛原を諭すが、葛原は聞く耳を持とうとしない。

浅海の退任の一因が自分の会社の業績悪化にあると知った雛子は、姿を消してしまった浅海と連絡を取ろうと右往左往。するとそこに、浅海から連絡が入った。マスコミを避けるために公園にいた浅海を、雛子は自宅に連れ帰ることに。

同じ頃、大牙は葛原に訣別を言い渡し、雛子が提案したショッピングモールのフードコートへの出店に向かって尽力し始める。

浅海と一緒にカレーを作ったり、休日を過ごしたりする中で、彼の本当の姿に触れる雛子。

浅海はそんな雛子に、自分よりいい社長になれるとエールを送るが、そんな中、出張帰りの大牙が雛子の家にやってきた!浅海と大牙の間で、雛子の気持ちは大きく揺れ動くが…!?

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

最終回直前で雛子の恋愛模様が大きく動いていて、もう大混乱です。雛子と大牙がやっと付き合うのかと思いきや、ここに来て浅海が雛子に大接近して雛子がどちらを選ぶのか目が離せません。野上はずっと浅海を憎んでいましたが、野上が憎む相手は浅海ではなく葛原だったとしたら、野上はますます自分を嫌いになってしまうような気がします。

30代

浅海寛人と高梨雛子の料理できない同士の料理は面白かったです。高梨雛子と大牙涼のリモート会議での素で話せてる感じもとてもいい感じでよかったです。しかし終わりにすると言われて結構ショックでした。高梨雛子の家での3人も面白かったし、大牙涼のヤキモチも可愛かったのに、残念です。これからの大牙涼も気になりますが、特許を盗んだであろう葛原啓次郎と、野上豪もどういう結果になるのか気になります。浅海寛人は部下が悪いことしたのも含めて社長の責任と言えるかっこいい社長なので、復帰できたらいいなと思いました。

30代

社員の中で浅海の事を本当に心配している人はいるのでしょうか?一番弱っている時に、浅海が雛子を頼ったのは、浅海が雛子を信頼していたからだと思います。浅海は何も感じていないように振舞っていますが、浅海の本音は何処にあるのでしょう。雛子の前で見せる浅海が、意外に世間知らずで純粋なことに驚きました。浅海が誰にも心を許さず働いてきたのは、自分が傷つかないために予防線を張っているだけだと思います。雛子はそんな浅海を理解することが出来るのでしょうか?大牙との関係がどうなっても、雛子には浅海の味方で居続けて欲しいです。

50代

社長を解任されて行き場をなくした浅海社長が雛子の家に来て素の顔を晒しているところがすごくかわいかったです。まさかのお風呂上がりにピンクのパジャマ着ちゃうなんて。大牙くんも明らかに嫉妬してマウンティングしてるところが彼らしいなと思いました。思わず雛子が本音をぶつけてしまい、出ていく浅海社長が2日めのカレー美味しかったよ、というところがさみしそうで悲しくなりました。

30代

雛子が浅見社長を家でかくまうようになって浅見社長が何も経験がないことが判明して可愛かったです。リモートで大牙くんにバレないように必死なところとか、大牙くんにバレて3人でカレー食べてる時にとりあえず笑顔で息止めてるところが雛子らしくて可愛いし、面白かったです。浅見社長と雛子が付き合うなら最終回までにもっと一緒のシーンがたくさん見たいと思いました。

10代

何も考えずにコメディを見て、週の真ん中にちょっと現実を忘れられました。雛子の家は散らかっているとはいえおしゃれだし、雛子の周りの2人は見ていて癒されます。社長が解任されて家に転がり込み、思いを告げた涼とのドタバタが始まるという、9話にしてようやく明らかな三角関係になりましたが、もう残りが少なくて、ラストに向けて詰め込み展開になりました。ドタバタした三角関係がもう少し見たかったな、と前半のゆっくり展開を少し残念に思いました。

50代

浅海は社長を辞めさせられましたが、事実を淡々と受け止めています。雇ってくれる所がなかったから企業したそうなので、流れに逆らわないことが身についているのかもしれません。雛子はこのままで良いのかと感情をぶつけたのて、浅海が動き始めると良いです。葛原が野上の会社を追い詰めたことがわかったので、野上が浅海と組んで、葛原を追い込んでほしいです。

60代


第10話(最終回)あらすじ・感想

「リレーション・フーズ」の解散が言い渡され、自分の無力さに打ちひしがれる雛子(高畑充希)。

家を出て行った浅海(松田翔太)からの連絡も途絶え、大牙(志尊淳)からも「僕は終わりにする」と言われてしまった雛子は、自分の“幸せ”がどこにあるのかわからなくなってしまう。

自分のことはさておき、社員の幸せな未来のために奔走する雛子が会社を辞める覚悟だと察した大牙は、「リレーション・フーズ」を本社から買い取ろうと決意。宮内(荒川良々)をはじめとする社員たちは張り切るが、そう簡単に買収に必要な金額が集まるはずもなく…。

そんな中、(片山友希)に連れられて、野上(笠松将)が現れた。「野上フーズ」を辞めた彼は、雛子の熱意に敬意を表し、銀行や投資家を紹介すると申し出る。雛子たちは盛り上がるが、葛原(坪倉由幸)は既に「リレーション・フーズ」の売却先を決定済で…。

万事休すの雛子たちは会社の解散を覚悟するが、そこに思いがけない人物から連絡が入る!

引用:ドラマ『ムチャブリ!』公式サイト

成長していく雛子が頼もしく、元気の出たドラマでした。初めての社長、そしてこれまで経験したことのない困難の連続にも拘わらずいつも前向きな雛子。逃げずにただ真正面から困難に向かい合う。それが乗り越える道を見つけるただ一つの方法なのだと教えられたように思います。最後まで大牙とのやり取りには笑わされ、楽しませてもらいましたが熱烈なキスには女性としての成長も感じられドキドキ。本社の社長となった雛子の後日談もぜひ見たいものです。

60代

前回社長を解任された浅海社長ですが、最終回であっという間に返り咲いてさすがでした。アフリカに行く、という展開はびっくりしましたが彼らしいマイペースさが出ている決断だなと思いました。浅海社長は雛子が好きだったと思いますが、もっと感情を出してほしかった気がします。ラストの大牙くんとのキスシーンは自然でよかったです。

30代

望んでいたエンディングでめちゃめちゃ嬉しかったです。雛子ってやっぱり最高です!リレーションゲートの社長になっても相変わらずの雛子でよかったです。雛子が大好きなゲームをこっそり猛練習する大牙もまた最高でした!いつかスペシャル見たいですねー。あれから数年後、社長を頑張る雛子と、相変わらず雛子を全力で支える大牙が結婚する展開だったりすると本当に嬉しいです!

40代

最終回とは思えないくらいあらゆることが起こりすぎて、超絶盛り沢山の内容でした。この盛り沢山の感じがムチャブリ!らしくて大好きです。雛子は最後まで浅海を選ぶのか、大牙を選ぶのか分からず、非常に気になりました。浅海の突然の思いつきには圧倒されっぱなしでしたが、浅海はずっと自分の後継者を探していたのかもしれません。

30代

何だかいろいろ急展開な最終回でした。会社の問題がドラマ開始20分で片付いたのにまず驚きました。野上豪が急にいい人になっていて、水科柚がブチギレたシーンは面白かったです。浅海寛人も株集めて社長に復帰したことにもまた急で驚きました。さらにまた社長辞めてアフリカに行くとか考えてることがぶっ飛んでいて少しついていけませんでした。高梨雛子は一緒に行くことをやめ、浅海寛人の後任をしっかりやろうとしていて、そばに大牙涼がいることが嬉しいです。最後のキスにもびっくりしましたが、雛子さん呼びにはキュンキュンしました。2人がうまくいくといいなと思いました。

30代

浅海のおかげで、雛子は自分の会社を守ることが出来ました。全財産を投げうって会社の株を買い取るなんて、やはり浅海は只物ではないです。深山の言う通り、与えられた選択肢の中から、どれも選ばない選択はありだと思います。浅海にとって、今回の事は自分を変える切っ掛けとなったようです。浅海からアフリカに付いてきて欲しいと言われた雛子。浅海を選んだら、今まで築き上げてきたものを、全て捨てなければなりません。仕事が軌道に乗っている時に、それを捨てるのはとても勇気がいる事だと思います。そんな中、雛子は浅海から、もっと高いハードルを要求されます。少し心配ですが、これからの雛子たちを応援したいです。

50代

どっちを選ぶのー、ハラハラします。好きな人に好きなように生きてほしい、って大牙くんほんと優しい。浅海と雛子は最後まで言い合うんですね、「君はいろんな人をかえる力がある」っていいセリフいったあとのムチャブリ!もう慣れました、免疫ついた感じです。大牙くんが必要なんだよってさらっと言ったけど、言葉で言わなくても好きとわかってしまう気持ちにきゅんときました。

40代

ようやく全員の立場がクリアになって、雛子の仕事も恋もどうなるの?ってところからの最終回。浅海社長と大牙くんに挟まれる雛子の毎日をもう少し見たかったな、と名残惜しく思いました。恋愛要素があっても、仕事が中心にある、軸がぶれないお話で、週の真ん中で見ると少し元気になり、もう少し仕事頑張ろうって思えました。最後は雛子を支えたみんなが幸せになり、雛子も自分の心に従った決断をして、素直に良かったと感じられる、後味も含めて笑顔になれるお話でした。

50代


\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

ドラマ『ムチャブリ!』の見どころ・まとめ

日本テレビ水曜10時枠と高畑充希はこれまでも「過保護のカホコ」や「同期のサクラ」など名作を生んできました。『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』も面白いのではないかと期待できます。

変わり者の役が多かった高畑充希さんですが、今回の雛子はどちらかというと社会人に多いNOと言えずに長い物に巻かれるタイプで、働く人達に共感を得られる作品です。

そして、注目しているのが、野上フーズホールディングスの野上豪役の笠松将さんです。綾野剛さんを彷彿させる笠松将さんは、NEXTブレイク俳優として目が離せません。

雛子と反りが合わない大牙涼、無茶ぶり社長の浅海寛人に加えて、野上はこれから雛子とどのように関わっていくのか楽しみです。

ダメダメな社長の雛子が困難を乗り越え、会社を経営していく過程を楽しみたいと思います。

『ムチャブリ!』を見逃した方は、ぜひhuluの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも2週間無料で試すことができます。

\今すぐ無料で観たい方はこちら/

無料期間中の解約で動画が無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です