ドラマ『初恋の悪魔』見逃し配信・公式動画を無料視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

2022年7月16日(土)からスタートのドラマ『初恋の悪魔』のあらすじや感想、見逃し配信動画を無料で視聴する方法を分かりやすく解説していきます。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『初恋の悪魔』の動画を無料で視聴する方法

ドラマ『初恋の悪魔』は、動画配信サービスhuluTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方はTVerで見ることができます。TVerでは地上波放送後、一定期間、無料で見ることができます。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、huluで見ることができます。

huluなら1話から最新話まで全話配信

huluでドラマ『初恋の悪魔』を無料視聴するには、2週間の無料お試しを利用する必要があります。

はじめて登録する人なら誰でも2週間、無料で試すことができます。

無料期間中に解約すれば1円もかからずにドラマを見ることができます。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

huluで配信中のおすすめ番組一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

ドラマ『初恋の悪魔』作品情報


【放送日】毎週土曜日 夜22:00~(日本テレビ系列)

『カルテット』『大豆田とわ子と三人の元夫』など、ツボにはまるとその世界観から逃れられない“沼ドラマ”を量産し続ける脚本家・坂本裕二が、林遺都・仲野大賀をW主演に送る一風変わったミステリアス・コメディーです。

現在、停職処分中の刑事・鹿浜鈴之助(林遺都)の監視役を仰せつかった総務課・馬淵悠日(仲野大賀)。猟奇犯罪愛好家で推理マニアの鹿浜と、刑事だった兄を殉職で失ったことで大胆な行動の取れない馬淵の凸凹コンビが、会計課の摘木星砂(松岡茉優)、会計課の小鳥琉夏(柄本佑)らを巻き込み、「ただ真実を知りたい」という欲求だけで難事件に立ち向かう、前代未聞の「捜査権のない警察署員による刑事ドラマ」です。

クセの強い4人を、演技派の俳優たちがしっかり固め、チームワークも良くコメディー要素も存分に描きます。タイトルにもある登場人物の恋の行方にも要注目です。そして、往年の名作刑事ドラマを思い起こすSOIL&”PIMP”SESSIONSによる軽快なジャズ・チューンと共に、坂元裕二ワールド全開のストーリー展開は見逃せません。

ドラマ『初恋の悪魔』キャスト・スタッフ

キャスト一覧

  • 鹿浜鈴之介/林遣都
  • 馬淵悠日/仲野太賀
  • 摘木星砂/松岡茉優
  • 小鳥琉夏/柄本佑
  • 雪松鳴人/伊藤英明
  • 森園真澄/安田顕
  • 小洗杏月/田中裕子
  • 服部渚/佐久間由衣
  • 口木知基/味方良介
  • 尾白詠子/瀬戸カトリーヌ
  • 野上千尋/萩原みのり
  • 出口玲雄/西山潤
  • 馬淵朝陽/毎熊克哉

【林遺都】
1990年、滋賀県出身。映画『バッテリー』で主演に抜擢され、多くの新人賞を受賞。以降、ドラマ・映画界では引く手あまたな若手演技派として、主演・脇役に関わらず多数の作品に出演します。
代表主演作は映画『荒川アンダーザブリッジ』(12年)、映画『にがくてあまい』(16年)、映画『チェリーボーイズ』(18年)、ドラマ『銀二貫』(14年・NHK)などがあります。
『近年も17年に中国映画に初出演、20年に『世界は3で出来ている』(フジテレビ)で一卵性の三つ子の役を一人で演じ切りギャラクシー賞のテレビ部門大賞を受賞、21年映画『恋する寄生虫』で主役を演じるなど大活躍していて、今後の活躍も期待の実力派俳優です。なお、妻は元AKB48の大島優子。

【仲野太賀】
1993年、東京都出身。俳優である父・中野英雄の血を引き、若手きっての演技派と知られ、現在最も忙しい若手俳優の一人です。13歳の時から子役としてドラマ・デビュー。大河ドラマや朝ドラなど出演作は多かったものの「なかなか認められず苦しかった」時代もあったそうです。
14年ごろから主に映画の脇役で存在感を高めていき、月9『恋仲』(15年・CX)、宮藤官九郎脚本『ゆとりですがなにか』(16年・TBS)、パンチパーマのチンピラを演じた『仰げば尊し』(16年・TBS)の出演で大ブレークします。以降、気弱な貧乏青年からクセの強い悪役まで、ちょい役から主役までを巧みに演じ分け、映画監督や演出家から名指しで出演オファーを受けるほどの人気俳優となりました。本クールはNHK『拾われた男』と同じクールで主演が2本という偉業も。

製作・スタッフ

  • 脚本/坂元裕二
  • チーフプロデューサー/三上絵里子
  • プロデューサー/次屋尚、池田禎子
  • 演出/水田伸生、鈴木勇馬、塚本連平
  • テーマ曲/SOIL&”PIMP”SESSIONS「初恋の悪魔」
  • 劇中曲/SOIL&”PIMP”SESSIONS

『初恋の悪魔』は坂元裕二さんのオリジナル脚本です。後に人気脚本家の登竜門となった「フジテレビヤングシナリオ大賞」の第1回(87年)を弱冠19歳で受賞。その後、『同・級・生』(89年・CX)、『東京ラブストーリー』(91年・CX)など「トレンディードラマの旗手」として数多くのヒット・ドラマを生み出します。

90年代後半「テレビが嫌になった」と、テレビ界を離れるものの、ゲーム『リアルサウンド・風のレグリット』のシナリオや、映画『世界の中心で愛を叫ぶ』(04年)など、相変わらずヒット作を連発。

TVドラマ復帰後は『Mother』(10年・NTV)、『Woman』(13年・NTV)など、社会問題を取り入れたシリアスなドラマや、『最高の離婚』(13年・CX)、『カルテット』(17年・TBS)、『大豆田とわ子と三人の元夫』(21年・CX)などコメディー要素の強い題材など、より重層的な作風となり、いま最も次作発表が待ち遠しい脚本家の最右翼でもあります。

ドラマ『初恋の悪魔』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想

とある病院に長期入院中の少年・新(柴崎楓雅)が、病院の中庭で遺体となって発見された。飛び降り自殺かと思われたが、新と同室だった入院患者の少年・大希(髙橋來)が事情聴取で、新は担当医師の堂島に殺されたと証言。その後、大希は病状が悪化して危篤状態に陥った。新の死は、医師による殺人の可能性も出てきた。

境川警察署・総務課職員の悠日(仲野太賀)は署長の雪松(伊藤英明)から、ある失敗をして停職処分中の刑事・鈴之介(林遣都)の監視を命じられる。刑事だった悠日の兄は、捜査中の事故で殉職したのだが、雪松は鈴之介がその死に関わっているかもしれないと告げる。思いがけない命令に、戸惑う悠日。

悠日は、鈴之介の家を訪ねることに。鈴之介は大きな洋館に一人で住んでいた。悠日は、署内で行っているアンケート調査と称して鈴之介から話を聞く。過去に起こった世界の猟奇的犯罪について、熱っぽく語る鈴之介。彼は、凶悪犯罪愛好家の推理マニアだった。
そんな折、悠日は会計課の琉夏(柄本佑)から、頼みごとをされる。現在所轄で捜査中の病院での転落死事件の真相を突き止めてほしいというのだ。

細かい性格で刑事たちの精算にも厳しい琉夏は、署内では敬遠されがち。そんな中、刑事課の新人刑事・渚(佐久間由衣)は、いつも琉夏の話を真剣に聞いてくれる。そんな渚に密かに心を寄せる琉夏は、刑事課内でポンコツ扱いされる渚に手柄を立てさせたいと考えたのだった。突拍子もない申し出に、またしても戸惑う悠日。彼は断ろうとするものの、鈴之介のことを思い出す。

悠日は、琉夏を連れて鈴之介の屋敷を訪ねる。事件の概要を聞いた鈴之介は、医師がシリアルキラーである可能性が高いと興味津々。3人は、捜査会議を始めるが…。
悠日と琉夏は独自で捜査するため、捜査資料管理室に侵入。すると、なぜか生活安全課の刑事・星砂(松岡茉優)がいた。悠日と琉夏は、星砂も病院の転落死事件を調べていると思い込み、彼女に協力してほしいと頼む。

かくして、捜査権のない4人が事件解決に乗り出した。少年の転落死は自殺なのか、それとも殺人なのか?事件の裏に隠されていた秘密とは!?そしてこの妙な4人の組み合わせが、思いがけない事態を巻き起こしていく???。

引用:ドラマ『初恋の悪魔』公式サイト

林遣都さんが大好きで前から早く観たいと思っていたドラマでした。イケメンの林遣都さんとは裏腹に、ミステリアスな今回の役柄にとてもギャップを感じ、さすが名俳優!だと思いました。果たして、林遣都さんは殺意を抱いたのか、それとも恋心を抱いたのか、とても気になるところです。また、最後の松岡茉優さんの「ヘビ女」という何かがあるんだと思わせるセリフも、早く次がみたいと期待に繋がりました。

30代

キャラが濃いメンバーが勢揃いしていてハマりました。鹿浜が特に独特過ぎて、なぜ謹慎しているのかは分かりませんが、何か相当なことをやらかしたのではないかと思ってしまいました。そんな鹿浜が摘木に恋をしたと気づいた時の認めたくない言い訳がひたすら笑えました。鹿浜が摘木に対して素直に自分の気持ちを明かせる日がくることを楽しみにしています。

30代

亡くなったという馬渕の兄の事が気になりました。殉職したとされるのに、実は殺されたという署長の言葉から、単純な死ではないことは分かりましたが、その犯人は鹿浜だと話したり、それが薄ければ弟である馬渕を疑っていたので、とにかく犯人を見つけ出したいのだと強い気持ちが伝わってきました。ただ、だからと言って次から次へと人を疑う署長には、少し怖さを感じました。

30代

鹿浜を見張ることを命じられ流暢に事件のことを話している姿をみた馬淵はかなり驚いていてある事件を解くために小鳥と一緒に鹿浜のところに行き事件を解くけど独特の感性は面白かったです。星砂も加わり4人で自分たちで解決しようとそれぞれ独自の目線で考察を話し合い解決していくところは良かったです。また模型を使ったりその現場をリアルに再現していたり見てる側も分かりやすかったです。

20代

所々面白くてツッコミました。雪松鳴人に急に兄の馬淵朝陽は殉職じゃなくて殺され、その犯人と思われる人が警察にいて、その人と友達になれと言われてすぐなれるものなのか、急にそんなこと言われて驚きはするけど割とすぐ受け入れていて素直に会いに行くなど、ツッコむところいっぱいですがスムーズでいいです。そして会った鹿浜鈴之介も馬淵悠日と同じく警察が嫌いな小鳥琉夏も訳ありな摘木星砂もみんな独特なキャラクターで面白いです。鹿浜鈴之介が怪しんでいる森園真澄もまあまあ怪しいです。馬淵朝陽が本当に殉職じゃなかったとしたらこの4人は出会えてよかったし、真相究明できるといいです。雪松鳴人がそう言う理由も気になります。

30代

個性が強すぎる登場人物が次々と出てきて、最初、このドラマはどんなドラマなんだろうと落ち着きませんでしたが、好きです!継続視聴決定!特に林遣都さん演じる鈴之介の尋常ではない雰囲気がいい!それぞれに、事情がありそうだし、今後の展開が読めないところも楽しみ。それぞれのファッションも個性を表していていいですね。「初恋の悪魔」って、タイトルの意味も全然想像できません。さすが、坂元裕二さん脚本。田中裕子さんが出演されているのにも驚きました。演技派の俳優さんだし、彼女がどう絡んでくるのかも楽しみです。

50代

林遣都さんが大好きで前から早く観たいと思っていたドラマでした。イケメンの林遣都さんとは裏腹に、ミステリアスな今回の役柄にとてもギャップを感じ、さすが名俳優!だと思いました。果たして、林遣都さんは殺意を抱いたのか、それとも恋心を抱いたのか、とても気になるところです。また、最後の松岡茉優さんの「ヘビ女」という何かがあるんだと思わせるセリフも、早く次がみたいと期待に繋がりました。

30代

謹慎中の刑事という鹿浜の変人ぶりがすごいです。総務の馬淵さんの明るさとのギャップと合わせて楽しめます。淡々と仕事をする小鳥さんのキャラクターも柄本さん似合っているなと思いました。いつもは捜査をしない4人がなぜか集まってこっそりもらってきた資料から捜査をしていく、というところが楽しかったです。鹿浜さんが彼女のことを考えて「これは殺意なのか」と戸惑うところがめちゃくちゃ面白かったです。「初恋」は彼の恋のことなのかどうか気になります。

30代


第2話あらすじ・感想

悠日(仲野太賀)は、恋人の結季(山谷花純)と結婚式の相談をする。結季は、結婚後は悠日が仕事を辞めて主夫として家庭に入ってほしいと望んでいた。「結季ちゃんと結婚できるなんて、人生最高だよ」と、悠日は自分を身分不相応の相手と自認していて、結季に従うつもりだった。悠日は、鈴之介(林遣都)に結婚することを告げる。鈴之介は動揺を隠せず、恋愛に関する偏った持論を悠日に語る。悠日は、鈴之介が星砂(松岡茉優)に恋しているのではないかと指摘。すると鈴之介は、星砂に殺意を抱いているのだと言い出す。

そんな中、刑事課では団地で起こった殺人事件の捜査が進んでいた。被害者は、かつて人気だった芸人の夕紀夫(内藤トモヤ)で、弟の日出夫(六角精児)とコンビを組んで紙切り芸を持ちネタにしていた。夕紀夫は、団地内の廊下で胸にハサミを突き立てられて死亡。団地の住人たちは助けを求める夕紀夫の叫び声を聞いていたが、犯人らしき人物を見たという目撃者は誰もいなかった。

手がかりを見つけるため、渚(佐久間由衣)がたった一人で団地の監視カメラの映像をチェックしていた。彼女は何日も家に帰っていないようで、琉夏(柄本佑)は心配でならない。
鈴之介、悠日、星砂、琉夏の自宅捜査会議が始まる。

自らがハサミコレクターである鈴之介は凶器がハサミであることに大興奮。芸でハサミを使っている日出夫が犯人だと主張する。そんな短絡的な推理を全否定する琉夏と喧嘩となる。第一日出夫には完璧なアリバイがあるのだった。
謎は深まる一方の捜査会議から帰る途中、悠日は婚約者の結季が別の男性と一緒にいるところを見てしまう…。

引用:ドラマ『初恋の悪魔』公式サイト

公園でラーメンを食べようとする星砂が、お巡りさんに5分時間をくれと頼むシーンが印象的でした。スマホを渡された馬淵が、涙をポロポロと流しながら兄ちゃんと話しをする姿に胸が締めつけられました。感動的なシーンだと思っていましたが、なぜ星砂の部屋にバナナのシールが貼ってあるスマホがあったのでしょうか…。早く続きが見たいです!

50代

星砂にまつわるラスト数分のエピソードが毎回気になって仕方ないです。星砂は二重人格なのか、本当に別人が存在しているのかがまだはっきり分かりませんが、バナナのシールが貼ってあるスマホがあったのは恐怖でした。まさか星砂が事件に関わっているのでしょうか。悠日が電話で一生懸命兄に話しかけているシーンは泣けました。

30代

今回は服部渚に早くお風呂とお布団を提供するために4人集まったのがまず面白いです。仲直りの握手も早かったし、男子が大福の粉こぼしてたところも面白かったです。摘木星砂は本当に椅子を投げそうなのがわかるので気持ちいいです。馬淵悠日が馬淵朝陽からの電話を無視していたことを話しているシーンや馬淵朝陽と電話しているシーンは泣きました。それをどんな気持ちで聞いていたのか、摘木星砂と馬淵朝陽の関係が気になります。馬淵悠日に恋人がいることは驚きました。このまま本当に辞めて主夫になるのか、オープンマリッジを受け入れるのかも気になるところです。

30代

3日間捜査で缶詰だった渚さんに対して「お風呂とお布団を返してあげたい」という小鳥さんがかわいかったです。オープンマリッジに対して絶対不満を感じているのに「もちろんいいよ」と笑顔で答える悠日くんが見ていてつらかったです。ずっと亡くなった兄と比較されてきた人生を思うと彼の笑顔の下にいろんな思いがあるんだろうなと思いました。泣きながらお兄さんに電話を掛けるシーンは本当にグッときました。殺人事件は案外簡単に解決したので拍子抜けでした。

30代


第3話あらすじ・感想

悠日(仲野太賀)は、もう一度、結季(山谷花純)に正式なフィアンセとしてプロポーズし直すつもりだった。しかし、結季は待ち合わせの場所に来なかった。落ち込む悠日は、星砂(松岡茉優)と出くわす。星砂との何気ないやりとりで、癒される悠日。

そんな中、悠日は、鈴之介(林遣都)に呼び出される。鈴之介もまた様子が変だった。森園(安田顕)がシャベル片手に突然鈴之介の家に乗り込んできた昨夜の話を一部始終を聞かされる。だが、そのうち鈴之介の話題は星砂へと変わる。「僕以外の世界中の人は、摘木さんのことが好きなんだろうなって思うんだよ」と。悠日は、非常に屈折した鈴之介の恋心を感じるのだった。しかし鈴之介は、星砂に興味はないと言い張る。

その頃、スーパーで万引きの監視をしていた星砂は、ワインを盗む男性を捕える。しかし確認すると、彼のバッグには商品は入っていなかった。店長の山田(今野浩喜)は、星砂が大切な客を万引き犯扱いしたことに苦言を呈する。一方、古株の店員・絹子(松金よね子)は、星砂をかばう。続いて星砂は、チョコレートをバッグに入れる女性を捕える。しかし、彼女のバッグにチョコレートはなかった。確かに見たはずなのに…と、動揺する星砂。

鈴之介は、熱を出して寝込んでいた。どうやら、恋わずらいらしい。琉夏(柄本佑)は、悠日が鈴之介と星砂の仲を取り持ってあげればいいと提案。鈴之介も口には出さないものの、それをあてにしている様子もあり、悠日は複雑な思いを抱く。

悠日は、星砂が万引き犯を間違えて捕えたことを知る。しかし、星砂は納得していない様子。悠日は星砂に、鈴之介に相談してはどうかと勧める。
本当に、万引きは星砂の見間違いだったのか?万引きの証拠は、なぜ消えたのか? 鈴之介の推理で星砂の疑問を解決すれば、星砂は彼を好きになるかもしれない。鈴之介は、悠日と琉夏の協力を得て、星砂の心をつかもうと真相究明に乗り出す!?

引用:ドラマ『初恋の悪魔』公式サイト

万引き事件でなぜか証拠がなくなってしまう、という不可解な事件ですが、まさか監視カメラを止めることが狙いだったとは驚きました。鏑木さんの笑顔が見たくて頑張ったのに信頼していたパートさんだったというのがめちゃくちゃつらいオチでした。こじらせすぎた鹿浜さんですが、少しは恋に前向きになれたのかなと思いました。警察という仕事柄、別の人格が頻繁に出現してしまう鏑木さんはかなりしんどそうです。お兄さんの事件にも関わっているようなのでこれからまたハラハラしそうです。

30代

鹿浜は熱を出し摘木に恋をしていることを否定しているものの恋をすると熱を出すのは面白いなと思いました。摘木は万引きを目撃して問い詰めるものの防犯カメラには写ってないし証拠もないため捕まえることができないでいました。鹿浜は最初は乗り気じゃなかったけど摘木の笑顔がみたいと思い捜査を手伝おうとし4人で事件を解決するところはよかったです。

20代

鹿浜家の隣人である森園の存在が、とても怖かったです。これまで、鹿浜が思うほど森園は怪しくないと思っており、ただの隣人という認識で見ていました。ただ今回は、空き巣から救うためとはいえ血まみれで家を訪れたり、メモで盗撮の事実を伝えてきたりと、犯罪を犯しているとは思わないですが、今回ばかりは、一つ一つの言動がとても不気味でドキドキしてしまいました。

30代

鏑木星砂が記憶を無くすことがあると言って、嫌いなトマトを食べた瞬間人が変わって多重人格なのかなと思いました。それは銃で撃たれたことと何か関係があるのか気になります。またその銃は、馬淵朝陽が始末書を書いた内容の紛失した1発と何か関係があるんじゃないかと思いました。せっかく3年前に鏑木星砂と馬淵朝陽が会っているかもしれないのに、記憶があいまいで気が付いたらスマホを握っていたということしかわからず、まだまだ解決には時間がかかるかなと思いました。雪松鳴人も必死に調べすぎてて逆に怪しく思えてきます。毎回首をかしげるシーンが好きです。微熱シーンの3人のやり取りは面白かったです。

30代

万引き犯を捕まえようとして、事務所に連れていきますが、監視カメラに核たる映像が映っていなかったり、カバンの中身を確認すると盗んだものがなかったりといいうのが続き、不審に思う星砂に、星砂の笑う顔が見たい!と検証しようとしてくれる仲間感がとてもグッとくる回でした。結果的に星砂の見る目は間違ってなかったと証明できてよかったですが、星砂が二重人格説?が出てきて、今後がさらにどうなっていくか楽しみで仕方ありません!

30代

星砂の悩みが少しずつ見えてきた気がします。星砂が突発的に違う人格になってしまうきっかけに何があるのか非常に気になりました。今回の事件は万引きはダミーで、他に目的があると見抜いた鹿浜の鋭さに、鹿浜はやはり刑事なのだと納得できました。4人で事件現場に入り混んでいくシーンが毎回楽しみで、今回もこの来た!とワクワクしてしまいます。

30代


第4話あらすじ・感想

社会のマナーやルールを守らない者が矢で射られてケガをする事件が発生。ごみの分別をしなかった者、順番の列に割り込んだ者などが次々と被害を受けた。

まもなく、世界英雄協会を名乗る男から犯行声明の動画が配信される。迷惑をかける人間を排除すると宣言。今後、新たな犠牲者が出ることが予想され、渚(佐久間由衣)は刑事課の捜査会議で懸命に世界英雄協会の危険性を訴える。しかし他の刑事たちは取り合おうとしない。

悠日(仲野太賀)の家に転がり込んでいる星砂(松岡茉優)は、自分の中のもう一人の別人格の自分の存在に怯える。悠日は、そんな星砂を気遣っていた。

一方、鈴之介(林遣都)は、家の中で見つかった監視カメラを、森園(安田顕)の手を借りて撤去していた。そして森園から自分は駆け出しのサスペンス小説家だと教えられるのだった。森園が期待していたようなシリアルキラーではなかったことに落胆する鈴之介だった。

しかしその後、森園家には妻と呼ばれる女性以外にも、多種多様の怪しげな女性が出入りする様子を何度も見かけ、鈴之介は混乱するばかり。やはり森園は謎多き人物のようだ。

世界英雄協会の犯行は続く。犯行はいつか愉快犯となり、犯行声明とともにクイズを出題。大量の数字が並んだ暗号を示し、自らのアジトを示唆するのだった。琉夏(柄本佑)は渚に頼まれて、数字クイズ解読に取り組む。

しかし、犯人の特定は進まず、渚までが犠牲となり怪我をしてしまう。悠日と琉夏は、鈴之介に助けを求めるが!?

引用:ドラマ『初恋の悪魔』公式サイト

ひょんなことから星砂が家に転がり込んできたのが嬉しそうだった悠日が印象的でした。エプロン姿でカレーを作る悠日がめちゃめちゃ可愛かったです。やっぱり悠日と星砂の何気ない会話が大好きだとあらためて思いました。つかみどころのない星砂ですが、そんな星砂のいいところを見つけるのがとっても上手い悠日の優しさが素敵です!

50代

馬淵と鏑木が一緒に暮らし始め、改めてしっくり感じでほのぼのしました。いつもはやる気のない小鳥さんが服部さんのために一生懸命クイズを解くところは恋の力はすごいなと思います。前回鹿浜が「君も鏑木さんのことが好きなんだろう」と馬淵に言った言葉が現実となってしまい、それに気づいてしまった鹿浜の気持ちを考えると切なくて仕方ありません…。またひねくれてしまいそうです。鹿浜と森園との関係も徐々に関係が変わっていき、何か大きな謎がありそうなのも気になっています。

30代

いつの間にか馬淵と星砂が良い雰囲気になって、星砂は馬淵がいてくれればきっと大丈夫だと思えました。なかなか距離が縮まらない2人なのかと思いましたが、馬淵の優しさに泣けました。トマトが嫌いでエビフライが好きな人が好きという一言から始まり、星砂に馬淵という強い味方ができたことを本当に本当に嬉しく思えました。

30代

鏑木星砂が近づきすぎちゃダメだったと言っていたところは心がジーンとしました。自分の中に知らない自分がいるのは怖いし、どっちが本当の自分なのかわからなくて不安な気持ちはすごく伝わってきて、それを受け止めてくれる馬淵悠日にも幸せになってほしいと思いました。馬淵悠日の家に鏑木星砂がいると知っていたのか、雪松鳴人が来て階段から落ちたのには驚きました。なぜ手首を痛がるほど握って帰そうとしなかったのか気になります。鹿浜鈴之介の家問題も気になります。開けたことのないドアを森園真澄と開けて、そこに何があったのか、誰が何に電気を使っていたのか早く知りたいです。

30代

署長の言動が、とても怖かったです。馬淵の部屋に不意に訪れたと思ったら、どこか摘木の存在を分かっているかのような言葉や目線を残し、更には、タイミングを測ったように、馬淵と摘木の前に現れて、摘木の手を強く握ったりして、さすがに尋常ではないと感じました。これまでの様子を見て、もしかしたら署長は、何か知っているのかと勘ぐってしまいました。

30代


第5話あらすじ・感想

鈴之介(林遣都)は森園(安田顕)とともに、廊下の突き当りにあった開かずの扉を開く。そこには地下に続く階段があり、更にその先には地下室があった。薄気味の悪いその地下室は明らかに誰かが監禁されていた痕跡があり、更に驚く二人。そんな隙、森園は地下室の扉を突然閉め、鈴之介だけを地下室に閉じ込めてしまうのだった。

一方、悠日(仲野太賀)は兄の朝陽(毎熊克哉)が残したスマホのロックを解除し、朝陽の死の謎を解きたいと星砂(松岡茉優)に言う。星砂は“もうひとりの自分”が朝陽の死に関わっている証拠が出てくるかもしれないと不安を抱く。

閉じ込められている鈴之介は、森園から過去に起きたある殺人事件について聞かされる。5年前、15歳の少年が行方不明となり、まもなく遺体で発見された。犯人は逮捕されたものの、森園は真犯人が他にいると考えていた。

そしてこんな奇妙な家に住む鈴之介こそが、その真犯人ではないかと疑ったのだった。鈴之介は、「ここは僕の家に違いないが、僕の家ではない」と告げるが、森園は「意味が分からない」と取り合わない。

そのころ、渚(佐久間由衣)は、捜査に行き詰ったとき、いつも解決のヒントが書かれた手紙が届くことを琉夏(柄本佑)に打ち明ける。さらに渚は手紙の主が鈴之介ではないかと思っていると、頬を緩ませながら語るのだった。密かに渚に心を寄せる琉夏は複雑な心境に。

一方、鈴之介は森園に、この家に住むこととなった経緯を語り始める。この家は椿静枝(山口果林)という老いた女性から譲り受けたのだった。椿との出会い、それは鈴之介がこれまで誰にも語ったことのない、今の鈴之介を形成する壮大なストーリーがあったのだ。

そのころ、しばらく音信不通になっている鈴之介を心配した悠日と星砂そして琉夏は、鈴之介の家を訪ねてくる。地下室の存在など知る由もない3人は、鈴之介の部屋から椿の書いたとみられる手記を発見し…。

引用:ドラマ『初恋の悪魔』公式サイト


\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『初恋の悪魔』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2022/7/16 第1話 6.6%
2022/7/23 第2話 3.9%
2022/7/31 第3話 3.8%
2022/8/6 第4話 5.2%
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『初恋の悪魔』の見どころ・まとめ

若くして卓越した演技力で、主役を盛り立てる名バイプレイヤー役が多かった林遺都さんが、久々のドラマ主演です。しかも、『拾われた男』(NHK)と同クールで2本同時の主演ドラマとなる売れっ子・仲野太賀さんとのW主演タッグを組みます。

二人は、デビュー当時に映画『バッテリー』(07年)でも共演した因縁もある旧知の仲。また、脇を固める俳優陣も豪華で、サラブレッド・柄本佑さん、19年に日本アカデミー賞の優秀主演賞・優秀助演賞をW受賞した松岡茉優さんと、本ドラマは出演者の演技を観るだけでも一見の価値あるドラマになりそうです。

しかも、脚本は坂元裕二。登場人物の掛け合いが見事なコメディー・タッチのものから、社会問題も大胆に切り込むシリアスなテーマまで、とてつもなく幅広いそのマルチなストーリーテラーぶりはご存知の通り。

「捜査権のない警察署員によるサスペンス・コメディー」というチャレンジングな題材を、最高の形に調理してくれることが楽しみです。出演者・脚本・題材と3拍子揃った『初恋の悪魔』は、この夏、最も注目の1本です。

『初恋の悪魔』を見逃した方は、ぜひhuluの2週間無料お試しを利用してみて下さい。

はじめて登録する人なら誰でも今すぐ視聴することができます。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です