ドラマ『テッパチ!』見逃し配信・公式動画を無料で視聴する方法!あらすじ・感想紹介

フジテレビで、水曜22時台が久しぶりにドラマ枠になりました。

4月から放送されていたのは間宮祥太朗さん主演の「ナンバMG5」、7月から放送されるのは『テッパチ!』です。

『テッパチ!』は、自衛隊を舞台にしたドラマと発表されました。

所属していたことがないと、なかなか自衛隊でどんなことが行われているか知る機会がないのでどんなドラマになるか楽しみですね。

楽しみなキャストも勢ぞろいしています。

新ドラマ『テッパチ!』のあらすじやキャストをまとめました。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『テッパチ!』の動画を無料で視聴する方法

ドラマ『テッパチ!』は、動画配信サービスFODプレミアムTVerで配信されています。

最新話だけ見逃した方は、TVerで一定期間無料で見ることができます。

1話から最新話まで全話を一気見したいという方は、FODプレミアムで見ることができます。

FODプレミアムなら過去放送回も見放題!

FODプレミアムで『テッパチ!』は見放題配信中です。

FODプレミアムは初めて登録する方なら2週間無料で動画が見放題となります。

FODプレミアムで配信中のおすすめ作品一覧

※一部放送されていない回や、配信終了している場合もありますので、公式サイトで確認して下さい。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

ドラマ『テッパチ!』作品情報

【放送日】毎週水曜日 夜22:00~(フジテレビ系列)

『テッパチ!』は、2022年7月6日よりフジテレビ水曜22時台で放送開始のドラマです。

毎週水曜日22:00~22:54放送、初回は15分拡大放送が予定されています。

陸上自衛隊のドラマで、見どころは防衛省全面協力のリアル感です。

自衛隊で行われる訓練が苛酷なことは知られていますが、ドラマではどんなエピソードが放送されるでしょうか。

製作・スタッフ

  • 脚本/本田隆朗、関えり香、諸橋隼人
  • プロデューサー/山崎淳子
  • 演出/石川淳一、根本和政
  • 音楽/福廣秀一朗
  • 主題歌/GENERATIONS from EXILE TRIBE「チカラノカギリ」
  • 特別協力/防衛省、陸上自衛隊

ドラマ『テッパチ!』のあらすじを紹介

主人公は国生宙という28歳男性、高校生時代はラグビー部で体を鍛えていました。

しかし強引なプレーでチームメートと対立、ケガもあって引退・卒業してからは定職に就かずその日暮らしの仕事をする日々です。

やんちゃな宙は、ある日街中でヤンキーと喧嘩し工事現場の仕事をクビになってしまいました。

アパートも家賃滞納で立ち退かねばいけなくなった宙は、陸上自衛隊3等陸佐・八女純一の「寮完備で三食飯つき」というスカウトを受け陸上自衛隊の候補生になります。

最初は八女に「会わなかったらすぐ辞める」と言っていた宙ですが、美人エリート自衛官・桜間冬美2尉に一目ぼれしてしまいました。

やんちゃな宙に対しクールな桜間2尉は性格が真逆、しかも訓練生と教官という立場の2人です。

最初はとても恋愛関係になりそうにない構図ですが、宙の一目ぼれから始まる恋愛は進展するでしょうか。

宙が入った「第一班」は、なかなか個性的なメンバーが揃います。

音楽隊に憧れるバディ・馬場、ガンマニアの丸山、寡黙な武藤、元お笑い芸人の渡辺、小説のネタを探そうとしている小倉、最年少の西といった面々です。

ただ宙は第一班で、思わぬ人物と再開しました。

工事現場の仕事をクビになる原因になったケンカの相手、元ヤンの荒井です。

宙はこれらのメンバーとうまくやっていけるのでしょうか。

ドラマ『テッパチ!』の主要キャストを紹介

『テッパチ!』の主演・国生宙役は、劇団EXILEの町田啓太さんです。

その他のキャストも見ていきましょう。

<教官>

  • 3等陸佐・八女(宙をスカウトした人物):北村一輝
  • 2等陸尉・桜間(宙が一目ぼれする美人自衛官):白石麻衣

<第一班メンバー>

  • 馬場良成(音楽隊に憧れる宙のバディ):佐野勇斗
  • 荒井竜次(宙とライバル関係になる元ヤン):佐藤寛太
  • 丸山栄一:時任勇気
  • 武藤一哉:一ノ瀬颯
  • 渡辺淳史:坂口涼太郎
  • 小倉靖男:池田永吉
  • 西健太:藤岡真威人

ちなみにこのメンバーはドラマ「第一部」のキャストです。

ドラマのHPでは、第二部のキャストとして工藤阿須加さん・桐山漣さんといったメンバーも紹介されていました。

第二部の自衛隊員役も、イケメンや個性的メンバーが揃いますね。

彼らの登場も楽しみに待ちましょう。

ドラマ『テッパチ!』の視聴率一覧

放送日 話数 視聴率
2022/7/6 第1話 7.6%
2022/7/13 第2話 5.6%
2022/7/20 第3話 4.7%
2022/7/27 第4話 4.0%
2022/8/3 第5話 4.7%
2022/8/10 第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『テッパチ!』1話から最終回まで全話あらすじ・感想

第1話あらすじ・感想

国生宙(町田啓太)は、高校時代はラグビー部のエースとして活躍したが、独りよがりで強引なプレーがもとでケガをしてしまう。チームメートから非難された宙は、孤立したまま引退。卒業後は、ひとり暮らしを始めるも、定職に就かずその日暮らしの生活を送っていた。

ある日、街中でのケンカが原因で警察沙汰になった宙は、工事現場の仕事をクビになった挙句、住んでいたアパートも家賃滞納で立ち退きを言い渡される。そんな宙に「お前にピッタリな仕事を紹介してやる!寮完備で三食飯つき!体力自慢のお前にはもってこい!」と声をかけてきたのが、陸上自衛隊の3等陸佐で、東部方面北東京駐屯地で教育中隊長をしている八女純一(北村一輝)だった。

最初は拒絶したものの、仕事も決まらず、生活もままならない状況だった宙は、「訓練生でも給料が出るなら、とりあえず受けてやるか」という中途半端な気持ちで自衛官候補生の採用試験を受け、陸上自衛隊の候補生になった。

入隊の日、宙は、出迎えてくれた八女に、「半年間訓練を受けてみることにしたが合わなかったらすぐ辞めてやる」と悪態をつく。そのとき、宙たちの目の前を通ったのが、防衛大学校を卒業したエリート自衛官で、宙たちを指導する教官のひとり、桜間冬美2尉(白石麻衣)だった。思わず見とれてしまう宙。

第一班として、寮で宙と同室になったのは、自衛隊の音楽隊に憧れており、宙とは採用試験のときに出会っていた馬場良成(佐野勇斗)、ガンマニアの丸山栄一(時任勇気)、ある暗い過去を持つ武藤一哉(一ノ瀬颯)、かつて芸人を目指していたという渡辺淳史(坂口涼太郎)、小説家志望の小倉靖男(池田永吉)、父とふたりの兄も自衛官という最年少の西健太(藤岡真威人)。そしてもうひとり、宙が警察沙汰になった際のケンカ相手だった元ヤンキーの荒井竜次(佐藤寛太)もいて……。

引用:「テッパチ!」公式サイト

突然、会社をクビになった国生宙を自衛官に勧誘した八女純一が男らしくてかっこいいな〜と思いました。なかなかあんなに世話好きな人はいないよなと思いました。それでもってエリート自衛官の桜間冬美は凛としていて美人すぎる…と画面越しですが圧倒されました。新しく自衛官生となったメンバーも皆、個性豊かで学生感に溢れています。これから自衛官としてどう成長していくかすごく楽しみです。

20代

とても勢いのあるドラマだなと思いました。まだ1話目ですが、人生がうまくいかない主人公が自衛隊という場所に入り、仲間と出会い成長していくドラマなのだと思いました。自衛隊ののドラマというと、厳しい訓練、過酷な環境での生活。というイメージがありますが、ドラマでは自衛隊員としては癖のある人物もいて、人間模様も見られるのが今後楽しみです。/say] [say img="https://www.igf.jp/img/fukidashi/woman_20.02.jpg" name="20代" from="right"]空飛ぶ広報室が好きだったので同じ自衛隊物のドラマがですということでみました。今回は陸上自衛隊の話です。主演は町田くんで、今までの生活から入隊すぐくらいのところまでが放送されました。1部屋に2段ベットが並べられていたり制服は実際の陸上自衛隊のものとは違いますが、基地の中で撮られたシーンたどもたくさんあり2話が気になります。また、白石麻衣ちゃんが綺麗でカッコよかったです。

30代

ストーリーとしては、やさぐれた主人公が仲間とぶつかりながらともに少しずつ成長をしていくという王道ではあるが、舞台が自衛隊というところが新鮮。本物の自衛隊の協力がかなりあり戦車のシーンは壮観です。途中訓練生が喫煙なんてできるのか?というシーンがあり、少しリアリティにかける部分がありました。主演の町田啓太さんはカッコよく、教官の北村一輝さんも熱い男ではまり役、白石麻衣さんは演技も上手くなっていて安心して見れました。これからが楽しみなドラマになりました。

30代

国生宙が本当は素直な性格なのに、協調性が保てず何となく孤立してしまう理由の一つとして、過去の養育環境があるということを知り、八女さんと出会ったことで自衛官候補生として「同じ道を志す仲間」との縁ができたことはよかったなと思います。これから、他の候補生と一緒に、宙が自分らしさや自分の居場所みたいなものを見つけていけるようになるといいなと思いました。

30代

その日暮らししているところを見てるのは辛かったです。確かに陸上自衛隊は衣食住あるので、国生宙にとってはよかったかもしれないけど、楽して衣食住あるわけではないなと思いました。しかし訓練がつらくて辞めるのとはちょっと違っていたので、人のせいにして逃げるのをやめれば本当にちゃんとした自衛官になれそうだと思いました。荒井竜次も荒井建設の御曹司だから庶民とは違う大変さがあるんだろうけど、だからといって手を出すのはいけないし、すぐ喧嘩っ早いところが私も少しイライラしました。また元芸人という渡辺淳史の話し方なんかもまあまあウザかったです。

30代

町田啓太さんのあの爽やかな感じ、をイメージして観出したら、まず髭ヅラで髪の毛バサバサの汚い作業着姿で、喧嘩っ早いし口悪いしパチンコしてるし、みたいなイメージとかけ離れた感じにビックリしました。でも陸上自衛隊の話になってからはやはり爽やか!北村一輝さんのきっちり体鍛えてきている所とか地味にチェックしてしまいましたり。これから仕事や友情や白石麻衣さんがらみで恋愛系もあるのだなぁと楽しみです。

50代

国生と馬場のバディがこれからどんな成長を見せてくれるのかとても気になります。最近は考察ドラマが多かったため、登場人物の成長や人間関係、自衛隊という仕事についてだったり見応えのあるドラマです。北村さん演じる八乙教官も厳しいだけではなく熱血で親しみやすいキャラクターが良い味を出しています。ただ、白石麻衣さん演じる桜間教官は女性で自衛隊という見た目や年齢が合っているのかと思うところがあります。訓練を受けエリートの道に来たのだろうけど、色白で華奢でドラマに恋愛要素を入れたいだけのキャスティングなのかと思ってしまいました。

30代

それぞれの過去や自衛隊への志願の背景などが少し垣間見えたのが今後の物語の展開にどう関わっていくのかが気になります。それぞれ寂しさや辛い思いを抱えているのがわかったので、それをどう昇華させていくのかが身になります。また、自衛官に誘った意図も気になります。個性豊かすぎるメンバーが集結していますが、厳しい訓練などを経てこれからどうなるのかが楽しみです。

20代

町田啓太さんは好きな俳優でしたので、この度フジテレビで主演が決まって本当にうれしく思います。優しい役がこれまで多かったですが、元々体育会系ですので、自衛隊の役がとてもハマっていたと思いますし、肉体改造もバッチリでした。初回は自衛隊に入るまでの過程に時間を割いていましたが、ニッカポッカを履いてガテン系の町田さんが見られるのも貴重でした。

30代

自衛隊が大好きな人にはたまらないドラマが始まりましたね!バディを決めた後の八女の言葉が心に響きました。命をかけて国を守り、国民を守ってくれてるのだと、あらためて感動しました。やけっぱちだったチュウの目が、力強くなったラストシーンを見て、チュウや第一班のみんながこれからどんなふうに成長していくのか楽しみになりました。

50代

今までの町田啓太さんの真面目で清潔なイメージが少し変わったドラマでした。また今どき、あんな喧嘩をして自暴自棄な人間がいるのかとも思いました。そして白石麻衣さん演じる秋間冬実が、透明でとても綺麗でした。北村一輝さんは、どのドラマでも素敵で今回もとても楽しみです。国生と馬場のバディの様子が来週から楽しみになりました。

50代

防衛省全面協力の作品とあって、実際の建物や使われている乗り物がリアルで、迫力あるものでした。また、登場した町田啓太さんをはじめとする訓練生たちの個性がそれぞれあるのも観ていて楽しかったのですが、それぞれの生い立ちや、関わりがどのようになっていくのかも次回以降の楽しみです。教官の北村一輝さんの人柄の良さも印象的でした。

30代

今まで、警察官や消防士の学校のドラマはたくさん観てきましたが、自衛官の学校のドラマは今回初めて観ました。バディが亡くなったとき、その場にプレートのようなものを置いていくという説明がなされるシーンでは、警察、消防以上に自衛隊は死が近いことを描いており、観ていて身が引き締まりました。今後、主人公たちがどういった成長をするのか楽しみです。

20代

陸上自衛隊を舞台にしたドラマはあまり見たことがなく、一つ一つが発見でした。初回でタイトルのテッパチの意味が明らかになり、このタイトルに込められた意味が自衛隊員の成長とともによりはっきりと見えてくるような気がします。ただ、某警察学校のドラマと似ている部分があり、自衛隊なのか警察なのかと頭が若干混乱してしまいました。

30代

国生と母親とのエピソードに、胸が締め付けられました。再婚をするために自らの息子を犠牲にする母親というだけでも個人的には酷いと感じたのですが、そんな息子の存在を消して生活しているかのような、仲睦まじい新たな家族との姿にも、嫌悪感を感じました。他人である私でもそう感じるのに、当人である国生は、何倍も苦しいだろうなと切なくなりました。

30代

やんちゃだった町田啓太さんもなかなかよかったですが、自衛隊に入った短髪の姿はめちゃくちゃかっこよかったです。同室になったメンバーがかなりハチャメチャでペナルティばかりで本当にこれで自衛隊として入隊しても大丈夫なのか心配になりました。白石麻衣さんがとても美しくて自衛隊の中では不釣り合いな印象ですが、これから泥臭いところもやっていくのか気になります。今はダメダメな彼らがどう成長していくのか楽しみです。

30代

自衛隊に入隊してドタバタやるだけのドラマかと思っていたら、3か月間の候補生生活から始まって、自衛隊はそういう仕組みになっているのか。自分が学生の頃に見ていたら興味を持ったかもしれないなと感じた。登場人物の背景が様々で、多様な人材を想定して作っているドラマだなと感じた。映像がきれい、防衛省と自衛隊の協力があるというのもうなずける。どのような話になるのか、戦争は起きないだろうから、興味が出てきた。

30代

町田啓太さん主演で他の俳優もカッコよくて面白いです。ちゃらんぽらんな主人公がある日、陸上自衛隊の3等陸佐に声をかけられ、訓練生でも給料でるならとりあえず受けるかと陸上自衛隊の候補生になります。寮に入ったら、昔警察沙汰になったレベルの喧嘩をした相手がいてばちばちなところから寮生活が始まり、面白い展開になりそうです

30代


第2話あらすじ・感想

陸上自衛隊の候補生になった国生宙(町田啓太)は、同じ第一班の荒井竜次(佐藤寛太)と隊舎内のジムで乱闘騒ぎを起こす。教官のひとり、桜間冬美2尉(白石麻衣)から「輪を乱す人間がひとりでもいれば命取りになる。そんな人間はここには必要ない」と叱責され、自衛隊を辞めようとする宙。

それを知った教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)は、「そうやって逃げ続けて生きていくのか」と宙を挑発し、荒井と決着をつけたいのならケンカではなく訓練で決着をつけろ、と告げる。来週行われる体力検定の場で勝負すればいい、というのだ。

引くに引けず、それを受けた宙は、同じ第一班の馬場良成(佐野勇斗)に立会人を頼み、荒井に勝負を申し込む。すると荒井は、ただ勝負するだけではつまらない、と言って、「負けた方がここを辞める」という条件を出す。それ以来、宙と荒井は、訓練中はもちろん、掃除や自由時間のときですら何かと張り合うようになっていった。

そんなふたりの姿を見ていた第一班の丸山栄一(時任勇気)、渡辺淳史(坂口涼太郎)、小倉靖男(池田永吉)、西健太(藤岡真威人)は、どちらが勝つか賭けよう、と言い出すが、真相を知っている馬場は一人心配していた。そして、体力検定の日がやってきて……。

引用:「テッパチ!」公式サイト

国生宙と荒井竜次の戦いにはハラハラしました!自衛官生として入校してきたばかりなのに、もう辞めるの?!と思っていましたが荒井竜次は実は根が優しかったことを知り安心しました。またメンバーもそれぞれ何かしらの問題を抱えて入校してきたことを知り胸が痛かったです。でもみんなに共通していると思ったのが仲間思いだなと感じました。実は八女純一もそこを見抜いてたのかも!と思いました。ただ…武藤一哉が父親を刺したと言う噂が本当なのか?!とも思いました。今後もどんどんメンバーは成長していく気がします。

20代

今回は隊員たちがなぜ自衛隊に入ったのかがわかりましたが、みんな教官のスカウトを受けていたところがすごいなと思いました。それぞれ挫折したり、体力を持て余している人を国を守るためと言ってスカウトしてしまう八女さんかなり優秀ですね。とりあえず脱落せずにメンバーの友情が深まったようでよかったです。自衛隊の中でもお酒を飲める場所があるのは意外でした。みんなの息抜きになるシーンは見ていて気持ちがいいですね。

30代

ライバル心むき出しの宙と荒井の姿が面白かったです。互いを意識する宙と荒井は、傍から見ると仲が良い友達に見えます。一人で訓練をする桜間は、相変わらず凛々しくて美しかったです。馬場たちは、自分の人生を変えるために候補生になったようですが、行き場がない若者たちが集まっただけのようにも見えます。逃げずに訓練を続けることにした宙の姿を見て、以前より宙が人間として成長したように感じました。一番気になったのは、八女が宙たちに声を掛けた理由です。八女は、自分の目的の為だけに宙たちに声を掛けたのでしょうか?八女が自衛官になった理由も気になります。

50代

やっぱり荒井はいい奴でしたね。自分のタバコもまだたくさんあるのに、チュウのタバコを貰ってチャラにするとかカッコ良すぎますよね。体力測定前も一生懸命にトレーニングしてたし見直しました。チュウだけじゃなくみんなも色んなことを抱えてましたね。ただ武藤の抱えてるものは誰よりも大きいもののようでしたね。来週が気になります。

50代

前から武藤一哉は口数が少なくて一匹狼みたいな感じで、上からもチェックされている感じがあったので、何者なのか気になっていましたが、まさか父親を殺して少年刑務所にいたらしいという噂を聞き、驚きました。荒井竜次との体力検定も負けてしまったけれど、タバコで自衛隊を辞めるのをチャラにしてくれて意外に優しくてよかったです。素直に自衛隊に入った理由も話したり、徐々につっかかったりすることがなくなってきて嬉しいです。みんなで隊員クラブでビール飲めるくらい絆が深まりつつあるので、この調子で武藤一哉のことも仲間になっていけたらいいなと思いました。

30代

これまで、皆のことを信じて想ってくれていた八女に、不穏な空気を感じた回でした。上司に対して、皆を無事に卒業させたら、希望の職に付かせてほしいと頼んでいた姿に、本当は自分のために皆のことを引き止めて居るのかと疑って辛い気持ちになりました。ただ、自分の希望を叶えるための駒にしか思っていないような態度ではないとも感じています。何かの間違いであってほしいと感じました。

30代

八女さんは自衛官候補生たちを思いやる心あたたかな教官だと思っていましたが、「候補生たちを一人も挫折せず全員無事に卒業させることができれば希望の職への復帰を」の話は一体何だったのか、とても気になります。八女さんが今教官をしていることは何かのペナルティなのか、もしそうであればどのような問題から生じていることなのか、今後の展開を注意深く見ていく必要があると思いました。

30代

自衛隊の訓練の内容や生活姿が知り合いから聞いていたのと同様だったのでこんなふうに生活してるのだと知ることができました。毎日、筋トレや運動や大変だろうけど部屋のメンバーと衣食住を共にするのも楽しそうだなと感じました。そして町田啓太さんと白石麻衣さんのストーリーもこれから楽しみになっていくなと思いました。

20代

それぞれの過去が流れ、入隊した理由がわかりました。一人一人に理由は違うけれど衣食住を共にし、訓練に励む姿を見るのがますます楽しみになりました。宙を主人公としていますが、それぞれ思いがあるため一人一人が主人公になれる良いドラマだと思います。また八乙さんの過去にも何かあるのかと思わせるところもありました。仕事ドラマでも自衛隊の詳細についてはわからないことが多いので勉強にもなります。

30代

宙は辞めようとしたけど八女にここにいる限りは裏切ったりしない言われやる気を出すと荒井と体力検定で勝負をすることになりバチバチにやりあっているところはカッコよかったです。一班それぞれ皆が悩みを抱えて切羽詰まっていたところに八女が現れて陸上自衛隊という救いの手を差し伸べたのはいいなと思いました。宙は負けたけど荒井は事情を察し負けたのをなかったことにしてやると言ったシーンはよかったです。

20代

荒井が少しずつ心を開いて、みんなの輪に入るようになったのが嬉しかったです。宙にタバコをわざともらって、「これでチャラにしてやるよ」と言ったのがかっこよすぎました。あと、ふたりの対決を心配そうに見ている馬場くんの眼差しが切なそうでしたが、本当に相手を思いやる優しい子なんだなということがよくわかりました。

30代

前回よりもさらにチーム内のそれぞれの抱えていた夢や感情が見られる過去の回想シーンは心を揺さぶられました。対決を通して仲間への想いが変わるところ、共通するところを見出していくところはベタかもしれませんが好きです。今後どのような試練に立ち向かっていくのか、あのメンバーをどうしていくのか、無事に卒業させたらどうしたいのかが気になります。

20代


第3話あらすじ・感想

陸上自衛隊の自衛官候補生として厳しい訓練を続けている国生宙(町田啓太)や馬場良成(佐野勇斗)ら第一班の面々は、同じ班の武藤一哉(一ノ瀬颯)が少年刑務所あがりだという噂話を聞く。父親を刺し殺したのだという。武藤は普段から無口で、何を考えているのかわからないだけに、アイツならやりかねないなどと言い出す荒井竜次(佐藤寛太)や丸山栄一(時任勇気)たち。宙や馬場は、ただの噂話かもしれないから気にする必要はない、と言うが……。

そんな折、宙たち自衛官候補生は新たな訓練が始まり、渡辺淳史(坂口涼太郎)や小倉靖男(池田永吉)、西健太(藤岡真威人)らは、桜間冬美2尉(白石麻衣)が教官のひとりだと知って盛り上がっていた。宙は冬美から指導を受けることに。一方、武藤は男性教官から叱責されながら指導を受けていたが、様子が変で……。

引用:「テッパチ!」公式サイト

武藤の虐待を受けていた過去が壮絶すぎて、見ていて辛かったけれど、最後には彼の笑顔が見れてホッとしました。こうして、どこかの時点で親身になってくれる人と出会えるか出会えないかで人生って、全然変わるんだろうなあ。体育会系のドラマって、どちらかと言えば苦手なのですが、このドラマはなんか気になって見てしまっています。白石麻衣さん演じる桜間の存在が、癒し。忖度なく思ったことも言ってくれるし。だんだんと仲良くなっていく一班のみんなの成長が楽しみです。

50代

射撃訓練の時に弾込めがうまくいかない宙をみて冬美は手を握り深呼吸させて落ち着かせたシーンはよかったです。八女は自分の出世のために教官になったけど今は教官してしっかり育てたいという気持ちを察している冬美もかっこよかったです。武藤は昔親からの虐待を受けていたけど続けたい気持ちを知った宙は耐える訓練をして1時間耐えきり終わった時は清々しくとても感動しました。20歳の誕生日を祝ったシーンもよかったです。

20代

今回初は、一ノ瀬颯さんがメインでしたが、キャラクター・ストーリーともに、とてもよかったです。昔から注目していた俳優さんでしたが、弱気な表情が滲み出ていてすごく引き込まれてしまいました。みんなで誕生日を祝ってあげていましたが、自衛隊でも、誕生日にはプレゼントやケーキを差し出してOKなのかちょっと気になりました。

30代

父親を殺したと噂されている武藤は、父親から虐待を受けていたことが分かります。武藤は協調性がなく、自衛隊には向いていないように見えますが、志願した理由は誰よりも純粋でした。武藤が最後まで残るには、トラウマを克服しなければなりません。宙が考えた荒療治は、傍から見ると暴力に見えて、ちょっと複雑な気持ちになりました。そんな中、訓練で緊張する宙の手を握り、宙の気持ちを落ち着かせようとする桜間が素敵でした。しかし、桜間に手を握られたら、もっと緊張する気がします。そして、武藤にサプライズの誕生日ケーキを用意した八女は、やはり良い教官でした。

50代

武藤くんがもしかしたら過去に犯罪を犯したのかもしれない、という噂の中、彼が告白してきた過去の話はかなりつらい内容で見ていて苦しかったです。背中の傷はお父さんに殺されかかったものだったなんてつらすぎです。メンバーたちの彼に対する対応は少々荒っぽかったので、これで本当に大丈夫なのか?という気になりましたが、男同士の熱い友情ストーリーでまとまっていたのでよかったです。

30代


第4話あらすじ・感想

陸上自衛隊の自衛官候補生の国生宙(町田啓太)や馬場良成(佐野勇斗)たち第一班は、厳しい訓練が終われば寮の部屋や娯楽室でアームレスリング・トーナメントや「陸上自衛隊クイズ」大会を開くなどして、それなりに楽しくやっていた。

ある日、サバゲーが趣味でミリタリー通でもある丸山栄一(時任勇気)は、射撃の予習訓練でその姿勢の良さを教官たちから褒められる。一方、桜間冬美2尉(白石麻衣)の指導を受けていた宙は、彼女に気を取られてしまい集中できない。冬美は、そんな宙に丸山のようになりたければ体幹を鍛えろ、と言い放つ。毎日懸垂100回をこなせば少しはましになる、と冬美に言われたことが悔しかった宙は、その日の夜からひとりでトレーニングに取り組み始め……。

そんな中、いよいよ実弾を使った射撃訓練が始まる。緊張感漂う中、そこでも良い結果を出す丸山。だが、宙もトレーニングの成果を発揮し、丸山よりも良い結果を出す。ショックを受けた丸山は、会社員時代の上司から「お前の代わりなんていくらでもいる」などとこき下ろされていた時のことを思い出し……。

引用:「テッパチ!」公式サイト

武藤一哉の根暗な渋いカラオケや荒井竜二のキレキレダンスは面白かったです。みんな辞めずに続けられそうでひとまずよかったです。しかし自分が得意なことで負けて自信がないときに、必要だと言ってくれたらついて行ってしまう気持ちもわかります。結果としてお金目当てでだまされるところでしたが、無事でよかったです。自信はあるかないかではなく、つけるかどうかだと言われ、確かにと納得しました。八女純一は国生宙の努力もちゃんと知っていて、丸山栄一にも伝わってよかったです。努力しても報われないことはあるけれど、努力しないことには何も始まらないなと思いました。

30代

冒頭の腕相撲やクイズをしているシーンでは、仲間意識が高まっているのが伝わってきました。その分、心の機微にも目が行くようになったのかと思う展開でした。必要としているという言葉に心が動く様子、父との確執を仲間に伝えられずにいる様子も印象的でした。自信はあるかないかではなく、作るものだという言葉は強く響きました。

20代

今回は銃を使った練習をしていましたが、さすがそこは防衛省全面協力ということだけあって使っているものもリアリティが感じられました。 カラオケに行ってみんなでわいわいやってるところを見ると、自衛隊の方もオフの日には楽しみたいのだとわかりました。Choo Choo TRAINを踊っていましたが、町田啓太さん佐藤寛太さんのお二人はダンスもすごいですね。

30代


第5話あらすじ・感想

国生宙(町田啓太)や馬場良成(佐野勇斗)たち自衛官候補生と、WAC(Women’s Army Corps)と呼ばれる陸上自衛隊の女性自衛官(候補生)との特別合同訓練が始まる。この日を心待ちにしていた丸山栄一(時任勇気)や渡辺淳史(坂口涼太郎)たち。ほどなく、森下瑠理香(山本千尋)と石崎奈央(坂東希)ら8名の女性自衛官候補生が北東京駐屯地にやってくる。そこで出会った奈央のことが気になる小倉靖男(池田永吉)。

そんな中、特別講師として、かつてテレビ局に務めていたという入山大吾1尉(柏原収史)を迎え、『大規模震災における自衛隊派遣について』という講義が行われる。入山は、被災した町で救助活動に尽力する自衛官たちの活動を、映像や写真を交えながら紹介した。実は入山が自衛官に転職したのは、テレビ局勤務時代に被災地で出会った八女純一3佐(北村一輝)が関係していた。入山の話に心を打たれる宙たち。

講義の後、渡辺や西健太(藤岡真威人)たちは奈央が気になる小倉の恋を後押ししようとする。小倉は小説家志望でSNSにあげた小説も結構評判が良かった、と紹介して連絡先を交換しようとするも失敗。しかし、第一班の仲間たちの応援もあり小倉は諦めずにもう少し頑張ってアタックしてみることに。ところが、その奈央は実は妊娠しているという秘密を抱えていた。その事実を知った教官の桜間冬美2尉(白石麻衣)は助言を送るが……。

引用:「テッパチ!」公式サイト

今回は女性自衛官との合同訓練ということで、物語を通して、自衛官になりたい女性に向けてたくさんの選択肢があるというメッセージが含まれていたと思います。また、宙くんと馬場のバディとしての絆は本当に素敵でした。宙くんが寄るところがあると言った時から、馬場は宙くんが何をしに行くのかわかっていたのだと思います。母親の一言で寂しい思いをした宙くんですが、馬場の存在で元気を取り戻すことができてよかったです。

30代

女性として見ていて、仕事と出産、育児どちらかをとらないといけないことの苦しさや女性だからという理由がどうしてもまだ抜けないこの国ならではの問題が少しずつ解消されてほしい、改善されてほしいと強く思うような回だと思いました。また、白石麻衣さんと町田啓太さんの恋愛も少しずつ進んでいて次の回の話もとても楽しみです。

20代

特別講師の話が特に印象的でした。災害の過酷な状況の中でも諦めない姿、手を差し伸べる姿に勇気づけられた方もいらっしゃるかと思います。災害の際の自衛隊の救助や支援の活動の様子をあらためて思い出しました。自衛官の生き方も選択肢が増えてきていることもわかりました。選択には驚きましたが、決意を口にしている姿はかっこよかったです。

20代

女性自衛官訓練生の妊娠や出産についての制度などの話が盛り込まれていて、勉強になる内容でした。身体を張って人を守る・国を守るという任務なので女性で自衛隊を目指すのはたいへんだと思いますが、具体的な制度などをドラマの中で見れたことで初めて知ったことがたくさんありました。八女さんの家族構成が少しわかる部分もあって、まさか奥さんが自衛官だったとは驚きました。

30代

体力勝負のイメージがある自衛官の仕事も制度が充実してきて女性も働きやすい環境になっているのだなと思いました。ただ、それでも男性と比べるとどうしても制限されてしまうところはあり難しい問題だと感じました。女性と仕事を描くにあたり、妊娠が題材になるストーリーは多いので、だいたいストーリーが読めてしまったなと思いました。

30代

私は元々テッパチはどちらかというとストーリーが好きというよりかは出演している役者さんが好きな人ばかりなので見ていたのですが、4話以降ストーリーが面白くて更にどハマりしてしまいました。なんかもう自衛隊の話はおまけなんじゃないかってくらい今回は熱い話でした。自衛官が恋愛してはいけないとか妊娠したとか最初は少しモヤモヤしましたが最終的に宙くんがはっきりと言ってくれたのでスカッとしました。

10代

馬場くんが宙に対して一緒に帰ろうと言ったシーンで涙腺崩壊してしまいました。本当に優しい男で惚れ惚れしてしまいます。また、桜間冬美2尉との距離感がグッと縮まった回だと思いました。私服でも登場していましたが、白石麻衣さんの透明感も美しかったです。来週一区切りつくそうですが、今後の恋愛ストーリーも楽しみにしています。

30代

今回のストーリーで、自衛隊の訓練生も、男女混合で訓練をしたりするのだなと知り驚きました。正直、どうしても男女では力の差もあるし、常に別なのかと思っていました。でも、ドラマではフィクションとはいえ、女性もしっかりとした信念を持っていることは変わらないのだろうなと思うと、差別なく訓練していることは、とても素晴らしかったです。

30代

入山の話は震災がきっかけだったり八女との出会いなど素晴らしい講義だったと思いました。男女共同訓練で気合いが入っている宙たちでしたが、奈央は恋愛なんかいらないと言ったけど妊娠していることが分かり冬美から辞める必要ないと言われたけど、奈央はこの子を守れるのは自分しかいないと辞める決心をしたシーンは感動しました。宙が冬美を助けた場面もかっこよかったです。

20代


第6話あらすじ・感想

国生宙(町田啓太)ら陸上自衛隊の自衛官候補生の教育終了まで、残すところあとわずかとなっていた。自候生たちから提出された希望職種を見ている教官の八女純一(北村一輝)と桜間冬美(白石麻衣)。そこにはそれぞれの希望職種と合わせて理由が書かれていた。

馬場良成(佐野勇斗)は、憧れている音楽科が狭き門ということから、陸上自衛隊の根幹である普通科を第一志望、荒井竜次(佐藤寛太)は高射特科、丸山栄一(時任勇気)は機甲科、武藤一哉(一ノ瀬颯)は衛生科、渡辺淳史(坂口涼太郎)は需品科、小倉靖男(池田永吉)は会計科、西健太(藤岡真威人)は野戦特科をそれぞれ第一志望にしていた。そして宙は、第一志望から第五志望まですべて普通科と書いて提出する。「肉体的精神的に強くなりたい!!」と書いており……。

そんな折、実際の戦場を想定した戦闘訓練と徒歩行進訓練を柱にした2日間の総合訓練が行われる。教官の八女は、「この3ヵ月間に鍛え上げてきたものをすべて出し切れ!」と宙たちに発破をかける。果たして、彼らは無事に最終訓練を乗り越え、卒業することができるのか……!?

引用:「テッパチ!」公式サイト

最終回というキーワードが出てきたのでびっくりしましたが、第1章と2章に分かれていたようですね。最後までやり遂げたいという思いがすごい伝わってきました。男同士の友情とはすごい深いと思いました。最後に八女がみんなに言葉をかけていましたが、キャストの皆さんが流していた涙は演技ではなく、自然に流れていたのが分かりました。

30代

事故にあった母親の病室に宙が駆けつけたシーンが印象的でした。普段は母親に対して素っ気ない宙が、母親の無事を知って涙したところや、突然母親の病室に現れて泣き始めた宙の背中をさすってあげていた女の子、そして、先生を呼ぶという口実で2人きりにしてあげた再婚相手、和解し合った宙と母親。全ての流れが感動的でした。

30代

みんなそれぞれの自分に合った適性の科を考えていた様子でした。総合訓練前に宙の母が病院にいるという電話が入ったけど訓練を続ける決心をした宙は複雑そうでした。しかし危篤の連絡が入り病院に行けと言われたけど続けた宙はすごいなと思いました。また歩行訓練のときに怪我をしてしまったメンバーを見捨てず8人全員で駐屯地に帰るシーンは感動しました。

20代


第7話あらすじ・感想

厳しい訓練を乗り越え、晴れて自衛官となった国生宙(町田啓太)は、候補生のときに同じ班の仲間でバディでもあった馬場良成(佐野勇斗)とともに普通科隊員として南関東駐屯地に配属される。そんな宙たちの前に、教官だった桜間冬美(白石麻衣)が現れた。

1尉に昇級した冬美も、普通科隊員として宙たちと同じ駐屯地に異動になったのだ。「今日からはあなたたちの上司よ。候補生のときは少々甘い態度を取ったこともあったけど部下に対してはそうはいかないから」と冬美は、宙たちに忠告する。

若干の不安を抱きながら隊舎に向かった宙と馬場を待っていたのは、先輩自衛官たち――班長で1曹の大木隆之(久保田悠来)、バツイチで大木の次に古株の金子慎也(桐山漣)、大木いわく駐屯地イチの爽やかイケメンだという風間速人(工藤阿須加)、年齢は班内で一番年下だが優秀な野村晴樹(結木滉星)の手荒い歓迎だった。

先輩たちからのイタズラに耐えつつ、押し付けられる雑用をこなしながら日々の厳しい訓練に明け暮れる宙たち。そんな折、宙と馬場の歓迎会が行われることになる。そこで宙は、自衛隊にも部活があり、ラグビー部もあることを知るが…。

そんな中、災害派遣要請を受けた冬美や大木班の一同は、現場へ出動する。初めての避難誘導に戸惑ってしまう宙と馬場。そこには、避難していた一般人のオリンピック候補生・芝山勝也(水沢林太郎)がいて……。

引用:「テッパチ!」公式サイト


ドラマ『テッパチ!』の見どころ・まとめ

自衛隊に訓練生と入った若者たちを描くドラマ『テッパチ!』は、フジテレビで7/6(水)から放送開始です。

厳しい訓練の中、どんな友情・青春ストーリーが繰り広げられるか注目しましょう。

主要キャストの紅一点・白石麻衣さん演じる桜間2尉の存在も気になります。

ヤンチャな宙が陸上自衛隊に入り過酷な訓練を受け、どのように成長していくか注目です。

『テッパチ!』はFODプレミアムで見逃し配信中なので、ぜひご覧下さい。

\今すぐ視聴する!/

バラエティもドラマも見放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です