ドラマ『逃亡医F』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2022年1月15日(土)からスタートのドラマ『逃亡医F』のあらすじや感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『逃亡医F』の動画を無料で視聴する方法

ドラマ『逃亡医F』は、動画配信サービスhuluまたはTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方はTVerで見ることができます。TVerでは地上波放送後、期間限定配信です。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、huluで見ることができます。

huluなら1話から最新話まで全話配信

huluでドラマ『逃亡医F』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

注意
huluの2週間の無料お試しを利用することで、1話から最新話まですべて無料で見れます。

huluで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

ドラマ『逃亡医F』作品情報

【放送日】毎週土曜日 夜22:00~(日本テレビ系列)

天才外科医の藤木圭介は、恋人の研究医・八神妙子を病院の屋上から突き落とした殺人未遂容疑で指名手配されます。藤木は無実の罪をはらすらめ、事件の鍵を握る八神妙子の共同研究者の都波健吾を探し始めます。

鳴海健介という偽名を使い、海洋観測船・第一海風丸にアルバイトして乗り込む藤木。第一海風丸の観測員・沢井美香子は、指名手配犯であることに気づくのですが、船上で大事故に巻き込まれてしまいます。

沢井を助ければ身元が発覚する恐れがある中で、医師として行動すべきか、逃げるべきかの決断に迫られた藤木は、天才外科医としての能力を発揮して沢井を助けるのです。

一方、八神妙子の兄・八神拓郎は藤木を許さず、刑事と共に執拗に追いかけてきます。八神妙子の研究成果を狙うバイオベンチャー企業の執行役員で八神妙子の親友・烏丸京子は敵か味方か分からない行動をとり、フェローの佐々木世志郎も絡んできます。

藤木は逃亡先で数々の人を助けながら、追っ手から逃げ、真実に近づいて行きます。

ドラマ『逃亡医F』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 藤木圭介/成田凌
  • 沢井美香子/森七菜
  • 八神妙子/桜庭ななみ
  • 八神拓郎/松岡昌宏
  • 都波健吾/酒向芳
  • 長谷川輝/桐山照史(ジャニーズWEST)
  • 烏丸京/前田敦子
  • 佐々木世志郎/安田顕
  • 幹こずえ/堺小春
  • 筋川二平/和田聰宏
  • 野末考/古屋呂敏

主演の成田凌さんは、2013年からMEN’S NON-NOの専属モデルになり芸能界入り、役者志望であったことから、ドラマ「FLASHBACK」で高梨臨とのW主演で俳優としてスタートしてます。

2016年に放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、石田ゆりこさん演じるゆりちゃんの部下としてゲイを告白し、最後、古田新太さん演じる沼田と対面するシーンが有名です。

2017年「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」に新人研修医として登場し、おどおどと自信がなかったり、PTSDで苦悩する演技がすばらしかったです。

2020年「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」では、病院薬剤師を嫌う屈折した薬剤師でしたが、最後は協力しあう明暗の切り替えの演技が良かったです。

ドラマ「逃亡医F」でも、これまでの医療系ドラマの経験が生かされると思います。

製作・スタッフ

  • 原作/伊月慶悟(原作)佐藤マコト(漫画)「逃亡医F」
  • 脚本/福原充則
  • チーフプロデューサー/三上絵里子
  • プロデューサー/藤村直人、本多繁勝
  • 主題歌/奥田民生「太陽が見ている」

ドラマ『逃亡医F』の原作紹介

原作は、漫画「逃亡医F」で、漫画雑誌『プレイコミック』に2007年から2008年に電子書籍として配信された作品です。

原作が伊月慶悟さん、作画が佐藤マコトさんによるものです。全3巻で完結してます。

佐藤マコトさんの作の漫画としては、映画やドラマ化された「サトラレ」が知られてます。

原作漫画「逃亡医F」では、海洋観測船・第一海風丸の船上以外で、日本中を逃亡しながら人々を助けて行き、最後は、恋人・八神妙子を救い、真相にたどり着きます。

ドラマでは、第一海風丸の観測員・沢井美香子役を森七菜さんが演じますし、彼女の運命を大きく変えて行くようなので、第一海風丸が舞台の軸であることは変わらず、船上や寄港した先で遭遇した事故や病人を藤木圭介は救って行く展開だと予想します。

結末は、藤木圭介が身の潔白を晴らす展開になって欲しいです。

ドラマ『逃亡医F』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想

天才的なオペ技術を持つ帝都医大の脳外科医・藤木圭介(成田凌)。前途洋々な未来が待っていたはずの藤木はその日、同僚で恋人の研究医・八神妙子(桜庭ななみ)を病院の屋上から突き落として殺害したという“無実の罪(冤罪)”を着せられ、天才医師から一転、警察に追われる殺人犯へと転落する……。

2週間後――。妙子の殺害事件の捜査本部に一人の男が乗り込む。妙子の兄で元自衛官の八神拓郎(松岡昌宏)。刑事の筋川二平(和田聰宏)たちの制止を振り切り、ホワイトボードに容疑者として貼られた藤木の写真を見つけた拓郎は、妹の恋人だった藤木が犯人であることを確信。藤木への異常なまでの復讐に燃える……。

そんな中、逃亡を続ける藤木は、『鳴海健介』と名乗り、ある人物に会いに行くため、海洋観測船・第一海風丸にアルバイトとして搭乗しようとしていた。先輩観測員・沢井美香子(森七菜)は、初めての後輩である藤木の指導に張り切る中、その手がツルツルであることに気づき、どんな仕事をしてきたのかと興味を持つが……。

その頃――。拓郎は、ある策略を巡らして筋川の弱みを握ると、藤木を追うための捜査情報を自分に横流しするよう迫っていた……!

一方、船上では、指名手配犯のポスターを目にした美香子が、『鳴海健介』の正体が恋人殺しの容疑者・藤木圭介であることに気づく……!

着々と藤木に近づく捜査網!そんな中、船上でまさかの大事故が発生し、美香子が利き腕を失うかもしれない大怪我を負う!逃げるのか、助けるのか?追っ手が迫る中、藤木は手術道具の少ない過酷な状況下で、自分にしか助けられない患者を前に、医師としての選択を迫られる……!

さらに、藤木の無実を信じる後輩医師・長谷川輝彦(桐山照史)、不審な行動を取る妙子の親友・烏丸京子(前田敦子)、そして、バイオベンチャー企業の天才研究者・佐々木世志郎(安田顕)と、事件を巡って藤木の周囲の人間関係が不穏な渦を巻き始める……。

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

主演の成田凌さんや協力者役の森七菜さんなど、演技力の高い若手俳優の方が主要キャストとして出演していることもあり、とても面白かったです。最後には追跡者である被害者の兄が迫り、もう捕まってしまうのではないか、とハラハラしましたが、麻酔を打って逃げたところで医者らしい逃げ方だな、と思ってしまいました。怪我を負ったり治療したりするシーンでは結構生々しい映像がありましたが続きも気になる為、今後も見続けたいと思います。

30代

圭介は恋人を殺害した犯人にさせられ、逃亡しなければならない身になってしまいましたが、圭介はハメられたような気がします。美香子は圭介が本当に犯人だったらと思うと怖かったはずですが、圭介の手や圭介の気持ちを理解して信じてくれました。美香子は圭介の良きパートナーになっていくような気がして、今後に期待しています。

30代

指名手配のチラシを見て藤木のことに気がついた美香が、恐る恐る藤木に名前を尋ねるシーンで、藤木が美香に自分の正体を明かすのを見て、やっぱり藤木は犯人じゃないと思いました。藤木に逃げるように伝えた美香を、あの状況でも助ける藤木は、天才というだけではなく医者としても立派な人でした。妙子の兄から何とか逃げ出した藤木には、絶対に真相を暴いて欲しいです。

40代

森七菜さん演じる漁師を目指す女の子が少しうざいなと感じてしまいました。力仕事の漁師の仕事でやはり女性が対等にやろうとするのは難しいと思います。逃亡医の藤木さんが案外早く見つかってしまい、逃げ続けるのはしんどそうだなと思いました。手術シーンでの懐メロは意外すぎてびっくりしました。松岡さん演じるお兄さんの藤木への執着もすごそうですね。

30代


第2話あらすじ・感想

逃亡中の雪山で滑落した藤木(成田凌)。地元の少年・健太(白髭善)に発見された藤木は、山麓の喫茶店店主・香川(升毅)の車に乗せられ、病院へと運ばれる。身元がバレることを恐れ、診察を拒む藤木の前に現れたのは、なんとギプスをした美香子(森七菜)!

藤木の冤罪を信じる美香子は、藤木が持っていた地図の情報を頼りに、力になりたいと駆けつけたのだ……。2人が駆け落ちだと早とちりした香川は喫茶店の2階を仮住まいとして提供する。

そんな中、藤木は、香川の店に荷物を預けている登山客の中に亡き恋人・妙子(桜庭ななみ)の共同研究者・都波(酒向芳)の名前を見つける。都波こそ、藤木が探していた事件の鍵を握る人物。妙子は殺される直前、藤木に、自分に何かあったら都波教授に会うよう言い残していた……。

その頃、刑事の筋川(和田聰宏)の弱みにつけ込み捜査に介入する拓郎(松岡昌宏)は、都波が研究で出張中と聞き、藤木と都波がどこかで待ち合わせをしていると推測。さらに、妙子の部屋の遺品整理をしていた自称友人の烏丸(前田敦子)に違和感を感じ、身辺を洗おうとする。

一方、香川の喫茶店に、健太の父・松田(林泰文)が、勤務先のローカルテレビ局のアナウンサー・島崎(馬場ふみか)と共に取材許可を取るべく訪れる。息子・健太の持病のせいで急な休みを取ることが多い松田は、生意気な島崎の尻に敷かれ、いいように使われているが……。店を手伝う藤木の正体が指名手配犯であることに気づいた松田と島崎は、スクープ映像を撮ろうと画策する……。

夕方。都波を探していた藤木は、ジョギングしている健太に鉢合わせる。急に咳が止まらなくなる健太を心配し、診察する藤木だが、持病があるせいで自分が両親の負担になっていることに悩む健太は、自分を患者のように扱う藤木に怒り出す……。病名を尋ねる藤木に、健太は「313」とだけ告げ、その場を去る。

そこに、スクープを狙う島崎が現れる! 島崎は、喫茶店の取材のふりをし、こっそり藤木を撮影しようとする……!逃亡を決意した藤木だったが、助けを必要とする患者が現れる!それは、自分を救ってくれた少年・健太だった!

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

美香子が圭介を追いかけてくれて良かったと思いました。圭介は一人ぼっちで妙子の事件の真相を探すにはあまりにも敵が多すぎて、あまりにも危険が多すぎて不安になっていました。美香子は自分を救ってくれた圭介をちゃんと信じてくれて、圭介も美香子の存在は本当にありがたかったはずです。健太のおかげで、圭介は何とか逃げ切れましたね。

30代

藤木さんが案外あっという間に沢井さんに居場所を突き止められてしまい、大丈夫かなと思いました。前田敦子さんが謎めいていてなおかつとてもきれいで印象に残りました。相変わらず手術の時に昭和歌謡が流れるとちょっと笑ってしまいます。録画していたビデオ持って逃げるあたりさすがです。ちょっとヤバイ安田顕さん見たかったのに今回登場しなかったので次回期待しています。

30代

藤木の語った、妙子からの電話の内容が気になりました。藤木は、「自分に何かあったら都波に会えと言われた」と話していましたが、妙子は「都波にあわせて」と発していました。会ってほしいなら、『会って』と言うのではないかと思い、『あわせて』が不自然に思えました。実は何か違った事を伝えようとしたのではないかと勘ぐってしまいました。

30代

都波を追って長野にたどり着いた藤木でしたが、そこでもやはり救わなければならない命がありました。見つけた道具を駆使して手術に及ぶ藤木を撮影する地元の局アナでしたが、最後にはカメラまで持っていかれてしまったのには少し笑いました。長野には拓郎と筋川もやってきており、次回は鉢合わせることになるのかと思うと少し心配です。

40代


第3話あらすじ・感想

健太(白髭善)のオペを終え、逃亡を続ける藤木(成田凌)。湯田中の街では、拓郎(松岡昌宏)が筋川(和田聰宏)と共に藤木の行方を嗅ぎ回っていた。

そんな中、香川(升毅)の店に残された美香子(森七菜)の元に藤木から連絡が入る。指定された路線バスで藤木と落ち合った美香子は、藤木にスマホを調達。藤木は、事件のカギを握る都波教授(酒向芳)が店に現れたら、自分に連絡して欲しいと告げると、再び美香子の前から姿を消す……。

しかし、美香子が香川の店に戻ると、そこにはなぜか藤木の姿が! 美香子から店のまかない弁当を渡されていた藤木は、店の名物のはずのハンバーグ弁当の味に違和感を感じて店に戻って来たと話す。

耳が聴こえづらそうにしていた香川の様子が気になっていた藤木は、香川が味覚障害と聴覚障害を同時に引き起こしていることを疑い、何かが神経を圧迫しているのではないかと心配していた。藤木の予想通り、脳腫瘍の一種である聴神経腫瘍を患っていたことを隠していた香川は、料理人として味覚障害が治らないことを恐れて、これ以上の治療を拒否していた……。

その頃、拓郎は筋川の元に入った目撃情報をもとに倉庫へ。しかしそこで、筋川が予想外の行動に出る……!

一方、妙子の部屋から『F』と書かれた謎のカセットテープを手に入れた烏丸(前田敦子)は、テープを再生してみるが……。

翌朝、冷静になった香川は手術を受ける決心をする。実はその翌日は、離婚した妻・晴枝(朝加真由美)との間の絶縁状態の娘・空見子(夏子)の結婚式がある日。ホテルの厨房で働く知り合いづてにそのことを知った香川は、娘の結婚式で料理を作ることさえできれば悔いはないと、結婚式の後に手術を受けることを決めたのだった。香川から晴枝たちとの間をとりもって欲しいと頼まれた藤木は、美香子と共に晴枝のもとへ。

一方、香川の店には藤木の行方を追って、警察が聞き込みに訪れる。ついに藤木の正体を知る香川。再び藤木に追っ手が迫る中、香川の病状も急激に悪化していく……。藤木は香川に、娘への料理を、そして親が子供を想う心を届けさせることができるのか……?!

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

香川の味覚の異変に気づいて、まさか藤木が戻ってくるとは驚きでした。逃げないのかという気持ちは抑えつつも、やはり目の前に病人がいるとほおっておけないんでしょうね。そして今回も手術となりましたが、ドリルで頭開けるって、血は飛び散らないのかという不安がありました。今回も無事処置を済ませて終わりましたが、ついに拓郎に捕まってしまいました。次回はどうなるのか、また楽しみです。

40代

やっと都波と会える、そう思ったのにまさかの展開に驚きでした。警察に取り囲まれて絶体絶命だった藤木を拓郎が連れ出すとは予想していませんでした。ただ拓郎が藤木をどうするのか心配でたまりません。今日も自分の身よりも香川を心配して、緊急手術をする藤木。医者の中の医者だと思いました。都波がどんなカギを握っているのか気になります。

30代

藤木がもう完全に捕まると思いましたが、まさかそのピンチを拓郎が助けてくれるとは予想外でした。拓郎は自分の手で復讐するために助けたのだと思いますが、拓郎もどこかで藤木が犯人ではないと感じているような気もしました。香川は離婚してしまいましたが、家族はやはりつながっているのですね。香川が元気になったら娘と再会して欲しいです。

30代

せっかく逃亡したのにお弁当の味がおいしくないという理由で戻ってきてしまう藤木さん優しいなと思いました。娘さんの結婚式で食事を作りたいというのはわかりますが、自分の身を削ってまでやるべきなのかちょっと疑問に思ってしまいました。お母さんが「新婦が結婚式でハンバーグ食べると風邪ひかないっていうでしょ」というコメントが面白すぎでした。警察捕まえられそうだったのに自分でボコボコにしたいからという理由で助けてしまうお兄ちゃんやばいと思います。

30代

私がこのドラマを見てて思うのは、手首の近くで切断されて手術を受けている美香子が、逃亡中の藤木圭介と一緒にいる事です。手術を受けたらガーゼの交換や消毒を病院でしてもらわなければいけないのに呑気に藤木圭介のそばにいるのが変だと思います。第3話では調理室で手術をして周りを警察に囲まれているのによく逃げれたと思いました。最後に妙子の兄役の松岡昌弘さんに藤木圭介がボコボコに殴られ川に顔をつけられて可哀そうだと思いました。

60代


第4話あらすじ・感想

藤木(成田凌)の頭を川に突っ込み、妙子(桜庭ななみ)殺しの自白を迫る拓郎(松岡昌宏)!

ある医者ならではの“裏技”を使い、命からがら拓郎の元から逃げ出した藤木だが、スマホの入った上着を拓郎に剥ぎ取られてしまう……。

一方、藤木を追う警察の捜査本部では、結婚式場から藤木を連れ出した拓郎の映像から、藤木に“協力者”がいるという間違った推理が立てられていた……。

そんな中、手に入れた藤木のスマホを手掛かりに、拓郎が美香子(森七菜)の元に現れる。藤木の無実を信じる恋人の兄を装い、美香子の警戒心を解く拓郎。拓郎が藤木を装って送ったメールを信じた美香子は、すっかり拓郎を信用する。

その頃、後輩の長谷川(桐山照史)から都波教授(酒向芳)が東京に戻るという情報を得た藤木は、駐車場に停まっていた業務用トラックの荷台に忍び込み、東京を目指そうとしていた。しかし、乗り込んだ車の荷台に乗っていたのは、母犬と6匹の子犬たち!

犬たちの対応に苦戦しながらも車に揺られる藤木だが、車を運転していた男・間宮(渡辺いっけい)と昌明(森永悠希)に、荷台に隠れていたのがバレてしまう!

藤木は子犬を人質に取ったフリをして東京に向かうよう2人を脅迫!

母犬・ジェシカと子犬たちを飼い主の元に届ける途中だったと説明する昌明は、藤木が犬と接する何気無い態度から、藤木のことを信頼できる人物だと思うが……。

一方、拓郎は美香子を連れて都波のアパートへ。部屋から出てきた都波にいきなり裏拳を食らわすと気絶させる! 豹変した拓郎に驚く美香子だが、おかまいなしの拓郎は、都波をある場所へと運ぶ……。

そんな中、藤木を乗せた車は、警察の検問にぶち当たっていた! 怪しまれないように行動するよう指示する藤木。しかし、間宮たちはなぜか藤木以上に動揺する。実は2人は、藤木も予想していなかった“訳あり”人物だった……!

容赦なく藤木たちの乗る荷台を確認しようとする警察官……。今度こそ絶体絶命のピンチが藤木に迫る。そして、再び藤木に医手一律の精神を奮い立たせる事件が起きる!

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

今回は一段と拓郎の動きが目立っていましたね。怖い人のようで、お茶目なところもある不思議な拓郎が、自分の指を折るシーンは思わず目をつぶってしまいました。やっと少しずつ妙子に何があったのかが、見えてきそうな予感がしました。また藤木の優しい人柄を知ることが出来ました。人も犬も関係なく緊急性がある方を優先するところがよかったです。

40代

美香子を利用するために笑顔で近づき、藤木のスマホを悪用して美香子を動かしていた拓郎の姿が、恐怖でしかなかったです。あたかも藤木を信用しているように見せて、美香子を騙すその笑顔は鳥肌ものでした。でも、そんな拓郎に臆せず意見する美香子は、とても凄いと思いました。時には拓郎の方が押される事もあり、そのあたりは少しクスッとしました。

30代

藤木の周りには敵しかいないと感じていましたが、藤木が救った人は藤木を全面的に信頼してくれ、いつの間にか藤木には味方がどんどんついてきていますね。藤木は何度も何度もピンチにさらされて藤木がとにかく不憫でしかありません。妙子と佐々木が協力していたのだとすれば、妙子が突き落とされたのも実験のためなのでしょうか。

30代

お兄ちゃんから逃げるためのやり口がまさかの人工呼吸だったことにびっくりしました。奇想天外すぎます。お兄ちゃんもいい人そうな顔をして沢井さんに近づいていきながら自分も追い込んでいく姿は凶気でした。藤木さんはまさかの犬の手術を行うという本当になんでもありな医者になっていて驚きです。ラストに変態な安田顕さんがまた登場してストーリーも面白くなってきた気がしました。

30代

今まで手術で色々な人を助けてきた藤木が、今回は犬を助けるという回で新鮮で面白かったです。これはもう捕まるんじゃないかと思うハラハラする場面が多々ありましたが、なんだかんだで切り抜ける姿はすごかったです。拓郎と美香子が協力関係になったのも、その二人のやり取りも楽しかったです。また、美香子の言った、家族でも知らないことはあるというのは本当にその通りだと思いました。

30代


第5話あらすじ・感想

犬のジェシカの命を救った後、警察の追跡を逃れて八王子にたどり着いた藤木(成田凌)。彼は、長谷川(桐山照史)に連絡して2日後に都波教授(酒向芳)が参加するシンポジウムが帝都医大で開かれると聞き、シンポジウムへ行く決意をする。

2日後まで身を隠す場所を探していた藤木は、廃墟となった団地を見つける。藤木は、団地の一角でひそかに営業する外国人向けの食料品店で食料を買う。団地の敷地内にある公園のベンチで眠ってしまった藤木。

すると、食料品店から後をつけてきた女性・チュンヤンが藤木のカバンを盗もうとする! 藤木が目を覚まし、逃げるチュンヤン。藤木は、彼女の足にチアノーゼが出ていることに気付く。血管か循環器系の疾患を疑って藤木が診察しようとするものの、チュンヤンは逃亡。チュンヤンを追いかけた藤木は、彼女の仲間の外国人たちに囲まれる……。

リーダー格のモーはチュンヤンを守るため、これ以上事を荒立てないようにと藤木に告げる。藤木と外国人たちの間に緊迫感が高まる中、チュンヤンが倒れてしまう!

藤木は、チュンヤンを診察。藤木がチアノーゼになる原因となる疾患はないかと尋ねると、チュンヤンは心当たりがないと答える。藤木から病院に行くことを勧められても、一同は拒否。モーたちは、不法滞在者だった。藤木は、無実の罪で警察に追われていることを伝える。藤木が一緒にいると自分たちも捕まってしまうと恐れるモーたち。藤木は、彼らの過酷な身の上を知る……。

一方、拓郎(松岡昌宏)は美香子(森七菜)とともに、筋川(和田聰宏)と都波教授の行方を追う。筋川と都波教授は、拓郎を襲った雀荘の店員・吉見(寺井義貴)と前田(趙珉和)に拉致されていた。吉見は拓郎に、筋川たちの身柄と引き換えに金を要求する。拓郎は後輩の自衛官・今野(山根和馬)を呼び出し、筋川と都波教授の救出を手伝わせることに。

美香子は、藤木の携帯電話が拓郎の手元にあるとは知らず、状況を知らせるメールを送り続ける。拓郎は美香子と今野を連れて、筋川と都波教授が拉致されている場所に突入し……! 藤木は、モーたちのために尽力する。

そんな中、烏丸(前田敦子)が藤木の前に現れる! シンポジウム当日。チュンヤンのことが気になりながら、都波教授に会うべく帝都医大へ向かう藤木。その途中、藤木はチュンヤンが再び倒れたと知らされ……!?

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

いつも以上に、人間同士の愛を感じる回でした。いつもならば、殴り合いが多かったり、逃げるのが大変だったりして、ハラハラドキドキする時間が長くなってしまいます。そんな中で、今回は心が暖まるようなお話で、安心しました。外国人留学生には出会ったことがありますが、外国人労働者は、出会ったことがないため、ドラマみたいに悲しい思いはせず、楽しく伸び伸びと日本で働けていたら良いなと思います。

10代

烏丸という人物が、どこまで本当のことを言っているのかと混乱した回でした。どうやら藤木と親交があり、藤木も親しげに話せる仲のようでしたが、カセットの文字を誤魔化したり、佐々木と繋がってたり、怪しいところも多々あり、信用できるのか否か難しいところだと感じました。ただ、藤木も烏丸の事は信用してないようだったので、まだまだ様子見だと感じています。

30代

不法滞在の外国人たちは藤木の味方になってくれるのか、敵なのか初めは怖かったです。でも、日本人よりずっとずっと優しくて藤木のことをこれからも裏切らずに支えてくれる気がします。烏丸が藤木を助けてくれるような気もしましたが、烏丸が藤木の味方になってくれると考えるのはまだまだ難しいのだと考えるしかなさそうです。

30代

今回は安田顕さん演じる佐々木フェローがたくさん出ていて面白かったです。やはりものすごい変態みたいですね!さすが安田顕さんです。不法滞在の外国人役の中村蒼くんも本物の外国人みたいでした。沢井さんが送ったラインが拓兄さんに見られていてしかも返答までされていてちょっとウケました。あんなにみんなで手術シーンを見守らなくても‥と思ってしまいました。

30代


第6話あらすじ・感想

「困った時は都波さんとあわせて…」という妙子(桜庭ななみ)の言葉に従って都波(酒向芳)に会いに行った藤木(成田凌)。しかし、美香子(森七菜)と都波が拓郎(松岡昌宏)と共に行動していることを知り、一旦モー(中村蒼)たちが暮らす廃団地に戻ることに。

その頃廃団地では、別棟に住む日本人ホームレス ノムさん(六平直政)、ネクタイ(宮崎吐夢)たちによる外国人労働者への嫌がらせが激化していた。

一方、藤木は妙子が烏丸(前田敦子)に託したという謎のカセットテープのある部分が気になり、機械に詳しいモーに相談する。廃団地に現れた烏丸にもカセットテープについて質問を投げかけるが、答えは出なかった。自分は味方だという烏丸にとりあえずうなずく藤木。その様子を見た烏丸は自分が疑われていることを察する。

そんな烏丸を美香子、都波と共に尾行してきた拓郎は、廃団地を正面突破しようとするが、外国人労働者たちによって拘束される。美香子が藤木に情報を流していたのだ。探していた都波とようやく出会えた藤木。そして事件の真実を突き止めるために拓郎の協力を求める。

そんな中、モーたち外国人労働者たちに日本人ホームレスたちが襲いかかる。そこで藤木は、外国人労働者を守ろうとした拓郎が怪我を隠していることを見抜く……!

果たして藤木は、自らを執拗に追い詰めてきた拓郎を救うのか!?究極の選択を迫られる――。

そしてついに、妙子が遺したカセットテープの謎が明らかになり藤木たちの運命を大きく左右することになる……!!

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

藤木と拓郎がついに協力関係を築くときが来たのかと期待してしまいましたが、まだまだ拓郎が藤木を受け入れるのにはだいぶ時間が必要なのかもしれません。モーたちは一度信頼した相手は絶対に裏切ることはなく、ずっと藤木のために協力してくれているのだと温かい気持ちになりました。拓郎が手術に必死に耐えながら、少しだけ藤木を受け入れようとしていた気もします。

30代

藤木が拓郎の手術をするシーンが強烈に印象に残りました。いくらレンジャーだとしても、麻酔無しで手術を受けるのは、当たり前に辛いだろうし、痛がる姿は、見ているこちらが目を覆いたくなりました。ただ、そんな手術過程も強い印象でしたが、途中で、藤木が腕時計をまだしていると気付いた拓郎が、何か心境の変化を起こしたような表情をしたことも、また印象が強かったです。

30代

お兄ちゃんが藤木くんになりすまして送っていたラインがポエムでちょっとキュンとしてしまいました。本当は妹大好きなピュアな人もなんでしょうね。とにかく麻酔なしの手術が痛そうで仕方ありませんでした。見るのも声を聞くのもつらかったです。フェローフェロー私のフェローのお姉さん、なかなかツボです。妙子さん生き返ってほしいですが。

30代

美香子の言葉で拓郎が救われてよかったです。その拓郎が藤木になりすまして美香子に送ったメールの言葉に、藤木もまた救われたシーンでは胸が熱くなりました。拓郎の手術が無事を終わったあとの、2人の会話が2人らしくてとてもよかったです。ほっとしたのもつかの間で、データは盗まれるし、パトカーがやってきている最悪の状況に、藤木のことが心配になりました。

40代

麻酔なしで鎖骨を戻す手術を受ける拓郎は、本当に強い人だと思いました。妙子を失った心の穴を埋めるために、藤木を必死に恨もうとしていた拓郎の気持ちを解放してくれた美香子に感謝です。せっかく見つけたデータだったのに奪われてしまって、妙子がどうなってしまうのか心配でたまりません。絶対に藤木には再会を果たして欲しいです。

40代


第7話あらすじ・感想

藤木(成田凌)が身を隠していた廃団地で、モー(中村蒼)たち外国人労働者とホームレスの日本人たちが騒ぎを起こした。通報を受け現場に駆けつけた警察官をホームレスたちはなだめようとするが、血の気の多い外国人労働者たちが応戦してしまい、警察官は応援を要請。藤木と拓郎(松岡昌宏)は、外国人労働者たちやホームレスを連れて団地から脱出する手段について考えを巡らせる。

しかし、自分だけ助かろうと我を失ったホームレスのノムさん(六平直政)が藤木を突き飛ばし、藤木のお腹に鉄筋が突き刺さってしまった!

パトカーが廃団地を取り囲む中、自らの負った傷を手術することになる藤木。拓郎は刑事の筋川(和田聰宏)から警察を刺激しない時間稼ぎの方法を聞き出す。拓郎からの提案で立てこもり犯を演じることになる美香子(森七菜)。そんな中藤木は、鏡などその場にあるものを駆使して、痛みと戦いながら鉄筋を引き抜く手術を開始する。

一方、都波(酒向芳)を襲撃して、事件の鍵を握る研究データ「DDSη」を手に入れた幹(堺小春)は、昏睡状態の妙子(桜庭ななみ)を焼却処分しようとするが、そのデータは不完全だったことが判明。

烏丸(前田敦子)は、怒りに震える佐々木(安田顕)にあるアイデアを提案する。そんな中、廃団地を抜け出した都波と合流した長谷川(桐山照史)は、研究データを巡って都波に迫り…!?

自衛隊時代の後輩・今野(山根和馬)を呼び出し、廃団地から脱出する方法を探る拓郎。警察官の突入まで残り10分を切り、状況の厳しさを察知したモーは自分たちを置いて逃げるよう申し出るが、藤木は全員で脱出すると主張する。

しかし、警察に阻まれた藤木たちを助けるために、ホームレスとモーたち外国人労働者らは自らがおとりとなって警察に向かう……!

仲間の犠牲を伴う中、藤木は無事に団地を脱出して、都波と再会することができるのか……!?

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

まさか自分のけがを自分で手術してしまうような展開になるとは思いませんでした。もはやなんでもありなんですね。かなり痛そうでした。藤木のために自らみんながおとりになっていくところは切なかったです。長谷川君、怪しいと思いましたがやはり何か持っていましたね。都波教授の苦しむ演技はちょっと怖かったですし、最期の最期で友達、という言葉が出てくるとは意外でした。

30代

警察に囲まれ、藤木圭介も腹に鉄筋が突き刺さり、絶体絶命のピンチでハラハラドキドキです。藤木圭介自身で、腹を手術するなんて、本当に凄すぎます。日本人の浮浪者も外国人の不法滞在者もなく、藤木圭介の手術を皆んなで励ます姿に熱くなります。みんなが一つになって話をしたからこそ、手術が成功に終わり、手を取り合うことが出来たと感じます。だからこそ、藤木圭介の東方を助けるため、みんなが、おとりになって、絶体絶命の危機を脱出できたのです。

50代

まさか都波が命を落としてしまうとは全く予想もしていませんでした。しかも、都波が藤木たちを友達だと認識していたのも切なくて、徐々に良いチームになってきたのに残念です。拓郎もいつの間にか藤木の味方になってくれたようで、すごく心強くなりました。モーたちが危険を冒しながらも必死に藤木を守ろうとしてくれて、泣けました。

30代

まさか都波健吾が亡くなってしまうとは、悲しいラストでした。人の見る目がしっかりあって、これからも必要な人だと思っていたのですごく残念です。不法滞在の外国人や不法侵入の日本人も最後はみんな協力し合っていて、みんなの優しさが心にささり、心が痛くて泣きました。八神拓郎と藤木圭介が協力し合っているのもすごくいいなと思います。また長谷川輝彦と佐々木世志郎が繋がっていました。やたら藤木圭介に協力したがっていたので怪しいとは思っていたので、やっぱりなと思いました。今回いろいろありすぎて藤木圭介が自分で手術したシーンの印象が薄くなってしまった気がします。キーパーソンが亡くなった今、どうするのか楽しみです。

30代

都波教授がこの世を去ってしまったことで、自分を責める藤木を見ていて胸が苦しくなりました。やっと妙子の謎に近づけたと思ったのに。警察に取り囲まれてしまったピンチから藤木たちを救ってくれたみんなのためにも、絶対に佐々木フェローから妙子を取り戻して欲しいと強く願っています。藤木と妙子がそして拓郎が再会出来る日を信じています。

40代

今回の内容は濃いすぎて笑ったり泣いたりと忙しかったです。不法滞在者の日本人と外国人が藤木の怪我をきっかけに助け合って、日本人は、何かできないかとウズウズして、口笛吹いたり、痛みの紛れるツボ押したりと笑えました。現役自衛官がきて逃亡するってなったときに、藤木のために不法滞在者の外国人が出て行ったところは泣けました。愛する人と離れ離れになる辛さ、藤木のためにと決心した姿に胸が締め付けられました。来週の反撃編楽しみにしてます!

30代


第8話あらすじ・感想

都波(酒向芳)の死に大きな衝撃を受けた藤木(成田凌)は、筋川(和田聰宏)の自宅で妙子(桜庭ななみ)の遺骨と対面。拓郎(松岡昌宏)と美香子(森七菜)は藤木を心配するが、立ち止まっている暇はないと行動を開始する。

佐々木(安田顕)との接点となる長谷川(桐山照史)から情報を探ろうと、彼の妻・浩子(大後寿々花)に会いに行ったものの、妊娠中の彼女に何も言い出せない藤木と拓郎。

一方、都波が自分のデータについて言い遺した「マメノサカ」について調べていた美香子は、それが古書店の名前だと突き止める。

古書店で都波が取り置きしていた本から、「DDSη(イータ)」の研究データと研究日誌を手に入れる藤木たち。カセットテープに妙子が残したデータの復元に成功し、「DDSη」のデータは完全なものになった。

同じ頃、長谷川は佐々木と手を切る道を模索していたが、難病に侵された浩子を救うためには佐々木の協力が不可欠だと問い詰められ、それ以上踏み込むことはできない。

研究日誌を読んでいた美香子から、「DDSη」を実際に投与された“被験者”がいた可能性を指摘され、自分が一昨年に手術を受けたことを思い出す藤木。その時に「DDSη」が投与されていたと仮定し、データを完全にするためには藤木本人の身体を検証する必要があると佐々木に思い込ませることができれば、彼の陰謀を暴くことができるかもしれない。

佐々木に接近するために長谷川に会いに行く藤木と拓郎。しかし「DDSη」のデータを長谷川に奪われてしまう。3人はもみ合いになるが、その最中、浩子が倒れた!

逮捕される危険を犯して浩子を救うか、それとも……。藤木は究極の選択を迫られることになる……!!

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

長谷川くんが裏切ったのは奥さんのためだったとわかりましたが、お腹の赤ちゃんのことをあまり考えていなかったように思えてちょっとつらかったです。今回は初めて病院の中での手術だったのでなんだか違和感がありました。それが当たり前なんですが。無事に産まれてくれてよかったですが、長谷川くんは赤ちゃん抱いてお腹切られた奥さん大丈夫かなと心配でした。フェローの言い方にこだわる佐々木フェローも怪しすぎでした。

30代

藤木を裏切っていた長谷川だったのに、長谷川の奥さんを迷わずに救おうとする藤木は、やっぱり医者の中の医者だと思いました。厳しい状況の中で我が子を自分の手で取り上げた長谷川。これからは真っ当に生きて欲しいと心から思いました。病院から逃げ出す3人を車で迎えにきた烏丸が、藤木を助ける存在であって欲しいと強く願います。

40代

自分の命が危なくても、お腹の子供を守ろうとする長谷川の奥さんの強い想いが伝わってきたし、とても共感できました。確かにお腹に居る赤ちゃんの事を諦めるなど、ほとんどの母親が出来ないのではないかと感じました。一方で、奥さんの言うように、長谷川は子供をどこか諦めているように見えました。とても頼りなかったですが、生まれた子供を抱いた長谷川の顔は、しっかりと父親の顔をしていて、これから負けないでほしいと感じられました。

30代

長谷川は藤木を信じて、藤木にしっかりついていきさえすれば、後悔するような人生を送る必要はなかったと思います。藤木が赤ちゃんを抱き締める長谷川に対して放った言葉は優しさとトゲの両方があって、長谷川のこれからの生き方に強い影響を与えた気がします。烏丸は佐々木の味方のふりをしているだけなのか、良い人に見えてきました。

30代

長谷川輝彦の奥さんが妊婦さんで、奥さんの病気と、赤ちゃんをとりあげる手術を同時にして、無事に赤ちゃんが生まれてきた瞬間とても感動しました。烏丸京子も最初は敵かと思っていましたが、味方っぽかったので、心強いです。八神妙子を無事に佐々木世志郎から取り戻すことができるのかとても気になります。早く意識が戻って、藤木圭介と再会してほしいです。

30代

このドラマが始まった頃、妙子の兄の八神拓郎は藤木が妙子を殺したと信じていたので藤木に暴力を振るっていましたが、第八話では二人には信頼関係が出来ていてこれからの事を相談できるようになっていて良かったと思いました。八神拓郎は妙子のいいお兄さんだと言う事が分かりました。警察に捕まってしまうかもしれないのに藤木は「医手一律」の言葉を胸に長谷川の妻の手術をして長谷川の赤ちゃんが無事に生まれてほっとしました。

60代


第9話あらすじ・感想

妙子(桜庭ななみ)が生きている……。烏丸(前田敦子)の言葉に、藤木(成田凌)と拓郎(松岡昌宏)、そして美香子(森七菜)は激しく動揺する。

しかも、妙子が開発した「DDSη(イータ)」と、佐々木(安田顕)が開発した新薬「ガイスト」を併用しなければ、脳に損傷を受けた妙子を救うことはできないという。そして、死の危険を伴う副作用を持つ「ガイスト」の臨床試験を巡って、佐々木と妙子が対立していたことを聞かされる。

藤木は長谷川(桐山照史)を筋川(和田聰宏)のアパートに呼び出し、皆んなで妙子奪還作戦を練る。

そして藤木は、妙子を佐々木から奪い返すために、正面突破で佐々木に会いに行くことを決意。

死の危険がある副作用を持つ「ガイスト」を、無毒化する方法に気付いたと佐々木に揺さぶりをかけ、「ガイスト」の提供を交渉する。一世一代の勝負で交渉を持ちかけた藤木に佐々木は「バイオネオ」の中で妙子の治療を行うという条件で「ガイスト」の提供を認める。

その会話をきっかけに、藤木は「ガイスト」を無毒化する方法に、本当に気付くのだが……。
その方法が佐々木にバレてしまったら、妙子も藤木も“処分”されてしまう! 果たして藤木たちは、妙子を救い出すことができるのか!?

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

愛する我が子の誕生に喜んでいた長谷川だったのに、あんなことになってしまうなんて。やっと妙子に会えた藤木の気持ちを思うと胸が苦しくなりました。妙子を佐々木の元から連れ出せたのに、美香子のナレーションを聞くと、とてもハッピーエンドとはいかない気がしました。いよいよ来週で最終回。どんな結末が待ち受けているのか気になります。

40代

藤木と佐々木が直接対決し、いよいよ藤木の反逆が始まるのかとワクワクしました。でも、やはり相手は佐々木で一筋縄ではいかず、とにかく緊張感漂う展開の連続でした。佐々木は関わった人物が必要なくなれば片っ端から消していくのに、自分の手は一切汚さないというスタンスでとことん卑怯だと感じました。烏丸大活躍で、もう信じても大丈夫でしょうか。

30代

今回も驚くことが多い展開ばかりでした。佐々木フェローはやはりやばすぎでしたね。気持ちが悪すぎです。藤木が自分の血を妙子さんに輸血する、という画もこんなことがあるものなのか、と思いました。フェローの部下幹も長谷川に注射したのもびっくりしました。長谷川君、自業自得とはいえさすがにかわいそうです…。フェロー、の呼び方にやたらこだわる佐々木はちょっと面白かったです。

30代

ずっと死んだと思っていた大切な人が本当は生きていたなんていったいどんな気持ちなんだろうと思いました。しかし目は覚ましていないから、目を覚ますには自分の血液が必要というところまで辿り着いた藤木圭介はやはり天才だなとも思いました。そしてついに薬を投入したけれど、本当に八神妙子は目を覚ますかドキドキしています。長谷川輝彦は面会場所の細いところから注射されて殺されましたが、あんなところからでも口封じで殺されて本当に怖いと思いました。佐々木世志郎もやばいと思っていたけれど、部下の幹こずえの方もやばいなと思いました。

30代

愛する八神妙子に会えた瞬間の藤木圭介の目にうるうるするものがあり、愛しそうに顔を触る手が、生きててくれてありがとうが伝わってきます。眠る八神妙子役の桜庭ななみさんが真っ白でとても綺麗なままで、すぐにも起きて来て藤木圭介を抱きしめるのではと感じます。その対比で、蛇のような目つきの佐々木世志郎の非道さが伝わってきます。八神妙子を奪還できた藤木圭介たちだけど、佐々木世志郎が怖すぎて最後どうなるか心配です。

50代

いろいろな研究している人はどこかしら変なところがあって、実際に人体実験的なこと行われていてなくなっている人が居るんじゃないかとみていて思いました。ただ、これまでの行き先ざきであんなに手術をしないといけない状況は毎回あるのか、とフィクションながらにも疑問に思いました。ただ、このようなドクターがいてくれてたらなくなる方も減るのになって思いました。

40代


第10話(最終回)あらすじ・感想

治療を終えた妙子(桜庭ななみ)を「バイオネオ」から奪還した藤木(成田凌)たち。
いまだ妙子の意識が戻らない中、佐々木(安田顕)は藤木たちを捕まえようと血眼になっていた。

一方、藤木たちに、筋川(和田聰宏)から長谷川(桐山照史)が留置所で殺されたと連絡が入る。筋川と共に長谷川の妻・浩子(大後寿々花)に会いに行った美香子(森七菜)は、長谷川が遺したUSBを発見。烏丸(前田敦子)は、その中のデータが佐々木(安田顕)の秘密裏に行った違法な臨床試験に関係あると推理する。

そんな中、ついに妙子が目覚めた……!言葉にならない気持ちを共有し合う藤木と拓郎(松岡昌宏)。

そして、佐々木は留置所内の長谷川を殺したことで警察や政府の協力者たちに見放され、逆に逃亡せざるを得ない状況となっていた。佐々木は幹(堺小春)に、「DDSη(イータ)」と「ガイスト」、そして藤木の血液サンプルを守るよう言い渡す。

一連の事件について説明するべく、警察に出頭する覚悟を固めた藤木だったが、そこに佐々木から連絡が入る。

ついに、追い詰められた佐々木との最終対決。逃亡の果てに掴んだ、驚愕の真実とは!?

引用:ドラマ『逃亡医F』公式サイト

拓郎が最後に自らの写真を撮って欲しいと願い出たシーンに、拓郎の変化を見た気がしました。そもそも、ストーリーが進み、藤木の罪が誤解だと分かったくらいから優しい笑顔は増えていました。それでもこれまでの拓郎は、とにかく今を見つめていた気がします。それが、しっかりと先のことまで考えられるようになったのかなと感じられ、成長したなと思いました。

30代

カオスなドラマでしたが、妙子さんも行き返りなんだかんだででハッピーエンドみたいだったのでよかったです。佐々木フェローは手術をしてどうなったのか気になりました。佐々木フェロー女も捕まったようですが、ふたりのその後はスルーでもやもやしました。藤木くんは薬の副作用で楽しい思い出が思い出せない、というようですが、地味に悲しいなと思いました。若いスピルバーグ面白かったです。

30代

美香子先輩!大好きです!美香子は藤木に惹かれていて叶わないと分かっていても、ずっと藤木の味方でいてくれたのですね。そんな美香子が切なくて抱き締めたくなります。妙子が無事に目を覚まし、やっと藤木と拓郎に笑顔が戻った気がしました。烏丸は結局、本当の黒幕で佐々木すらも利用していたのかもしれません。最後に美香子の後輩になった人物は救急隊員だったのでしょうか。

30代

八神妙子が目を覚まして元気になって本当によかったです。目を覚ましたときは泣きました。藤木圭介は、どんな状況でも腕が鈍らず手術ができるのが本当に天才だなと思いました。誰かを救いたいってよくある言葉だけど、その気持ちについてイヤシイと言っていて、考え方は人それぞれあるなと思いました。またガイストの副作用で楽しい記憶だけが思い出せないと衝撃的なのに、2人は笑って楽しそうだったので2人ならそうやって生きていけるのかなと思いました。そしてやはり怪しかった烏丸京子は、ももちゃんをどうしたのか怖いです。それだけモヤっとしています。

30代

佐々木がまさか指名手配されることになるとは、思ってなかった展開で面白かったです。脳に大きな損傷をおった佐々木を助けるところが藤木らしくてよかったです。藤木の回想ではなく、藤木と妙子が幸せそうに笑っている姿見て、なんだかじーんとしちゃいました。拓郎の言葉にもじーんときました。最後は美香子の明るい笑顔が見れて嬉しかったです。

40代

毎週、どうなるのかドキドキしながら見ていました!最後、まさか、前田敦子さんが悪役といっていいのかわからないけど、そんな事をしていたなんて!!ってビックリする結末でした。また、まだ未承認の薬を使ったことで命が救われたけど、後遺症がでてたなんて!でも後遺症がありつつも、今まで完璧なオペが出来たなんて!ともビックリしたました。成田凌さんセリフで言っていた言葉で、みんなに色々助けられたんだ!って言葉が染みましたね。ちゃんと良いことをしていると、周りが本当に助けられるって現実世界でも感じていたので、とても染みました。

40代


\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『逃亡医F』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2022/1/15 第1話 8.4%
2022/1/22 第2話 8.6%
2022/1/29 第3話 8.0%
2022/2/5 第4話 7.2%
2022/2/12 第5話 7.3%
2022/2/19 第6話 6.7%
2022/2/26 第7話 7.0%
2022/3/5 第8話 5.9%
2022/3/12 第9話 7.0%
2022/3/19 第10話 7.8%

ドラマ『逃亡医F』の見どころ・まとめ

藤木圭介が患者を助ければ指名手配犯だとばれてしまうし、医師として患者を見捨てられないという葛藤と戦う姿や、整った医療設備がない事故現場でどうやって救って行くのかという逃亡医ならではのスリルある展開を期待してます。

恋人の八神妙子がなぜ病院の屋上から突き落とされたのかその謎にも興味があります。おそらく、研究医だった八神妙子が、新薬につながる重要な発見をし、それを何者かが奪おうとしたため、殺されそうになったのだと予想します。

その新薬開発と、バイオベンチャー企業が裏で関わって話が複雑に絡み合って行くのではと楽しみです。

敵か味方なのか分からない烏丸京子の動きに翻弄されながら、藤木圭介がどうやって身の潔白を晴らすのか、医師としてぎりぎりの状態で患者を助け、信頼を得ながら、最後は堂々とメスを振るう姿で終わって欲しいです。

『逃亡医F』を見逃した方は、ぜひhuluの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも今すぐ視聴することができます。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です